2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 858 [無断転載禁止]©2ch.net

1 :名無し三等兵:2015/12/31(木) 01:49:55.16 ID:0flCjWu1
軍事に関する質問はこのスレッドでどうぞ。

質問する前にまずスレ内やグーグルを検索してみてください。疑問が解決しなければ質問をどうぞ。

前スレ
初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 857
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1450321404/

2 :名無し三等兵:2015/12/31(木) 01:50:27.44 ID:0flCjWu1
関連スレ

派生議論スレ46
 http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1407854048/

軍事板書籍・書評スレ 70
 http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1441160335/

軍事雑誌総合スレ 第28号
 http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1433549782/

自衛隊関係はこちらへ
 http://wc2014.2ch.net/jsdf/

 映画や小説、創作設定については
■○創作関連質問&相談スレ 80○■
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1434802781/

 質問を元に雑談を行いたい場合、アンケート質問などは
◆◆最初に読もう!軍事速報&雑談スレ2443◆◆
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1449665314/

3 :名無し三等兵:2015/12/31(木) 01:51:46.64 ID:0flCjWu1
質問・回答をする前に必ずテンプレ(>>1-4) を読んでください
このスレは個人の意見や思想などを語り合うスレではありません
議論がしたい方、ご自分の意見を主張なさりたい方はテーマに沿ったスレを探してください

★★スレ立てルール
 このスレの950が次スレを立ててください
 立てられない時はその旨と次スレ立てる人の指名を願います
 その宣言後か、または30分以上スレが立てられなかった時は別の人が宣言して立てて下さい
 そもそも950から何も反応が無い場合は、善意の人が自発的に次スレ建てを宣言し、実行して下さい
 テンプレの大幅な改編及び2ch外部のリンクやサイト名をテンプレに入れるのは禁止です

4 :名無し三等兵:2015/12/31(木) 01:52:30.72 ID:0flCjWu1
○質問者の皆様へ

・このスレは軍事の初心者へのQ&Aであり、議論の初心者・人間の初心者は立入禁止です
・軍事に関係の無い質問、ネタ質問、アンケート、またはそれに類する質問は禁止です
・「目の前の箱使え」「ググれ」と回答されたり、Wikipediaを紹介された場合、それでもわからなければ「どんな『検索ワード』を使えばいいか?」を尋ねてください
・曖昧な内容の質問,想定する状況が非現実的な質問には明確な回答ができません
・各国の軍隊の優劣、個々の兵器の優劣は状況次第で容易に逆転し、単純に比較できるものではなく、「最強論議」は無意味です
 「○○と○○はどっちが強いの?」や「○○の中で一番強いのは何?」 という質問は回答の対象になりません
・「〜で××見たけど何かあったの?」という質問は、守秘義務等により回答の対象になりえないこともあり、回答がついてもそれはただの想像であるかも知れません
・「〜って本当?」のような質問は、「〜」について述べたソース元(文献やニュース番組、ネット情報など)を提示してくださいそれはただのヨタ話・デマかもしれません
・回答があるまでに数日間かかることもありますがm回答の催促、コピペで同じ質問の繰り返しはコピペ馬鹿と嫌われ回答対象外になります
・初心者の方には難しいかも知れませんが、質問はなるべく具体的に、できれば知りたいことの資料や画像などを示して下さい
  時代、国、軍の種類によっても回答は様々になりますからこれらを可能な限り絞り込んだ質問にすると求める回答が得やすくなります

5 :名無し三等兵:2015/12/31(木) 01:54:56.66 ID:nBQetR/q
.彡⌒ミ .>>1乙茹でるよ! \∧∧∧∧/ 天文・気象板 >>1乙率:100%
(´・ω・) >>1乙.      <   >>1. > 週間予報
/  o―r===、.      < 予 乙 >  2日   3日    4日    5日
しーJ | ̄ ̄ ̄|.      <    放 > >>1乙 >>1乙 >>1乙 >>1
──────────< 感 題 >─────────────────
  彡 ⌒ ミ  >>1乙に <    の > 俺が>>1乙を節約することで
  (´・ω・)っ してやんよ< !!!!    >    彡 ⌒ ミ
  (っ  /´       / ∨∨∨∨ \    ( ´・ω・) みんなが
  /  '⌒)' ドコドコ  /ヤバイ>>1オツダ \ _| ⊃/(___ 笑顔で>>1乙が出来る
 ,,( / ̄U  、、   / 彡 ⌒ ミ 彡 ⌒ ミ  \ └-(____/
(( (⌒ー'´~) ))./   ( ´・ω・) ( ´・ω・)   \俺はそういうことに幸せを感じるんだ
 ヾ ``ー─´ /  ズー(っ=|||o),,,,(っ=||| o)>>1乙\     彡⌒/ヽ-、___

6 :居酒屋正社員:2015/12/31(木) 01:57:41.03 ID:TcH4SoSi
韓国人の誇りと尊厳を守るのは、韓国政府の仕事であって、日本政府の仕事ではないんだがな。
まさに安倍総理は半島人だったというわけだ。
だからこそ、アベノミクスで日本人を苦しめる政策をしてほくそ笑んでいるんだな。

7 :名無し三等兵:2015/12/31(木) 02:00:01.85 ID:qLxqmajH
ブローオフパネルの標準化が第三世代戦車まで遅れたのはなぜですか?
設計事態はWW2の頃でも出来たと思うのですが

8 :名無し三等兵:2015/12/31(木) 02:16:57.05 ID:ENJ3MHv3
>>7
車体側面やT-34みたいに床下に弾薬庫があると構造的に難しいし弱点になりかねない。
シャーマンは簡単に誘爆したので燃えにくい湿式弾薬庫を採用してこれが戦後にはよく使われるようになってる。
http://togetter.com/li/627337
ここのまとめだとチャレンジャーは湿式弾薬庫を使ったり配置場所を工夫したりしてるようだけど。

9 :名無し三等兵:2015/12/31(木) 02:38:38.60 ID:pfEzuQVd
第2次大戦の射撃盤や高射装置は、手回し式計算機が使われてたのですか?

10 :名無し三等兵:2015/12/31(木) 03:36:43.38 ID:ENJ3MHv3
>>9
http://www17.big.or.jp/~father/aab/kikirui/director.html
電子式アナログ計算機も使われてる。

11 :名無し三等兵:2015/12/31(木) 03:50:48.00 ID:pfEzuQVd
>>10
ありがとうございます。
それで、機械式が主流で日本も一度電気式作ったけど、機械式が作れない苦肉の策とそこにありますが
電気式はなにか機械式に劣ったのでしょうか?
それと後になると電気式が再び開発始めてますが、はじめからそうしなかった理由と電気式のほうが優れた点というのはなんでしょうか

12 :名無し三等兵:2015/12/31(木) 05:47:17.64 ID:dVQD3rar
ソ連・ロシアの軍用機は西側より寒冷地対策がしっかりされていると思いますが
逆に熱帯や砂漠では寒冷地での運用前提の設計等が仇になって性能が落ちたりしないんですか?
Bf109Tropのように、中東・アフリカ・中南米への輸出機は専用の対策が施されているんでしょうか?

13 :名無し三等兵:2015/12/31(木) 07:52:10.96 ID:0e5/kQd2
>>11
当時の低質な電気、作動が不確実な電機部品ではあからさまにとんでもない答えが吐き出される
機械式の方が正確な答えが期待できるんだが、当時の日本の機械部品の工作精度は絶望的に
劣っていて、しかも耐久性もなかったんで、奇跡的に正解が出る計算機が造れてもすぐに摩耗して
不正確になるか動かなくなる

昭和40年代後半になるまで日本の工業力は今の途上国以下だったんだと何回説明しても、若い人には
理解してもらえないのは不思議としかいいようがないんだとなぁ

14 :名無し三等兵:2015/12/31(木) 07:57:03.31 ID:0e5/kQd2
>>12
ロシアは知らないけどソ連は「友好国」には故意に性能を低下させた劣化版しか供与しなかった
シリアだったかリビアはその慣行に強力に抗議して、ソ連軍が使っている正規品と同等なものの
供与を受けたはずだったが、のちにやはりモンキータイプだったことが発覚して断交寸前まで
関係が険悪化したと言われている

15 :名無し三等兵:2015/12/31(木) 08:11:57.61 ID:0e5/kQd2
ソ連の名誉のために付記しておくと、ソ連は兵器も兵隊も大量消耗品と割り切っていて
戦争本番になればソ連軍も途上国供与品と同等なモンキータイプを大量生産して使用
するはずだった

16 :名無し三等兵:2015/12/31(木) 08:40:50.20 ID:dVQD3rar
>>14 >>15
モンキーモデルなので当然熱所対策も無い、ということでいいですか?
対策しなかった結果、高温で寒冷地よりスペックが落ちたりしたんでしょうか?

派生で別の質問をしますが、レシプロ戦闘機は砂塵対策やラジエーター強化をしましたが
ジェット機の寒冷地対応・熱所対応の改造は具体的に何をするのでしょうか?

17 :名無し三等兵:2015/12/31(木) 08:51:41.71 ID:0e5/kQd2
>>16
ジェット機の場合、正規だろうがモンキーだろうが、暑いところに行ったら
性能は落ちる
物理法則だから対策なんか無理

同じくジェット機はごく一部を除いて、高度6000-1万m付近での運用が基本で
特段の「寒冷地対策」は必要ないだろう
南極とかなら専用の「南極仕様」機が造られたことはあるが(EX:C-130)

18 :名無し三等兵:2015/12/31(木) 10:02:43.67 ID:8G2Z22Sc
WW1では5日間におよぶ陣地への断続的な砲撃を通商国が行ったりしたようですが
現代の自走野砲は6発射撃して10分で陣地転換すれば迅速なほうだといいます
カウンターバッテリーの発達により都市爆撃のような執拗な砲撃は過去のものになったと考えていいんでしょうか

19 :名無し三等兵:2015/12/31(木) 10:23:26.43 ID:eFt8U0lW
>>8
ありがとうございます
当然、当時からいろいろと工夫していたんですね

20 :名無し三等兵:2015/12/31(木) 10:25:48.94 ID:x+FhmbBL
>>18
相手が撃ち返してこない、あるいは大して反撃できる能力がないと判断されれば継続的な砲撃が行われることは普通にある。

イラクのファルージャ攻防戦がそうだが、この度の(いつまで続くんだろうねこれ)「テロ戦争」でも、ゲリラや武装勢力に対して
長時間の砲撃が度々行われてる。

21 :居酒屋正社員:2015/12/31(木) 10:31:25.70 ID:uJ9HeGfT
俺様は安倍の妥協の仕方に憤っている!
奴は、支持率が落ちないように左傾し、靖国参拝を拒否し、特亜との妥協を選んだ政治屋だ!
質問だが、この前の朝日新聞の吉田証言誤報の発表により、従軍慰安婦など存在せず、ただの追軍売春婦であったことが証明されたにもかかわらず、
何故安倍は韓国に日本の歴史と誇りを売り渡したんだ?
俺様は日本人であることが恥ずかしい!
一昨日から、仕事をやすんで泣き明かしている!

22 :名無し三等兵:2015/12/31(木) 10:40:24.21 ID:uM7X9iW0
サボるな働けシフトに穴開けるなよハゲ

23 :名無し三等兵:2015/12/31(木) 10:47:38.79 ID:8Cvilf5O
前スレから
>まあ、俺様は在特会は嫌いだ。品がないからな。あいつら鮮人と同じだ。
在特会の居酒屋正社員民兵大佐、ちぃーっすw
不都合な過去の言動をなかった事にするのが「俺様のような高潔な人間」ってwww

24 :名無し三等兵:2015/12/31(木) 11:10:30.79 ID:0e5/kQd2
在特会の馬鹿どもが韓国人と同じく品性に欠けていることには、おれも全面的に同意する

韓国人の中にはごくまれに尊敬できる人もいるけど在特会のゴミどもにはそんな人間は
一人もいないから、連中は韓国人以下の存在と言ってもいい

25 :名無し三等兵:2015/12/31(木) 13:37:25.20 ID:8IAk+3Te
>>16
ジェット機の寒冷地対応の例だが、凍結した滑走路に対応するため、戦闘機なんかだと
元々ついてない場合は垂直尾翼付け根にフェアリングを設けてドラッグシュートを追加する場合があった。

26 :名無し三等兵:2015/12/31(木) 13:39:36.65 ID:8G2Z22Sc
>>20
ありがとうございました。

27 :名無し三等兵:2015/12/31(木) 14:13:28.96 ID:PPP5dTZv
>>13 ばぁちゃん家の雨戸が動かなくなった。
原因は下についてる戸車が動かないせいなのだが、取り出してみて驚いた
車輪の中心に軸が通ってないんだ、最初から
よくそんな粗悪品を市場に平気で出せたもんだと驚いた
作られた時期は1965-70年ころだ
現在の東南亜細亜以下だよ、当時の日本は

28 :名無し三等兵:2015/12/31(木) 14:16:31.45 ID:nBQetR/q
そりゃ板バネがきちんと作れなかった時代に何を期待するのかと

29 :名無し三等兵:2015/12/31(木) 14:23:41.00 ID:iCYBa1mA
>>12
航空機じゃないけどインドが導入した初期のキロ級潜水艦は本国仕様
で居住性に問題が出た話は聞いたことがある。

30 :名無し三等兵:2015/12/31(木) 14:26:44.37 ID:nBQetR/q
そういや暑すぎたんだったな

31 :名無し三等兵:2015/12/31(木) 14:36:34.40 ID:dNNmQiou
バッテリーの消費が激しすぎたんじゃなかったか

32 :名無し三等兵:2015/12/31(木) 14:54:15.49 ID:0e5/kQd2
これもおれの持ちネタで過去何度か書いた記憶があるが
おれが最初に買った車は(とにかく人気がなくて安かった)マツダ製
マツダは当時も輸出の方が国内販売よりも多く、そのためフロント
ウインドウのガラスはすっくりくっきりなMade in USA

金が貯まったので憧れのトヨタの人気車に乗り換えたのだが、なんと
景色がゆがんでみえるのでびっくり
さすがに正面は歪みが少ないんだけど、端っこは魚眼レンズかと思う
ぐらい
ガラスは日本製だった

トヨタも輸出向けはアメリカ製のガラスを採用していたようだ(アメリカは
当時の日本安全基準が厳しかったためでもある)

33 :居酒屋正社員:2015/12/31(木) 15:04:26.08 ID:uJ9HeGfT
>>27
70年代の日本が今の東南アジア以下?
日本は40年代に戦艦、空母を作っていたんだが・・・
今の東南アジア土人に戦艦や空母作れないだろ。アホか。
反日扇動もいい加減にしろ。

34 :名無し三等兵:2015/12/31(木) 15:24:13.56 ID:xDBpXLwX
>>33
今の日本だって、戦艦も空母も作れないよ。

35 :居酒屋正社員:2015/12/31(木) 15:29:21.97 ID:uJ9HeGfT
>>34
核兵器と同じで、作ろうと思えばいつでも作れる。
まだ本気出してないだけだ。

36 :名無し三等兵:2015/12/31(木) 15:36:13.99 ID:ToVXb+Ry
戦艦って今や何処の国も造れない筈だが
そりゃ現用艦艇に「戦艦」の類別与えて「『戦艦』を造った・保有している」と言い張るのは出来るけど
そんなの世界中からの嘲笑の的だろ

37 :名無し三等兵:2015/12/31(木) 15:57:44.18 ID:8IAk+3Te
ちょっと待った。
この居酒屋のトークには他のスレでだいぶ前に見覚えがあるぞ。
この流れは「その東南アジアに勝てなかった中国云々」に続きそうな気配だ。

もしかして居酒はだつお劣化コピーシリーズの一人じゃないのか?

38 :名無し三等兵:2015/12/31(木) 16:00:35.74 ID:dNNmQiou
いいからここでやるなカスども

39 :名無し三等兵:2015/12/31(木) 16:59:02.39 ID:3HAcMVpM
第二次世界大戦におけるドイツ軍の対米戦死者数はどの程度なのでしょうか?
ネットで調べたのですが詳しい数字を見つけられませんでした……

40 :名無し三等兵:2015/12/31(木) 17:10:37.78 ID:0e5/kQd2
欧州では米軍は単独で戦ったわけではないから「対米戦」という
考え方自体が成立しない

41 :名無し三等兵:2015/12/31(木) 17:15:01.18 ID:ENJ3MHv3
>>39
戦場でいちいち誰がどの軍の弾に当たって死んだまで記録をとれるわけもないので概算でしか数字が出ない。
https://en.wikipedia.org/wiki/German_casualties_in_World_War_II
ここに様々なドイツ、連合軍双方の様々なソースからの統計が出てるけど
ttps://en.wikipedia.org/wiki/German_casualties_in_World_War_II#United_States_Army_Figures_for_German_and_Italian_Losses
のUnited States Army Figures for German and Italian Lossesあたりがそれに近いだろうけどこれだって米軍の与えた損害だけというわけでもない。

42 :名無し三等兵:2015/12/31(木) 18:18:02.55 ID:Gu6YtBJm
霞ヶ浦航空隊の通称って「かすくう」ですか?
それとも「かすみくう」?
どっちも見たことあるんですが…
あっ某人とは無関係の者ですw
sssp://o.8ch.net/4vqa.png

43 :名無し三等兵:2015/12/31(木) 19:06:51.94 ID:gwvoJwYL
>>42
霞ヶ浦海軍航空隊の事なら「かすくう」

「かすみくう」は見たことも聞いたこともない
いったいどこで見たんだ?

44 :名無し三等兵:2015/12/31(木) 19:38:04.49 ID:9ZZHyEu8
>>43
カスミンが教えてくれた

45 :居酒屋正社員:2015/12/31(木) 23:06:20.95 ID:EpMHSE1t
安倍は、震災で家や財産をなくしてしまった自国民を助けず、特亜の強請たかりに金を払う始末である。
まさに鳩ぽっぽ以上の売国奴である。
こんなクズを総理に仰ぐ日本に将来はないと思わないか?
キンペー、ジョンウンのほうが余程立派。

46 :居酒屋正社員:2015/12/31(木) 23:11:30.85 ID:EpMHSE1t
安倍のやったこと

・消費税増税
・所得税増税
・円安で物価上昇、景気回復せず
・国家公務員給与アップ
・国会議員歳費アップ

まさにクズの極み

47 :居酒屋正社員:2015/12/31(木) 23:12:37.56 ID:EpMHSE1t
韓国に忠誠を誓う安倍は、さっさと退陣せよ!

48 :名無し三等兵:2015/12/31(木) 23:18:38.13 ID:ToVXb+Ry
安部ガー安部ガー言いながら新年を迎える居酒屋
頭が悪い&おかしいのは知ってたけどこれほどとは

49 :名無し三等兵:2015/12/31(木) 23:19:07.52 ID:WhEGj3xM
>>47
システムとやらは自分の知らないことは無理して答えないほうがいいと思うぞ、ん?

50 :名無し三等兵:2015/12/31(木) 23:25:53.00 ID:ENJ3MHv3
バカをNGにして快適に2chしてる人が大多数なのでいちいち言及しない。

51 :名無し三等兵:2015/12/31(木) 23:29:05.41 ID:y2fPORED
>>44
Wikipediaでも愛称は霞空だね。
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9C%9E%E3%83%B6%E6%B5%A6%E6%B5%B7%E8%BB%8D%E8%88%AA%E7%A9%BA%E9%9A%8A

52 :居酒屋正社員:2015/12/31(木) 23:34:18.71 ID:EpMHSE1t
>>49
システムってなんだ
ワケワカラン事言ってんじゃねえボケ!

53 :居酒屋正社員:2015/12/31(木) 23:43:58.68 ID:EpMHSE1t
うちの店では、自民党党員募集のパンフ置いているんだが、
もうやめるわ。

売国政党のパンフなんか、店が汚れるだけだしな。
軍医大将の爺さんも嫌がるだろう。

54 :居酒屋正社員:2015/12/31(木) 23:45:56.42 ID:fpIpWA41
紅白は紅組の勝ちか。
現実世界でも、今年はアカが圧倒的に優勢だったな。
気が滅入るぜ・・・

55 :名無し三等兵:2016/01/01(金) 07:21:12.83 ID:2Lh3xulD
蒸気タービンの気醸作業は5000t級艦船の場合5時間程度掛かるとありますが
ガスタービンの場合は何分くらいで巡航出力になるのでしょうか

56 :system ◆system65t. :2016/01/01(金) 09:26:09.35 ID:bg0t4qDV
>>55
サイズによって数分から数十分ですが、たとえば出力130MWクラスの
ウェステイングハウス製W501の場合で、出力全開まで10分とのことです。

ttp://www.practicalmachinist.com/vb/general/ot-gas-vs-steam-turbine-warmup-288617/

07-27-2014, 10:59 PM、tdmidget Diamond氏の書き込み

57 :system ◆system65t. :2016/01/01(金) 09:27:25.25 ID:bg0t4qDV
>>52
居酒屋正社員との同一視は身に余りますです、たしかに。

58 :名無し三等兵:2016/01/01(金) 10:02:26.91 ID:SHvPfBus
居酒屋は共産党に鞍替えしたの?

59 :居酒屋正社員:2016/01/01(金) 13:34:52.36 ID:7Hw3EYHD
>>58
俺様は国家主義者である!
安倍のような従米売国奴とは思想を共にしない!
共産党だろうが右翼だろうが、真の国家主義者となら話す余地はある!

60 :名無し三等兵:2016/01/01(金) 14:53:01.30 ID:SHvPfBus
>>59
中華人民共和国か朝鮮民主人民共和国へ行ってろ

61 :名無し三等兵:2016/01/01(金) 16:20:41.32 ID:CQRKSGAA
米英戦争なんかで使われたというコングリーヴ・ロケットなんですが、これの威力というのは
どういうものだったんでしょうか?

ただ単にロケット花火式で鉄の矢が飛んで行ったのか、それとも標的にあたると爆裂したのか
ネット検索では英軍がこれでワシントン市を炎上させたと書いてあるんですが・・

62 :名無し三等兵:2016/01/01(金) 16:29:02.40 ID:V8jILt3v
火矢と同じだよ
着弾しても燃え続けて、周囲を延焼させるんだ

63 :system ◆system65t. :2016/01/01(金) 16:40:07.60 ID:bg0t4qDV
>>61
火矢と異なり、コンブリーブ・ロケットには導火線によって起爆する弾頭が取り付けられていました。
ttp://www.standingwellback.com/home/2012/12/27/woosh-bang-ohnasty.html

焼夷剤を搭載したバージョンもあったはずです。

64 :名無し三等兵:2016/01/01(金) 16:44:22.65 ID:QGyoCYN2
>>61 "And the rockets' red glare, the bombs bursting in air," (「星条旗」)

18世紀当時の技術で、対地攻撃用の大型「爆弾(the bombs)」を、比較的安全に投射する手段として有力だったのがコングリーヴ・ロケット(もとはインドの技術だが)です。
ときどき空中爆発("bursting in air")したり、発射前に艦上爆発したりもするけど、黒色火薬先込め砲だと、撃ち出せるタマのサイズ(弾殻に強度が要求されるので炸薬量は少なくなる…これはいまでも変わりません)と射程の限界が厳しすぎるもので。
(当時のコングリーヴ・ロケットとほぼ変わらん奴を手作りして、体育の日に沢山打ち上げてるのが、秩父の龍勢祭り。動画が結構参考になるかと)

65 :名無し三等兵:2016/01/01(金) 16:49:01.92 ID:oOjKhRUF
君塚元陸相が逝去されましたが、死因が公表されていません。
どうしてでしょうか?

66 :名無し三等兵:2016/01/01(金) 16:54:33.73 ID:8Tsn9EBu
>>65
陸将な。
故人または故人の家族の意向で死因を公表しないのはよくあることで赤の他人がどうこう言うことではない。

67 :名無し三等兵:2016/01/01(金) 16:58:34.90 ID:V8jILt3v
おや。そうだったのか
意図はしてなかったが、知ったかをやっちゃったテヘテヘ

68 :名無し三等兵:2016/01/01(金) 19:04:59.07 ID:KhY1HD9h
殆どの場合心不全で原因で死亡って、心臓が止まったから死にましたとしか発表しないから原因なんか言ってないぞ

69 :居酒屋正社員:2016/01/01(金) 19:05:12.39 ID:7Hw3EYHD
従軍慰安婦って、朝鮮人の女衒が朝鮮人の女を騙して業者に売り飛ばし、売春婦に仕立てあげただけだろ?
産経新聞にでも協力してもらえばいくらでも正しい資料は出てくると思うがな。
安倍は多少思い上がっているのではないか?
日本人全員をレイパーの子孫とさせた売国総理は、菅直人や鳩山由紀夫以上の国賊だ!
我々愛国勢力は、韓国の挺対協とかと協力して、日韓合意を破棄させることも考えてもよいのではないか?

70 :名無し三等兵:2016/01/01(金) 19:14:14.39 ID:itNpGwg4
>>33
第4艦隊事件をきっかけに、せっかく溶接組み立てになっていた軍艦をリベット組みに退化させ、被弾に弱くしてしまったレベルの日本の建艦技術
設計と、それを作り上げる技術はまた別なのだが

71 :名無し三等兵:2016/01/01(金) 19:42:18.32 ID:Mdos7n+e
伊201「」

72 :名無し三等兵:2016/01/01(金) 19:54:16.12 ID:CrxBuVrw
>>69
挺身協って北朝鮮系の団体だけど
居酒屋は自民党支持やめて北朝鮮支持になったのか?凄い転向だな

73 :名無し三等兵:2016/01/01(金) 19:59:41.43 ID:V8jILt3v
>>72
挺身協が北朝鮮系という証拠は、今のところない
おれ的にはむしろ中国が直接コントロールしてるかも、とにらんでる

74 :名無し三等兵:2016/01/01(金) 20:19:40.99 ID:CrxBuVrw
>>73
挺身協は北朝鮮の資金援助を受けてるんじゃないの?
産経や読売でそんな記事を読んだような気が・・・

75 :名無し三等兵:2016/01/01(金) 20:27:58.49 ID:V8jILt3v
>>74
北朝鮮メディアは不思議に挺身協に冷たいんだ
関係があるからこそ、わざと突き放してるという見方も成立するけどね

読売とかは在米の、北朝鮮系であるとみなされている団体が挺身協と連携している
ことを重視してるんだろうが、連中は韓国政府からの助成金も平気で受け取っていて
金でどうでも転ぶ連中なんじゃないかと思ってる

76 :名無し三等兵:2016/01/01(金) 20:31:07.09 ID:V8jILt3v
ちなみに挺身協の最大のスポンサーは韓国の「プロテスタント系キリスト教」団体だそうな
この中には明らかに北の支援組織も混ざってるからややこしい

77 :名無し三等兵:2016/01/01(金) 22:34:49.78 ID:YSVpGeOn
今燃料切れの場合などに、機体だけ墜落させ、安全に脱出できる方法は確立されているのでしょうか?
海の場合とかは脱出後もどうするんでしょうか? 救命胴衣みたいなもので浮く?

78 :名無し三等兵:2016/01/01(金) 22:38:10.81 ID:h9MOYqeg
>>77
燃料切れの機体は墜落しても爆発しないんだぜ!これ豆な!

79 :名無し三等兵:2016/01/01(金) 22:40:13.93 ID:lXyOoz22
>>77
落下傘(パラシュート)というものがあります。

また、「脱出する時間や手段がない」時のために、座席ごと外へ放り出す「射出座席」や
「コクピットの部分だけ切り離してその後コクピット区画ごとパラシュート降下」というシステムもあります。

脱出しても海の上、ということが想定される場合は大概救命ボートがセットされている。
もちろん救命胴衣もつける。

それらをどこまで「安全」と考えるかは人によるかな。
何にしても「機体と一緒に墜落」よりはマシだ。

80 :名無し三等兵:2016/01/01(金) 22:45:22.36 ID:DKYEkniY
太平洋戦争時と現代を比べて潜水艦はどのような点で進歩していますか?
水中での速度や潜航する時間が伸びているように感じます
というか潜水艦=海中にいるイメージでしたが古い潜水艦は会場にいるほうが多かったようだし、潜水時の速度は非常に遅かったようです
それらから察するに潜水時間の増加や速度の向上が1番の進化なのでしょうか?

81 :名無し三等兵:2016/01/01(金) 22:48:28.44 ID:lXyOoz22
>>80
潜水艦は「原子力潜水艦」というものが発明されて根本的に別のものになった。
というくらい進歩した。

なにせ、乗ってる人間が保つならいつまでも潜っていられるようになったからな。

水中速力の増加もデカイけど、それは「短時間ダッシュする」だけなら通常動力でも
できるので(世界最初の水中高速型は原子力じゃないので)、何よりも潜航時間の
(ほぼ)無限大化かな
>潜水艦の革命

82 :system ◆system65t. :2016/01/01(金) 22:59:37.63 ID:bg0t4qDV
>>80
「1番の進化」といわれると考え方次第なので意味がなくなるでしょう。

おっしゃるとおり、可潜艦から潜水艦へ、そして原子力を得て、浮上する必要のない真の潜水艦へ
また
潜水能力とセンサーの飛躍的進歩によって相手から全く見られずに一方的に攻撃できる能力の獲得
また
戦略原潜のように巨大な核攻撃能力を得たことによって、単なる軍艦から破壊的な大量破壊兵器へ
また
UAVや対地ミサイルによって潜水したまま地上目標を補足へのコメント:破壊できる能力の獲得
また
特殊部隊や潜水兵運用によって敵深部での情報収集、破壊工作を可能にする

などなど、システムとしての進化も大きいので
ナニが一番とは言い切れないほど多面的に進化しています。

83 :system ◆system65t. :2016/01/01(金) 23:00:43.43 ID:bg0t4qDV
× 地上目標を補足へのコメント:破壊できる
○ 地上目標を捕捉、破壊できる

84 :system ◆system65t. :2016/01/01(金) 23:03:17.73 ID:bg0t4qDV
どれが一番とは言えないとわかった上であえて絞るなら

戦略原潜の登場

でしょう。

潜水艦一艦取り逃したところでどうということはない
潜水艦一艦反乱起こしたところでどうということはない

とはとても言えなくなってしまったわけで
潜水艦一艦の存在価値を極限的に高めた進化なわけで

85 :名無し三等兵:2016/01/01(金) 23:43:19.35 ID:V8jILt3v
>>78
燃料切れの機は燃料タンク内に可燃性ガスが充満していて
極めて爆発炎上しやすい

86 :名無し三等兵:2016/01/02(土) 00:22:06.59 ID:X3+TdgI7
>>85
マジで!?

87 :名無し三等兵:2016/01/02(土) 00:23:43.12 ID:b6R6trKV
>>86
爆発限界

88 :名無し三等兵:2016/01/02(土) 01:07:17.79 ID:NMWeIWGl
ジェネレーションウォーってドラマを見てたらポーランド人がソ連のパルチザンに「あんたらはソ連にとっても敵だ」って嫌味っぽく言われてるシーンがありますがなんででしょうか?
実際ソ連軍からパルチザンは嫌われてたのですか?

89 :名無し三等兵:2016/01/02(土) 01:13:11.54 ID:2NR1zXDK
>>81>>82
ありがとうございます、原子力が動力になったことで潜水艦も大きく変貌したのですね。
空母にしたってそうですが、圧倒的な航続距離が魅力ですね。
空母以外の艦艇でも原子力艦あったとも聞いたことがありますが、そちらはあまり話題になりませんね。

90 :名無し三等兵:2016/01/02(土) 01:16:18.25 ID:yicVxQCz
いきなりすまぬ

もし、第二次軍事版801版戦争が起こったらどうなるでしょうか?

91 :名無し三等兵:2016/01/02(土) 01:24:31.50 ID:MFOVyu1t
>>88
パルチザンと言っても民族主義者もいれば共産主義者もいて、ソ連赤軍の統制に従わずドイツについたり独ソ双方に喧嘩売ってた連中もいた。
例えばソ連赤軍のヴァトゥーチン上級大将は1944年にウクライナ民族蜂起軍(UPA)のパルチザンに狙撃されて死亡してるが、ウクライナ民族主義者のUPAは独ソ双方に対し攻撃を仕掛けていた。

92 :名無し三等兵:2016/01/02(土) 01:39:47.04 ID:VUlUA3zd
>>89
結局のところコストに見合わない
潜水艦は、大気に依存しないという能力は替えがない
空母は原子力でなければできないというのはないので、コストに見合うか見合わないかは考え方次第
それ以外はガスタービンのほうがいい

93 :名無し三等兵:2016/01/02(土) 01:53:30.60 ID:YQLt9aqh
そもそもポーランドは最初に独ソ「両方」と戦って占領されてる訳で。ロンドン亡命政府の指揮下にあるポーランド国内軍は反独反ソだよ。
(で、ワルシャワで反独蜂起した時、ソ連軍は独軍とポーランド蜂起軍が潰し合うのを横で静観。蜂起軍が潰されて独軍がへたばったとこで前進)

94 :名無し三等兵:2016/01/02(土) 03:11:25.02 ID:BnY6qmCf
>>89
空母には燃料の供給がいらない原子炉を使う事で、燃料タンクを艦載機用に増やしたり、爆弾などを増やしたり
できるというメリットがある。
実際、空母というのは搭載機がフル稼働するような作戦だと、空母そのものより搭載機の燃料弾薬が先に
枯渇しちゃうもんで、原子力空母の方が継戦能力の方が高くなるんだわ。

で、水上戦闘艦の場合は原子力艦にしたから燃料タンクいらないので艦型を小型化します、なんてやってると
武装や電測兵装の拡張性が無くなるんで、そう小型化できるもんでも無い。
じゃー代わりに弾庫を・・・なんて、燃料タンクのあった場所に弾庫置いたって発射機や砲から遠いしね。
なので世界一周航海でもやらない限り、空母ほどはメリット無いんだわ。

95 :名無し三等兵:2016/01/02(土) 10:31:55.01 ID:Snpl7Kum
>>89
アメリカは初の原子力空母エンタープライズに合わせて原子力巡洋艦と原子力フリゲート(後に巡洋艦に
種別変更した)も建造した。

でも「燃料は要らないにしても兵装の予備弾はどうなるんだ?」ということになり、結局のところ補給が
必要なことには変わりない、ということになって、原子力戦闘艦は「カネがかかる割にはメリットがない」
という評価に。

で、
>>94の人が書いていることに加えて、空母の場合は動力を原子力化すれば煙路と煙突が要らない、
という大きなメリットがある。

航空母艦は大きな機関出力が必要なので、従来型のボイラー使うと5万トンとかそういう大きさになった場合、
煙路と煙突の占めるスペースがバカにならないので。
大型の煙突と大量の排気は航空機の離発艦の障害になるから、これをなくせるのならメリットが大きい。

96 :名無し三等兵:2016/01/02(土) 10:47:41.48 ID:5w5bkHT3
「離発艦」だと離艦も発艦でどちらも同じじゃないのかと思った
んで出る方では煙突も排気も障害にはなりにくいんじゃないかとも

問題になるのは「着艦」の方だよな

97 :名無し三等兵:2016/01/02(土) 11:53:51.82 ID:jAMjSEqa
発艦に関しては今の所蒸気カタパルトは原子炉から生み出される豊富な蒸気を供給できるので有利。発艦の全力走行とカタパルトに供給出来る蒸気を両立させるのはかなり難しい。
しかも全力出力を通常動力ボイラーで行うと煙はその分多くなるから発艦と着陸の同時進行はより困難になる。
次世代の電磁カタパルトに必要な電力も原子炉からの方が生み出し易いと言われるね。

98 :名無し三等兵:2016/01/02(土) 12:53:57.51 ID:yt9SA5Kg
>>97
レキシントン級の巨大な煙突は甲板上の気流を乱すので発艦にも影響が出たそうな。

風上に全力で走ってると後ろから吹き返しの風が吹いて来たりしたらしい。

99 :名無し三等兵:2016/01/02(土) 12:55:18.61 ID:qkk5woWi
運営がまた何かしてるの?

100 :名無し三等兵:2016/01/02(土) 21:51:20.04 ID:ndF6CZqE
・消費税増税
・所得税増税
・円安で物価上昇、景気回復せず
・国家公務員給与アップ
・国会議員歳費アップ

自民地獄

101 :居酒屋正社員:2016/01/02(土) 22:12:41.65 ID:Q6BpNDsg
>>100
特亜に土下座外交
拉致被害者見頃し
靖国参拝せず

自民地獄

102 :名無し三等兵:2016/01/02(土) 22:36:27.57 ID:X5FVyXQH
戦艦大和と武蔵について。
大和と武蔵は、竣工から最終時までの間、何度か改造されていますが、
そ中で、「艦首付近の甲板に、単装機関銃3丁」を設置した時期はありますか?
(竣工時と最終時ではないとおもいますが)

あるとすれば、大和と武蔵どちらで、いつ頃でしょうか?
弾薬庫から艦首甲板機関銃への弾薬補充はどんなルートで、どうやって運んでいたのでしょうか?
甲板上の機関銃配置はどこも危険でしょうが、この艦首設置の機関銃は特に危険な配置場所でしょうか?
(身を守るものが気休め程度すら無い。波を被ったらさらわれそう。
主砲発射時の退避でも、他の位置の機関銃より長い距離甲板を走らないといけない)

103 :名無し三等兵:2016/01/02(土) 23:50:51.22 ID:pTCwJVCy
>>86
ガソリンとか灯油は液体が燃えるんじゃなくて
気化したガスが燃えるんだよ

で、空になったタンク自体は凄く燃えやすくなってる。

けど、ガス自体は爆発で消費されちゃうから延焼の恐れは小さい
だから緊急着陸する際に、延焼というか周囲への飛び火を防ぐために燃料を投棄することは実際にやってる

104 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 00:28:42.13 ID:Z5Gd+SkL
ウィキペディアのセーヴル条約の所で、
マラシュ・ウルファ・アンテプ各州はフランス勢力圏に、コンヤ・バルクエスィルを結ぶ線以南のアナトリア南西部はイタリア勢力圏に。
とありますが、勢力圏ってどういう意味なんでしょうか

主権はトルコにあるけど行政権は仏伊が握るよ
みたいに捉えればいいのでしょうか
セーブル条約における勢力圏の意味合いを教えてください

105 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 00:30:09.67 ID:ilMVS6yh
航空機では聞いたことないが
船舶ではいまだにそれで普通に爆発事故が起きるから困る
ttp://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201411/0007542114.shtml

>>82
>特殊部隊や潜水兵運用によって敵深部での情報収集、破壊工作を可能にする
大戦時からそれはすでにやってるやん

106 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 01:09:17.95 ID:RdZs7Fg5
>>104
ttp://history.stackexchange.com/questions/926/what-do-zones-of-influence-mean-according-to-the-treaty-of-sevres-after-wwi
法的にはトルコの施政下にあるけど鉱山、交易などの権益は影響力を持つ国が占有できるということを互いに認め合った

107 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 01:18:50.21 ID:HJtZgCZS
F22ってEODASを装備しないんですか?

108 :system ◆system65t. :2016/01/03(日) 09:20:23.25 ID:UGrlzS8d
>>107
緊密なシステムで作られてますから、今からEODAS後付けなんて
大改造は無理そう

109 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 11:03:31.45 ID:HJtZgCZS
確かにそうですよね。ありがとうございます。

110 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 14:14:05.24 ID:0OZ+/fnp
空母の話として
STOVL機運用からバリバリの艦上戦闘機にステップアップした事例はありますか?

111 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 14:27:49.24 ID:d2Dsd/64
>>110
インドの空母ヴィクラマーディティヤ。

元はソビエト/ロシアの空母バクー(ゴルシコフ)で、垂直離着陸機専用だったけど
インドが買い取って大改装し、スキージャンプ式の通常型空母として再就役した。

112 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 14:28:00.05 ID:RdZs7Fg5
>>110
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%A4_(%E7%A9%BA%E6%AF%8D)
インド海軍空母ヴィクラマーディティヤ(旧キエフ級航空重巡洋艦アドミラル・ゴルシコフ)

113 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 14:35:22.74 ID:VtYHWYEW
カスミンは喉に餅を詰まらせたかな?

114 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 15:20:02.12 ID:qsCaQQ5m
先週は夜来たよ

115 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 15:48:52.76 ID:GZEBslre
ロシアの無人戦闘車両ウランー9ってもう実戦に投入出来るぐらい完成してるんですか?
ロシアのJSCが今年中に販売すると言っているんですが?

116 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 15:56:43.93 ID:qsCaQQ5m
ロシア人が「今年」と言ったら5年先だよ

117 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 15:59:17.77 ID:0TbfDW3F
>113 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 14:35:22.74 ID:VtYHWYEW
>カスミンは喉に餅を詰まらせたかな?

「喉に餅を詰まらせ」無いです!

餅は1個しか食べていません。
台湾人の彼女と、医師から痩せるように言われているからです。
御節料理で食べたのは、餅1個だけです。
毎日、食堂で野菜炒め定食を食べています。
自宅では、生卵3個、生姜の下ろしたの、脱脂粉乳、黄粉、モロヘイヤという野菜の粉末を食べています。
自炊すると、安いのでつい食べ過ぎてしまいました。
食材を冷蔵庫に置くので、つまみ食いしてしまいます。
食堂ですと、追加料理には、追加料金を支払わなくてはなりません。
そのため、毎日空腹ですが、痩せました。
体が軽くなったと感じられます。

118 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 16:00:38.67 ID:RdZs7Fg5
>>115
ttp://defence-blog.com/army/russia-to-start-promoting-uran-9-combat-robotic-system.html
Russia to start promoting Uran-9 combat robotic system

今年から売り込みを始めますよって話で見本市にモックアップか試作品を展示とかPVを上映してというところから。
兵器として今すぐ受注して生産できる状態になってるかどうかは別の話。

119 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 16:15:45.33 ID:0TbfDW3F
>884 :名無し三等兵:2015/12/29(火) 11:02:38.85 ID:c6sw8Hvc
>ドイツがポーランドに侵攻して
>英仏がドイツに戦線布告しましたが、
>ドイツがポーランドに侵攻後2週間経ってから
> ソ連もポーランドに侵攻してますよね?
> 英仏はなぜソ連に戦線布告をしなかったのでしょうか?

「建前の理由の一つは、イギリスとフランスがドイツに宣戦布告した根拠である、フランス=ポーランド防衛協定やイギリス=ポーランド相互援助協定にあります。
これらの協定は無条件にポーランドを助けるものではなく、ドイツしか共同防衛の対象にしていないのです。
つまりソ連によるポーランド攻撃に対して、これらの条約を根拠に英仏の援助を要請することはできません。
逆にドイツによる攻撃に対しては、英仏(とくにフランス)は参戦する義務があります。」

下記、ドイツがポーランドに侵攻したのと同じ時期、ソ連もポーランドに侵攻していますが、イギリスとフランスはドイツにだけ宣戦を布告して、 なぜソ連には宣戦を布告しなかったのですか?を参照ください。

ttp://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1053064880

120 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 16:26:33.80 ID:0TbfDW3F
>328 :名無し三等兵:2015/12/20(日) 22:40:16.82 ID:MZclSJIC
>アレはもしかして講演と同じテクニックで語ってるんじゃねえのと思った
>端的な言い切りで注目させ引き込むとか、脱線した薀蓄話で親しみ易さと博学性を演出>とか
> でも特定分野とはいえ緩い枠の括りで集まる聴衆を目下に見て話す講演と、深く嵌り>こんだ者が対等に発言できる掲示板じゃ論じ方は違うわな
>講演では聴衆から反論反証が来ることは少ないし、文字の記録として残ることも少なく、>録画録音されててもそれが広まることはまずない
> だが誰でも見られる掲示板じゃ半永久的に残って迂闊な発言は過去に遡って突っ込み>の対象になるし、なにより発言者の言行録として発言内容もやり方姿勢も残り続ける訳>で

「講演と同じテクニックで語ってるん」です!

結論を先に示します。

長い話をする。
長い文章を書く。
それで、格調が有るのでは無いのです。
結論を先に示します。
講演の際には、レジュメ(要約)を印刷して配布しておきます。
どんなことを話すのか、前以て教えた方が、聴衆の理解は深まります。
文章では、重要なことを、先に、書きます。
新聞の、頭でっかちの手法です。
読者に、最初に結論から伝えるのです。

「WEBと新聞から考える、新旧メディアの前途【後編】新時代の ...
www.sensors.jp/post/post_72.html
WEBと新聞から考える、新旧メディアの前途【後編】新時代のニュースとメディアのかたち. 2015.05.28 23:00. 0000 0000 .....

新聞記事って頭でっかちに書いて

、後ろからどんどん削られていくのを前提に書いているんですね。だから起承転結じゃないんですよ。」

121 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 16:27:23.28 ID:0TbfDW3F
>329 :名無し三等兵:2015/12/20(日) 22:41:38.95 ID:HvrIxiRZ
>カスミンって講演したことあるの?

「講演したことある」!

何度も有ります。
ときどき録音を聞き返して楽しんでいます。

122 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 16:28:52.13 ID:0TbfDW3F
>341 :名無し三等兵:2015/12/21(月) 11:17:26.66 ID:AqAscVLF
>チンカスミンの糞回答を、無理矢理正解に修正してみると
>「在日米軍には元州兵が居るようだ」
>と言う極めてどうでも良い糞豆知識になる
> チンカスミンはこんな言い訳も思い付かない糞回答者、いや回答者ですらない
> ただの糞だ、まるでそびえ立つ糞だなw

>在日米軍」に陸軍の実戦部隊はありません。

>アメリカ州兵(National Guard)は、正規軍予備役としての性格を持ち

>752 :名無し三等兵:2015/12/27(日) 20:49:44.24 ID:C6sMhWzy
>州空軍が、3カ月の海外展開をしたそうです。

>ウイスコンシン州空軍の、F−16Cの12機が、沖縄県嘉手納基地に、2015年1>月15日から、3カ月の展開任務に就いそうです。
> 同部隊は、以前に、アイスランドやポーランドにも、展開したことが有るそうです。
> 軍事雑誌『丸』2015年7月号より。

123 :三等自営業 ◆LiXVy0DO8s :2016/01/03(日) 16:30:28.95 ID:fP7dSEyn
>>121
ごきげんようカスミン
わたしからの宿題に早く回答を示して下さい。

124 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 16:36:24.16 ID:BadaLqJs
講演って精神病院の発表会とかか?

125 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 16:39:24.59 ID:0OZ+/fnp
>111>112さん
あるんですね!
ちなみに、インド海軍はSTOVL機から始めて
ノウハウを蓄積していったのでしょうか?

126 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 16:47:59.12 ID:0TbfDW3F
>124 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 16:36:24.16 ID:BadaLqJs
>講演って精神病院の発表会とかか?

学校事務職員の大会です。

いろんな所へ行きました。
広島県から呼ばれたときに、江田島の海上自衛隊幹部学校を見学しました。
記念に、生協で、海軍兵学校のマグカップを買ってきました。
海上自衛隊の元海曹がガイドになって、10人程度のグループを案内しました。
後日、アメリカのカナポリスの海軍兵学校を見学しました。
同じシステムでした。
日本がアメリカを真似たと、想像します。

127 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 16:49:08.78 ID:0TbfDW3F
>699 :名無し三等兵:2015/12/27(日) 17:38:26.31 ID:RA/QtYlP
>698
>戦地での飯盒炊飯は、兵は、基本は本人がすることになっていました。

>なら何故平時の兵営の例を証拠に上げたんですか?
> 不適切な事例を証拠に上げたのですか?
>またも戦地限定の例を論拠、いや言いがかりにして、それが全体に適用されるかの如く>偽っているんですか?

>だいたい、それ自体を
>実際は、初年兵がしただろうと、想像します。
>と自ら否定してるのはどう説明するんですか?
> 今度は「それは、あくまで想像です。」でしょうかね?

水木しげるが書いています。

パラオへ行ったそうです。
飯盒炊飯をしました。
初年兵がやったそうです。
アメリカ兵で日本軍の捕虜になった人がいます。
日本軍の観察で、初年兵が炊事など雑用をしたと記しています。
交通が途絶して、次の年次の兵が来なかったら、悲惨でした。

「平時の兵営」では、2年兵が炊事当番となって食事を作りました。
初年兵は教育が有るからです。
2年兵が炊事当番や衛兵勤務など、いろいろな当番をしました。
その合間に、教練に参加しました。
炊事当番は、週に2回の教練への参加義務が有ったそうです。
戦地では、初年兵は雑用係です。
初年兵が飯盒炊飯をしました。

128 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 16:49:50.75 ID:0TbfDW3F
参考図書

「コミック昭和史 - Wikipedia
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/コミック昭和史
水木しげるの軌跡はそのまま昭和史に重なっており、実体験から知る当時の流行や庶民の生活なども描かれている。
また、水木は太平洋戦争の場面になると、どうしても力が入ってしまうと述べており、特に多くのページを費やしている。本作品に対しては「戦争で ...」

「日本軍と日本兵 米軍報告書は語る - 一ノ瀬俊也 - 電子書籍 ...
booklive.jp › ... › ビジネス・実用 › 学術・語学 › 教育
評価: 3.5 - ‎18 票日本軍と日本兵 米軍報告書は語る,一ノ瀬俊也,書籍,学術・語学,教育,講談社,日本軍というと、空疎な精神論ばかりを振り回したり、
兵士たちを「玉砕」させた組織というイメージがあります。
しかし日本軍=玉砕というイメージにとらわれると、なぜ戦争があれだけ ...」

129 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 16:49:59.17 ID:yFI2KMlF
>>125
実はインド海軍は1960年代からイギリス海軍の空母を譲り受けて運用する
アジアでも最高のノウハウを持つ空母大国なのだ
印パ戦争でも印空母はその力を遺憾なく発揮してる

当然艦載機もイギリスから譲られたCTOL機から始まり空母共々シーハリアーを購入して現在に至る

130 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 16:51:51.28 ID:6lX2rpd7
>>125
インド海軍が最初に使ってた艦載機はシーホーク
STOVLはシーハリアーが80年代に調達されてて今でも現役だな

131 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 17:09:20.90 ID:0TbfDW3F
792 :名無し三等兵:2015/12/27(日) 23:00:12.09 ID:D9L71wNZ
>789
>日本の戦車は、その世代の最後に登場します。
>そして、超一流と自画自賛しているのです。

>いや、自画自賛なんかしてないけど。
>そもそも910式の話をしているのにT−34が対抗あいてと想定して開発された
>61式やT−55対抗に開発された74式は最初から時代遅れと自衛隊は把握していま>したが。

> 自愛隊が自画自賛してたソースくらいだしてから、ほざいいてくださいね。

>それと、元質問は10式がどうかなので、61式や74式がどうかと言い出すあなたの>回答は、
> 全くの的外れです。10式のことを調べてもないなら、回答っすんなと。

「日中戦車比較 戦車では中国圧倒的優位? - nifty
homepage3.nifty.com/gun45/wannueriben.htm
つまり、我々と日本が戦争したら、直面するのはあらゆる10式、それに加えて主に74式から構成される日本の戦車戦力である。
74式 ...
装甲貫徹能力は絶対に世界一流、甚だしきに至っては

超一流である。

2,000mというこの標準の距離から800mmの均質鋼板 ...」

132 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 17:10:01.12 ID:0TbfDW3F
「その2へ
page.freett.com/skybluedream/hujiscool04/pare02.htm
やはり戦車!世界一漢(おとこ)らしい戦車といえばこの74式戦車でしょう。
敵戦車砲弾を回避しやすい平べったくて丸く傾斜をつけている装甲が実に美しいです。
74式 ...

超一流の射撃管制コンピュータ

を持ち、恐るべき高精度の射撃ができるすさまじき戦車です。」

「韓国人「日本は戦車すら無能www」→「日本人が作る ... - Tamenal
tamenal.com › おもしろ
2015/08/29 - 海外の名無しさんを翻訳しました日本・韓国・北朝鮮・中国の戦車を比較してみたぞ以下、
外国人の反応まとめ海外の反応海外の名無しさんを翻訳しました日本の戦車は履帯外れてどうし ...
彼、裏では

「口だけは超一流」

と言われてます。 .....
74式みたいな無様な醜態を世界に晒して糞朝鮮や支那畜生に間違った優越感を抱かせ.」

133 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 17:10:48.55 ID:0TbfDW3F
「時代遅れと自衛隊は把握していま」せん!

前の世代の戦車を「対抗あいてと想定して開発」という考えが、間違っているのです。
「74式は」超一流と自我自賛していました。
その世代の最後に出現したというだけのことです。
「T−34が対抗あいてと想定して開発された61式」は「時代遅れ」です!
「T−55対抗に開発された74式は」「時代遅れ」です!
1940年に、「T−34」は部隊配備されました。
1961年に、「T−34が対抗あいてと想定して開発された61式」とは、情けないです。

「74式戦車 - Wikipedia
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/74式戦車
開発 に移動 - 開発[編集]. 74式戦車の開発は、61式戦車が採用されて間もない1964年にスタートした。
当時は既にM60パットンやレオパルト1、T-62といった

第2世代主力戦車と呼ばれる車輌の研究開発が終了し、それらが配備され始めており、日本の戦車開発の

...」

「T-34とは - Weblio辞書
www.weblio.jp › ... › 製品 › 武器・装備 › 兵器 › ソ連の戦車
A-34/T-34の誕生. 試作戦車A-34。
後に砲塔などを改良され、

1940年型として量産された。

しかし、冬戦争でもBTシリーズの装甲の脆弱性が問題 ...
前線の部隊からこの新型砲への賞賛の声が届いた後、スターリンのソ連国家防衛委員会から、ようやく新型砲生産の正式な許可が届いたのだっ .....
また、遅くとも1942年末頃から1943年中ごろに至るまで、ドイツ軍は強力なティーガー重戦車およびパンター中戦車を配備し始めた。」

134 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 17:17:47.17 ID:0TbfDW3F
>725 :名無し三等兵:2015/12/27(日) 19:29:01.60 ID:RA/QtYlP
>あーこれはもう炊事全員についてカスミンは弾が尽きた模様
> 同じことを繰り返し再掲するのは反論の余地をなくした時の常習行為
> 実質的に敗北宣言と見て宜しい
>負けてないと思うならしっかりした証拠で反論を続けてくださいな
>壊れたレコードで同じことを繰り返してもそこから一歩も進みませんので

>初年兵と演習は、全員が経験しました。

「同じことを繰り返し再掲するのは」正しい結論が出ているのに、敗北を認めないからです。

135 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 17:21:34.44 ID:VE698lVp
本日の初質はこれにて終了です。
残り時間は、「かわいそうな人のポエム朗読会」を壊れたテープの録画再生でお送りします。

時々野次が入りますが、国会中継みたいなものなので問題ありません。

136 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 17:23:28.04 ID:0TbfDW3F
>330 :名無し三等兵:2015/12/20(日) 22:42:49.53 ID:TVyOQuV/
>たしか前にダンス関係とかで講演したことがあるって言ってた

>332 :名無し三等兵:2015/12/20(日) 22:51:23.87 ID:0Ip4xd4r
>ダンスじゃなくてQCサークル活動だろ
>それで国内あちこち旅行したとか、欽ちゃんの仮装大賞だかの話を織り交ぜると聴衆が喜ぶとかなんと
>か
>QC七つ道具も新七つ道具も即答できないQCの講演者ってのも相当アレだが

「即答できない」と駄目とは、自分の過ちを認めたく無いための、強弁です。

JRの駅で「即答できない」と駄目だと言われたことが有ります。
普通電車に乗って、降車して、改札口で駅員に切符を渡して通ろうとしました。
駅員が「特急券を渡してください。今は、特急の時刻です!」と言います。
私は「普通電車に乗って来たのです」と答えました。
駅員は「乗った時刻を言いなさい」と言いました。
私は、手帳に入れていた鉄道時刻表を駅員に提示しました。
すると駅員は「即答できない」と駄目だと言いました。
鉄道時刻表には、私の乗った時刻と、その駅に着いた時刻が明示されていました。
その時刻に、普通電車を降りることが可能で有ると証明していました。
その駅員は、鉄道時刻表も現在時刻も知らずに、「今は、特急の時刻です!」と断言したのです。
このことを、新聞へ投書しました。
私の職場へ、上司2人が謝罪に来ました。
しかし、私は、本人が謝罪に来て欲しかったです。
鉄道時刻表を提示したのに、それを認めない、駅員が許せません。

私はよく、ビジネスマンと間違えられます。
ダブルのスーツを着て、バックを持っているからです。
その駅員は「こいつは、ビジネスマンだ。とすると、東京から来た。特急に乗って来たはずだ」と思い込んだのです。
私が、ジャンパーを着て、農協の名前の入った帽子を被っていたら、茨城県人と見られて、こんな誤解はされなかったでしょう。
ちなみに、ダンスパーティーへ、ダブルのスーツを着て行って、不審なビジネスマンと思われます。
ただ、ダブルのスーツの方が、女性にもてるので、この衣装は変えられないです。

137 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 17:24:10.57 ID:0TbfDW3F
パレートの法則。

「QC七つ道具」にパレート図が有ります。
イタリア人の経済学者が発見して法則を活用した図です。
所得の大多数は、少数の人が占めているというものです。
QCでは、不良の大多数は、少数の原因が占めているとしています
不良の全部を完全に根治するのでは無く、少数の原因を改善すべきとの意味です。
私は手帳に鉄道時刻表を入れています。
日本全国の鉄道時刻表を、手帳に入れているのでは無いのです。
私がよく使う路線の、私がよく使う区間だけです。
それだけで、私にとって、鉄道時刻表としての役割を、殆どを果たしています。
これが、パレートの法則なのです。
一枚の紙です。
だから、駅員から因縁をつけられて、即座に提示することが出来たのです。
少数の、重要なことを管理するのです。

「パレートの法則 - Wikipedia
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/パレートの法則
パレートの法則(パレートのほうそく)は、イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが発見した冪乗則。経済において、全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという理論。
80:20の法則、ばらつきの法則とも呼ばれる。
‎ロングテール - ‎ジップの法則 - ‎パレート分析 - ‎冪乗則」

「パレートの法則: 30分で分かる企業経営
businessadmini.seesaa.net/article/102013020.html
2008/07/02 - またパレートの法則は、品質管理の分野において、

QC7つ道具の一つのパレート図として活用されている。

パレート図とは、不良品の大部分はわずかな不良原因が占めていることを示し、どの不良原因を解決することが重要かを判断する際に使 ...」

138 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 17:28:45.39 ID:0TbfDW3F
>753 :名無し三等兵:2015/12/27(日) 20:51:34.77 ID:UCSpC3B1>>746

> 1 企業では有りません。
>では何故企業として一中学校の名が掲示されているのでしょうか?
>また、これについての教育委員会の許可の要否についてはまだ回答頂けていません

> 2 私の仕事の改善です。
> 『 私 の 』仕事の改善、ですか?
> 企業名一覧に載っていた稲敷市立東中学校のケースについて聞いているのですが、こ>れは『 私 』の活動、ということですか?

> 稲敷市立東中学校のホームページに職員一覧がないか探してみましょうかね

1 「企業などの職場で、提供するサービスや商品の質を向上する」。
> 2 私の仕事の改善です。

「企業などの職場で」のことです。
欄が、企業となっているだけのことです。
航空自衛隊全体で、QCサークル活動をしているそうです。
陸上自衛隊と海上自衛隊については、QCサークル活動をしていると、聞いたことが有りません。

私の仕事の改善です。

「かめらじお。 ...
そしてQCサークルは、

企業などの職場で、提供するサービスや商品の質を向上する

ために、業務の流れなどをチェ... .」

139 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 17:43:03.25 ID:0OZ+/fnp
>129>130さん
ノウハウ蓄積させていたのですね
自衛隊がF-35B導入で夢がひろがりんぐって
するしないはともかく、あながち妄想ではなかったのですね

140 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 17:57:16.44 ID:RdZs7Fg5
>>139
空自が導入するのはF-35Aだが

141 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 18:14:28.27 ID:lssHJfM6
>>139
空母のノウハウって話ならインド海軍は半世紀選手だな
それと自衛隊になんの関係があるのかはわからんが

142 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 18:19:13.40 ID:d2Dsd/64
>>139
いや、その言い方するなら、日本にはV/STOL機の運用経験もSTOVL空母の運用経験も無いわけだが・・・。

っていうかそこは
「では自衛隊がF-35BではなくF-35Cを導入することも不可能ではないのですね!」とか、そういう方向だと思うが。


なお、現状の自衛隊の保有艦艇では、F-35B導入してSTOVL運用するしかないわけだが、ノウハウのあるなし以上に
それだと大した艦上機戦力(乱暴に言うと空母戦力保有)ができない。

自衛隊に「大改造すればCTOL(通常型の離着陸(艦)できる飛行機のこと)空母にできる艦艇」があるわけでもなく、
世界のどこかに「買ってきて大改造すればCTOL空母にできる」旧式空母が格安でゴロゴロ売られてるわけでもないし。

143 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 18:21:02.13 ID:GTCRrdnu
>>142
つPOW.....
買おうと思えば買えるぞ。

144 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 18:24:50.30 ID:d2Dsd/64
>>143
P.O.Wは「改造すればCTOL空母になる旧式空母」でも「格安でゴロゴロ売られてる旧式空母」でもないのでこの文脈でそういうツッコミ入れられましても・・・。

それはさておき、アレは「これ買うくらいなら自前で作ったほうがマシ」な存在だと思うけどなぁ。
わざわざ買う必要はなくね?

145 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 18:48:57.12 ID:uUaMfVWg
>140>141>142
よく分かりませんが
いずもにF-35Bを乗せれば日本はすぐにでも一人前の空母保有国なのですよね?
インドに出来るのなら簡単なのでは?

146 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 19:04:35.54 ID:GZSeDvr3
一人前がどんな基準なのかは一先ず置いておくとして
いずもは船体が細いゆえ搭載能力が低く
DDH(ヘリコプター護衛艦)が指すようにヘリ運用艦であり戦闘機用の補給設備などない結構な改装が必要になるだろう
よって載せるだけでどうにかなる話ではないし改装してもインヴィンシブル+X程度が限界だ
また書いてあるようにインドは60年代から運用しているが海上自衛隊はそんな経験はなくその点でも当然未熟と思われる

147 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 19:24:41.32 ID:U7+mwemJ
だからそもそも、ジェット時代に入ってからの空母運用経験は日本にはまったくのゼロだとゆー話なわけだが?

148 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 19:25:30.44 ID:U7+mwemJ
っと、>>147>>145。アンカーつけんと…

149 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 19:29:29.05 ID:8uSLufGv
WW2中に建造された各国の護衛艦艇について調べて気になったことがあります

米英で建造されたフリゲートはレシプロ機関を中心にして建造されていますが、
一方で日本で建造された海防艦はディーゼル機関を中心に建造されています

レシプロ機関の方が安価で建造しやすいと目にしますが
何故日本海軍は海防艦にレシプロ機関を採用しなかったんでしょうか?

150 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 19:33:12.64 ID:L93/sYbw
>>101
ネトウヨって脳味噌使ったことあるの?
本読んだこととかあるの?www

151 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 19:40:00.17 ID:LrqxbQlB
>>149
ディーゼル機関の方が燃費が良いから
だけど増え続ける護衛艦の需要にディーゼル機関の製造が追い付かなくなってきて、後に日本もディーゼルからレシプロへ切り替えた

152 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 19:57:04.03 ID:GTCRrdnu
>>151
丁型のことだと思うけど切り替えたのは、レシプロじゃなく蒸気タービンじゃなかったか?

153 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 20:03:06.75 ID:s3KBUEor
少し気になったので質問させて下さい
F-2戦闘機はF-16戦闘機を元に作られたと言われていますが、何故元の機体で風防と天蓋を一体化していたのに、F-2では再び風防と天蓋を分けたのでしょうか?
素人目には視界の広そうなF-16のキャノピーの方が優れているように見えるのですが…

154 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 20:06:34.73 ID:qsCaQQ5m
>>153
バードストライク対策

F-16ではキャノピに鳥が衝突、キャノピは割れなかったが大きくへこんで
パイロットを直撃、パイロットは失神して墜落したち推定される事故が発生
した

155 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 20:13:59.32 ID:qsCaQQ5m
ちなみにF-16ではキャノピ厚をやや増したが、根本的には米空軍が低空攻撃を
止めたことで「解決」
三菱F-2は、空自が古い運用思想(低空侵攻)を改めようとしなかったので
ウインドシールドとキャノピを分けて鳥衝突の衝撃対策を強化する以外になかった

156 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 20:20:21.77 ID:LrqxbQlB
>>152
ごめん、ついレシプロって言っちゃった
タービンだったわ

157 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 20:24:32.63 ID:8uSLufGv
>>151
>>152
どうもありがとうございます
丁型海防艦は私も気になったのですが、タービンはレシプロよりも燃費が良かったんでしょうか・・・
レシプロ機関もフリゲートの航続力みるに燃費がとても良さそうにも見えるのです

158 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 21:16:51.99 ID:pWdWWLEm
戦艦大和の当時の設計担当者達は、
大和を巨大戦艦にするというよりは、世界最大の46cm砲を備えながらも、
船体自体はなるべくコンパクトに収めることを目指したのはなぜでしょうか?

159 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 21:21:22.97 ID:d2Dsd/64
>>158
小さいほうが全てにおいて都合がいいから。

主砲の発射反動を充分に受け止められるだけの排水量があるのであれば、あとは同じ性能であれば
排水量は小さければ小さいほうがいい。

大きくなればその分資源を消費するし、同じ速力出すにもより大馬力の機関がいるし、より大型の
港湾設備がなければ整備もできない。
当然ながら建造費は増していくし、なにより「的」として大きくなればなるほど敵弾に当たりやすくなる。

必要十分な大きさより大きくして得になることは何もない。

160 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 21:21:30.28 ID:mkZY4iV+
>>158
それが当時の戦艦の設計思想の常識だったから

161 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 21:24:38.42 ID:ei2DU7TB
ドイツのポケット戦艦のスケールアップが大和、武蔵だった。

162 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 21:30:20.61 ID:mkZY4iV+
>>161
誰から聞いた与太話か知らんがそれは間違いだな
結果としてコンパクト&高火力な艦になっただけ

ポケット戦艦のコンセプトは「巡洋艦より強く、戦艦より速い艦を作って通商破壊をする」
大和型戦艦のコンセプトは「米国のポスト条約型戦艦より大きな砲を搭載して艦隊決戦をする」

兵器としての運用構想が全くことなる。

163 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 21:32:20.48 ID:sg/vco+9
>>158
進水時の排水量を極力抑えるため
特に二番艦武蔵は船台建造が予定されていたのだが、その当時三万トンを超す
進水重量の巨大な船体を船台から下ろす経験は世界的にもほとんどなく、
船体への影響を抑えるために進水重量を少なくする、すなわち船体をコンパクトにすることは
新型戦艦の設計に対する大きな命題とされた

164 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 21:54:17.96 ID:pWdWWLEm
>>159-163
ありがとうございます。

165 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 21:58:18.88 ID:YfthjOUc
タイガーフィッシュ、80式魚雷など冷戦期のバッテリー魚雷はカタログスペックで最高速度30ノット程度ですが、
現代のバッテリー魚雷であるDM2A4やBlack Sharkは最高速度50ノットに達するそうですね。
これらの魚雷の共通点で酸化銀系のバッテリーを使用しているんですが、
同種のバッテリーの割にここまで性能に差がつくのはなぜですか?

166 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 22:10:41.94 ID:wOF5GH0Q
昔の巨大ラジカセにはたん1電池16本とか言う持ち運び可能で馬鹿でかい
化け物ラジカセがあったそうだけどあっという間に電池が切れてしまったそうな

まるで戦艦

167 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 22:22:48.10 ID:d2Dsd/64
>>166
「単1電池8本使用」とかいうのは普通にあったからなぁ
>ラジカセ

あと、昔の乾電池ってアルカリが珍しい(というか、アルカリ電池はとても高かった)ので
大概マンガン入れてるから、すぐ電池がなくなるのよな。

・・・つか今の若いもんは、マンガン乾電池に「緑」「青」「赤」「黒」の各種規格があったことを
知っているのだろうか・・・?

168 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 22:31:04.53 ID:wOF5GH0Q
今でこそ100円ショップ、じゃなかった108円ショップでいくらでも買える格安で有能なアルカリ電池だが
そんなラジカセが幅利かせてるころには108円ショップはなく充電可能な電池もほとんど買えなかったからね・・・
町の電気屋さんで馬鹿高いマンガン電池を定価で買わざるをえなかったものじや・・・

169 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 22:47:13.21 ID:ilMVS6yh
>>159
細長くしたほうが速力出ることもあるよ
もちろんその分に装甲なんかつけられないから究極巡洋戦艦になっちゃうけど

170 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 22:52:01.75 ID:GZSeDvr3
>>167
なんの区分なんです?

171 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 23:13:38.21 ID:d2Dsd/64
>>170
マンガン乾電池は
*緑:標準型
*青:大容量型(寿命が長い
*赤:大出力型
*黒:高出力高容量
って区分がある。

ちなみに今では緑マンガンは日本国内だとまず売ってない。
青マンガンも一般販売はほぼされていない。

かなり前から、一般的に売っているマンガン乾電池は赤と黒しかない、という状況になっている。
まあ、それでも困らんけど・・・。

172 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 23:24:05.22 ID:GZSeDvr3
ヘェ〜
マンガン乾電池に赤と黒があるのは気づいてましたけどそんな区分だったんですか

173 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 23:25:03.14 ID:GZSeDvr3
しかしアルカリがある今赤マンガンに存在意義はあるんでしょうか...
緑でいいような気が

174 :名無し三等兵:2016/01/04(月) 01:42:35.69 ID:dDVPhokS
>>173
>>168で書いてるような100均のアルカリって、ちょっとしたイベント事で使おうと思ってまとめ買いなんかすると、
品質のバラつきがものすごくて、普通に売ってるやつと同じくらい長持ちするのもあれば、速攻で放電して
すぐ使い物にならなくなるものもある。
事前に簡易テスターで測ってから入れてもそれだから、少なくとも数時間は動作してもらわないと困る機器には
怖くて使えない。
短時間・瞬間的に電圧上がればいいやって機器以外には、まだ赤マンガンの方がいいんだわ。

175 :名無し三等兵:2016/01/04(月) 01:59:57.66 ID:PLWO4ENY
戦争経済についての質問です
http://cdn0.vox-cdn.com/assets/4636679/Screen_Shot_2014-06-18_at_7.13.30_PM.png
上記画像はWW1での列強の実質GDPを示したモノです
これについて下記3点の疑問があります
1.英国はなぜこれほど経済が好調なのか(アメリカにかなりの借金を作ってしまったはずでは)
2.フランスはなぜ1916に少しあがったあと急落したのか(ロシアも同様)
3.ドイツは経済封鎖が厳しくなっているにもかかわらずなぜ横ばいなのか

出典は下記の本(一部ネット閲覧可能)ですが正直英語能力がないせいか納得できません
題 The Economics of World War I
著 Stephen Broadberry, Mark Harrison
何か理由をご存じでしたら教えてください

176 :名無し三等兵:2016/01/04(月) 02:23:37.62 ID:xt1psEJa
>>138

>また、これについての教育委員会の許可の要否についてはまだ回答頂けていません

これの答えは?
学校事務員だったのは自らバラしてる訳だから教委が絡むのは自明だし
許可が要る要らないは事務員なら規則を紐解くなり上に伺い立てるなりで分かる筈ですが

177 :名無し三等兵:2016/01/04(月) 02:32:08.59 ID:/uEb5N59
>>175
根本的な問題としてGDPには明確な定義がなくて、各国が好き勝手な
指標を独自にまとめて算出してる
それほど神経質に各国の数字の上げ下げを比較してもどれだけ意味が
あるかちょっと疑問
おおまかな傾向をつかむ程度に考えておくべきなんじゃないかな

おれの記憶だとGDP(GNP)を各国が政府統計として発表しだしたのは
戦後、おそらく1960年代のことだから、そのグラフは著者の推計なんじゃ
ないかとも思うので、もしそうなら採用指標のばらつきはある程度抑えられて
いるんだろうけど

178 :名無し三等兵:2016/01/04(月) 02:33:46.73 ID:/uEb5N59
ちなみに今年から日本はGDPの算出基準を「国際標準」に変更するので
それだけで2%ぐらい数字が上積みされるらしい

179 :名無し三等兵:2016/01/04(月) 02:38:00.89 ID:/uEb5N59
ついでに数字、経済統計に振り回される人にいつもいってるんだが
メスシリンダーは中に何ml入ってるかは教えてくれるけど、それが
水かアルコールか硫酸かは教えてくれない
そこは常に頭に置いておく必要がある

180 :名無し三等兵:2016/01/04(月) 07:09:57.06 ID:dzisq4xf
>>174
ははぁなるほどそんな理由があったんですね
安いのには理由があると

181 :名無し三等兵:2016/01/04(月) 10:06:33.54 ID:GYkF20nb
>>180
なんかスレ違いってか板違いの話題なので続けるものあれだが、100円ショップの商品の仕入れルートには
「100円ショップ専用の商品」の他に
「正規ルートで余ってしまったものを格安で仕入れる」(少し前に流行ってたようなジュースとかがよく売ってるのはこれ)
「正規の生産品の弾かれもの」(検品をクリするのがギリギリだったもの)
「正規ルートのデッドストック品」(潰れた店の倉庫に長期保管されてたとか)
「日本より物価の安い国で大量に買ってくる」(なのでパッケージにハングルとかアラビア語とかタガログ語とかが…)
というのがある。

なので電池は最後のやつ(海外品)以外は外れ引く可能性がやたら高い。

182 :名無し三等兵:2016/01/04(月) 10:43:01.53 ID:70BopZTn
>>175 借金(国債や企業借入金)を覚醒剤カンフル剤に、
ガンガンもの(兵器)とサービス(国営で兵隊を雇ってる)を作ってる
ドーピングで経済がヒャッハー回ってるということでは

ロシア革命で借金不可能になったから、ロシアはヒャッハー成長が途中で止まる
フランスも占領されて借金不可能以降は成長がマイナスに
(おそらくドイツがマイナス成長に転落するのは、講和後・敗戦確定のあと)
(借金さえできるかぎり、「まだまだ負けてない!」ギャンブラーだな)
ということでは

183 :名無し三等兵:2016/01/04(月) 11:31:41.45 ID:p9WXEJzN
輸入兵器の文字盤や計器盤・ディスプレイに使われる言語について質問です
西側兵器は基本的に英語表記で場合によって輸入した国の言語を使うイメージですが
ロシアや中国の兵器はどうなっているのでしょうか?
例えばアラブ諸国が輸入した旧ソ連製戦車の計器やマニュアルはロシア語のままなのか、アラビア語に訳されているのか
パキスタンが輸入した中国製戦闘機の基本操作言語はパキスタン公用語のウルドゥー語なのか中国語なのか、などです

184 :名無し三等兵:2016/01/04(月) 12:19:17.72 ID:GYkF20nb
>>183
前者は「ロシア語のまま」。
後者は「輸出仕様なので英語」。

185 :名無し三等兵:2016/01/04(月) 13:09:00.14 ID:8cxxcyGt
アメリカの国内線でエンブラエル機に乗ったら機内の作り付けの説明板がポルトガル語で何が何だか分からなかったな。

186 :名無し三等兵:2016/01/04(月) 16:05:16.12 ID:dDVPhokS
>>175
イギリスに関しちゃ一言で言えば
「多額の売り上げを上げてるけど、それを実現するために莫大な借金をしている会社」
だと思えばいい。
実際そうやって売上を上げて黒字も出してるはずなのに、それを実現するための資金がショートしちゃって
潰れる会社とかもある。
軍事関連だとダグラスがマグダネル・ダグラスになった理由がそれ。

フランスやロシアは国土が戦場になったもんで、会社で言えば需要はあるのに工場が火事で焼けたようなもん。
売り上げを出すためには工場を再建(復興)しないといけない。

ドイツはそもそも工業力が大した事無いのと、WWIIの時みたいに国土が蹂躙されたわけでも無いので、
上がりも下がりもしない。

187 :名無し三等兵:2016/01/04(月) 18:27:48.57 ID:tGBKrWKT
なんで八重の桜スレは本文がないレスで埋めつくされてるんですか?

188 :名無し三等兵:2016/01/04(月) 18:28:31.08 ID:MDxh29HF
質問です。

戦時下の軍隊の「現地調達」と言ったら、

たいていは「略奪」や「軍票(正貨と換金できないor率が低い)による買い上げ」と同義語で語られますが、

史上、戦争中であるにもかかわらずちゃんと正当な対価で「現地調達」を行い続けた軍隊があれば、
その中でも代表的なものを教えてください。

189 :名無し三等兵:2016/01/04(月) 18:48:40.36 ID:dDVPhokS
>>187
シベリアに木が無かったらどうなるか考えてみてください。
八重の桜スレは本文を読むスレではなく、流刑の憂き目にあった軍板住民がレスの数を数えるスレなのです。

190 :名無し三等兵:2016/01/04(月) 18:51:20.97 ID:dDVPhokS
>>188
治安が維持された自国内なら、近代以降はどこの軍隊でも戦時下の現地調達は現金です。

191 :名無し三等兵:2016/01/04(月) 19:06:29.98 ID:IQjSMxEg
>>189
じゃああのスレがああやってレスされ続けてるのは軍板住民の総意って事なんですね

192 :名無し三等兵:2016/01/04(月) 19:20:07.47 ID:RyMX8xR7
>188
例えばWW2の日本軍。
個別の商取引ごとに金額が妥当かは様々な立場で見解が分かれるだろうけども、
少なくとも支配地域では円(中国連合準備銀行など現地発行円含む)で決済を
しており、軍票→現地円への換金も普通に行ってる。

問題なのは、通貨/経済政策の失敗と破綻で戦争中後期に超インフレが進行したこと、
敗戦後に軍票→(現地円)→円への換金制度を無かった事にした事。
ここら辺は、ドイツあたりと大まかな事情は一緒か

193 :名無し三等兵:2016/01/04(月) 19:59:39.14 ID:TEPW3RAV
>>188
ナポレオン戦争中の半島戦役でのイギリス軍かな?
戦場が同盟国のポルトガルやスペインだった為だけど
遠征軍司令官のウエリントン将軍は、その地での略奪は同盟関係を危うくする行為、個人の欲望の為に国家を危機に陥れる背信行為、国王と国家に対する反逆も同じとした
見つかれば軍人としての銃殺では無く、犯罪者としての縛り首
まぁ、無茶な買い入れや個人の略奪が無かった訳では無いらしいけど・・・

194 :名無し三等兵:2016/01/04(月) 20:23:13.54 ID:grSzZfbx
映画ワーテルローでも子豚を盗んだ兵士に対してウェリントンが「略奪は死刑」って言ってたな

195 :名無し三等兵:2016/01/04(月) 20:59:46.21 ID:hXmPw0EP
「戦争は経済活動の一種」という言葉を聞いたことがありますが、
戦争には国益を得る為の国家プロジェクトといった側面もありますか?

196 :名無し三等兵:2016/01/04(月) 21:03:03.96 ID:/uEb5N59
>>195
伊達正宗は領国の食糧不足を回避するために周辺諸国を攻めて
略奪した

197 :名無し三等兵:2016/01/04(月) 21:05:11.75 ID:ZazClmJs
>>195
>>4
・「〜って本当?」のような質問は、「〜」について述べたソース元(文献やニュース番組、ネット情報など)を提示してくださいそれはただのヨタ話・デマかもしれません

後段は何を聞きたいのかよくわからないんだが、「利益を得るために計画的に戦争する」って意味か?

198 :名無し三等兵:2016/01/04(月) 21:12:05.37 ID:qi2mlkQj
金はらうといったところで、not worth a Continentalという表現があるように
無価値の紙切れで払われたら略奪と変わらないんだけどね
日本の場合も、現地住民がほしかったのはポンドでありドルであり、金銀であって
弱小貨幣の円ではなかったし、それすらも超インフレが進めば略奪されたとかわらんわけだ

199 :名無し三等兵:2016/01/04(月) 21:15:46.21 ID:IQjSMxEg
その国が負けたら払われるのか極めて怪しい軍票を使ってる時点で正当な取引ではないだろうな

200 :名無し三等兵:2016/01/04(月) 21:22:49.45 ID:MDxh29HF
現地調達について、たくさんのレスをありがとうございました!

ついでで申し訳ございませんが、軍票についてググってもわからなかった質問があります。

第2次世界大戦後、敗戦国の軍票が紙切れになったことは分かったのですが、一方で戦勝国側(特に米英)の軍票は、
戦後になってちゃんと換金されたのでしょうか?

201 :名無し三等兵:2016/01/04(月) 21:26:53.24 ID:LiJ5TPGx
>>200 B円 で検索を。

202 :名無し三等兵:2016/01/04(月) 21:29:13.34 ID:pHmarqZx
つまり円をシャブシャブとジンバブ円にしてる安倍晋三は国賊と、納得

203 :名無し三等兵:2016/01/04(月) 22:31:37.02 ID:tGBKrWKT
>>189
笑いました 回答ありがとうございます

204 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 08:48:56.60 ID:c1+GNbzC
日本の90式戦車の砲塔の、複合装甲部分にはキャンバス(帆布)が
張られてますが、表面の材質を見られないようにするためって
聞いたんですが、どうなってるか知ってる方がいたら教えて下さい

205 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 09:20:59.10 ID:8PE3yomJ
異なる素材を組み合わせるが「複合」装甲なわけで
むしとキャンバスも装甲の一部とみるべきなのさ

206 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 09:50:58.66 ID:72G460nV
>>204
複合装甲のポケット部分、装着部分の構造を隠すためじゃなかったっけ

207 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 12:17:18.84 ID:c1+GNbzC
>>206
そういうことだったんですか よくわかりました
ありがとうございました

208 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 12:22:45.48 ID:Q1OM6dhw
http://i.imgur.com/EHxDs87.jpg
ところがキャンバスを張ってない車輌の写真を見ても、隠す必要あるのか?と思うが

209 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 13:12:52.34 ID:72G460nV
待て、その写真!!(ガタッ

210 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 13:14:46.50 ID:AgHf5auA
主砲の防盾の部分ってこの写真で見ると複合装甲施されてないように見えるけど、あるの?

211 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 13:32:52.03 ID:BBtPlSpS
ルクレールとレオ2はそこには複合装甲がなくて防御上の弱点になってなかったけ?

212 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 13:45:56.90 ID:X83tc9Ac
質問です。
かまぼこ建物(バラックスとか掩蔽壕のアレ)って何か名前があるんですか?

213 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 13:45:59.86 ID:P/0PU/ZY
車体に当たりとかハズレとか書いとけば分かりやすいな

214 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 14:17:18.00 ID:KNWTfowd
>>212
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%83%E3%83%88
クォンセット・ハット (Quonset hut ) は、トタンによる軽量のプレハブ工法で製作された、かまぼこ型の建物。第一次世界大戦中にイギリスで発展されたニッセン・ハットを基にしている。

215 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 14:46:39.95 ID:TZYhqb9E
軍人さんはどうして、どくろのお面を
被るのが好きなのですか ?

216 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 15:20:20.33 ID:KNWTfowd
>>215
>>4
・このスレは軍事の初心者へのQ&Aであり、議論の初心者・人間の初心者は立入禁止です
・軍事に関係の無い質問、ネタ質問、アンケート、またはそれに類する質問は禁止です

217 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 15:28:14.60 ID:RVpfVXmU
>>215
米軍ならゲームのCOD4の登場人物の誰だかがドクロの面被ってたんでそれ真似る奴が多数
単なる流行りで深い理由はない

218 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 15:31:48.69 ID:TZYhqb9E
>>217
ありがとうございます

219 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 15:56:43.51 ID:MMwlw5+3
http://i.imgur.com/gg0hzQc.jpg

この弾丸の名前を教えていただけないでしょうか

220 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 16:02:12.32 ID:F5aBOWxf
>>219
だいたいでいいから弾丸径と薬莢長を測ってくれると答えやすい鴨

221 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 16:15:34.34 ID:MMwlw5+3
>>220

一番右の薬莢は薬莢長 約103mm 口径 約17mm

銀色の薬莢は 薬莢長 約101mm 口径 約17mm

一番左のマシンガンらしき弾は 薬莢長 約57mm 口径 約8mmです

ノギスを持っていないので正確に測れてないかもしれません

222 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 16:22:59.83 ID:F5aBOWxf
>>221
寸法的に近そうなのは、

右の大きい奴が20×102mm(M61バルカン等)
左の小さい奴が7.92×57mm(Kar98k、MG42等)

かなぁ

223 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 16:28:28.68 ID:F/95yECU
BT戦車には履帯を外した車輪走行機能がありますが
実際の戦争・戦闘でこの機能が活用された例はありますか?
整地された街道では機能の目的通り履帯を外して高速走行したのでしょうか?

224 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 16:29:54.60 ID:T3MlGAUB
銃弾のケツにいろいろ書いてないか

225 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 16:34:42.26 ID:W9Vmd3p3
リンク的にただの7.62mmNATOだろ
MG42とかのリンクはこんなのじゃない

226 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 16:36:27.81 ID:MMwlw5+3
>>222
ありがとうございます!

>>224
左の弾の底にLC 89 と書いてありました

227 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 16:38:19.79 ID:Q1OM6dhw
>>223
実戦で撃破されたBTの写真では、若干ではあるが装輪状態(ノモンハンで日本軍に捕獲された物など、履帯がフェンダー上に載せてある)があり、皆無ではないが少しはあったようだ

228 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 16:45:43.35 ID:k4+jaBuJ
>>223
BTの売りの一つだった「履帯外して高速走行」は、実際には「履帯外してまた着けるのが面倒くさい」
と言う理由で実際には殆ど行われたことがないそうな。

でも「全くやったことがない」というわけでもないらしく、戦場写真で装輪走行してるらしき状態のものは結構ある。

229 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 16:46:36.91 ID:KNWTfowd
>>223
http://www.minecreek.info/armored-cars/t26-model-1933-bandera-de-carros-de-combate-de-la-legion-cubas-de-la-sagra-1938.html
スペイン内戦の時の写真だけど履帯を外してる共和国側の国際義勇部隊所属のBT-5が写ってる。

230 :system ◆system65t. :2016/01/05(火) 16:49:08.12 ID:72G460nV
>>226
LC 89だとおそらく

Lake City Arsenal, manufactured in 1989

なので、米軍用7.62mmNATOでは。

231 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 17:10:15.62 ID:MMwlw5+3
>>230
ありがとうございます!

232 :system ◆system65t. :2016/01/05(火) 18:10:34.27 ID:72G460nV
その「弾の底」のマークをヘッドスタンプ(headstamp)と呼びます。
次のサイトが参考になるでしょう。

ttp://www.cartridgecollectors.org/headstampcodes

head stamp(またはheadstamp) と cartridgeで検索、画像検索すると
いろいろ出てくると思います。

233 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 18:28:49.95 ID:tLL71ht4
歩兵火力と砲兵火力の違いは何なのでしょうか?
歩兵火力には迫撃砲が、砲兵火力には野砲が分類されると聞きます。
しかし、迫撃砲も野砲も間接射撃を行って相手の制圧を行うものであるので、分けて考える必要が無いと思うのですが…

234 :system ◆system65t. :2016/01/05(火) 18:38:08.14 ID:72G460nV
歩兵火力の迫撃砲は点目標を狙うような

235 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 18:40:09.45 ID:T3MlGAUB
歩兵の火力は目の前の敵を粉砕することにあるわけで射程は短くてもいい
直協だから歩兵が楽に扱えるよう軽便でなくちゃならん
前に出るから的になりやすいし

砲兵は相手の砲兵も叩かないとダメだから射程がいる
多少砲が重くて人数が必要で運搬が不便でも扱いが不便でもそこは甘んじる

しかし歩兵火力とか砲兵火力とかそんな分け方あるのか?
迫撃砲と野砲に求められるものを聞いているのかいまいち判然としないが

236 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 18:45:38.02 ID:8PE3yomJ
歩兵が携行して持ち運べるものが歩兵火力でしょ

237 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 18:46:46.51 ID:Q1OM6dhw
>>233
歩兵師団が砲兵師団に砲撃支援要請しなくても自由に使えるのが自前の歩兵砲・迫撃砲
同じようにアメリカの戦車隊が砲兵に要請しなくても使えるのが、105mm榴弾砲搭載シャーマンやカリオペ

238 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 18:47:54.91 ID:B4nr1wn2
あらゆる軍隊の編成を知ってるわけではないが少なくとも俺のいた部隊では
兵科として平時でも常に軽迫撃砲小隊は歩兵中隊に付属して戦闘して重迫撃砲は歩兵連隊に付属してた
野砲部隊は編成が戦闘団とかに改変されて連隊に付属されることはあっても
平時でも常に編成が合体してる部隊はなかった
この辺の密着性が分けてるのではないか

239 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 18:56:40.28 ID:0Z1qbkyy
旧ソ・ロシア製のトーポリMやRSD-10を発射する時、
コールドロンチした後に数回節目みたいな所で
小爆発みたいな火花が散るのって何なんですかね?
気になって夜も眠れません。

240 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 19:13:55.77 ID:T3MlGAUB
>>236
15cm重歩兵砲とかは…

241 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 20:48:21.91 ID:KNWTfowd
>>239
発射時に発射筒内でミサイルを支持していた部品を火薬で分離してるとこだと思う。

242 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 20:49:49.06 ID:8PE3yomJ
>>240
根性があればそのぐらい屁でもない

243 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 21:00:48.29 ID:9+lNHfBU
戦闘機が積める対潜ミサイルってありますか?

244 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 21:06:03.68 ID:8PE3yomJ
そもそも対潜ミサイルというものが実在するのか?

245 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 21:06:10.34 ID:k4+jaBuJ
そもそも「空対潜ミサイル」って実用化されてるものとして存在してたっけ?

246 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 21:08:14.32 ID:8PE3yomJ
あー
ASROCみたいなのを念頭に置いてるのか
これは失礼

247 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 21:09:25.33 ID:k4+jaBuJ
>>246
そういう意味で言うなら、大概の空対艦ミサイルは浮上航行してるなら潜水艦にも当たる(当てられる)し、
戦闘機に搭載できる空対艦ミサイル、というものはたくさんあるけど。

248 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 21:09:26.13 ID:KNWY9pmI
M4A1SOPMOD1は2012年までの購入?と言うことですが、現在見る一般の陸、海、く空軍兵が持つM4は殆どがSOPMOD1の仕様で、SOPMOD2のRIS2はやはり特殊部隊が主に使用してるように見えます
更に今はSOPMOD3のテストを行っているようですが、SOPMOD1を使用している部隊もいずれはSOPMOD2または3になるのでしょうか?
それともSOPMODはあくまで特殊部隊用のシステムで、一般の兵は単にRASとM6、PEQ、ACOG等の一式が付いたM4A1なのでしょうか?

249 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 21:10:52.14 ID:k4+jaBuJ
>>248
そもそも「SOPMOD」ってのが「Special Operations Peculiar Modification(特殊作戦専用改修)」の意味だ。

250 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 21:11:55.18 ID:8PE3yomJ
アスロックやサブロックは抵抗の少ない空中を飛ばすことで
長射程を得ようとするアイデアだから、それをさらに戦闘機に
搭載する意味はないんじゃないかなぁ

ヘリ投下バージョンぐらいはあるかなと思って探したけど
今のところ見つからない

251 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 21:13:11.38 ID:9+lNHfBU
P-1とかも爆雷っぽいですしねぇ・・・

ありがとうございました

252 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 21:14:23.84 ID:8PE3yomJ
>>247
ペンギンだったかな?
浮上した潜水艦を想定した模擬試験がなかなか成功しなかった
ASMがあったような

253 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 21:21:45.90 ID:KNWY9pmI
>>249
ありがとうございます

254 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 21:25:19.63 ID:aVhePtBT
【まどマギ】ローソンの自動販売機で1本1000円の缶コーヒーがバカ売れ / 購入するため大行列 [無断転載禁止]?2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/moeplus/1451831654/
http://buzz-plus.com/wp-content/uploads/2016/01/comike5.jpg
http://buzz-plus.com/wp-content/uploads/2016/01/madomagi0.jpg
http://buzz-plus.com/wp-content/uploads/2016/01/madomagi3.jpg
http://buzz-plus.com/wp-content/uploads/2016/01/madomagi7.jpg
http://buzz-plus.com/wp-content/uploads/2016/01/madomagi1.jpg
http://buzz-plus.com/wp-content/uploads/2016/01/madomagi5.jpg
http://buzz-plus.com/wp-content/uploads/2016/01/madomagi8.jpg
http://buzz-plus.com/wp-content/uploads/2016/01/madomagi2.jpg
http://buzz-plus.com/wp-content/uploads/2016/01/madomagi6.jpg
http://buzz-plus.com/wp-content/uploads/2016/01/madomagi4.jpg
http://buzz-plus.com/wp-content/uploads/2016/01/madomagi0002.jpg

255 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 22:16:44.63 ID:0Z1qbkyy
>>241
ありがとうございます!成程、だからピースキーパーとかの発射だとなかったんですね。

256 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 22:30:33.50 ID:9vBImMtf
1850年前後のエンフィールド銃等、口径14mm前後で単発のボルトアクションライフルから、
モーゼルGew98等1900年前後の口径7.7mm前後で装弾数5発のボルトアクションライフルへと、
装弾数を増やして代わりに口径を小さくする方向に進化したのはどういった事情からなのでしょうか。

257 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 22:33:35.98 ID:RVpfVXmU
>>256
無煙火薬の発明と普及にともない
小口径でも黒色火薬を使用した大口径銃以上の初速と射程を担保できたから

258 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 22:45:16.98 ID:9vBImMtf
>>257
無煙火薬の存在を忘れていました。
ありがとうございました。

259 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 22:55:21.28 ID:8gOyIMoJ
>>257の後、分隊用の軽機関銃が普及する前の一時期は、ボルトアクションの連射速度上、小銃弾一発で「馬」を倒せないとならなかった(騎兵突撃阻止)から、小銃弾小型化にも限度があったけど(最小で日本軍の6.5mm)、
軽機関銃の普及で乗馬騎兵が実用的な兵科としては絶滅して、小銃弾で「歩兵」を倒せればよくなる一方、工作機械の進歩で全歩兵に自動小銃が行き渡らせられるようになると、小口径高速弾・装弾数増大の流れに持ち直してるね。

260 :名無し三等兵:2016/01/06(水) 03:39:29.70 ID:hkk/6lwq
>>256
ドライゼ銃までの黒色火薬の当時の銃はどうしてもガス漏れするので
弱装大口径弾にしてガス漏れを抑えつつ殺傷力は上げていたが射程は伸びなかった
シャスポー銃でやっとガス漏れの少ない弾と銃身がよくマッチした銃を作れる技術が出来たので
弱装大口径をやめてドライゼ銃の15.4mmから11mmまで下げる事が出来た
発射ガスを高効率で使えるシャスポー銃は黒色火薬だが最大射程1200mでドライゼ銃の600mから大きく進化した
無煙火薬はこの一段階上の進化であって小口径化の最大の要因ではない

261 :名無し三等兵:2016/01/06(水) 04:26:53.41 ID:21PCZWNu
ソ連の8月クーデターの時、防空軍はクーデター側について以後冷遇されたけど
クーデター当時、KGBはどちら側についていたの?議長はクーデターの首謀者だったけど
あとプーチンはクーデターについて何か過去に発言してる?自分はどちら側だったとか

262 :名無し三等兵:2016/01/06(水) 05:05:02.61 ID:hdxrOGJx
>>261
ttps://en.wikipedia.org/wiki/1991_Soviet_coup_d%27%C3%A9tat_attempt
KGB長官クリュチコフがクーデターの指導者の一人だったのでその指示に基づいて逮捕者リストや手錠を用意してたけど、いざクーデターが始まると民衆の鎮圧命令を拒否した部隊もあれば従った部隊もありで混乱した状況になった。
全体としてはクーデター側についたので直後に本部前のジェルジンスキー像が撤去されたり、その後のソ連崩壊とエリツィン政権時代にFSBなど複数の組織に分割されたりで、プーチン時代になって強化されるまで長い間不遇な時代が続いた。

ttps://en.wikipedia.org/wiki/Vladimir_Putin#Saint_Petersburg_administration_.281990.E2.80.931996.29
プーチンはレニングラード大学生時代の師であり急伸改革派のリーダーの一人だったA・サプチャークのもとでレニングラード市の外交顧問になり、クーデターの直前にKGBを退職していた。
そしてクーデター時にはサプチャークとその盟友であるエリツィンについたことでその後の出世コースに乗ることになる。
この時の決断を後に「クーデターが始まるとすぐに私はどちらの側につくか決めた(しかし人生の最良の時期を「組織(KGB)」で過ごした自分にとって辛いものだった)」と述べている。

263 :名無し三等兵:2016/01/06(水) 09:52:38.42 ID:BBIttkIy
空母の航空機は、イージス艦の対空網をどうやって突破するのですか?
イージス艦隊が同時に対応できる数以上の戦闘機で突っ込むとかですか?

264 :名無し三等兵:2016/01/06(水) 10:02:09.62 ID:w3KZKhfc
>>263
SAMの射程外からASMを放つ。

265 :霧番:2016/01/06(水) 10:02:44.86 ID:58s+Qwa4
>>263
質問の意味がよくわからないがたとえば
>(中国の)空母の航空機は、(戦時に米海軍の)イージス艦の対空網をどうやって突破するのですか?
という意味ですか?
その辺はさすがに軍事機密になるでしょうから本当の答えを答えられる人はいないと思いますが
一般的にはまず外郭防衛線であるイージス艦を潜水艦や長射程対艦ミサイルで
撃破(要は空母を攻撃する邪魔をしなければいいので撃沈する必要はないです)した後で
空母を攻撃します

266 :名無し三等兵:2016/01/06(水) 10:07:14.12 ID:0Gku67C4
>>263
防空側が対応できる以上の対艦ミサイルを撃ちこむ。

あと、「探知できる」「発見して追尾して照準に捉えて迎撃できる」ということと「撃ち落とせる」は
イコールではないので、「速度が早すぎて撃ち落とせない」ミサイルを撃ちこめばいい。

・・・と、いうことになっているが、現実にどれだけ成功するかはやった人がいないのでわからない。

大陸中国は「迎撃の困難なミサイル」の究極系として「対艦隊誘導弾」という戦術を考えて、威嚇とは
いえ実際にアメリカの艦隊に向けて撃ったことがあるそうだが、これはこれで「正確に当てる」のが
むちゃくちゃ難しいものになるので、現実的な実用性がホントにあるかは謎だ。


なお、「なにをやってもいい」のであれば、目標となる敵機動部隊の位置さえつかめれば、弾道ミサイルで
メガトン級の核弾頭撃ちこめば無力化は出来るだろう。

・・・その後どうなるかは知らんが。

267 :名無し三等兵:2016/01/06(水) 10:10:53.04 ID:w3KZKhfc
>>266
>対艦隊誘導弾

対艦弾道弾だろ?

268 :名無し三等兵:2016/01/06(水) 10:17:26.89 ID:f3RRWuqb
そもそもが旧ソ連の編み出した大規模同時飽和攻撃に
対抗するために作られたイージス艦ですし、
旧ソ連以上の練度と装備質量を備えた上で
中国空軍全力で一隻のイージス艦に当たらんことには無理ですぜ

269 :名無し三等兵:2016/01/06(水) 11:07:52.26 ID:w3KZKhfc
まー空軍だけでコトに当たる必要も無いわけで・・潜水艦や水上戦闘艦もあるしね。

270 :名無し三等兵:2016/01/06(水) 12:50:27.48 ID:rCP8R3us
北朝鮮なんかが核兵器を完成させるはずありませんよね?
ガセですよね?

271 :名無し三等兵:2016/01/06(水) 12:50:50.07 ID:bSa9xjwv
北朝鮮が水爆実験に成功したと発表しましたが、水爆であったかどうか(原爆ではないかどうか)を実験した国に情報を貰わずに客観的に判定する方法というものはありますか?

それから、現在核兵器を保有している国は、みな原爆と共に水爆も保有しているのでしょうか?

272 :名無し三等兵:2016/01/06(水) 13:57:58.41 ID:Fshj1hhw
本当にやってたら放射性物質が確認されるわ
ttp://www.sankei.com/world/news/160106/wor1601060044-n1.html

確認されなかったら単に地下で火薬大爆発させたぐらいのブラフ

273 :名無し三等兵:2016/01/06(水) 14:20:06.57 ID:oxCLDbVR
>>270
今回のはICBMに搭載可能なサイズらしい

>>271
原爆には理論的限界があり、それを超える威力と推定されれば
自動的に水爆ということになる
今回の事前準備状況は過去の原爆実験とは大きく異なっていて
威力の飛躍的増強に備えたものと推察されている(38ノース)

>>272
甘い…

274 :名無し三等兵:2016/01/06(水) 14:56:49.73 ID:hdxrOGJx
いろいろな推測はできるけどまだ確証が得られる段階じゃないしここで延々議論する話じゃない。

275 :名無し三等兵:2016/01/06(水) 15:01:05.80 ID:0qsH4Bml
地震波は過去の実験と対して変わらないみたいだけど

276 :名無し三等兵:2016/01/06(水) 15:22:30.48 ID:oxCLDbVR
相当以前にどこかのスレで紹介したが、北朝鮮の報道機関は
3回目の核実験について「水爆」と表現したことがあり、これは
核融合爆発装置(爆弾には仕上がってない)だった可能性は
ある

277 :名無し三等兵:2016/01/06(水) 15:55:03.37 ID:weOB5YGw
核実験で大気中に飛散した放射性物質の種類や量を調べる事により、核兵器の種類や爆発規模を推定するため、
大気中の微粒子を集める装置を搭載した飛行機を日本やアメリカが飛ばしています。

278 :名無し三等兵:2016/01/06(水) 16:39:31.16 ID:kXJCdP8o
下の動画を見ると、ヘルファイヤが着弾前に一瞬発光していますが、この発光は何なのでしょか?
https://www.youtube.com/watch?v=kLE8WNOG_o8

279 :名無し三等兵:2016/01/06(水) 16:41:22.71 ID:uIWTYqxD
米軍は本国以外の基地に、本国には置いておけないような問題のある兵士を送り込んでいるという話は本当なのでしょうか?

ソースが沖縄左翼の書いたコラムなのでアレだとは思うのですが、

「沖縄戦終了後、占領直後の兵士たちは沖縄人へ(比較的)紳士的にふるまってくれた。
 しかし状態が落ち着いてから、それ以降やってくる兵士たちは乱暴だった」

というのがその趣旨で、それは日本本土も同じらしいのですが。。。

あるいはまだ訓練が行き届いていない(規律がなっていない)兵士が送り込まれているだけだとか、
別の原因があるのでしょうか?

280 :名無し三等兵:2016/01/06(水) 17:09:03.08 ID:sLgbB2RY
RSD-10の下部の金網のような物は一体何なんでしょうか?
↓写真
ttps://c2.staticflickr.com/8/7229/7373336884_6d5281cbb4_b.jpg

281 :名無し三等兵:2016/01/06(水) 18:46:45.08 ID:O53VYH5v
折りたたみ式の尾翼
面積をかせいで小型化するために格子状になっている

282 :名無し三等兵:2016/01/06(水) 20:05:04.14 ID:mqeO+02b
陸軍の歩兵は小銃を携行する際、
実弾が入っていない状態や空包を装填した状態でも、
安全装置を掛けることを徹底するのはなぜでしょうか?

283 :名無し三等兵:2016/01/06(水) 20:08:54.51 ID:0Gku67C4
>>282
何故「実弾が入ってない」とわかる?

284 :名無し三等兵:2016/01/06(水) 20:14:03.34 ID:hdxrOGJx
>>282
銃の事故でも弾が入っていないと思い込んで安全装置をかけなかったり引き金を引いて暴発させてしまうケースが多い。
どんな時でも必ず安全装置をかける、もしくは銃口を人に向けないという動作を訓練で習慣化させれば事故を最小限に抑えることができる。

285 :名無し三等兵:2016/01/06(水) 20:17:16.13 ID:hdxrOGJx
>>282
あと、空包でも至近距離で撃たれtたら怪我したり鼓膜が破けたりするから。

286 :名無し三等兵:2016/01/06(水) 21:02:11.69 ID:lqdrOE9W
>>282
警察でも弾薬とった後やる壁向けての空撃ちでじつは入ってましたって結構あるやん

287 :名無し三等兵:2016/01/06(水) 21:59:58.21 ID:BvuDzlyN
ふと思ったんだけど

日露戦争〜WWTにおける野戦・・・・例えるなら奉天の会戦みたいな戦いがあるじゃん?ああいう野戦は歩兵はどう戦うの?

ナポレオン戦争よろしく戦列歩兵を立てて撃ちあうの?それとも塹壕を事前に掘るの?急ピッチで

288 :名無し三等兵:2016/01/06(水) 22:08:09.75 ID:8aZunKeq
WW2の空戦のおいて敵に後ろに食いつかれてしまった場合どう対処するのでしょう?
機体性能差がない限り急降下して逃げる事も出来ませんし
つまり後ろに食いつかれてしまった時点でもう詰みのような事という事でしょうか?

289 :名無し三等兵:2016/01/06(水) 22:13:11.72 ID:M4t/mTvx
>>288
インメルマンターン

290 :名無し三等兵:2016/01/06(水) 22:15:37.01 ID:Bbs92YXB
>>288
僚機に援護してもらう
そのために編隊空戦してるわけで

291 :名無し三等兵:2016/01/06(水) 22:15:58.37 ID:8aZunKeq
敵が相当ノロマでもない限りほぼ同速度で追いかけられてるのだからそのまま追いかけられて意味がないと思うんですけど....

292 :名無し三等兵:2016/01/06(水) 22:18:16.83 ID:Exn/OJfh
>278
成形炸薬弾頭の爆発かと。↓は同様の弾頭を持つRPG-7だけど、4:00付近で
弾頭が自爆する様子がスローでよくわかる。
www.youtube.com/watch?v=_J-uKNb6TaI

293 :名無し三等兵:2016/01/06(水) 22:25:31.29 ID:kXJCdP8o
>>292
すみません、爆発そのものでなく、爆発の前の発光です。
例えば26秒あたりに、着弾地点あたりが光ってます

294 :名無し三等兵:2016/01/06(水) 22:25:41.55 ID:Fshj1hhw
>>288
機体、状況によって千差万別だろうが、まっすぐ飛んで相手より遅いなら(あるいはほぼ同速)
どっかで急降下するのが多い、機体の前下方は死角だし、初動に反応が遅れれば距離が開く
最悪マイナスGかけて下にぶっこむ

逃げられないとあきらめたら横滑りでひたすらかわす、旧軍の戦争後半でよく聞く気がする
創作でよくある雲に突っ込むってのは俺は記憶にないなぁ

編隊戦闘がしっかりできてるなら味方機が追い払ったり撃墜してくれたりも当然ある

295 :名無し三等兵:2016/01/06(水) 22:28:34.44 ID:Fshj1hhw
まあドッグファイトよろしくグルグル回ってればお互いにGがかかるので当たらない
いつまでもやってると地面に激突するのでそこから(あるいはそれまでに)どうするかということだけど

296 :名無し三等兵:2016/01/06(水) 22:33:38.33 ID:8aZunKeq
すいません、マイナスGかけて下にぶっこむってどういう事?

297 :名無し三等兵:2016/01/06(水) 22:38:43.13 ID:Fshj1hhw
普通急降下する時は180度ひねって背面飛行から急降下する
それだとひねる時間がかかるので、それをせずに普通の姿勢で降下する
エンジンに負担がかかるしのってる人も浮き上がって相当気持ち悪いのそうな

Bf109がスピットファイアとの初期の対戦でこれで逃げていたという
スピットに欠陥があったというかメッサーが優秀だったというか

298 :system ◆system65t. :2016/01/06(水) 22:50:36.08 ID:lAfVg2Wt
そも、機体自体、マイナスGには弱いですしね

299 :名無し三等兵:2016/01/06(水) 22:50:48.82 ID:8aZunKeq
要するにロール性能の差ですね
スピットも相当速かったと思うけど
Fw190なんか相当良かったんでしょうね
逆にロール性能が悲惨な零戦は....
まあ要するに二次対戦の空戦では尻に食いつかれたら事実上
背面からの急降下か横滑りでの回避、そして巴戦に持ち込むぐらいしか有効な手段がないのですね
ありがとうございました

300 :名無し三等兵:2016/01/06(水) 22:52:52.77 ID:8aZunKeq
というかWW2の戦闘機なんて一撃離脱戦が主で急降下爆撃機みたく急降下が主な機動じゃなかったの?
それなのに背面からの急降下が基本で普通に急降下出来ないというのはなんだか妙な話に思えますけど

301 :名無し三等兵:2016/01/06(水) 22:57:07.46 ID:Fshj1hhw
P-38は上昇力で勝ってたからそれで日本機から逃げられたし(そもそも速いんだが)
そういった上昇力チキンレースから落とすのが得意な人もいたし(外国の人だが図示されたの見てると左ヒネリ込みのような…)
細かいところ見てけば千差万別だと思うよ

302 :名無し三等兵:2016/01/06(水) 23:15:00.97 ID:RbX2tVvH
アメリカのMk50は深深度にも対応した高性能魚雷ですが高価であまり数をそろえられなかったそうですね。

Mk50と同程度の性能と閉サイクル機関を持った日本の97式と12式魚雷もやはり高価で配備が進んでないんでしょうか?

303 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 00:38:57.24 ID:J3DQwuKV
本体に弾薬箱を装着出来ないタイプの機関銃って長いベルトリンクをどう対処してるんですか?

250発のベルトリンクなんて数メートルの長さになると思うんですが

機関銃から垂れ下がるベルトリンクを引きずりながら戦場を動き回るわけにはいかないと思うんですが

304 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 01:06:31.23 ID:6ATlnCN5
>>303
https://simple.wikipedia.org/wiki/MG_34#/media/File:Bundesarchiv_Bild_183-B00456,_%C3%9Cbung_des_Regiments_Gro%C3%9Fdeutschland,_am_MG_34.jpg
弾薬手が弾薬箱を運んで射撃時にはベルトが引っかからないように手を添えて補助する。

305 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 01:09:48.44 ID:UiIfPcRI
>>303
まず、そういうタイプ(軽機関銃的運用)をする弾帯式の機関銃は250連なんて長い弾帯を使わない。
そもそも、野戦運用する機関銃でそんなに長い弾帯を使う例は珍しい。
一般的なのは100連と50連だ。
250連なんてのは車載の同軸機関銃くらいだな。

で、本体や銃架に弾薬箱を装着できない場合、弾帯は弾薬手が手で持って支える。

306 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 01:14:51.56 ID:deEUS9kB
>>297
マーリンは優れたエンジンだけど、ことマイナスG機動に限ってはキャブレターが息継ぎするから、
機械式直噴インジェクションのDB601搭載機には追従できなかったんですと。

307 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 01:18:15.73 ID:deEUS9kB
>>299
零戦のロール性能が悪かったのは高速域の話で、中低速域からの反転失速降下(木の葉落とし)なんかは
むしろ得意よ。
横滑りは単座だと敵が射撃軸線に乗るタイミングがわかりにくいから(ずっと後ろ向いてるわけにもいかん)、
複座以上の機体で後席員の「ヨーイ、テッ!」でやらんとちと厳しい。

308 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 06:09:17.75 ID:KC47cg1J
実際にそういう状況で多様されたのは急激な操作(どんなものでもいい)によって
速度を落として後ろについている敵をオーバーシュートさせるという試みで、お互いが
それを繰り返すから速度と高度がどんどん落ちて双方とも不利になっていくという
もんなんだが、なぜだれも指摘しないんだろう?

309 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 06:42:04.17 ID:dADZF2dv
数が多い方なら味方が助けに来てくれるし、少ない方ならそんなことやって速度と高度落としたら
取り囲まれて死ぬので一撃かけてまた高度とってまた攻撃の繰り返しになるからな

310 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 08:20:32.90 ID:wn0xewQj
>>208
その写真の車両はキャンバスが貼られているのではないですか?

311 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 09:07:53.59 ID:z5WzdChB
北朝鮮はよく動きが読めない国だと言われますが、西側から見た冷戦期のソ連も似たようなイメージだったのでしょうか

312 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 09:16:39.90 ID:KC47cg1J
>>311
んなこたぁない
米ソお互いに自分が何を考えてるか明確に伝えないと死んじゃうんだから

キューバ危機についての一連の本を調べてみることをお薦めする

313 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 12:37:53.37 ID:cuDFSPZG
一人の人間の気分次第で黒が白になるような国と、まがりなりにも多数による合議制で
動いてた国を一緒くたにするのはイク(・A・)ナイ

314 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 14:09:38.78 ID:BHUAnqjs
WW1のドイツ革命・ロシア革命のような民衆蜂起を切っ掛けにした敗戦がWW2では皆無なのは
国家がプロパガンダや警察行動で民衆蜂起を抑えるシステムがWW1より進歩していたからでしょうか?

315 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 14:34:13.32 ID:fjVZQOPk
現代の潜水艦でも浮上とかシュノーケル使用は基本的に夜間になるんですんか?

316 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 14:42:51.12 ID:deEUS9kB
>>314
ワルシャワ蜂起とか可能性が無かったわけじゃないけど、蜂起する民衆ってのは要するに自分たちで
作った体制以外は受け入れない反抗分子として、都合の悪い面もある。

そんなわけで蜂起した民衆と敵軍が激闘を繰り広げるのを傍観し、どうにか民衆を鎮圧した敵軍が
クタクタになったところでおもむろに侵攻するソ連軍でありました。

そのワルシャワ蜂起で、蜂起側のラジオ局は
「我々が憎むのはヒトラーでは無い。我々はスターリンを憎む」
という放送を最後に沈黙した。

317 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 14:48:59.81 ID:deEUS9kB
>>314
あと、とりあえずWWII戦勝国にはなったものの疲弊した挙句に民衆の離反により国共内戦で敗北して
台湾に押し込められた国民党政権(中華民国)なんかは、広義による「民衆の蜂起による敗戦」と
言えなくも無い。

318 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 15:02:26.94 ID:o6sreiOW
>>310
張られてないよ
四隅の偽装用ワイヤーを通す小さな留め具周辺に注意、キャンバスを切り抜いた段差がない

319 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 15:05:26.33 ID:Z9GzFhuj
>>314
ドイツや日本に関しては民衆蜂起する間も与えずに連合軍が押して来たからでは?
イタリアに関しては上層部でのゴタゴタからの敗戦だし

320 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 15:06:35.78 ID:pJLoAnFD
>>315
レーダー探知が基本だから昼も夜もないが
たまたま視認されてしまうこともあるから
どっちでもいいなら夜間に浮上/シュノーケリングする罠

321 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 15:11:40.60 ID:pJLoAnFD
>>318
それ、なんてゆー90式?

322 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 15:42:28.69 ID:FziWlo6x
@海外のエアレースでは払い下げのP-51戦闘機などが活躍していますが、
逆にエアレース向けに開発された航空機を当時の軍用機として転用していた例などはあるのでしょうか?

A1930年代にエアレース用に開発され、当時の速度記録を出した機体として、ジービー社のモデルRという機体がありますが
この機体はまるで空飛ぶチョロQとでも言うべき形状をしており、スピード競技どころかまともに飛ぶのかすら心配になります
調べてみると軍用機でもいくつかこのような形状の軍用機らしい画像が見つかったのですが、1930年代の航空機としては当たり前の形状だったのでしょうか?
ttp://cdn.silodrome.com/wp-content/uploads/2012/04/Gee-Bee-Model-R2-2.jpg

323 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 15:57:19.82 ID:wn0xewQj
>>318
切り抜きはこういうのですよね?
影の出方は多少違うかもしれませんがやはりその車両にもキャンバスは貼られているように見えます
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/0/0a/JGSDF_Type90_tank_20120527-09.JPG/640px-JGSDF_Type90_tank_20120527-09.JPG

324 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 15:59:25.52 ID:o6sreiOW
>>322
速度競技機コードロンC.561をベースにしたCR.710、CR.713、CR.714
同じくアンブロシーニSAI.7をベースに発展させたSAI.207とか

ジービーレーサーは表面抵抗の小さな機体にでかいエンジンを付けるという発想で、操縦が難しく事故も多く「殺人機」と呼ばれた
この設計思想で作られた実用戦闘機がI-16、やはり安定性が低く操縦は難しい
(イギリスのハリケーンのパイロットが試乗して、青い顔をして降りてきて『これはロシア人にまかせよう』と言った程)

325 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 15:59:38.10 ID:HujQDLq8
>>322
小型の機体に直径の大きい台馬力エンジンを積んだ結果だね。
バッファローとかもそんな感じだし

326 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 16:24:02.31 ID:FziWlo6x
>>324-325
ありがとうございます
やはり逆パターンの航空機も存在したんですね

ずんぐりむっくりした機体が優秀だったらもっと見かけたはずだと素人考えで思っていたのですが、
普及しなかった理由も分かりすっきりしました
ありがとうございました!

327 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 17:48:13.94 ID:GTswsPMJ
みなさんはどういうサイトで画像集めしてます?
Twitterとか見てるといい写真や画像一杯持ってる人がいらっしゃるのですが
オススメとかあったら教えていただけると幸いです

328 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 17:55:16.88 ID:JJvhoii3
ネットじゃ足りないから洋書を取り寄せてスキャンする

329 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 18:17:13.67 ID:ZAM2S9jS
まずはセーフサーチをOFFにします

330 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 19:23:08.08 ID:DHbvIclj
世界で共通してあるものなら英語で検索する

331 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 19:25:45.95 ID:ZAM2S9jS
HENTAIは万国共通語です
ワォ!これだからジャップが大好きなんだ!

332 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 19:29:51.03 ID:hEYo5ptu
北の核実験の実情についてお聞きしたい

・水爆の実験だったが、起爆装置に使用する原爆のみが作動した
→重水素や三重水素はどこから持ってきたのか?
・ブースト型原爆の実験だが、うまく機能せず予定以下の出力に終わった
→やはり重水素はどこからもってきたのか?そもそも過早核爆発に強い形式では?
・そもそも単なる原爆であり、最初からフカシをこいている
→単に国威発揚のためなのか?

自分なりに考えてみたがどれが正解かわからないので回答求む

333 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 19:38:50.00 ID:KC47cg1J
>>332
韓国紙によると北朝鮮はリチウムの宝庫で、これを基にトリチウムを大量生成する
技術を確立したらしい(2006年前後)

また北は1980年代から中国と共同でレーザー核融合の研究を進めていて、2000年代
初めには一瞬かも知れないが世界トップレベルにいた(当時、中国が不注意にも公表した
論文による)

おれは北がレーザー起爆による純粋水爆を開発した可能性があるんじゃないかと疑ってる
威力が原爆起爆方式とすると小さいことや前々回の実験も含めて、核物質の飛散がきわめて
少ないこと、そして何より米が昨年辺りから急に北の核技術奪取に本気になってるのも、これで
説明がつくような

まぁ賛同者が現れることは期待してないwww

334 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 19:42:07.71 ID:aYi2aJaD
そんなことに使えるレーザー結晶は日本とかくらいしか作れないんじゃなかったっけ

335 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 19:44:02.99 ID:KC47cg1J
日本で作れるものは速やかに北に入るさ

336 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 19:45:43.61 ID:JJvhoii3
>>332
小型の威力を抑えた水爆を作ったから
なぜ小型にしたか?
ミサイルに積む用の小型の物が北朝鮮に求められているからだ
今までの原爆実験と同レベルの威力の水爆でもサイズがミサイル用に小型化されるなら北朝鮮にとって強力な手段だし
むしろミサイルに積めないサイズの爆弾は不要

337 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 19:52:22.08 ID:6ATlnCN5
まだ専門家でさえ確実な推測ができない段階でここで「回答」してもらってなんか意味があるとでも思ってんだろうか。

338 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 19:53:06.45 ID:hEYo5ptu
>>333
寧辺で動きがあったのが昨年秋だからそれはおかしい 純粋水爆なら核分裂させる必要がない
>>336
前回の核実験は核出力4ktの設計だと通報されてて、M4.9の地震が観測されたわけだろ
核出力の1/10が地震波として検出されると単純に仮定して、今回M5.1だからせいぜいTNT換算で6kt程度じゃね?
この核出力の水爆が製造できるのか?という疑問があるんだがそこのところどうなのかね 原爆ならわかるけど

339 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 19:56:11.13 ID:hEYo5ptu
>>337
可能性としてどれがありそうなのか聞きたいんだ

340 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 20:16:20.55 ID:heMiCNBa
可能性だけなら宇宙人のしわざでも超能力者の戦いでもゼロじゃないわな

341 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 20:32:46.30 ID:PrKPXG3N
今後、海戦があっても、
珊瑚海やミッドウェイのような空母同士の戦いは、
現代ではまず起こりえないでしょうか?

342 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 20:55:45.47 ID:pZkTScNW
ではまず、その敵の空母を屏風から追い出してください

343 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 20:57:04.88 ID:KC47cg1J
中国にいるじゃん

344 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 21:08:43.92 ID:o6sreiOW
「珊瑚海やミッドウェイのような」ってことは空母機動部隊同士、ってことになるが、今現在アメリカしかないよね

345 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 21:11:23.84 ID:KC47cg1J
5年もすれば中国にできるかも、よ

5年なんてあっという間だぞ

346 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 21:15:03.76 ID:IIoMQVK8
>>345
無理
中国なんかより遙かにノウハウ積んでるインドですらそこまでの能力は持ってない
5年後程度じゃせいぜい最初の実用空母がようやく就役するかどうかで
まともな戦闘こなせるようになるにはまあさらにプラス10年は必要
2030年ってんならある程度現実味がないではない

347 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 21:18:31.77 ID:ZAM2S9jS
中国の空母や北朝鮮の核兵器ももちろん怖いけど
それ以上に怖いのがそういうのを利用して
戦前の地獄のような日本を取り戻そうとしてる
カルト政権やカルト宗教のほうなんだよな・・・

まさに自民地獄

348 :system ◆system65t. :2016/01/07(木) 21:22:05.97 ID:x/AefRJp
北朝鮮の核実験(出力は推定)
1. 2006:0.5〜数kt
2. 2009:4kt
3. 2013:13kt
4. 2016:6kt

1は失敗、2は早発、3は成功?、4は失敗。
兵器級プルトニウム(低Pu-240,241)が使えないと考えると3が限界? 装置も小型化できない

349 :system ◆system65t. :2016/01/07(木) 21:22:31.26 ID:x/AefRJp
2006年の実験、あえて低出力にしたという意見を見るが、初実験にそんな余裕はない。
2006年は早発覚悟で控え目の4kt予告だったがそれにも至らず、
2009年でようやく「まともな」早発、2013年で使える資材の限界に達し、
2016年にブーストで超えようとして失敗、と考えると納得。

350 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 21:25:52.38 ID:o6sreiOW
「水爆も安倍と北朝鮮がグル」という渾身のギャグ

351 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 21:31:31.87 ID:01NVta0k
>>350
今すぐ「田布施システム」でググッて電波浴をするんだ!

352 :system ◆system65t. :2016/01/07(木) 21:32:24.54 ID:x/AefRJp
核分裂爆弾は一連鎖ごとに出力倍になるので
3.が設計仕様とすると2. は2連鎖足りないとこで膨張して連鎖が止まった早発、
1はそれにも至らない失敗と考えられる。

トリチウムでブーストするにしても兵器級プルトニウムがないとすると
かなり難しいことになる上、中性子源もどこまでしっかりした物を持っているか不明。

353 :system ◆system65t. :2016/01/07(木) 21:33:56.71 ID:x/AefRJp
兵器級プルトニウムを得るにはいろいろと贅沢する必要があり
北朝鮮にそのような余裕はなかったため、不本意だがレベルの低い
プルトニウムでとにかく核爆発起こすしかなかったという事か

354 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 21:36:18.22 ID:KC47cg1J
system氏の出した348-349の推定はローエンドのもので
さまざまな数字が流布してる
数倍に達するものも珍しくない(とくに米の右系シンクタンク)

system氏は北の核技術をなぜか過小評価しすぎる傾向が
強いことも付記しておく

355 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 21:39:02.95 ID:KC47cg1J
とくに北がミサイルに搭載すべく、小型化&実用兵器としての低出力化に努力していると
いう方向性を意図的に無視してる点がsystem氏の、まぁ偏見というかどっかから何か示唆
されているというかw

356 :system ◆system65t. :2016/01/07(木) 21:44:18.17 ID:x/AefRJp
70年以上前のアメリカが
世界初めての試みで一発目で20ktたたき出してること考えると
北朝鮮技術を高く評価することは難しいんジャマイカ

北朝鮮脅威を高く評価することで利益得る者が多いことも
考えるべきジャマイカ

とはいえ真相は中の人(それも一握り)しか知らないだろうから
ここまでにします。スレ汚し失礼。

357 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 22:37:29.47 ID:UiIfPcRI
最近話題の水爆について質問です。

「水爆は同じ威力であれば原爆よりも小型にできるので、核弾頭を小型化するには水爆の開発技術が必須である」という説明をTwitterで読んだのですが、
自分で調べたら、いわゆる「核砲弾」に代表される小型の核弾頭(迫撃砲クラスの弾頭にも詰められるようなもの)はほぼ全てがプルトニウム核弾頭、
いわゆる「原爆」のようです。

逆に「水爆」の核弾頭は大型の弾道ミサイルに積むようなものばかりで、ちっとも「小型化するのに有利」でもなんでもないような気がするのですが、
これはどうしてなんでしょうか。

・・・そもそもの
>水爆は同じ威力であれば原爆よりも小型にできるので、核弾頭を小型化するには水爆の方が向いている
というのが間違いなんでしょうか?

358 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 22:39:23.22 ID:u0qUpaPh
北朝鮮はミサイルに搭載可能な小型核を持っている「かも」とアメリカに思わせるのが目的だろ?
使うことは前提にしてなくて実際に持って無くても持ってるかもと思わせればそれでいいんだから、
使うことを前提にしてるアメリカとは何か色々と状況が違う気がするがなぁ

359 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 22:42:59.06 ID:IIoMQVK8
>>357
下限がある
それだけのこと

単純に、構造上まず原爆で起爆するので
最低でも原爆がミニマム化できる限界の大きさ「以上」にはなる
そして原爆のエネルギーによって重水素を核融合させ
取り出されるエネルギー量は原爆とは桁が3つばかり違う

360 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 22:46:46.55 ID:5tftI86G
>>357
水爆は確かに威力が高く同威力なら原爆よりもある程度まで小さくできるただ「ある程度」までの話
なんせ原爆の発展系で原爆よりも当然複雑だし核砲弾レベルまで小さくはできないてだけ

361 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 22:47:49.43 ID:5tftI86G
ああちょっと文脈がおかしくなったな
>>359の認識でいいよ

362 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 22:48:02.76 ID:u0qUpaPh
>>357
核砲弾(M65 280mm砲)の射程距離はわずか30km程度。
この弾頭を水爆にしちゃうと威力がでかすぎて、砲弾を撃った側も無事じゃすまない。

363 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 22:49:17.51 ID:5tftI86G
そういや車載デイビークロケットは撃った方も巻き込まれるんだったか

364 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 22:49:17.88 ID:01NVta0k
>>357
デイビー・クロケットは発想が違うというか
狙ってる威力や効果範囲の桁が小さい

365 :357:2016/01/07(木) 22:55:44.95 ID:UiIfPcRI
皆様レスありがとうございます。

ええと、まず
*>水爆は同じ威力であれば原爆よりも小型にできるので、核弾頭を小型化するには水爆の方が向いている
は間違いではない
*しかし、現実には極端に小型の水爆を作ることにはメリットはあまりなく、デメリットも多いので、小型の弾頭なら原爆で充分
ということでいいのでしょうか。

となると、「小型の核弾頭が欲しいだけなら原爆でよく、そのために無理に水爆を開発する必要はない」「水爆にすることで弾頭が小型化できる」
ことのメリットは確かにあるが、それがメリットになるような使い途は限られていて、「水爆だから原爆にするよりも小型になる」ことがメリットに
なるような使い途は弾道ミサイルの核弾頭くらいしか無い」という認識でいいのでしょうか?

366 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 22:59:23.63 ID:01NVta0k
>>365
いや、そもそも
弾道ミサイルの弾頭より小さいような使い方は非常にレア
程度に考えてればそれほど間違いじゃないかと

367 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 23:06:07.09 ID:o6sreiOW
水爆を起爆させるための原爆が中に入ってるんだから、その原爆よりも小さくなるわけがない
しかし同じ大きさなら、原爆より水爆の方が大威力ってことだろ

368 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 23:06:36.51 ID:deEUS9kB
>>341
「空母機動部隊決戦」の大前提としては、「空母を排除するのに一番有効なのが空母艦載機」である必要がある。
なおかつ、その空母艦載機は「制海権を獲得するのが第一の役割」である必要がある。

現代の空母を排除するのに、潜水艦や長距離SSM、はたまた対艦弾道弾とさまざまなオプションがあり、
必ずしも空母艦載機である必要は無い。

そして空母の任務もまた、地上への空爆や艦隊防衛、制空権の奪取など多岐にわたり、空母決戦のために
消耗していい戦力でも無い上に、空爆任務では陸地に近づかないといけないので、地上基地の攻撃機からの
脅威に対処しなければならない。
つまり、相手が空母艦載機である必要も無い(好例がフォークランド紛争)。

攻める側も守る側も空母機動部隊による決戦を行う必要性が無い以上、起こりようが無い。
ありえるとすれば、水上艦や潜水艦による攻撃を有利にするための制空権の確保のための空中哨戒や、
地上基地への航空撃滅戦が第一になる。
それさえ怠らなければ、あとは索敵力で圧倒的優位に立って、航空戦力以外で一方的に攻撃できるからね。

369 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 23:55:59.88 ID:imge0EJy
くうたいかんみさいいるのほうがしゃていがながいならかんたいくうみさいるのそんざいいぎは?

370 :名無し三等兵:2016/01/08(金) 00:00:23.28 ID:OL+N669t
自衛
対艦巡航ミサイルにしろ戦闘機にしろ落とせる

371 :名無し三等兵:2016/01/08(金) 00:08:28.05 ID:cGLcdhMY
>>369
敵航空機の攻撃手段をASMによるアウトレンジ攻撃だけに限定できる時点で存在意義大有りでしょ
そのRAMみたいにASMを迎撃することだってできるわけだし
軍事に限った話じゃないけど全か一かの極端な思考は単なる思考停止に等しいから改めたほうがいいぞ。

372 :名無し三等兵:2016/01/08(金) 00:45:49.30 ID:BpNjrlFj
>>369
SAMは迎撃兵器なんだから、ASMなりSSMより射程が短くても何の問題無いだろw
大体にして、仮にSAMの方が射程が長いとしても、発射から命中までの間に母機がASMの射程内に
入れば、母機としちゃ問題無い。
しかもSAMってのはスタンドオフ兵器じゃないから、誘導波による中間誘導が必要で、同時他目標
迎撃能力は言うほど高く無い。
VLSにしこたまSAMを積んでても結局同時に撃てるわけじゃないなら、SAMの主目標は結局ASMに
なるのよ。

373 :名無し三等兵:2016/01/08(金) 00:49:15.16 ID:BpNjrlFj
>>369
ついでに航空機の搭載兵器の方が射程が短い場合も、存在意義は失われない。
フォークランド紛争じゃ短射程が多かったとはいえSAMを搭載した英艦隊に対し、アルゼンチン空軍は
ほとんど通常爆弾やロケット弾で戦ってたからね。
そらまーエグゾゼとシュペルエタンダールが山のようにありゃって話はあるが。

374 :名無し三等兵:2016/01/08(金) 02:48:49.74 ID:sRAByaPk
>>312-313
そうでしたか。ありがとうございました。

375 :名無し三等兵:2016/01/08(金) 06:56:37.12 ID:Ebf6Rk++
>>365
原爆の根本的な問題点として、核分裂が生起した直後に自らを吹っ飛ばしてしまうので
せっかくの核物資のごく一部しか核分裂してくれないって点がある
広島型で4%だったかな?

周囲を水素(リチウム)で覆って中性子を内側に反射させる(タンパー)と、より多くのウランや
プルトニウムを核分裂させられる(強化型原爆)→核分裂物質を飛躍的に少なくできるんで
小型化できる
比較的低温で核融合がおきるD-T反応を利用すれば「原爆起爆型核融合爆弾」が造れた
タンパーを強化するんで、理屈の上では強化型原爆よりも起爆装置となる核分裂装置をさらに
小型化でき、全体としてさらに小型になる

実は60年代以降の核新参国であるインド、北朝鮮、パキスタンは、いきなり強化型原爆から始めてる
んだって見方も多いんだよ

376 :名無し三等兵:2016/01/08(金) 08:22:31.23 ID:nQb305Cl
米軍の前線で戦う兵士たちのパンツや下着は自前ですか?

377 :system ◆system65t. :2016/01/08(金) 08:33:58.35 ID:/dhuMg3d
>>375
現在の最先端の核分裂爆弾は80%程度の効率といわれていますね。
ただしトリチウムブースト付の話です。単独でも50%近く行ってたような(要確認)

少なくとも現代では強化型原爆はプルトニウムコアの中心にトリチウムを入れた物を指します。
北朝鮮が水爆と称する物は、おそらくこれの試み(憶測)

核分裂爆弾周囲に核融合燃料を置くデザインは、核融合爆弾開発のごく初期に
ロシアが実験していますが、その後テラー・ウラム型に移行して、以後使われていません。

ウラニウム原爆は作りやすいんですけどね(十分量のウランさえ濃縮できれば)

378 :system ◆system65t. :2016/01/08(金) 08:59:06.45 ID:/dhuMg3d
>>376
支給されます。

379 :名無し三等兵:2016/01/08(金) 09:26:21.15 ID:K2xLLK2v
>>293
ヘルファイアにはいくつかのタイプが有り、レーザー自己誘導タイプのがコレだと思う。
レーザー画像で目標確認して撃破する。
ついでにこのタイプは目標画像を無線で送信する。
だから多分、目標命中画像を送信するときのフラッシュでないかな。

380 :system ◆system65t. :2016/01/08(金) 10:12:33.17 ID:1TZcToTU
>>379
重隅ですが、「レーザー自己誘導」はセミアクティブレーザー誘導のことですね。
自律誘導はミリ波誘導だけのはずですので。

381 :system ◆system65t. :2016/01/08(金) 10:18:41.38 ID:1TZcToTU
>>293
閃光についてはここで議論されていますが
ttps://www.reddit.com/r/Military/comments/2gb62e/just_before_the_first_missile_hits_at_26s_there/

ChiksDig Track氏の
「It's indicating the laser dot the missile is tracking.
As it's a test firing the testers use a visible dot as well as
the coded non-visible designating dot to show the point of aim,
most likely to allow accuracy to be assessed.」

がありそうな答かと。ヘルファイアが命中前目標画像を送信する話は寡聞にして知りません。
トマホークではあるのですが。

詳しい方の突っ込みをお待ちします。

382 :名無し三等兵:2016/01/08(金) 10:19:56.25 ID:/DsX/9FO
一部の国では近年まで大戦中の戦車が使われていたとよく聞きますが
消耗品含め部品の調達はどのようにしていたのでしょうか?

使えなくなった車両を部品取りにしていたのでしょうか
それとも現地で勝手に純正部品のコピーを作ってたりしたのでしょうか

383 :名無し三等兵:2016/01/08(金) 10:26:41.97 ID:sPTtOdUG
>>382
それらの他に、「年代の新しいものに取り替えてるので今でも普通に予備が売ってる」「今でも規格の合う部品が供給されている」というのもある。

ラテンアメリカ諸国はつい最近(国によっては今も)WW2当時のアメリカ軍のAFVを使い続けてたけど、エンジンとトランスミッションだけは
ディーゼル化して新しくしてるのが多いし、これらはごく普通に予備パーツが買える。

T-34なんかはT-54/55と共通規格の部品が使われてたりするので、それらを転用できる。
去年だかの北朝鮮のパレードで走ってた車両は、履帯と起動輪ごとT-55のものになっていた。

384 :名無し三等兵:2016/01/08(金) 13:19:47.67 ID:CpZIE5ff
現代のオートマチック拳銃は、ダブルカラムマガジンで、弾数の多いものが主流だと思うのですが
そのような状況のなかでも、シングルカラムマガジンの1911ピストルが、一定の人気を維持している
理由を教えてください。

385 :名無し三等兵:2016/01/08(金) 13:21:55.29 ID:sPTtOdUG
>>384
*作動が確実
*予備パーツやカスタムパーツが豊富
*.45口径の大威力

386 :名無し三等兵:2016/01/08(金) 13:24:43.98 ID:uluVMsKn
複列弾倉の拳銃は手の小さい人には上手く握れない場合があるしやすいから民間にはそれなりの需要はあるよ

387 :名無し三等兵:2016/01/08(金) 13:25:45.32 ID:uluVMsKn
>>386
日本語がおかしくなった
シングルカラムの拳銃が需要があるという意味ね

388 :名無し三等兵:2016/01/08(金) 14:50:14.50 ID:J0892Csn
プラモデルのブロウニング・ハイパワーを握った時、文字通り手に負えなかったな
電ドラやインパクトなら重くても平気なんだが。

389 :system ◆system65t. :2016/01/08(金) 15:05:46.67 ID:1TZcToTU
グロック17はふつーに持てて撃てましたが、弾詰めるのが
数多くなるほどキツくて疲れましたね。

軍用でもない限り、6発も入れば護身用には十分なわけで
>>384氏の「主流」にしても軍用の話。一番数出てるのは
小口径の小型ピストル(多くは単列)ですわ

390 :名無し三等兵:2016/01/08(金) 15:19:33.95 ID:GV4S6nmZ
古今東西の軍艦は、自分を修理するための部品をどこまで積んでいるのでしょうか?
エンジンが壊れるとか、窓ガラスが割れるとか、台所の火災でコンロが使えなくなるとか、ドアの取っ手が外れてしまうとか、いろいろなトラブルが考えられますが、どこまで自分自身で対処できるのでしょうか?

391 :名無し三等兵:2016/01/08(金) 15:28:21.10 ID:mkRg30U7
>>390
>>古今東西の軍艦

こういう曖昧な聞き方をした時点で「時代や国や艦の種類によって色々です」という答えしかもらえないと思ってください。

392 :名無し三等兵:2016/01/08(金) 15:41:31.68 ID:2JWrZ499
工兵とかが持ってる鉄条網を切る道具って英語ではなんていうんですか?

393 :名無し三等兵:2016/01/08(金) 15:53:04.44 ID:QHEm3041
Wire Cutter

394 :名無し三等兵:2016/01/08(金) 15:56:57.72 ID:7zEPDQt+
http://steiner.web.fc2.com/uni/afv/a014/a-014.html
工兵は身を隠しながら腕を伸ばし鉄条網を切るのに、こういった長いのを使ってるね

395 :名無し三等兵:2016/01/08(金) 16:03:50.54 ID:2JWrZ499
>>393
>>394
そのままですね
ありがとうございます

396 :名無し三等兵:2016/01/08(金) 16:09:33.40 ID:BpNjrlFj
>>390
>>391の通りなんだが、大型艦だと多少の工作設備は持ってて、戦時中に「雪風」の発電機か何かの歯車が
壊れた時に、「大和」の工作室に製作を依頼してる。
ただ、あまり精度の要求されるものは難しかったみたいで、その歯車も結局使えなかったそうだが。

原則としては、補給艦や工作艦(あるいはある程度その役割を持つ特務艦艇)はそのためにあると思った
方がいい。

397 :名無し三等兵:2016/01/08(金) 17:12:55.20 ID:pVQaNe8I
>>396
雪風のスクリューだろ?あ号前
大和の艦内工作員が推進器先端の変形部分を水中切断したってんだからそれなりに大がかかりだな
まあ完全には直らずに26ノット以上で支障が出たそうだが

398 :名無し三等兵:2016/01/08(金) 17:34:41.65 ID:nQb305Cl
>>378
回答ありがとうございます
以前にイラク戦争の写真でズボンも履かずに(寝起きに襲撃された?)戦闘に参加している米軍兵士が
とても派手なボクサーパンツを穿いていた覚えがあります
官給品は統一されているのか、そうでないのか、私物を使ってよいのか、その場合衣服はどこまで自由なのか教えてください

399 :名無し三等兵:2016/01/08(金) 18:11:30.12 ID:leicwpZJ
現在でもスパイや特殊部隊がクロスボウを使用していると言われてますが
アメリカはランボーみたいなコンポジットボウを使ってたりしますし
クロスボウを多用してるのは、写真を見た限りでは中国くらいなんですが
何か違いとかあるのでしょうか、と言うかどういう用途で使用するんでしょうか
中国では土地接収に反対する農民のオッサンが作った弩と中国の警察特殊部隊がクロスボウで撃ち合うと言う
三国志みたいな光景が繰り広げられてましたが

400 :名無し三等兵:2016/01/08(金) 18:38:18.29 ID:uj+x0w7L
>>398
一定枚数は支給するけどそれ以上は自弁だろ。この手の物は。

401 :名無し三等兵:2016/01/08(金) 18:45:24.45 ID:TItJjsVK
未だにF-4やF-15といった旧式機を運用している空自が世界の空軍ランキングで、
ベスト10には入っていられるのはなぜでしょうか?

402 :名無し三等兵:2016/01/08(金) 18:46:53.14 ID:Ebf6Rk++
>>401
そのランキングが間違ってるとは考えないのか?

403 :名無し三等兵:2016/01/08(金) 18:46:57.89 ID:Sx3EIIit
>>401
宣伝費用があるから

404 :名無し三等兵:2016/01/08(金) 18:47:49.90 ID:J0892Csn
ランキングに意味がないから

405 :名無し三等兵:2016/01/08(金) 18:50:27.82 ID:Sx3EIIit
WOW!これだからジャップホルホル番組から目が離せないんだ!

406 :名無し三等兵:2016/01/08(金) 18:54:41.17 ID:J0892Csn
ちゅうか、国別の収入をくらべたら10位以下の国と大差がつくわけで
財布の大きさを考えれば妥当だろう
逆に、日本が10位以下になる理屈を教えてほしい >>401

407 :名無し三等兵:2016/01/08(金) 18:55:02.07 ID:/DsX/9FO
>>401
F-15は性能的にはまだまだ現役張れる名機、というのは置いといて、第4世代機だけで200機以上を運用できる空自の能力をなめちゃいけない
世界には戦闘機すらまともに持てない国や、F-15よりさらに古い機体をだましだまし運用してるような国が大半だから

408 :名無し三等兵:2016/01/08(金) 19:00:24.88 ID:Sx3EIIit
GNP1パーセント枠とかやってた頃は社会に金が回りみんな笑顔で暮らしてたのにね・・・
ヘリ空母もどきやオスプレイ買うような金があるなら減税するなり福祉に回さないと、まさに生き地獄

409 :名無し三等兵:2016/01/08(金) 19:16:09.32 ID:ULF//YLk
>>408
今の日本で減税なんぞしたら社会保障制度自体が破綻する
福祉にこれ以上金を回したら消費税30%は不可避になる
どっちにしたって行き地獄だよ

410 :名無し三等兵:2016/01/08(金) 19:21:49.15 ID:nQb305Cl
>>408
無駄遣いは分かるけどそれだけで財政を圧迫してるとは考えにくい

411 :名無し三等兵:2016/01/08(金) 19:23:52.07 ID:Sx3EIIit
友達料や経団連や上級国民にはシャバシャバ何十兆単位でばら撒いてんのに
肝心の社会保障にだけは「財源が無い」でスルーって脳みそ0ってレベルじゃないでしょ

412 :名無し三等兵:2016/01/08(金) 19:38:33.32 ID:cGLcdhMY
こんなところで毎日飽きもせず自民ヘイトスピーチ繰り返してる奴も脳みそ0ってレベルじゃないでしょ

413 :名無し三等兵:2016/01/08(金) 19:43:44.91 ID:uj+x0w7L
>>408
今は指標がGDPになってるけど防衛費は1%以下だよ。

414 :名無し三等兵:2016/01/08(金) 20:24:33.73 ID:bO7X0Drw
ワルサーPPK/Sのエアガンを所持しているのですが、そのエアガンは、スライドを動かす際
必ず、セイフティをオフにしなくてはならない構造となっています。
実銃のワルサーPPK/S、およびワルサーPPKでも、スライドを動かす際は、セイフティをオフに
しなくてはならないのでしょうか。
それとも、セイフティの状態に関係なく、スライドを動かすことが可能なのでしょうか。

415 :名無し三等兵:2016/01/08(金) 21:32:17.96 ID:MuRiiDb6
http://www6.atwiki.jp/army2ch/pages/84.html#id_b5d86154
ここに
>>イージス艦みたいに自衛用対空ミサイルまでつけちゃったりするとかだめ?

何度も浮かんだ案で、実際英空軍はフォークランド紛争のときに
バルカンの主翼下にサイドワインダー搭載用の配線を取りつけましたが、さすがに戦争上手の英国人だけあって、
実戦では気休めにしかならないサイドワインダーの代わりにECMポッドを付けました

ということが書いてありましたが戦闘機のミサイルって全部攻撃用じゃないのですか?

416 :名無し三等兵:2016/01/08(金) 21:39:29.33 ID:OL+N669t
自衛用の意味が分からん
戦闘機の欄のようだけど戦闘機ならサイドワインダーとか普通付けるし
まずバルカンは爆撃機だし

417 :名無し三等兵:2016/01/08(金) 21:42:35.71 ID:v1M4vRd8
             【ヒラリー】  WW3起こしたい   ×   世界に許しを請え  【マイトレーヤ】


[1847]副島隆彦

北朝鮮の指導部の中に、アメリカのネオコン派や反共(はんきょう)主義米軍人たちの強い影響下にある勢力が形成されていて、
彼らが、第三次世界戦争を起こすことを画策している。この勢力がヒラリーを押し立てて、次の世界に動乱を持ち込むつもりだ。
今年一年(2016年)中は、まだオバマ政権である。しかし、来年(2016年2月)からは、もうそうはならない。ヒラリーは、それをやるだろう。
日本の安倍政権の長期化の兆(きざ)しは、それに対する十分に計算されつくした動きだ。アメリカのいいように動かせる政権だ。
もう アメリカには、軍事力しか、大きな力は残されていない。ヒラリーたちは、この残された持てる力(ちから)を使うだろう。 
迫り来る世界恐慌を、アメリカの軍事力で吹き飛ばして、アメリカの世界覇権(ワールド・ヘジェモニー)の継続を、再度、画策する。


                  マイトレーヤが公に現れるにつれて、UFOが姿を表すでしょう。

世界平和の脅威は、イスラエル、イラン、アメリカです。イスラエルの役割は跪いて、パレスチナに許しを請うことです。
                 アメリカによる他国の虐待に反対の声を上げなければなりません。

    彼らは今世紀(21世紀)をこの帝国が出来上がるアメリカの世紀と呼ぶ。しかし、そうはならないだろう。
  彼らが世界中に‘民主的’制度を確立したいという衝動をコントロールするのは、マイトレーヤの任務である。 

 Q 経済崩壊が2015年の終わりから始まり、テレパシー世界演説が2017年の初めなら、2016年に大戦でしょうか。
                A 第三次世界大戦は起こりません。単に困難な時期になるでしょう。


                マイトレーヤが世界に向かって話をする準備は良好に進行している。

    25分か35分くらいかもしれませんが、歴史上で初めて、世界的規模のテレパシーによる接触が起こるのです。
    テレビ中継はこの出来事のために存在するのであり、この時、初めてご自身の本当の身分を明らかにされます。

418 :名無し三等兵:2016/01/08(金) 22:11:29.83 ID:QHEm3041
>>415
英国機では哨戒機であるニムロッド(元は旅客機)もサイドワインダーを
装備できるようになってた
米軍でもジェット攻撃機から低速の観測機OV-10みたいな機体にもミサイル搭載の
為の配線はされてる
使う機会はほぼ無くても丸腰で敵地に突っ込めとは言えば搭乗者にかかる精神的負担は増えるのだし
自衛手段はあるのだと思うことは士気にもかかわる

419 :名無し三等兵:2016/01/08(金) 22:17:58.85 ID:EssJpfD0
>>379
>>381
今のところ不明ということですか。ありがとうございました。

420 :名無し三等兵:2016/01/08(金) 22:19:28.24 ID:EssJpfD0
>>379
>>381
URL先の議論も参考にシてみます。ありがとうございました。

421 :名無し三等兵:2016/01/09(土) 00:22:35.27 ID:YOevXduY
>418
英のニムロッドがAAM搭載化改修をされたのは、フォークランド紛争で
ハリアーの行動範囲外で活動するアルゼンチンの大型機※を攻撃
する(あるいは攻撃可能性を持たせる事で行動を制限する)ためだよ。
急遽(泥縄的に)改修されたの。実戦では敵機と邂逅すらできなかったけどさ

※B-707(偵察機)とC-130(貨物ドアから爆弾落として対艦攻撃をしてた)

422 :名無し三等兵:2016/01/09(土) 03:07:19.21 ID:7FyVr2YB
>>397
雪風のスクリュー破損・何だかんだで卯月と補給隊護衛ってのはまた別な話。
発電機の歯車の話はレイテ戦前よ。
つまるとこ、雪風って南太平洋海戦以外の大作戦じゃベストコンディションで参戦してない。
菊水作戦でも油の問題で全速出ないし。
駆逐艦ってそういうもんだと思えばそれまでだが。

423 :名無し三等兵:2016/01/09(土) 03:08:23.74 ID:7FyVr2YB
>>415>>418>>421
ちなみに湾岸戦争じゃ給油機のヴィクターがサイドワインダー搭載して任務についてる写真があるぞ。

424 :名無し三等兵:2016/01/09(土) 03:09:55.57 ID:7FyVr2YB
>>421
部品不足で飛べなくなったP2Vの代わりに英機動部隊の索敵担当してたB707や、
輸送や給油機任務で忙しかったC130の爆撃任務って初めて聞いた。
もしよければ出典をば・・・

425 :名無し三等兵:2016/01/09(土) 11:46:36.62 ID:C4h7WFvc
>424
正直言えば俺も何かの間違いじゃないかと半分疑っているんだが、

例えば 当時のニュース
www.nytimes.com/1982/06/09/world/tanker-attacked-in-south-atlantic.html
本。↓でググって一番上に表示されるやつ、のp462
The Official History of the Falklands Campaign - Google Books

426 :名無し三等兵:2016/01/09(土) 11:51:35.75 ID:Y2jsOPjg
フォークランドでC-130に無理やり爆撃させたのって結構有名な話だと思うけどな・・・。

427 :名無し三等兵:2016/01/09(土) 11:59:19.76 ID:Y2jsOPjg
あと、貨物倉から爆弾投げ落としたんじゃなくて、翼の増加燃料タンク装着部に強引に爆弾ラック
取り付けたんだと思ったが。
http://s578.photobucket.com/user/DebsEvans24/media/Argentina%20Lockheed%20C-130H%202%20MER%206x%20500lb_zpse74pywpv.jpg.html
http://s578.photobucket.com/user/DebsEvans24/media/Argentina%20Lockheed%20C-130H%202%20MER%206x%20500lb_zpse74pywpv.jpg.html


資料としてはこんなのもあるぞ。
https://news.google.com/newspapers?nid=1320&dat=19820609&id=smdIAAAAIBAJ&sjid=qAYEAAAAIBAJ&pg=6216,3008163&hl=ja

428 :名無し三等兵:2016/01/09(土) 12:19:07.85 ID:5IsBhZyK
単独犯(組織や協力者などから一切サポートを受けない状況)で最も人を殺したテロリストは誰ですか?
爆弾や銃などでなくても故意に殺したのであれば方法は問いません

429 :system ◆system65t. :2016/01/09(土) 12:30:34.31 ID:5Ywqz/Ej
>>428
それ、全然軍事じゃないし

430 :名無し三等兵:2016/01/09(土) 12:31:34.64 ID:Mem9oGR7
>>429
ID:Sx3EIIit
この手の輩を召喚してるんでしょ
察してあげて

431 :名無し三等兵:2016/01/09(土) 13:19:06.64 ID:EmTEQJa9
スウェーデンの試作車として小さな戦車を二両連結したようにも見える駆逐戦車がありましたが、
連結式の車両にするメリットとデメリットを教えてください

432 :名無し三等兵:2016/01/09(土) 14:29:14.35 ID:avP49oLd
>>429
テロって軍事関係じゃないんですか?

>>430
大真面目に聞いた

433 :名無し三等兵:2016/01/09(土) 14:40:12.40 ID:r7CS78/l
>>432
だってテロリストが起こしたテロは犯罪でしょ?
犯罪なら捜査するのは警察でしょ?
軍人も軍事も関係ないじゃん。

434 :名無し三等兵:2016/01/09(土) 14:46:28.68 ID:cy739kHu
本当に単独犯でどこの力を利用したとかでもないならブレイビク辺りかも
ただハイジャックや列車事故の方面にもっとやばいのがあるかもしれんな

435 :名無し三等兵:2016/01/09(土) 14:48:51.80 ID:wjaxmoA5
>>431
XX20
メリット :前方上部に無人砲塔、前方車体に乗員区画、後方にエンジン区画
      分割することで生残性がアップ(するといいな)
デメリット:油圧で稼働する連結部分の開発に失敗
      戦車としては使い物にならなかった(と言われている)

436 :名無し三等兵:2016/01/09(土) 15:10:02.17 ID:hZao8MUA
>>432
とりあえず、こういうのがある。
ttp://flowmanagement.jp/wordpress/%E5%A4%A7%E9%87%8F%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6-%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0
ただ、軍事だと以下のような化物がいる。
シモ・ヘイヘ
公認確認戦果505人

437 :名無し三等兵:2016/01/09(土) 15:23:09.52 ID:r7CS78/l
>>436
津山事件って当時としては異例の大量殺人だったんだなぁ・・・

438 :名無し三等兵:2016/01/09(土) 15:29:35.86 ID:Nc2jflMS
>>434
>>436
やっぱりブレイビクより上はいないかもしれないですね
ANFO爆弾の分も換算するとかなりの数になりますし

439 :名無し三等兵:2016/01/09(土) 15:38:17.68 ID:wjaxmoA5
2011年のノルウェーでのテロが単独犯で爆殺8人射殺69人
1982年の韓国のテロが単独犯で爆殺(自爆)3人射殺57人
2007年の米の銃乱射事件が単独犯で射殺33人

まだ有りそうだけどなあ

440 :名無し三等兵:2016/01/09(土) 15:48:25.53 ID:wjaxmoA5
戦艦陸奥の爆沈というのがあったな
人為説が正しくても思想性は無く、犯罪の隠蔽が目的だったかもだけど
爆発により1121人死亡

441 :名無し三等兵:2016/01/09(土) 16:51:34.32 ID:mAEoa5yf
銃規制しようや 怖ええわ

442 :名無し三等兵:2016/01/09(土) 18:10:19.15 ID:SJmhAWW/
米国の空対空ミサイルの型番がAIM-9からAIM-120に飛んでるのは何故ですか?
-10とか12とかにならなかったのは、命名規則が変わったから?

443 :名無し三等兵:2016/01/09(土) 18:40:11.95 ID:Y2jsOPjg
>>442
AIM-10ってのは存在してる。
実用化されてないけど。

F-14が積んでたフェニックスはAIM-54だし、-9の次がいきなり-120ではない。

444 :415:2016/01/09(土) 19:30:17.64 ID:4V2PCqjv
回答ありがとうございました。もうひとつ質問ですが
http://www6.atwiki.jp/army2ch/pages/149.html#id_e8badfa8
ここに書いてある
>>地上や水上艦を攻撃するための航空機にAAMが必要なんですか?

簡単に言うと自衛用
でも、近年は空対空ミサイルを積むよりECM機材を積んだ方が効果があることが
戦訓として認知されているので、積む例は少なくなっている


あとは途上国に売るときに「空対空戦闘にも使える」と
(相手国の一般国民を)騙して商売しやすくするため

これは本当でしょうか?

445 :名無し三等兵:2016/01/09(土) 19:43:34.01 ID:Y2jsOPjg
>>444
一般国民を、っていうか、顧客としての軍隊相手に、ってことね。

ある程度以上の機動性能がある攻撃機を戦闘機の代わりに使うことはごく普通に想定されてることなので
「仮想敵国の戦闘機は大したことありませんし、コレにAAM積めば充分戦闘機の代わりにもなりまっせ」
っていうセールスは、現代のようにマルチロール機が主流になる前の時代は結構普通に行われていた。

アメリカ軍は「旧式化した空母は対潜空母として副次的な任務に使おう。あ、でもこれに運動性の高い」
小型攻撃機載せれば事実上の汎用空母になるんじゃね?」ってんで対潜空母に種別変更した改エセックス級に
A-4スカイホークを積むプランを立てたことがあるし。

これは自衛隊にも売り込みが掛けられたし、実際にブラジルはそうしてる。

446 :名無し三等兵:2016/01/09(土) 20:00:13.84 ID:RihHazQV
>>443
>AIM-10ってのは存在してる。

米軍のミサイルで"-10"はCIM-10系のミサイルつまり有名なXF-99ではないかな

447 :名無し三等兵:2016/01/09(土) 20:10:15.50 ID:Y2jsOPjg
>>446
F6Dミサイリアに搭載する予定で開発して一緒にコケたAIM-10イーグルってのが…と思って
今改めて調べ直したら「AAM-N-10」だったわ。

ということで>>442よスマン。

448 :名無し三等兵:2016/01/09(土) 22:07:36.16 ID:nKCZ3ztM
>>442
ttps://en.wikipedia.org/wiki/1962_United_States_Tri-Service_missile_and_drone_designation_system
米軍では自国で開発したミサイルとドローンには通番を振っていて、AIM-9サイドワインダーは開発時期は1950年代と非常に早かったがその後最新型の第四世代まで新規開発ではなく改良ということで同じ番号のままになってる。
その後も様々なミサイルやドローンが作られたので番号が進んでいき、AIM-9の改良型ではない新規の対空ミサイルに与えられた番号が120だった。
そして9と120の間にもいくつかAIM-XXというミサイルはある。

449 :名無し三等兵:2016/01/09(土) 22:25:15.81 ID:wlKFaiZ8
AIM-7‥‥スパロー
AGM-45‥‥シュライク
AIM-54‥‥フェニックス
AGM-65‥‥マベリック
RIM-66‥‥スタンダード
BGM-71‥‥TOW
AGM-84‥‥ハープーン
FIM-92‥‥スティンガー
BGM-109‥‥トマホーク
AGM-114‥‥ヘルファイア
LGM-118‥‥ピースキーパー
UGM-133‥‥トライデント

発射プラットホームと目標はみんな違うけど有名どこを連番で挙げてみた。

450 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 00:06:13.06 ID:rg4RB2+E
>>444
>あとは途上国に売るときに「空対空戦闘にも使える」

コレに関しては理由は色々あるが実例としては
中南米では麻薬マフィアが豪勢にも密輸にビジネスジェットを活用してて
既に飛び立った密輸機を摘発するのに戦闘機を持てない国では軽攻撃機か練習機で
対応するしかないので威嚇用に有効な対空装備をこれらに装備させなくてはならない事情がある

451 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 00:06:18.43 ID:yxMtRoOt
>>445
ありがとうございます。攻撃機のAAMが自衛用というのも本当でしょうか?

452 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 00:17:06.13 ID:bGXDfTBX
>>451
基本的にそう。

爆装した攻撃機が爆弾抱えたまま敵機と積極的に空中戦したりすることは通常はしない。
(というか、それはやりたくても大概の場合は無理)
また、例え敵機を空戦で撃墜できたとしても、そのために身軽になるため爆弾棄てた、とかでは
敵は仮に撃墜されてしまったとしても目的(守るべき目標を爆撃させない)は果たしてるので、
あまり意味はないので。

戦術として「対空ミサイル積んだ戦闘機にわざと模擬弾や信管つけない実弾爆装させて、
それを狙って攻撃してくる敵戦闘機を返り討ちにする」(敵機を確認した時点で爆弾は捨てるし
捨てること前提)っていう戦法が取られた例はある。

453 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 02:27:14.30 ID:yxMtRoOt
>>450
>>452
ありがとうございました

454 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 05:36:51.78 ID:tRRlBLAZ
ふと思ったんですが自由フランス海軍ってどうやって弾薬調達してたんですか?
陸軍みたいにアメリカやイギリスの兵器使うわけにもいかないでしょうし
弾薬の規格も基本的に違うでしょうし
イギリス本土に例外的に弾薬を生産する工場みたいなのがあったんでしょうか?
それとも植民地に存在する備蓄で賄える範囲だったのでしょうか?
あんまり矢面に立って行動したわけではないでしょうが気になったので教えていただけるとありがたいです

455 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 06:53:07.70 ID:vAXg44pP
そもそもフランスから持ち出せた艦が少ないし、旧式戦艦2隻は宿泊艦となって実戦投入されてない
空母ベアルンは改装され航空機輸送艦となり、武装はアメリカで偽装されたのでフランス規格ではないのかも
他に巡洋艦数隻、駆逐艦2隻があったが、他にイギリスから供与された護衛空母や駆逐艦やコルベットを使っている

456 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 06:59:55.08 ID:xXAm5f5H
大半の艦の対空兵装は米軍かたまに英軍の物に置き換えた
主砲は置き換えなかったので作って貰ったのかもしれない

457 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 08:00:54.42 ID:CysQ0vFe
リシュリュー主砲弾はわざわざアメリカで新規生産してもらっている
それでも生産数があまり多くなかったのか英米戦艦と比べて艦砲射撃は不活発だが

458 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 09:47:13.92 ID:SCm86N+G
世界の艦船増刊「フランス戦艦史」だと、リシュリューは正38センチだった主砲の砲身内側を1ミリ削って
38.1センチ=正15インチにして英国製砲弾を使った、って書いてあったな

459 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 10:51:07.09 ID:iiCEwIAj
既に艦に装備されてる砲身を陸揚げして内筒を1mm削り広げるのと
砲弾側でライフリングバンドの径が小さいものを生産する(確証ないけど大口径砲の1mmの口径差ならこれで済むんじゃないか)のと
どっちが手数が少ないんだろうか

460 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 10:56:23.42 ID:QjDAT8iJ
削らなくてつかえたんなら、わざわざ削らないと思うぞ

461 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 11:01:18.95 ID:g+NO0CUt
まあリシュリューの修理改装をやったアメリカには380mm砲も15インチ砲もないから
砲弾の新生産になったら380mmで作るんじゃないかな

462 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 11:34:57.61 ID:ijrvVREf
上の方に「フォークランド戦争の時、C-130に爆弾を積めるように改造して爆撃機にした」という話がありましたが、
自衛隊の輸送機も改造すれば爆撃機になりますか?

あと、P-3Cを特に改造せずに爆撃機にすることはできますか?

463 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 11:39:23.69 ID:EgtkmZyR
P-3Cはもともと対潜爆雷積めるから上のC-130くらいの話なら普通にできる(不審船の時はポコポコ威嚇で落としてた)

464 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 13:16:50.82 ID:gi4rbQj5
>>462
国会答弁で爆撃機の保有は禁止されてるからダメ。

465 :444:2016/01/10(日) 13:17:01.83 ID:yxMtRoOt
再びの質問ですいませんが>>444
>>でも、近年は空対空ミサイルを積むよりECM機材を積んだ方が効果があることが
戦訓として認知されているので、積む例は少なくなっている
というのも本当でしょうか?

466 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 14:02:10.08 ID:QjDAT8iJ
>>465
「少なくなってる」は嘘
最初っからほとんど例はない
生半可な防御火器やミサイルより電子妨害の方が有効なことは
WWU中にすでにはっきりしてる

467 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 14:05:51.33 ID:FXzdjJMo
帝国海軍の対空機銃として多くの艦艇に搭載されていた25mm機銃ですが、
この銃のマガジンに装填されている弾頭は炸裂弾のみだったのでしょうか?
また曳光弾はあったのでしょうか?何発に一発の割合だったのでしょうか?

468 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 14:07:45.00 ID:QjDAT8iJ
ちなみに日本のP-1哨戒機は、最初の各社提案ではAAM満載で制空戦闘までやって
のけるような「大型戦闘哨戒機」案ばかりだった

防衛庁の要求仕様が、そういうものを求めていると誤解させる内容だったからだが、戦後
世界的に要求段階からAAM搭載と対戦闘機戦闘能力を求めた大型機はないと思う(ソ連
辺りにあったかも)

469 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 14:20:50.50 ID:a6lyQIRw
>>466
f-16とかだと爆装してても翼端にアムラームを1発づつの計2発つけるのが、標準じゃなかったか?

470 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 14:49:31.44 ID:QjDAT8iJ
>>469
A-7やA-10はサイドワインダーの運用能力があるけど
爆装した場合でAAMも携行した例はごく少ないよ

F-16は「本来」は制空任務用で爆撃は余技
敵戦闘機と出会った場合、制空戦闘も期待されているから
AAMを積むのは当然

F/A-18は爆装したままAAMでミグだったかを撃墜した例があるが
この機種なら444の言ってる「地上や水上艦を攻撃する」任務が主で
あると言い切れるだろうから、こっちを持って来ればよかったのに

471 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 15:26:24.66 ID:r0BDgVQm
F-105も最終的に選択肢から消えたな
ランチャーの空気抵抗がでかいってんで最初からサイドワインダー不人気だったようだが

しかしWWUの電子妨害って地上からだろ?(つか電波でなく電子?)
航法用電波を妨害する手合いで
機上からウインドウの手合いぐらいのような

472 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 15:27:46.97 ID:YK77JYfu
チャフはハンブルグ空襲でかなり効果を上げてるよ。

473 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 15:30:05.20 ID:r0BDgVQm
それウインドウのことや

474 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 16:13:13.00 ID:O7C8EssO
>454 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 05:36:51.78 ID:tRRlBLAZ
>ふと思ったんですが自由フランス海軍ってどうやって弾薬調達してたんですか?
> 陸軍みたいにアメリカやイギリスの兵器使うわけにもいかないでしょうし
>弾薬の規格も基本的に違うでしょうし
> イギリス本土に例外的に弾薬を生産する工場みたいなのがあったんでしょうか?
>それとも植民地に存在する備蓄で賄える範囲だったのでしょうか?
>あんまり矢面に立って行動したわけではないでしょうが気になったので教えていただけるとありがたいで>す

>455 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 06:53:07.70 ID:vAXg44pP
>そもそもフランスから持ち出せた艦が少ないし、旧式戦艦2隻は宿泊艦となって実戦投入されてない
>空母ベアルンは改装され航空機輸送艦となり、武装はアメリカで偽装されたのでフランス規格ではな>いのかも
>他に巡洋艦数隻、駆逐艦2隻があったが、他にイギリスから供与された護衛空母や駆逐艦やコル>ベットを使っている

>456 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 06:59:55.08 ID:xXAm5f5H
>大半の艦の対空兵装は米軍かたまに英軍の物に置き換えた
>主砲は置き換えなかったので作って貰ったのかもしれない

>457 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 08:00:54.42 ID:CysQ0vFe
>リシュリュー主砲弾はわざわざアメリカで新規生産してもらっている
> それでも生産数があまり多くなかったのか英米戦艦と比べて艦砲射撃は不活発だが

>458 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 09:47:13.92 ID:SCm86N+G
>世界の艦船増刊「フランス戦艦史」だと、リシュリューは正38センチだった主砲の砲身内側を1ミリ削っ>て
>38.1センチ=正15インチにして英国製砲弾を使った、って書いてあったな

>459 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 10:51:07.09 ID:iiCEwIA
>j既に艦に装備されてる砲身を陸揚げして内筒を1mm削り広げるのと
>砲弾側でライフリングバンドの径が小さいものを生産する(確証ないけど大口径砲の1mmの口径差な>らこれで済むんじゃないか)のと
> どっちが手数が少ないんだろうか

475 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 16:13:55.59 ID:O7C8EssO
>460 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 10:56:23.42 ID:QjDAT8iJ
>削らなくてつかえたんなら、わざわざ削らないと思うぞ

>461 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 11:01:18.95 ID:g+NO0CUt
>まあリシュリューの修理改装をやったアメリカには380mm砲も15インチ砲もないから
>砲弾の新生産になったら380mmで作るんじゃないかな

「リシュリューの主砲弾を製造するため、特別の工場ラインが建造された」。

「リシュリューは1943年11月から1944年3月イギリス本国艦隊に所属した。
1944年2月10日から12日にはポストホーン作戦に参加した[6]。
これは空母フューリアス搭載機によるノルウェー北部でのドイツ船舶攻撃であった[6]。
2月後半にももう一度同様の作戦(ベイリーフ作戦)に参加したが、この時は駆逐艦の衝突事故のため延期となり、最終的に作戦は中止となった[7][8]。
1944年3月、リシュリューはイギリス海軍東洋艦隊に配属された。
リシュリューはスエズ運河経由でインド洋へ向かい、4月10日にトリンコマリーに到着した[9]。
リシュリューは4月はコックピット作戦(サバン空襲)、5月はトランサム作戦(スラバヤ空襲)、6月はペダル作戦(ポートブレア空襲)に参加した[10]。
7月、リシュリューはクリムズン作戦に参加し25日に他の戦艦などと共にサバン砲撃を行った[11」

下記、ウィキペティアのリシュリュー (戦艦)を参照ください。

ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%BC_(%E6%88%A6%E8%89%A6)

476 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 16:19:07.63 ID:dAgIbJAQ
>>470
そんな嘘言うなよ。A-7はナム戦時大概AIM-9は積んでるよ。
他機の多くが兵装ステーションをAAMに奪われるのを嫌ってECMポッドなどを積んだがA-7は専用ステーションだからAAMわ積んでも他の兵装に影響しないからだよ。

477 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 16:26:13.60 ID:xXAm5f5H
>>475
質問はリシュリューの主砲弾だけに限定した質問じゃないからその回答は不完全であまり意味が無いな

478 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 16:45:04.10 ID:O7C8EssO
>477 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 16:26:13.60 ID:xXAm5f5H
>475
>質問はリシュリューの主砲弾だけに限定した質問じゃないからその回答は不完全であまり意味が無いな

「リシュリューの主砲弾を製造するため、特別の工場ラインが建造された」。

「自由フランス海軍として、旧式戦艦2隻、航空母艦1隻、巡洋艦数隻、駆逐艦2隻ほかの兵力を確保できた程度であり」

下記、ウィキペディアの自由フランス海軍を参照ください。

ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E7%94%B1%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E6%B5%B7%E8%BB%8D

元質問は下記です。

>454 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 05:36:51.78 ID:tRRlBLAZ
>ふと思ったんですが自由フランス海軍ってどうやって弾薬調達してたんですか?
> 陸軍みたいにアメリカやイギリスの兵器使うわけにもいかないでしょうし
>弾薬の規格も基本的に違うでしょうし
> イギリス本土に例外的に弾薬を生産する工場みたいなのがあったんでしょうか?
>それとも植民地に存在する備蓄で賄える範囲だったのでしょうか?
>あんまり矢面に立って行動したわけではないでしょうが気になったので教えていただけるとありがたいで>す

479 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 16:45:53.34 ID:O7C8EssO
>315 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 14:34:13.32 ID:fjVZQOPk
>現代の潜水艦でも浮上とかシュノーケル使用は基本的に夜間になるんですんか?

「シュノーケル使用は基本的に夜間になるんです」!

「韓国軍「潜水艦が粗製濫造で出撃できません、だって潜水機能 ...
suliruku.blogspot.com/2015/01/blog-post_64.html
2015/01/27 - 原子力潜水艦は浮上の必要がないが、ディーゼルなど通常動力の潜水艦は酸素を取り込むため、
シュノーケル(空気取り入れ筒)を水面上に出せる浅深度まで浮上する必要がある。 ...
空気を出せば

泡で居所がばれる

ため、換気も論外。」

480 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 16:51:50.23 ID:SCm86N+G
いずれにせよID:O7C8EssOはいつもの基地外なのでおさわり禁止。NGIDを強く推奨します

481 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 16:55:52.26 ID:L0X2NqRD
スイスの民間防衛と銃問題について質問です。
ちょっと軍事ではなく社会問題の質問になりますが
アメリカで今銃規制について議論が盛んですが、
スイスも民間防衛の理念から外国からの侵略に対処できるよう
各家に銃があるようですが、それは即ち民間人が
銃を保有している社会となります。

スイスもアメリカと同様に、銃による犯罪に悩まされているのでしょうか?

482 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 16:58:44.40 ID:bGXDfTBX
>>481
スイス全体としての犯罪発生率そのものがアメリカと比べると低い。
銃犯罪が起きないわけではないけれども。

ただ、銃による自殺が多いことは問題にはなっている。

483 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 17:09:56.56 ID:O7C8EssO
>481 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 16:55:52.26 ID:L0X2NqRD
>スイスの民間防衛と銃問題について質問です。
>ちょっと軍事ではなく社会問題の質問になりますが
> アメリカで今銃規制について議論が盛んですが、
>スイスも民間防衛の理念から外国からの侵略に対処できるよう
>各家に銃があるようですが、それは即ち民間人が
>銃を保有している社会となります。

「軍から支給されている銃、これらとその他各自が保持する」です。

「民間人が銃を保有している社会となります」では有りません。
軍「人が銃を保有している社会となります」。

「スイスの伝統にもなっている

軍から支給されている銃、これらとその他各自が保持する

銃の自宅保管をやめにして、
それぞれの自治体の兵器庫に保管し、
銃の所持に厳しい規制を設けるかどうかを問う国民投票です。」

「今まで通り、自宅で銃を保管する事が認められた訳です」

下記、スイス、銃に関する国民投票の結果が出ました!を参照ください。

ttp://blog.livedoor.jp/erdbeere0712/archives/51183439.html

484 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 17:11:57.34 ID:O7C8EssO
>288 :名無し三等兵:2016/01/06(水) 22:08:09.75 ID:8aZunKeq
>WW2の空戦のおいて敵に後ろに食いつかれてしまった場合どう対処するのでしょう?
> 機体性能差がない限り急降下して逃げる事も出来ませんし
> つまり後ろに食いつかれてしまった時点でもう詰みのような事という事でしょうか?

「低空でとんで自爆待つ」。

超低空に降りて、逃げるのです。
追撃する機も、地面や水面に激突するのが、怖くて、思うように攻撃できません。
「WW2の空戦のおいて敵に後ろに食いつかれてしまった場合」の常套手段でした。
それでも、撃墜された機が多いですが。

「BF4で敵の戦闘機に追いかけられた時どうしたら逃げやすいです ...
jp.wazap.com › バトルフィールド4 › 質問一覧
BF4で敵の戦闘機に追いかけられた時どうしたら逃げやすいですか?
いろいろ試し ...
強いていうなら、

低空でとんで自爆待つ

とか、場外に引っ張って自爆とか、距離にもよりますが急に減速するなど… ...
まあ、普通は自陣上空に到達する前に敵が逃げます。 1 1.」

485 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 17:25:16.99 ID:O7C8EssO
>700 :名無し三等兵:2015/12/27(日) 17:38:45.65 ID:C6sMhWzy
>693 :名無し三等兵:2015/12/27(日) 17:19:30.23 ID:P0jQtmtv
>カーボローディングをいまどきやっているプロ選手はいません
>(本人かコーチが無知である場合を除く)
> 「ソース元にそう書いてあった」でも、それを選んでここに転載した人の罪は、
> 等しく有罪です
> いまどきカーボローディングを推奨した行為は有罪です
>誤りでしたごめんなさいと謝罪しろ

> お願い

>貴殿の正しい博識で、下記、ウィキテペディアのカーボ・ローディングを、書き直して>ください。

> 「カーボ・ローディング(Carbohydrate Loading)とは、スポーツなどの場面で、運>動エネルギーとなるグリコーゲンを通常より多く体に貯蔵するための運動量の調節及び>栄養摂取法である。
>グリコーゲン・ローディングとも呼ばれる。」

> 下記、ウィキテペディアのカーボ・ローディングを参照ください。

ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0

> お願い

>貴殿の正しい博識で、下記、ウィキテペディアのカーボ・ローディングを、書き直して>ください。

いい加減な書き込みを「した行為は有罪です」!
「誤りでしたごめんなさいと謝罪しろ」!

486 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 17:26:08.16 ID:QjDAT8iJ
>>476
おれが見た過去の航空雑誌の記事だとベトナム戦争当時で実戦にAIM-9を搭載して
出撃した例は3ケタもないっていうことだったが

ちょうどよさそうなのが引っかかった
http://www.nsleloi.co.jp/USNA7Corsair.html

487 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 17:27:31.76 ID:O7C8EssO
>724 :名無し三等兵:2015/12/27(日) 19:24:06.00 ID:C6sMhWzy
>359 :名無し三等兵:2015/12/21(月) 21:03:04.28 ID:FCwOrEX8
>250
>それがいるんだなあ
>Naval Militiaで見てごらん
>海軍州兵が編成された州があるんだよ
> ニューヨークとかオハイオとかね
> あくまで例外的な存在ではあるけど
>Wikipediaだけ見てるとバカを見る典型

> 2 予備役と州兵は違います。

> 予備役は、個人です。
> 州兵は、部隊です。

> 現役の後、予備役になります。
> 戦時には、予備役の個人が、召集されて、正規軍=連邦軍へ入ります。
> 州兵は、部隊なのです。
> 「陸軍州兵が約36万4000人、8個師団、18個独立旅団」。
> 「緊急時に大統領の命令により動員された場合には連邦陸軍または連邦空軍の指揮の>下に作戦に参加する」。
> 第二次世界大戦では、州兵が、正規軍=連邦軍に編入されて、実戦に参加しました。
小さな州は、近隣の州と組んで、師団を編成しました。
>ベトナム戦争では、州兵が、正規軍=連邦軍に編入され無かったです。
>また、州兵は個人として、正規軍=連邦軍に編入される場合も有ります。

488 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 17:27:51.89 ID:O7C8EssO
> 「一部の州には、民兵組織として州防衛軍(英語版) (State Defense Force) や本格>的な戦闘艦艇を持たない海軍民兵(英語版)

>(Naval Millitia)

>もある
>(こちらは州兵と逆に、空軍組織は存在しない)。
>これらの民兵組織は構成員に軍の予備役が多いものの、

> 州兵と異なり

>、州にのみ属する。そのため、組織として連邦軍に編入されることはない。

489 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 17:29:03.71 ID:O7C8EssO
>726 :三等自営業 ◆LiXVy0DO8s :2015/12/27(日) 19:33:56.30 ID:gUWJZHvc
>カスミン大先生はまだまだ宿題山積みですから

お願い。

「宿題山積み」を書き込んでください。

490 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 17:31:33.03 ID:O7C8EssO
>761 :名無し三等兵:2015/12/27(日) 21:26:08.78 ID:uUQz63ws
>758
>じゃああなたが10式が世界の戦車トップ5にも入らないと言ったのは何だったんでしょ>うねえ
>最初から自衛隊の兵器はダメで走る棺桶であるということが言いたかっただけではない>のでしょうか?

>759 :名無し三等兵:2015/12/27(日) 21:18:02.83 ID:C6sMhWzy
>「 ・各国の軍隊の優劣、個々の兵器の優劣は状況次第で容易に逆転し、単純に比較で>きるものではなく、「最強論議」は無意味です
> 「○○と○○はどっちが強いの?」や「○○の中で一番強いのは何?」 という質問>は回答の対象になりません 」

491 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 17:32:40.34 ID:O7C8EssO
>4 :名無し三等兵:2015/12/17(木) 12:05:20.00 ID:dKBRsX3+○質問者の皆様へ
> ・このスレは軍事の初心者へのQ&Aであり、議論の初心者・人間の初心者は立入禁止で>す
> ・軍事に関係の無い質問、ネタ質問、アンケート、またはそれに類する質問は禁止で>す
> ・「目の前の箱使え」「ググれ」と回答されたり、Wikipediaを紹介された場合、それ>でもわからなければ「どんな『検索ワード』を使えばいいか?」を尋ねてください
> ・曖昧な内容の質問,想定する状況が非現実的な質問には明確な回答ができません
> ・各国の軍隊の優劣、個々の兵器の優劣は状況次第で容易に逆転し、単純に比較でき>るものではなく、「最強論議」は無意味です
> 「○○と○○はどっちが強いの?」や「○○の中で一番強いのは何?」 という質問>は回答の対象になりません
> ・「〜で××見たけど何かあったの?」という質問は、守秘義務等により回答の対象>になりえないこともあり、回答がついてもそれはただの想像であるかも知れません
> ・「〜って本当?」のような質問は、「〜」について述べたソース元(文献やニュー>ス番組、ネット情報など)を提示してくださいそれはただのヨタ話・デマかもしれませ>ん
> ・回答があるまでに数日間かかることもありますがm回答の催促、コピペで同じ質問>の繰り返しはコピペ馬鹿と嫌われ回答対象外になります
> ・初心者の方には難しいかも知れませんが、質問はなるべく具体的に、できれば知り>たいことの資料や画像などを示して下さい
>  時代、国、軍の種類によっても回答は様々になりますからこれらを可能な限り絞り>込んだ質問にすると求める回答が得やすくなります

492 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 17:33:37.75 ID:O7C8EssO
>795 :名無し三等兵:2015/12/27(日) 23:12:17.62 ID:uqjjwDoD
>791
>既に自分はこれ以上ない高みに達してるって思い込んでるんじゃないですかね、かの人>は
> ご高説の垂れ流しも防御砲火の流れ弾もスレ進行の害、リソースの浪費だから、来る>こと自体を排除すべきと思うけど、どうしたもんかね

「自分はこれ以上ない高みに達してるって思い込んでる」と、良い文章を書いたりや、良い講演は出来ません。

読者や聴衆は、失敗談を聞きたいのです。
成功談の自慢話は、聞きたく有りません。
それは、読者や聴衆を低めることになるからです。
良い著者や、良い講演者は、自分を低めます。
私は、講演の導入に、『欽ちゃんの仮装大賞』で優勝した話を使います。
「私は、アシスタントのバニーガールばかり、見つめていました」と、自分を低めています。

493 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 17:38:19.37 ID:r0BDgVQm
>>486
WWU中の電子妨害って具体的に何指してる?
防御火器やミサイル(そもそも使ってないと思うが)より有効ってどういう意味だ?

494 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 17:40:42.46 ID:uC1TAkgk
フォレスタル級とニミッツ級はほぼ同じ大きさであるにも関わらず
何故基準排水量で三万トンも違うのですか?
そんなに原子炉とその関連設備は重いのでしょうか

495 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 17:41:23.41 ID:uC1TAkgk
失礼二万トンでした

496 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 17:43:23.24 ID:Q8Sxr5Rr
>>493
エアボーン・シガーとかECMの事でしょ。
そもそも捕捉されなきゃ攻撃されないという意味では当時も現代も一緒。

497 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 17:44:44.75 ID:O7C8EssO
>42 :名無し三等兵:2015/12/31(木) 18:18:02.55 ID:Gu6YtBJm
>霞ヶ浦航空隊の通称って「かすくう」ですか?
>それとも「かすみくう」?
>どっちも見たことあるんですが…
>あっ某人とは無関係の者ですw

>43 :名無し三等兵:2015/12/31(木) 19:06:51.94 ID:gwvoJwYL
>42
>霞ヶ浦海軍航空隊の事なら「かすくう」
> 「かすみくう」は見たことも聞いたこともない
> いったいどこで見たんだ?

>44 :名無し三等兵:2015/12/31(木) 19:38:04.49 ID:9ZZHyEu8
>43
>カスミンが教えてくれた

> 「かすみくう」は見たことも聞いたこともない

498 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 17:45:24.29 ID:O7C8EssO
地名と海軍航空隊が、合ってないのでが有ります。

鹿島海軍航空隊が、霞ケ浦に在りました。
筑波海軍航空隊が、友部に在りました。

海軍は、鹿島という名前が好きでした。
武人の神様を祭っていたからです。
練習艦に鹿島が有りました。
霞ケ浦に水上機の練習航空隊を設置しました。
それが、霞ケ浦から大分離れた、鹿島の名前を付けたのです。
本当の、鹿島に航空隊が設置されると、もう鹿嶋海軍航空隊の名前を付けることが出来ませんでした。
筑波海軍航空隊という名前になっていますが、友部でした。

「海軍鹿島航空隊基地 - 廃墟検索地図
haikyo.crap.jp/s/293.html

海軍鹿島航空隊

基地は、茨城県稲敷郡美浦村に残る旧日本軍施設跡。
鹿島海軍航空隊は、1938(昭和13)年12月15日、霞ヶ浦の南岸に開隊した。
1938年5月11日に霞ヶ浦航空隊安中水上隊となり、8月30日には鹿島海軍航空隊と改称された。1945年5月5 ...
未指定: ウィキペディア」

499 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 17:47:31.85 ID:Q8Sxr5Rr
>>494
基準排水量ってのは燃料なんかを含まない数字なので、ニミッツ級が重いというよりフォレスタル級が
燃料積まなきゃ軽いって話でもある。
満載排水量だとその差が小さくなってるでしょ?
なお、ニミッツ級は新しいものになるほど装甲その他が追加されて重くなってる。

500 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 17:50:24.39 ID:O7C8EssO
>78 :名無し三等兵:2016/01/01(金) 22:38:10.81 ID:h9MOYqeg
>77
>燃料切れの機体は墜落しても爆発しないんだぜ!これ豆な!

>85 :名無し三等兵:2016/01/01(金) 23:43:19.35 ID:V8jILt3v
>78
>燃料切れの機は燃料タンク内に可燃性ガスが充満していて
>極めて爆発炎上しやすい

>86 :名無し三等兵:2016/01/02(土) 00:22:06.59 ID:X3+TdgI7
>85
>マジで!?

>87 :名無し三等兵:2016/01/02(土) 00:23:43.12 ID:b6R6trKV
>86
>爆発限界

「燃料切れの機は燃料タンク内に可燃性ガスが充満していて極めて爆発炎上しやすい」とは、信じられません!

よく、旅客機が故障して、着陸するのに、燃料を投棄したり、長時間の旋回飛行をして使い切っているからです。
航空会社がわざわざ、危険なことをするのでしょうか?
「燃料切れの機は燃料タンク内に可燃性ガスが充満してい」るのは事実でしょう。
しかし、燃料の量が少なくなっています。
「爆発炎上」する危険性は、低いと、想像します。

501 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 17:51:10.60 ID:O7C8EssO
「全日空機高知空港胴体着陸事故 - Wikipedia
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/全日空機高知空港胴体着陸事故
全日空機高知空港胴体着陸事故(ぜんにっくうき こうちくうこうどうたいちゃくりくじこ)とは、2007年(平成19年)3月13日に高知空港で発生した全日本 ...
機体はターボプロップ機であるボンバルディア DHC8-Q400 (機体記号:JA849A、2005年製造)であった。 ...
事故機は小型機のため、非常時に燃料を投棄する設備が装着されておらず、2時間あまり

空港上空を旋回し燃料を消費した上で、高知空港への緊急着陸態勢に入った

。」

502 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 17:56:19.98 ID:O7C8EssO
>136 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 17:23:28.04 ID:0TbfDW3F
>330 :名無し三等兵:2015/12/20(日) 22:42:49.53 ID:TVyOQuV/
>たしか前にダンス関係とかで講演したことがあるって言ってた

>332 :名無し三等兵:2015/12/20(日) 22:51:23.87 ID:0Ip4xd4r
>ダンスじゃなくてQCサークル活動だろ
>それで国内あちこち旅行したとか、欽ちゃんの仮装大賞だかの話を織り交ぜると聴衆が喜ぶとかなんと
>か
>QC七つ道具も新七つ道具も即答できないQCの講演者ってのも相当アレだが

夢は現実となる!

良い夢を見ましょう。
それは、現実となります。

503 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 17:56:54.28 ID:O7C8EssO
私は、1人でQC活動をしていました。
仲間のサークルは有りません。
従って、QCサークル発表会に出場することは出来ませんでした。
しかし、私の体験を大勢の人に聞いてもらいたいと、夢は持っていました。
それが、ある日、突然に電話が有り、講演して欲しいと、お願いされたのです。
私の夢が、突然に現実となりました。
私は、ある仕事の改善の雑誌に紹介されました。
その雑誌の主催者に、私の同業者が、講演の依頼をしました。
研究発表会に出るのに、自分達だけだと、不安なので、助っ人を頼んだのです。
研究発表会は、県と地区の2回有ります。
2回をこの金額でやってくださいと、お願いしました。
しかし、それでは、1回分ですと、断られました。
押し問答になりました。
雑誌社側が、妥協案を提示しました。
「うちの雑誌で、皆さんの同業者の紹介記事を書いたことが有ります。1回は、その人に頼めば良いのでは有りませんか? 講演を仕事にしているわけでは無いので、謝礼も安くて済むでしょう」。
かくして、私に講演依頼が舞い込んだのでした。
私の夢が、直接的には関係無い方面から実現したのです。
これを、シンクロニシティと言います。
心理学者の、カール・グスタフ・ユングが作った新語です。
シンクロナイズ・スイミングや、自動車のシンクロ装置などと、同じ意味です。
日本語で、共時制と訳しています。
人には、意識 が有ります。
その下に、無意識が有ります。
更に、その下に、集合的無意識が有ります。
全世界の人や全宇宙が、集合的無意識でつながっています。
この集合的無意識に、良いことをすると、良い夢が実現するのです。

「シンクロニシティ - Wikipedia
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/シンクロニシティ
シンクロニシティ(英語:synchronicity)とは、いわば「意味のある偶然の一致」のことで、日本語訳では「共時性(きょうじせい)」「同時 ...
に離れた場所で起きる、一致する出来事を説明するためのある種の原理、作用として提示されたのがシンクロニシティである。
‎概説 - ‎脚注 - ‎関連項目 - ‎Further reading さらに知るための文献」

504 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 18:01:11.46 ID:v3eDS3Md
>>500
さわるなと怒られそうだけどこれだけ言わせて

燃料と酸素の混合比が大切なピストンエンジンってしってる?
なんのために噴霧してると思うの?

飛行機の燃料投棄は着陸後の火災軽減のためだろ?

適当な想像を書かないように

高校レベルだよ爆発限界なんて

505 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 18:06:06.96 ID:tCoeQ7IW
戦略爆撃機が敵地を爆撃するために飛行する場合、戦闘機が護衛に付くようですが、
この戦闘機によって爆撃機が護られたことってありますか?
敵が爆撃機に対しミサイルを発射するも、護衛戦闘機に迎撃されたみたいな。

506 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 18:06:57.95 ID:r0BDgVQm
>>496
にしてもWWUだと夜戦だけやん
効果も知れてるし

507 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 18:08:44.03 ID:O7C8EssO
>504 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 18:01:11.46 ID:v3eDS3Md
>500
>さわるなと怒られそうだけどこれだけ言わせて
>燃料と酸素の混合比が大切なピストンエンジンってしってる?
>なんのために噴霧してると思うの?
> 飛行機の燃料投棄は着陸後の火災軽減のためだろ?
> 適当な想像を書かないように
>高校レベルだよ爆発限界なんて

> 「燃料切れの機は燃料タンク内に可燃性ガスが充満していて極めて爆発炎上しやすい」とは、信じ>られません!

>「燃料切れの機は燃料タンク内に可燃性ガスが充満してい」るのは事実でしょう。
>しかし、燃料の量が少なくなっています。
> 「爆発炎上」する危険性は、低いと、想像します。

>501 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 17:51:10.60 ID:O7C8EssO「
>全日空機高知空港胴体着陸事故 - Wikipedia
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/全日空機高知空港胴体着陸事故
> 全日空機高知空港胴体着陸事故(ぜんにっくうき こうちくうこうどうたいちゃくりくじこ)とは、2007年>(平成19年)3月13日に高知空港で発生した全日本 ...
>機体はターボプロップ機であるボンバルディア DHC8-Q400 (機体記号:JA849A、2005年製造)で>あった。 ...
>事故機は小型機のため、非常時に燃料を投棄する設備が装着されておらず、2時間あまり

>空港上空を旋回し燃料を消費した上で、高知空港への緊急着陸態勢に入った

508 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 18:13:02.85 ID:QjDAT8iJ
>>439
あらゆる電子妨害手段はWW2の間に英独双方で考案・開発されている
ディセプションジャミングなんかが典型例だ
広く普及したのはチャフだけどね

509 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 18:17:28.24 ID:O7C8EssO
>505 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 18:06:06.96 ID:tCoeQ7IW
>戦略爆撃機が敵地を爆撃するために飛行する場合、戦闘機が護衛に付くようですが、
>この戦闘機によって爆撃機が護られたことってありますか?
> 敵が爆撃機に対しミサイルを発射するも、護衛戦闘機に迎撃されたみたいな。

第二次世界大戦の、ヨーロッパとアジアで、 「戦闘機が護衛に付く」ことで、戦略爆撃機の被害が減りました。


「護衛戦闘機P-51が随伴するようになると、空中戦における運動性能が低い双発戦闘機は使用できなくなり、単発戦闘機の迎撃も一段と困難になった」

下記、ウィキペディアのB-29 (航空機)を参照ください。

ttps://ja.wikipedia.org/wiki/B-29_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)

510 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 18:19:42.83 ID:QjDAT8iJ
>>505
WW2なら実例多数

戦後は、戦略爆撃機は基本的に戦闘機の護衛をつけずに運用されている

米では核爆撃機が侵攻する前に、迎撃機の基地やSAMサイトを戦術核で潰しておく
構想だったんで、核爆撃機は無人の野を粛々と進むだけでよかった
B-36が主力だった時代の戦略空軍のF-84Dなども戦術核投下が主任務だ

英仏など、そこまでやれる戦力がない国では、戦略爆撃機は速やかに長距離
核ミサイル母機に姿を変えた(または変えようとした)

511 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 18:21:57.37 ID:tCoeQ7IW
>>509>>510
どうもありがとうございました。

さっき北朝鮮絡みでB-52が出てたのですが、
左右に戦闘機が付いてたので聞いてみました。

512 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 18:22:06.51 ID:QjDAT8iJ
Dじゃねぇや。Eだった。訂正します

513 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 18:23:28.82 ID:QjDAT8iJ
>>511
あれは米韓共同で北の水爆に対処するというデモンストレーションであり
本番ではあんな真似はしない

514 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 18:40:42.44 ID:Q8Sxr5Rr
>>506
「効果が知れてる」ってのはたぶん「やった上で損害が出てる」って言いたいんだろうが、
もしECMが無かったらそんな損害では済まないというお話。
実際問題として、ドイツ夜戦隊なんかは対抗戦術が開発されるまで手も足も出なかった
時期さえある。

515 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 19:03:11.04 ID:O7C8EssO
410 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 18:14:29.70 ID:PRPzeSKg>289 :三等自営業 ◆LiXVy0DO8s :2015/10/27(火) 23:20:06.33 ID:ngsXqj0q
>283
>火器としては、防御陣地に据え付けて火網を形成する防御機関銃が先に運用されており>重機関銃を軽量化して簡易に移動可能にした物が中機関銃、さらに歩兵が単独で携行可>能にした物が軽機関銃です

>MG34/42は中機関銃と重機関銃を兼用出来る汎用機関銃として設計されていますが

> その性能は三脚架と二脚の性能差によって使い分けれています
>二脚を使用すれば素早く移動して前進する事も簡易陣地で防御機関銃としても使用出来>ますし
>三脚架を使用すれば、防御陣地にて固定機関銃として長大キルゾーンを制圧可能になり>ます
>或いは対空火器として使えるようにもなっていますね
>詰まりはその多機能性こそがMG34/42の性能となっています。

1 中機関銃は、汎用機関銃が出現して出来た概念です。
2 「MG34/42は中機関銃と」軽「機関銃を兼用出来る汎用機関銃として設計されています」

第一次世界大戦中の機関銃の概念は、重機関銃と軽機関銃でした。
重機関銃=マキシム機関銃のような従来の機関銃。
軽機関銃=MG08/15のような「重機関銃を軽量化して簡易に移動可能にした物」。

汎用機関銃が出現してから。
重機関銃=M2の12.7mmのように口径の大きいの。
中機関銃=汎用機関銃を三脚に載せたの。
軽機関銃=汎用機関銃を二脚に載せたの。

「Machine Gun FAQ|軍事板常見問題 兵器別館 - TOK2.com
www21.tok2.com/home/tokorozawa/faq/faq09b01a05.html
アメリカのM2 12.7mm重機関銃は,三脚に乗せれば,それを三人がかりならそのまま持ち上げて運べる(機関銃と三脚を分けて運ぶ ....

中機関銃とは,重機関銃と違って三脚架台が簡単に着脱できるようになっていて,架台から外すと軽機関銃としての運用ができる,というものです.

.... 上の話に絡めると,MINIMIはこうやって三脚に載せても付属の二脚使っても弾倉式にして,手持ちで担いでも使えるので,汎用機関銃であって分隊 ...」

516 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 19:05:59.45 ID:tCoeQ7IW
>>513

そうでしたか。どうもありがとうございました。

517 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 19:25:59.14 ID:r0BDgVQm
>>514
ウインドウ使ったハンブルグの四回の爆撃でも平均素質率4.16→2.84に下がっただけだよ
他に劇的に減らしたのあったっけ?

まあ俺は>>466の物言いが大げさだって言いたいだけだよ
ECMにしろ夜戦の話だけだし
昼間爆撃の機体でも機銃おろしてでもECM積むのが標準になりましたってなら別だけど

ランカスターがレーダーのために下部銃座外した例があったような…でも爆撃用だったか?

518 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 20:16:35.88 ID:6hSdfboF
>>481 私物(つまり私有財産)の銃で犯罪やると、普通の刑事法廷で裁かれて、わりと懲役になる。
国を守るために託されている国有財産の銃で犯罪やると、反逆罪で軍法会議で裁かれて、ほぼ間違いなく銃殺刑になる。これで抑止になっていた模様。
…ただ、前から自殺が多い他、自殺の変種としての、自動小銃による無差別乱射殺傷の後の自殺が最近何度か起こって、大問題になってたと思う。

519 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 20:20:17.00 ID:xXAm5f5H
>>515
>第一次世界大戦中の機関銃の概念は、重機関銃と軽機関銃でした。
>重機関銃=マキシム機関銃のような従来の機関銃。
>軽機関銃=MG08/15のような「重機関銃を軽量化して簡易に移動可能にした物」。
でもショーシャ軽機関銃は「重機関銃を軽量化して簡易に移動可能にした物」ではないよね

520 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 21:18:18.78 ID:6hSdfboF
マドセン機関銃 「 (´・ω・`) 」
M1902だぞ…なんかブラジルではまだ使ってるとか。

521 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 22:01:32.03 ID:ihSbzSGO
>>507
元のスレッドに回答があったはずだけどな

燃料を投棄するのは延焼を防ぐためだよ

522 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 22:03:48.38 ID:a/mHGw/y
軍艦の迷彩でおもったんすけど
全部の軍艦と民間船にこういう模様書けば
艦種確認しにくくないですか?
新時代の迷彩なのでは?

http://img.2ch.net/ico/imanouchi_2.gif
画像
http://i.imgur.com/6v6eBOF.png
http://i.imgur.com/xJ2XhET.png
http://i.imgur.com/kAMEwia.png

動画
https://www.youtube.com/watch?v=RYm_JQ8KpvM

523 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 22:09:08.34 ID:EgtkmZyR
どういうこと?

524 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 22:12:58.18 ID:a/mHGw/y
たとえばそこらの輸送船も戦艦大和もタイタニックも
同じ真っ白で同じ絵が描いてあったら区別できなくないすか?

525 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 22:15:21.03 ID:EgtkmZyR
艦影が違いすぎるから難しいかと
輸送艦の部類とタンカーあたりを似せることはできるかも知らんが望遠カメラあるしなぁ

526 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 22:17:04.90 ID:gi4rbQj5
>>524
全部沈めれば同じことと全部沈めにかかるだけなのは、
太平洋戦争末期の米軍の行動でわかってます。

527 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 22:17:29.86 ID:EgtkmZyR
WW2のドイツとかでは別の軍艦に似せようとして実際成功したことがあるけどそれは設計段階から艦影自体を似せた結果だし

528 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 22:21:55.45 ID:yzM6YlS6
戦後、ナチスドイツのV2ロケットとその技術者達を、
アメリカもロシアも異常に欲しがったのはなぜですか?

529 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 22:22:58.19 ID:6GYi5bxx
>>522
肉眼で確認するより前にレーダーで探知するし、ならばそのレーダーで見つかりにくくしたり反射を小さくして大きさをごまかそうと言うステルス化が最近の動向。
それ以前に真っ白にして目立たせるより背景の地平線近くの空の色に溶けこむレイ系の塗装にするのが普通。

530 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 22:27:52.75 ID:6GYi5bxx
>>528
ロケットとその関連技術に関してはV2号(A4)という中距離弾道弾を実用化していたドイツの技術力が先行していたから。
それ以外にも航空機に関する技術なども米ソは積極的に集めていて、戦後のジェット戦闘機の後退翼やデルタ翼などもそれらの技術情報を参考にしている。

531 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 22:30:40.85 ID:r0BDgVQm
>>521
上の時から思ってたが重量の問題もあるんでは

ついでに燃料からでも少し減った状態でもタンクにガスがたまるので(むろんガス量は違うけど)ガス爆発という点ではほぼ一緒では

>>524
上記のようにまず形と大きさがそれぞれ違う
そして大きさなどを誤認させるような迷彩はすでにやった(どこまで有効なのかはよくわからんが)
民間船に徹底的に誤認させようとすることも不可能ではないが(仮想巡洋艦とか、まあもともと軍艦じゃないんだがw)
当然性能が犠牲になる

532 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 22:32:52.54 ID:dcdxznSH
ウィキペディアの迷彩服2型の項には、

「・・・素材は難燃ビニロン70%と綿30%(納入年度によっては50:50の物もある)で、
600度の熱にさらされても約12秒間着用者を防護できる程の難燃性が付与されているほか・・」
とあります。

陸自ではビニロン製戦闘服を着ているようです。では、
諸外国では戦闘服の難燃素材として、どのようなものを使っているのでしょうか?
難燃ビニロン以外の難燃素材を使っていましたら教えてください。
そしてそれはどのくらいの難燃性でしょうか?

533 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 22:49:43.96 ID:6GYi5bxx
>>532
https://en.wikipedia.org/wiki/Army_Combat_Uniform#Trouser
In addition, the American troops deployed in Iraq and Afghanistan are since 2010 issued with 4 sets of Flame-Resistant version of ACU (FRACU)
which is made in Ripstop and twill variants of the material known as 'Defender M' containing 65% flame-resistant Rayon, 25% Para-ARAMID and 10% Nylon.
米軍のACUの難燃型FRACUは難燃性レーヨン65%+パラ系アミド繊維25%+ナイロン10%

534 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 23:30:11.15 ID:yVcpNB7Q
タイフーンが日本にやってくるそうですが
もしアリューシャン列島沿いに飛んでくるとしたら
2機だけで飛行してくることってあるんでしょうか ?

535 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 23:36:10.41 ID:etCUEOXG
>>524
軍艦はそれでいいかもしれんけど
民間船のほうが嫌がるわな

あなたが船主だとして軍艦と同じ塗装にしたいか?

536 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 23:51:55.38 ID:1VR9XpiM
>>515>>519-520
WW1軽機でベネー・メルシーもルイスもBARもベースになった重機関銃はないですよね
BARを軽機に含んでいいか分からんが
むしろ重機を軽量化した軽機のほうが少数でMG08/15とM1919A6しかないんじゃ

マドセンは日露戦で露軍が使って日本軍が捕獲した個体もありましたよね

>第一次世界大戦中の機関銃の概念は、重機関銃と軽機関銃でした。
短機関銃は「機関銃」とは異なるものなんでしょうかねぇ

537 :532:2016/01/10(日) 23:52:42.41 ID:dcdxznSH
>>533 ありがとうございます。難燃性レーヨンかあ。
やはりどの戦闘服も趣向を凝らしていますね。

538 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 00:03:05.20 ID:qUtgsMVi
>>524
蛇や目玉や口の大きさ変えると大昔ならごまかせたかも試練ね

539 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 01:01:04.87 ID:DGK4vejE
艦隊空ミサイルより空対艦ミサイルの方が射程長いなら、艦隊の防空っていらなくない?

540 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 01:08:28.27 ID:NZW4jx0H
>>539
その場合、艦対空ミサイルで撃ち落とすのはミサイル母機では無く空対艦ミサイルになるだけ。
そもそもミサイル飛んでくるのに防空がいらないという理屈は存在しない。

541 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 01:09:40.73 ID:+TvdXmCA
>>539
>>369

542 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 01:12:19.79 ID:DGK4vejE
>>540
では、相手の航空機自体を撃破することはあきらめているんですか?

543 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 01:22:22.52 ID:R2gqT/uM
弾を撃ち終わった機体なんて脅威では無いからね

544 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 01:24:59.22 ID:DGK4vejE
>>543
なるほど。 あざーす

545 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 01:29:15.80 ID:zy3zQcPm
朝鮮戦争開戦時点での韓国軍には、対戦車装備が大幅に不足しており、
戦車に至っては一台も配備されていなかったとのことですが、
韓国の北進を防ぐ目的で戦車を配備しなかったのはまだわかりますが、
対戦車砲等の装備まで韓国に与えなかったのはなぜでしょうか?
韓国側からの北進を防ぐことは考えても、北朝鮮側からの南進の可能性は
まったく考えていなかったのでしょうか?

546 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 01:54:21.85 ID:4HD297xJ
確か57mm対戦車砲と60mmバズーカはあったが、T-34に対し威力不足だったはず

547 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 03:12:10.96 ID:YWL+gfNL
>>545
朝鮮半島はワシントンの関心から外れていて、アチソン声明では米の防衛ラインから
除外している(意図してか、凡ミスだったのかはいまだ論議の的)
韓国は直接にはマッカーサーが防衛義務を負っていたが、マッカーサーも韓国には
ほぼ感心がなく、2流の人材の集積だった日本占領軍のうち、そこからも主流になれ
なかったクズ人材が韓国の統治と防衛に当たっていて、彼らはいつ帰国できるかしか
頭になかった
北が南進を企てている証拠は数多くあり、在韓米司令部は無論、マッカーサーの元にも
多くの証拠付きで報告書が上がっていたが、誰も開戦まで読もうとすらしなかった
当の韓国人たちが米軍を侵略者と考え、また金日成こそ民族の解放者にして正統な政権
保持者と考えていたんだから、米軍が危険な武器を韓国軍に与えようと思うはずがない

548 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 04:36:49.77 ID:zy3zQcPm
>>547
米軍は「解放軍」として歓迎されたのでは・・・?

549 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 06:29:17.05 ID:wH8kMzL5
ついこの前まで、日本兵として戦ってた相手だぞ

550 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 09:06:17.17 ID:9q2I2FB0
スチール製の銃とステンレス製の銃を比べた際の
それぞれの利点と欠点(手入れ、値段の違いなど)を教えてください。

551 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 09:19:55.63 ID:YWL+gfNL
>>548
韓国で米軍が「解放軍」になったのは朝鮮戦争中の一時期だけなんじゃないかな

552 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 10:12:58.70 ID:oypsa+ph
太平洋戦争中、工場で作られた零戦は牛車で飛行場に運ばれていましたが、現代日本ではIRANや製造されたばかりの機体はどの様に基地に運ばれるのですか?

553 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 11:39:49.39 ID:rqzxWzEW
ミニエー弾ってどういう過程で製造されてたんでしょうか?
幕末でも佐賀藩以外は製造できなかったと見たのですが

554 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 11:46:49.25 ID:3Aj43lTg
>>553
鋳型で底が凹んだ鉛弾を作った後
旋盤で削る

555 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 11:50:11.92 ID:rqzxWzEW
>>554
ありがとうございます
結構簡単に出来そうに聞こえますが
旋盤技術が発達していなかったということでしょうか

556 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 11:56:22.28 ID:0giTbjVB
>>550
ステンレスの利点は錆びないので、手入れが楽なだけしかないが、
ほとんどの銃ユーザーにとってこれが一番重要なので売れる。
欠点は、流しとかに使う18-8ステレンレスとかじゃなく、銃用ぐらいにしか使わない
特注品のステレンレスになるので、材料の段階から高価になる。耐久性もクロモリ製に比べて劣るが
そもそも大半のユーザーはバンバン撃たないので問題ない。

クロモリ製は、安い、耐久性も優れる、しかし手入れしないと錆びる

557 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 12:28:34.57 ID:T6TDHRvh
>>552
飛行して基地に帰還

558 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 12:29:43.09 ID:nT2jyCk+
>>555
http://picturearchive.gunauction.com/6253153935/6523115/0cc134a00cac9764e5ca80211186dbb9.jpg
http://media.midwayusa.com/productimages/880x660/Primary/637/637400.jpg
http://media.midwayusa.com/productimages/880x660/Primary/559/559933.jpg

見ての通りたいやき式の製造法

559 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 13:04:15.06 ID:LJ0HFVzZ
WW1でトルコが雪山超えてロシアに攻め入ろうして数万単位で兵力吹き飛ばしたのってなんて言う戦いだっけ?

560 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 13:09:26.07 ID:LOTQNaG9
米露仏英って、自由落下型の核爆弾を今も配備・保有してますか?
そうだとすれば、ミサイルに置き換えない理由は何ですか?

561 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 13:19:20.33 ID:JNMPl3H3
この軍事板の最初に出てくるマークの名前知っている人いますか?
http://iup.2ch-library.com/i/i1580073-1452485868.jpg

562 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 13:25:20.19 ID:LIctth2E
>>561
ケリュケイオン、もしくはカドゥケウス。

563 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 13:37:36.66 ID:I1qes1RQ
>>559
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E6%9D%B1%E6%88%A6%E5%9F%9F_(%E7%AC%AC%E4%B8%80%E6%AC%A1%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%A4%A7%E6%88%A6)

564 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 13:43:42.74 ID:aSGGxJ2X
>>560
配備、保有している。
それほど命中率の要求されないミッションもあるし
もともと無誘導の爆弾に誘導装置をつけた誘導爆弾も多用されている

565 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 13:47:04.68 ID:R2gqT/uM
よく見ろ核爆弾だぞ

566 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 14:07:56.51 ID:YWL+gfNL
核は威力が大きいから通常爆弾より精度はいらないんだよ

米でも都市攻撃用の大型核爆弾に誘導装置がついてるのは存在しないはず

567 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 14:10:35.68 ID:VIV8mtqW
韓国に飛来したB-52が核搭載可能爆撃機と称されていましたが
米軍の爆撃機どころか練習機や輸送機とか以外ならすべて核搭載できますよね…?
搭載できない航空機を教えてください

568 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 14:18:55.89 ID:YWL+gfNL
>>567
できない代表例がF-15C/D
F-22はできる説とできない説があるができない説が多数派
F-35は、少なくとも現状は出来ないし将来の装備運用計画もなかったんじゃなかろうか

569 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 14:19:25.56 ID:we2CjfdM
そんなこと言ったらジャイロコプターからデイビークロケット発射もありじゃん

570 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 14:20:07.25 ID:YWL+gfNL
あと、現在どうかは知らないけど、運用開始当初のT-38は核爆弾運用能力が付与されていた

571 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 14:21:20.35 ID:YWL+gfNL
あー。「できない」じゃなくて「やらない」と書くべきだったな

572 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 14:25:04.40 ID:T6TDHRvh
ようは、核の安全装置の解除機構が装備されてるかされてないかだろ。

573 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 14:51:19.90 ID:NZW4jx0H
>>567
「搭載」と書くからそういう疑問が湧いてしまうが、「運用」と考えるとできない機体は結構多い。
それも核爆弾積んで特攻すればいいとか締りの無い話をされても困るので、「現実的な運用」と
置き換えるべきとこ。

574 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 15:14:58.07 ID:JNMPl3H3
>>562
サンクス

575 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 15:35:55.22 ID:VIV8mtqW
>568->573さん
回答ありがとうございます

F-15C/Dとかできないんですね
戦闘機とかでもできるものだとばかり…
最新機でもできない可能性があったりびっくりです

576 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 16:00:45.06 ID:LJ0HFVzZ
>>563
ありがと

577 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 16:45:49.07 ID:IC1IIsun
ニコ百のP-1の記事に

>どうも話に漏れるところによるとF社とかM社は亜音速巡航で高高度からGPSによるピンポイントでソノブイを投下するとか、
>対空ミサイルやロケット弾、はてはM61バルカンを搭載するとか、哨戒機というより空中巡洋艦じみた化け物プランが提示されてきたので、もっとも穏当な川崎重工のプランを選んだようではある。
>川崎重工の主任設計技師が後に語ったことによれば「本当は可変翼にしたかった」らしい…。

とあり、にわかには信じられませんがこの開発経緯は事実なのでしょうか?
ニコ百で聞くよりここの方がレスポンスが速いと思ったのであえてここで聞かせてもらいました

578 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 17:16:51.01 ID:YWL+gfNL
>>577
それの元ネタは航空ファンだったかJ-WINGの記事だと思うが、実はさらに先に
この板の有名コテ(実社会でもそれなりに知名度がある人物だったんじゃないかと
おれは推定してる)が明らかにしていた
どのスレだったかもう忘れたが、航空雑誌より相当に突っ込んだ解説もあった
あの時代はもう戻ってこない、ある意味、軍板黄金時代の神話だな

579 :system ◆system65t. :2016/01/11(月) 18:05:01.47 ID:OEiyfS34
>>550
銃身についていえば、ステンレス製銃身よりクロームメッキ・スチール(クロームモリブデン銃身ではなく)
の方が耐久性が強く、強力な弾を使用するライフル、多くの弾を発射する銃ではステンレスより
クロームメッキ・スチールが適しています。

このため、軍用銃では(定期的な手入れを前提とできることも含めて)クロームメッキ・スチールが
多用されます。クロームモリブデン銃身は鉄の一種に過ぎないので、このような性能は期待できません。
ただし、メッキ加工によってわずかに精度が低下するといわれています。

580 :system ◆system65t. :2016/01/11(月) 18:06:18.65 ID:OEiyfS34
>>572
ですね。現在では専用データリンクが基本的に必要なはずです。

581 :system ◆system65t. :2016/01/11(月) 18:12:13.14 ID:OEiyfS34
>>567
基本的に、下記のPALもしくはそれに類した核爆弾安全装置解除システムを搭載していないと
核爆弾を積んで落としても爆発させられません。

582 :system ◆system65t. :2016/01/11(月) 18:12:54.59 ID:OEiyfS34
リンク忘れたわ >PAL

ttps://en.wikipedia.org/wiki/Permissive_Action_Link#Versions

583 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 18:22:38.36 ID:4ZvSULos
M4シャーマンの車体にAMX-13の砲塔を載せた車両がありますが、搭載砲は何mm砲でしょうか?

584 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 18:22:43.64 ID:iFQYYq7z
質問です
陸上自衛隊では、89式と64式が入り混じっていた時期(後方部隊では今も?)があったそうですが、同じ部隊で誰から89式に更新するといった決まりはあったのでしょうか?

順次更新していく中で、その順番はどのように決めていたのでしょう?

585 :system ◆system65t. :2016/01/11(月) 18:34:43.54 ID:OEiyfS34
>>583
エジプトの話だと思いますが
ttps://en.wikipedia.org/wiki/Post%E2%80%93World_War_II_Sherman_tanks#Egyptian_variants

FL-10砲塔、つまり75mm砲搭載のはずです。

586 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 18:50:39.68 ID:T6TDHRvh
>>584
そういうのは、自衛隊板で聞いたほうがいいぞ。

587 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 18:56:21.45 ID:4ZvSULos
>>585
回答ありがとうございます。
はい、エジプトのそれです。
75mm砲なのですね。

588 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 19:16:39.91 ID:T6TDHRvh
>>587
砲塔ごとじゃなくAMX−13の砲のみを搭載したイスラエルの
M50スーパーシャーマンというものもある。

589 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 20:53:57.93 ID:rzf4ncLH
>>584
うちは今でも保有してる
混在してると言ってもちゃんと89式は人数分ある
じゃあ64式は何に使うか?ハイポート用だよ

590 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 21:27:10.72 ID:4rTa7/X/
>>589
笑ったけど本職にとっては笑い事じゃないのかw

591 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 21:50:24.37 ID:E+EgNtTy
対空機関砲って今の戦闘機や攻撃機に有効なのですか。
電子機器を使っても中々当たらないと思うのですが
目測ではまず無理?

592 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 21:55:42.89 ID:LIctth2E
>>591
当たらなくても弾が派手にばらまかれてる中に突っ込んでくる飛行機はそうはいないので
意味がないわけではない。

全弾そうするのはよほどの金持ち国でないとできないけど、近接信管っていう「当たらなくても
炸裂する弾」もあるから、確実に当てなくてもいいし。

目測でも意外と当たるのは実戦の例で証明されてる。


現代において機関砲の一番の問題は、「射程が短い」こと。
機関砲の射程外から発射して攻撃できる空対地兵器が発達したので、当たる当たらない以前に
「届かない」になってしまったことが一番の難点。

でも航空機の使う対地兵器が全てそういう兵器になったわけでもないので、対空機関砲の存在価値が
全くなくなったりはしていない。

593 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 22:02:49.37 ID:T6OCeDV0
>>591
WWIIの頃でも手動照準の機銃だと自分に向ってまっすぐ飛んでくる目標以外はかなり難しかったようだ
ヘリならともかく現代の戦闘機などが相手じゃまぐれあたり以外は期待できないだろう

一方、高級な射撃統制装置の付いた機関砲だとかなり精度が高いようで、87式自走高射機関砲などは「有効射程内に入ったら戦闘機でも即死」なんて言われてるが、
射程が短い割に高価なのが難点

594 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 22:04:24.59 ID:zusHRQ3X
>>591
なかなか当たらないならたくさん配備すればいい。連装数も砲座自体も。近接信管を使えればなお結構。
自分を殺そうと弾を撃ち上げてくる中に飛び込んでいくのは、そう当たるもんじゃないとしても平静ではいられない。
時代が後になればなるほど、電気仕掛けが増えてきて内臓もぎっしりになり、一発でも当たれば影響は大きい。

595 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 22:06:07.91 ID:R2gqT/uM
今は近接信管とか時限信管が発達してるから射程にさえ入ればすごく強い
ただいくら近接信管とはいえ純粋な目視だとかなり厳しい

VADS2みたいに有効活用とかでそんなことになってるやつもないわけではないけど

596 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 22:09:37.20 ID:NZW4jx0H
>>593
>ヘリならともかく現代の戦闘機などが相手じゃまぐれあたり以外は期待できないだろう

そう思ってたら湾岸戦争その他で撃墜されまくり、A-10の再評価につながったという話が・・
そのA-10も、>>592の「届かないところから放つ兵器」(高高度から投下する誘導爆弾だな)の普及で
いつ引導を渡されるかって話になってるが。

597 :system ◆system65t. :2016/01/11(月) 22:22:41.60 ID:OEiyfS34
>>591
皆さん書いておられる射程の問題があるため、
現代ではむしろ誘導爆弾や空対地ミサイルの撃墜(てーか)を
売りにしているのが目立ちますね。もちろん電子照準全自動です。

SAMで母機を狙い、対空機関砲ロボで母機が撃った弾を落とす感じ。

598 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 22:23:34.28 ID:zusHRQ3X
ベト戦時代、一機のF-105が対地攻撃時に対空砲火に被弾した。パイロットはヒヤッとしたが幸い機体に異常はなかった
──と思ったら燃料計がじりじり減っていて、小口径の機銃弾が燃料ラインだけにダメージを与えていたと判明。
他に何もやられていないのに燃料漏れからのガス欠で墜落か、という事態に急きょ空中給油機が呼ばれ、
漏れる以上の燃料を追加しながら基地まで無事たどり着いたという。

対空機銃も侮れないよ、というお話し。

599 :system ◆system65t. :2016/01/11(月) 22:24:04.76 ID:OEiyfS34
>>596
A-10も湾岸でSAMに撃たれまくり、近接対地支援は無理、の流れを作っちまいましたけどね。
A-10援護はむしろ地場産業、雇用確保狙いの議員たち。

600 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 22:24:44.31 ID:R2gqT/uM
そこですぐ給油機が行けるとこは流石だ

601 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 22:25:25.86 ID:UfHHEAND
湾岸戦争で落としたのはほとんど対空ミサイル
対空機関砲の被害あったか?A-10も対空ミサイルで落とされてるし
そもそも堅固な対空網に突っ込んだら余裕でA-10なんか落とされるからそんな危険なことはやってもすぐ中止になったよ

602 :system ◆system65t. :2016/01/11(月) 22:28:15.25 ID:OEiyfS34
対空砲で被害受けたのは低空侵攻命の英軍機だったような。

603 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 22:28:56.87 ID:UfHHEAND
>>599
大統領警備隊にはボコられたけど他の対地支援では活躍してるよA-10

604 :system ◆system65t. :2016/01/11(月) 22:31:09.38 ID:OEiyfS34
湾岸ではご覧の通りそれなりに対空砲による被害が(B-52まで)出ています。
ttp://www.rjlee.org/air/ds-aaloss/

605 :system ◆system65t. :2016/01/11(月) 22:33:28.31 ID:OEiyfS34
上記サイトは個人サイトなんで盲進しない方がいいですが。

MANPADSが普及した現在では、攻撃ヘリやA-10の類いは
かなり脆弱(相手の装備が良ければ)と認識されているです。

606 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 22:35:13.79 ID:NZW4jx0H
>>600
さすが米軍と言いたいとこだけど、フォークランド紛争でも被弾したアルゼンチン空軍のA-4BだかQを
KC-130で救援してる話があったり。

607 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 22:36:46.94 ID:R2gqT/uM
それは知らなかった
結構どうにかなるもんなんかね?

608 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 22:40:50.13 ID:0giTbjVB
後方へのディープストライクは無理という話であって、近接航空支援が無理なんて話は出てない
そもそも近接航空支援は、低空を低速で飛行しながら攻撃するので、犠牲がでかいので遥か遠い昔の陸軍航空隊だったころから
アメリカ空軍はやりたがらない任務

609 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 22:48:47.79 ID:zftSh+Jf
現代の潜水艦は通常動力でも原子力でもかなり高い静粛性を持つようですね。
静粛性で有名なキロ型潜水艦はパッシブソナーによる被探知距離は500m程度とかなり近づかないと発見できないようですし。

これはつまり潜水艦に搭載するソナー性能が向上しても、
それを上回る早さで潜水艦静粛性が向上しているということなんでしょうか?

610 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 22:57:45.81 ID:gozxSE8Y
1980年代にもウィングマークというものはあったのでしょうか?
また、その当時にも渡米して訓練していたのでしょうか?
していたのであれば詳しい人、当時の訓練部隊について教えてください。

611 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 22:58:18.93 ID:zusHRQ3X
>>600>>607
もともと他に任務を持ってた給油機が呼ばれたんだろうから、そっち側の給油を受けるはずだった任務がおじゃんになってる可能性も‥‥

おれが挙げたのはたまたまダメージが燃料ラインだけだったからうまく帰れた例だね。
やられたのが油圧のラインで圧が抜けたために舵が下げっぱなしになり、他に何もやられてないのに墜落、という逆の例もある。

612 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 23:21:29.12 ID:I1qes1RQ
>>610
自衛隊のことなら自衛隊板で聞いたほうが早いんじゃないの。

613 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 23:36:59.35 ID:gozxSE8Y
>>612
そんなスレがあったとは知りませんでした。ありがとうございます。

614 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 23:43:43.86 ID:BTzXH6Fu
ここの自衛隊スレってことじゃなくて自衛隊板の質問スレだからな

615 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 00:48:41.69 ID:S8i1ecu7
現代の艦艇に竜骨はありますか?

616 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 01:32:49.30 ID:jdBHKEC+
陸自について質問です。
旧陸軍は、戦争に負けこそしましたが、
中国戦線や南方作戦で相当程度の実戦経験
を積み上げていますが、そこで蓄積した
ノウハウは陸自に引き継がれているのでしょうか?
それとも陸自は海自と違って完全に旧軍と断絶した存在なのでしょうか?

617 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 01:40:34.61 ID:Ngsh/swC
歩兵の火力が高ければ砲兵火力で負けていても持久することが可能であるということとか?
歩兵用小銃が軽機関銃よりな設計であったり他国と比べて対戦車火器(昔の歩兵砲としての役割もある)の配備数が多かったりとか

618 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 01:41:23.30 ID:aeCLASrf
>>615
最近の艦船はブロック工法で作られてるからかつてのように船体の中心をなす構造材としてのキールを置いてそこから肋材や外板を組み上げていくという作り方はしてない。
別に船体内に配管を通すためのダクトキールというのはあるけど。

619 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 02:18:34.42 ID:ViUHvbfR
大戦中の米軍重爆についての質問です。
B-17の生産数が12,731機とwikiにはありますが、このうち約何機が対独戦略爆撃に投入されたのでしょうか?
大雑把な数でいいのでお願いします。

620 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 02:30:52.34 ID:+/yjtETT
投入数は不明だが、ヨーロッパでの損失数が4688機だそうだから、大半がヨーロッパに投入されていたのだろう

621 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 02:50:05.88 ID:kb7FSZ5j
>>611
んにゃ、フォークランド紛争に関して言えば、何ぶんアルゼンチン本土から遠いもんで、A-4みたいな
足があまり長くない飛行機は爆装すると往復での給油が不可欠だったのよ。
(だからベインティシンコ・デ・マヨまで出そうとしたわけで)
だから復路に給油してそのまま別々に帰るはずだった給油機に、被弾して燃料漏れ起こしたA-4が
ホース外さずそのまま基地までくっついていっただけの話。

622 :system ◆system65t. :2016/01/12(火) 08:20:46.59 ID:Mhz3jJ1D
>>609
その通りですが、同時に運用想定域が大洋(戦略原潜対攻撃原潜)から大陸棚に移ってきたため
浅海で雑音、反射、海洋生物が多く、他の船舶の交通量も多く、バックグラウンドノイズが桁違いという面もあります。

S/N比でいえば、S(潜水艦の発する音)が減少する一方で、N(背景雑音)は増えるわけですから
パッシブの技術が進歩しても(ソナーアレイ、可変深度ソナーや複数周波数ソナーなど)
追いつかないわけです。

623 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 08:52:51.82 ID:y88dR8sL
>>616
陸自は防衛戦闘を戦う組織なので、どちらかと言えば
硫黄島や沖縄の戦闘から多くを学んでいる
64/89式の二脚や21世紀になって削減されるまでの
特科( 砲兵)の異様な濃密さとかさまざま
そう言えばヒゲの隊長がサマワに派遣されたときは
北支戦線での治安維持任務を大いに参考にしたとか

624 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 09:37:05.05 ID:k+uUPM56
 


・「支那と日本は同じ漢字圏なので自国の読みで言おう」なる雑談があったという
・右翼は「日本読みをしない奴は非国民だ」と言っている



そのくせ、上海を「じょうかい」って言わないのはなんで。

右翼は非国民だろ



 

625 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 09:59:54.03 ID:YFLtbKv4
>>624
そもそも上海には日本語読みがない。

北京や南京なんかもそう。
(北京は「ぺきん」って読むのは厳密には現地読みじゃないけど)

626 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 10:35:36.68 ID:E/B7XJi8
中国の地名で現地読みに近いものは唐宋音か英語読みをもとにしてるので
日本語読みがないのですよね。
唐宋音自体は下手をすると鎌倉時代には固定されてるので区別のつけようが
無いのですけど。

627 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 10:52:47.05 ID:S8i1ecu7
>>618
遼寧が竜骨を切断されているという話を見たのですがそもそも竜骨自体が
存在したいということですか

628 :627:2016/01/12(火) 10:53:33.90 ID:S8i1ecu7
×存在したい○存在しないでした

629 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 11:10:40.94 ID:8p2V5F1+
>627
いや、竜骨自体はいまでもあるよ
ただ昔のような「いかにも竜の骨」な構造はしていない
https://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2000/00200/images/004-3.gif
こんな感じ

630 :三等自営業 ◆LiXVy0DO8s :2016/01/12(火) 11:45:44.30 ID:93l039hU
>>515
MG34/42は、運用に射手と装弾手の二名の兵士を必要とするので
軽機関銃としての用法には適合していません
また、カスミン大先生がドヤ顔で引用なされたログに至っては
わたしが関わっているレスでもあるようですね。

631 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 12:00:15.64 ID:+/yjtETT
50発入りドラム弾倉使えば一人でも使えなくね?

632 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 12:10:08.35 ID:YFLtbKv4
>>631
その場合撃つこと自体は1人でもできるけど、まず予備弾が持てないから、あの発射速度でたった50発しか弾数のない欠陥機関銃にしかなんないぞ。

あとあの「ドラムマガジン」は実はただの弾帯入れで、弾倉としては扱かない。

633 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 12:11:17.83 ID:S8i1ecu7
>>629
それでは現代の竜骨とはどのようなものなのでしょうか?

634 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 12:14:50.29 ID:+/yjtETT
>>632
50発入りドラムはそれを二個まとめて運ぶケース(というか枠)があって、それを二個ベルトで繋いで肩からかけて運ぶんだが
あと弾薬は同じ分隊の兵が一緒に運ぶ者だしな

635 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 12:21:21.09 ID:NOM+o8eK
>>632
軽機に弾薬手が付くのは他の国も同じでは?
当のドイツでも弾倉式の軽機に弾薬手付けてるよ
ブルーノZB26とか

636 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 12:23:13.62 ID:YFLtbKv4
>>634
君が物事を理解できない人間なのはよくわかったが、それはそれとして。
それで単独の「軽機関銃手」として戦場駆け回れるなら是非やってくれ。
ヘバったら容赦なく蹴るけど。

で、結局それ「弾薬手」が必要になってるぞ。
君は分隊の構成員をみんな「軽」機関銃の弾薬手」にするつもりか?

637 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 12:25:53.09 ID:+/yjtETT
うん、実際にドイツの歩兵分隊は機関銃を中心に編成されている

638 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 12:28:37.58 ID:vdCSBJWL
>>633
ちょっと古いけどこんな風にブロックつなぐ感じ
ttp://www.hazegray.org/navhist/carriers/images/usa/cva58-2.jpg
ttp://news.navy.gov.au/en/Feb2014/Fleet/837/Keel-laid-for-the-second-Air-Warfare-Destroyer-in-Adelaide.htm#.VpRy21kavnE

639 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 12:35:32.40 ID:VJ+1rC28
>>637
ドラム弾倉使っても一人で使えてないじゃん

640 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 12:38:28.05 ID:+/yjtETT
脇で弾帯に手を添える兵がいらない

641 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 13:02:52.93 ID:YFLtbKv4
なんか「ああ言えばこう言う」状態になってきたな。

642 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 13:03:17.91 ID:S8i1ecu7
>>638
ありがとうございました

643 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 13:22:53.11 ID:+/yjtETT
大戦中のドイツ軍のライフル分隊は火力重視で、二脚付き機関銃(軽機関銃相当)を核として、他の兵がその運用を助ける形になっていた
これとは別に、三脚に載せた機関銃を装備する機関銃分隊が、三個ライフル小隊に付き一個あった
これが米軍だと、ライフル装備の突撃チームに対し、それを支援するBARとライフルの支援チーム(三名)がドイツ軍の分隊機銃の役に相当
やはり三脚に載せた機関銃分隊が別にある

644 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 14:33:01.05 ID:bfbMQ7za
日本軍の戦闘時に編成される機関銃分隊(機関銃をSAWとして運用する分隊)でも弾薬持ちと射手で構成される機関銃斑が運用するのに。
MG42が軽機関銃やSAWに不向きなら、つい最近までドイツ連邦軍の分隊支援火器がMG3であるはずないで

645 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 17:40:23.00 ID:XpnsezfT
質問
第二次世界大戦の時のアメリカ海軍についての質問なんですが、黒人やインディアンやアジア人でも艦長になることはできたのでしょうか?

646 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 17:54:22.49 ID:8p2V5F1+
>>645
できない
その頃はまだ人種差別が根強かった上、艦長てな高等教育受けてないとなれない
その高等教育を受ける機会自体がまだ与えられてない

647 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 17:59:04.58 ID:sCzPf6Rb
駆逐艦長レベルならいないことはない

648 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 18:00:15.55 ID:8p2V5F1+
>>647
具体例だしてみ?

649 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 18:02:18.67 ID:+/yjtETT
一応、日系はハワイなどで大学教育を受けている者もいたが、本土での日系移民排斥の動きもあり、無理

650 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 18:09:37.54 ID:sCzPf6Rb
ネイティブアメリカン系なら名誉勲章貰った(?)この人とか
https://en.m.wikipedia.org/wiki/Ernest_E._Evans
黒人だと第二次大戦で初めて黒人初の士官が登場する(後に黒人初の艦長となる)
https://en.m.wikipedia.org/wiki/Samuel_L._Gravely,_Jr.

651 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 18:15:32.97 ID:8p2V5F1+
>>650
でもWW2じゃないじゃん

652 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 18:17:26.11 ID:bfbMQ7za
>>651
上の人はWW2じゃないですかー

653 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 18:19:01.46 ID:8p2V5F1+
ネイティブアメリカン「系」だろ

654 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 18:21:57.30 ID:bfbMQ7za
でもそれを言い出したらオバマ大統領は黒人初の大統領じゃなくて黒人系初の大統領になるし
エバンス自身はかなりインディアンの血が濃いよ

655 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 18:25:03.85 ID:1DK4hEXT
>>648 647じゃないが、USS Johnston(DD-557)艦長・Ernest Edwin Evans少佐を頭においてのレスだと思う。Medal of Honor受賞(歿後)。 

656 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 18:28:15.21 ID:fx5pGWTz
まあ人種の坩堝と呼ばれるアメリカで純粋なインディアンやアフリカ系を探す方がむずかしいわな

657 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 18:34:24.72 ID:292VSGtj
2世以降のアフリカ系って、純血だったとしても「純粋なアフリカ黒人」とは違うと思う

で、逆に白人も含めれば移民一世(15歳から、早くとも10歳くらい以降に移民)で同じくらいの地位まで上がった人はいるんだろうか?

658 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 18:51:53.82 ID:aeCLASrf
>>645
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%EF%BC%9D%E3%83%95%E3%83%BC
中国、ハワイ、英国の血をひいたゴードン・パイア・チャン=フーはアジア系初のアナポリス卒業生で第二次大戦時には駆逐艦の艦長になり、戦後は少将まで昇進している。
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%EF%BC%9D%E3%83%95%E3%83%BC
アーレイ・バーク級駆逐艦チャン=フー(チャン=フーンとも)は彼の名を付けられている。

659 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 19:00:26.74 ID:KfN0pSEO
質問です
最近豆戦車とか軽戦車を調べていたのですが、ソ連の水陸両用戦車開発の経緯を自分なりに纏めていたら
ちょっと判らない事が出てきたのでどなたかお答えいただけないでしょうか?

●自分なりに理解したT-27からT-60開発経緯
ソ連「最近豆戦車ってのが流行っとるな。よっしゃうちもT-27豆戦車っての作ったで」←判る
ソ連「なんやうちの土地、沼や湿地だらけで豆戦車がまともに走れんやないか!よっしゃ水陸両用車作るで」←判る
ソ連「T-40水陸両用戦車完成や!けどこいつ火力弱いな……残念やけど水陸両用取っ払って軽戦車にするか」←仕方ないね
ソ連「T-30軽戦車完成や!しかしこいつは間に合わせの改造品……正規品としてT-60軽戦車も完成や!」←なるほど、正当進化の後継機か

T-60の資料(wikipedia等多数)「こいつ、平地だと速いけど積雪地帯や泥地だと動けんよ」←えっ?今まで沼地とか走ってた奴のノウハウは……?

これ、T-40やT-30の頃からの弱点なのでしょうか?それともT-60になってからこうなったのでしょうか?

資料だと最低地上高が足りず、履帯狭いからこうなるって話だとあったので、見た目的には前者っぽいと思うのですが
それだとT-40は「川や沼は渡れるがその岸辺で行動不能になる」という欠陥があったと言う事になるのですが……そうなのでしょうか?

660 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 19:09:43.44 ID:CScMPaJM
>659
浮航式の水陸両用車両は(ノーマルな奴と比べて)不整地走破能力が低い、
ってのは当時〜今に至るも世界共通の話なので、別段不思議は無いよ。
浮航式のメリットがある/そういうのが必要な局面もあるから、それ用の車両
では不整地走破性とトレードオフで浮行性を得てるのさ〜

661 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 20:20:20.94 ID:+/yjtETT
T-60が雪原や泥濘値で行動不能になるのは、パワーが足りないのと、腹が地面・雪面についてしまうから
だから履帯幅が広く接地圧の小さい、エンジンパワーも大きいT-34の方が泥濘地・雪原に強い
あとT-40の前の、水陸両用であるT-37とT-38が抜けてる
T-30はT-40から水陸両用機能をオミットしたT-40Sの、最初からスクリュー(と車体後部の凹み)無し版

662 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 21:00:39.94 ID:SoSTlU4v
北朝鮮の拉致や、中韓の島占拠、境界線の侵犯等
国際法上、戦争しかけてもOKな行動なのでしょうか?

それを理由に日本が戦争すべきだとは言いませんが、
普通の対応なら戦争ものなのでしょうか?
それとも外交と軍備をちらつかせる程度でしょうか?

663 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 21:03:27.26 ID:wALqsANy
>>662
それは軍事でなく、政治が決めることなのでせいじいたへ行け。

664 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 21:09:48.71 ID:1Hj8JKam
>>662
「国際法上戦争を仕掛けてもOK」な、というもの自体が存在しないので全部ダメ。

665 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 21:13:46.85 ID:pC/jyHu3
>>664
君はもう少し「自衛権」というものについて勉強したほうがいい

666 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 21:19:16.24 ID:+/yjtETT
国際法で「戦争行動に入ってはいけない」なんて物は無い
ただし現代では多くの場合、国際的に批判はされる

667 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 21:22:48.41 ID:1Hj8JKam
>>665
それ「戦争を「仕掛ける」って言わないから。

668 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 21:23:54.20 ID:KfN0pSEO
>>660-661
返答ありがとうございました
「水陸両用車だから泥濘地にも強い」ではなく、寧ろ「水陸両用車だから泥濘地に弱い」が正しいのですね

と言う事は設計段階でも「川や沼を渡る際、その側に泥濘地があったらそちらには近づかない」
という想定がされていたという事なのですかね?

>>661
スミマセン
あくまでも本題は「水陸両用戦車の系譜から開発されたT-60の走破性」であり、その認識が正しいかどうかの確認だったので
水陸両用戦車の最終形であるT-40と水陸両用戦車から軽戦車になる過程であるT-30以外は意図的に省きました

T-40Sも同様の理由で省いたのですが
「T-40S=T-40の現物を軽戦車に改造した物」「T-30=T-40の製造ラインを弄って最初から軽戦車として作るようにした物」
と言う認識で合ってますか?

669 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 21:35:20.13 ID:OcfXM84c
ティターンズって特殊部隊的な軍隊内組織なの?それともナチス親衛隊みたいな軍隊外組織なの?
教えて

670 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 21:36:21.77 ID:kb7FSZ5j
>>662
ザックリ言ってしまうと、国益に叶うならば戦争もの。
特に国益に影響が無い、少ないならばどれだけ被害があっても戦争するまでの意味は無い。
「戦争」というのはあくまで国家の利益を追求する手段の一つに過ぎないので、戦争だけを
何か特別な事のように考える必要は無い。
人命云々に関して言えば経済封鎖だって人は死ぬわけで、武力を使わない戦争とも言える。

671 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 21:37:11.08 ID:kb7FSZ5j
>>669
■○創作関連質問&相談スレ 81○■ [転載禁止]©2ch.net
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1448334680/l50
こちらへどうぞ。

672 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 21:39:54.31 ID:R0QfpGwW
武装SSは「軍隊外組織」なのだろうか?という一抹の疑問

673 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 21:42:31.50 ID:+/yjtETT
>>668
「T-40S=ドイツの侵攻が始まり、生産中のT-40の、水陸両用装備の搭載を止め量産を優先た陸上専用型」
「T-30=T-40Sを更に簡易化(車体後面が一枚板に)、鋳造スポーク型転輪化、武装も強化したが、量産には到らず」

674 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 21:43:21.59 ID:6BvgB7jv
お前らの中にも「今は艦vs艦の砲撃戦など起こらない」と思ってたやついるだろ!
馬鹿野郎

あるに決まってんだろ

日本テレビ系(NNN) 1月12日(火)18時15分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20160112-00000059-nnn-int
 中谷防衛相は12日、沖縄県の尖閣諸島の周辺などで中国の軍艦が日本の領海に侵入した場合には、
海上自衛隊の艦船が対処にあたる可能性があるとの認識を示した。


この距離で睨み合いからドンパチ始まったら最初は砲撃になるんだよ
この野郎

675 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 21:49:40.65 ID:kb7FSZ5j
>>674
海保と不審船が銃撃戦やってからそうたってないのですが、ご存知無い?

676 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 21:50:40.52 ID:1Hj8JKam
>>674
思ってたも何も、15年くらい前に韓国と北朝鮮が普通にやってたやん。

艦というか哨戒艇同士だし、「今」というには微妙だが…。

677 :system ◆system65t. :2016/01/12(火) 21:55:24.88 ID:Mhz3jJ1D
>>662-666
国際法などいう条文はありませんが、多国間条約や国連の規定で
戦争は違法行為とされているため、条約を批准し、国連に加盟している日本は
大手を振って戦争することは、まあ、できません。

678 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 21:56:27.50 ID:+/yjtETT
>>668
あとT-30は一応実戦投入されてたわ、しかも1944年のフィンランド方面
http://www.ww2incolor.com/d/630626-3/ilom5
この戦線はSNKとかT-100(冬戦争)とか、T-50(継続戦争)とかマイナー戦車が投入されてるね

679 :system ◆system65t. :2016/01/12(火) 21:57:01.19 ID:Mhz3jJ1D
ちなみに、自衛のための武力行使は問題ありません。

もっとも日本国憲法を素直に読むと、たぶんそれもダメなので
国際的以前に、国内的に日本は戦争できません(法的にてーか)

680 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 22:04:31.75 ID:kb7FSZ5j
>>679
先に言っておくけど、憲法論議はヨソでやってね。

681 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 22:13:16.22 ID:KfN0pSEO
>>673
返答ありがとうございました
なるほど、T-40Sは改造品ではなく製造段階から軽戦車でありT-30はその改良版なのですね。勘違いしてました

682 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 22:22:14.43 ID:R0QfpGwW
>>677
先生、ちょっと前に、ありもしない大量破壊兵器をあると強弁して戦争をふっかけて
周辺諸国に比べれば比較的安定していた政府を転覆させて隣国含め混沌の泥沼に放り込み、
元大統領を処刑した後で大量破壊兵器なんてなかったことに気づいた国がありましたが、
武力制裁はおろか経済制裁すらもされていません。何故でしょうか。

683 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 22:25:49.77 ID:1Hj8JKam
>>682
「まあ現実はこんなもんですよ」「ですよねー」っていうのと「やってもいいという明確な根拠がある」というのはイコールではないと思うぞ。

684 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 22:27:30.14 ID:UxrOzdu+
フセインが持ってる持ってる言ってたんでそれを信じて戦争になったら本当は無かったけれど向こうの自業自得であってノーカンなお言えばフセインは人コロコロしまくってたらしいんで自業自得でノーカン

つまりは力(経済含む)こそ正義だからさ

685 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 22:29:56.37 ID:NnuMgPUZ
>>623
>21世紀になって削減されるまでの
> 特科( 砲兵)の異様な濃密さとかさまざま

歩兵連隊の支援が105mm八門、全般支援で連隊あたり155mm四門 とか、かなり問題視されてたけど
FH70になってようやく八門が十門になった程度

686 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 22:34:02.08 ID:1Hj8JKam
>>685
一個連隊辺り75ミリ砲4門、とかに比べれば濃密なんじゃない?

「異様」とまで言えるかは疑問だけど。

687 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 22:34:40.31 ID:U3sczhgU
アメリカ軍の兵士がよく被っているニット帽は官給品ですか?
またニット帽を被るとどのような利点があるのでしょうか

688 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 22:38:59.50 ID:wALqsANy
冷戦末期の西ドイツ装甲師団と比べると貧弱なんだよな。

689 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 22:39:38.02 ID:1Hj8JKam
>>687
あれ(ジープキャップ)はれっきとした制式品。
"Cap, Wool, Knit, M1941" というのが正式な名前。

もともとはヘルメットの下に被る防寒用の略帽で、クッション材兼用の品でもあった。

690 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 22:43:04.17 ID:UxrOzdu+
>>688
ソ連陸軍とガチンコをやる奴らと比べるのは流石に可哀想だ
日本は前段階として海があるからな

691 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 22:43:51.30 ID:1Hj8JKam
>>688
アレと比べて装備が「貧弱じゃない」軍隊ってどれだけあるねん・・・。

692 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 22:51:10.08 ID:0XDVuiIx
>>686
そもそも管区隊の時は米軍に倣って三個中隊編制だったのだが

693 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 22:51:48.76 ID:1Hj8JKam
>>692
だから?

694 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 22:55:22.97 ID:SH4XF7Gh
>>686
米陸軍だと、近接戦闘部隊(歩兵/戦車)1個大隊に対し15榴1個中隊6門だから、
4個中隊編制の陸自普通科連隊に15榴1個大隊10門は十分に濃密だろう
軍団砲兵についても、米軍換算で数個師団の兵力しかない陸自にMLRSが90両もあるわけだし

695 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 22:57:49.13 ID:U3sczhgU
>>689
回答ありがとうございます
防寒・クッション材としての利用ということでしたか

696 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 23:00:02.80 ID:1Hj8JKam
>>694
うん、それはわかるんだけど、何故それを自分に言うのさ。
それは>>685に言ってくれ。

697 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 23:00:15.32 ID:Td3rTIk6
>>682
それがイラク戦争のことを言っているのなら、湾岸戦争というフセインが仕掛けた
侵略戦争は終戦になっていない継続中だったからな
その侵略戦争を終わらせた結果イラクに被害が出たなら、それは自業自得だろ

698 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 23:25:00.16 ID:SH4XF7Gh
>>696
すまん。

699 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 23:59:55.94 ID:R0QfpGwW
>>697
イラク戦争の開戦理由に湾岸戦争が継続中うんぬんなんてあったか?

700 :名無し三等兵:2016/01/13(水) 00:59:26.79 ID:gECqXAZf
>>699
それはいつもの日航123太郎だから触っちゃダメ

701 :名無し三等兵:2016/01/13(水) 04:35:35.48 ID:n3bnvWXy
>>699
戦争継続中というか停戦義務違反(英米の言い分では査察の拒否)がイラク戦争の公式な開戦理由だな

702 :名無し三等兵:2016/01/13(水) 07:31:57.99 ID:DYIG/OKZ
戦前型.38ハンドエジェクターや、ディテクティブスペシャルなど、古い設計の.38スペシャルリボルバーに
現在販売されている.38スペシャル+P弾を装填して、安全に射撃することは可能ですか。

703 :名無し三等兵:2016/01/13(水) 09:10:34.95 ID:jbgwSpaR
日本は特科、つまり砲兵火力そのものより運用構想が凄かったな、
いざというときは、大砲を隠蔽、移動する為山ぶち抜いて大型の秘密陣地やトンネルを作るつもりだったし。
スイスの山岳要塞でも参考にしたのだろうか?
あの頃の陸自の穴堀技術は世界一だったかもしれない

704 :名無し三等兵:2016/01/13(水) 09:16:37.49 ID:Unj9o2hA
>>703
スイスというより硫黄島の成功体験が元じゃない?
しかもあの時と違って一定期間持久できれば米軍による増援が見込める

705 :名無し三等兵:2016/01/13(水) 09:19:28.62 ID:wteRQGnd
今は米の増援を見込めるかどうか、正直不安
あの中国べったり女が大統領になったら絶望だろうな

706 :名無し三等兵:2016/01/13(水) 11:03:35.54 ID:9StOpvS7
何でひところしかけといて停職程度で済んでるんすか?
あと、何で今回に限って隠蔽工作してるんですか?

    ↓

1月12日 21時24分
3年前、広島県の海上自衛隊呉基地に停泊していた潜水艦の艦内で、乗組員1人が拳銃で自殺を図り、一時、意識不明となったことについて、海上自衛隊が、上司のパワーハラスメントが原因だとする調査結果をまとめ、幹部3人を懲戒処分としていたことが分かりました。

平成25年9月、広島県の呉基地に停泊していた海上自衛隊の潜水艦「そうりゅう」の艦内で、乗組員の当時39歳の2等海尉が艦内にあった拳銃で自殺を図り、一時、意識不明となったものの、その後、意識を回復しました。
これについて、海上自衛隊が、上司のパワーハラスメントが原因だとする調査結果をまとめていたことが分かりました。
それによりますと、当時の上司の40代の幹部自衛官2人と、元上司の30代の幹部自衛官1人の合わせて3人が、殴るなどの不適切な指導をしたため、2等海尉は精神的に不安定となり自殺を図ったとしています。
そのうえで、去年10月、幹部3人を停職などの懲戒処分としました。
防衛省は、懲戒処分の場合、公表することにしていますが、今回の処分は12日まで公表されていませんでした。
これについて、海上自衛隊は「プライバシーに配慮しながら公表すべきかどうか検討していた」としたうえで、「再発防止策を徹底していきたい」としています。

引用元:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160112/k10010369191000.html

707 :名無し三等兵:2016/01/13(水) 11:05:08.74 ID:9StOpvS7
>>705
曲がりなりにも対等だった昔と違って
今の自民は名前が同じだけの別物だからね
もう日本はアメリカからは犬くらいにしか見られてない

708 :名無し三等兵:2016/01/13(水) 11:50:56.09 ID:s66EXRQp
>>706
積極的に公表する意思がなかったのは事実だが
それはそれとして
直接的な理由は家族の間で公表についての意見が分かれてたから
公表すべきという人とすべきでないという人が対立してたことが他紙には書かれてる

709 :名無し三等兵:2016/01/13(水) 13:05:30.61 ID:wteRQGnd
>>708
「他紙」がどれだかわかんないけど、国家公務員の場合、身分に関する懲戒事項を
公表しないという決定はいくつかの法令に抵触する。つまり原則許されない

710 :名無し三等兵:2016/01/13(水) 13:07:13.00 ID:wteRQGnd
ただ求められているのは懲戒事実の公表だけで、理由まで明らかにする
必要はない

711 :名無し三等兵:2016/01/13(水) 13:38:47.21 ID:jWRXmcbW
停職中の人間が勝手に公務員名乗っても困るからな

712 :名無し三等兵:2016/01/13(水) 14:51:23.20 ID:s66EXRQp
公表しないと「決定」してたわけじゃないからな
要は時期含めて検討していたということ

露骨な逃げ道ではあるが、法令違反はないよ

713 :名無し三等兵:2016/01/13(水) 15:09:13.08 ID:BNMUZ8lH
ベレンコ中尉はなぜ日本へ逃亡できたんですか ?
ウイングマンは何をしていたんですか ?

714 :名無し三等兵:2016/01/13(水) 15:15:07.94 ID:Y3Wn6544
>>713
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B3%E4%B8%AD%E5%B0%89%E4%BA%A1%E5%91%BD%E4%BA%8B%E4%BB%B6

715 :名無し三等兵:2016/01/13(水) 15:16:54.28 ID:wteRQGnd
>>713
手記によると燃料が持ちそうな西側の基地は千歳だけだったから
また一緒に上がった僚機はミグ21だったようで、簡単に振り切れたし
航続性能はミグ25以下だから追随はできない

716 :名無し三等兵:2016/01/13(水) 15:21:42.34 ID:wteRQGnd
あ、なぜ「できたか」か

これも手記によれば、ベレンコは離婚問題で悩んでいた以外は
誠実な軍人でありまた党員であって、亡命を企んでいると疑われる
余地はまったくなかった
当時、ソ連空軍では操縦者の「信頼度(政治的な面だけでなく、操縦
技量なども勘案される)」によって訓練での燃料搭載量を加減していた
そうだが、そこもクリアして満載に近い燃料を獲得していた

717 :名無し三等兵:2016/01/13(水) 15:42:01.82 ID:jWRXmcbW
>>716
操縦技量が未熟な奴こそ燃料多目に積んでやれよって思うけど、そうでもないのな

718 :名無し三等兵:2016/01/13(水) 15:52:48.26 ID:BNMUZ8lH
>>714
>>715
ありがとうございます

719 :名無し三等兵:2016/01/13(水) 15:53:04.69 ID:PuQ/eMC8
戦艦のような大型艦と比較的小型の駆逐艦の錨ってサイズや重さも違ったのでしょうか?
感覚的には当然違うような気がするのですがそうでもないんでしょうか…?

720 :名無し三等兵:2016/01/13(水) 15:59:27.81 ID:I/ozfEQx
>>719
もちろん違う。

ちょっと比較がわかりづらいが、駆逐艦雪風の錨
http://img-cdn.jg.jugem.jp/9a0/2352104/20150511_607515.jpg
戦艦大和の錨(復元品
http://www.asahi.com/komimi/images/TKY200803260157.jpg

721 :名無し三等兵:2016/01/13(水) 15:59:44.06 ID:wteRQGnd
>>717
技量未熟なのは墜落する可能性が大きいじゃん
だから燃料を与えない

722 :名無し三等兵:2016/01/13(水) 16:12:55.34 ID:PuQ/eMC8
>>720
どうもありがとうございます

723 :名無し三等兵:2016/01/13(水) 16:17:35.70 ID:OjIPZNBY
長いあいだ行ってないんだけど、今でも自衛隊の駐屯地祭などで小銃を持たせてくれるの?
鎖などで固定はされていない状態で、自由に構えたり操作したりできる。

724 :名無し三等兵:2016/01/13(水) 16:18:28.90 ID:3Ctb7zPq
第二次世界大戦で、木製で低馬力エンジンを積んだ小型軽戦闘機として
・イタリアのSAI207
・フランスのCR714
・アメリカのXP-77
が開発されましたが
@イタリアとフランスはともかく、列強の中で一番ジュラルミンと大馬力エンジンの生産に困らなさそうなアメリカがXP-77のようなものを作ったのは何故ですか?
Aこれらの国よりもジュラルミンと大馬力エンジンの生産リソースが乏しそうな日本が似たコンセプトの戦闘機を試作しなかったのは何故ですか?
Bイギリス・ソ連・ドイツ等は同じような戦闘機を試作したんでしょうか?

725 :名無し三等兵:2016/01/13(水) 16:19:25.08 ID:I/ozfEQx
>>723
ちょっと前まではチェーンやワイヤで繋いだ状態で、にはなったけど触ることはできたけど
今は抗議が来たので隊外者が触ることのできる展示はやってない。

726 :名無し三等兵:2016/01/13(水) 16:23:46.06 ID:bAJMjQyx
>>723
数年前に共産党がいちゃもん付けてダメになりました
ttp://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-04-12/2013041201_04_1.html
なお共産党は次にガルパンに標的を定めた模様w
ttp://news.livedoor.com/lite/article_detail/10991782/

727 :名無し三等兵:2016/01/13(水) 16:27:37.84 ID:I/ozfEQx
>>724
1:なんであれ「他国はできる技術があるのに自国はない」というのは問題だし、「木製機はやりように
よっては金属機よりも性能を上げられる」という話でもあったので、じゃあうちの国も・・・とやってみた。

やってみたけど「別に要らんな。期待するような性能もなさそうだし」というのでボツ。

2:やってみたけど「金属機より重くて性能低い」ものになっただけだったのでボツ。
 でも、「使い捨ての特攻専用機」で有名(特攻専用じゃないという意見もあり)な「剣」って飛行機は
 ジュラルミンはほぼ使わずにジュラルミン使うような部分は木製にしてあった。

3:そもそも「木製機」といえばイギリスのモスキート双発戦闘攻撃機、ってくらいに有名なのがあるけど
  君の言うような「小型戦闘機」の需要がイギリスにはあまりなかったのでそういう系統のものは
  試作や検討案以外にはない。
 
  ソ連もそもそも主力戦闘機に木製機があったりするので、「そういうプラン以前に木製機全盛」の国。

  ドイツは「やってみたけどうまくいかないし性能低い」ので諦めたが、末期の「国民簡易戦闘機」の
  プランはみんな木製部分を取り入れた設計になっている。

728 :名無し三等兵:2016/01/13(水) 16:32:23.93 ID:OjIPZNBY
>>725
>>726
ありがとうございます。まったく、余計な事ばかりするという感じですな。

729 :system ◆system65t. :2016/01/13(水) 16:48:18.52 ID:ap1Z3kFH
>>702
実は+Pと昔の.38の圧は大差ないので使用可能です。
ただしメーカーは定期的なメンテの元で、と条件を付けているようです。
ttps://en.wikipedia.org/wiki/Colt_Detective_Special#Ammunition

730 :名無し三等兵:2016/01/13(水) 16:54:50.59 ID:riV7Dlne
>>727
1:アメリカも一応、ジュラルミン不足を見越して作ってみたのがXP-77
2:剣は鉄と木の混合
3:大戦中のソ連が木製戦闘機ばかりなのは、ジュラルミンの製造量が不足していたから(なんとドイツより低いが、大戦後半はレンドリースで供給される)

731 :名無し三等兵:2016/01/13(水) 17:06:23.46 ID:egCnGR7r
>>726
共産党ちゃう、「自衛隊をウォッチする市民の会」とかいう市民団体や。
http://www.j-cast.com/2013/04/11172962.html?p=all

732 :名無し三等兵:2016/01/13(水) 17:09:24.36 ID:wteRQGnd
Bf109やFw190たTa152なんかも木製部品を大量に使っていた

木製機で成功した国は、木材そのものじゃなくて、樹脂を浸透させたり
高圧高温加工した、いまでいう複合材料の祖先みたいな部材を使ったんで
WW1レベルの加工しかできなかった日本とは状況が異なる

733 :名無し三等兵:2016/01/13(水) 17:14:39.30 ID:YDgRhh0T
>>726
ガルパンの件は共産党と関係ないって地元自治体が回答してたはずだけど

734 :名無し三等兵:2016/01/13(水) 17:19:00.42 ID:bAJMjQyx
>>731
そこは事実上日本共産党の下部組織なんよ
ttp://dragoner-jp.blogspot.jp/2013/04/blog-post_15.html
さっき上げたこの問題を取り上げたリンク先が赤旗だったりするし
明らかに共産党の意思の元に行われた告発だね

735 :名無し三等兵:2016/01/13(水) 17:23:43.82 ID:Y3Wn6544
お話は承りましたので演説ごっこはもうかんべんな

736 :名無し三等兵:2016/01/13(水) 17:37:42.58 ID:gECqXAZf
>>724
米国の場合は生産力をフル稼働させた場合、生産力が大きすぎて原材料の供給が追いつかない可能性があった。
何しろ計画発注数まで含めたらとんでもない数になるし、それを生産するのがまた不可能じゃなかった。
ただ、実際にはアレコレ統合して効率化したりキャンセルしたりで、原材料が不足するほどの生産はついに
行われなかったので、木製機も不要になった。

737 :名無し三等兵:2016/01/13(水) 17:52:16.61 ID:k2jWMrzG
仮定の話なのですみませんが…
イランがF-15を採用した場合どうなっていたでしょう?
高価とはいえ主力戦闘機だったわけで、
採用する国も数か国あります

F-14のように他国に漏れないような方法も取りづらくあると思い、また
ストライクイーグルもできずにF-16XLが採用とか可能性のある未来だったでしょうか?

それとも、仮定の話過ぎて質問になりませんでしょうか?

738 :名無し三等兵:2016/01/13(水) 18:05:10.26 ID:I/ozfEQx
>>737
どうなっていたでしょう? の何がどうなのか質問意図がさっぱりわからないんだけど、その文章だと。

739 :名無し三等兵:2016/01/13(水) 18:16:55.64 ID:k2jWMrzG
>738さん
F-15の退役が早まるとかあまり採用されないとか、
F-14はコスト問題だからあまり変わりそうにないとか
ストライクイーグルでなくF-16XLとか
他に自分には知りえないこういうなにかもあるかな、と

全部、まさに机上の空論なのですが…

740 :名無し三等兵:2016/01/13(水) 18:27:20.58 ID:v865U9YP
何も変わらないかと
F14の採用国が無いのは機体の特性・適正によるものなので

741 :名無し三等兵:2016/01/13(水) 19:02:24.11 ID:I8bUPcfC
>>730 実はドイツは落っことした敵重爆のジェラルミンをリサイクルして使ってたんで、1944年の航空機生産高が最高になったとか…
たしかこの本に書いてあった。いくらなんでもまさかと思ったけどね。
https://pub.maruzen.co.jp/book_magazine/book_data/search/4621077058.html

742 :名無し三等兵:2016/01/13(水) 19:59:31.27 ID:iHhqh9mh
>>741
結構有名な話だよ
落下増槽もそのせいで金属製は引っ込められた

743 :名無し三等兵:2016/01/13(水) 20:17:06.64 ID:U1wXoXh2
朝から晩まで砲撃され続けてた国境の島で
包丁が特産品になったみたいなもんか

744 :名無し三等兵:2016/01/13(水) 20:48:40.87 ID:iHhqh9mh
>>737
F-15が採用されてればグラマンは経営危機になると予想されてた
なので戦闘攻撃機の開発生産からの撤退もありえた
F-14の改良も頓挫しF-15は生産数も上がりコストも下がる
F-15天下は揺ぎ無くなりF-16も出番は減り
F-16XLなど出現もしない

こうなる

745 :名無し三等兵:2016/01/13(水) 21:25:17.96 ID:PjzCVPjJ
>>741
欧州戦線でドイツが撃墜した米英の重爆撃機は1万機くらいだっけ。
B17一機の残骸からどれくらいのジェラルミンが再利用できるのかな。

746 :名無し三等兵:2016/01/13(水) 21:56:53.81 ID:wteRQGnd
>>745
大雑把にいって単座機3-4機分

747 :名無し三等兵:2016/01/13(水) 23:15:44.85 ID:IGGwV5oE
米空軍がf-15を2040年代まで使用するというのは本当でしょうか?
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1451494195/697-746
ここに書いてありました

748 :747:2016/01/13(水) 23:16:29.66 ID:IGGwV5oE
http://thutmose.blog.jp/archives/45431654.html
ここの間違いでした

749 :名無し三等兵:2016/01/14(木) 00:21:29.11 ID:PzsSpinL
http://dl6.getuploader.com/g/tatsuki_machida/1155/20160113_194811.jpg

戦車前部に放射線のマークが付いてるのはなぜですか?
原子力エンジンでも積んでいるのですか?

750 :名無し三等兵:2016/01/14(木) 00:23:07.27 ID:RNr9ZX8c
AAV-7の移動速度を知って疑問に思ったのですが、西部方面普通科連隊がAAV-7を使って上陸する際はどのような状況を想定しているのでしょうか。
正直、完全に上陸地点の敵勢力を抑えないと棺桶になってしまうような気が……。それができるのでAAV7で十分なのでしょうか?

751 :名無し三等兵:2016/01/14(木) 00:43:37.30 ID:Qx2WtUIZ
>>749
劣化ウラン弾でも積んでんじゃねーの?

752 :名無し三等兵:2016/01/14(木) 01:14:26.09 ID:SXy03HEv
>>732
Ta154がボロボロだったのにそんなに大量に使えるわけもなし

753 :名無し三等兵:2016/01/14(木) 01:44:24.57 ID:1pYH2Rhe
>>750
正直なとこ、AAV-7はまずその手の車両の運用実績とデータ収集がメインなので、まずは
「海岸近くから発進して直接上陸」
以外の事はそんなに考えられてない。

ただ、上陸前の制圧ってのはセオリーだから敵の海岸陣地が健在で撃ちまくってくる中を
上陸って想定は無いと思うよ。

754 :名無し三等兵:2016/01/14(木) 01:54:16.65 ID:CXZHBqW+
米国・オバマの戦略についてですけれど。
世界的に米国の軍事的プレゼンスを減少させ混乱を助長し、他国をわざと疲弊させてるように見えます。
絶対的に強いアメリカではなく、相対的に強いアメリカを作ろうとしてるように見えるんですけれど。
徳川幕府が脅威を力で抑えるより、脅威になりそうな連中を疲弊させ自家の安泰を図ったように。

755 :名無し三等兵:2016/01/14(木) 02:04:14.19 ID:Tx8Wleib
>>754
>>3
質問・回答をする前に必ずテンプレ(>>1-4) を読んでください
このスレは個人の意見や思想などを語り合うスレではありません
議論がしたい方、ご自分の意見を主張なさりたい方はテーマに沿ったスレを探してください

756 :名無し三等兵:2016/01/14(木) 02:04:16.63 ID:wbtsoeQJ
イスラエルの空中給油方式はどうなっているのでしょうか。
クフィールなどミラージュ系の機はプローブ式、
F-16などアメリカ系の機はフライングブームのはず。
給油機としてKC-707を運用しているようですが、両方に対応出来るようになっているのでしょうか。

757 :名無し三等兵:2016/01/14(木) 02:31:10.34 ID:CXZHBqW+
>>749
SFファンタジー小説のカバー。
「Fabryka Słów」Robert.J.Szmidt
小説なんで読まないと判らない。
カバーを書いた人は、日本に居るみたいだから本人に聞いたほうが早い。
ttp://www.okonart.com/#portfolio&illustrations&29

758 :名無し三等兵:2016/01/14(木) 05:35:05.17 ID:euFv+QVF
>>747
実際にそうなるかどうかは別だが(最近の米軍はしょっちゅう方針を変える)
まじめな報道であることは間違いない

おれとしてはそうならない(無人機化が急速に進む)と考えてるけど

759 :名無し三等兵:2016/01/14(木) 05:43:28.36 ID:euFv+QVF
>>756
みりゃわかるように両方に対応できる
http://aviationphotodigest.com/file/2015/08/IAF-B707-REEM-Refueling-an-IAF-F-16A-Netz-1024x700.jpg

これはつけてないけど、両翼にドローグつけて3機いっぺんに給油できる母機もある

F-15、F-16、そしてF-4の一部も地上改修で両方に対応できる(今もやってるかどうかは知らない)

760 :名無し三等兵:2016/01/14(木) 05:53:32.96 ID:5eb8dv2R
http://l2.upup.be/HcCd9aLXNn
1929年の本を買ったら見開きに名前が書いてあったんだけどこれの左下の文字読める人いる?
本の元々の持ち主の名前だと思うんだが誰かわかる人いる?
1929年に大佐なら太平洋戦争中に現役なら将官にはなってそうな気はするんだが

◯◯大佐の◯◯の部分
下の2文字は大佐だと思うんだけど

761 :760:2016/01/14(木) 05:54:11.95 ID:5eb8dv2R
ID出し忘れた

762 :名無し三等兵:2016/01/14(木) 06:13:13.01 ID:euFv+QVF
強制IDになったからsageのままで大丈夫だよ

最初の文字は「長」で、すぐに長勇中将を連想したけど
2文字目はどうみても「勇」じゃない

あとは識者にお譲りする

763 :760:2016/01/14(木) 06:29:20.22 ID:5eb8dv2R
あっ本当だいつの間に強制に
ちなみに参考になるかわからないけど福島の古書店から購入した

764 :名無し三等兵:2016/01/14(木) 07:59:15.42 ID:RT6M9r09
創作の話はよそで >>749

765 :756:2016/01/14(木) 08:56:23.97 ID:wbtsoeQJ
>>759

おお、これはいい写真ですね!さっそく保存させて頂きました。
わかりやすい解説をありがとうございました!

KC-135にはブーム根元前方にオペレーターが腹ばいになって入るコブ状の
スペースがありますが、それが無いところを見ると遠隔モニター操作のようですね。

766 :名無し三等兵:2016/01/14(木) 10:19:08.54 ID:RNr9ZX8c
>>753
なるほど。データ収集の段階なんですね。
ありがとうございました。

767 :system ◆system65t. :2016/01/14(木) 10:37:10.12 ID:rUr8JZwH
>>765
遠隔モニターです。イスラエルのIAI社のパンフレットを見れば詳細がお解りかと。
ttp://www.iai.co.il/2013/33774-34671-en/Business_Areas_Military_Special_Mission_Aircraft_Conversion.aspx
ttp://www.iai.co.il/Sip_Storage//FILES/9/41609.pdf

768 :名無し三等兵:2016/01/14(木) 11:27:36.10 ID:IHzvlyec
>>706
潜水艦内で拳銃打ったら穴あくぞw

769 :名無し三等兵:2016/01/14(木) 13:01:02.99 ID:y2KbM769
今度沖縄に行きます。
読谷や北谷の上陸地点,糸満付近の最後の攻防があった地点あたりを中心に見てきたいと思います。
FAQにあった外科壕も。
あと特に太平洋戦争関連で重要な史跡がありましたら,教えて下さい。

770 :名無し三等兵:2016/01/14(木) 13:02:55.08 ID:DWyAQnF8
>>768
きっと潜水艦に装備されている拳銃には
フランジブル弾が装填されているんだよ

771 :名無し三等兵:2016/01/14(木) 13:08:28.18 ID:HhaReCnx
そういえば粉々になったブランジブル弾って人体からどうやって摘出するの?

772 :名無し三等兵:2016/01/14(木) 13:13:06.59 ID:YIyDrR+R
アロー航空1285便の墜落事故は当時の米軍にとってどれほどの損害だったのでしょうか?
第101空挺師団の隊員が巻き込まれ、大損害を負ったことは分かったのですが
その被害が具体的にどれほどのものだったのかがいまいちよく分かりません

773 :名無し三等兵:2016/01/14(木) 13:22:23.49 ID:dzGL5Qj6
>>769
那覇近郊に宿を取るならシュガーローフに登っておいで
首里攻防戦においてなぜあそこが激戦地になったかよく分かるから
モノレールですぐ行けるし、時間余ったらアウトレットモールが近くにあるし

774 :system ◆system65t. :2016/01/14(木) 13:32:05.86 ID:rUr8JZwH
>>771
術中レントゲン写真頼りに地道に

被曝量増えそうだし、すげぇ面倒です罠

775 :名無し三等兵:2016/01/14(木) 14:00:30.94 ID:y2KbM769
>>773
ありがとうございます。

776 :名無し三等兵:2016/01/14(木) 14:19:31.29 ID:ELKf/mGY
戦争中に前線で足りなくなるとやばいものって研究されていますか?
例えば、メシ、タマ、情報、娯楽の優先順位とか

777 :名無し三等兵:2016/01/14(木) 14:21:30.60 ID:euFv+QVF
>>776
弾薬が最優先
残りは付け足し

778 :名無し三等兵:2016/01/14(木) 14:24:00.31 ID:Tx8Wleib
>>762
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E5%B6%BA%E5%96%9C%E4%B8%80
長嶺と読めないこともないけど。
>>772
ttps://en.wikipedia.org/wiki/502nd_Infantry_Regiment_(United_States)#Regimental_realignment
On 12 December 1985, a chartered airliner carrying 248 members of Task Force 3/502 crashed and exploded after takeoff at Gander, Newfoundland, Canada. Mostly from HHC and A Companies,
ttps://en.wikipedia.org/wiki/Arrow_Air_Flight_1285#Aftermath
Of the 248 servicemen, all but twelve were members of 101st Airborne Division (Air Assault), most of whom were from the 3d Battalion, 502nd Infantry;
eleven were from other Forces Command units; and one was an agent from the Criminal Investigations Command (CID).[
この2つの記事で人数にちょっと違いがあるけど、第502連隊第3大隊の本部中隊とA中隊で合わせて240名近くの死者が出てるので本部がまるまる指揮能力を喪失してるようなもの。
平時の事故だし平和維持活動からの帰投途中で無事着いていればこの後休養や再編が行われただろうけど。

779 :名無し三等兵:2016/01/14(木) 14:59:37.35 ID:euFv+QVF
>>778
山がない気がする
崩し字を解説したサイトが昔あったんだが、探しても見つからない(・щ・)

780 :名無し三等兵:2016/01/14(木) 16:28:22.50 ID:DWyAQnF8
>>774
被爆線量を少なくするために
3DCG技術って応用できないの ?

あ、スレチすまん

781 :system ◆system65t. :2016/01/14(木) 17:17:46.20 ID:rUr8JZwH
>>780
細片がグチャグチャ入ってると手術操作でもいろいろ変わっていくので
3DCGでは位置決めしきれません。

一通り取っては撮影、残片の位置見なおして、になるでしょう。

スレチ失礼。

782 :名無し三等兵:2016/01/14(木) 17:59:51.41 ID:YWGfFoVN
>>734
軍クラはツイッターに帰れ
こっちにまで出てくんな

783 :名無し三等兵:2016/01/14(木) 18:47:39.10 ID:SXy03HEv
>>781
>>774もお前の想像ってことでいいんだよな

784 :system ◆system65t. :2016/01/14(木) 19:48:49.66 ID:RT6M9r09
>>783
Traumatic Surgeryなんかにも時々目を通してる外科系医師の想像ってことで
(眼科は外科系)

785 :名無し三等兵:2016/01/14(木) 21:22:04.62 ID:VMUoBIfU
>>784
医者のふりするのも大変だな

786 :名無し三等兵:2016/01/14(木) 21:26:38.04 ID:t+oCgSeq
眼科医程度の想像とやらじゃ一般人と大差ないと言わざるを得ないな

787 :名無し三等兵:2016/01/14(木) 21:27:11.80 ID:bzWYPiGv
>>786
んなわけないじゃん、免許は一緒だよ

788 :名無し三等兵:2016/01/14(木) 21:33:22.04 ID:bzWYPiGv
今ニュース聞いてたら、至近距離で拳銃3発撃たれた警官がピンピンしてるとのこと
結果的には幸いだったけど、あまりにもストッピングパワーなさすぎじゃね?

789 :system ◆system65t. :2016/01/14(木) 21:38:18.82 ID:RT6M9r09
>>788
当たり所によるとしか。

大血管や血流の多い臓器に当たらなければ
失血死させられませんから。

たしか手足(?)に当たってたはずなので、たまたま
大きな動脈にでも当たってなければ出血量しれてるし、
四肢は止血もしやすいから仮に当たってもすぐに適切な止血をすれば
死なないですむことが多いでしょう。

12.7mm NATOで肘から先飛ばしても止血すれば死にませんよ。

790 :system ◆system65t. :2016/01/14(木) 21:39:26.78 ID:RT6M9r09
ちなみに腕なら腋窩、足なら鼠径部が圧迫止血の要所です。ご参考まで。

791 :名無し三等兵:2016/01/14(木) 21:55:54.41 ID:0z0AKVeW
そうりゅう型潜水艦の魚雷搭載数はどれくらいなんでしょうか?

同じ直径533mmの長魚雷を発射できて排水量の近いコリンズ級だと22本搭載できるんですが
それより排水量の小さい台湾の海龍級は28本搭載できるそうです

葉巻型船体で容積の大きいそうりゅうやおやしおは30本以上の魚雷を搭載できそうですね

792 :名無し三等兵:2016/01/14(木) 21:56:20.73 ID:/lZ51b3S
たぶん抗弾ジャケくらいは普通に装備してただろうしな。

793 :名無し三等兵:2016/01/14(木) 22:35:25.98 ID:4COLPq0j
そうりゅう&おやしおの魚雷庫はたしかロス級と同じくらいだったはずだから多くても20本後半かと

794 :名無し三等兵:2016/01/14(木) 22:53:21.26 ID:d0FRaHgi
ウィリー・メッサーシュミットって開発者として見たらどうなったんでしょう?
総合的に見て有能?無能?

795 :名無し三等兵:2016/01/14(木) 23:15:49.17 ID:+Atd+bDO
手榴弾や砲弾を電子レンジで温めたら爆発しますか?

796 :名無し三等兵:2016/01/14(木) 23:24:18.84 ID:QzMHCWoi
すいません、扶桑のwikiを見てましたら、扶桑は第三号戦艦(山城は第四号戦艦)とありましたが、
第一号、第二号は何だったのでしょうか?
河内摂津ですか?それとも計画のみの艦があったのでしょうか?

797 :名無し三等兵:2016/01/14(木) 23:50:12.48 ID:n3mWkNKu
>>794
メッサーシュミット、というかBWF時代の名機であるBf108、109、110は、何れも設計主任がロベルト・ルッサー
Me163はリピッシュの基本デザインだし、Me262は誰の設計だっけ?あとは欠陥機が多い印象

798 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 00:56:41.44 ID:h+VPUe+J
>>795
電子レンジは中に入れたものに高周波の電磁波を当てて、食べ物にたいがい含まれている
水の分子を激しく振動させて発熱させるものなので、火にくべたりストーブに載せたりしたものが
発熱するのとは原理が違い、水が含まれていないものは発熱しない。食べ物を載せた皿などが
ほとんど熱を帯びないのはそのため。
よって、炸薬に水分が含まれていなければチンしても爆発はしない。

799 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 01:02:38.02 ID:vtuZ2KEn
f-15の機体寿命が8000時間とwikipediaに書いてありましたが計算したら
1年にも満たない日数でした。戦闘機の寿命がこんなに短くて大丈夫なのでしょうか?

800 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 01:05:18.68 ID:nItBpKa/
>>796
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%B3%E5%86%85_(%E6%88%A6%E8%89%A6)
最初の弩級戦艦の河内型二隻が計画時にはそれぞれ「伊号戦艦(河内)」、「呂号戦艦(摂津)」だったから、その次の扶桑型からイロハじゃなくて数字で仮称つけることにしたんじゃないの。

801 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 01:05:43.60 ID:6wGIJRp5
>>798
それはそうなんだが金属から放電しないかな

802 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 01:06:22.54 ID:BJuIZt/J
bf109はE型が出るまでは極めて低性能な機体でD型辺りが主力のまま戦争に突入していたら
英国のハリケーンの足元にも及ばずグラディエーターやフランスのモラン・ソルニエ406にすら差を付けられて敗退していただろうけどな

803 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 01:10:42.10 ID:nItBpKa/
>>799
ttp://trafficnews.jp/post/43528/
F-15Jは、8000飛行時間の構造寿命を持つよう設計されています。
航空自衛隊は年に約200飛行時間を消化しているので、単純計算で40年の実用に耐えます。

804 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 01:13:43.47 ID:h+VPUe+J
>>799
戦闘機はコンビニと違って24時間ずっと飛んでるわけじゃないんで。

一部隊に18機からの機体がいて交代で訓練してるし、点検などで一日中飛ばない日もあるから、
これまた毎日飛んでるわけでもない。

805 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 01:21:51.63 ID:h+VPUe+J
>>801
電子レンジ程度の電波出力でパチパチしたくらいで爆発するほど敏感かどうかだな。
信管や起爆部の電子機器が高周波でやられたり暴走したり、という可能性もなくはない、
かもしれない。

806 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 01:30:14.54 ID:iQlEShz6
バチバチしても薬莢の外側やん

807 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 01:39:35.64 ID:7wTdPY2W
YouTubeで馬鹿が花火(黒色火薬)を電子レンジに入れてたが、発火してた

808 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 01:45:12.10 ID:7wTdPY2W
あとディスカバリーチャンネル「怪しい伝説」の検証では、プラスチック爆薬の場合それだけでは爆発しないが、電気雷管を付けると加熱二秒で爆発

809 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 01:45:26.59 ID:yaBmUPrF
>>803 F-15J1機100億円。単純計算で1時間125万円かぁ
パイロット時給や燃料代1時間といった変動費を追加して、
1時間のフライト原価は、ざっくり試算で何円になるのでしょうか

810 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 01:51:40.54 ID:0NdYvYok
>>807
黒色火薬の場合炭素が水の変わりに発熱するからね

811 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 02:02:50.37 ID:I6bTHFBN
米陸軍小銃弾M855A1のソフトターゲットに対するストッピングパワーって増したのでしょうか。
ググってみると日本語の記事やコメントでは、
「M855より威力が増して強力な弾薬になった。」との記述が散見されます。
例を一つ上げますとこちら。
http://hb-plaza.com/guns/gun-news/m855ban/
(掲載日:2015年2月28日)

本当かなぁと思い、もう少し踏み込んで調べてみたのですが下の記事では
「ソフト ターゲットに対する威力は M855 と同等」という米軍担当官のコメントが掲載されていました。
http://news.militaryblog.jp/e221961.html
(掲載日:2011年05月19日)だだ、こちらはA1の運用が開始された翌年の記事です。

英文になりますが去年掲載の記事では
対抗馬(?)のMk318とのゼラチンブロックテストの明らかに見劣りする結果や
A1に対するネガティブなコメントが見られました。(私の誤解釈があるかもしれません。)
海兵隊の方へのインタビュー記事ですのでバイアスかかってるかもしれませんが。
http://www.sadefensejournal.com/wp/?p=2879
(掲載日:2015年1月30日)

運用が始まって5年経ちますが、日本語でのハッキリと統一された情報が見つかりません。
また、M855A1とMk318どちらかへの統一も検討されているというお話も拝見しましたので
「どちらが有力か。」と、その辺も含めて先達の皆様のご見解をお教え願います。

812 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 02:33:15.11 ID:nItBpKa/
>>809
パイロット時給や燃料代1時間といった変動費を追加して、
1時間のフライト原価は、ざっくり試算で何円になるのでしょうか

フライト原価って何を意味してるのかさっぱりわからないんだが。

813 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 03:01:31.42 ID:vtuZ2KEn
>>803
>>804
ありがとうございました

814 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 03:46:15.22 ID:yaBmUPrF
>>812 F-15Jは、1時間あたり何円の費用をかけて
飛んでいる計算になるのですか?

という質問です

815 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 05:08:00.71 ID:54M3BdQl
>>811
>「どちらが有力か。」と、その辺も含めて先達の皆様のご見解をお教え願います。


「○○と○○はどっちが強いの?」や「○○の中で一番強いのは何?」 という質問は回答の対象になりません
アンケート、またはそれに類する質問は禁止です

816 :system ◆system65t. :2016/01/15(金) 08:07:25.76 ID:LVPLpCRY
>>795
きっちり組んだ砲弾はシールドになるので電子レンジ程度の電磁波は遮断されて終わりそう。

現代の低感度爆薬は直接火であぶっても発火するだけで爆発しないのがたしなみ。

817 :system ◆system65t. :2016/01/15(金) 10:07:19.65 ID:eKvQK97h
>>814
米データでよければ
ttp://nation.time.com/2013/04/02/costly-flight-hours/

書いてあるとおり、購入から退役までのアップグレード含めた全費用を割ってるようです。


F-15じゃないけど
ttp://www.businessinsider.com/chart-shows-hourly-cost-of-military-aircraft-2014-12

こっちはもう少し限定的な費用で、A-10、F-22で比べると上記の2/3程度ですな。

818 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 10:47:38.86 ID:xRR4wwG9
ミリオタはイタリアが連合国に寝返ったのをバカにするけど
勝つ見込みのない戦争にいつまでも拘泥する日独のほうが愚かなんじゃないでしょうか

819 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 10:58:09.65 ID:h+h3u2jX
>>818
君の言い分は彼我の様々な情報が得られる現代だからこそ言える事であって、そういうのを「後出しジャンケン」という。

820 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 11:09:04.34 ID:xRR4wwG9
少なくとも日本は開戦前の試算で絶対負けるって結果が出てたよ

821 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 11:14:45.45 ID:byKTM8bY
演説したいなら他所でお願いします

822 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 11:34:03.63 ID:BJuIZt/J
>>818
イタリアを馬鹿にするのは大抵負け惜しみだから仕方ない

823 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 11:41:41.54 ID:5kxB+0bj
イタリアだってスパッと皆が裏切ったわけじゃなくてまだナチにつくって連中が国内に相当いて
んで北南に分かれて血みどろの内戦した挙句今でも北南で遺恨が残り格差問題とか色々あるんだから
イタリアも楽だったわけじゃない

824 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 13:33:17.06 ID:h7C7noO+
イタリアが南北で対立してるのはナチとか関係がない
ルネサンスの昔からのことだから

825 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 13:40:02.21 ID:h7C7noO+
>>817
それ、単位はそろってるのかなぁ
にわかには信じがたい数字が並んでる

E-3B   $39,587
C-32A  $42,936
C-5B   $78,817
CV-22B $83,256

C-32AがE-3Bよりコストが上とか、どう考えてもおかしい

826 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 14:05:26.26 ID:+r2X8XpO
その数字は採用時の数字だから古い機体ほど安いとか?
E-3Cなんてオイルショック前の機体だし。

827 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 14:23:30.36 ID:Adr3nrdv
旅客機には各種駆動系のためにエンジン発電機と風力発電機が付いていますが軍用機にもあるのでしょうか?
また、レシプロ時代にも民間機・軍用機ともにエンジン発電機と外部風力発電機はあったんでしょうか?

828 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 14:46:28.33 ID:F0lHfLuN
風力発電機ってRATの事かな?
戦闘機なんか60年代までの機体には大抵ついてるが途中で廃止した機種もある
F-4ファントムなどはE型の途中で廃止して代わりに補助動力装置APUが搭載された。
空自のF-4などはこのタイプだ。

829 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 15:00:29.98 ID:BoYj7Jpv
>>レシプロ時代
複葉機時代から単葉機の初期にかけて機械式の燃料ポンプを回す
小さな風車を付けてる時代があるけどな。
計器類が機械式で電動モータが無い時代はそんな感じ

830 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 15:56:49.27 ID:hG9t7fml
架空機だけど紅ブタのサボイアには付いていたなw
ラムエアタービンはF-15は付いてない代わりにJFSが搭載。
FA-18も付いてないでAPU搭載。
F-14は構造図見るとRATもAPUも無いみたいだがよく見ると非常用ラムエア吸入インテークっていうのがあるから露出しないRATがあるのかもしれない。

831 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 15:59:02.00 ID:h7C7noO+
こんなのもある
http://cdn-www.airliners.net/aviation-photos/photos/7/8/1/1164187.jpg

ていうか、ネットで探したら大半が普通のスピナだったんで、そっちにびっくり

832 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 16:25:05.69 ID:+r2X8XpO
プラウラーの機外ポッドに発電用のプロペラが付いてた覚えがある。

833 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 16:34:27.81 ID:h+h3u2jX
>>831
昔のドイツ機でスピナ先端がレモン絞りみたいになってるやつは、発電用じゃなくプロペラピッチの可変機構だった希ガス

834 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 16:45:03.95 ID:h7C7noO+
ドイツの可変ピッチは初期から電機式じゃなかったっけ

Bf108のプロペラのメーカ、さくっとググった範囲では出てこないな

835 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 17:00:54.04 ID:XCuCyp+g
>>832
機外装備のバディポッドやバルカンポッドなどにRATがついてるのは普通。
質問者の答えにはなってないだろ。

836 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 17:55:46.01 ID:aWI4GQS8
>>788
ぶっちゃけ手のひらぶち抜かれて死ぬか?って話

837 :system ◆system65t. :2016/01/15(金) 18:14:14.23 ID:eKvQK97h
ぼく死んじゃう(ウルッ

838 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 19:52:01.55 ID:BJuIZt/J
死ね

839 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 20:06:17.20 ID:DMlps1on
パッシェンデールの戦いのwikiに「ドイツ軍陣地の地下に爆発物を大量に仕掛け吹き飛ばし、英軍が占領に成功した」という作戦があるのですが
このような作戦を多用してWW1の塹壕戦を打破することはできなかったんでしょうか?

840 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 20:16:11.57 ID:d8AmB92P
>>839
出来ませんでした。理由は穴を掘るのに時間がかかりすぎる上に、
ドイツ軍、連合軍の陣地はともに南北に細長く形成されていたので
戦線の一箇所に穴を開けた程度じゃどうにもならないので。

841 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 20:17:45.85 ID:jnQKdO/+
>>839
坑道戦術(そういう戦法の呼び名)は準備と実施にえらい時間がかかる。
WW1には「工事期間が3年かかった」なんていうオソロシイものがあったくらいだ。

842 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 20:20:02.96 ID:BJuIZt/J
そもそも両軍とも坑道作戦はやってて聴音機でお互いに穴掘りを監視して牽制しあって
穴掘りがぶつかって地下で銃撃戦が起きたりしてた
そういった状況で大規模に多方面で坑道爆破を成功させる事自体無理

843 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 20:20:20.38 ID:DMlps1on
>>840>>841
返答ありがとうございます

844 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 20:30:38.97 ID:Xz/B5trE
イギリス空軍の巨大爆弾グランドスラムとトールボーイですが洞窟や鉱山を利用したドイツの地下工場を攻撃目標としなかったのは何故なのでしょうか?
入口を破壊するだけでも相当な効果があると思ったのですが。

845 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 20:39:22.20 ID:+r2X8XpO
>>844
入口という戦術目標を狙うなんてことができなかったから。

846 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 20:46:08.12 ID:Xz/B5trE
>>845
ラ・クーポールやミモイェックのV号兵器地下発射施設は入口を狙ったわけでもない攻撃で破壊されてしまいましたし
入口は「もし破壊できたら」という話で普通に爆撃していれば良かったんじゃないかと思います。

847 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 21:09:40.79 ID:nItBpKa/
坑道がどこをどういうふうに通っているかもわからないのに貴重な大型爆弾を落とすのってものすごく効果が低いと思うんだけど。
「鉱山」があるような起伏の多い地形なら精密爆撃は難度が高くて待ち構えてるFLAKの弾幕に突っ込むことになるし、高空からの公算爆撃では命中率がガタ落ちになるし。

848 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 21:11:13.39 ID:JKh6YR2S
一機当たり一発しか積めない超大型爆弾で面制圧(=「普通の爆撃」)なんて出来ません

849 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 21:20:21.45 ID:Xz/B5trE
>>847-848
うーん、地下数十メートルまで貫通するらしいので落盤を誘発して地下施設を破壊可能と思ったのですが厳しいのですね。
回答ありがとうございました。

850 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 21:25:17.16 ID:l+RJzD0T
古い映画だけど633爆撃隊というものを探してみるべきと思うぞ。

851 :814:2016/01/15(金) 21:41:35.65 ID:yaBmUPrF
ありがとうございました
オスプレイ7.0万ドル/h
F-35___3.2万ドル/h
A10____1.15
B-2____135.0
プレデタ_0.15

意外とA-10が割高。言われてるほどにはオトク感がない

852 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 22:24:18.36 ID:h7C7noO+
>>849
厚さ10mほどのUボート基地の屋根すら抜けなかったんだぜ
まぁ今でも小型戦術核でないと抜けないんだけど

853 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 23:19:44.88 ID:IBLwNOTm
レジオネラ菌/症って、発見の経緯から 退役軍人legion+菌ella/症osis
って命名ですが、軍関係からの反対運動とか無かったのでしょうか?

また、〜戦中の日本の「在郷軍人会」ですが、退役ではなく予備役で構成される
といった説明がなされてます。これは、傷病や年齢で予備役から外れると強制
退会となる、という事でしょうか?

854 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 23:34:15.78 ID:nItBpKa/
>>853
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%A6%E5%90%8D#.E5.91.BD.E5.90.8D
一度命名された種名は、分類が変更されない限り変更できない。

855 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 23:44:57.33 ID:7wTdPY2W
American Legionで米在郷軍人会、Legionだけなら別の意味(単に『軍団』)もあってイコール退役軍人ではないし

856 :名無し三等兵:2016/01/16(土) 09:03:41.64 ID:o0Df1OvS
幼年学校の学費って戦没者の息子は無料だったみたいだけど、それは戦死した二等兵の息子とかでもオッケーだったの?

857 :名無し三等兵:2016/01/16(土) 09:11:41.99 ID:LTsPXlOR
>>853
Legionは第一義はローマ時代の「軍団」なんだよ
古の栄光あふれる戦士の集団、ってなイメージがまずあって
その「古の」の部分を取り出してみて退役軍人を称える使い方に転じてる

日本語だと例えが難しいな

たとえば「防人:さきもり」って言葉があるけど
それが例えば陸自の予備自衛官を指す言葉として定着したとして(仮定だよ!)
その予備自衛官特有の何かが流行ったとして
「さきもりシンドローム」みたいな言葉になったとしても
予備自衛官自体は嫌な気はしないだろ?

858 :名無し三等兵:2016/01/16(土) 09:19:00.41 ID:uD3LSTHz
たしかにさだが「防人の歌」を歌ったときは嫌悪感しかなかったな

859 :名無し三等兵:2016/01/16(土) 09:27:40.89 ID:UeAzXHhi
コルトガバメントの.38スーパー仕様は、現在、どのメーカーから販売されていますか。

860 :名無し三等兵:2016/01/16(土) 09:58:36.05 ID:OSMFiUaK
>>857
その「さきもりシンドローム」が、予備自衛官による犯罪が多発したんで
日常生活に適応できない予備自衛官特有の精神病みたいな意味だった場合、
「予備自衛官が全員犯罪者になる訳じゃねーぞ」と思って嫌な気になると思うがな。

まぁ言葉の意味によるんじゃないでしょーか。

861 :名無し三等兵:2016/01/16(土) 11:56:32.27 ID:5gMNsY1V
>>859
どこからもありません

862 :名無し三等兵:2016/01/16(土) 12:25:19.71 ID:EnvdF4Ab
ジュール数と威力の関係についての質問です
例えば、フライパンを打ち抜くクロスボウや弓は、最低威力の50ポンドや14〜5kgの弓道部が使う和弓でもジュール数は6J程度しかないのに
フライパンなどに平然と穴を開けたりしますが、それより実測値で15〜20倍はジュール数が強い筈の、22lr弾や25ACP弾は
フライパンどころか、厚さ5mmの杉板ですら至近距離で撃っても貫通しないのは何故でしょうか?
貫通力≠威力というのはわかりますが、ここまでエネルギー量が桁違いに離れていて、こういう結果になるのが不思議でしょうがありません

863 :名無し三等兵:2016/01/16(土) 14:05:41.84 ID:rTB0hQ0w
A-10の話題で「アメリカ陸軍が空軍がCASに非協力的な場合陸軍でA-10を引き取ると脅している」とTwitterで見たのですが
そもそも既に戦闘ヘリでのCAS等は陸軍の管轄なのに、固定翼攻撃機を陸軍に取られてなにか空軍が困る事はあるのでしょうか?
そんなに空軍がCASをやりたくないなら陸軍に勝手に任せてしまってもいいと思うのですが…
ゲーリングが空母艦載機まで空軍所属にしようとしたように、空軍が陸軍に固定翼作戦機を持たせないのは軍事的合理性ではなく縄張り争いによるものなんでしょうか?

864 :名無し三等兵:2016/01/16(土) 14:09:20.88 ID:PRArYe4/
>>863
A-10を運用するための予算が空軍から陸軍に回される。

いらん物を厄介払いするのは願ったり叶ったりだが、その分予算を持って行かれてはたまらない。

865 :名無し三等兵:2016/01/16(土) 14:33:51.13 ID:I1+anctb
野戦砲兵とロケット砲兵の使い分けはどうなっているんでしょうか?

866 :名無し三等兵:2016/01/16(土) 14:44:54.06 ID:uD3LSTHz
ロケット砲兵と名乗っていることろはだいたい戦略核

867 :名無し三等兵:2016/01/16(土) 14:46:37.68 ID:MIAsW7Be
>>865
持続的な火力支援がほしいか、瞬間的な制圧力がほしいかが分かれ目。
まあそんなのが選べる贅沢な環境じゃなければ、近いやつ。

868 :名無し三等兵:2016/01/16(土) 14:50:49.74 ID:KpSKhaI4
ロケットランチャーが最初に大々的に投入された第二次大戦当時だと、攻撃に先立つ準備砲撃に多用
野砲に比べ射程が短く前線近くまで出てこなくてはならないので、防衛用には向かない

869 :名無し三等兵:2016/01/16(土) 14:59:06.47 ID:hx5J6vLZ
>>863
まあ縄張り争いってことで間違いではない。
一応1960年代に攻撃用固定翼機は空軍の所管ということで陸軍と空軍との間で協定が結ばれている。
もちろん協定を見直せば問題はなくなるわけだが、空軍としては今のラインから後退するのは基本的に困る
(もちろん予算の問題もあるし、今後も陸軍に攻撃用固定翼機をばんばん運用されたら空軍の存在意義にも関わってくる)。

ちなみに、陸軍も航空機絡みの予算削減の努力をしている関係で、A-10なんか引き取ってられるかバーローと高官が言ったという報道もあるし、
「陸さんも空さんも要らないならうちで引き取りましょうか」と海兵隊の偉いさんが言ったという話もあったり
(海兵隊に引き上げられてしまうと今度は陸軍が利用しにくくなるので陸軍が困る)。
というわけで、この問題では陸軍も空軍も困っている。

870 :名無し三等兵:2016/01/16(土) 15:54:19.83 ID:yGPKxaDe
>>862
形状とか硬度も係わってくるから
拳銃弾は先が丸いし鉛に薄い真鍮の被甲をかぶせただけのものだからね

871 :名無し三等兵:2016/01/16(土) 16:02:58.91 ID:QXI9F+Ri
初心者で質問があります。
爆弾のMk84の2000ポンド爆弾の威力を調べてるんですが、数字等は記載あってもyoutubeには83や82のばかりでイマイチMkシリーズ最大の爆弾の威力にピンと来ません。わかりやすい例えありますか?
かといって日本が保有してるのはMk82かJM-117に精密誘導つけた誘導爆弾ですよね。
そんな威力が低いのを揃えてるのはあくまでも多国の上陸部隊撃破を目的なためでしたっけ?
それでも、威力の高いMk84クラスを保有しない理由がわかりません・・。小さい威力の爆弾複数よりも大きい威力の爆弾一発のほうが効率が良いと思うのですが。

MOABも威力に疑問があります。
youtubeで見る限り、更地のところに投下してたので威力がわかりませんが。そこまで心理的に効果のあるものなのでしょうか?都市での威力とかがわかればいいのですが想像できないもので

872 :名無し三等兵:2016/01/16(土) 16:54:17.74 ID:uD3LSTHz
>>871
質問の意図がわからん
Mk84の爆発動画を見たいけど、つべにあるのかということか?
何を聞きたいか明確にすればここの回答者はびっくりするぐらい有能だが
あんたみたいな書き方だと馬鹿回答がずらっと並ぶぞ
それはそれで楽しかったりする場合もあえうけどね

873 :名無し三等兵:2016/01/16(土) 17:03:31.11 ID:rTB0hQ0w
>>864
>>869
ありがとうございました

874 :名無し三等兵:2016/01/16(土) 17:03:35.59 ID:I1+anctb
>>866-868
ありがとうございました。

875 :名無し三等兵:2016/01/16(土) 17:11:14.20 ID:yGPKxaDe
>>871
2000ポンド級の大型爆弾は、バンカーとか橋梁みたいな硬い目標を破壊するためにある
外征する国なら敵地のそういった目標を狙う必要があるが、専守防衛の日本の場合目標は上陸してきた敵地上部隊なので必要性が薄い
暴露目標とか輸送船のような硬くない目標に使うなら500ポンドや1000ポンドで足りる
投弾量が同じでも、大型爆弾少数より小型爆弾多数の方がより多くの面積を制圧できる

876 :名無し三等兵:2016/01/16(土) 17:11:44.31 ID:QXI9F+Ri
>>872
自分でも何を質問してるんだろう?って思うほど下手な文章でしたorz
Mk84の威力は、例えで良いので破壊力がどれほどなのか?教えてください。
なんで日本はMk84を導入しないのか?
MOABの威力ってどんくらいなの?例えで教えてください。
これが質問でした。申し訳ない。

追加で
P-3CとP-1のコックピットの下の爆弾倉はランチャーに対地爆弾を大量に入れて爆弾倉に搭載は可能でしょうか?

877 :名無し三等兵:2016/01/16(土) 17:13:02.19 ID:PRArYe4/
>>876
通常の航空爆弾を積むこと自体はできるよ。

爆撃照準器も計算機もないから、落として撒くだけになるが。

878 :名無し三等兵:2016/01/16(土) 17:30:50.16 ID:QXI9F+Ri
>>875
今の専守防衛の日本にとっては2000ポンドは必要はないみたいですね。
けど、将来的に敵地攻撃能力が必要になった場合はMk84は持つ可能性はありそうですね。
ありがとうございました。

>>877
可能なのですね。そうなると
P3CとP-1はどちらも総合計で9トン搭載可能ってことは
Mk 82を誘導装置一切つけず無誘導爆弾で使用するとして
P3Cは主翼に4発搭載したとして、爆弾倉にも入れるとして何発分入れることが可能ですか?
P-1の場合もそうですが主翼に8発搭載して、爆弾倉には何発入れることが可能ですか?
もともとこの2機は哨戒機ですが、一部では爆撃機というのも見かけまして、そっから気になって調べてる次第です。

879 :名無し三等兵:2016/01/16(土) 19:14:00.17 ID:PRArYe4/
>>878
P-3の兵装搭載箇所はこんな感じ
http://www.vp4association.com/wp-content/uploads/2011/04/Orion-wing-stations.png
http://i2.wp.com/www.vp4association.com/wp-content/uploads/2011/04/Bomb-bay.png

ここからすると、爆弾倉内には爆弾の類は、サイズにより各種で最大8発、最小3発、ということになるね。

880 :名無し三等兵:2016/01/16(土) 19:20:39.29 ID:r9BrHY9L
戦前の軍事マニアって、どういう状況だったのですか?
今は豊富に発刊されてるミリタリー専門雑誌って、大戦前の日本にはあるの?
模型の世界とかも、現在の凄腕モデラー顔負けの超すごいのあるの?
でも変に調べてると、当局にスパイ扱いされてしょっ引かれそうなイメージある。

881 :名無し三等兵:2016/01/16(土) 19:23:36.06 ID:PRArYe4/
>>878
と、改めて検索したら爆弾倉内のラックについてもっと詳しい図があった。
http://navyaviation.tpub.com/14313/img/14313_373_3.jpg
http://navyaviation.tpub.com/14313/img/14313_373_2.jpg

この説明によれば2段式でない方は「1000/2000ポンド用」ということだから、500ポンド爆弾なら8個積めるな。

あとオマケ
http://www.5sqnassn.org.nz/rhb21.jpg

882 :名無し三等兵:2016/01/16(土) 19:27:28.26 ID:iXlTFLqU
>>880
「戦前 軍事雑誌」などでぐぐれば普通に出ていて今と大差ないレベルの投稿や論争が行われていたことがわかる。

883 :名無し三等兵:2016/01/16(土) 19:44:31.83 ID:+XMR7T3X
>>880
個人Hpなので直リンは避けるが
warbords別館の真実一路というサイトに戦中の航空雑誌について語った項目があるのでオススメ

884 :名無し三等兵:2016/01/16(土) 19:46:17.92 ID:QXI9F+Ri
>>879
>>881
遅レスですが、いろいろとありがとうございます。
というか、いろんな組み合わせも可能なんですね・・・
P3Cがどれくらいまだ稼働中なのかはわかりませんし、いくつフィリピンに供与するかわかりませんが。
主翼に4発、爆弾倉に8発の12発搭載の仮に50機が稼働するだけでも脅威そのものですね・・・。
確かに一部の国が日本の哨戒機は爆撃機だって意見して警戒してましたが、日本の防衛能力は守り一辺倒ではなく汎用性は十分にあるってことですね。
P3Cを全部退役させてP-1に移行が完了したら更に一機2発分追加になるから末恐ろしいが頼もしい哨戒機ってことは確かですね。
ありがとうございました。
海外のサイトのほうはあまり詳しくなかったので助かりました。

885 :名無し三等兵:2016/01/16(土) 19:49:12.26 ID:QXI9F+Ri
けど、もしソノブイ投入できる穴にスリムサイズの爆弾が投入できたら、鬼恐ろしくなるな・・・。
P-1はP3Cより2発ではなく4発でしたね・・・失礼しました。

886 :名無し三等兵:2016/01/16(土) 19:54:51.03 ID:dc46YLhM
>>885
あの穴に入るのって、手榴弾か40mmの擲弾くらいで嫌がらせにしか使えない上に落とされると損害が馬鹿でかくなるからただのバカ話としか相手にさてないと思うぞ。

887 :名無し三等兵:2016/01/16(土) 19:57:25.22 ID:PRArYe4/
>>885-886
あのソノブイ投下口に機関銃を装着して「AP-3 地上/海上掃射機」という電波が受信されたが、きっとどこからかのECMだな、うん。

888 :名無し三等兵:2016/01/16(土) 20:03:39.84 ID:QXI9F+Ri
>>886
>>887
馬鹿げた話ですよね・・はい・・
ソノブイはソノブイで活躍して潜水艦探知網を構築に勤しんだほうがいいですね。

889 :名無し三等兵:2016/01/16(土) 20:43:46.65 ID:jHhUVRYL
まず第一にあんな鈍重な大型機が我が物顔で飛び回るためには戦闘機による徹底的かつ大規模な制空作戦か、
少なくとも大型機が作戦行動中は敵戦闘機がその空域に浸透してこないよう戦闘機を常に在空させる戦闘空中哨戒が必要なわけで。

ろくな爆撃システムを持たない「爆撃機もどき」が自由落下爆弾を闇雲に落とすような作戦行動にどれ程の脅威があるのか小一時間。

890 :名無し三等兵:2016/01/16(土) 20:58:31.41 ID:ELPirYBQ
>>862
脆いから割れてor潰れて弾の自壊にエネルギーが消えるんじゃね?

891 :名無し三等兵:2016/01/16(土) 21:09:25.35 ID:2Y5hwrGI
その爆撃機もどきに対艦ミサイル積もうとか以前提案されたというんだから爆弾積むのも馬鹿なことではあるまい

892 :名無し三等兵:2016/01/16(土) 21:12:11.65 ID:KpSKhaI4
遥か遠くから発射するミサイルと、目標上空まで行かなくてはならない自由落下爆弾が同じという珍説

893 :名無し三等兵:2016/01/16(土) 21:43:00.92 ID:SBto+qSQ
https://twitter.com/Andokoro/status/688264820441747456
射程8000メートルの戦術核って射程短すぎやしませんかね
最悪爆風で自滅しそう

894 :名無し三等兵:2016/01/16(土) 21:48:27.31 ID:PRArYe4/
>>893
この世には「最大射程約4,000m」の戦術核を発射する兵器、というものがあったのだぞ。
弾頭威力も0.02ktしか無いが、それでも「最大効果位置で炸裂させれば射撃地点も爆発の影響を受ける」という恐怖の兵器であるのだぞ。

「射撃時は掩体壕掘って撃ったらすぐに隠れるからいい」のだが。

…それはホントに大丈夫か? 大丈夫にしても「ただちに影響はない」ってだけなんじゃないのか? とかは訊くだけ野暮だ。

895 :名無し三等兵:2016/01/16(土) 21:51:25.08 ID:dm6TEVGA
また貴重なマソコが・・・
http://i.imgur.com/XwynVjw.jpg
http://i.imgur.com/1EoE9gA.jpg

896 :名無し三等兵:2016/01/16(土) 21:57:28.92 ID:MIAsW7Be
>>893
キロが抜けただけだろ。

897 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 01:10:41.34 ID:UY3wX18f
>>889
俺達はB-52に憧れただろ。だけど爆撃機はない。
ならそれっぽいのを作って大編隊組めば最強じゃん
ってことで俺達の希望はP-1に託されてるんだよ。

898 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 06:52:18.62 ID:cFk31kPh
素人なのですが機関銃の歴史を調べている中で疑問があったので質問です

Wikipediaの『マキシム機関銃』でこの銃が世界初の全自動式機関銃であるとの記述があったのですが、

『機関銃』の記事の歴史の項目を見てみると1871年にガス圧作動式のオチキス機関銃が登場して、
1884年に反動利用式のマキシム機関銃が登場したとありました。

ざっと調べてみたところどちらの作動方式も自動装填式みたいなので、
これが事実ならオチキス機関銃が全自動式機関銃として先に登場したことになるのでは?と疑問に思いました

899 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 09:19:26.39 ID:KvTmsbqu
太平洋戦争関連の話題で論破?されてしまったのですが混乱しています

「太平洋戦争直前のハルノートに対する返答(甲案・乙案)において
日本側がアメリカが蒋介石への援助を辞めてくれたら日本は南部仏印から撤兵し
中国とも和解する意思があることを示したのにこの日本からの和平案を蹴ったアメリカこそ戦争したがってた国」
みたいな主張を受けました。
 その人は
「日中戦争は第2次上海事変などで蒋介石国民党から仕掛けてきた戦争であって、日本は被害者で反撃側の国なのに
一方の蒋介石を援助(資源を輸出し続けた事)し、一方の日本への資源の輸出を止めるなんて これはアメリカから既に戦争を仕掛けていたも同然だ!
アメリカの援助のせいで何人の死ななくていい日本人(兵)が死んだことか!
日本がアメリカを攻撃することは反撃に他ならなかった」 という事を繰り返し話していたのですが質問です。

第二次世界大戦までの国際関係において、A国とB国という2ヵ国が戦争し始めたとして
第3国であった自国が友好国としていたA国には物資を今まで通り(もしくは負けて欲しくないから援助として)輸出し続け
一方のB国には対して和平の仲介案を飲まないと輸出を制限する(制限した後で解除しない)ぞ! という行動をとった場合
これは自国がB国に対して戦争を仕掛けている加害者 と見なされ、B国からの自国への攻撃は非難されなかったのでしょうか?

つまりは、自国が戦争当時者でないのに戦争している国々間に対して不平等に輸出を制限するのは片方に肩入れして宣戦布告していたのも同然だ!
という主張は通っていた……のでしょうか? (自分としてはそんな訳ないだろと思うのですが……)

900 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 09:28:31.90 ID:dchQz8u9
質問よろです。

艦内編成で米海軍のOPSをなぜ戦務長(船務長)と訳すのでしょうか?

また'Combat Systems Officer(CSO)'の方が、OPSよりもネーミング的に戦務長って感じがすると思いますが、
海自は米軍だと'Weapons Officer'に相当する士官と統合されて第一分隊(砲雷科)となっているのは何故でしょうか?
他にも海自はNavigationの内の探照灯、錨、ボートなどの甲板作業まで第一分隊に含まれますよね。
米海軍と比べて第一分隊に異常に集中し過ぎではなのでしょうか?
その歴史的なこととかが知りたいです。

901 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 09:47:28.28 ID:HCR+YvBa
>>899
それって人によって考え違うから明確に答えのある問題ではないんじゃないの
少なくとも質問スレで聞く内容じゃない

個人的にはイケイケドンドンで喧嘩売ったのに経済制裁されて被害者面するのはどうかと思うけど
別に経済制裁で被害者ぶるのは日本に限ったことじゃないし
現在進行形で経済制裁されてるロシアは欧米を鬼や悪魔のごとく叩いてる

902 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 09:49:56.80 ID:tRl8z8eM
>>899
>つまりは、自国が戦争当時者でないのに戦争している国々間に対して不平等に輸出を制限するのは片方に肩入れして宣戦布告していたのも同然だ!
>という主張は通っていた……のでしょうか?
「国際的に広く支持を得ていた」かと言うならNo、「こちらからの宣戦布告の口実になり得た」かと言うならYesでしょう
ぶっちゃけすべては当事者のプレゼンスと信用とコネ次第でして
とりあえず、
>一方の蒋介石を援助(資源を輸出し続けた事)し、一方の日本への資源の輸出を止めるなんて これはアメリカから既に戦争を仕掛けていたも同然だ!
>アメリカの援助のせいで何人の死ななくていい日本人(兵)が死んだことか!
>日本がアメリカを攻撃することは反撃に他ならなかった
この主張に関しては、連合国側は全く認めてないかと
そして日本は敗戦により公式には主張できなくなりました

903 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 10:08:04.70 ID:tJvjW6up
アメリカは、日本の不当な中国侵略に対する経済制裁としての禁輸措置を取り
かつ蒋介石政権への援助をしていたわけだ
これを戦争行為などと非難するのは、最近までやっていたイランへの措置や
あるいは北朝鮮に実行している数々の制裁と韓国への武器や防衛便宜供与を
戦争行為と非難するのと同列のこと

904 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 10:10:14.90 ID:tJvjW6up
ちなみに日本が満州だけで満足せず、華北進出などという不法にして無謀なことを
やらなかったら、多くの日本兵が無駄死にするはずもない
それを米の蒋介石援助と結び付けるのは頭の悪い連中としか言いようがない

905 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 10:21:44.87 ID:vRZyEogW
>>898
オチキスは「保弾板」って言って板の上に固定した弾を並べてそれを銃に送り込む
(送り込み自体は機械式の自動)方式で、現在機関銃の装弾方式として一般化した
弾帯式ではないので(金属の板状の弾帯、と考えることもできるが…)、定義によっては
「世界初の全自動式機関銃」とは呼ばないことがある。

906 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 10:33:35.81 ID:1lIpuDgJ
>>903-904
特亜人

907 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 11:07:49.12 ID:WtmV420H
@ソ連のT-44は実戦参加してないとある資料にあったけど本当なのか?
A第二次大戦中のドイツ戦車・突撃砲やアメリカ戦車は車体後部の上に荷物てんこ盛りなケースがあるけど、他国の車両でそんな例はあるのだろうか?

908 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 11:14:36.06 ID:vRZyEogW
>>907
1:実戦部隊は編成されたけど実戦そのものは経験してない、というのが定説。
2:それらの国ほど派手に載せてる例は少ないけど、戦車の上に荷物乗っけまくってる
  写真は大概の国の戦場写真にあるよ。

909 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 11:16:38.42 ID:dZbPXrJj
荷物(人間)

910 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 11:17:18.24 ID:EYAY6Ykc
>>898
オチキスが最初に作った機関銃は1897年試作だから他国版の誤訳か何かの勘違いだろう
>>905
オチキスは保弾板オンリーじゃねーから
http://40.media.tumblr.com/12a60d406c5d096a05085862d59e230c/tumblr_ntx1f3Q37x1tevf1do3_1280.jpg
http://armesfrancaises.free.fr/Mitr%20HOTCHKISS%20Mle%2014-soldats%20et%20bande%20art-WEB.jpg
http://www.lzdream.org/terre/tanks/fr/schneider/ca1_interieur_3.jpg

911 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 11:22:07.99 ID:V1h0uizM
>>907
1)本当なのかと言われても・・・
 現状、実戦参加したって資料がない

2)どこの国でも同じ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Japanese_Tank_Bataan.jpg
http://www.eindhoveninbeeld.com/eindhoveninbeeld.php?foto=27929&position=right_bottom

912 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 11:27:18.65 ID:dZbPXrJj
というか、マキシムも1880年代後半じゃないの?

913 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 11:36:14.68 ID:jyFhMOy8
>>467
乾先生に聞けば解決するよ
おそらく世界で一番25mm機銃に詳しい

914 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 11:42:39.26 ID:+8RzcewR
>>912です
完全にボケてた

915 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 11:52:01.52 ID:y4d4ViYR
というかwikiのオチキス機関銃のページも怪しいな
短い期間しか使われなかったとはいえガスオペ機関銃はブローニングの芋掘り機の方が先だろ
後、1872年に制式採用されたオチキス機関砲はこっちね
https://en.m.wikipedia.org/wiki/Hotchkiss_gun

916 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 12:43:47.21 ID:bhCC6ql6
>>503
>私は、1人でQC活動をしていました。

つまり個人レベルに過ぎない活動で公立学校名を勝手に名乗り、公認を得た学校全体でのQC活動とその主催者のように騙っていたわけですね
校名を使う許可は校長にも教委にも取ってない、許諾確認もやってない
きちんと許可を取ってる許諾確認をやってるなら、そこを突かれた時に即行で取ってるやってると返しがあるはずですが
そこに言及できない時点で後ろ暗い、と

名乗るなら「稲敷市立東中学校事務室・霞ヶ浦の住人チーム」位にしておくべきでしたね
独り活動なのに組織全体の名を騙るのは不味いですが、組織内のぼっちでもチームwなら一応名乗れますし

917 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 15:22:09.28 ID:5hr1ePfg
>138 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 17:28:45.39 ID:0TbfDW3F
>753 :名無し三等兵:2015/12/27(日) 20:51:34.77 ID:UCSpC3B1
>746
> 1 企業では有りません。
>では何故企業として一中学校の名が掲示されているのでしょうか?
>また、これについての教育委員会の許可の要否についてはまだ回答頂けていません
> 2 私の仕事の改善です。
> 『 私 の 』仕事の改善、ですか?
> 企業名一覧に載っていた稲敷市立東中学校のケースについて聞いているのですが、こ>れは『 私 』の活動、ということですか?
> 稲敷市立東中学校のホームページに職員一覧がないか探してみましょうかね
1 「企業などの職場で、提供するサービスや商品の質を向上する」。
> 2 私の仕事の改善です。
> 「企業などの職場で」のことです。
> 欄が、企業となっているだけのことです。
> 航空自衛隊全体で、QCサークル活動をしているそうです。
> 陸上自衛隊と海上自衛隊については、QCサークル活動をしていると、聞いたことが>有りません。
> 私の仕事の改善です。
> 「かめらじお。 ...
>そしてQCサークルは、
> 企業などの職場で、提供するサービスや商品の質を向上する
> ために、業務の流れなどをチェ... .」

>176 :名無し三等兵:2016/01/04(月) 02:23:37.62 ID:xt1psEJa
>138
>また、これについての教育委員会の許可の要否についてはまだ回答頂けていません
> これの答えは?
> 学校事務員だったのは自らバラしてる訳だから教委が絡むのは自明だし
>許可が要る要らないは事務員なら規則を紐解くなり上に伺い立てるなりで分かる筈です>が

「教育委員会の許可の要否について」「規則」が存在しません。

918 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 15:28:04.40 ID:5hr1ePfg
> 私の仕事の改善です。

貴方は、上部団体の許可が必要だと主張していますが、それは現実的では有りません。
私が他県の学校事務研究会で講演しました。
私の勤務していた、地区の教育研究会の学校事務部の責任者が「私の許可を取るべきだ」と言いました。
言い掛かりです。
学校事務研究会と、教育研究会は別組織です。
関係有りません。
私、個人が他県から講演を依頼されたのです。
知人の東京都の学校事務職員が、私の県の学校事務研究会で講演しました。
東京都の学校事務研究会の会長の許可を取るべきだったのでしょうか?
東京都に、学校事務職員は大勢いるのです。
他県から講演を依頼される人も、多いでしょう。
東京都「教育委員会の許可」を得て、区「教育委員会の許可」を得て、講演を受諾すべきだったのでしょうか?
現実に、そんなこと、不可能です。
教育委員会には、いろいろと仕事が有るのです。
一人の学校事務職員が、「私の仕事の改善」するのに、「教育委員会の許可の要」するなんて、有りません。

日本海軍には、艤装委員がいました。
軍艦が竣工に近づくと、乗組員に予定されている人たちが、乗り組みます。
造船所側と、いろいろ折衝します。
兵器の取り付け位置など、細かい所は、実際に使う人の意見を聞いて、微調整するのです。意地悪な造船所が有りました。
自分達が決めたことを、艤装委員の要望に基づいて、微調整することを拒否したのです。
「これを変更するには、海軍大臣の許可が要る」と主張したのです。
嘘です。
艤装委員は、そういった微調整をするために、派遣されているのですから。
海軍大臣にしても、兵器の取り付け位置の微調整で、許可を求められたら、迷惑です。
仕事の妨げです。

919 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 15:28:39.38 ID:5hr1ePfg
「艤装作業自体は当然本職の工員が行いますが、細部の艤装には実際に使う側の意見を反映させたい場合もあります」

下記、ウィキペディアで日本海軍艦艇のページを見ているとを参照ください。

ttp://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14140008854

920 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 15:28:52.83 ID:trZNHQbB
>>915
これだからwikiは信用ならん
そしてアホみたいにwikiのコピペをするカスミンがどれだけ薄っぺらいことか

921 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 15:38:30.99 ID:5hr1ePfg
日本人は官僚主義です。
第二次世界大戦中に、港へ杭を1本打つのに、何年もかかったそうです。
貴方の主張するように、上部の許可を求めたのです。

官僚主義では、戦争に勝てません。

日露戦争は、命令違反で勝利しました。
日本海海戦でのことです。
バルチック艦隊の先頭艦が進路を変えました。
東郷平八郎指揮する、連合艦隊(第1艦隊)司令部は、それを、阻止しようと、自分達も進路を変えました。
艦隊行動は、先に従います。
第2艦隊は、当然、第1艦隊に従わなければなりませんでした。
しかし、第2艦隊司令部は、バルチック艦隊の先頭艦は、単なる舵の故障と見ました。
第1艦隊から離れて、猛然とバルチック艦隊の進路を阻止しました。
第2艦隊は、巡洋艦から成っていました。
戦艦のバルチック艦隊に戦いを挑むなど、自殺行為でした。
しかし、何とか、撃沈されずに、バルチック艦隊の遁走を阻止出来ました。
しばらくしてから、間違いに気づいた、第1艦隊が戻ってきて、事なきを得ました。
第2艦隊が、命令に従っていたら、バルチック艦隊は、ウラジオストークへ遁走出来ていました。
その後、ウラジオストークを基地として、日本の海上交通を脅かし、満州の日本陸軍は孤立していたでしょう。
日本は、日露戦争に負けていたのです。
貴方は、命令に従って祖国が戦争に負けるのと、命令に反して祖国が戦争に勝つのと、どちらを選びますか?

922 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 15:38:58.38 ID:5hr1ePfg
「東郷は第1・第2戦隊に「左八点一斉回頭」(全艦左へ90度一斉に回頭)を命じ、第1戦隊は14時58分に各艦が北東へ変針を行った。
しかし

第2戦隊の上村は、後方をすり抜けようと急に回頭し接近を始めた「ボロジノ」およびバルチック艦隊主力を見て、東郷の命令に従わず

、速度を17ノットに上げ南東にほぼ直進のまま舷側戦闘を15時10分まで続けた」

下記、ウィキペディアの日本海海戦を参照ください。

ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%B5%B7%E6%B5%B7%E6%88%A6#.E7.AC.AC2.E6.88.A6.E9.9A.8A.E3.81.AB.E3.82.88.E3.82.8B.E5.A0.B1.E5.91.8A

923 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 15:49:04.84 ID:5hr1ePfg
>903 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 10:08:04.70 ID:tJvjW6up
>アメリカは、日本の不当な中国侵略に対する経済制裁としての禁輸措置を取り
> かつ蒋介石政権への援助をしていたわけだ
> これを戦争行為などと非難するのは、最近までやっていたイランへの措置や
> あるいは北朝鮮に実行している数々の制裁と韓国への武器や防衛便宜供与を
>戦争行為と非難するのと同列のこと

>105 名前:霞ヶ浦の住人 ◆1fZtWSiFl2 :2014/08/03(日) 17:05:53.72 ID:6z64bKdx
>725 :名無し三等兵:2014/07/17(木) 23:10:05.95 ID:RpiEKdav
>日本を対米開戦に導いたのって青年将校が根本的な原因といえますか?
>この青年将校って、血気盛んな、今でいえば世間知らずな若年層のネトウヨですよね?
>当時って米英に融和的な政策とれば、こいつらがすぐ政治家を暗殺するみたいな雰囲気
>だったと言えるじゃないですか

>霞ケ浦の住人の回答

>「日本を対米開戦に導いたのって」中堅「将校が根本的な原因といえます」!

>説明

>「日本を対米開戦に導いたのって」、海軍の中堅将校たちで、南部仏印進駐のときでした。
>青年将校は、地位が低くて、実権がありません。
>中枢に勤務する、中堅将校は実権がありました。

> 日本がアメリカに開戦した直接の理由は、石油の禁輸です。
>その、きっかけになったのが、日本軍の南部仏印進駐でした。

> 北部仏印進駐で、くず鉄を禁輸されました。
>南部仏印進駐で、石油を禁輸されるのは、当然に予想されました。
> 海軍軍令部の、中堅将校たちは、アメリカに石油を禁輸されて、アメリカに開戦することを覚悟して、
>南部仏印進駐を主張したのです。

924 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 15:59:59.96 ID:5hr1ePfg
>899 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 09:19:26.39 ID:KvTmsbqu
>太平洋戦争関連の話題で論破?されてしまったのですが混乱しています
>「太平洋戦争直前のハルノートに対する返答(甲案・乙案)において
>日本側がアメリカが蒋介石への援助を辞めてくれたら日本は南部仏印から撤兵し
>中国とも和解する意思があることを示したのにこの日本からの和平案を蹴ったアメリカこそ戦争した>がってた国」
>みたいな主張を受けました。
>  その人は
>「日中戦争は第2次上海事変などで蒋介石国民党から仕掛けてきた戦争であって、日本は被害者>で反撃側の国なのに
>一方の蒋介石を援助(資源を輸出し続けた事)し、一方の日本への資源の輸出を止めるなんて こ>れはアメリカから既に戦争を仕掛けていたも同然だ!
>アメリカの援助のせいで何人の死ななくていい日本人(兵)が死んだことか!
> 日本がアメリカを攻撃することは反撃に他ならなかった」 という事を繰り返し話していたのですが質問>です。
> 第二次世界大戦までの国際関係において、A国とB国という2ヵ国が戦争し始めたとして
>第3国であった自国が友好国としていたA国には物資を今まで通り(もしくは負けて欲しくないから援>助として)輸出し続け
>一方のB国には対して和平の仲介案を飲まないと輸出を制限する(制限した後で解除しない)ぞ!> という行動をとった場合
>これは自国がB国に対して戦争を仕掛けている加害者 と見なされ、B国からの自国への攻撃は非>難されなかったのでしょうか?
>つまりは、自国が戦争当時者でないのに戦争している国々間に対して不平等に輸出を制限するの>は片方に肩入れして宣戦布告していたのも同然だ!
>という主張は通っていた……のでしょうか? (自分としてはそんな訳ないだろと思うのですが……)

「宣戦布告を行わなかった主な理由はアメリカの中立法の発動による経済制裁を避けたかったからである。」

925 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 16:01:31.18 ID:5hr1ePfg
「戦争でなく事変と称されたのは、盧溝橋事件後の本格的な戦闘が行われても、1941年12月に太平洋戦争が勃発するまで両国は宣戦布告をおこなわなかったからである。
これは「大日本帝国と中華民国が互いに宣戦布告しておらず公式には戦争状態にない」という状態を、事変の勃発当初から日米戦争の開始までの4年間双方が望んだからで、

宣戦布告を行わなかった主な理由はアメリカの中立法の発動による経済制裁を避けたかったからである。

そして大日本帝国側は事態の早期収拾も狙っていた[4]。 中華民国側は物資輸入に問題が生じることを懸念していた[5]。」

下記、ウィキペディアの日中戦争を参照ください。

ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E4%B8%AD%E6%88%A6%E4%BA%89

926 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 16:09:34.80 ID:5hr1ePfg
>907 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 11:07:49.12 ID:WtmV420H
>@ソ連のT-44は実戦参加してないとある資料にあったけど本当なのか?
>A第二次大戦中のドイツ戦車・突撃砲やアメリカ戦車は車体後部の上に荷物てんこ盛りなケースが>あるけど、他国の車両でそんな例はあるのだろうか?

>908 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 11:14:36.06 ID:vRZyEogW
>907
> 1:実戦部隊は編成されたけど実戦そのものは経験してない、というのが定説。
>2:それらの国ほど派手に載せてる例は少ないけど、戦車の上に荷物乗っけまくってる
>  写真は大概の国の戦場写真にあるよ。

1 車内へ入れると容積を取る。
2 防弾に少しは役立つ。

イスラエル軍は、戦車や装甲車に「荷物てんこ盛りなケースがある」。

927 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 16:22:28.68 ID:5hr1ePfg
>616 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 01:32:49.30 ID:jdBHKEC+
>陸自について質問です。
> 旧陸軍は、戦争に負けこそしましたが、
> 中国戦線や南方作戦で相当程度の実戦経験
>を積み上げていますが、そこで蓄積した
> ノウハウは陸自に引き継がれているのでしょうか?
>それとも陸自は海自と違って完全に旧軍と断絶した存在なのでしょうか?

陸上自衛隊は、日本陸軍と連続した組織です。

建前では 「陸自は海自と違って完全に旧軍と断絶した存在なので」すとしていますが。
何しろ、同じ人間が陸上自衛隊に入っているのですから。
64式小銃の考えは、軽機関銃を全員に待たせるといものです。

928 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 16:25:56.04 ID:tJvjW6up
>>927
陸自の幹部自衛官に旧軍出身者はいないよ(GHQによって排除命令が出されている)
後に緩和されたが、旧軍の大佐以上はいないはずだ

929 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 16:32:20.70 ID:ff3SJmwx
装備に関しても帝国陸軍と陸上自衛隊に連続性はないしな。
駆逐艦梨を浮上させて護衛艦として就役させた海上自衛隊とは違うわな。

930 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 16:41:12.31 ID:5hr1ePfg
>928 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 16:25:56.04 ID:tJvjW6up
>927
>陸自の幹部自衛官に旧軍出身者はいないよ(GHQによって排除命令が出されている)
> 後に緩和されたが、旧軍の大佐以上はいないはずだ

「1954年(昭和29年)7月1日に、保安庁は防衛庁に改組され、保安隊及び警備隊は、「陸上自衛隊」、「海上自衛隊」及び「航空自衛隊」に改組された」


「実戦経験者による的確な運用が必要となったため、1951年(昭和26年)に中佐(副連隊長級)以下の陸軍士官学校出身者の入隊が認められたが、大佐(連隊長級)以上の入隊は認められなかった。
しかし1952年(昭和27年)7月、保安庁保安隊への組織改編を前に、軍事的専門性をより高めるために、旧陸軍省や参謀本部において太平洋戦争(大東亜戦争)の指導的立場にあった、元陸軍大佐10名、元海軍大佐1名の入隊が認められた。
このように続々と旧軍人たちが復権していき、現在の陸上自衛隊が形作られていった」

下記、ウィキペディアの陸上自衛隊を参照ください。

ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%B8%E4%B8%8A%E8%87%AA%E8%A1%9B%E9%9A%8A

931 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 16:42:39.25 ID:5hr1ePfg
>149 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 19:29:29.05 ID:8uSLufGv
>WW2中に建造された各国の護衛艦艇について調べて気になったことがあります
>米英で建造されたフリゲートはレシプロ機関を中心にして建造されていますが、
> 一方で日本で建造された海防艦はディーゼル機関を中心に建造されています
> レシプロ機関の方が安価で建造しやすいと目にしますが
>何故日本海軍は海防艦にレシプロ機関を採用しなかったんでしょうか?

>157 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 20:24:32.63 ID:8uSLufGv
>151
>152
>どうもありがとうございます
>丁型海防艦は私も気になったのですが、タービンはレシプロよりも燃費が良かったんで>しょうか・・・
> レシプロ機関もフリゲートの航続力みるに燃費がとても良さそうにも見えるのです

用語の使い方が正しく無いです。

「レシプロ機関」では無く、蒸気「レシプロ機関」と表記すべきです。
「ディーゼル機関」は、「レシプロ機関」に含まれる概念です。
よく、P−51戦闘機を、「レシプロ機関」の最優秀戦闘機と表現します。
ジェットエンジンとは、ガスタービンエンジンです。
回転運動をします。
ガソリンエンジンを、レシプロエンジンと、表記します。
レシプロとは、往復運動の意味です。
ガソリンエンジンやディーゼルエンジンも含まれるのです。
第二次世界大戦中、軍艦に使われたのは、蒸気タービンエンジンが多かったです。
釜で水を沸かし、その蒸気で、タービンを回します。
蒸気「レシプロ機関」は、釜で水を沸かし、その蒸気で、ピストンを往復運動させます。鉄道の、蒸気機関車と同じ原理です。
アメリカ海軍の護衛空母などが、蒸気「レシプロ機関」を使いました。
性能は低かったですが、信頼性は高かったです。

932 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 16:43:20.19 ID:5hr1ePfg
「何故

P-51が最優秀レシプロ戦闘機

なのか・ - 2ちゃんねる
hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1110091597/
何故P-51が最優秀レシプロ戦闘機なのか・.
1 :名無し三等兵:05/03/06 15:46:37 ID:OAMJ3Wv4: 重量過大の機体に1500馬力級の低出力エンジン。
当然加速性能、上昇性能共に低く旋回性能も劣悪。 2 :名無し三等兵:05/03/06 15:47:25 ID:??? 4さま」

「護衛空母 - Wikipedia
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/護衛空母
速力も20ノット未満で、カサブランカ級は機関に蒸気タービンではなく

蒸気レシプロを用いた

。 アメリカ・イギリス海軍で運用された護衛空母は油圧カタパルトを装備しており、短い飛行甲板と低速でありながらも船団護送には十分な航空戦力の運用能力があった。」

933 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 16:43:55.56 ID:igvLT1aj
さーお出かけしましょうね。
いつものように馬鹿カスボケ老人は相手するだけ無駄だからレスはご法度だよ〜ん

934 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 16:46:35.94 ID:5hr1ePfg
>161 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 21:24:38.42 ID:ei2DU7TB
>ドイツのポケット戦艦のスケールアップが大和、武蔵だった。

>162 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 21:30:20.61 ID:mkZY4iV+
>161
>誰から聞いた与太話か知らんがそれは間違いだな
>結果としてコンパクト&高火力な艦になっただけ
> ポケット戦艦のコンセプトは「巡洋艦より強く、戦艦より速い艦を作って通商破壊を>する」
> 大和型戦艦のコンセプトは「米国のポスト条約型戦艦より大きな砲を搭載して艦隊決>戦をする」
> 兵器としての運用構想が全くことなる。

「ドイツのポケット戦艦の」目的は、通商破壊戦でした。
「大和、武蔵」の目的は、艦隊決戦でした。

「ドイツのポケット戦艦」は、ディーゼルエンジンでした。
長距離を航海して、通商破壊戦をするためでした。
「大和、武蔵」は、蒸気タービンエンジンでした。

>151 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 19:40:00.17 ID:LrqxbQlB
>149
>ディーゼル機関の方が燃費が良いから

935 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 16:52:02.43 ID:5hr1ePfg
>181 :名無し三等兵:2016/01/04(月) 10:06:33.54 ID:GYkF20nb
>180
>なんかスレ違いってか板違いの話題なので続けるものあれだが、100円ショップの商品>の仕入れルートには
>「100円ショップ専用の商品」の他に
>「正規ルートで余ってしまったものを格安で仕入れる」(少し前に流行ってたようなジュ>ースとかがよく売ってるのはこれ)
> 「正規の生産品の弾かれもの」(検品をクリするのがギリギリだったもの)
> 「正規ルートのデッドストック品」(潰れた店の倉庫に長期保管されてたとか)
> 「日本より物価の安い国で大量に買ってくる」(なのでパッケージにハングルとかア>ラビア語とかタガログ語とかが…)
>というのがある。
>なので電池は最後のやつ(海外品)以外は外れ引く可能性がやたら高い。

「100円ショップ」で買っています。

936 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 16:52:25.79 ID:5hr1ePfg
毎日、中食を食べる食堂の、2階に「100円ショップ」が有るのです。
以前は、自炊をしていました。
スーパーマーケットで、カキフライなどの揚げ物が、見切り品として、半額で売っているのを、大量に買い込み、家で食べました。
体重が、102sになってしまいました。
台湾人の彼女から「100sは超えるな!」と厳命されています。
台湾へ行く前に、中食を外食に変えました。
理由は、追加の料理を頼むと、追加料金を支払わなくてはならないからです。
それによって、食事制限が出来ました。
100sちょうどで、台湾へ行きました。
厳命は、守れました。
家では、生卵や脱脂粉乳や黄粉を飲んでいます。
アメリカ人には、生卵を飲む習慣は無いそうです。
アメリカ映画『ロッキー』で、主演のシルベスタ・スタローンが、生卵を飲むシーンが有りました。
シルベスタ・スタローンは、このシーンで出演料の上乗せを要求して、映画会社に受け入れられたそうです。
アメリカ人の同僚は、おばあちゃんから「目玉焼きの半熟卵は、体に悪いから駄目だ」と言われていたそうです。
前は、日替わり定食680円の店でした。
今は、野菜いため定食630円の店です。
差額を食事代貯金として、「100円ショップ」で買い物をしています。
安くても、それなりに使えます。
現在は、97sです。

937 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 16:59:12.69 ID:5hr1ePfg
>195 :名無し三等兵:2016/01/04(月) 20:59:46.21 ID:hXmPw0EP
>「戦争は経済活動の一種」という言葉を聞いたことがありますが、
> 戦争には国益を得る為の国家プロジェクトといった側面もありますか?

そうです。

「国益を得る為の」行為です。
戦争とは、政治の延長なのです。
戦争に目的が有ります。
目的を達成出来たら勝利です。
出来なかったら敗北です。
戦死者が多いか少ないかでは無いのです。
朝鮮戦争で、中国は、アメリカの影響国と国境を接しないという目的を達成しました。
戦死者は、数十万人に達しましたが成功です。
フィンランドは、第二次世界大戦で、ソ連に、国民の6分の1が住んでいた領土を奪われました。
しかし、国家としての独立は保ちました。
成功です。
バルト3国はソ連に占領されました。
軍事雑誌『丸』にバルト三国の軍事博物館の記事が有りました。
国民がソ連に拷問されたり、シベリアへ流刑になった展示が有りました。
フィンランドは、そんな目に遭わなかっただけでも、成功でした。

938 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 16:59:37.88 ID:5hr1ePfg
「戦争論 - Wikipedia
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/戦争論
本書は戦争の暴力性や形態を決める重要な要因として政治を位置づけたものであり、軍事戦略を

主題とする最も重要な論文のひとつとして、今日でも各国の士官学校や研究機関で扱われている。 ..
. クラウゼヴィッツにとって戦争とは政治的行為の連続体であり、この政治との関係によって戦争はその大きさや激しさが左右される。 .....
ここでは

戦争が政治の延長

として位置づける議論が革命理論を背景としながら解釈されている。」

939 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 17:04:05.10 ID:5hr1ePfg
>929 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 16:32:20.70 ID:ff3SJmw
>x装備に関しても帝国陸軍と陸上自衛隊に連続性はないしな。
>駆逐艦梨を浮上させて護衛艦として就役させた海上自衛隊とは違うわな。

「12 、戦後の日本の小銃 | 日本の武器兵器
www.日本の武器兵器.jp/archives/3086
それが、「警察予備隊」から「保安隊」そして「自衛隊」への流れだ。
そのために、日本の兵器史 ...
小銃では韓国軍に日本の

九九式小銃を30.06弾用に改造し、三十年式銃剣とともに装備させ、それらは保安隊、後の自衛隊にも残った

。赤羽補給所に保管されてい ...」

940 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 17:08:30.96 ID:5hr1ePfg
>233 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 18:28:49.95 ID:tLL71ht4
>歩兵火力と砲兵火力の違いは何なのでしょうか?
> 歩兵火力には迫撃砲が、砲兵火力には野砲が分類されると聞きます。
>しかし、迫撃砲も野砲も間接射撃を行って相手の制圧を行うものであるので、分けて考>える必要が無いと思うのですが…

>237 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 18:46:46.51 ID:Q1OM6dhw
>233
>歩兵師団が砲兵師団に砲撃支援要請しなくても自由に使えるのが自前の歩兵砲・迫撃砲> 同じようにアメリカの戦車隊が砲兵に要請しなくても使えるのが、105mm榴弾砲搭載シャ>ーマンやカリオペ

>238 :名無し三等兵:2016/01/05(火) 18:47:54.91 ID:B4nr1wn2
>あらゆる軍隊の編成を知ってるわけではないが少なくとも俺のいた部隊では
>兵科として平時でも常に軽迫撃砲小隊は歩兵中隊に付属して戦闘して重迫撃砲は歩兵連>隊に付属してた
>野砲部隊は編成が戦闘団とかに改変されて連隊に付属されることはあっても
>平時でも常に編成が合体してる部隊はなかった
> この辺の密着性が分けてるのではないか

歩兵部隊が自前で、自由に使えるのが、歩兵火力です。

最近は、迫撃砲が普及していて、砲兵部隊でも使っているので、砲の種類による区別は、出来ません。
歩兵師団には、砲兵が組み込まれているのが一般的です。

第二次世界大戦までの、日本陸軍で、連隊は、兵科の最大単位でした。
歩兵連隊や、砲兵連隊が有りました。
師団は、諸兵科の連合でした。
歩兵科や砲兵科が存在しました。

941 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 17:13:14.69 ID:5hr1ePfg
>322 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 15:42:28.69 ID:FziWlo6x
>@海外のエアレースでは払い下げのP-51戦闘機などが活躍していますが、
> 逆にエアレース向けに開発された航空機を当時の軍用機として転用していた例などは>あるのでしょうか?
>A1930年代にエアレース用に開発され、当時の速度記録を出した機体として、ジービー>社のモデルRという機体がありますが
> この機体はまるで空飛ぶチョロQとでも言うべき形状をしており、スピード競技どころ>かまともに飛ぶのかすら心配になります
>調べてみると軍用機でもいくつかこのような形状の軍用機らしい画像が見つかったので>すが、1930年代の航空機としては当たり前の形状だったのでしょうか?
ttp://cdn.silodrome.com/wp-content/uploads/2012/04/Gee-Bee-Model-R2-2.jpg

スピットファイア

水上機の「エアレース向けに開発された航空機」でした。

昔は、水上機は、滑走距離の制限が無く、陸上機よりも、スピード競技には適していたのです。

942 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 17:19:06.65 ID:5hr1ePfg
>376 :名無し三等兵:2016/01/08(金) 08:22:31.23 ID:nQb305Cl
>米軍の前線で戦う兵士たちのパンツや下着は自前ですか?

貸与されますが「自前」も有っただろうと想像します。

アメリカ海軍の新兵が、貸与される下着を、ブリーフか、ボクサー型のパンツか、希望を聞かれたと本に書いています。

アメリカ海軍は、下士官兵まで、下着を含めて、被服の更新は、自分でするそうです。
アメリカ陸軍は、知りません。
アメリカ海軍は、入隊直後に下着を含めて、被服の一揃いが貸与されます。
その後は、給与に被服費が繰り込まれ、自分で更新するそうです。
東南アジアへ寄港した際に、安く、制服を作ったそうです。
士官ばかりでなく、下士官兵もです。
私は、台湾で、10000日本円で、ワイシャツ、4枚をあつらえています。
ワイシャツを作るために、台湾へ旅行したことも有りました。
現場仕事の人は、作業服ばかり使い、制服は着ません。
事務職の人は、制服ばかりを着ます。
その人によって、被服の消耗度が異なるのです。
「全部食べて良い。しかし、取ったのは全部食べろ」との、給食に関する標語が、アメリカ海軍に有ります。
これが、本人が食事量を管理して、全体が消費する食料を少なくする、最も合理的な給食方法なのです。
バイキング料理と同じように、着る、本人の責任で、被服を更新するとの、アメリカ式合理主義です。
ちなみに、日本陸軍では、残飯が出ていました。
陸軍の兵営の近くに、貧民街が存在しました。
日本陸軍は、残飯を安く売っていました。
貧民は、それを買って、食べていたのです。
第二次世界大戦後、日本の海上自衛隊隊員が、アメリカ海軍のガトー級潜水艦の供与を受けるため、アメリカ海軍の潜水艦学校へ入校しました。
モールス信号の訓練が、個人毎だったのに驚いたそうです。
得意な人は、不要な訓練を受けません。
不得意な人は、何時間でも訓練を受けられます。
日本海軍では、部隊の全員が、同じ時間の訓練を受けていました。

943 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 17:19:56.09 ID:5hr1ePfg
参考図書

「 11,800 件 (0.52 秒)
検索結果
イン・ザ・ネイビー―アメリカ第7艦隊水兵物語: ジロミ スミス ...
www.amazon.co.jp › 本 › 社会・政治 › 軍事 › その他
Amazon.co.jp: イン・ザ・ネイビー―アメリカ第7艦隊水兵物語: ジロミ スミス, Jiromi Smith: 本.」


「米軍の前線で戦う兵士たちのパンツや下着は自前」を使った人もいたただろうと、想像します。

アメリカ陸軍の少尉が自前の靴を使っていました。

統合参謀本部議長をした、コリン・パウエルが、自伝に書いています。
パラシュート降下訓練を受ける際に、私物のジャンプ・ブーツを使ったそうです。
自分のポケット・マネーで買った。
自尊心の有るパラシュート隊員なら、死んで捕まったとき、軍支給のブーツを履いていたら、面目がすたるからだ。
少尉が軍から、ジャンプ・ブーツを支給されていました。
それでも、私物のジャンプ・ブーツを、買って、使っていたのです。

参考図書。

『マイ・アメリカン・ジャーニー』コリン・パウエル著。

944 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 17:24:22.97 ID:5hr1ePfg
>390 :名無し三等兵:2016/01/08(金) 15:19:33.95 ID:GV4S6nmZ
>古今東西の軍艦は、自分を修理するための部品をどこまで積んでいるのでしょうか?
>エンジンが壊れるとか、窓ガラスが割れるとか、台所の火災でコンロが使えなくなると>か、ドアの取っ手が外れてしまうとか、いろいろなトラブルが考えられますが、どこま>で自分自身で対処できるのでしょうか?

艦の大きさによって違います。

大きな艦には、金工兵や木工兵が、います。
小さな艦には、いません。
映画『「連合艦隊』で、財津一郎が、大和乗り組みの、工作科分隊班長を演じていました。
かなりの程度まで、「自分を修理」していました。
金工兵や木工兵がいない、潜水艦でも、自分達で、自艦を修理していました。
アメリカ海軍の空母内で、コンピュータを修理している写真を見たことが有ります。

第二次世界大戦の日本海軍で、塗料を「どこまで積んでいるの」か問題になりました。
へそくりのように、必要な物資を溜め込むのが、担当者の甲斐性とされていました。
しかし、塗料は燃えます。
合戦時の被害増大になるのです。
必要になったら、港で渡すからと、担当者を説得して、塗料を艦から降ろしました。
部品も、重量増大になります。
必要以上に積むのは、戦闘能力の低下となります。

「連合艦隊 (映画) - Wikipedia
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/連合艦隊_(映画)
連合艦隊』(れんごうかんたい)は、1981年(昭和56年)8月8日に劇場封切り公開された東宝映画製作・東宝配給の特撮戦争映画である。 ....
この映画で使われた戦艦大和の模型は、石川島播磨重工業(現:IHI)の子会社によって9000万円の製作費を費やして縮尺1/20(13mサイズ)の ....
大和工作科分隊班長): 財津一郎; 小田切正人(海軍中尉。」

945 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 17:28:04.08 ID:5hr1ePfg
485 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 17:25:16.99 ID:O7C8EssO
>700 :名無し三等兵:2015/12/27(日) 17:38:45.65 ID:C6sMhWzy
>693 :名無し三等兵:2015/12/27(日) 17:19:30.23 ID:P0jQtmtv
>カーボローディングをいまどきやっているプロ選手はいません
>(本人かコーチが無知である場合を除く)
> 「ソース元にそう書いてあった」でも、それを選んでここに転載した人の罪は、
> 等しく有罪です
> いまどきカーボローディングを推奨した行為は有罪です
>誤りでしたごめんなさいと謝罪しろ

> お願い

>貴殿の正しい博識で、下記、ウィキテペディアのカーボ・ローディングを、書き直して>ください。

> 「カーボ・ローディング(Carbohydrate Loading)とは、スポーツなどの場面で、運>動エネルギーとなるグリコーゲンを通常より多く体に貯蔵するための運動量の調節及び>栄養摂取法である。
>グリコーゲン・ローディングとも呼ばれる。」

> 下記、ウィキテペディアのカーボ・ローディングを参照ください。

ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0

> お願い

>貴殿の正しい博識で、下記、ウィキテペディアのカーボ・ローディングを、書き直して>ください。

いい加減な書き込みを「した行為は有罪です」!
「誤りでしたごめんなさいと謝罪しろ」!

946 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 17:30:53.57 ID:5hr1ePfg
>507 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 18:08:44.03 ID:O7C8EssO
>504 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 18:01:11.46 ID:v3eDS3Md
>500
>さわるなと怒られそうだけどこれだけ言わせて
>燃料と酸素の混合比が大切なピストンエンジンってしってる?
>なんのために噴霧してると思うの?
> 飛行機の燃料投棄は着陸後の火災軽減のためだろ?
> 適当な想像を書かないように
>高校レベルだよ爆発限界なんて

質問

全日空や世界中の航空会社が、「燃料と酸素の混合比が大切なピストンエンジンってしって」無いで、「飛行機の燃料投棄」をしているのですか?

>501 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 17:51:10.60 ID:O7C8EssO「
>全日空機高知空港胴体着陸事故 - Wikipedia
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/全日空機高知空港胴体着陸事故
> 全日空機高知空港胴体着陸事故(ぜんにっくうき こうちくうこうどうたいちゃくりくじこ)とは、2007年>(平成19年)3月13日に高知空港で発生した全日本 ...
>機体はターボプロップ機であるボンバルディア DHC8-Q400 (機体記号:JA849A、2005年製造)で>あった。 ...
>事故機は小型機のため、非常時に燃料を投棄する設備が装着されておらず、2時間あまり

>空港上空を旋回し燃料を消費した上で、高知空港への緊急着陸態勢に入った

947 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 17:45:12.68 ID:ugV8rz8C
高血糖状態は、2時間くらいしか持続しません
余剰な肝臓内グリコーゲンは、すみやかに脂肪に変換されます
2日も3日も過剰蓄積を継続はできません
「肝臓グリコーゲンを一時的に増量させる」カーボローディングは
医学的にその機構は不可能と分かり、廃れました

「マイナスイオン」よろしく、信仰している人はいまだに大勢いますけどね
シロウトが実行しても、たんにデブになるだけです
wikipediaが間違っている・遅れている、ことはいくらでもあるのです

医師system氏のご見解をうかがいたいところ

948 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 17:48:48.04 ID:5hr1ePfg
>269 :名無し三等兵:2015/12/20(日) 19:06:34.98 ID:XGZu05XF
>267 :名無し三等兵:2015/12/20(日) 18:53:42.19 ID:Cs5ukMbM
>264
>だからなに?
> 実戦部隊があろうがなかろうが、在日米軍は連邦軍であり、
>カルフォルニア州軍じゃないということに変わりありませんが。

>在日米軍」に陸軍の実戦部隊はありません。

「アメリカ軍 - Wikipedia
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/アメリカ軍
アメリカ軍(アメリカぐん、英語: United States Armed Forces)は、アメリカ合衆国の軍隊である。 ...

普段から連邦政府の指揮下にある連邦軍

と、州の指揮下にあり戦時に編入される州軍、やはり戦時に編入される沿岸警備隊他、
各省管轄の準軍事組織に大別 ...
‎アメリカ陸軍 - ‎アメリカ海軍 - ‎アメリカ海兵隊 - ‎アメリカ空軍」

「州兵 - Wikipedia
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/州兵
州兵(しゅうへい National Guard)とは、アメリカ合衆国における軍事組織の1つ。
主な任務は、アメリカ軍の予備部隊として、兵員・部隊・サービスを連邦軍に提供することと、
アメリカ国内における災害救援、暴動鎮圧などの治安維持を行うことにある。
州軍(しゅう ...」

州兵は工兵隊も外国へ配備されるそうです。

949 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 17:49:38.30 ID:5hr1ePfg
オハイオ州兵の工兵部隊が、ジャマイカへ配備されました。
道路建設プロジェクトを支援したそうです。
統合参謀本部議長だった、コリン・パウエルが、私的旅行と、公務出張を兼ねて、夫人同伴で旅行しました。
両親の出身地なのです。
オハイオ州兵の工兵部隊を視察しました。
両親の生まれた家を訪れてむ、親戚と会いました。

「マイ・アメリカン・ジャーニー―コリン・パウエル自伝: コリン・L ...
www.amazon.co.jp › ... › 外交・国際関係 › エリアスタディ › アメリカ
Amazon.co.jp: マイ・アメリカン・ジャーニー―コリン・パウエル自伝: コリン・L. パウエル, ジョゼフ・E. パーシコ, Colin l. Powell, Joseph E. Persico, 鈴木 主税: 本.」

950 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 17:56:07.54 ID:5hr1ePfg
>947 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 17:45:12.68 ID:ugV8rz8C
>高血糖状態は、2時間くらいしか持続しません
>余剰な肝臓内グリコーゲンは、すみやかに脂肪に変換されます
>2日も3日も過剰蓄積を継続はできません
>「肝臓グリコーゲンを一時的に増量させる」カーボローディングは
>医学的にその機構は不可能と分かり、廃れました

>「マイナスイオン」よろしく、信仰している人はいまだに大勢い>ますけどね
> シロウトが実行しても、たんにデブになるだけです
>wikipediaが間違っている・遅れている、ことはいくらでもあるのです
>医師system氏のご見解をうかがいたいところ

> お願い

>貴殿の正しい博識で、下記、ウィキテペディアのカーボ・ローディングを、書き直して>ください。

> 「カーボ・ローディング(Carbohydrate Loading)とは、スポーツなどの場面で、運>動エネルギーとなるグリコーゲンを通常より多く体に貯蔵するための運動量の調節及び>栄養摂取法である。
>グリコーゲン・ローディングとも呼ばれる。」

ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0

951 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 18:09:51.95 ID:Bqln2PL7
>>950にしろsystemにしろスレ違いどころか板違いの話はやめてくれんか

952 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 18:13:02.55 ID:jodwudNX
GATEで日本のF4改がペイブウェイ運用してたけど、F4改なんかで運用できたっけ?
というよか、そもそも日本にペイブウェイなんか配備されてないよな?

953 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 18:37:52.45 ID:d72jzpdJ
>>952
専用スレがあるだろ
それがいやなら創作スレで聞け
テンプレぐらいよめ

954 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 18:49:31.85 ID:T1CLR/e4
>>939
自衛隊の前身である警察予備隊では米軍が給与していたM1ガーランドの不足を補う形で、
薬室を削り直して7.62mmx63弾(.30-06スプリングフィールド弾)を使用できるように改造した九九式短小銃が使用されていた。

あくまで、ガーランドの不足を補うためのもので、組織継承の証じゃない。

955 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 18:59:01.65 ID:5hr1ePfg
>954 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 18:49:31.85 ID:T1CLR/e4
>939
>自衛隊の前身である警察予備隊では米軍が給与していたM1ガーランドの不足を補う形で、
> 薬室を削り直して7.62mmx63弾(.30-06スプリングフィールド弾)を使用できるように改造した九九式短小銃が使用されていた。
>あくまで、ガーランドの不足を補うためのもので、組織継承の証じゃない。


>939 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 17:04:05.10 ID:5hr1ePfg>929 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 16:32:20.70 ID:ff3SJmw
>x装備に関しても帝国陸軍と陸上自衛隊に連続性はないしな。
>駆逐艦梨を浮上させて護衛艦として就役させた海上自衛隊とは違うわな。

> 「12 、戦後の日本の小銃 | 日本の武器兵器
>www.日本の武器兵器.jp/archives/3086
>それが、「警察予備隊」から「保安隊」そして「自衛隊」への流れだ。
>そのために、日本の兵器史 ...
>小銃では韓国軍に日本の

>九九式小銃を30.06弾用に改造し、三十年式銃剣とともに装備させ、それらは保安隊、後の自衛隊にも残った

>。赤羽補給所に保管されてい ...」

956 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 19:00:03.89 ID:5hr1ePfg
>927 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 16:22:28.68 ID:5hr1ePfg>616 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 01:32:49.30 ID:jdBHKEC+
>陸自について質問です。
> 旧陸軍は、戦争に負けこそしましたが、
> 中国戦線や南方作戦で相当程度の実戦経験
>を積み上げていますが、そこで蓄積した
> ノウハウは陸自に引き継がれているのでしょうか?
>それとも陸自は海自と違って完全に旧軍と断絶した存在なのでしょうか?

> 陸上自衛隊は、日本陸軍と連続した組織です。

> 建前では 「陸自は海自と違って完全に旧軍と断絶した存在なので」すとしていますが。
> 何しろ、同じ人間が陸上自衛隊に入っているのですから。
>64式小銃の考えは、軽機関銃を全員に待たせるといものです。

957 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 19:04:10.31 ID:T1CLR/e4
>>955
韓国軍にも配備されている以上、ほんとに不足するガーランドの不足を補うためのもので、
スプリングフィールド弾ように改造されてるし装備の継承じゃない。

958 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 19:11:24.39 ID:5hr1ePfg
>957 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 19:04:10.31 ID:T1CLR/e4
>955
>韓国軍にも配備されている以上、ほんとに不足するガーランドの不足を補うためのもので、
>スプリングフィールド弾ように改造されてるし装備の継承じゃない。

>939 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 17:04:05.10 ID:5hr1ePfg>929 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 16:32:20.70 ID:ff3SJmw
>x装備に関しても帝国陸軍と陸上自衛隊に連続性はないしな。
>駆逐艦梨を浮上させて護衛艦として就役させた海上自衛隊とは違うわな。

> 「12 、戦後の日本の小銃 | 日本の武器兵器
>www.日本の武器兵器.jp/archives/3086
>それが、「警察予備隊」から「保安隊」そして「自衛隊」への流れだ。
>そのために、日本の兵器史 ...
>小銃では韓国軍に日本の

>九九式小銃を30.06弾用に改造し、三十年式銃剣とともに装備させ、それらは保安隊、後の自衛隊にも残った

>。赤羽補給所に保管されてい ...」

959 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 19:24:54.32 ID:T1CLR/e4
>>958
あくまで、米軍供与兵器としてであって、自衛隊の自前調達じゃないですけど。

960 :898:2016/01/17(日) 19:25:49.60 ID:cFk31kPh
898です
>>915さんが紹介してくれた画像を見ると自分がWikipediaで見た1871年に登場したオチキス機関銃というのは、
ガス圧(全自動装填)じゃないガトリングガンみたいな方だったんですね

つまり全自動装填式の機関銃の開発自体はマキシム機関銃(1884年)が最初で、
その後にブローニングのM1895重機関銃(1890年-1891年)、
オチキスのMle1897(1897年)が登場したという解釈でいいのですかね?

961 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 19:28:55.69 ID:ugV8rz8C
カスミン「wikipediaによると、こうです」
「そりゃ間違い」
カスミン「wikipediaにも載ってます!」
反論が反論になってないません
このパターンは、複数回やってるんだが、懲りないなあ

持久走には、糖質が露出した粉モノ(小麦粉製品、麺類)を常食するより、
繊維質に内包されたもの(コメやイモ類や百合根など)を常食していたほうが、
良い成績が出ます
wikipediaを直したら、バカの数が減って、自分の長距離走順位が下がってしまう
だから誰も直さないんですよ

962 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 19:30:14.14 ID:5hr1ePfg
>959 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 19:24:54.32 ID:T1CLR/e4
>958
>あくまで、米軍供与兵器としてであって、自衛隊の自前調達じゃないですけど。

> 「12 、戦後の日本の小銃 | 日本の武器兵器
>www.日本の武器兵器.jp/archives/3086
>それが、「警察予備隊」から「保安隊」そして「自衛隊」への流れだ。
>そのために、日本の兵器史 ...
>小銃では韓国軍に日本の

>九九式小銃を30.06弾用に改造し、三十年式銃剣とともに装備させ、それらは保安隊、後の自衛隊にも残った

>。赤羽補給所に保管されてい ...」

963 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 19:33:26.12 ID:5hr1ePfg
>961 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 19:28:55.69 ID:ugV8rz8C
>カスミン「wikipediaによると、こうです」
> 「そりゃ間違い」
>カスミン「wikipediaにも載ってます!」
> 反論が反論になってないません
> このパターンは、複数回やってるんだが、懲りないなあ
>持久走には、糖質が露出した粉モノ(小麦粉製品、麺類)を常食するより、
> 繊維質に内包されたもの(コメやイモ類や百合根など)を常食していたほうが、
> 良い成績が出ます
>wikipediaを直したら、バカの数が減って、自分の長距離走順位が下がってしまう
> だから誰も直さないんですよ

> お願い

>貴殿の正しい博識で、下記、ウィキテペディアのカーボ・ローディングを、書き直して>ください。

> 「カーボ・ローディング(Carbohydrate Loading)とは、スポーツなどの場面で、運>動エネルギーとなるグリコーゲンを通常より多く体に貯蔵するための運動量の調節及び>栄養摂取法である。
>グリコーゲン・ローディングとも呼ばれる。」

> 下記、ウィキテペディアのカーボ・ローディングを参照ください。

ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0

> お願い

>貴殿の正しい博識で、下記、ウィキテペディアのカーボ・ローディングを、書き直して>ください。

いい加減な書き込みを「した行為は有罪です」!

964 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 19:34:46.00 ID:T1CLR/e4
>>963
>>貴殿の正しい博識で、下記、ウィキテペディアのカーボ・ローディングを、書き直して>ください。
>いい加減な書き込みを「した行為は有罪です」!

具体的にどの法律、条例のどの条文によるものか指摘してくれ。

965 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 19:39:34.05 ID:5hr1ePfg
>964 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 19:34:46.00 ID:T1CLR/e4
>963
>>貴殿の正しい博識で、下記、ウィキテペディアのカーボ・ローディングを、書き直して>ください。
>いい加減な書き込みを「した行為は有罪です」!

> 具体的にどの法律、条例のどの条文によるものか指摘してくれ

>485 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 17:25:16.99 ID:O7C8EssO
>700 :名無し三等兵:2015/12/27(日) 17:38:45.65 ID:C6sMhWzy
>693 :名無し三等兵:2015/12/27(日) 17:19:30.23 ID:P0jQtmtv
>カーボローディングをいまどきやっているプロ選手はいません
>(本人かコーチが無知である場合を除く)
> 「ソース元にそう書いてあった」でも、それを選んでここに転載した人の罪は、
> 等しく有罪です
> いまどきカーボローディングを推奨した行為は有罪です
>誤りでしたごめんなさいと謝罪しろ

966 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 19:43:17.77 ID:T1CLR/e4
>>965
間違い回答なら、あんたのほうが遥かに多いが、あなたはその間違いすら認めずに
逃げてますね。

967 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 19:44:55.15 ID:tJvjW6up
カスミンが悪いんじゃない
間違ったことを書いてるウィキペディアが悪いんだ
カスミンは間違いと知らずに引用してるだけだ

968 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 19:46:33.84 ID:5hr1ePfg
>966 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 19:43:17.77 ID:T1CLR/e4
>965
>間違い回答なら、あんたのほうが遥かに多いが、あなたはその間違いすら認めずに
>逃げてますね。

>誤りでしたごめんなさいと謝罪しろ

969 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 19:48:25.59 ID:T1CLR/e4
>>968
じゃあ、在日米軍は、カルフォルニア州軍と間違えたお前がまず謝罪しろ。

970 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 19:49:17.81 ID:5hr1ePfg
>967 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 19:44:55.15 ID:tJvjW6up
>カスミンが悪いんじゃない
>間違ったことを書いてるウィキペディアが悪いんだ
> カスミンは間違いと知らずに引用してるだけだ


> お願い

>貴殿の正しい博識で、下記、ウィキテペディアのカーボ・ローディングを、書き直して>ください。

971 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 19:57:34.12 ID:5hr1ePfg
>969 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 19:48:25.59 ID:T1CLR/e4
>968
>じゃあ、在日米軍は、カルフォルニア州軍と間違えたお前がまず謝罪しろ。

「初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 852 [転載禁止]©2ch.net
peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1444485774/522
2015/10/18 - 初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 852 [転載禁止]©2ch.net ...
そう言うと「アメリカ軍人は所属を問わず日本に入国したら『日本に在るアメリカ軍=在日米軍』として>扱う、だから ...
米陸軍の実戦部隊は日本に配備されていません」」

972 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 19:58:56.14 ID:p80wPOoW
>>961
昔、「キミの大好きなwikiの別項目にはこう載ってるから、キミは間違い。」って指摘したら、
素直に謝ってきた事があったw
極端な話、wikiの誤情報を修正した上で、そのwikiのリンクを貼ってやれば全部平謝り
してくると思うw

973 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 20:09:16.53 ID:ugV8rz8C
wikipediaの「カーボローディング」項目の記述じたい、
根拠スポーツ論文じたいは、まともです

しかし、この項目どおりの状態を再現するためには、
・死ぬほどガチの練習を ・「上手に」せねばなりません
厳密な観測と支援体制のない一般人では、
ハンガーノックで倒れるか、栄養不足で筋肉繊維のタンパク質を取り崩してしまうか、がオチです
つまり、カスミン氏が最初に引用したような、
「某栄養士がなんちゃってカーボローディングやって市民マラソンしたぞ」みたいな状況では、プラセボ効果だけです
wikipedia項目どおりには、有用現象を再現できません
現実は>>947で、逆効果
ようは理屈だおれってことです

974 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 20:09:53.59 ID:5hr1ePfg
>961 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 19:28:55.69 ID:ugV8rz8C
>カスミン「wikipediaによると、こうです」
> 「そりゃ間違い」
>カスミン「wikipediaにも載ってます!」
> 反論が反論になってないません
> このパターンは、複数回やってるんだが、懲りないなあ
>持久走には、糖質が露出した粉モノ(小麦粉製品、麺類)を常食するより、
> 繊維質に内包されたもの(コメやイモ類や百合根など)を常食していたほうが、
> 良い成績が出ます
>wikipediaを直したら、バカの数が減って、自分の長距離走順位が下がってしまう
> だから誰も直さないんですよ

>972 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 19:58:56.14 ID:p80wPOoW
>961
>昔、「キミの大好きなwikiの別項目にはこう載ってるから、キミは間違い。」って指摘したら、
> 素直に謝ってきた事があったw
> 極端な話、wikiの誤情報を修正した上で、そのwikiのリンクを貼ってやれば全部平謝り
> してくると思うw


「素直に謝ってきた事があった」を提示してください。

975 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 20:12:41.07 ID:5hr1ePfg
73 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 20:09:16.53 ID:ugV8rz8C
>wikipediaの「カーボローディング」項目の記述じたい、
> 根拠スポーツ論文じたいは、まともです
> しかし、この項目どおりの状態を再現するためには、
>・死ぬほどガチの練習を ・「上手に」せねばなりません
>厳密な観測と支援体制のない一般人では、
>ハンガーノックで倒れるか、栄養不足で筋肉繊維のタンパク質を取り崩してしまうか、がオチです
> つまり、カスミン氏が最初に引用したような、
>「某栄養士がなんちゃってカーボローディングやって市民マラソンしたぞ」みたいな状況では、プラセボ効果だけです
>wikipedia項目どおりには、有用現象を再現できません
>現実は>>947で、逆効果
>ようは理屈だおれってことです


> お願い

>貴殿の正しい博識で、下記、ウィキテペディアのカーボ・ローディングを、書き直して>ください。

976 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 20:13:23.98 ID:ugV8rz8C
カーボローディング
特殊な状況下での例外話が、プロスポーツ界を含めて、拡散したあと、
さらにおかしな誤解が付与して、市民ランナー間に広まりました
(結果があの栄養士のサイトです)
(流行したからって、有用とか高効率とか限らないのです)
(明治初期ごろの「戦艦には、衝角を標準装備しよう」アレに似てるかな?)
それを、カスミン氏はさらに、おかしな自説の論拠に「ねじまげて」使った
3重に間違えたうえに、関係ない話

おおもとの話
「粉モノ食品は“腹持ち”の向上に寄与しません。逆に腹持ちが悪いです」
麺類は、すぐおなかすきます
(で彼は「いやそうじゃない、麺類はスタミナが出る。カーボローディング」とか言い出した)

977 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 20:18:07.37 ID:T1CLR/e4
>>971
じゃあ、あんたの豊富な知識で、Wikipediaの在日米軍のページを書き換えろよ。
在日米軍
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%A8%E6%97%A5%E7%B1%B3%E8%BB%8D
在日米軍(ざいにちべいぐん、United States Forces Japan、略称USFJ)は、日米地位協定(旧日米行政協定)に基づき戦後も日本国内に駐留するアメリカ合衆国軍である。

カリフォルニア州軍だと断言したのはあんただぞ。
さっさと書き換えろ。

978 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 20:19:55.58 ID:5hr1ePfg
>976 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 20:13:23.98 ID:ugV8rz8C
>カーボローディング
>特殊な状況下での例外話が、プロスポーツ界を含めて、拡散したあと、 >
さらにおかしな誤解が付与して、市民ランナー間に広まりました
>(結果があの栄養士のサイトです)
> (流行したからって、有用とか高効率とか限らないのです)
> (明治初期ごろの「戦艦には、衝角を標準装備しよう」アレに似てるかな?)
>それを、カスミン氏はさらに、おかしな自説の論拠に「ねじまげて」使った
>3重に間違えたうえに、関係ない話
>おおもとの話
> 「粉モノ食品は“腹持ち”の向上に寄与しません。逆に腹持ちが悪いです」
> 麺類は、すぐおなかすきます
>(で彼は「いやそうじゃない、麺類はスタミナが出る。カーボローディング」とか言い出した)


>「素直に謝ってきた事があった」を提示してください。

979 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 20:22:19.49 ID:5hr1ePfg
>977 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 20:18:07.37 ID:T1CLR/e4
>971
>じゃあ、あんたの豊富な知識で、Wikipediaの在日米軍のページを書き換えろよ。
> 在日米軍
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%A8%E6%97%A5%E7%B1%B3%E8%BB%8D
>在日米軍(ざいにちべいぐん、United States Forces Japan、略称USFJ)は、日米地位協定(旧日米行政協定)に基づき戦後も日本国内に駐留するアメリカ合衆国軍である。
>カリフォルニア州軍だと断言したのはあんただぞ。
>さっさと書き換えろ。


「初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 852 [転載禁止]©2ch.net
peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1444485774/522
2015/10/18 - 初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 852 [転載禁止]©2ch.net ...
そう言うと「アメリカ軍人は所属を問わず日本に入国したら『日本に在るアメリカ軍=在日米軍』として>扱う、だから ...
米陸軍の実戦部隊は日本に配備されていません」」

980 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 20:24:38.79 ID:WtmV420H
>>908
ありがとうございます

981 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 20:26:11.11 ID:WtmV420H
>>911
ありがとうございます

982 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 20:34:27.71 ID:5hr1ePfg
>976 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 20:13:23.98 ID:ugV8rz8C
>カーボローディング
>特殊な状況下での例外話が、プロスポーツ界を含めて、拡散したあと、
>さらにおかしな誤解が付与して、市民ランナー間に広まりました
>(結果があの栄養士のサイトです)
> (流行したからって、有用とか高効率とか限らないのです)
> (明治初期ごろの「戦艦には、衝角を標準装備しよう」アレに似てるかな?)
>それを、カスミン氏はさらに、おかしな自説の論拠に「ねじまげて」使った
>3重に間違えたうえに、関係ない話
>おおもとの話
> 「粉モノ食品は“腹持ち”の向上に寄与しません。逆に腹持ちが悪いです」
> 麺類は、すぐおなかすきます
>(で彼は「いやそうじゃない、麺類はスタミナが出る。カーボローディング」とか言い出した)

>「初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 776
armybeginner.web.fc2.com/beginner/1361602665.html
>2013/02/23 - 過去ログ ○初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 773 (実質774) ......
プロ野球巨人軍に、クロマティーという、アメリカ人選手がいました。
巨人軍の ... クロマティーは試合前に、

スパゲティーを腹八分目に食べていたそうです。

兵士も同じ ...」

983 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 20:45:30.73 ID:ugV8rz8C
>>982 何も食わないよりは、スパゲティを軽く食ったほうが成績は良いね
クロマティ選手は1990年秋が最後の出場
彼の全盛期は、30年も前の話で、たしかに、そのころは
カーボローディングは流行理論(流行宗教)だったよ
時代とともに、スポーツや栄養の常識は変わるんだ
おにぎりを軽く食ったほうが、さらに成績が出ただろうね

災害救助で穴掘ってる自衛官には、
そばうどんカンパンよりも、おこわ・赤飯のほうが評判いいですよ
はらもちがいいから

984 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 20:49:47.13 ID:T1CLR/e4
>>979
だれも陸軍の実戦部隊の所属を問題にしてないが。
在日米軍が、カルフォルニア州軍だと断言したのはあんただぞ。

985 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 20:51:02.62 ID:/3Eb7PTc
爆撃機の防御銃座について質問します
Pe-8のエンジン下部には有人銃座が、P108のエンジン上部には遠隔操作銃座が存在しますが
同時期の他の爆撃機にはエンジン部防御銃座はありませんし、後のB-29やB-36・Tu-16等も胴体の銃座しかありません

このエンジン銃座は演習や空戦研究等で「エンジン部分にも防御銃座が有ると強い」と判断され少数の機種で実際に付けられたが
実戦で使ってみると全然役に立たなかったので後発の爆撃機では顧みられず、胴体銃座だけに戻ったということなんでしょうか?

986 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 20:53:46.49 ID:5hr1ePfg
>983 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 20:45:30.73 ID:ugV8rz8C
>982 何も食わないよりは、スパゲティを軽く食ったほうが成績は良いね
> クロマティ選手は1990年秋が最後の出場
> 彼の全盛期は、30年も前の話で、たしかに、そのころは
> カーボローディングは流行理論(流行宗教)だったよ
>時代とともに、スポーツや栄養の常識は変わるんだ
> おにぎりを軽く食ったほうが、さらに成績が出ただろうね
>災害救助で穴掘ってる自衛官には、
>そばうどんカンパンよりも、おこわ・赤飯のほうが評判いいですよ
> はらもちがいいから


初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 850 [転載禁止]©2ch.net
peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1441809100/
2015/09/09 - ... ば質問をどうぞ。 前スレ 初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を
849 http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1440462448/ ......
パンを食べ慣れている、アメリカやヨーロッパのスポーツ選手たちも、
試合の前には、クロマティーのように、パスタを食べています。 ...
ちなみに、当時の巨人軍の日本人選手たち(現在横浜の監督をしている中畑など)は、
合の前に、ステーキやら鮨やら、ばくばく食べていたそうです。

987 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 20:55:48.05 ID:5hr1ePfg
>984 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 20:49:47.13 ID:T1CLR/e4
>979
>だれも陸軍の実戦部隊の所属を問題にしてないが。
> 在日米軍が、カルフォルニア州軍だと断言したのはあんただぞ。

「初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 852 [転載禁止]©2ch.net
peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1444485774/522
2015/10/18 - 初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 852 [転載禁止]©2ch.net ...
そう言うと「アメリカ軍人は所属を問わず日本に入国したら『日本に在るアメリカ軍=在日米軍』として>扱う、だから ...
米陸軍の実戦部隊は日本に配備されていません」」

988 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 20:59:39.24 ID:wEpeFzbV
>>928 陸軍大佐なら杉田一次、井本熊男。たしか他にもいた筈だが。
(「大佐以上」なら、大佐はいないって事になるので。旧陸軍の将官なら陸自にはいなかったと思うが。
 …あと、NGIDに同意するようで癪ではあるが、竹下正彦の陸自入隊は誰か止めなかったのか、本当に?)

989 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 21:38:55.54 ID:ugV8rz8C
>>986
パスタはコメやイモよりも、腹持ち しない
一般人でも知ってる普遍的な経験則です

「試合前に炭水化物を摂ると、タンパクを取るよりかはパフォーマンスが良い」
これは、
パスタは腹持ちする の証明材料になりません

試合の直前に食ったくらいでは、蓄積グリコーゲン在庫は
(少々は増えますが)
「通常上限を超えて」までは増えません 
クロマティの逸話は、カーボローディング現象を起こせてません
何日も前から有酸素運動と食事を調整して仕込んで、はじめて起こせる現象ですからね
これも間違い
2重にまちがってます

990 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 21:41:11.98 ID:MZo/rrs3
>>942
カスミンただの変な人だと思ってたけど詳しくありがとう

991 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 22:08:38.72 ID:ugV8rz8C
カーボローディングは、過剰回復を利用した、ある種の自然ドーピングです
年に1回あるマラソン大会の直前に、グリコーゲン在庫を過剰になるよう
最低でも月単位がかりで特定1日のためだけに調整する
プロ野球選手みたいに、シーズン半年中は毎日毎日連戦、
という状況では適用ができません

また、野球は瞬発力系のスポーツです
(ボールが来たとき以外、3時間中ほとんどを、だらーんとしてますからね)
マラソンみたいな持久力系のスポーツではありません
ここに、長距離走用のテクであるカーボローディングを持ち込んでも
効用は薄いのですが
(また逆に、試合直前にタンパク中心食という中畑らの不利行為も、被害は少ない)
そこは当時の流行宗教ですから、
ねこもしゃくしもカーボローディングになってない、
カーボローディングもどきを喜んでやってました
結果はただのリバウンドで脂肪が増えるだけということを知らずに

992 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 22:32:58.72 ID:7y5IcbcN
>>985
エンジンナセルの銃座なんてうるさいし熱いし真っ先に撃たれるしでこんなところに居たいと思う機銃手はいないと思うぞ。
Pe-8だって後期生産型では廃止してるし。
リモコンにしても1940年代の技術では信頼性や命中率で不安がある。

993 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 23:30:28.88 ID:7y5IcbcN
アレの定時爆撃が終わったようなので今のうちに新スレ立て誰かよろしく。

994 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 23:42:33.69 ID:sH8hyisW
>>917-918
あなたは「同じ教育関係内での講演への上長の許可の要否」に摩り替えてますが
とやかく言われてるのはQCサークル大会という多種多様の業種が集まる場に公立学校の看板を無断で持ち出した点でしょ
部外者が参加企業に学校名が挙がっているのを見たら「学校として取り組んでいる」としか捉えませんが
実態は完全に個人の活動でしかない訳です

 民間企業の大会参加者「あ、東中学校の校長先生。東中もQC活動をやってるんですね!」
 東中の校長先生「は?QC活動?いったい何のことです?」
 民「えっ」
 東「えっ」
こうなったら校長先生は赤っ恥ですね

995 :名無し三等兵:2016/01/18(月) 00:00:54.80 ID:9krBrGCg
>>798
遅くなりました。ありがとうございました。

996 :名無し三等兵:2016/01/18(月) 01:20:17.12 ID:ukNvnXwf
>>988
日本語は難しいなぁ
「大佐まではいる」というつもりで書いたんだが、たしかに真逆に解釈できる
ていうか、そっちになっちゃうかw

>>985
レシプロエンジンのエンジンナセルは空だし容積もけっこうある
そこをどう利用するかが設計者の腕のみせどころでもあったわけで、銃座を設けるのは
けっこういいアイデアに見えた
だが992氏の理由に加えて、機軸から離れた場所だから偏差はその分大きくなり無駄弾が
多くなってしまうので廃れた

997 :名無し三等兵:2016/01/18(月) 06:13:18.90 ID:nzqdRKJO
>>861
回答ありがとうございます。
9mm口径の1911は、9mmルガー仕様が主流のようですね。

998 :名無し三等兵:2016/01/18(月) 10:51:05.18 ID:xWB8tBL0
>>886
現在主流のB タイプソノブイで直径124mmだから、小型の爆弾や小口径のミサイル程度は入るぞ。

999 :名無し三等兵:2016/01/18(月) 11:14:53.83 ID:Ci6KSReK
>>997
9mmパラベルムな、うるさく言うと

昔は.38スーパーをコルトも出してたしサブマシンガン仕様まであったんだがなあ
ttps://jp.pinterest.com/pin/322992604496864104/

1000 :名無し三等兵:2016/01/18(月) 11:16:40.73 ID:Ci6KSReK
と思ったら出てるぞ、今でも
ttp://www.sigsauer.com/CatalogProductDetails/1911-traditional-match-elite-stainless.aspx

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

368 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)