2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 853 [転載禁止]©2ch.net

1 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 18:35:41.71 ID:L/cObX7/
軍事に関する質問はこのスレッドでどうぞ。

質問の前に検索してみてください。疑問が
解決しなければ質問をどうぞ。

前スレ
初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 852
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1444485774/

2 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 18:37:51.14 ID:L/cObX7/
関連スレ

派生議論スレ46
 http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1407854048/

 書籍については
軍事板書籍・書評スレ 70 [転載禁止]©2ch.net
 http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1441160335/

軍事雑誌総合スレ 第28号 [転載禁止]©2ch.net
 http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1433549782/

自衛隊関係はこちらへ
 http://wc2014.2ch.net/jsdf/

 映画や小説、創作設定については
■○創作関連質問&相談スレ 80○■
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1434802781/

 質問を元に雑談を行いたい場合、アンケート質問などは
◆◆最初に読もう!軍事速報&雑談スレ283◆◆
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1445480903/l50

3 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 18:38:26.49 ID:L/cObX7/
質問・回答をする前に必ずテンプレ(>>1>>3-5) を読んでください
このスレは個人の意見や思想などを語り合うスレではありません
議論がしたい方、ご自分の意見を主張なさりたい方はテーマに沿ったスレを探してください

★★スレ立てルール
 このスレの950が次スレを立ててください
 立てられない時はその旨と次スレ立てる人の指名を願います
 その宣言後か、または30分以上スレが立てられなかった時は別の人が宣言して立てて下さい
 そもそも950から何も反応が無い場合は、善意の人が自発的に次スレ建てを宣言し、実行して下さい
 テンプレの大幅な改編及び2ch外部のリンクやサイト名をテンプレに入れるのは禁止です

現時点ではID強制になっているので以下は参考まで
 > ★★質問の際はメール欄に何も記入せずIDを表示させてください★★
 > 荒らし防止のため、IDを出さないと質問と認められません (※回答者の方もID出し推奨です)

4 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 18:38:55.48 ID:L/cObX7/
○質問者の皆様へ

・このスレは軍事の初心者へのQ&Aであり、議論の初心者・人間の初心者は立入禁止です
・軍事に関係の無い質問、ネタ質問、アンケート、またはそれに類する質問は禁止です
・「目の前の箱使え」「ググれ」と回答されたり、Wikipediaを紹介された場合、それでもわからなければ「どんな『検索ワード』を使えばいいか?」を尋ねてください
・曖昧な内容の質問,想定する状況があまりにも非現実的な質問は明確な回答ができません
・各国の軍隊の優劣、個々の兵器の優劣は状況次第で容易に逆転し、単純に比較できるものではなく、「最強論議」は無意味です
 「○○と○○はどっちが強いの?」や「○○の中で一番強いのは何?」 という質問は回答の対象になりません
・「〜で××見たけど何かあったの?」という質問は、守秘義務等により回答の対象になりえないこともあり、回答がついてもそれはただの想像であるかも知れません
・「〜って本当?」のような質問は、「〜」について述べたソース元(文献やニュース番組、ネット情報など)を提示してくださいそれはただのヨタ話・デマかもしれません
・回答があるまでに数日間かかることもありますがm回答の催促、コピペで同じ質問の繰り返しはコピペ馬鹿と嫌われ回答対象外になります
・初心者の方には難しいかも知れませんが、質問はなるべく具体的に、できれば知りたいことの資料や画像などを示して下さい
  時代、国、軍の種類によっても回答は様々になりますからこれらを可能な限り絞り込んだ質問にすると求める回答が得やすくなります

5 :950:2015/10/24(土) 18:45:01.86 ID:L/cObX7/
立てますたよー

初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 853
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1445679341/l50

6 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 18:45:55.36 ID:L/cObX7/
誤爆したwww

7 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 19:31:06.03 ID:bwfLNdMX
なんでミリオタは戦争が好きなのにシリアにはいかないんですか?
ミリオタの大好きな光景が見れるのに

8 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 19:54:50.43 ID:g1TNz5iw
あの・・・ちょっとどう説明していいのか分からんのですが

19世紀から20世紀初頭の戦艦は砲が両サイドについてますよね?あれってもし例えば左側だけに敵艦がいた場合右サイドの砲手たちはなにをするんですか?また、攻撃をうけた左側がそれなりの損害をうけたら右に旋回し右サイドの砲手に戦わせるという手法をとるのでしょうか?


なんか支離滅裂ですいません。。。

9 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 19:59:00.11 ID:L/cObX7/
>>7
ミリオタは兵器や歴史が好きなんだってあって、戦場で見て嬉しいような光景を見たり感じる事は
できないとわかってるので、戦場に行くわけがない。
とりあえず生き残らないといけないし、となれば頭下げて無いと死んじゃうからね。
見たいものは書籍や訓練など撮影用映像、航空ショーや駐屯地祭、展示演習で見る。

10 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 19:59:13.47 ID:g1TNz5iw
>>7

質問した身ですからお答えするのは少し憚りますが

とんかつ好きは豚の養豚所に行きますか?テニス好きはテニスボールの工場に行きますか?

つまりそういうことです

11 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 20:02:53.38 ID:L/cObX7/
>>8
射界に入ってない方は出番待ち。
敵艦は一方向から来ると限らないので、別な方向から接近してくる敵が来るのを待っている。

12 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 20:04:56.74 ID:L/cObX7/
>>10
その例えだと、ビール好きがビール工場の見学に行くケースとかあるから、今ひとつ・・・・
養豚場だって、そこで見学後にトンカツ食べ放題なら行くだろうし。
望むものがそこで見られるかどうかの差だと思うよ。

13 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 20:06:18.97 ID:bwfLNdMX
>>10
行って悪いって決まりはないでしょう

14 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 20:32:54.70 ID:39IOgpS7
>>7
テンプレぐらい読めや
・軍事に関係の無い質問、ネタ質問、アンケート、またはそれに類する質問は禁止です

15 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 20:42:39.20 ID:rXjIjwD/
風船爆弾って国籍マーク付けて飛ばしたんですか?

16 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 20:51:23.49 ID:C5k9a2Qz
>>15
ついてない
ttp://www.town.ichinomiya.chiba.jp/kankou/shoukai/2/415.html

17 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 21:04:58.63 ID:2pVS1sBm
そういやミサイルやら無人機ってどこから国籍マーク必須になるんでしょ?

18 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 21:29:52.46 ID:C5k9a2Qz
>>17
ハーグ空戦規約案というのが、1920年台に協議されたが、発行してないので、
事実上、「誤射されたくなければ入れろ」くらいの拘束力しか無い。

19 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 22:38:54.43 ID:Aq0YHovP
第二次世界大戦後、戦闘によって潜水艦が撃沈された例はあるでしょうか?

20 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 23:00:10.77 ID:39IOgpS7
お前らまずは前スレ埋めような

21 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 23:08:42.74 ID:Mk9FZf7s
機関砲の弾のダミーカートを探しているんですが20mm弾までのものしか見つからず
それ以上大きなものが見つかりません
どこかで売っていたりはしませんか?

22 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 23:13:41.88 ID:Mk9FZf7s
>>19
戦闘で撃沈された記録はない模様
ただ、事故と公表されているものがなんらかの武力衝突である可能性はあります

23 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 23:31:07.84 ID:tgTjdCT7
>>21
(dummy cartridge for sale xxmm)などで検索すれば通販サイトが出てくる。
海外から買えるかどうかは知らん。

24 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 00:13:18.88 ID:SpNYmYfd
>>22
ありがとうございます、一隻も無いとはそれだけ大戦が大きな戦いだった証拠ですねる

25 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 04:34:16.62 ID:ff2tsBAM
>>24
(´・ω・`)カナ入力だー

26 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 12:56:34.72 ID:n+trkBgk
>717 :名無し三等兵:2015/10/06(火) 20:06:50.72 ID:yBL2MTfL
>WWI時、西部戦線では砲弾で出来た穴やら塹壕やらに水が溜まり、
> 溺死する兵士が出るほどだったそうですが、WWIIの時はそういう話は聞きません
>WWIIの西部戦線もWWIの時と同じくベルギーやフランスですよね?
>WWIの時ほどではないとは言えWWIIでも塹壕は掘ってますよね?
>どうしてWWIIの時は水はけの悪さが問題にならなかったのでしょうか?

>721 :名無し三等兵:2015/10/06(火) 20:33:00.40 ID:5judaZWu
>717
> WWIIの戦線は常に流動的で、都市や要塞の攻略でも無い限り一箇所で何ヶ月も何年も>戦う事態、
>つまり塹壕戦そのものがそうそう発生してない。
> 塹壕掘っても相手が機動兵力を持っていれば迂回されるし、そうなれば退路を絶たれ>る前に
>撤退し、あるいは突出した敵の機動兵力を包囲にかかる。
>いずれにしても運動戦が多い。
>この運動戦に投入される兵力が多いので、タコツボ掘って立てこもるような兵力は少数>の場合が多い。
>となれば塹壕足になる前に、正面の狭さから密度の濃い砲兵支援と、それに援護された>大兵力に制圧されるか
>撤退するか。
> 密林で敵味方ともに行軍速度が遅く、敵情は定かではなく、不期遭遇戦に対して慎重>にならざるをえず、
> 場合によっては援軍も見込めない太平洋戦線だとまた若干事情は変わってくるが。

1 第一次世界大戦で塹壕戦をやった場所が低地地帯だった。
2 第二次世界大戦は運動戦になった。

第一次世界大戦の西部戦線で塹壕戦を戦った場所は、スイス国境から海まででした。
このうち、海よりの地域、ベルギーは、低地地帯でした。
ネーデルランドとはオランダの正式国名です。
しかし、広い意味では、ベルギーをも含む地域を、ネーデルランドと呼びます。
低い土地の国との意味です。
イギリス軍が、ベルギーの領土の西の端の一部を占領しました。
そこは、低地で生活条件が良く有りません。
しかし、イギリスは、ベルギーの中立をドイツが侵したので、ドイツに宣戦布告したのです。
イギリス軍としては、生活条件が良くなくても、ベルギー領土を守るしか有りませんでした。

27 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 13:00:40.38 ID:H2eOC2Zy
あ、来た
宿題はどうしたの?とりあえず今村将軍の炊事場改革と在日米軍=カリフォルニア州兵の件をどうぞ

28 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 13:01:54.77 ID:n+trkBgk
第二次世界大戦では、フランスの他の場所や、ドイツ領内も戦場になりました。
運動戦となり、一部の土地に固定されることが無かったのです。

正式国名、ネーデルランドは、オランダとか、ホーランド俗称されることが多いです。
ホーランドが日本語に訛って、オランダと成りました。
ホーランドとは、州の名前です。
16世紀における、対スペイン独立戦争において、中心的役割を果たしたのが、ホーランド州なのです。
そのため、ホーランドと呼ばれました。
日本では、奈良地方のことを、大和と呼びます。
日本全体のことも、大和民族、大和魂、大和言葉と言います。
一部の地方の名前が、その国全体を指す名前にも、使われるのです。

「オランダとネーデルランドとホーランドは同じ国だそうですが ...
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp › 教養と学問、サイエンス › 一般教養
2012/03/31 - ネーデルラントとは、「低地の国々」を意味し、現在のベルギー、オランダ、ルクセンブルクの3ヶ国(ベネルクス)にあたる低地地域全域を指しました。
15世紀に神聖ローマ帝国の皇帝を世襲していたハプスブルク家の領土となり、1556年に ...」

29 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 13:04:08.60 ID:H2eOC2Zy
だれもオランダという日本語名称の由来を聞いてはいない件について

30 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 13:08:42.26 ID:n+trkBgk
>755 :名無し三等兵:2015/10/07(水) 17:35:53.63 ID:r4Oaq/Fg
>ww2時でのアメリカ戦闘機はP系列が陸軍機でF系列が海軍、海兵隊機という認識で大丈
>夫でしょうか?

>763 :名無し三等兵:2015/10/07(水) 19:48:39.96 ID:8CL6vCAt
>755
>米陸軍機にもF-があるよ。偵察機型でF-5はP-38.F-6はP-51の偵察機型だ。

「戦闘機は」「大丈夫で」す。

Pとは、追撃機の頭文字です。
Fとは、戦闘機の頭文字です。
追撃機の名前はふさわしく無いと、考え直したようです。
1948年に、海軍と同じ、戦闘機のFに変更しまた。
ですから、第二次世界大戦のP−51は、朝鮮戦争ではF−51になりました。

「軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国) - Wikipedia
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/軍用機の命名規則_(アメリカ合衆国)
アメリカ陸軍・空軍 に移動 - 陸軍航空隊、陸軍航空軍および後に陸軍から分離した空軍の軍用機の制式名称は次のように変遷した。 ...
その後1948年に、戦闘機の記号が追撃機 (Pursuit aircraft) を意味する P から戦闘機 (Fighter) の F に改められた。」

31 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 13:14:16.64 ID:n+trkBgk
>71 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 21:12:25.33 ID:mmz0Ucw0
>初心者ですが、質問します。
> 自衛隊の掃海能力ですが、湾岸戦争のときに他国と比べてかなり劣っていたという記>述がありましたが、事実でしょうか。事実とすれば、どんな事が劣っていたのでしょう>か。
>それと現在の自衛隊の掃海能力は他国と比べてまだ劣っているのでしょうか。

1 事実です!
2 機械化が遅れていた。
3 現在は分かりません。

「装備が遅れているのに、よくこれまでの成果をあげた」と、他国から高評価(?)されたそうです。
ロボットの採用など、機械化が遅れていました。

「湾岸戦争のとき」も、事前には、日本の掃海能力は優れていると自慢していました。
ところが、実際に、他国と比べられると、劣っていたことが、分かりました。
実際に、他国と掃海を比べてみないと、分かりません。

参考図書

『丸』2015年3月号、「終わらざる戦後を戦う」上原光晴。

「爆走一番星 :掃海艇 - livedoor Blog
blog.livedoor.jp/marugaryman/archives/51369222.html
2008/06/02 - 黄色いのはパラベーンではなくて掃海ロボットでしょうか.
湾岸戦争のとき,掃海能力が世界一高いつもりで乗り込んでいったら,
装備が古過ぎて赤っ恥をかいたんですよねw ロボットだとしたらそれ以降の装備だと思います. >金色の碇の形を ...」

32 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 13:16:26.48 ID:RCE03pnr
前スレから埋めろやカス
てめえのことだ ID:n+trkBgk

33 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 13:22:24.20 ID:36JARUga
>>31
周回遅れで、すでに回答済みのレス以下の回答を出すなよ。、
ここはおまえのオナニー会場じゃねぇんだぞ。

34 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 13:25:32.93 ID:n+trkBgk
>82 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 22:14:09.23 ID:TPC/DwSa
>スノーケル航行だと6ノットが限度だそうな

>84 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 22:31:21.38 ID:+wVGMxQ/
>82
>夜間12時間航行に使えるとして、約133km。
>北大西洋に出るまでに乗員が餓死しそうですね。

「餓死し」ません!

1日は24時間有るのです。
昼は蓄電池による潜航が出来ます。
昼 蓄電池   4ノット×12時間=約 89km。
夜 スノーケル  6ノット×12時間=約133km。
                      計222km。

第二次世界大戦末期には、Uボートの活動域はイギリス近海になっていました。
近距離になったのです。
ちなみに、ロンドンとベルリンの直線距離が、約940kmです。
もし、海だったとしたら、4日から5日の距離でした。
「餓死」することは有りません。

Uボート部隊は、ドイツ軍内部では最上の食料を、豊富に供給されていました。
第二次世界大戦末期になっても、食料が不足することは有りませんでした。
アルゼンチンへ向けて、66日間の連続潜航をしたU977でも、「餓死し」ませんでした。
他のドイツ軍。
ドイツ国内勤務の捕虜収容所の監視兵は、捕虜とあまり変わらない、黒パンと薄い馬肉のスープを食べていました。
日本から潜水艦でヨーロッパへ渡った日本海軍軍人がいました。
陸上のドイツ海軍の学校へ入りました。
食事の量が少なく、腹が減って困ったそうです。
食事は、前線優先だったようです。

35 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 13:26:55.79 ID:n+trkBgk
「ベルリンとロンドンの直線距離はどのくらいですか? - マイレージ ...
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp › 地域、旅行、お出かけ › 海外
2009/08/20 - マイレージだと588マイル つまり940kmくらいのようですが。 これ以上正確な情報は正確な地図から計算するほうがいいと思います ...」

「第二次世界大戦戦記 海戦版
www.geocities.co.jp/Athlete/7542/military/senki01.html
終戦時、大西洋にいたU−977は連合軍の目をかいくぐって、南米を目指して脱出を開始した。
「ヒトラーが南米に逃げた」等という馬鹿げた噂の糸を断ち切るべく、艦長「H・シェッファー」自らが執筆している。なんと、

連続潜行66日

という信じられないような記録を ...」

36 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 13:28:03.07 ID:n+trkBgk
>83 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 22:25:17.36 ID:2C8YVOVi
>せっかく見つからないようにこっそりシュノーケルしてるのに
> スピード出したらウェーキ長く伸びて目立つじゃん

>85 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 22:31:49.30 ID:TPC/DwSa
>だからU-977の艦長結局夜間にシュノーケル使ってる
>昼間だと引いてばれるという判断のようだ
>レーダーはシークラッターと電波吸収材と逆探でなんとかなるという考え

1 泡です。
2 夜シュノーケル 昼蓄電池 が基本です。

ウェーキでは有りません。
シュノーケルで、排気もします。
そのため、泡が出るのです。

シュノーケルは、泡が出るため、夜しか使えません。
昼は蓄電池を使います。

37 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 13:34:37.28 ID:n+trkBgk
>154 :名無し三等兵:2015/10/12(月) 23:22:11.38 ID:7goJnbvH
>アメリカは比較的多く戦艦を記念館として保存していますがアラスカ級巡洋戦艦は何故>記念館にならなかったのでしょうか?

時代の違いでしょう。

現代アメリカでは、多くの「艦を記念館として保存しています」。
しかし、昔は、第二次世界大戦の武勲艦、空母エンタープライズでさえ、資金が集まらずに、保存出来ませんでした。
アラスカは、早く退役しすぎたのでしょう。

「アラスカ (大型巡洋艦) - Wikipedia
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/アラスカ_(大型巡洋艦)
フィラデルフィア海軍工廠での艤装が完了すると、1944年8月6日にアラスカは、シンプソン(英語版) (USS Simpson, DD-221) と .....
州ベイヨンに到着する。
1946年8月13日に不活性化の上、ベイヨンで予備役として保管され、

1947年2月17日に退役する。
‎
艦歴 - ‎脚注 - ‎参考図書 - ‎外部リンク」

38 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 13:43:47.74 ID:5UaVX/GY
さあ馬鹿カスのオナニーが始まりました。
無視してお天気良いからお出かけしましょう。

まともにレスしても全くの無駄だから完全スルーしましょう。

39 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 13:48:30.56 ID:n+trkBgk
>161 :名無し三等兵:2015/10/12(月) 23:50:17.56 ID:gkIqLj2n
>WW2時代のイギリス海軍は技術・予算の面で日本海軍と同等かそれ以上の物を有してい>たはずですが
>空母艦上機は元空軍機のシーハリケーン・シーファイアとレンドリースアメリカ機を除>けば
>実用性だけは高かったソードフィッシュも含め、総じて日本の艦上機に性能で見劣りす>るように感じます
> アルバコア・バラクーダ・フルマー・ファイアフライと
> どれもスペックを比べると同時期配備の同機種日本機に劣るように見えます
>同時に高性能艦上機も作れているなら文句は無いですが、あまりに打率が低すぎます
> この原因は何なのでしょうか?

1 ヨーロッパの枢軸国が空母を保有していなかった。
2 空母艦上機が空軍の所属だった。

競争相手がいるから、自分も発達します。
太平洋では、日本もアメリカも空母を保有していました。
負けられません。
性能も向上します。
ヨーロッパでは、ドイツでナチスが政権を取ってから、イギリスを含めて、軍備増強が続きました。
イギリスの空母艦上機については、競争相手がいないような状況でした。
そのため、性能の発達も遅れました。

当時のイギリスの空母艦上機は空軍の所属でした。
空軍は自分達の陸上機を大事にします。
海軍の空母に乗っている飛行機は、安易に考えていました。

「建造した空母を実際に運用できたのは日米英のみと言ってよいでしょう。
仏の空母ベアルンは、開戦時には旧式化していた事もあって、航空機輸送や船団護衛に従事し、実戦には参加していない。
後継のジョッフル級は敗戦により未完成。
独の空母グラーフ・ツェッペリンは、ドイツ三軍のセクショナリズムなどの影響を受けて度々工事が中断し、未完成に終わった。
一説にはゲーリングが「空軍に所属しない航空機部隊」の存在を嫌った為に妨害に回ったとも言われている。
もしもバトルオブブリテンの時点で空母があったなら、艦載戦闘機(Bf109の海軍型)に爆撃隊を護衛させ、勝利を収める事ができたかも知れない。
伊の空母アクィラも敗戦により未完成。
ドイツ軍が接収して工事を続けたが、連合軍に破壊された。」

40 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 13:49:03.83 ID:n+trkBgk
「この時期イギリスは

空母搭載機も空軍に所属していた

がこれは明らかに不合理で、
海軍用の機体は地上を基地とする機体に比べて更新が大幅に遅れた。
イギリス海軍が大戦前半に複座戦闘機フルマーや複葉攻撃機ソードフィッシュで戦った原因はここにある。
その後イギリスも空母搭載機は海軍所属に変更した。
第二次世界大戦」

下記、空軍を参照ください。

ttp://www.ammanu.edu.jo/wiki1/ja/articles/%E7%A9%BA/%E8%BB%8D/_/%E7%A9%BA%E8%BB%8D.html

41 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 13:51:09.83 ID:H2eOC2Zy
>昼 蓄電池   4ノット×12時間=約 89km。
>夜 スノーケル  6ノット×12時間=約133km。

Uボートの充電性能ってどんなもんでしょ?
この航走比率で夜に6ノット維持のスノーケル航走しつつ蓄電池へ昼に消耗した分を充電できますかね?
IX型が水中4ノット63海里と、昼間の蓄電池航走4ノット12時間の航走距離との単純比較で(4x12)/63=0.762、76%消耗
あと、この電池残量では夕方にスノーケル航走へ移る前に対潜部隊に見つかった場合は耐えられないのではないですか

42 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 13:51:32.93 ID:RCE03pnr
>>34 >>35
U-977読んでもいないのに参考に挙げるなよカス、死ねよ
何考えてるのか知らんがベルリン、ロンドンの直線距離になんの意味があるんだよ
お前の潜水艦はベルリンから出発して地面潜ってロンドンに行くのか、何が言いたいんだ
ついでに何の根拠があって24時間そう割り振ってるんだよ
U-977に何日でどこまでたどり着いたとか飯の関係で作戦日数は何日とか参考になるの全部書いてあるだろうが

>>36
ttps://kotobank.jp/word/%E8%88%AA%E8%B7%A1-496100

つか前スレ埋めろやボケ

43 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 13:54:16.77 ID:RCE03pnr
>>41
デタラメの数字に意味があるわけないだろう
季節によって昼夜は変わるし、海流で移動距離変わるし

44 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 13:58:42.64 ID:n+trkBgk
>190 :名無し三等兵:2015/10/13(火) 14:54:41.91 ID:ZTLEa6aT
>歴史上、実戦経験がほとんどない軍隊が初戦でいきなり勝ったケースってあるんでしょ>うか?

>201 :system ◆system65t. :2015/10/13(火) 17:05:34.11 ID:2nd2ybJM
>スパルタクスの乱も剣闘士経験はあっても戦争経験はないからカウントしていいかな。

「スパルタクスの乱も」「戦争経験は」「あるんで」す。

ローマ時代の、剣闘士は奴隷でした。
奴隷は、戦争捕虜が多かったです。
実際、「スパルタクスの乱も」故郷へ逃れようとしました。
見世物としての、殺し合いの試合も、戦争を再現したのが多かったです。

イタリアのポンペイの遺跡を訪れました。
剣闘士の部屋が有りました。
その近くに、宝石を付けた、裕福と思われる女性の遺体が有りました。
昔も、有閑マダムたちは、遊んでいたようです。
日本の、昔の芸者は、男を買いました。
相撲取りが、砂買いと称されました。
役者が、おしろい買いと称されました。

「スパルタクス - Wikipedia
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/スパルタクス
スパルタクス(ラテン語: Spartacus、生年不詳 - 紀元前71年)は、共和政ローマ期の剣闘士で、「スパルタクスの反乱」と称される第三次奴隷戦争の指導者。 ...
近隣の奴隷たちが反乱に加わって数万から十数万人の軍衆に膨れ上がり、紀元前72年には執政官の率いるローマ軍団を数度にわたって ...
ベッシ族出自説を採る研究者はミトリダテス戦争においてポントス王国側の

傭兵として参戦し、この過程でローマ側の捕虜となって

補助兵 ...」

45 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 14:00:59.43 ID:n+trkBgk
>208 :名無し三等兵:2015/10/13(火) 18:18:25.07 ID:8RhKLjZJ
>シュノーケル深度の潜水艦は目視で発見されるといいますが現代の通常動力潜水艦は昼>間何をしているのでしょうか
>夜間に行われた充電だけで昼間動き続けることは可能なのですか?

1 それは秘密です。
2 夜「シュノーケル深度の潜水艦は目視で発見され」ません!

1 「夜間に行われた充電だけで昼間」潜航している。
2 着底している。
3 水中を漂っている。

上記の3つのうちの、どれかと想像します。
潜水艦の行動は秘密なので、分かりません。
たとえ、この板を海上自衛隊の潜水艦乗組員が見たとしても、書き込むことは許されません。

蓄電池の消耗は、速力によります。
最高速力でしたら、直ぐに消耗します。
ゆっくりでしたら「昼間動き続けることは可能なのです」。

シュノーケル潜航は夜だけします。
昼間だと、海面に出したシュノーケルから、泡を出して発見されるからです。

46 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 14:03:11.93 ID:n+trkBgk
>217 :system ◆system65t. :2015/10/13(火) 19:06:30.07 ID:2nd2ybJM
>途中で書き込んでしまった。失礼。
>潜水艦の連続潜航時間
>従来型通常動力:2日間
>AIP付通常動力:2週間
>原子力:2〜3ヶ月(ただし人的要因による限界)
>的な雰囲気だっけ

「潜水艦の連続潜航時間」66日間の記録が有ります。

夜 スノーケルでディーゼルエンジンを使う。
昼 蓄電池を使う。

「第二次世界大戦戦記 海戦版
www.geocities.co.jp/Athlete/7542/military/senki01.html
終戦時、大西洋にいたU−977は連合軍の目をかいくぐって、南米を目指して脱出を開始した。
「ヒトラーが南米に逃げた」等という馬鹿げた噂の糸を断ち切るべく、艦長「H・シェッファー」自らが執筆している。なんと、

連続潜行66日

という信じられないような記録を ...」

47 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 14:07:25.32 ID:H2eOC2Zy
>>45
>1 「夜間に行われた充電だけで昼間」潜航している。
>2 着底している。
>3 水中を漂っている。

>上記の3つのうちの、どれかと想像します。

他にどんな選択肢があると・・・・
あ、AIP機関による水中航走を選択できるのも居るか
という訳で「上記の3つ」は足りませんな

48 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 14:08:23.88 ID:n+trkBgk
>251 :名無し三等兵:2015/10/14(水) 00:07:05.81 ID:ls/w+MWX
>RRのクルー達って日本に慣れているのですか ?
>すごく流暢な日本語で対応してくれたもので

>253 :名無し三等兵:2015/10/14(水) 00:12:42.86 ID:ap3QBDlC
>251
>数年単位で日本をベースに活動することが決まってるので、日本語のできる人間が
>一定以上、配置されてるだろうし、航海の合間に講習うとかやってるんだろ。

1 「日本語のできる人間が一定以上、配置されて」ない!
2 「航海の合間に講習うとかやって」ない!

『イン・ザ・ネイビー』ジロウ・スミス著にそのような記述は有りません。

著者の母親は日本人です。
日本の中学校に通い、日本語を話せます。
21年間の海軍勤務で、ハワイでの陸上勤務の3年間を除いて、日本を母港とす艦艇か、日本の基地に勤務しまた。

49 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 14:09:19.90 ID:n+trkBgk
厚木基地に有る、西太平洋航空部隊司令部に異動希望を出しました。
そのときの対応を、本から引用しました。
「君は日本語が分かるのか・・・・プラスだねえ。うちは地域住民との交流も多いし。でもE−8の仕事だから。
ワシントンの人事部が最終的にオーケーを出さないとねえ・・」。
E−8とは、下士官兵の階級です
下から数えて8番目の意味です。
著者はE−7でした。
階級は足りないが、日本語を話せる特技が有ったお陰で、その職に就くことが出来ました。
辞めるときも、1年延長できました。
アメリカ海軍では、原則、陸上勤務は3年です。
それでも、1年の延長を申請して、認められました。
日本語を話せる特技が効いたと、想像します。
逆に書くと、それまで、日本語を話せる人が勤務していなかった。
その後も、日本語を話せる後任を用意出来なかった。
「日本語のできる人間が一定以上、配置されて」無いのです。

実際、西太平洋航空部隊司令部の勤務に、日本語は有用でした。
ヘリコプターが、愛知県下山村の中学校の校庭に、緊急着陸しました。
著者が、12時間後に訪れたそうです
校長が怒っていました。
事件が起きてから、12時間後に、ようやく日本語を話せる人がやって来たことです。
これが、日本語を話せなかったら、もっと怒っていたでしょう。

著者は、日本を事実上の母港とする、空母ミッドウェイに乗艦していました。
約5000人が乗り組んでいます。
そこで、日本語を「航海の合間に講習うとかやって」いたら、当然に、講師の依頼が有ったでしょう。
そのような記述は有りません。
艦艇勤務は忙しいのです。
食事を食堂以外で食べることは禁止されていました。
しかし、隠れて職場へ持ち帰り食べていました。
禁止されていたことをするくらい、忙しいのです。

50 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 14:10:36.06 ID:n+trkBgk
アメリカの空母は世界中に寄港しています。
いちいち、それらの国々の言語を学ぶことは不可能です。
しかし、アメリカ軍は語学教育に熱心です。
駐在武官の予定が無くても、軍の語学学校に入れて、日本語などの、あまり一般的で無い言語を学ばせたりしています。
「すごく流暢な日本語で対応してくれた」人も、軍の語学学校で学んだ人かもしれません。
ちなみに、アナポリス海軍兵学校で、見学ツアーの受付をしていたおばちゃんは、日本の横須賀に住んでいたことが有るそうです。
それでも、英語だけで話しました。
日本語は出来ませんでした
私は台湾へ始終行ってます。
しかし、中国語はほとんど話せません。

アメリカ空母ではアルバムを製作しています。

アメリカのニューヨーク市に有る、博物館、空母イントレピットを見学しました。
アルバムを展示していました。
学校の卒業アルバムのように、年度毎にアルバムを製作しているのです。
寄港した各地の様子が載っていました。
アメリカ海軍へ志願入隊する理由に「官費で世界旅行が出来るから」というのが、有るそうです。
理解出来ました。
日本海軍でも、海軍兵学校へ入学した理由に「卒業の遠洋航海で外国を見られるから」と有ったそうです。
勿論、面接のときには、言わなかったでしょうが。

51 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 14:14:22.77 ID:n+trkBgk
>267 :system ◆system65t. :2015/10/14(水) 08:31:23.83 ID:eT/BPwhV
>256
>潜水艦の蓄電池充電時間は、蓄電池の量と性質(鉛かリチウムかなど)、充電管理回路>の性能、潜水艦の発電機
> (エンジン)能力、吸気形式(浮上して大っぴらに吸っているか、シュノーケルだけ>出して給気しているか)などで大きく変わります。

>シュノーケルでは二次大戦時の米潜水艦では4〜8時間前後が普通だったと思いますが

>(ソース好きな方のために。Lames F. Calvert: Silent Running - My years on a wor>ld war II attack submarine を「読み返さずに」記憶で書いてます。)
> 戦後の英通常動力潜水艦、アップホルダー級では、ゆっくりしたパトロール程度の消>費であれば
>一日分を1時間足らずでシュノーケル充電、8ノットでの航行では走行時間の30%の充電>時間が必要としてます。
ttp://www.rnsubs.co.uk/Dits/Articles/snort.php
> Uボート(XXIクラス)の記事では
ttp://www.uboatarchive.net/Design/DesignStudiesTypeXXI-S40.htm
>2群の蓄電池の1群をフル充電するのに1200馬力で4時間かかるが、シュノーケル時の出>力は850馬力なのでさらに時間がかかる、と書いてますね。

>268 :名無し三等兵:2015/10/14(水) 08:42:10.40 ID:gM3JaXwa

>大戦時の米潜水艦にシュノーケルあったんだ

> バッテリーは空に近いほど充電が早いそうだだが(旧軍の潜水艦がそう、当時どこも>電池の構造はそんなに変わらんと思うが)
>逆言いうとフルに近いほど時間がかかるそうなんで(効率が悪い)満充電までの時間>はあまり意味がない気がしないでもない

「大戦時の米潜水艦にシュノーケルあ」るわけ無い!

第二次世界大戦後に、ドイツの技術を導入したのです。
第二次世界大戦後、アメリカには、ドイツのUボート10隻が引き渡されました。
この中には、XXT型が2隻含まれていました。
アメリカは、スノーケルはもちろん、水中高速の艦形も学んで取り入れました。

52 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 14:15:11.69 ID:n+trkBgk
ドイツ語では、Schnorchel シュノーヘル 豚などの鼻の意味です。
英語では、Snorkel スノーケル ドイツ語の発音を移して戦後に出来た新語です。
アメリカ海軍が試験している、XXT型の写真が有ります。
日付が、1947年7月25日です。
第二次世界大戦終了の、2年後まで試験を続けていたのが分かります。
Uー3008がスクラップにされたのは、1951年でした。

参考図書

『アメリカ潜水艦隊』ノーマン・ポルマー著、手島尚訳。

53 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 14:23:56.06 ID:n+trkBgk
>385 :373:2015/10/16(金) 11:51:07.43 ID:o2iB0SMv
>皆様レスありがとうございます。
> 戦前/戦中からの呼び方なんですね。
>ハルゼー家は父/息子/孫がミドルネームも含めて皆同じ名前、というのも
>最近知りました。
> 欧米だとよくあったりはしますが、ややこしくなかったのかな・・・。

1 順番を付ける。
2 愛称を違える。
3 ミドルネームを使う。

チェスター・ニミッツ元帥は、息子の愛称を、チェトとしていました。
普通は、ファーストネームを主に使います。
区別するために、ミドルネームを使う場合もあります。
イギリスの現在のエリザベス女王の父親は、ジョージ六世と呼ばれています。
しかし、このジョージは、王になるとき、ミドルネームの中から選んだのでした。
ファースト・ネームは、アルバートでした。

ブッシュ大統領の親子は、大統領の代の数字で、互いを呼び合っているそうです。

第二次世界大戦後の、在日アメリカ大使に、ダグラス・マッカーサー二世がいました。
ダグラス・マッカーサー一世元帥の甥でした。
元帥とは無関係に、国務省の役人として出世して、大使となりました。
しかし、直前まで日本を統治していた、連合軍最高司令官と同じ名前です。
周囲は気を使ったらしいです。
ダグラス・マッカーサー一世元帥とは違い、アイゼンハワー大統領と、親しかったです。

54 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 14:24:40.98 ID:n+trkBgk
ウインストン・チャーチルの親戚が、赤ん坊にウインストンと名付けようとしました。
「自分の子孫以外は、駄目だ」として止めさせました。
孫が、ウインストン・チャーチルを名乗っています。
外国旅行をして、入管で「ウインストン・チャーチルです」と名乗ると、冗談だと思われるそうです。
先日、テレビニュースを見ていたら、ウインストン・チャーチルの国葬50周年式典をしていまた。
国葬は普通ですが、国葬50周年式典とは普通では有りません。
それだけ、イギリスにとって、偉大な人物だったのでしょう。
イギリスのロンドンのウエストミンスター国会議事堂の横を通りました。
庭に巨大な人物像が数体展示されていました。
いずれも、有名な政治家と思われます。
しかし、私が知っていたのは、ウインストン・チャーチルだけでした。
他の観光客も同じなのでしょう。
記念写真を撮っていたのは、ウインストン・チャーチル像の前だけでした。
私はその後、ウインストン・チャーチル博物館を見学しました。

「ダグラス・マッカーサー2世 - Wikipedia - ウィキペディア
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/ダグラス・マッカーサー2世
ダグラス・マッカーサー2世(Douglas MacArthur II、1908年7月5日 - 1997年11月15日)はアメリカ合衆国の外交官。
連合国最高司令官として知られているダグラス・マッカーサーの甥。
1957年1月から1961年3月まで駐日アメリカ大使を務めた。
‎人物 - ‎主要経歴 - ‎参考文献 - ‎脚注」

「50年代初期には欧州連合軍最高司令部(SHAPE)外交顧問として総司令官であるドワイト・アイゼンハワーを補佐し、その知遇を得る。」

55 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 14:25:23.80 ID:uBLC3jS4
カスミン、今日は百里の航空祭は行かんの?天気いいのに

56 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 14:42:46.23 ID:n+trkBgk
>55 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 14:25:23.80 ID:uBLC3jS4
>カスミン、今日は百里の航空祭は行かんの?天気いいのに

「行かんの」です!

台湾へ旅行する準備が有ります。
24日(土)に百里基地近くのコンビニのトイレに入りました。
駐車場に「長時間の駐車はご遠慮ください」と掲示してありました。
駐車している自動車の数も多かったです。
百里基地の周囲に、青い背広型の制服を着た、航空自衛隊員が目立ちました。
前日から、来る人もいるからなのでしょうね?

57 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 14:44:01.95 ID:n+trkBgk
>417 :名無し三等兵:2015/10/16(金) 23:52:07.60 ID:YeKITX9i
>413
>歩兵砲は迫撃砲と一緒でその名の通り歩兵の装備だし
>尚、ドイツの迫撃砲がこれがまた色々酷くてなあ・・・

「ドイツの迫撃砲がこれがまた色々酷くて」ということは無かったと想像します。

なぜなら、「ドイツの迫撃砲」で最良のは、ソ連のコピーだったからです。
ソ連は1938年に、120mm迫撃砲を制式化しました。
ドイツは1942年に、この120mm迫撃砲をコピーして制式化しました。
ドイツ軍の評判は良かったです。
他の迫撃砲と代えられました。
「これがまた色々酷くてなあ・・・」なんですか?
ソ連とドイツで、それぞれ「酷」かった点を教えてください。

「おおむね、ほかのすべてのタイプの迫撃砲にとってかわった。
歩兵砲中隊までが、これの装備にきりかえたほどである」

「おそらく、第二次世界大戦をつうじて、これが最上の迫撃砲だったといっても過言ではないだろう」

『手榴弾・迫撃砲』イアン・フォッグ著、関口幸男訳、第二次世界大戦ブックス サンケイ新聞出版局より。

ドイツは、ソ連の76.2mm砲を鹵獲して、使っています。
敵の良い兵器は取り入れているのです。

58 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 14:45:04.43 ID:n+trkBgk
「120mm迫撃砲PM-38 - Wikipedia
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/120mm迫撃砲PM-38
120mm迫撃砲PM-38(ロシア語:120-мм полковой миномёт обр. 1938 г.) ...
独ソ戦でソ連側は多数を使用したが、序盤の劣勢期には多数がドイツ軍に鹵獲されている。

ドイツ軍はコピー品の12cm迫撃砲GrW42まで製造する

ほどにこの迫撃砲を重宝した。」

59 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 14:46:06.90 ID:n+trkBgk
>423 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 01:23:00.42 ID:eZdD2EcI
>10.5センチ及び15センチ榴弾砲は車輪は鉄輪で車両による牽引が出来なかった
>?
>鉄輪といっても機械化部隊用はゴム輪になってて牽引できたよ

>424 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 01:31:48.64 ID:5cXxIJnr
>423
>失礼、けん引速度を大きく出来ないだね。機械化部隊用の奴はあくまでもゴムを巻いて>るだけで、日本や他の連合国みたいなタイヤではないでしょ

日本のも「鉄輪で車両による牽引が出来なかった」。

陸軍予備士官だった、山本七平さんが、本に書いています。
「鉄輪」の大砲を、タイヤを付けた台車に載せて、「車両による牽引」をしたそうです。
大分面倒でしょうが。

60 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 14:50:30.36 ID:yGY0sN6a
>>56
この人は海外信奉者だし国内に見るべき軍事施設や博物館類イベントは無いとか本気で思ってそう
定年したのならもう台湾に移住すればいいのに

61 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 14:57:29.35 ID:n+trkBgk
>60 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 14:50:30.36 ID:yGY0sN6a
>56
>この人は海外信奉者だし国内に見るべき軍事施設や博物館類イベントは無いとか本気で思ってそう
>定年したのならもう台湾に移住すればいいのに

「国内に見るべき軍事施設や博物館類イベントは」有ります。

「百里の航空祭は」何度も行ってます。
博物館も行ってます。

62 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 14:58:42.39 ID:n+trkBgk
>466 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 19:43:47.16 ID:C9iRBovM
>第一次世界大戦の塹壕戦について互いに決め手が無いからあれだけの人的被害がでたと>いう説がありますが
>海上から塹壕の向こう側に兵力を送り込むノルマンディーのような上陸作戦は無理だっ>たのでしょうか?

>468 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 19:57:03.38 ID:pftUVaVB
>466
>揚陸に必要な上陸舟艇などの装備がほとんどない。
>ガリポリの戦いでイギリスとオーストラリア、ニュージーランド軍が不十分な態勢で上>陸作戦をやったけど大損害を出して敗退してる
>英海軍のフィッシャー提督がバルト海に艦隊を侵入させて部隊を上陸させ、ベルリンを>直接叩くという作戦を出したが却下されてる。
>ちなみにこの作戦用に建造された高速で大口径の主砲を積んだ3隻の大型巡洋艦(ハッ
>シュハッシュクルーザー)グローリアス、カレイジャス、フューリアスは後に改造され>て空母になっている。

「無理だったので」す!

「英海軍のフィッシャー提督がバルト海に艦隊を侵入させて部隊を上陸させ、ベルリンを直接叩くという作戦を出したが」空想的で、「無理だったので」す!
フィッシャー提督、戦艦の革新、ドレットノートを計画した人です。
それなりに、優秀な人でしたが、第一次世界大戦のときには、ぼけていたのか。
潜水艦に、巨砲を載せることもしました。

「フィッシャーの艦隊
www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/5908/fisher/
これはそのフィッシャー提督の、限りなく架空戦記に近い実録である。
超弩級提督フィッシャー 「超弩級」 ...
バルト海上陸作戦 1914年に第一次世界大戦が勃発すると、英国政府は引退していたフィッシャーを海軍本部長に復帰させた。
この国家危急の折に海軍を ...」

63 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 15:00:08.62 ID:yGY0sN6a
>>61
なら土日とかそういうところ回ればいいのに何処にも行かないのはなんで?
そんなに2ちゃんに愛着があるんかいな
あと移住はせんのですか

64 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 15:05:42.17 ID:n+trkBgk
>63 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 15:00:08.62 ID:yGY0sN6a
>61
>なら土日とかそういうところ回ればいいのに何処にも行かないのはなんで?
>そんなに2ちゃんに愛着があるんかいな
> あと移住はせんのですか

行くとすれば平日に行きます。
移住はしません。

平日のほうが、施設は空いています。
訪れるのは、平日の方が好ましいのです。

今のところ、移住の予定は有りません。

65 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 15:06:23.03 ID:n+trkBgk
>483 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 21:18:27.75 ID:bmb70npE
>先日、恐らくですが73式トラックなる車両が高速道路を走っていまして
>後ろに乗っている自衛隊員がスマホを弄っていたのがチラッと見えたんです
>勤務中にも関わらず自衛隊の意識の低さ、責任感のなさに私は呆れ果てました
> こんな堕落した組織じゃ震災で逃げ出す自衛官が続出したのも納得です
> そこで、軍事オタクの皆さんにお聞きしたいのはこの組織が何処から来て何処に移動>していたのか
> また何のために移動していたのか、勤務中にスマホを携帯しててよいのかをお聞きし>たいです
>場所は東名高速東京方面、音羽蒲郡IC付近だったと思います
> この付近を通る可能性のある部隊は何処の所属なのか教えてもらいたいです

質問
貴方は「勤務中にスマホを携帯して」いないのですか?

現代の日本で、携帯電話を持つのは常識です。
「勤務中に」「携帯して」いないのですか?
「自衛隊員」だけに、聖人君子を求めるな!

貴方は勤務した経験が無いのかもしれませんが?

66 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 15:07:20.56 ID:H2eOC2Zy
(平日と土日で見られるものが違う施設もあるんだけどなぁ・・・・)

67 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 15:09:25.24 ID:n+trkBgk
>眼下に、都会の灯は見えなかった。数千メートル下のどこかにいるはずの友人とその家族の安否を
>気遣う心がうずいた。
>(P156,L1-P157,L1)
>カリフォルニアの州兵が、ワシントン州の空軍基地から、チャーター機で日本へ向かう。加藤喬陸軍
>州兵大尉、全然「在日米軍」してないです
>そう言うと「アメリカ軍人は所属を問わず日本に入国したら『日本に在るアメリカ軍=在日米軍』として>扱う、だからカリフォルニアの州兵が在日米軍になる事は有り得る」とか独自定義を捏ねますかね?
>もしそうなら各国の大使館に居る武官を指して「在日英軍」「在日独軍」「在日ロシア軍」「在日人>民解放軍」などと呼ぶのもまた正しい事になりゃしませんか、と先回りして釘刺し

その通りです!
全然「在日米軍」で無いです。
「米陸軍の実戦部隊は日本に配備されていません」

日本を含む、世界中のアメリカ大使館に、警備のための海兵隊がいます。
これを「在日米軍」とは呼びません。

「各地の米軍基地 - nifty
homepage3.nifty.com/anpohaiki/beigun_kichi.html
在日米海兵隊は、地上部隊が沖縄に、航空部隊が岩国に、艦船部隊が佐世保に配備され、
イラク戦争への出撃では、これらが「遠征打撃群」として編成され派兵されました。 ...
北海道の米軍基地はこれまで、北端の稚内米軍基地など、アメリカのソ連「封じ込め」戦略の一翼を担ってきましたが、ソ連の崩壊後、これらの ....
キャンプ座間には、在日米陸軍司令部が置かれていますが、

米陸軍の実戦部隊は日本に配備されていません

。」

68 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 15:09:43.71 ID:H2eOC2Zy
>>65
少なくとも海自の潜水艦乗組員は乗組中携帯スマホの類は専用のラックに置く決まりなんで
「「勤務中に」「携帯して」いないのです」よ

69 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 15:10:18.77 ID:36JARUga
>>65
会社のロッカーに電源を切って施錠して収納してますが。
公務員って、使用のスマホを勤務時間中につついているのですか、
優雅なゴミ分ですね。
それとも茨城県の公務員のみの特権ですか。それは良かったですね。

70 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 15:13:39.86 ID:36JARUga
>>67
だから、陸軍の実戦部隊のみを聞いていません。
在日米軍全体のことを聞いています。

71 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 15:13:45.29 ID:H2eOC2Zy
>>67
はいはい
で、在日米軍はカリフォルニア州兵なんですか?
これを最初に言い出したのは誰で、その時に実戦部隊がどうのという条件付けはされていたのですかね?
これに答えないといつまでも繰り返しですよ
いつまで実戦部隊が実戦部隊がと繰り返すんですかね?

72 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 15:18:22.19 ID:36JARUga
>>67
在日米軍
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%A8%E6%97%A5%E7%B1%B3%E8%BB%8D
在日米軍(ざいにちべいぐん、United States Forces Japan、略称USFJ)は、日米地位協定(旧日米行政協定)に基づき戦後も日本国内に駐留するアメリカ合衆国軍である。
配備部隊にしても
駐留人数:
アメリカ陸軍: 2501人
アメリカ海軍: 6766人
アメリカ空軍: 1万2490人
アメリカ海兵隊: 1万4951人
合計: 3万6708人

と、あんたの好きなWikipediaにも実戦部隊はカルフォルニア州軍で構成されるなんて記述はないよ。

73 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 15:21:19.94 ID:n+trkBgk
>69 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 15:10:18.77 ID:36JARUga
>65
>会社のロッカーに電源を切って施錠して収納してますが。
> 公務員って、使用のスマホを勤務時間中につついているのですか、
> 優雅なゴミ分ですね。
>それとも茨城県の公務員のみの特権ですか。それは良かったですね。

私は、こちらからは掛けないが、掛かって来たのは受けてました。

台湾人の彼女には、昼の休憩時間(この時間は給与が支払われない自由な時間です)に、トイレへ入って掛けていました。
勤務時間中に掛かってきた場合は、英語で受けてました。
周囲の人は、怪訝に思ったでしょう。

「会社のロッカーに電源を切って施錠して収納してますが」とは、普通の人もそうしているのですか?
とても信じられません。
勤務時間中には、携帯電話がつながらない。
同じ職場の同僚が、携帯電話から職場の電話へ掛けてくるのはしょっちゅうでした。
いちいち、歩いて来るよりは、早く連絡できます。

74 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 15:23:45.68 ID:n+trkBgk
>356 :名無し三等兵:2015/10/15(木) 22:25:10.08 ID:OE9csfJM
>353
>ペリリュー以降はすべて当初から持久戦を行い米軍に出血を強いることと時間稼ぎを目的にしていま>す。
> 具体的にはペリリュー島はフィリピン決戦前に飛行場を米軍に奪われないための時間稼ぎのための>重深防御陣、
> 硫黄島は全島要塞化、沖縄は反斜面陣地など特徴はありますが、いずれも本土決戦前の時間>稼ぎ。
>まぁこの変は陸海軍の対立やら現場と大本営の方針の違いなんかもありますが、おおむね本土決戦>のための時間稼ぎ。
>日本側が米軍を追い返すことを(本気で)考えて作戦を計画したものはあるのでしょうか?
> 少なくともガダルカナル島を奪還するために帝国軍は何度も増援を送ってます。結果的には兵力の>逐次投入という
>用兵上もっともやってはいけないことをやって無意味に犠牲を増やしただけでしたが、この辺は大本営>が米軍の兵力を
>当初は偵察上陸程度で少数だと見誤っていたことも原因の一つではあります。
>そのほかにもニューギニアにも何度も増援送ってますし、フィリピンを決戦の地とすべく大兵力をフィリピ>ンに動かしたりと
>本気で米軍を追い返すつもりで作戦を計画していると言えるでしょう。

戦術変更は、間に合いませんでした。

ペリリュー上陸は、1944年9月15日です。
1944年4月、『島嶼守備部隊戦闘教令(案)』出る。水際撃滅主義。
1944年8月19日、『島嶼守備要領』を示達。
1944年10月、『上陸防御教令(案)』が交付されました。
ペリリュー島でも水際防御をしました。
逆上陸もしました。

第31軍司令官が、水際防御論者だったのです。
中川部隊長、第14師団、大本営派遣参謀は、縦深防御陣を進めました。
水際陣地と、内陸に持久用の陣地を持つようにしたのです。
ところが、第31軍の小畑軍司令官が、縦深防御陣を止めさせました。
主力を水際に配備するよう変更させたのです。
陣地を構築していた時点では、大本営の命令は、水際防御でした。
一概に、第31軍の小畑軍司令官が悪いとも書けません。

75 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 15:24:34.29 ID:n+trkBgk
ペリリュー島が善戦出来たのは、下記の理由です。

1 アメリカ軍の砲撃の威力の情報を事前に得ていて、それに見合う陣地を構築した。
2 陣地構築の資材と時間が有った。
3 内陸部に、天然洞窟と採石坑道があり、陣地に利用出来た。

1個大隊が逆上陸しています。
戦果無し。

日本軍は諦めが悪かった。

日本軍が、水際防御を続けた大きな理由は、飛行場が海岸近くにあったことでした。
飛行場を守るためには、水際防御をしなくてはなりません。
硫黄島でも、アメリカ軍の攻撃を受けた時点で、新しい飛行場の建設工事をしていまた。
レイテ島上陸は、1944年10月20日です。
第16師団は、飛行場建設をしていたため、野戦陣地程度しか出来ていませんでした。
第16師団の防御正面は、40kmでした。
そこを、持久して、なおかつ水際の戦闘も真面目に行えと命令されました。
実行不可能でした。

飛行場を造って飛行機を飛ばしたところで、航空戦でアメリカ軍に負けるのは分かりきっていました。
アメリカ軍が占領したら、そこからアメリカ軍の飛行機を飛ばして、日本軍を攻撃します。そんなのに、資材と労力をつぎ込むなら、築城につぎ込んだ方が、よっぽとましです。
冷静に「敵を知り己を知らば」そうしています。
しかし、日本軍はフィリピンでも、硫黄島でも、沖縄でも、飛行場を造りを続けたのでした。
日本軍は強い。
航空戦でアメリカ軍と戦って勝てるんだと、空想していたのです。

参考図書

『歴史群像』2009年8月号、「日本陸軍の対上陸戦術」樋口隆晴。
『歴史群像』2009年8月号、「ペリリュー島攻防戦」瀬戸利春。

76 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 15:25:03.61 ID:36JARUga
>>73
従業員が1万人ほどしかいない小さな会社ですが、機密保持のためそうなってますが。
信じようとしまいと知りませんが、勤務中スマホ放題の茨城県職員のようなゴミ分とちがいますので。

77 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 15:25:21.59 ID:n+trkBgk
>533 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 13:55:05.30 ID:2WoNVnSL
>529
>おや、>513によると、山桜ってカルフォルニア州軍と自衛隊との定期的な合同訓練でな>く連邦軍との合同訓練としか見えませんが。著者もカルフォルニア州軍の将校としてで>なく国防総省の軍属として飲み分での参加のようですけど。
>それておあなたは断言していましたね在日米軍はカルフォルニア州軍だと。


「カリフォルニア陸軍州兵部隊第223語学情報大隊に転属し中隊長を務め、日米合同演習

「山桜」で陸上自衛隊との連絡任務につく」

下記を参照ください。
ttp://www.namiki-shobo.co.jp/military/tachiyomi/military043.htm

78 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 15:30:14.35 ID:H2eOC2Zy
日本陸軍は全員が調理に狩り出された、について

「写真で見る 日本陸軍の兵営の食事」(藤田昌雄、光人社)という本を借りてきて読んでるけど
1辺が1m近くありそうな枡で計った米麦を洗米器で研いで、ボイラーで作った蒸気で蒸気竈、飯蒸罐なぞを駆使しての大規模炊事
主菜副菜もフードプロセッサーを使う下拵えに蒸気煮炊釜や石炭・電気を熱源にする竈で大量に調理

この炊事場は経験の無い兵を交代で炊事係として送り込めるようなもんじゃないですな
分かってない奴を放り込んだら事故が起きるわ

79 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 15:32:04.76 ID:n+trkBgk
>76 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 15:25:03.61 ID:36JARUga
>73
>従業員が1万人ほどしかいない小さな会社ですが、機密保持のためそうなってますが。
> 信じようとしまいと知りませんが、勤務中スマホ放題の茨城県職員のようなゴミ分とちがいますので。

「機密保持のため」なんですね?

カメラが問題であって、通話が問題では無いのですね?

80 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 15:36:38.69 ID:36JARUga
>>77
だから、それって、在日米陸軍と自衛隊の合同訓練にカルフォルニア州軍所属の将校が
参加したというだけの話で、連邦軍の将兵、および他の州の将兵が参加しなかったことを
証明しないと「在日米軍はカルフォリニア州軍です。」なんて言えないと思うが。

それに在日米軍の実戦部隊、在日米海軍はれっきとした連邦軍ですし、在日米空軍も
州軍の訓練を受け入れていますが連邦軍であってカルフォルニア州軍ではありません。

81 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 15:38:47.52 ID:36JARUga
>>79
通話のほうがもっと問題ですが。
外部からのお客様もホール脇の応接コーナー以外はすべて鍵付きロッカーで預かってます。

82 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 15:38:58.61 ID:H2eOC2Zy
>>77
つまり一人でも一時的にでも国内にカリフォルニア州兵が居れば、来れば
「在日米軍はカリフォルニア州兵」
が成り立つ、と?

あんたの作文の師匠に聞いてみろよ、この認識で合ってますよね、って

その著者経歴で在日米軍イコールカリフォルニア州兵と結論できる思考回路は想像を絶する
ましてや該当箇所引用を貼り付けられた上で繰り返すにおいてをや

で、カスミンは読んでないよね、「名誉除隊」を

83 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 15:40:24.89 ID:aorKyh5w
次スレから
「カスミンへのレス禁止」

「日曜午後はウキウキウォッチングタイムとして、回答やレスする人間は全て荒らしと見なす」
ってテンプレでも追加するといいのでは。
幸いにして、多少時間がズレるだけでほぼ定期便だし。
どのみちこの曜日・時間帯は機能不全なんだから、それでいいと思うのだが。

ウキウキウォッチングタイムが嫌ならカスミンバトルタイムでもいいぞ。

84 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 15:42:04.21 ID:36JARUga
>>82
かすみんの説だと、在日米空軍は、今年だけで、3回も看板の掛け替えをやってる話になりますね。
ttp://ryukyushimpo.jp/news/prentry-250076.html

85 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 15:48:17.02 ID:WMf0//zY
>>77
>米陸軍の実戦部隊は日本に配備されていません

何回でもいってやるよ
グリーンベレーが沖縄にいるよ
警備が名目だけど実態は違う
この間MH-60が輸送船に兵隊を降ろそうと事故を起こしたことからもわかるように実戦のための訓練に明け暮れてる

86 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 16:00:43.07 ID:IVAeCC++
「信じる人がいるから」とか言って相手してる人もいるけど、とっくに回答がついてるから最初の質問者はすでにいなくなってるし、大体何時間もかけて30も40もレスしてるのを見れば常識のある人なら触っちゃいけないとわかるから読まない。
だから全く相手にせず、NG推奨の注意喚起だけしておけばスレの無駄な消費も避けられる。

87 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 16:06:46.21 ID:n+trkBgk
>78 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 15:30:14.35 ID:H2eOC2Zy
>日本陸軍は全員が調理に狩り出された、について

>「写真で見る 日本陸軍の兵営の食事」(藤田昌雄、光人社)という本を借りてきて読んでるけど
>1辺が1m近くありそうな枡で計った米麦を洗米器で研いで、ボイラーで作った蒸気で蒸気竈、飯蒸>罐なぞを駆使しての大規模炊事
> 主菜副菜もフードプロセッサーを使う下拵えに蒸気煮炊釜や石炭・電気を熱源にする竈で大量に>調理

>この炊事場は経験の無い兵を交代で炊事係として送り込めるようなもんじゃないですな
>分かってない奴を放り込んだら事故が起きるわ

良く読んで下記を調べてください。

>連続して3ケ月以上は、同じ当番にはつけませんでした。
>週に2回は演習に参加する義務がありました。

>「光人社「写真で見る 日本陸軍 兵営の生活」 - ヒューイ&デューイ ...
d.hatena.ne.jp/HueyAndDewey/20111221/p1
>2011/12/21 - 玄人好みの一風変わった旧日本軍研究書籍を精力的に執筆されている藤田昌>雄氏の著作。 ...
>第2部 兵営の生活」は本書中もっともページ数が割かれた部分であり、内務班で営まれる起床と就>寝、食事に洗濯、入浴や衛生、更には教育内容や敬礼の仕方、儀式など ...
>あくまで公的な制度、平時に運用されているシステムについての本なので例えば陸軍内務班の実態>を告発とか、そーゆーもんでは無いですハイ。」

88 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 16:14:45.53 ID:H2eOC2Zy
>>87
で?それが何ですか?
炊事係の「連続して3ケ月以上は、同じ当番にはつけませんでした。」の実例をあなたが挙げればここまで引き摺り続けずに済む話です

なんで出て来ないんですかね?
あなたの想像内にしか存在しないんじゃないですか?
想像はもうけっこうですので、何か書籍なり文書なりから引用でお願いしますよ
あなたの書籍名だけ挙げたのに信頼性が全く無いのは散々体験してますんでね

ああ、それと、とっとと今村将軍の炊事場改革についての資料を挙げてもらえませんかね?
あなたの出した「責任」「陸軍大将今村均」、どっちも載ってなくてバツ2なんですけど?

89 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 16:16:49.70 ID:e02DDpvf
>>86
触り続ける馬鹿どもも知識量がましなだけで人格的な屑の度合いはカスミンと変わらないから仕方ない
なんでもいいから知識ひけらかせればいいんで

90 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 16:28:49.84 ID:imkl4jxl
>>83
霞ヶ浦に構ってるのも確信的荒らしだから無駄だろ。
この世には荒れるのが楽しくてしょうがない腐ったやつが沢山居るよ。
霞ヶ浦は脳に障害のある病人だろうが。

91 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 16:28:57.94 ID:n+trkBgk
>539 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 14:07:40.95 ID:Wvue24/n
>305 :名無し三等兵:2015/09/15(火) 04:14:50.47 ID:cZQn3TDk
>横田基地の中に入るには
>ESTAやパスポートが必要なのですか ?

.「パスポートが必要なのです」!
> 在日アメリカ海軍の厚木基地への入るのに、パスポートが必要だからです。
> 海上自衛官の運転する、海上自衛隊の公用乗用車に乗って、私服を着た、民間人の日>本人が入りました。
>ゲートで、衛兵にパスポートを提示したそうです。
> 空軍の横田基地でも同様と想像します。
> 参考図書
> 『丸』2014年9月号、「還らざる夏」早瀬利之

>543 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 14:21:59.09 ID:2WoNVnSL
>539
>大嘘。
> 必要なのはパスポートでなく、身分証明書とし基地が認めている写真付きの身分証明>書です。
>その民間人は、海上自衛隊を通じて米軍側に入門許可を得てるので、本人証明としてパ>スポートを
>出しただけで、旅券としてのパスポートではありません。
> 厚木基地は、関東圏での米軍施設ではセキュリティチェックが一番厳しく、日本で普>通に身分証明書として
>認められてる運転免許も新型のICチップ付きだと本籍の記載がないので、認められて>おらず、
> 基地公開の際にも追い返される人が毎回発生しています。
> 米軍基地公開の時でもトラテープの範囲外に出ようとするとすぐ警備の米兵がID!>とチェックに来ます。


「大嘘。必要なのはパスポート」

92 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 16:29:39.81 ID:0XgHkYpi
炊事兵については、たてまえ上そうであったが実情は、ほぼ固定化されてたで終わった話だと思うが。
以前、カスがあげた引用でどこぞのホテルのシェフが徴兵され部隊配属された時に炊事兵やらないか?と言われたが断った。というのがカスのレスの自己否定だと思うが。

順繰りに回るならいろいろ残ってる手記で誰それが炊事当番の時は美味かったとか言う話が残ってるはずだし。

93 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 16:29:49.87 ID:n+trkBgk

厚木基地入門(エスコート)の際に必要なIDについて
厚木基地入門に際しては、身分証の確認が必要です。
隊員が部外者の方をエスコートする場合にも身分証の提示が必要となります。
なお、新しいタイプのICチップ付免許証だけでは、本籍地表示がありませんので、入門は不可能ですのでご注意ください。
(有効な証明書)
1.本籍地記載の運転免許証
2.ICチップ付運転免許証+記載印字票(※1)(3カ月以内に発行)のセット
3.ICチップ付運転免許証+本籍の記載された住民票(3カ月以内に発行)のセット
4.有効期限内の

パスポート

(公用パスポートも可) 」

下記を参照ください。

ttp://www.mod.go.jp/msdf/bukei/y6/nyuusatsu/24-1-0000-0000-0001.pdf

「旅券としてのパスポートではありません」の意味は何ですか?
大辞林 第三版 (三省堂)には「パスポート、旅券」と記述されています
私が、アナポリス海軍兵学校や、ウエストポイント陸軍士官学校や、首都ワシントンのレストランで提示したのは「旅券としてのパスポートではありません」なのですか?

「パスポート〔passport〕
旅券。 」

94 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 16:30:43.29 ID:lkxvR3c/
>>87
3ヶ月で交代したとして、兵役人数の何パーセントが兵営炊事を経験するんでしょう?

>陸軍で料理を作るのは、全員です。
>陸軍は、全員が料理を作る仕事に駆り出されました。
>「陸軍」「で、炊事係の兵は決まって」いませんでした。

を満たすには、兵役が2年として、一回の炊事係に兵員の1/8を充てなければ「全員が料理を作る仕事に駆り出されました。」が成立しない訳ですが

95 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 16:43:29.63 ID:n+trkBgk
>539 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 14:07:40.95 ID:Wvue24/n
>305 :名無し三等兵:2015/09/15(火) 04:14:50.47 ID:cZQn3TDk
>横田基地の中に入るには
>ESTAやパスポートが必要なのですか ?

.「パスポートが必要なのです」!
> 在日アメリカ海軍の厚木基地への入るのに、パスポートが必要だからです。
> 海上自衛官の運転する、海上自衛隊の公用乗用車に乗って、私服を着た、民間人の日>本人が入りました。
>ゲートで、衛兵にパスポートを提示したそうです。
> 空軍の横田基地でも同様と想像します。
> 参考図書
> 『丸』2014年9月号、「還らざる夏」早瀬利之

>543 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 14:21:59.09 ID:2WoNVnSL
>539
>大嘘。
> 必要なのはパスポートでなく、身分証明書とし基地が認めている写真付きの身分証明>書です。
>その民間人は、海上自衛隊を通じて米軍側に入門許可を得てるので、本人証明としてパ>スポートを
>出しただけで、旅券としてのパスポートではありません。
> 厚木基地は、関東圏での米軍施設ではセキュリティチェックが一番厳しく、日本で普>通に身分証明書として
>認められてる運転免許も新型のICチップ付きだと本籍の記載がないので、認められて>おらず、
> 基地公開の際にも追い返される人が毎回発生しています。
> 米軍基地公開の時でもトラテープの範囲外に出ようとするとすぐ警備の米兵がID!>とチェックに来ます。

その民間人は、海上自衛隊から、パスホートを持って来るように言われました。
その方が、簡単だからです。
運転免許証にして、住民票を取るのは面倒です。

96 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 16:44:07.30 ID:n+trkBgk
今日、羽田空港近くの民間駐車場へ電話予約しました。
旅行会社の特約になっていて、安くなります。
オペレーター曰く「旅行会社からのチラシに、番号が記載されています。それを教えてください」。
そんなもの、取ってあるか!
話したら「当日、窓口へ、旅行会社が作成した、旅行予定表を提示していただけたら、結構です」。
それを早く言え!
今の運転免許証は、本籍の記載の無いのが多いです。
それで、だめだから、簡単な、パスポートを持って来るように言ったのです。

97 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 16:46:31.52 ID:h8m4epAL
>>93
これって、笑うところ?
昔、漫画家の竹本泉氏がレンタルビデオ店の会員証を作るのにパスポートを出したそうだが
決してレンタルビデオ店が国外にあるからでないという意味じゃない。
あくまで本人確認ができる証明書として必要だったから。
霞ヶ浦の住人が出したみとめてる証明書の一覧に新型運転免許+本籍証明書って書いてるわけだし。
旅券として必須ならパスポートを持参くださいと書いてるはずですが。

98 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 16:50:02.58 ID:adS642L0
そういえば霞の人はとっくに自縄自縛してるんだった

832 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2015/04/09(木) 22:40:47.15 ID:ORCZUnWv [2/6]
そしてカスミンの発言を辿っていくと自ら矛盾した事を言ってるのだが
最初:>>36
>陸軍で料理を作るのは、全員です。
>陸軍は、全員が料理を作る仕事に駆り出されました。
次:>>45
>「陸軍」「で、炊事係の兵は決まって」いませんでした。
と言いつつ
>陸軍は、歩兵や砲兵や騎兵の「炊事係」が料理を作りました。
「陸軍で料理を作るのは、全員です。」だったのでは??
その次:>>47
>それまで、炊事係りには、成績不良者が任命されていました。
>それを、成績優良者が任命されるようにしました。
炊事係に成績優良者をが「任命」している=炊事係は任命され決められている
まー本当に「陸軍は、全員が料理を作る仕事に駆り出されました。」なら、従軍経験者の手記に当然のように出て来ると思いますがねぇ

問題は、この互いに矛盾した各発言のどれも訂正したり引っ込めたりせず、有効なまま引きずり続ける点
当人は矛盾してるとは思っていないのもな、まあカリフォルニア州兵の件でよく分かったけど一例でもあれば全体がそうと解釈する頭脳みたい

99 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 17:00:09.94 ID:n+trkBgk
>97 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 16:46:31.52 ID:h8m4epAL
>93
>これって、笑うところ?
> 昔、漫画家の竹本泉氏がレンタルビデオ店の会員証を作るのにパスポートを出したそうだが
>決してレンタルビデオ店が国外にあるからでないという意味じゃない。
>あくまで本人確認ができる証明書として必要だったから。
> 霞ヶ浦の住人が出したみとめてる証明書の一覧に新型運転免許+本籍証明書って書いてるわけだ>し。
>旅券として必須ならパスポートを持参くださいと書いてるはずですが。

>これって、笑うところ?

>「旅券としてのパスポートではありません」の意味は何ですか?
> 大辞林 第三版 (三省堂)には「パスポート、旅券」と記述されています
>私が、アナポリス海軍兵学校や、ウエストポイント陸軍士官学校や、首都ワシントンのレストランで提>示したのは「旅券としてのパスポートではありません」なのですか?

>「パスポート〔passport〕
>旅券。 」

100 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 17:00:28.94 ID:hdVFhlDe
横須賀ベースに商用で入った時は、住基ネットカード(写真付)でOKだったけどな

要は顔が照会できて、日本国籍を証明出来る公的な身分証明書の代表例がパスポートってだけで、実際は有効期限さえ切れてなきゃ旧免許証や住基ネットカードでもいい訳だ。

101 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 17:07:05.32 ID:n+trkBgk
>100 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 17:00:28.94 ID:hdVFhlDe
>横須賀ベースに商用で入った時は、住基ネットカード(写真付)でOKだったけどな
>要は顔が照会できて、日本国籍を証明出来る公的な身分証明書の代表例がパスポートってだけ
>で、実際は有効期限さえ切れてなきゃ旧免許証や住基ネットカードでもいい訳だ。

簡単なので良いのです。

「住基ネットカード(写真付)」を私は持っていません。
私も、その民間人も、パスポートが一番簡単だったのです。

民間駐車場のオペレーターも、「当日、窓口へ、旅行会社が作成した、旅行予定表を提示していただけたら、結構です」と、最初から簡単な方法を言えば良かったのです。

>今日、羽田空港近くの民間駐車場へ電話予約しました。
> 旅行会社の特約になっていて、安くなります。
>オペレーター曰く「旅行会社からのチラシに、番号が記載されています。それを教えてください」。
>そんなもの、取ってあるか!
> 話したら「当日、窓口へ、旅行会社が作成した、旅行予定表を提示していただけたら、結構です」。
>それを早く言え!

102 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 17:09:43.15 ID:n+trkBgk
>607 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 17:50:34.87 ID:2WoNVnSL
>600
>それは戦術偵察の話じゃありませんね。
> 工作員を秘密裏に送り込んだという話でしかありません。
>それリンク先に出て来る洛陽って中国東北部じゃありませんよ。
> 関係ない話をさも回答のように捏造するのはあなたの欠点ですよ。
> 以前にも検索キャッシュを切り貼りして、アメリカの潜水艦が対馬丸を撃沈して
> その事をチャーチルがヒットラーに抗議したなんて話をでっち上げましたね。

1 「それは戦術偵察」で成果をあげられなかったのです。
2 「洛陽って中国」「ですよ」!

>2「中国軍がすでに国境を越え、国連軍の進攻ルートを予測してその山中に隠れて待ち>構えていた」

「当時の国連軍側は、中国側はへの越境偵察すら制限を受けてたわけだから、察知できなくても仕方ない話」では無いのです!
「当時の国連軍側は」北朝鮮を爆撃していました。
中国軍は、北朝鮮領内に「隠れて待ち構えていた」のです。
「それは戦術偵察」可能でした。

洛陽は「中国側」です。
「中国」は「東北部」だけ「じゃありませんよ」!

日本の京都の異称でも有ります。
「洛陽の紙価を高める」という言葉があります。
褒め言葉です。
ベストセラーの本を出したので、紙の値段が高くなったとの意味です。

103 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 17:10:50.62 ID:n+trkBgk
「続けて質問を失礼します。 
NHK特集で放送したらしいのですがアメリカの占領下時(昭和25、26年)に後にほとんどが日本航空に入った
日本人パイロット達がB−26にのってウラジオストクや洛陽にスパイを輸送していたというのはどのような作戦だったのでしょうか。 
(中国軍機をふりきったらしいけどひょとしたら隼? 今回のゴルゴ13がその話ぽいですが)」

「ウラジオストク、サハリン、奉天、西安、
広東に蝶者を送る任務を続け」

下記を参照ください。

ttp://www.warbirds.jp/ansq/7/G2000169.html

104 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 17:13:29.96 ID:hdVFhlDe
>>101

では、他の証明証でも入場可能と認めるんですね。
あなたが>>91の最終行で書いた

> 「大嘘。必要なのはパスポート」

というのは嘘ですね。

105 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 17:20:00.99 ID:n+trkBgk
>104 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 17:13:29.96 ID:hdVFhlDe
>101
>では、他の証明証でも入場可能と認めるんですね。
>あなたが>>91の最終行で書いた
> 「大嘘。必要なのはパスポート」
>というのは嘘ですね。

嘘は下記です!

>543 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 14:21:59.09 ID:2WoNVnSL
>539
>大嘘。
> 必要なのはパスポートでなく、身分証明書とし基地が認めている写真付きの身分証明>書です。
>その民間人は、海上自衛隊を通じて米軍側に入門許可を得てるので、本人証明としてパ>スポートを
>出しただけで、旅券としてのパスポートではありません。

106 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 17:22:18.15 ID:H2eOC2Zy
(有効な証明書)
1.本籍地記載の運転免許証
2.ICチップ付運転免許証+記載印字票(※1)(3カ月以内に発行)のセット
3.ICチップ付運転免許証+本籍の記載された住民票(3カ月以内に発行)のセット
4.有効期限内のパスポート(公用パスポートも可)

>>93で自らはっきり出してますね
「大嘘。必要なのはパスポート」が 「大嘘。」でした

・・・というと「では、パスポートでは入場できないのですか?」と見当違いの逆質問を出すに決まってるので
「大嘘。」なのは、誰かさんの、さもパスポート限定であるような書き方が起因ですよ
それを齎したのは誰かさんの未熟な文章力です、これがパスポートでは入場できないと読めてしまう読解力もまた未熟

107 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 17:22:21.21 ID:n+trkBgk
>614 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 18:05:07.40 ID:2WoNVnSL
>608
>7.62mm口径の銃にはまだまだ改良の余地があったのに残念」、と反対の立場であった

> あくまでカラシニコフ氏個人の意見であって軍が採用しなかった意見ですね。
> 開発者の意見は尊重すべきですが、携行弾数の増加、と携行重量の増加防止を両立す>る時代では5.45mm弾への
>移行は必然ですので、切り替えは当然ですね。

「切り替えは当然で」有りません!

中国や世界のユーザーが、7.62mmを支持して、使っています。
事実が雄弁に物語っているのです。
「カラシニコフ氏個人の意見」は正しかったのです。

日本の防衛省は、豊和工業に感謝状を送っています。
優秀な64式小銃を作ったとの理由です。
一般の自衛隊員は、64式小銃を欠陥銃と「個人の意見」を持っています。
あなたは、防衛省と一般の自衛隊員「個人の意見」の、どちらを正しいと考えますか?
「官は過たず」との言葉が、自衛隊の周辺に有ります。
官(自衛隊は)過ちを犯さないのです。
過っても、過ちでは無いのです。
貴方は「ソ連軍は過たず」との信念をお持ちのようです。

108 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 17:23:25.56 ID:n+trkBgk
「Rifle of JSDF|軍事板常見問題 アジア別館
keshiintokorozawa.web.fc2.com/faq05j12e06r.html
自衛隊が新人育成に64式小銃を使ったり,アメリカ軍が新人育成にM14を使わせたりするのは「重い銃を渡す→訓練する度に重い銃に ...
自衛隊の場合はまだ89式小銃に更新されてない部隊もあるため,そういう部隊に配属される場合も考えると64式で憶えさせたほうがいい,というのが一つ, 64式 .....
戦場という過酷な環境で使用することを考えると,故障しやすい=信頼性が低いというのは,致命的な欠陥であると言っても過言ではない. ...
事実,この小銃はメンテナンスが面倒だと,現場の

自衛隊員からは評判が悪い

.」

109 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 17:24:47.08 ID:n+trkBgk
>616 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 18:07:16.30 ID:4A5oz5p6
>7.62mm口径のほうが本当に性能が良いのならソ連/ロシア軍は7.62mmに回帰しててもお>かしくないんですが
>性能が同等レベルなら弾薬重量が軽減されてるほうを採用するのではありませんかね
>兵や輸送の負担を減らせるし携行弾数を増やすほうに振り向けることもできますし
>(5.54mmX39で薬莢長も薬莢のヘッド径も7.62mmX39と変わりませんので容積は大して減>らず、マガジンのサイズも大体同じですが)

>現在世界中に出回っているのは、性能の良い、旧口径のAK47とAKMです。
> 「現在世界中に出回っている」中華製56式って、オリジナルのAK47・AKMより低品質低>性能と言われてますが

1 一度変えてしまった軍用銃を変えるのは、容易ではありません。
2 「中華製56式って」「AK47」では有りません。

ソ連軍全体の銃の口径を変えてしまったのです。
>旧口径のAK47とAKMは、放出しました。
>現在世界中に出回っているのは、性能の良い、旧口径のAK47とAKMです。
今更、旧口径へ戻せません。

「性能が同等レベル」では無いのです。

「AK-74 - ウィキペディア
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/AK-74
AK-74(露:Автомат Калашникова образца 1974 года、ラテン文字転写:Avtomat Kalashnikova-74、「カラシニコフ ...
た。

7.62mm口径の銃にはまだまだ改良の余地があったのに残念」、と反対の立場であった

が、軍の要求に応えてAK-74を完成させた。」

110 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 17:25:18.13 ID:36JARUga
>>105
だから、海外渡航に必要な旅券としてのパスポートでなく
基地側が認めてる身分証明書のうちの一つとしてパスポートを提出したというわけで
パスポートが必ず必要というあなたの説明が間違ってますが。

111 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 17:25:33.72 ID:pqReR3nQ
そういやマイナンバーカードって国籍わかるっけ?

112 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 17:25:52.34 ID:n+trkBgk
>612
>で、そいつらの水中速力は最大8ノットで?
>カスミン的にはUボートは水中速力8ノットなんでしたっけ、それ以上出せるならそいつ>らはカスミン的Uボート範疇から外れるのでは?

4ノットです。

「Uボートは水中速力8ノットなん」て知りません。
それは、戦闘時に短時間出すスピードと想像します。

XXI型Uボートは、水中速力、17ノットで80分です。
もっと低い速度ですと、100時間です。

参考図書

『アメリカ潜水艦隊』ノーマン・ポルマー著、手島尚訳。

113 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 17:26:01.07 ID:zTE/Yc7q
>>45
U-977は昼も夜も潜りっぱなしのシュノーケル航行で、非公式の連続潜行記録ができた程(おかげで艦内の湿気が凄まじく、カビだらけに)だったんだが
やっぱ「U-ボート977」は読んでもいないのだな

114 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 17:28:48.19 ID:H2eOC2Zy
流通量に絶対的な差があるんだから7.62mmAKコピーと7.62mmX39弾を「使わざるを得ない」事情は無視ですかそうですか

5.45mmが本当にダメなら、例えばビンラディンはアピール時にAKS74Uを持たず、幾らでも転がってる7.62mmAKコピーを持ってると思いますが

115 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 17:29:08.86 ID:n+trkBgk
>110 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 17:25:18.13 ID:36JARUga
>105
>だから、海外渡航に必要な旅券としてのパスポートでなく
>基地側が認めてる身分証明書のうちの一つとしてパスポートを提出したというわけで
> パスポートが必ず必要というあなたの説明が間違ってますが。

>「旅券としてのパスポートではありません」の意味は何ですか?
> 大辞林 第三版 (三省堂)には「パスポート、旅券」と記述されています
>私が、アナポリス海軍兵学校や、ウエストポイント陸軍士官学校や、首都ワシントンのレストランで提>示したのは「旅券としてのパスポートではありません」なのですか?

>「パスポート〔passport〕
>旅券。 」

116 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 17:29:14.48 ID:hdVFhlDe
>>105

それって全然反論になってませんよね。
>>543の発言が嘘かもしれないのと、貴方が>>91で発言した「大嘘。必要なのはパスポート」という明確な嘘に因果関係はないですよ。

貴方また嘘ごまかししようとなされてるんですか?

117 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 17:31:41.48 ID:n+trkBgk
>まぁともかく、今世界中に出回ってる「AK47の類似品」はオリジナルより性能が低いもののほうが多い>でしょうな
> なんせ56式がオリジナルより多く作られてばら撒かれてるのですから
>他のコピー品も合わせるとロシアンオリジナルAKは少数派、と
> ルーマニア製も品質が宜しくないと聞きますし、ライセンス品・コピー品が性能でオリジナルを上回る例>はさほど多くない(全くないとは言っていない)ことを考えると、少なくとも
>現在世界中に出回っているのは、性能の良い、旧口径のAK47とAKMです。
>は正しくない、となります

「現在世界中に出回っているのは、性能の良い、旧口径のAK47とAKMです」は正しい

>流行の好例が、ソ連のAK74です。
>アメリカが小口径のM16を採用しました。
>ソ連はそれを真似て、小口径のAK74を採用しました。
> 開発者のカラシニコフが反対したのにです。

>旧口径のAK47とAKMは、放出しました。

>現在世界中に出回っているのは、性能の良い、旧口径のAK47とAKMです。

625 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 18:37:26.16 ID:yOjC5+Ix
>624
>ソ連の純正AKがアメリカでどれだけ高値で取引されてるのか知らんらしい。
>SKSでさえ最近高くなったってYouTubeで外人がぼやいてたな

「高値で取引されてる」「ソ連の純正AK」を「放出しました」。

118 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 17:33:51.39 ID:36JARUga
>>109
えっと、中国軍の主力小銃は、現在は5.8mm弾を使用する95式自動歩槍ですが・・・・・

119 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 17:34:45.41 ID:hdVFhlDe
>>111
正確に言うと、住基ネットカードが国籍の証明として有効なのは2013.7.7発行分まで
(翌日7.8から外国籍の人も住基ネットカードの発行が可能になったため)

マイナンバーは外国籍の人にも交付されるらしいので、無理なんじゃないかな。

120 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 17:42:40.12 ID:36JARUga
>>119
住基カードの場合有効期限は西暦表記だけど日本国籍だと誕生日の表記が和暦、外国籍だと西暦と区別されてる。

121 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 17:43:53.14 ID:ZFiPZ+Zr
なんだこれ、今度はAKはAK、56式は56式って言い出したぞ
それだったら「現在世界中に出回っているAK」は、そりゃソ連製が大多数になるわな
AK47とAKMだけ拾い出して、これはどこ製なのかってドヤ顔言ってるようなもん

でもそうすると、世界中の紛争地域にあるAK、なんて表現はおかしいってことに
数の上で56式>AKですし、「世界中の紛争地域にある「56式」」と言い換えねば
なにしろ「「中華製56式って」「AK47」では有りません。」と厳密な区別をご所望の様子ですので

122 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 17:46:00.27 ID:hdVFhlDe
>>120
なんと、知らなかった。

>>119は嘘です。申し訳ない。

123 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 17:51:37.81 ID:36JARUga
>>115
あいかわらず、自分に不利な記述があるとWikipediaを引用しませんね、
パスポート
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88
国(政府)が発行する公的書類として、自らの国籍国外においては身分を証明する最も公的で通用度の高い身分証明書とされるばかりでなく、
自国内においても身分証明書として利用されている。

上記文章の「自国内においても身分証明書として利用されている。」という一文を理解しましょうね。

124 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 18:04:42.04 ID:n+trkBgk
>123 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 17:51:37.81 ID:36JARUga
>115
>あいかわらず、自分に不利な記述があるとWikipediaを引用しませんね、
>パスポート
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88
>国(政府)が発行する公的書類として、自らの国籍国外においては身分を証明する最も公的で通用度の高い身分証明書とされるばかりでなく、
> 自国内においても身分証明書として利用されている。
> 上記文章の「自国内においても身分証明書として利用されている。」という一文を理解しましょうね。

>「旅券としてのパスポートではありません」の意味は何ですか?
> 大辞林 第三版 (三省堂)には「パスポート、旅券」と記述されています
>私が、アナポリス海軍兵学校や、ウエストポイント陸軍士官学校や、首都ワシントンのレストランで提>示したのは「旅券としてのパスポートではありません」なのですか?

>「パスポート〔passport〕
>旅券。

125 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 18:08:28.26 ID:hdVFhlDe
>>124

質問です、他の証明証でも在日米軍基地に入場可能と認めるんですね。
あなたが>>91の最終行で書いた

> 「大嘘。必要なのはパスポート」

というのは嘘ですね。

126 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 18:15:35.92 ID:36JARUga
>>124

>「旅券としてのパスポートではありません」の意味は何ですか?
> 大辞林 第三版 (三省堂)には「パスポート、旅券」と記述されています
>私が、アナポリス海軍兵学校や、ウエストポイント陸軍士官学校や、首都ワシントンのレストランで提>示したのは「旅券としてのパスポートではありません」なのですか?

外国旅行をする人の身分・国籍を証明し、便宜供与と保護を求めるのが旅券

厚木基地として要求したのはあくまで身分証明書としてです。
自分の間違いを認めたくなくて難癖つけてますがいい加減自分でも間違いがわかってるけど
間違いを認めたくないだけでしょ。

127 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 18:21:57.97 ID:n+trkBgk
>125 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 18:08:28.26 ID:hdVFhlDe
>124

>質問です、他の証明証でも在日米軍基地に入場可能と認めるんですね。
>あなたが>>91の最終行で書いた

> 「大嘘。必要なのはパスポート」

>というのは嘘ですね。



>嘘は下記です!

>543 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 14:21:59.09 ID:2WoNVnSL
>539
>大嘘。
> 必要なのはパスポートでなく、身分証明書とし基地が認めている写真付きの身分証明>書です。
>その民間人は、海上自衛隊を通じて米軍側に入門許可を得てるので、本人証明としてパ>スポートを
>出しただけで、旅券としてのパスポートではありません。

128 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 18:28:36.47 ID:n+trkBgk
>126 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 18:15:35.92 ID:36JARUga
>124

>「旅券としてのパスポートではありません」の意味は何ですか?
> 大辞林 第三版 (三省堂)には「パスポート、旅券」と記述されています
>私が、アナポリス海軍兵学校や、ウエストポイント陸軍士官学校や、首都ワシントンのレストランで提>示したのは「旅券としてのパスポートではありません」なのですか?

> 外国旅行をする人の身分・国籍を証明し、便宜供与と保護を求めるのが旅券

> 厚木基地として要求したのはあくまで身分証明書としてです。
> 自分の間違いを認めたくなくて難癖つけてますがいい加減自分でも間違いがわかってるけど
間違いを認めたくないだけでしょ。

「自分の間違いを認めたくなくて難癖つけてますがいい加減自分でも間違いがわかってるけど
間違いを認めたくないだけでしょ」

>「旅券としてのパスポートではありません」の意味は何ですか?
> 大辞林 第三版 (三省堂)には「パスポート、旅券」と記述されています
>私が、アナポリス海軍兵学校や、ウエストポイント陸軍士官学校や、首都ワシントンのレストランで提>示したのは「旅券としてのパスポートではありません」なのですか?

>「パスポート〔passport〕
>旅券。

129 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 18:40:45.06 ID:hdVFhlDe
>>127
貴方も嘘付きですね

130 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 18:54:32.50 ID:T/YQFI/v
まだやってるのか
まぁ今日ので分かったけど、カスミンが定年を迎えたってのは本当っぽいな
とっとと台湾に移住すればいいのに
カスミンは向こうじゃ商売女にモテモテ、家族から離れて疎まれることもなくなり、初質からは嘘つきがいなくなる、で、誰にとってもwin-winなのに

131 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 19:02:32.57 ID:RYyD7u7y
昔に比べてムキになって反論しすぎだけど歳をとって短期になったってこと?

132 :三等自営業 ◆LiXVy0DO8s :2015/10/25(日) 19:03:56.36 ID:Wfe0lX1p
うそつきカスミンは早くわたしの質問に答えてください

133 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 19:07:03.56 ID:plRPzfBz
redditで旧日本陸軍兵士の遺品返還(写真)を希望している人が
身元照会しているのですが分かる方います?
もちろん、外務省の方にも連絡する様ですが
何か分かるかたいらっしゃればよろしく

https://www.reddit.com/r/japan/comments/3q1zxn/need_help_with_tranlastion_and_finding_a_family/

http://i.imgur.com/aTtfnAd.jpg
http://i.imgur.com/84oyLoi.jpg
http://i.imgur.com/TP76nDt.jpg
http://i.imgur.com/8DWt2Bo.jpg
http://i.imgur.com/Hjygxqo.jpg

134 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 19:14:17.01 ID:36JARUga
>>133
ここよりもツイッターで流したほうが、特定早いと思うぞ。
沈没してる武蔵から回収された射出機の整備マニュアルの欠損部分を解読したくらいだから。

135 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 19:16:23.17 ID:S0JSU23S
WW2の緒戦で、英仏はポーランドが長期持久すると踏んで9月中の本格的な西からの攻撃を行わず
いざ実戦でポーランドがごく短期間で打倒されると非常に驚愕した、という話を読んで
ポーランドが英仏の予想より早く降伏したのはソ連参戦の影響が大きいのだろうかと思ったのですが
実際問題、もしソ連が東部から挟撃しなければポーランドはドイツを相手にどれだけ持久しえたのでしょうか?

歴史IFの質問になってしまいますが、「もし日本が関特演で対ソ侵攻していたら」のようなマクロな話ではなく
ポーランド中部・東部というミクロな戦域の話であり、ポーランド戦に関する戦史研究から
IFながらも持久できるか出来ないかの予想はある程度つけられるのでは?と思い質問しました

ソ連参戦前から西部で普通に負けているので、フランス戦におけるイタリア参戦のように
降伏時期にはほとんど影響を与えなかったのでは、と個人的には思うのですが…

136 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 19:26:14.96 ID:RYyD7u7y
>>135
ソ連が参戦しなくてもポーランドの防衛計画は中途半端で計画性に乏しい
有効な防御線を築くにはヴィスワ川の線しか無いのだが
ヴィスワ川まで後退するのは国土を失いすぎるし難しいところなのだが
であれば戦間期に要塞を築くべきだったがそれは本格的にはされなかった

137 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 19:38:37.74 ID:mqAp6XGR
議論のあることかもしれませんがお聞きします
WW2の犠牲者数でソ連中国の民間人犠牲者が異常に多い(ソースはwikipedia)のはなぜでしょうか

138 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 19:41:05.23 ID:e02DDpvf
農業生産力が低い国で焦土戦上等なんて戦いかたしたら、当然民間人犠牲者跳ね上がるだろ

139 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 20:00:05.35 ID:IVAeCC++
>>135
独ソ不可侵条約を結んでいなければ東進してきたドイツ軍とそれを警戒してポーランドに侵入してきたソ連赤軍の間で軍事衝突が起きて〜というシチュエーションも考えられるが、そういう状況ならドイツはそもそも侵攻しなかっただろう。
どちらにせよ9月14日時点で既にワルシャワは包囲され多くの部隊が包囲されるか降伏するかしてるので組織的抵抗はほぼ不可能な状態になっている。
残存部隊がルーマニア国境地帯で長期持久を図ったとしてもドイツがルーマニアに圧力をかければそこで武装解除ということになっていたかもしれない。
ソ連の侵攻はノックアウト寸前でフラフラになったボクサーを後ろから殴りつけたようなもので、決定打にはなったけどいずれにせよポーランドの負けは確定していた。

140 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 20:09:04.30 ID:mqAp6XGR
>>138 なるほど... そういう巻き込まれ方もあるのか
ありがとうございます

141 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 20:10:28.03 ID:IVAeCC++
>>135
あとポーランドの主要な工業地帯はシュレージエンなど西部に集中しているのでそこを占領された時点で長期的な抵抗はほぼ無理。

142 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 20:38:22.90 ID:KMTN09r6
馬鹿の戯言マジレスして暇なやつが多いな

143 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 21:41:34.41 ID:62Ivwv43
クッソ不毛なAK論争は性能の定義の問題だろ
コピー乱造、使用地域での部品や弾薬の入手、メンテのやり易さも広義の性能と考えればまぁAKの方が大局的にみて高性能と言えなくもない。

144 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 21:51:58.99 ID:RCE03pnr
それも強さ議論と一緒で不毛だと思うで
カスは最終的に言葉遊びに逃げ込むからそこでやりあってもレスの無駄にしかならん

145 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 22:11:01.88 ID:RRn/qcYd
何故ネットではクラスター爆弾廃棄を嘆いている方が多いのですか?
MLRSのM26弾頭いわゆるクラスター爆弾は政治的要因により泣く泣く廃棄という風潮が強いですが
実際、敵に発見されやすく風の影響によってCEP数百mと言われる粗鬆な兵器では
日本の狭く山地が多い地形ではかなり使い道が制限されるそうで
隊内でも前からGPS誘導を押す声があったそうです
どう考えてもクラスター爆弾の必要性を感じられないんですが

146 :ボブ ◆qKUlKdcWQQ :2015/10/25(日) 22:13:57.84 ID:22vBjKzn
あれ海岸線とかで一気に上陸軍を片付けるためのものだからね(特にMLRSのは)
山地での運用は想定してないんじゃない?

147 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 22:16:17.08 ID:S0JSU23S
>>136>>139>>141
沢山の回答ありがとうございました
ソ連参戦はあまり関係なく、ドイツ軍の侵攻は英仏の予想より遥かにハイペースで達成されたと理解しました

148 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 23:04:21.29 ID:62Ivwv43
単純な話、兵器類を条約や協定で制限するって事は自分の手札を1枚捨てるって事だからな。
将来クラスターの類いの兵器があれば極めて有利な戦況になる事態も無いとは誰も言い切れない以上、条約加盟に反対する気持ちも分かる。

クラスター禁止条約に加盟したことで、多いに越した事はない手持ちの切れるカードを加盟国は一枚捨てた。

149 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 00:38:47.38 ID:DTF5lPjG
第二次世界大戦の日本の戦闘機(たとえば零戦)などで操縦席の真上と垂直尾翼の間を
ワイヤー状のものが一本空中に張ってあるのですが、あれなんのための線ですか?

150 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 00:43:08.76 ID:XYWo+REr
>>149
通信用のアンテナ(空中線)

151 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 00:45:25.28 ID:AoHqxYhy
歴史のIF的な疑問で恐縮なのですが、
もしミッドウェー海戦で米空母も被害甚大だった場合(エンタープライズが大破する様な状況とか)、米海軍は空母レンジャーを太平洋に投入したでしょうか?
もしかレンジャーを太平洋にもってくる計画などはあったんでしょうか

152 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 00:51:09.15 ID:g15K8rmN
>>151
次の戦いの時期をどこに設定するかで答えは変わる
米としては1回の敗北で焦る必要はまったくないから、「週刊空母」が十分に
揃うまで待つんじゃないかな

153 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 00:57:10.58 ID:3NIO0d3r
海軍は水上艦内ではいじめがあるといわれますが潜水艦ではどうなんでしょう?

154 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 01:02:49.47 ID:DTF5lPjG
>>153
潜航中の超閉鎖的でシビアな環境ではストレス耐性の高い人選が為されるでしょうからイジメは少ないんじゃないでしょうか。
第二次世界大戦のUボート艦長などは、伝統的に権威主義的な独海軍らしくなく格式ばらないくだけた性格の人が多く、
アットホームな雰囲気だったらしいですし。

155 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 01:07:32.35 ID:StO+ovjg
旧軍においては潜水艦はおそらく一番上下区別なく仲がいい
下っ端兵が海軍にこんな素晴らしいところがあったんだとかいう事例が(流石にこれはその船だけかもしれんが)

全般的に大艦ほど厳しく小さくなるほど緩くなる傾向があった

156 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 02:09:45.85 ID:110qZ+FL
>>151
レンジャーはヨーロッパ戦線でそれなりに忙しい。
ミッドウェー海戦で日本が大勝してハワイも危ない、可動空母はサラトガくらいとかなら考えられるが、
米軍の場合は大破したくらいなら応急修理でも何でも搭載機さえあれば出撃するのはヨークタウンで証明済。

で、後にソロモン戦線で一時的にせよ本当に可動空母が一隻も無くなった時にどうしたかと言えば、
英空母を呼んだ。

157 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 02:43:02.12 ID:AoHqxYhy
>>152さん>>156さんありがとうございます。浅学で英空母の件など知りませんでした・・・
42年米軍の「全空母を全力投球する」という方針で、最悪の状況になった時はどうするんだろうと思ったのですが
無理してレンジャーを前線に出すより大人しく新空母就役を待つか、対空母戦なら英空母で対抗するほうがマシ、という感じでしょうか

158 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 02:47:50.89 ID:HG1TjAn9
実際の分隊において、BFのような弾持ち役っているんですかね?

159 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 03:08:43.89 ID:FBx5SlRI
分隊機銃中心のドイツ歩兵とか、弾薬箱が足りず弾帯を体に巻き付けたソ連海軍歩兵とか、全員で分担して弾運びといった感じ

160 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 03:10:59.28 ID:110qZ+FL
>>157
まー結果的にはホーネットが南太平洋海戦で撃沈、潜水艦でワスプは撃沈、サラトガは大破という状況で、
エンタープライズが応急修理でしのいだんだけどね。

ただ、サラトガが復帰したらエンタープライズはさすがにオーバーホールしないとアカンし、そうなると
可動空母が一隻じゃ辛いから英空母ヴィクトリアスを呼んだ。

だけどその頃にゃ日本機動部隊も南太平洋海戦で搭乗員や艦載機の被害がでかくて、可動空母も
瑞鶴と隼鷹が健在な他は全部修理待ちとか輸送任務、練習空母任務で忙しかったり。
日本もまた機動部隊を再建しないといけない状況だったのさ。
再建した母艦航空隊は陸上基地からの航空戦に転用して消耗しちゃったけどね。

で、結果としちゃ英空母も使って日本機動部隊に対抗というより、上陸戦とか航空戦の援護が多かったみたいね。
それでもエセックス級とかインデペンデンス級が戦場に現れる1943年半ばまでは貴重な戦力だった。
一方のレンジャーも1943年までは大西洋唯一の米正規空母として、オーバーホール受けながら忙しかったわけだ。

161 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 03:23:35.24 ID:Bt82WJ7m
>>153
外部の状況や環境が特殊だとイジメっておきにくいから、
潜水艦は海中っていう環境だからってのもあるかもな。
特に小型だと必要最低限の人員だからお互い信頼せざるを得ないってのもある。

162 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 04:45:59.88 ID:W91E+BaX
>>158
それどころかドイツ軍なんて
重機関銃分隊の前進隊形まで決まってた
弾薬持つやつはどこどことか三脚のやつはどことか分隊長はどことか

163 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 05:18:06.77 ID:HG1TjAn9
>>159>>162
回答ありがとうございます。さすがに一人が色々な種類の弾薬をまとめて持つということはなさそうですね。

164 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 06:00:01.24 ID:cXq2/8Aa
飛行中のファントムのエンジンからは
黄色い光が見えました
イーグルのエンジンからは青い光が
見えました
この2つは違う燃料でも使っているのですか ?

165 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 06:31:12.21 ID:I57y/GMb
>>164
ガスコンロと同じだよ
効率よく燃料と空気が反応してれば青
F-15でもアフターバーナーを使用してれば青ではなくなる

166 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 07:29:58.52 ID:se5/Ct2U
先の大戦において、米軍占領後の沖縄で組織的な強姦行為が拡大しなかったのは
日本軍が設置した慰安所が米兵をコントロールしていたからと聞いたんですが
具体的にどの程度の規模で何人の女性が働き、またその女性達のその後どうなったか教えて下さい。

167 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 07:33:25.53 ID:UCeIist0
>>166
だからまずどこで聞いたのかを書けって何回言われたら理解できるんだ

168 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 09:10:59.06 ID:cXq2/8Aa
>>165
thx

169 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 09:11:43.64 ID:g15K8rmN
>>166
沖縄に「日本軍が設置した慰安婦施設」は存在してないよ

170 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 09:23:57.53 ID:cXq2/8Aa
F15のパイロットさんがAAMは発射される際
機体から少し落下するとおっしゃってました
ということは背面飛行中は発射できないのでしょうか ?

171 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 09:31:12.53 ID:3NIO0d3r
>>154-155
ありがとうございました。

172 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 09:37:03.83 ID:ewu5OFbu
>>170
当然セーフティが働いて発射できないようになってる
なぜ少し落下させるかというと、ミサイルの発射炎が機体に影響しないように
自由落下で安全距離を取るためなんだよ

173 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 09:44:56.49 ID:3NIO0d3r
>>161もありがとうございました。

174 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 09:47:26.13 ID:g15K8rmN
>>170 >>172
AIM-9などは背面でも発射可能だし、AIM-120も翼パイロン搭載なら発射可能だよ

175 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 10:42:13.79 ID:cXq2/8Aa
>>172
>>174
thx

176 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 12:24:36.81 ID:N3bxl+gb
>>172
水平飛行してないとミサイル撃てないってこと?
そんな制限かけてたら格闘戦なんてやってられない気がするんだが?

177 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 12:37:58.91 ID:g15K8rmN
>>176
操縦者の間で「Gを抜く」と言われている機動、動作を言うべきかな、そういうテクがあるんだ
遠い過去にここで割と詳しめの解説をしてた人がいたから、過去ログを漁るといいと思うよ

178 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 12:38:21.93 ID:I57y/GMb
>>176
F-4等の半埋め込み式だと
ここから爆発ボルトみたいなもので押し出して射出
そのあとにミサイルのロケットモーターが点火するよ

というかレール式のランチャーとかじゃなきゃパイロン式でも上記

179 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 12:41:09.07 ID:g15K8rmN
あ。えーと、朝日ソノラマ文庫の「空母パイロット」(P・T・ギルクリスト)にも
ちらっとやり方が書いてあったはずだ

180 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 12:44:26.48 ID:DIMuFw94
>>176
機体からの離脱は別として
大きなGかかってると射出と同時に
ミサイルがGであっちに飛ばされてロック外れたりする
バケツにロープ付けて振り回してる状態と思えばいい
こっちは投げた手の指す方向に飛んでくと思うが
実際にはアッチに行ってしまう

最近のは機動性もデータリンクもしっかりしてきてるが
それでも機動中の発射には限度(エンベロープ)がある

181 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 12:44:33.21 ID:34kFv8Ac
XC-2輸送機はサイズがC-1やC-130よりC-17に近いほど大きいですが
国内向けの戦術輸送機というより海外派遣対応の戦略輸送機ですよね?
装輪装甲車が輸送可能だけどC-17とは違い戦車を搭載できない性能に収まったのは
戦車は国内留め置きで海外派遣には原則出さないという暗示なのでしょうか?

JSF信者ではないですが矢面に立っての対テロ作戦には機動戦闘車でもまだ防御能力が不足だと思うので…

182 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 12:45:53.20 ID:DIMuFw94
なのでスティック、ラダーから手足一瞬離してローンチするわけ

183 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 12:56:49.21 ID:g15K8rmN
>>182
えーと、慣性の法則って聞いたことないか?
それじゃ(それだけじゃ)Gは抜けない

184 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 13:00:00.51 ID:g15K8rmN
>>181
前提条件がいくつも間違ってるので回答不能だよ

185 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 13:10:44.03 ID:110qZ+FL
>>181
陸自の戦車を空自だけが運べるという思い込みがまず×。
米軍でもいいし、状況が許すならロシアの輸送機も使えるし。

何より時間が許すなら空路じゃなくてもいい。

186 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 13:10:53.03 ID:ewu5OFbu
C-2は中型戦術輸送機のカテゴリーで
C-130やC-1より一回り大きいが、C-17は大型戦略輸送機のカテゴリーで全然別物
ペイロード30トンのC-2は、このクラスとしては搭載量は多い方だが
あくまでも戦術輸送機なので戦車の搭載なんか考えてない

というか戦車を海外に空輸するってことは現地に戦車を積めるほど大型の輸送機が離着陸できる広大な飛行場を安全に確保しているという
そんじょそこらの国じゃ満たせない過酷な条件が前提になる

187 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 14:20:34.73 ID:MT6FAMbc
AAMの発射

188 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 14:29:58.73 ID:MT6FAMbc
>>170
AAMの発射って言ってもランチャーレールを使うAIM-9やAAM-3/5のようなIR短距離ミサイルは
点火して発射する。
AIM-120もF-16の翼端ランチャーに搭載した場合は同様。
胴体ステーションに付けたAIM-7/120・AAM-4などはイジェクトした後点火する。
レーダー誘導中距離ミサイルは高機動時に発射するってケースはあまり考慮する必要はないからね。

189 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 17:18:29.81 ID:Y1HmWUY4
質問があります
避弾経始や傾斜装甲について、現代の高初速で撃ちだされるAPFSDSには効果が無いとされていますが
例えば装甲が150mmあり、傾斜により見かけ上180mmの防御力を得たとします
通常のAP弾(初速が1200m/s)以下で、160mm-170mm程度の貫通力を有する場合、
見かけ上の装甲厚を貫く力が無い為、跳ね返されると思います

一方のAPFSDS(初速が1200m/s以上)で同様に160-170mmの貫通能力を有していた場合、着弾時に砲弾が屈折して垂直に入り込むため
見かけ上の増加厚(30mm)は無視され、純粋な装甲厚(150mm)を十分に貫くことが可能なのでしょうか

190 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 17:41:15.44 ID:I57y/GMb
>>189

APFSDSはまっすぐ貫徹していくので見かけ装甲厚が厚いこと自体は有効
ただ避弾経始の跳弾効果は発揮されないので傾斜装甲はスペースを消費が多いのがつりあわないということ

191 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 17:44:56.26 ID:XYWo+REr
>>189
http://topwar.ru/31337-kineticheskie-snaryady-i-rakety.html
APDSFSが装甲に衝突した時の振るまい(侵徹)は固体ではなくて流体に近いので多分イメージしてるのと違うと思う。
当たったところから「屈折」するのではなく侵徹の最終段階で一番薄くなってる部分が破壊される感じ。

192 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 18:24:35.25 ID:hmP2sBsQ
シリア情勢の質問です。
アメリカを始めとする有志連合の空爆対象はあくまでISであってアサド政権の勢力に直接攻撃はしていないのでしょうか?

193 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 18:33:14.44 ID:g15K8rmN
>>192
そ−ゆーのは「視点」によって答えが変わるから答えようがない

194 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 18:37:45.43 ID:XYWo+REr
>>192
直接武力行使してイラクと同じ状況になるのは大統領も議会も避けたいし、アサド政権はロシアとイランが支持してるから余計な火種は抱えたくないし、自国内で自国民と内戦してるアサドよりも「欧米絶対殺す」なISのほうが脅威度としては高い。

195 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 18:52:41.44 ID:Y1HmWUY4
>>190-191
なるほど、装甲をいくらか貫通した後に、砲弾が折れる等して急な屈折を起こし垂直に貫くと思ってました
ということは、APFSDSはAP弾とは全く異なるメカニズムで貫通するのですね
T55かT62か分かりませんが、砲塔に弾が命中して垂直方向に穴が開いている写真を見たことがあるので
てっきり傾斜は加味されないと思っていました

196 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 19:25:54.09 ID:XYWo+REr
>>195
APFSDSの侵徹現象は原理的にはHEAT(成形炸薬弾)に近い。

197 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 19:28:56.31 ID:S/7mCwUj
ここで質問すべきか、大分迷ったんですが(医歯薬看護版か世界史版のがいいかと)

フローレンスナイチンゲールの軍人としての最高階級が何かってわかりますか?
従軍した以上階級がないはずはないし
経緯からしてそれなりの地位まで行ったと思うのですが

198 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 19:31:48.06 ID:XYWo+REr
>>197
看護婦としてクリミアに行ったので軍人ではありませんから階級はありません。

199 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 19:44:09.12 ID:hmP2sBsQ
>>193-194
回答ありがとうございます。
アメリカがシリア反体制派への空爆支援を強化するとの報道を見て「アサド政権へも空爆を行っているのか?」と疑問に思った次第です。

200 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 19:46:33.88 ID:g15K8rmN
>>199
アサド政権やロシアは「米の継続的な空爆を受けている」と主張してるよ
だあら、視点によって答えは変わるんだ
真実は、おそらく空爆してる米にすらわからない
それが中東だ

201 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 20:12:44.84 ID:J5o/31d2
>>198
軍属と軍人の違いが判らない人にその説明で通じるかな。この間も、映画のヒロインの地位聞いてる人いたんで
ペディア読めじゃ不親切だし簡単に説明できる文面が思いつかない

202 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 20:21:14.16 ID:dyxJSmcR
装甲が傾斜していると、弾の姿勢変化等により
幾何学的な侵徹経路増加以上の効果がある
ただし、APDSやAPFSDSに対してその効果を得るには
かなりの傾斜が必要

どのくらいの傾斜があれば効果があるかは
第二世代、第三世代戦車の車体前部上面の角度を見れば分かる

203 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 20:40:37.34 ID:43r0CqgK
>>197
軍の階級は軍内部の人のためのもので軍と行動をともにしていても
外部の人には軍の階級はない
ただ、国家が(軍と無関係な)なんらかの勲章を授与した可能性はある
この先は自分で調べてほしい

204 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 20:48:55.67 ID:WHjuuDBj
ナイチンゲールは押しかけ(ボランティア)で従軍(と言っても戦地の病院内)した人で、軍医など軍人や軍属じゃないからね

205 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 20:57:50.79 ID:XYWo+REr
クリミア戦争を担当していた大臣と交渉し許可を得て現地に行っているので勝手に行ったわけではないけど、現地の軍医総監からは厄介者扱いされて最初は看護活動することすらできなかった。
この点でも軍人どころか軍属扱いすらされていないことがわかる。
あと、有名な話だけどクリミア戦争でのナイチンゲールの最大の貢献は統計をとることで病院での死亡率の高さが衛生状態の悪さが原因であることを明らかにし、それを改善することで劇的に死亡率を下げたこと。

206 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 21:01:59.88 ID:J5o/31d2
治療活動中は死亡率を引き上げて死の天使と味方に恐れられたんだっけ

207 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 21:56:46.76 ID:WHjuuDBj
後に戦地の病院そのものが、衛生的にとんでもなく酷い場所に建てられており、病院内の衛生状態を改善しても不十分だったと判明

208 :名無しスター☆リン ◆8.JoyiBhb7xi :2015/10/27(火) 00:17:57.32 ID:JPilhBkq
戦術集結地(TAA)と前方集結地(FAA)とはそれぞれどういったものなのでしょう?

209 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 00:29:19.13 ID:oUF7duGC
>>208
ttp://www.thefreedictionary.com/tactical+assembly+area
tactical assembly area
An area that is generally out of the reach of light artillery and the location where units make final preparations (pre-combat checks and inspections) and rest, prior to moving to the line of departure. See also assembly area; line of departure.

210 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 00:44:35.26 ID:c5bXp903
>>250
もっとも採光と換気こそ最高という考えになっちまったもんで
のちにマラリアとか発生する地方でもとにかく窓開放言いだして問題起こしたけどな

211 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 00:49:55.46 ID:mzFL4nnU
膨大な数の歩兵(対戦車兵器有)が潜む市街地に陸兵を進める時のセオリーってありますか?

212 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 00:56:30.02 ID:BP8XtGm9
>>211
空爆で隠れる場所なくすかHEAT対策した戦車を盾にしつつ精密砲撃やらせるか建物を一件一件クリアリングするか敵兵捕まえて情報吐かせるか
つまり状況による

213 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 00:56:55.41 ID:+JASY7X2
怪しいところは全部ボカン

214 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 00:58:50.69 ID:oUF7duGC
>>211
砲撃で敵がいそうな所を叩き潰す。
敵のいる地域を幾つかのブロックに分けてそれぞれに火力支援をつけた部隊を振り分け、一つ一つ虱潰しに掃討して制圧地域を広げていく。

215 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 00:59:45.77 ID:ZK9Gwf7p
>>211
陸兵が死んでも政権が痛くないように平和主義者を弾圧し社会的に抹殺し、報道規制を行い、偏向報道で死んでも問題ないと国民を洗脳します 

BY 自由民主党

216 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 02:04:41.42 ID:mzFL4nnU
>>212-214
ありがとうございます。

217 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 02:07:16.20 ID:ZK9Gwf7p
>>216
>>215は無視かよ、いい度胸してんなネトウヨ

218 :名無しスター☆リン ◆8.JoyiBhb7xi :2015/10/27(火) 02:39:26.11 ID:JPilhBkq
>>209
なるほど、ありがとうございます
助かりました

219 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 03:08:35.64 ID:3z+hrrHA
ノルマンディー上陸戦などではたくさんの歩兵が戦っていますが
ああいった戦場で
爆撃機や戦闘機をたくさん飛ばして
爆撃や掃射しまくるという戦術をとらないのはなぜでしょうか?
歩兵が死ぬより戦闘機やパイロットが高射砲でやられたほうが
損するからということですか?

220 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 03:13:28.92 ID:4DrC7KNr
映画二百三高地の最後に明治天皇に報告するシーンで
余りの犠牲を振り返っての事かと思いますが
泣き崩れていますが、史実でしょうか?

221 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 03:51:54.20 ID:54PonBev
>>219
あの時飛んでいなかった連合国の戦闘機や爆撃機は膨大な数が沿岸後方での作戦に従事していたよ
上陸部隊のために直接近接航空支援をするのではなく
後方からの敵増援の阻止、交通・通信線の寸断、そして敵の航空攻撃を封殺する航空撃滅戦
こういう縦深への攻撃に投入する方が戦勝に結び付くという判断なワケだ

ちなみに近接航空支援へのウェイトを減らすと当然最前線の兵士の犠牲が大きくなる
だからこそ米海兵隊の航空部隊は矢面に立たされる海兵隊員の命を守るため伝統的に近接航空支援一本槍

222 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 04:19:06.76 ID:3z+hrrHA
>>221
なるほど
僕が言ってるような航空機だけでぼこぼこにするといったような
ことをやってるときに同時に他所では歩兵もつっこんでいるって感じなんですね

223 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 04:21:32.54 ID:BP8XtGm9
オマハビーチが歩兵の地獄と化したのは陸軍司令官のブラッドレー将軍が艦砲射撃の効力を軽視して一隻しか配置しなかったせいだってウィリアムソン・マーレーが言ってた

224 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 05:09:46.56 ID:wtizLkN6
>>219
ノルマンディーでは艦砲射撃以外に、上陸前にに航空機が海岸防衛戦を爆撃してるよ
例えばユタビーチの5cm砲トーチカの一つは、P-47のロケット弾で破壊されてる
しかし上陸後では敵味方の距離が近すぎて、不可能

225 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 06:42:57.89 ID:yocMYVwA
>>215
それ、アカ政権ならだいたいノウハウと実績を持ってる方法論だよねw

226 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 07:18:44.61 ID:34Tt/k9g
>>225
右の政権もお得意だよw
ナチスとか、アメリカの赤狩りの時代とか、日本の軍国主義とか知らないか
戦前の中国やインド、パキスタンみたいな人口が過剰な国でもごく普通の政策だ

227 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 07:20:24.35 ID:34Tt/k9g
考えてみりゃ人が人として尊重される国の方が、歴史的にも現状でも非常にまれな存在なんだな

228 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 08:01:11.30 ID:E4fD7XFs
核について
米軍の配備中の最小威力の核の出力は何ktですか?
また、一番強力な通常兵器はMOABでしょうか?
もし、そうなら最小核の出力と同等の破壊力を求めたら何発必要でしょうか?

229 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 08:12:13.41 ID:4MzvLlei
駆逐艦望月の模型を作ろうと思うのですが、
睦月型駆逐艦の菊月以降の4隻は掃海型と呼ばれる種類だそうですが、
どのようなものなのでしょうか

それ以前の8隻にパラベーンを追加しただけなのか、
それとも艦尾の形状が全然違うレベルなのかよくわかりません

230 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 08:19:38.11 ID:BP8XtGm9
>>228
多分配備中で最小威力なのはB61Mod4(0.3kt〜45kt)だと思う
MOABをTNT8トンと考えるなら(トリトナールだけど)最小出力の0.3ktはMOABの37.5倍に相当するな
あと通常爆弾最大はロシアのFOABって話もあるけど、燃料気化爆弾だから単純比較は難しいかもしれん
爆轟の性質が違うし

231 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 08:23:30.37 ID:UhhvKVUu
>>226
ナチス「アカが攻めてくる」
アメリカ「アカがアメリカをアカく染めやがる」
大日本帝国「アカに騙されて世界から孤立した」

と、言う事でわかっています

232 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 08:34:53.14 ID:E4fD7XFs
>230さん
最小核はB61核爆弾のの0.3kt出力ですか
ってことはB-52を10機出撃くらいかぁ…

TNT換算0.3ktだけど、爆弾自体の重さは548kg
あらためて核の強さがわかりました

233 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 08:52:11.59 ID:zgGH8aKO
>>225
へー、あべぴょん政権はアカ政権だったんだ知らなかったよ

234 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 09:20:13.89 ID:34Tt/k9g
安倍ちゃんがやってることがことごとく日本共産党を利する行為のようにも
見えるのは、おれも気になってる

235 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 10:14:29.10 ID:EoIOnEtb
NHKの「映像の20世紀」で使われていた、第1次世界対戦の直後に撮影されたという
「飛行機(飛行船?)から地上を撮影しているが、ひたすら延々と廃墟が続いている」
映像って、どこで撮影されたものなんでしょうか。

地名がわかる方はいらっしゃいますか?

236 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 10:40:18.48 ID:G5HNcjy/
>>229
そういうのは模型板で聞いた方がいいぞ。

237 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 11:06:36.43 ID:4MzvLlei
>>236
ありがとうございます
模型板で聞いてみます

238 :ペーネロペー:2015/10/27(火) 13:08:11.03 ID:ERSlR2Vz
対日本爆撃に主に使用されたのはB-29
対独爆撃に主に使用されたのはB-17です
これに対しての疑問なんですけど
はっきり言ってろくなレーダーも戦闘機すらないような日本に対してB-29を使っておきながら
高性能なレーダーや多数の高性能戦闘機を誇るドイツに対して
性能で劣るB-17を主に使ったのは何故?
素人目にはどう考えても逆にするべきだったと思うのですが....

239 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 13:09:03.02 ID:rvWjZrSA
>>196
なるほど、言われてみれば確かにそうですね
高温高速のメタルジェットと、超音速のAPFSDS・・・
もっと言うとEFPのメカニズムも似てるのでは?と思ったりします
こちらも極めて高速に自己生成体が貫通するので

240 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 13:17:36.65 ID:yEnXiJxl
>>238
護衛戦闘機がそろって必要な航続距離満たしてるところになんでB−29使わなきゃならんの
無駄遣いもいいとこじゃん

241 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 13:21:24.96 ID:3z+hrrHA
>>223
第二次大戦も100年前になりつつあるし
当時の考えとしては戦争は勇敢な兵隊による白兵戦で決着をつけるもんだ
って考えの将軍もいたということでしょうかね

防備固められて作戦やなんかではどうしようもないから圧倒的な数で飽和攻撃するってのもあるかもしれませんが
いくら最新兵器でまもってても1000人のとこに10万の歩兵がきたらどうしようもないでしょうし

242 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 13:25:20.38 ID:BvxSvLOl
>>238
B29の運用開始が
1944年5月だから

243 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 13:44:14.26 ID:yEnXiJxl
>>241
>戦争は勇敢な兵隊による白兵戦で決着をつける
アメリカなら南北戦争で、欧州でも第一次世界大戦で廃れた思想じゃないの?
第一次世界大戦のフランスの惨状、観戦しながら真逆の白兵戦、精神重視に
突き進んだ奇妙な国もあるけどw

244 :ペーネロペー:2015/10/27(火) 13:47:01.80 ID:ERSlR2Vz
ありゃ浸透戦術でしょ
それに元々の国力自体がカスで火力が欲しくてもどうにもならんかっただけであり
別に火力軽視の軍隊だったわけではないと思うけどね

245 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 13:48:41.41 ID:OQh4JL6d
むしろ擲弾筒と軽機関銃の組み合わせで、歩兵の火力自体はアメリカなんかよりずっと高い

246 :ペーネロペー:2015/10/27(火) 13:50:02.37 ID:ERSlR2Vz
それがどうして南方戦線ではあんな一方的な惨敗をする羽目に.....
って兵隊だけ南の孤島に送りこんで後は武器も食料も何も送らず
あとは勝手にやってねじゃああなるか

247 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 13:56:58.49 ID:oWV+TqOe
ドイツ空軍は、英国に試験的に送られたB-29を偵察機で発見して、
早速、Me.P-1101とFw/Ta-183という次世代型防空戦闘機の開発を始めたwww

これらが後のF-86セイバーとMiG-15の母体となったのは有名な話である(^■^.【◆】

248 :ペーネロペー:2015/10/27(火) 14:00:08.03 ID:ERSlR2Vz
そういや大戦中にBF-109とFW-190って結局英米軍相手にろくに相手出来てたのだろうか?
なんだかカタログスペック上ではP-51やP-47に圧倒的に負けてるし
マリアナ沖海戦の日本海軍のように一方的にボコられてそうなもんだけど
案外そういう話聞かないよね、どうだったんだろう?

249 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 14:34:34.17 ID:bW5zIUjx
ダッシュ馬鹿。自演ミエミエw

250 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 17:44:01.37 ID:YAhpeIVR
>>241
どうだか?WWIでHMG一丁は一個大隊を止められると言われた。

251 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 17:45:27.88 ID:hHzfXJS6
最近ドイツ機やエンジンにも-つける馬鹿がいるなーw

252 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 17:50:52.93 ID:OQh4JL6d
>>250
それは歩兵が密集隊形をとっていた時代の話だからね。
後の時代だったらもっと低いはず

253 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 17:57:15.05 ID:34Tt/k9g
言われてみれば一時期、戦鳥の連中が「Bf-109」「Fw-190」が正しいと叫んでいたような

254 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 18:03:20.31 ID:mzFL4nnU
>>248
715 名無し三等兵 sage New! 2015/07/29(水) 20:49:58.32 ID:KpGQTKuN
調べてみたけど西部戦線での航空戦の最終的な総合のキルレシオは
航空機の損失数
・連合軍/41,000機
・ドイツ軍/30,000機
ってなるみたいだね
意外に奮戦してたんだな独軍....1944なんてまともなパイロットが死滅してそうな時期なのに.....
というかBF-109もFw-190も連合軍の戦闘機より一段劣るレベルだと思うんだけど
なんでこんな連合軍は被害を出してるんだ?

712 名無し三等兵 sage New! 2015/07/29(水) 20:30:48.93 ID:YL0jaVAv
>>710
ドイツ空軍は生産全量の約3分の1を空中で失っている(英米は1割ぐらい)
残りは地上攻撃で破壊されたのと訓練で失ったのが半分ずつぐらい

255 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 18:05:51.87 ID:54PonBev
当のドイツ語Wikipediaですらハイフン使ってない以上ハイフンが正しい説は眉唾だな
ただ本当に拘るなら半角スペースを入れろよとは思うが

256 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 18:39:16.71 ID:67ttpmde
>>255
自分の記憶が確かなら、確か2ちゃんねるのレスでは 半角スペース はカットされてしまうような

257 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 18:40:07.27 ID:67ttpmde
記憶違いかな

258 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 18:41:21.16 ID:T5BJH+ty
現代の戦車の砲はほとんど滑腔砲といって
砲弾にジャイロ回転を加えずに飛ばしてるみたいなんですが
その方が威力があるというんです。
どうしてなのか分かりやすく説明して欲しいのですが、

259 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 18:45:43.08 ID:34Tt/k9g
>>258
弾丸が回転してると成型炸薬のジェットが散らかっちゃうからだよ

260 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 18:47:23.95 ID:34Tt/k9g
ちなみにおれのレスがよくわからないときは「遠心力」でググってみるといい
まぁ遠心力って力は実は存在しないんだけど、そんなことは気にしなくてもいい

261 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 18:58:45.01 ID:oUF7duGC
>>258
https://ja.wikipedia.org/wiki/APFSDS
現在の戦車砲はAPFSDSという安定翼のついた矢のような弾体を撃つのが主流。
弾体は砲身よりも細いので発射するサボという筒に覆われている。
このため弾の重量が軽くなるので初速が非常に速くなり装甲に対する貫通力が増している。
またライフリングの溝がないのでガスの漏洩がなく装薬の燃焼ガスの圧力を弾体の加速に無駄なく使うことができる。
弾体の安定翼には僅かに角度がつけてあるのでライフリングがなくてもゆっくりと旋回しジャイロ効果が生まれるようになっている。

ライフリングのない戦車砲から発射される成形炸薬弾や多目的榴弾も弾体に安定翼がついている。

262 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 19:02:47.12 ID:67ttpmde
>>258
現代の戦車砲弾はAPFSDSと言って、矢のような細長い弾を高速で飛ばすようになってますが、この弾を高速回転させると
真っすぐ飛びづらくなります
なのでライフリングを入れないか、ライフリングによる回転を打ち消すような器具を使います

263 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 19:28:27.50 ID:3SGviAmm
>>243
南北戦争でも白兵戦思想は残っていましたよ
防御射撃が強力になり、突入部隊が斉射の為に停止するのさえ命取り
そんな状況なので、戦争後半には、突入部隊はマスケットに装填せず、突撃歩調も以前の1分120歩から1分160ー80歩へ上げる等、時代に則した白兵戦術まで採用しています

264 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 19:32:23.68 ID:AtNslLKC
>>256
半角スペースを2回以上連続するとカットされる

265 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 19:54:54.56 ID:rvWjZrSA
個人的に超高速のダーツを敵戦車に当てるより
ライフリング施して、超高速で回転する砲弾ぶつけたほうが貫通しやすいイメージがある
APFSDSは通常のAPと比べて重量的に不利だからそれだけで威力に差が付いてしまうんじゃないかと
タングステンは高すぎるし

266 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 20:00:14.48 ID:1ViXbqRR
>>265
運動エネルギーの公式を見ればわかるように貫通力上げたいなら重量より初速上げるほうが遥かに効率がいい

267 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 20:00:55.56 ID:oUF7duGC
>>265
君のイメージとかには全く関係なく戦車砲ではAPFSDSが主流になってますので。
つうかAPFSDSがどういうものか質問に答えてもらってその感想って全然わかってないな。

268 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 20:48:12.09 ID:H2vJ1XCp
ドラマのラストシップで、乗員217名のアーレイ・バーク級駆逐艦が舞台となっておりますが、
この駆逐艦には任務遂行のために特別に山岳戦用のシールズが登場しているとの設定ですが、
現在、駆逐艦は何名くらいの陸戦や臨検などの訓練を受けた隊員を乗せているのでしょうか?

情報を宜しくお願いします。

269 :system ◆system65t. :2015/10/27(火) 21:06:10.79 ID:BOwafq+N
貫通力は速度、質量、L/D比(長さ直径比)、素材の特性で決まるんで
回転なんか関係ないです。

もう少し煎じ詰めると、前方投影面積あたりの質量と速度、先端形状の保持がポイント。

270 :system ◆system65t. :2015/10/27(火) 21:07:49.46 ID:BOwafq+N
これって空気中を飛ぶ弾丸に要求される特性ととてもよく似てる。

ただ密度が数桁違いなので回転とかに姿勢安定を頼る必要がない。

271 :三等自営業 ◆LiXVy0DO8s :2015/10/27(火) 21:18:14.93 ID:fCu4WALk
APFSDSは寧ろ回転すると貫徹途中で折れて仕舞います

272 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 21:18:51.59 ID:H2vJ1XCp
質問者が恐縮ですが、その質問の答えなら速度よりも飛翔体を長くしたいからじゃないの?
飛翔体が短いと装甲に穴が開いても飛翔体が貫通しないんじゃ?

>L/D比(長さ直径比)、素材の特性

ようするにこれでしょ。
安定翼を付けて飛ばしているのに高速回転させたらそれこそ翼の抵抗で不安定になるんじゃない?
ざっくりと言ってしまえば巨大なヤリに翼を付けて遠くまで飛ばして装甲や陣地を貫いているわけで。

273 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 21:19:02.80 ID:c5bXp903
何言ってるのかよくわからんが安定翼ついてるぞ
というか密度の問題ならタングステン小銃弾ならライフリングいらないの?

274 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 21:23:28.63 ID:c5bXp903
L/D比が高くなるとスピンでは安定しなくなるといわれてる
横倒ししやすくなる

ここにはゆっくり回転してるとかいてあるけど
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/APFSDS

275 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 21:39:57.36 ID:EoIOnEtb
>>268
アメリカ海軍の駆逐艦に特殊部隊が常駐していることは通常ありません。

276 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 21:52:42.77 ID:H2vJ1XCp
>>275
質問の意図が通じなかったようなので。

ザ・ラストシップは特殊な任務で北極で任務につくことになりました。
これは特殊な任務です。

質問したいのはアメリカの駆逐艦は日常業務でも臨検を行いますよね。
他の船に乗り込んでテロリストや海賊を捜索したり戦闘したりと。

ザ・ラストシップではシールズだけでは足りずに、臨検を行う乗員を加えても足りず、
その他の乗組員を訓練して敵の手に落ちたグアンタナモで補給する話があるのですが
臨検を行う乗員は通常どのくらい登場しているのでしょうか? ということです。

277 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 21:54:29.02 ID:H2vJ1XCp
登場→搭乗です。 すみません。

278 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 22:07:56.41 ID:l2rBG+QT
>>276
その質問の答えはわからんが
質問文は最後の一行だけでよかった気がするぞ

279 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 22:25:47.56 ID:oUF7duGC
>>276
臨検専門の兵士は通常乗ってない。
その必要があればその都度乗員の中から編成し武装させる。

280 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 22:29:31.60 ID:yEnXiJxl
つーか、創作の都合でしかないものになんでこのスレで答えてるの?

281 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 22:38:50.08 ID:H2vJ1XCp
>>279
VBSSスクールを出た者から指揮官が選抜することは知っております。
乗員のどのくらいなのかなと思ったのです。

>>280
実際はどのくらいなのかなと思いまして質問させていただきました。

282 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 22:42:22.21 ID:oUF7duGC
また後出しでグズグズいう人かよ。

質問があるならグダグダ前置き書いても回答者には全然意味が無いノイズなんだから聞きたいことだけはっきり書けよな。

283 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 22:51:39.27 ID:Cw4MAQuM
MG34やMG42を三脚に乗せて重機関銃として運用した場合、
二脚で軽機関銃として運用した場合に比べての武器としての変化は、
安定度が高まったことによる有効射程の延長以外にあったのでしょうか?

284 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 22:56:17.70 ID:EoIOnEtb
>>283
それらに限らず、汎用機関銃は三脚架に載せて射撃すると飛躍的に命中精度が向上します。

285 :system ◆system65t. :2015/10/27(火) 23:06:13.23 ID:BOwafq+N
>>283
やってみりゃすぐわかりますが
銃の振り回しやすさが天地の差。

しかもがたつかないから好きなように当てられる。

286 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 23:09:04.54 ID:oUF7duGC
>>283
固定して使う機関銃のメリットとして大きいのは、前もって試射をしておくことで接近してくる敵に対し迅速に有効な射撃を加えられること。
たとえばあそこに見える枯れ木に当てるには照尺で○○mに狙いをつければいいというのを試射で確認してセットしておけば、突撃してくる敵がそこにさしかかったらそのまま撃てば命中する。

287 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 23:11:27.11 ID:c5bXp903
>>285
おまいは>>51
これの意味を答えてくれよ
>ただ密度が数桁違いなので回転とかに姿勢安定を頼る必要がない。

288 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 23:18:37.03 ID:Cw4MAQuM
>>284-286
なるほど、命中精度が飛躍的に向上するのですね。
MG42は連射速度が速すぎて反動が大きく、命中精度はよくなかったと聞きますが、
三脚に乗せることでそれらの欠点を補えたということなんですね。
同じ銃を三脚に乗せてもあんまりかわらないんじゃねぇのと思ってました。
あの連射速度で7.92mm弾を防御陣地から高い精度で垂れ流すことが可能って、
陣地を攻める敵からしたら相当恐ろしいですよね。。。

289 :三等自営業 ◆LiXVy0DO8s :2015/10/27(火) 23:20:06.33 ID:ngsXqj0q
>>283
火器としては、防御陣地に据え付けて火網を形成する防御機関銃が先に運用されており
重機関銃を軽量化して簡易に移動可能にした物が中機関銃、さらに歩兵が単独で携行可能にした物が軽機関銃です
MG34/42は中機関銃と重機関銃を兼用出来る汎用機関銃として設計されていますが
その性能は三脚架と二脚の性能差によって使い分けれています
二脚を使用すれば素早く移動して前進する事も簡易陣地で防御機関銃としても使用出来ますし
三脚架を使用すれば、防御陣地にて固定機関銃として長大キルゾーンを制圧可能になります
或いは対空火器として使えるようにもなっていますね
詰まりはその多機能性こそがMG34/42の性能となっています。

290 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 23:22:03.34 ID:AtNslLKC
普通に点で狙った連射はともかく
横に薙ぎ払いながら連射しようとしたりするのは二脚じゃ安定しては無理

291 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 23:27:55.54 ID:Cw4MAQuM
>>289
その定義からすると、米軍のM1917やM1919は中機関銃であり、
M2が重機関銃ということになりますか?

292 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 23:29:57.30 ID:mzFL4nnU
MG42の二脚は薙ぎ払い射撃の為に真横に動かせるって聞いた事があるけどなあ

293 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 23:30:54.37 ID:EoIOnEtb
>>291
ブローニングM2は「重機関銃の代表と言ったらこれ」というくらいの「重機関銃中の重機関銃」かと。

あとM1919には軽機関銃型(M1919A4)があります。
「これのどこが軽機関銃なのか?」と現場に嫌われた間に合わせ型ですけど。

294 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 23:33:34.73 ID:EoIOnEtb
>>292
MG34/42の二脚は基部が360度回転するので横にスイングさせてなぎ払い撃ちすることもできます。

あくまで「三脚でやるのに比べたら安定しない」ということで、

295 :294:2015/10/27(火) 23:35:50.90 ID:EoIOnEtb
失礼、

あくまで「三脚でやるのに比べたら安定しない」ということで、できないわけではないし
他の軽機関銃でもやるときはやったかと。

296 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 23:41:33.05 ID:Cw4MAQuM
みなさんのレスで改めてMG34MG42の兵器としての完成度の高さを思い知りました。
汎用機関銃という新ジャンルを切り開いただけでなく、重機としても軽機としても
同時代の機関銃に比べ高性能な兵器だったんですね。欠点は何かあったんでしょうか。
ベルトに弾丸を現地で装填しないといけないことくらいでしょうか。

297 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 23:44:48.90 ID:6AQFB45t
イスラエルの兵器でメルカバやアチザリットがヘブライ語に基づいた名称なのに
防空システムのアイアンドームやドルフィン級潜水艦、その他が英語の名称なのは何故ですか?

298 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 23:45:02.67 ID:+JASY7X2
>>287
恐らく着弾後の流体化固体金属中でわざわざ回転等で安定化を図る必要がないと言いたかったのでは?

299 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 23:45:59.11 ID:MceZtK5n
南沙諸島のようなところで軍艦同士の体当たりも辞さないような近距離の小競合いになった場合って
速射砲の撃ち合いになるんでしょうか?

300 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 23:48:43.76 ID:EoIOnEtb
>>296
MG34:生産コストが高い
    生産に高い工業技術力が必要
    構造が意外に華奢で乱暴に扱うと壊れることがある

MG42:やっぱり発射速度がちょっと高すぎる
    戦車のマウントが対応していなかったのでMG34の完全な更新になれなかった

301 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 23:48:46.38 ID:wtizLkN6
>>288
一発一発の命中精度ではなく、一定の範囲内に弾を撒く、遠距離ショットガン的用法

302 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 23:51:17.56 ID:+JASY7X2
砲は使わないと思うな
タラ戦争とかは圧倒的に戦力差が開いてるからこそせいぜい砲撃で済んだのだろうし
それこそ中国軍艦艇が沈ませに来たならなりふり構わず反撃するだろうけど
米中どちらも戦争状態は望むまい

303 :名無しほむほむ ◆LFW70QtzTw :2015/10/27(火) 23:51:22.79 ID:ngsXqj0q
>>296
最大の欠点は、その長所に直結しているのですが
高い発射速度による面制圧能力を得る代わり弾薬消費が多大で
その運用の為に兵站能力に大きな負担を掛ける事です

304 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 23:56:03.61 ID:dFsKAS80
日本でいえば幕末から明治にかけての銃、スナイドル銃とか
エンフィールド銃とか三八式歩兵銃とかなんであんなに
銃身が長いのでしょうか?銃剣までつけたら長すぎでしょう。

305 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 00:03:11.53 ID:mV3qjcjT
>>304
威力
射程
槍のかわりとして接近戦でリーチがほしい

>>303
前線も大変だと思うのだが
即応として一度に何発ぐらい持って行動したのだろう

306 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 00:03:42.03 ID:n6rZaDYE
>>297
https://en.wikipedia.org/wiki/Iron_Dome
アイアンドームは「kippat barzel」というヘブライ語の名前がちゃんとある
英語名が付いているのは海外に売ることも考慮してるから

307 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 00:04:11.09 ID:qHKJxsA/
>>299
米ソ冷戦の頃は戦闘艦同士で体当たりとかやってたよ
南沙諸島でもラミングが見られるとしたらちょっと面白そう

308 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 00:09:41.21 ID:liUGl5ha
意図的な体当たりなんてあったか?吸い寄せられる事故ならともかく

309 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 00:14:29.17 ID:LPzqiO2v
>>306
ありがとうございます、英語の名前は海外向けだったのですね。

310 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 00:14:36.63 ID:+R80gvJG
スプルーアンス級がソ連のフリゲートに突撃されてた気がする

311 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 00:16:24.55 ID:n6rZaDYE
>>297
ttps://en.wikipedia.org/wiki/Dolphin-class_submarine
ドルフィン級1番艦ドルフィンと2番艦レヴィアタンは1968年にイギリスから購入したT型級潜水艦につけた名称を継承している。

312 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 01:14:43.64 ID:xUQKr68w
 

313 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 01:15:50.62 ID:xUQKr68w
失礼しました。
WW2でソ連は戦略爆撃を1度も行わなかったんですか?

314 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 01:21:35.41 ID:+R80gvJG
>>313
1941年にベルリンをPe-8で爆撃してるようだな

315 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 01:23:00.74 ID:/FruVeYJ
1945じゃなくて1941か、無駄に頑張ったな

316 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 01:28:38.16 ID:mV3qjcjT
DB-3、il-4、Yer-2あたりでボチボチベルリン爆撃とか都市爆撃をやってたようだが
詳細はよくわからん

Pe-8は1941年八月七日か、夜間出撃で十八機が出撃して到達したのは半数以下

どうでもいいが五トン爆弾も搭載できたとか地味にすごいとこあるなPe-8

317 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 01:30:59.39 ID:wS8IE2PN
今調べて初めて知ったがPe-8ってB-17よりでかかったんだな

318 :ペーネロペー:2015/10/28(水) 01:32:19.99 ID:+X38LSEb
デカイだけで特に優れた飛行機じゃなかったから結局ほとんどろくに使われる事はなかったとか
まあ英米が高い損害出して戦略爆撃してくれてるんだから
高い金出して戦略爆撃なんかしてもしゃーないって所だったんじゃないの

319 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 01:40:04.65 ID:mV3qjcjT
というより戦争中のソ連に戦略爆撃機に気合いを入れる余裕はない

320 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 01:42:49.96 ID:/WfSnYH0
そーかー、でかいっていうだけでも凄いアドバンテージだと思うんだがなー
戦争末期にこんなのが降伏勧告のビラばらまいてきたら思わず降伏しちゃうお

321 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 01:45:06.78 ID:+R80gvJG
>>315
ベルリンは1940年6月にフランス海軍機にも爆撃されてるし効果はともかく
恒常的に爆撃され始めてない緒戦の時期においては爆撃するだけならそんなに難しくはなかっただろう

322 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 01:45:42.15 ID:wS8IE2PN
>>320
米はB-29でさんざんビラ撒いたけど日本は降伏しなかったよ

で、ベトナムでは音声による宣伝放送に切り替えた

323 :ペーネロペー:2015/10/28(水) 01:50:31.10 ID:+X38LSEb
しかし1944年7月16日の空戦で24機のドイツ機に18機のYak-3が攻撃し
1機被撃墜、1機被弾と引き換えに15機を撃墜したなんて事まであるし
1944年以降は独空軍はソ連空軍、英米軍に圧倒されるようになってるんだよなあ
明らかに性能不足の戦闘機であるBf109やFw190しかなくて
パイロットも練度不足しかいないから仕方ないとはいえ悲しくなるね

324 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 01:56:44.91 ID:liUGl5ha
米英からの供与がなくてもソ連のほうが生産数多かったし、42年後半にはもう押されてたんじゃ

325 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 02:03:33.92 ID:pwRZJ1Wc
航空燃料もアメリカ頼りですが

326 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 02:06:41.99 ID:/WfSnYH0
つかアメリカも戦後を考えろよとしか、だから脳味噌筋肉の毛唐は嫌なんだよ

327 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 02:14:50.18 ID:H8QEztsu
>>304
当時は騎兵がまだまだ花形だったからね。

328 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 03:03:52.46 ID:n6rZaDYE
>>304
ボルトアクションの単発ライフルは基本的に一発一発狙って撃つものだから命中率や射程を長くするために銃身は長くなる。
銃剣をつけて槍として使うときも銃身が長いほうが有利。

西欧ではkar98kやSMLEなど取り回しのしやすさを優先してより銃身の短いカービンタイプが主流になったけど、日本は銃剣としてのリーチの長さを優先したのかそのままだった。

329 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 03:14:04.57 ID:n6rZaDYE
>>304
あと三八式は長銃身で弾の口径が小さかったので反動が小さく、日本人の体格でも狙いがぶれにくかったというメリットがあった。

330 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 03:48:39.85 ID:+P7TrTun
>>304
短くして威力や精度あげる技術がなかったのも原因とかなんとかきいた
あと銃剣を槍代わりして白兵戦すると槍術がある日本人は有利、というのは司馬史観かも

331 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 05:47:02.59 ID:NGNRIUjA
>>305
即応としては、専用の弾薬手が200発入り弾薬ケース2個、交換銃身3本を
もっている。

332 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 09:10:43.32 ID:xUQKr68w
ありがとうございました。

333 :system ◆system65t. :2015/10/28(水) 10:38:55.60 ID:G9L3Mx+P
>>287
>>51は書いてあるとおり。つまり様々。

>>270は芋ヨウカン原理。

爪楊枝を斜めにつまんで、そのまま空中を前に進めるのは簡単。
しかし爪楊枝を芋ヨウカンに斜めに刺して押しても、勝手にまっすぐになってしまう。

334 :system ◆system65t. :2015/10/28(水) 10:40:58.47 ID:G9L3Mx+P
上、斜めになったままヨウカン内を前進したりしないの意味

 / → / しない

335 :system ◆system65t. :2015/10/28(水) 11:04:42.73 ID:G9L3Mx+P
厳密にいえば一定範囲の離軸角内であれば装甲内を
斜めのまま前進して、結果浸徹長が短くなることがあります。
ただ、タンブリングしたり、回転でそれを抑制したりすることは出来ないので
この場合にも貫通体に回転を与えてもなにもメリットはありません。

336 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 17:47:10.35 ID:Wiu2ZkFp
APFSDSや拘束セラミック装甲に取ってかわるであろう今開発されている戦車に関する新兵器はありますか?

337 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 17:51:22.12 ID:n6rZaDYE
>>336
電磁装甲とか戦車に搭載可能なレールガンとかアクティブ防護システムとか色々ある。

338 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 17:57:09.95 ID:n6rZaDYE
まあ装甲関係はよほど画期的なものでもなければ現在のものを補う形で付加されることになるだろうけど。

339 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 18:22:38.27 ID:VratFjIT
>>258
の質問、物理板の質問スレで聞いたのですが、
誰かにこちらに無断転載されました
ですがみなさん回答してくれてありがとうございました。
ちょっと前にも滑空砲の質問をした者です。

340 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 18:35:33.40 ID:oqr8acTy
アサルトライフルとか狙撃銃とかの扱い方で質問があるんだけど
戦闘地域から離れた比較的安全な場所で休憩する場合って銃の弾って
全部抜くんでしょうか? 
アサルトライフルならマガジン抜けばいいだけですけど
ちょっと古い狙撃銃ならめんどくさそうなんですが
一発一発取り出すの?

341 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 18:43:56.21 ID:pZEs8CkX
マガジンの裏蓋開いて抜くって手も

342 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 18:47:01.10 ID:i0HK/Kz3
弾全部抜かなくてもセーフティを掛けておけばいいんじゃないだろうか。
弾抜くのはベースに戻ってからゆっくりやればいい。

343 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 18:49:49.48 ID:G9L3Mx+P
>>340
ボルト引いて排莢し次弾を下に押さえ込みながら
ボルト戻して薬室空にしとくって手がなかったっけ

344 :三等自営業 ◆LiXVy0DO8s :2015/10/28(水) 19:01:57.74 ID:bl87EhgV
>>340
ボルトアクション式の小銃は、弾倉の底板を外す事で
弾倉内の残弾を排除出来ます。

345 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 19:06:53.00 ID:oqr8acTy
>>342 >>343
セーフティー掛けて薬室空にしとけば安全ですね

ありがとう 
狙撃銃はボルト引いたら薬室に弾が装填されて危険だ 
どうしようって悩んでたんだ。単純な方法だったんだね

現在でもww2でもww1でも使ってたんだろうなぁ

346 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 19:21:22.80 ID:oqr8acTy
>>344
ありがとう そんな構造あるとは知らなかった まだまだ自分はにわかです・・・
装填するときはもうどうしようもないんだね

347 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 19:31:04.06 ID:qHKJxsA/
何故アメリカ海軍はTBFアベンジャーの後継機を単座機にしたのでしょうか?
防御機銃や後方偵察員というメリットを捨てて高速を追及しても
モスキートのように敵戦闘機を振り切るような速度には及ばないと思いますし
現に採用されたA-1の最高速度時速520kmでは零戦後期型やより新しい戦闘機に追いつかれます

348 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 19:33:16.80 ID:wLT4YluL
特殊部隊sealsがヘリから海に飛び込む際
先にボートを落としてから隊員が1人ずつ飛び込み
その後ボートに向かって泳ぐわけですが
見ているとかなり時間のロスに思えます
最初からボートにしがみつき飛び込んでは駄目なんですか?

349 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 19:38:58.73 ID:30f8hxBD
>>348
人が高いところから落ちるときの衝撃がまともにボートにかかったらボートが破損するかも知れないだろ

350 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 19:40:16.65 ID:i3Z8wc3Y
現状で日本の最前線で携わるのは
空自ですか?海自ですか?海保ですか?

351 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 19:41:41.33 ID:i3Z8wc3Y
すみません、海外派遣もされる陸自が抜けておりました
どれでしょう?

352 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 19:45:23.79 ID:h79UUr1a
>>347
グラマンTBFの当初の後継機、ダグラスTB2Dは3人乗りだし後方機銃もついてる。

でも「もうこんな大型機はいらん」というのでボツになった。

353 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 19:48:00.99 ID:n6rZaDYE
>>350
>>4
・曖昧な内容の質問,想定する状況があまりにも非現実的な質問は明確な回答ができません

354 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 19:48:52.27 ID:nSvlMGE+
>>350
市ヶ谷から霞ヶ関に予算折衝に向かう、防衛官僚。

355 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 19:55:55.27 ID:wLT4YluL
>>349
軍用のボートがそんな簡単に壊れるんですか?

356 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 20:03:36.85 ID:nSvlMGE+
>>355
ボートもだけど、人も怪我をする可能性がある。

357 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 20:12:39.88 ID:FXfibgwQ
映画コマンドーでアーノルド・シュワルツネガーが、片手で機関銃やM16を持って連射していますが、
欧米人にとっては、そんなに反動は少ないものなのでしょうか。

358 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 20:25:48.14 ID:nSvlMGE+
映画の演出です。

359 :ペーネロペー:2015/10/28(水) 20:37:10.58 ID:NI+Ivh+u
というか、そういう映画は
「M16や機関銃を片手で撃てるシュワちゃんガチすげえええええええ」っていうシーンなのであって、
それを見て
「欧米人は片手でM16や機関銃を撃てるのか!?」と判断するのは
間抜けというか何というか

360 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 20:50:31.20 ID:qHKJxsA/
>>352
そのWikipediaの記事も読みましたが
「大型機はいらない、性能過剰だから単座で十分」というのが理解不能でした
敵戦闘機の脅威が弱くなっているにしても完全に根絶するには至っていないでしょうし
振り切れない敵戦闘機が現れた時に防御銃座が皆無だと致命的だと思うのですが

東京大空襲時のB-29が銃座を降ろして低空まで降りて爆撃をやったように
当時のアメリカ軍は攻撃時日本の戦闘機が飛んでくることはもう無いと楽観的に見ていたということでしょうか?

361 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 21:07:01.37 ID:h79UUr1a
>>360
アメリカ海軍の考え方としては
「艦攻や艦爆がそれのみで攻撃隊を編成することなんかない。
 艦戦が護衛に付くに決まってるんだから敵迎撃機は護衛の艦戦が排除すればいい。
 そういう状況でなお艦攻や艦爆が自衛機銃で戦闘しなきゃいけないようなら終わってる」
ということだったので、艦攻や艦爆には防御機銃は特になくていい、それよりは低空で
敵艦の対空砲火避けながら突撃するために運動性能が高いほうがいい、ということで
「艦攻も艦爆も単座にして極力小型にし、運動性能を重視しろ」
という要求になった。

362 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 21:07:10.09 ID:+GtEZBjt
質問です
10式戦車の防御力についてですが、自身が持つ砲弾に耐える能力があり、90式と同等とされてますが
90式の砲弾はDM33相当で、貫通力はRHA換算で500mmに満たないと思います
新たに開発した新型砲弾ではDM53相当の威力(RHA600mm)があるとされていますが、仮にこちらに耐えられる性能だとして
M829A3(RHA800mm)相当では簡単に撃破され、ドイツのDM63(RHA680mm)や
ロシアの3VBM20(RHA650mm)には耐えられるか怪しい、といった能力なのでしょうか

恐らく日本に上陸してくる敵戦闘車両は、RHA換算で460mm程度を貫く105mm砲弾を使ってくるものと割り切り
それを上限として、軽量化を目指した割り切った設計なんでしょうかね?

363 :ペーネロペー:2015/10/28(水) 21:09:36.47 ID:NI+Ivh+u
>>361
そういうの聞くとやっぱアメリカってリッチだなあ
でも運動性能ばかり重視して装甲とかは重視しなかったのだろうか?ソ連の黒死病みたいにさ

364 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 21:15:56.91 ID:AHG8r5li
>>360

>敵戦闘機の脅威が弱くなっている

ここが逆なんだよ

元々、高速爆撃機で戦闘機を振り切るって考え方があったけど
大戦を通じて戦闘機が滅茶苦茶な進化を遂げてしまって
もう爆弾やら魚雷を抱えた攻撃機が戦闘機とやりあうってこと自体が無理ってことになった

で、米軍の場合、攻撃機には戦闘機の護衛をつけることでこの問題を解決したし
だとしたら、そもそも後部銃座って、単にスペースと重量を食うだけなんで不要、とこういう流れ

これは飛行機を潤沢に用意できる米軍の考え方なんで、
ソ連軍なんかは大型機の銃座はなかなか廃止しなかったし、
ジェット時代になって再び戦闘機を振り切る爆撃機の夢は再燃するんだけど、それはまた別の話

365 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 21:18:12.19 ID:FXfibgwQ
>>358
解答ありがとうございました<m(__)m>

366 :ペーネロペー:2015/10/28(水) 21:24:21.55 ID:NI+Ivh+u
要するに結局後部機銃なんて大して役に立たないのだから廃止されたってだけの話
でもそのわりにはB-17やB-29は機銃だらけだな

367 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 21:27:32.23 ID:oqr8acTy
>>343 >>344
こんな方法見つけたんですけどこれは危ないですよね
ttps://www.youtube.com/watch?v=a1LP7tT5xyQ

368 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 21:30:45.43 ID:AHG8r5li
>>366
重爆撃機の銃座は有効なんだよ
重爆撃機ががっちり組んだ編隊の機銃の火力は強力で、
ドイツ空軍も手を焼いて、突撃飛行隊とか色々な手を使って編隊を散らすことを狙ってる

369 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 21:34:57.41 ID:qHKJxsA/
>>361>>364
アメリカだから護衛戦闘機を付ける余裕があり、それで代替できるから防御機銃は不要なわけですね
ありがとうございました
>>366
小型攻撃機はともかく
双発戦闘機でも全行程カバーが難しい重爆撃機なら自衛武装は不可欠だと思いますよ
現にB-36はハリネズミで、B-47やB-52も機銃全廃とは行きませんでしたし
B-52がバルカン砲を降ろしたのは空中給油の普及移行ですし

370 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 21:37:47.13 ID:9qEk2zGh
>>366
ルメイはB-29 の機銃取っ払わせたけどな
まあ、ルメイの措置は恒久的なものではなかったけど、戦闘機以外の機種の自衛機銃の有用性に関してはB-29がひとつのターニングポイントだったな
技術的にはアナログコンピュータを使ったリモート見越し射撃とか究極まで行ってたんだけど

371 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 21:39:10.55 ID:NGNRIUjA
>>364
大戦末期の米空母の搭載比率を見ると特攻対策ということも有り
戦闘機が空母の搭載機の7割を超えるようになってるから、攻撃機の
護衛に十分な戦闘機を付けれるってのもあるだろうね。

372 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 21:41:53.50 ID:FXfibgwQ
WW2のベルリン陥落時に、SSのチベット兵の死体があったと聞いたことがあるのですが、
英独交戦の中、どうやって彼らはドイツまで来たのでしょうか。

373 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 22:00:23.19 ID:n6rZaDYE
>>372
それはルイ・ポーヴェルとジャック・ベルジェという神秘学者が書いた「魔術師の朝(邦題:神秘学大全)」という本に出てくる話だが全く裏付けがなく、創作であるのはほぼ確実と見られてる。

374 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 22:09:27.16 ID:AHG8r5li
>>372
こういう話はあるんだけどね

https://ja.wikipedia.org/wiki/ヤン・キョンジョン

SSにアジア人が居た、って話は出ては消え出ては消えしてるんだけど
今のところ、ソ連のアジア系住民が捕虜になって武装SSに組織されたんじゃね?
っていうのが有力

375 :ペーネロペー:2015/10/28(水) 22:15:35.54 ID:NI+Ivh+u
>>368-370
皆さんありがとうございます
WW2の戦記とか見てると重爆が密集して火力を集中せよ!なんてシーンがあるものですけれど
やはりあれは相当強力だったのですね
しかし重爆の機銃が有効なら小型爆撃機の機銃も有効そうなもんだけれど....
やはり大して積めず火力を発揮出来なかったのが問題だったのでしょうか?
もしくは重爆と違い完全に戦闘機に護衛させられるから?

376 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 22:20:31.24 ID:LfZmWJoo
>>372
チベット兵が居たか居なかったかは忘れたけれど、中央アジア出身の義勇兵は、まとまった数が居ました
戦前からの留学生、ソ連やイギリス軍の捕虜等から志願者を募っていました

377 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 23:29:04.79 ID:hb6j6Gyt
まさにナチスの手段に学べ

378 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 00:03:02.14 ID:CN3hfPGX
>>357
あと撮影用の空砲なので、実弾より反動が小さい

379 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 01:17:17.91 ID:aNLYc6C3
みなさん、回答ありがとうございます。チベット兵は創作なのですね。

>>376
中央アジア出身で、ソ連兵捕虜というのは分かりますが、イギリス兵で中央アジア出身というのは理解しかねます。
イギリスの植民地にインドやグルカ兵はあっても、中央アジアはありませんよね。

それから、まとまった数というのは何人規模で、出典は何でしょうか?

ご教示ください。

380 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 01:20:18.40 ID:9ohL5rWv
>>372
ドイツ軍に元赤軍捕虜やソ連に反感を持っていたアジア系少数民族の兵士や部隊があったのは確かだけど、「ベルリンのチベット兵」は既にレスされているようにオカルト本以外に出典が存在しないのでフィクションと見て間違いない。
英語で「tibetan soldier berlin」などでググってもオカルトネタのサイトくらいしか引っかからないし写真の一枚も出てこない。
おそらくはナチスの一部(特に親衛隊のヒムラー)の持っていたオカルト嗜好と上記の外国人兵士が存在したという事実を組み合わせたもの。

381 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 02:18:20.80 ID:9ohL5rWv
>>379
中央アジアというのはソ連から来たってことでイギリスのことじゃないと思うよ。
ドイツ軍が独ソ戦で捕虜にした中央アジア諸国出身の兵士や親独反ソの現地住民で作られた東方大隊(Ost-Battallion)という部隊が多くあったけど多くはイスラム教徒で仏教徒じゃない。
ttps://en.wikipedia.org/wiki/Ostlegionen

トルキスタン人部隊の兵士はアジア系の顔をした者もいるようだけど。
ttps://en.wikipedia.org/wiki/Turkestan_legion

ドイツ軍にはモンゴル人に近いカルムイク人の騎兵部隊もあって、彼らは仏教徒(チベットと同じラマ教)なのでこれがチベット兵伝説の元ネタの一つかもしれない。
ただ彼らも東部戦線からポーランド、クロアチアなどで主に対パルチザン戦を戦い、戦後生存者はソ連に送還されて流刑地送りになってるのでベルリンにいたとは考えられない。
ttps://en.wikipedia.org/wiki/Kalmykian_Voluntary_Cavalry_Corps

382 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 06:31:53.16 ID:bxWWMMF7
自衛隊の組織や仕組みについて質問です。
陸海空が有機的に連携して事態に素早く的確に対応出来る仕組みは
組織としてどうなってるのでしょうか。

例えば、陸自のある部隊が急襲された場合に
支援要請したら空自が10分以内に爆撃してくれる、又は付近の護衛艦から対地ミサイルが飛んでくるみたいな
情報管理が組織の壁を超えて高度に統合された連携方式です。

383 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 06:42:01.81 ID:Nge49vY3
>>382
統合参謀本部

384 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 06:51:43.18 ID:3K1nAlTQ
WW2におけるイタリアの戦費は日本の倍近かったといいますが何にそんなに金がかかったのでしょうか?

385 :system ◆system65t. :2015/10/29(木) 07:58:38.18 ID:036BMmZT
>>366
そもそも十分な数の爆撃機で編隊を組めば、その銃座だけで対空防御は十分、というのが
米第8空軍の基本構想だったわけで。

ただ、その「十分な数」が得られず、それに近いレベルに達した時には戦争は終わっていたという。

386 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 08:25:15.56 ID:Cdcwxs2V
>>385
そういういい加減な事言うなよ。

387 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 09:02:09.96 ID:bkEvLNnj
米軍の対独戦略爆撃では航続距離の関係で護衛戦闘機が付けられなかったんじゃなかったっけ?
P51が登場してようやく護衛出来る様になったと聞いたが・・・

388 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 09:51:16.98 ID:lbIZTOCG
>>385
1000機編隊すら珍しくない状況で、「十分な数でなかった」という主張はどうみても
事実に反するぞ

389 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 09:54:19.46 ID:lbIZTOCG
>>387
必要なときにはリレー方式の護衛をつけてるし、増槽付P-47の航続距離(カタログ値)は
P-51と大差ない
第8空軍が、そのプライドから護衛を拒否していたというのが真相に近いんじゃないかな

390 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 09:54:54.72 ID:7OSDsnI+
>>386
いい加減も何も、コンバットボックスってそういう戦術に基づいて組まれた
密集編隊だろうに

391 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 10:01:41.92 ID:bkEvLNnj
>>389
プライドで護衛拒否してあんだけ戦死者出してるとか軍隊としてアホすぎないか?

392 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 10:12:29.13 ID:lbIZTOCG
>>391
利口だったら戦争なんかしないさ

393 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 10:14:13.74 ID:lbIZTOCG
もっとはっきりいうと戦略や作戦を決める連中は安全な後方にいて
兵なんぞ将棋の駒以下の価値しかないと思ってるんだ
自分たちのプライドより大切なわけがない

394 :system ◆system65t. :2015/10/29(木) 11:13:26.19 ID:Wbp9yk6M
>>388
「当時の爆撃技術では100フィート四方の目標を高度20,000フィートから爆撃、破壊するには
220機の爆撃機が必要であり、対空砲火や気象、敵戦闘機などをかんがえると、そのような
単一目標を95%の確率で破壊するためだけに、1,100機の爆撃機が必要とかんがえられた」

「短期間でドイツを圧倒するためには、6,800機の爆撃機に加えて、損耗を補充するために
毎月1,245機の予備機が必要とかんがえられた」

(from Neillands R: The Bomber War. - Arthur Harris and the Allied Bomber Offensive 1939-1945 -
Endeavour Press Ltd. 2014)

出撃は1小目標に対して1100機の編隊を1作戦について数編隊送り出しますから
第8空軍投入当初のドイツ空軍には対処できなかったはずで、最初からその数字が
かなえられていれば、本気で護衛戦闘機なしで勝てたかも知れません。

その数字がそもそも無茶だっただけで。

395 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 11:38:41.51 ID:MqENFB0s
質問です
火縄銃では暴発による危険性から密集できない、とよく聞きますが
火縄銃隊の運用は現代の演武ほどの間隔だったと思ってよいのでしょうか?
https://www.youtube.com/watch?v=Ol6O00q2LiU

また初期テルシオで火縄銃隊も使われていたはずですが
テルシオの長所である密集が火縄銃では活かしきれなかったのでしょうか?

396 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 12:27:04.41 ID:7dF/l/SP
初期テルシオだと密集してる主力はパイク兵だが、クロスボウと火縄銃は補助

397 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 12:47:02.72 ID:iKQUBGrP
>>379
ごめんなさい、イギリスは消し忘れで・・・

出典は
Wehrmacht & SS: Caucasian-Muslim- Asian Troops
J. F. Borsarello著
2007年 Heimdal社
ドイツ各軍の非ヨーロッパ系兵士(義勇兵)の、編制、戦歴、軍装に付いて解説した書籍です
フランス出版ですが、英仏語並記になっています
怪しい英語ですが

書籍は実家なので詳しくは書けませんが、大きくて大隊規模だったと思います
(インドは連隊が有り)
中隊規模も珍しく無いです
なるべく同一言語や風習の兵士を集めていた様ですが、大隊内の中隊毎にバラバのケースも有った様です
フランスに駐屯していた中央アジア系の兵士達は、現地の人々から
細い目(slit eyes)の兵士達
と呼ばれていたと
小ネタ的な情報しか覚えていなくて・・・

他にも、少し前に話題になったノルマンディーで捕虜になった朝鮮半島出身のドイツ兵に付いての既述も載っていました
この部分は何故かフランス語のみ

398 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 12:53:03.41 ID:MqENFB0s
>>396
回答ありがとうございます
ただwikiで恐縮なのですがテルシオは理想兵力で
A - 本部要員11名、パイク兵108名、コルスレット111名、マスケット銃兵20名
B - 本部要員11名、アルケブス銃兵224名、マスケット銃兵15名
1部隊がA隊10個、B隊2個の12個中隊で編成されたとありました
アルケブス銃(火縄銃)兵は448名居るとして陣形は
中央にパイク兵を置きその周りを銃兵が囲むというふうになるのだと想像しています
この時に銃兵の間隔が空いているとテルシオの防御力として
銃兵は初撃の牽制程度の役割しか果たせなかったのでは?と疑問に思っています

火縄銃兵同士の間隔をどれほど空けていたのかすらわかりませんから全て憶測ですが

399 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 13:25:25.33 ID:iUOT+2XQ
大日本帝国は「アジアのためのアジア」の構築を目指した。
その崇高な理念に、アジアの土人たちは跪き、頭をたれて我々を独立に導いてくださいと心から願ったのだ。
自分たちを支配し搾取していた欧米列強白人支配者を叩きのめし 肩で風を切って堂々と歩く皇軍兵たちは、
哀れな土人たちの目には神々しく 映った事だろう。
大日本帝国はアジアの解放、そして最終的には独立を成し遂げさせ、アジアに希望と独立の種を蒔きこそ
すれ、災禍など何一つ産みはしなかった。 大和民族のアジアにおける行為はまさに非の打ち所が無くアジア
を照らす光そのものであり、それが今日の世界各国の共通認識となっている。

400 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 13:50:25.53 ID:0trjyt3g
増槽でガッツリ(といってもムスタングは増槽フルでもっと飛べるけど)P47-D-25以降
この時期だともうムスタングDが配備されてるような気が

401 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 13:52:40.39 ID:9ohL5rWv
>>398
http://www.syler.com/Breitenfeld/infantry/MusketGenl.htm
ここにある17世紀の絵画では火縄銃を密集隊形で撃っているので、暴発の危険性は言われているほど高くなかったか、暴発のリスクよりも密集して撃つメリットのほうを優先させてってことじゃないの。

402 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 14:02:01.92 ID:0trjyt3g
暴発というか時に火蓋から炎が上がるし、火縄燃えてるし
装填作業の関係でそんなに詰められない

日本の火縄銃の場合だいたい現代の演武と同じぐらいの感覚を開けないと危ないと何かで読んだけど忘れちまった

403 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 14:06:05.73 ID:EzybJ3fa
日本の火縄銃隊の場合、敵部隊に弾幕をはる西洋の重歩兵的な運用というよりは一人一人が各自に狙って撃つ軽歩兵的な運用だからそこまで密集しなくても良かったって話を聞いたけど

404 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 14:08:10.83 ID:YkfDchqX
>>403
聞いたけど、って誰に来たんですか?信長ですか?

405 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 14:09:23.33 ID:EtnqNh9A
ウォーキング・デッドとかゾンビものって大体直接感染じゃない?なのに人間側が押される理由がわからん [転載禁止](c)2ch.net
http://hello.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1446088301/

406 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 14:10:28.49 ID:YkfDchqX
>>397
丁寧に出典まで明記して下さり、ありがとうございます。
インド兵の聯隊とは凄いですね。

朝鮮出身ドイツ兵とは、一体どういう出自なのでしょうか?

407 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 14:41:21.31 ID:MqENFB0s
>>401-403
ありがとうございます

408 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 15:40:11.35 ID:uhlTyc6O
http://an-kazu.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_c71/an-kazu/IMG_1104.jpg?c=a0
ニミッツ級の艦尾あるこの大きな空間は何の用途のためにあるのでしょうか?

409 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 15:54:59.92 ID:XGsIZeuC
>>402
火縄銃の場合は後ろで予備の火種を振り回して消えないよう保時する役の人間がいるので、
一定の空間は必要なんじゃないかと言ってみる。
それが解消されるのはフリントロック式になって火種の保時が不要になってからじゃないかと。

410 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 16:43:45.49 ID:2B9WcZiS
>>408
接舷のためのもやいその他置く作業スペースと、
換装した航空機のエンジンテストベンチを兼ねております

411 :ペーネロペー:2015/10/29(木) 16:50:51.59 ID:Z0gCm0pt
>>406
独ソ戦で消耗しまくったソ連軍は中東人、中国人、果てには朝鮮人まで徴収して兵隊として使ってる
そしてドイツ軍はソ連軍から手に入れた捕虜を兵隊として使っていた
あとはお分かり?

412 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 16:57:39.56 ID:9ohL5rWv
>>408
後は入渠時や艦尾で埠頭に係留される時はここに通路を繋いで人や物資の行き来につかったり。

413 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 17:19:07.00 ID:0trjyt3g
>>409
そう簡単に火縄は消えないそうだよ
むしろ燃焼が早すぎるのが問題なので(すぐ燃え尽きちゃう)濡れた雑巾でふいたりするそうだ
燃焼が早いと火縄の先にガンガン灰がたまって不発の原因になるし
灰が火皿に落ちたり、火縄が燃えて短くなって火薬にとどかなくなってもやっぱり不発の原因になる

そう考えると管理がめんどくさいし一斉射撃に向いてない銃ではある

まあ西洋の火縄がどうだったかは知らないんだけど

414 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 18:07:10.99 ID:XGsIZeuC
>>413
消えた時のためではなく、まさに燃え尽きた時のための予備だったような。

415 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 18:08:31.09 ID:8UFM1zBK
大戦中の戦艦の主砲の徹甲弾についてなんですが
あれはほとんど鉛とか金属のかたまりなんですよね?
なのに、着弾時に信管と炸薬でわざわざ爆裂させるメリットはなんなんですか?
戦車の徹甲弾は爆裂させてないですよね?

416 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 18:11:49.02 ID:AMmcAfTg
>>415
船に高々40センチの穴をスポスポ空けても沈むもんではないからね
戦車の砲弾でも大戦中でいえばイギリスなんかは徹甲弾に火薬は入ってないけど、ドイツは入ってたりと国によって違うよ(タングステン弾芯の高速徹甲弾には入ってないけど)

417 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 18:13:42.88 ID:AMmcAfTg
徹甲榴弾が状況によってはどんなダメージを与えるかは真珠湾のアリゾナやフッドを見ればわかると思う

418 :ペーネロペー:2015/10/29(木) 18:15:51.99 ID:Z0gCm0pt
そういや戦車戦って相手に弾を打ち込めばそれで終わるけどどうして弾を撃たれて戦車が停止するんだろうな
ノモンハンの戦記で日本の砲兵隊がソ連軍のBTに徹甲弾を撃ち込みまくったけど
穴を開けただけでダメージがなく、突っ込まれ蹂躙され砲兵は皆殺しにされてしまったとかあった
本来は徹甲弾の中に火薬とか詰めておくもんなの?

419 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 18:21:52.78 ID:AMmcAfTg
炸薬がなくても、車内で砲弾が跳ね回ってエラいことになるからね。
BTに速射砲を打ち込んだときはBTの装甲があまりにも薄すぎて完全に貫通したからじゃなかったけ?(太平洋戦争でも日本戦車で似たような事例があるし)

420 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 18:22:30.70 ID:9rRcRvV9
まあエンジンとかまでダメージ逝ったかもしれないし
鉄板の向こうには無防備な人が乗っている。
その鉄板を貫通して装甲の破片等をばらまいてる状況で
止まったということは、そういうことだ中はひどい状況だろう

421 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 18:28:25.83 ID:AMmcAfTg
ドイツ戦車みたいに前に変速機がある戦車が殆どだったしね。車体正面下部が薄いのもあってアメリカのバズーカ手はそこを狙ったらしい(当時の戦術を忠実に再現したBoBでも出てくる)

422 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 18:30:17.74 ID:3K1nAlTQ
>>418
徹甲榴弾はわりとポピュラーだよ。
37mmが主力の時代には乗員殺傷能力が低くて平均で4−5発貫徹させないと戦車が止まらなかったらしい

423 :ペーネロペー:2015/10/29(木) 18:34:35.42 ID:Z0gCm0pt
>>422
戦記とか見てると基本徹甲弾だけど本当は徹甲榴弾を使うもんなんだ
というか37mmクラスの徹甲榴弾ぶち込まれても数発撃たれるまで動き続けるとかすげーな

424 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 19:15:35.20 ID:CN3hfPGX
ドイツ軍は徹甲榴弾を使うことが多く、より硬い敵には貫通力のある硬質芯徹甲弾が使われた
例えばT-34に対し50mm対戦車砲の硬質芯徹甲弾が使われた場合、貫通はするが爆発しないので、数発撃ちこむ必要があった
大戦前半のイギリスの戦車砲や対戦車砲には貫通力の高い徹甲弾ばかり支給され、榴弾や徹甲榴弾が支給されず苦労した

425 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 19:26:35.38 ID:RuZd+cS+
ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争の映画見てるのですが、国連軍がムラディッチ将軍と衝突した際、攻撃できずに難民を相手に引き渡してました
国連に手を出す=アメリカに手を出すってことじゃないんですか?
アメリカが気にしてない国の場合、国連の動きはとんでもなく鈍化するのでしょうか
ホテルルワンダでも簡単に族の侵入許してました

426 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 19:45:12.50 ID:lo59fqrp
拳銃や小銃などの小火器は、マイナーチェンジが繰り返されることがしばしばありますが
最初から完成された状態のものが出てこないのは、開発段階では予想できない部分も
多いためなのですよね。
マイナーチェンジが一度も加えられずに運用されている小火器というのは、あるのでしょうか。

427 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 20:02:23.42 ID:iKQUBGrP
>>406
仲間と共に日本統治下の朝鮮半島を脱出、ソ連領内に向かう
そこでソ連軍に入隊(志願か強制かの既述は無し)、東部戦線へ送られる
ドイツ軍の捕虜となり、東方大隊の1つに配属され、ノルマンディーに送られる
ユタかオマハ近くでアメリカ軍の捕虜となり、朝鮮系アメリカ兵により尋問を受けた後、アメリカ国内の捕虜収容所へ・・・
こんな感じでした


わざわざ朝鮮系アメリカ兵が尋問をしている位ですから、ロシア語もドイツ語も話せなかったのかな?
そんな部隊の指揮方法が気になります

428 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 20:05:18.38 ID:iKQUBGrP
>>406
>>427は、前記の書籍に掲載されていたアメリカ軍の捕虜となった一人の朝鮮半島出身ドイツ兵の写真に付けられていたキャプションの内容です

429 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 20:15:15.50 ID:csM5pv1e
韓国の検証番組ではヤン・キョンジョン伝説は怪しい、という結論を出してるみたいだけどな
反日捏造云々と違ってこっちは捏造のメリットが無いし韓国本国での研究の方が英仏人の本より信用に値するだろ
日本軍についての英書の記述がときどきトンチンカンなのと同じで

430 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 20:18:33.69 ID:joUMW7gG
それにしても「ソ連」と「朝鮮人」の組み合わせって暗い話しか無いのはなんでなんだ

431 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 20:35:53.60 ID:XGsIZeuC
>>425
アメリカ=国連じゃないよ。
国連は国連なので、アメリカをはじめ構成国と利害で対立する事も当然ある。

で、「国連軍」と「国連の平和維持軍」もまた違う。
後者は基本的に中立なので、自らの自衛以外の目的で戦闘を行わない場合が多い。
一方の勢力だけ肩入れすれば両陣営から停戦監視勢力として認めてもらえないし、
一方に肩入れする場合は国連軍として積極的に攻撃する事もあるが、その事例は
朝鮮戦争やコンゴ動乱など数少なく、常にアメリカが加わってるわけでもない。

432 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 21:22:03.62 ID:TC5zKoOY
北朝鮮でも朝鮮戦争時の不発弾が大量に出てくると思いますがやはり不発弾を処理する専門の部隊とかが対処するのでしょうか?
また、不発弾がらみの事故がありましたら教えてください。

433 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 22:46:56.09 ID:iKQUBGrP
>>395
兵士の左右の間隔の一例を

マッチロック・マスケットが主力だった清教徒革命
一般的な間隔であるOrderが3ft (91.44cm)
一番密集している間隔であるClosest Orderが6in (15.24cm)
(これは射撃時用では無いと思いますが)

フリントロック・マスケットが主力だったナポレオン戦争
イギリスが22in (55.88cm)
フランスが26in (66.04cm)
ロシアが27in (68.58cm)

確かにフリントロック・マスケットの方が狭くなっていますね
まぁ、ロック機構の差だけとは断言出来ませんが・・・

434 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 23:23:02.70 ID:kVmtbQLi
アメリカ海軍で使われてる(た)ワイングラスについて知りたいのですが、これについて規定や特定の納入元の業者などはあるのですか?
特にPOW/MIAテーブルに使われてるものについて知りたいです。

435 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 23:25:30.59 ID:wihgsC3a
ナショナルジオグラフィックのNarrow Escapes of WWII シリーズのような戦略解説がなされてるシリーズが他にあれば教えてください。
ヒストリーチャンネルでもナショジオのほかのでもなんでもいいです

436 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 23:48:18.92 ID:9ohL5rWv
>>435
>>4
・軍事に関係の無い質問、ネタ質問、アンケート、またはそれに類する質問は禁止です

437 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 00:15:56.57 ID:QoEujqUu
>>436
日本語能力大丈夫か

438 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 00:19:39.55 ID:q2F4brDu
>>413
なぜかだーまえさんの火事実況をおもいだした

439 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 00:25:01.42 ID:2K1i260x
>>437
>>アンケート、またはそれに類する質問は禁止です

440 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 00:35:52.88 ID:iLMXC6RS
アンケートではないよな、資料を教えてくれというのは

441 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 00:38:56.79 ID:iLMXC6RS
>>435
番組ではなく書籍だが、「戦場の歴史」(ジョン・マクドナルド)というのがある

442 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 01:27:07.89 ID:aWzvzG20
>>432
北朝鮮軍に地雷処理専門部隊があるとは聞かないから、多分必要はないんだろう
また北で不発地雷がらみの事故があっても、漏れてくる可能性は小さい
過去にあった可能性はあるだろうが、北の一般住民が負傷したって誰も関心がない
ので、西側メディアは報じない

過去、洪水で韓国側に流れてきた北の木製地雷を、無知な韓国人がいじくって爆発
何人かが死んだり負傷したりしてるが、これが不発地雷の事故に当たるかどうかは
見解によるだろうな

443 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 01:58:00.38 ID:Ia0aQRfQ
>>439
それは軍事に関係ないものという前提なんじゃないの

444 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 02:01:50.31 ID:aWzvzG20
>>443
一切のアンケート禁止だよ

過去にいくつもの混乱があってのテンプレだ
守れないならここに来なくていい

445 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 02:02:50.68 ID:q2F4brDu
大和とモンタナってどっちが強いんですか? ← これアンケートになんの?

446 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 02:02:59.24 ID:aWzvzG20
ちなみに435はどう考えてもアンケートではない

447 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 02:19:46.26 ID:Ia0aQRfQ
>>444
そうだったのかすまん

448 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 02:31:17.14 ID:iLMXC6RS
>>445
「大和が強い」「モンタナが強い」のどちらかを選ばせるならアンケート

449 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 02:34:29.54 ID:iLMXC6RS
あと「世界一強い戦艦は何だと思いますか?」ならアンケート
「大和に最も近い戦闘力を持つ他国の戦艦は何でしょうか?」は(データや理由を具体的に挙げれば)質問

450 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 02:39:21.49 ID:+V1Asay6
境界線スレスレ狙って踊る馬鹿がいるから一律禁止にしてること知ってて
>>449みたいに踊りだす奴はどうすればいいかねー
こういうの奴がカスミンにかまって居つかせてるんだろうな

451 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 02:41:01.70 ID:iLMXC6RS
まず「アンケート」の定義を調べるべきでは?

452 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 02:55:09.28 ID:Wqk6nJtb
>>434
入札、価格、資料って感じで業者調べて製造元までたどり着けるかしらね。
品物のフォーマット決まってるだろうし、製造元は固定の可能性が高そうな話。

あとはオークションサイトから目的のモノが出品されてりゃ、メーカーの記載もあるかもしれない。

453 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 05:45:54.54 ID:4VTcR3NB
>>448
ひっかかるのはこっち。
テンプレ4
・各国の軍隊の優劣、個々の兵器の優劣は状況次第で容易に逆転し、単純に比較できるものではなく、「最強論議」は無意味です
 「○○と○○はどっちが強いの?」や「○○の中で一番強いのは何?」 という質問は回答の対象になりません

454 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 06:52:34.97 ID:R2DqMB7z
こちらのスレの趣旨に合うかどうか分からないのですが、軍事好きの仲間を増やしたいと
思っておりましてそう言った方が多く集まるサークル的な物と言ったのは無いのでしょうか?
サバイバルゲームではなくて純粋に軍事好きの方が集まって話をするような
研究会と言った硬いものではなくて比較的ライトな集まりを探しております
宜しくお願い致します

455 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 08:02:38.58 ID:cBfGFTci
ここでいいじゃん

456 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 08:24:42.49 ID:4fu/wVxo
>>454
ツイッターで自分と趣味が似てそうな奴を探して話しかければ

457 :system ◆system65t. :2015/10/30(金) 10:10:03.62 ID:/94Eo+2n
>>433
>>395 ではありませんが、ありがとうございます。

もしおわかりでしたら資料を教えていただけないでしょうか?

銃自体はある程度理解しているのですが、運用方法がわからず、
興味はあるのですが、なかなか良い資料が見つからないのです。

458 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 13:16:44.08 ID:Y3234v4G
>>435 「参考資料を教えてくれ」に相当だから、書籍スレに詳しい人がいるかも
動画資料や、再現ドラマや、その考証元ネタも、けっきょくは書籍か当時フィルムがある

459 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 17:04:27.61 ID:oLmHfbaB
He162は年6万機の生産を計画していたといいますが、1944−45年ごろの独空軍の戦闘機パイロット供給能力は年にどれくらいだったんでしょうか?

460 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 17:18:42.18 ID:S+VMHrx2
所有しているのが個人や博物館等関係なしに現存している軍艦旗ってどれ程あるのでしょうか?また喪失確定のものはどのようなものがありますか?

461 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 17:26:19.90 ID:Zc6deOv1
>>460
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BB%8D%E8%89%A6%E6%97%97

>これに対して軍艦旗は常時、風波に晒されるため損傷が激しく、あくまで消耗品として割り切られており艦内には常に複数枚の予備が備えられていた[2](破損した軍艦旗は軍需部で交換された)。

462 :ペーネロペー:2015/10/30(金) 17:29:46.07 ID:aKHlDCbo
>>459
ほぼ0

463 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 17:35:55.55 ID:KMuhzyyc
グライダー訓練しただけのヒトラーユーゲント隊員を乗せよう、とかいう無茶ぶり

464 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 17:43:16.27 ID:DiLj2jbQ
BMDとかの有人状態でパラシュート降下する車両は、人間が降下する時のように
パラシュートを操縦して落下地点を調整する 事が可能なのでしょうか?
また、無人で降下する車両や物資のパラシュートを遠隔/自動で操縦するような
ものはありますか? 未だに、風任せにただ落ちるだけなのでしょうか…

465 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 17:48:52.73 ID:KMuhzyyc
BMDは無人投下のはずだが?

466 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 17:49:36.39 ID:oLmHfbaB
>>462
ドイツ空軍が戦闘機パイロットの供給能力を喪失した具体的な時期はいつ頃だったんでしょうか?
>>463
ありがとうございました。

467 :ペーネロペー:2015/10/30(金) 17:51:41.20 ID:aKHlDCbo
>>466
独ソ戦開始直前時期に既に悲鳴をあげてたんだからもうお察しだわな
ポーランド戦役開始前にどうせこの戦争は短期で終わるとタカをくくって
貴重な教導大隊を全部戦前に送ってしまったバカが全ての元凶
まあ、そもそも戦争が始まるのがあまりにも早すぎたのが全部の元凶なんだが.....

468 :ペーネロペー:2015/10/30(金) 17:53:57.89 ID:aKHlDCbo
戦前じゃなかった前線ね

469 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 18:05:53.18 ID:oLmHfbaB
>>467
ありがとうございました。

470 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 18:09:14.47 ID:2K1i260x
>>464
https://www.youtube.com/watch?v=aEb6UI4S3QQ
人の乗ったBMD4が2010年にロシア軍が行った空挺降下演習で投下されてるが、降下速度を抑えるため通り大量のパラシュートが付いているので降下中に制御はできない。
比較的低空から投下するので風で着地点が大きくずれることがないから支障ない。

471 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 18:09:44.11 ID:VDJmb94G
米軍のシェリダン空挺戦車というのは、実際に空からパラシュートで落とすのですか?
乗員は、別に降下するのですか?

472 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 18:22:59.48 ID:2K1i260x
>>471
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A9%BA%E6%8C%BA%E6%88%A6%E8%BB%8A
M551はパナマ侵攻作戦において実戦で空中投下運用が行われているが、空中投下された車両のうち半数が故障・損傷して使用不能になるなど、その結果は馨しいものではなかった。
ttps://en.wikipedia.org/wiki/M551_Sheridan#Strategic_mobility
The crew does not ride in the tank during extraction, but parachutes from another plane. On landing, they go to their tank, release the lines, and drive it away.
ttps://www.youtube.com/watch?v=iRtwTXfx8TQ
1983年にシシリーで行われたシェリダンの投下訓練。
車両に続いてクルーが降下しているが、肝心のシェリダンは下にいた軍用救急車の上に着陸というトホホなことになっていて、空中投下の難しさがわかる。

だから可能ならば滑走路を確保してそこに輸送機が着陸して降ろすし、それが難しいなら地上ギリギリまで降下した輸送機からパレットと減速用のパラシュートで滑り落とす形で投下する。

473 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 19:38:20.86 ID:mx4xD2qr
自衛隊のパイロットにつての質問です。
 
自衛隊のパイロットが民間の航空会社に転職して
旅客機の操縦をするという話はよく聞くんですが
逆に、民間でパイロット資格を取った人間が自衛隊に入って
空自の戦闘機や陸自のヘリを操縦することはあるんでしょうか。
 

474 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 19:47:19.03 ID:+flrKXCD
>>473
無い

475 :473:2015/10/30(金) 20:51:48.29 ID:mx4xD2qr
>>474
ご回答ありがとうございます。

自衛隊機を操縦するライセンスか何かが
隊で訓練した人間じゃないと取れないということですか?
それとも単に、年齢的に間に合わないとか?

476 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 21:12:13.52 ID:+flrKXCD
>>475
前者

477 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 21:13:53.12 ID:aWzvzG20
>>473
普通にあるぞ
いや、普通でもないか
まぁおれが個人的に知ってる範囲で10人ぐらいはいる

478 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 21:16:39.83 ID:LE9SoGkh
7年戦争時のプロイセン軍についてなのですが、プロイセン軍戦列歩兵は過酷な訓練によってマスケット銃を1分間に10発も撃てたという伝説が語られますが、実際にそのようなことは可能なのでしょうか?

479 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 21:19:33.62 ID:Eh28rj2/
第二次世界大戦終結後、余剰となった大量の弾薬が北海やバルト海に投棄されたそうですが現在でも爆発の危険性はあるのでしょうか?
それとも信管付きの不発弾とは違うから安心していいのですか?

480 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 21:21:59.79 ID:yRCXMH/I
ベルリン攻防戦で最後まで戦ったのが武装SSのノルトラントとかシャルルマーニュとかいう外人だったそうですが、
何で外人なのに逃げなかったんですか?

481 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 21:35:52.40 ID:V9iatRMw
>>480
外人だからこそ。
捕虜になったら裏切り者として殺されるので必死に戦った。

482 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 21:38:57.33 ID:0ewLbIBK
>>477
ウソ乙
自衛隊にはパイロットの有資格者を中途採用する制度がそもそもないんだよーんw

483 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 21:39:35.59 ID:IdC0VY8s
>>480
ソビエト軍の捕虜になっても生存の可能性は低いし、そもそも捕虜になれる可能性が低い。
捕虜になりたくいなら逃げるしかないが逃げる先がない。

物理的に逃げられない(完全包囲されてる)ということではなく、ドイツ人ではない彼らは
軍服を脱ぎ捨てて民間人を装うことができないし、「祖国」は既に親ドイツじゃなくなってるので
仮に祖国まで逃げ延びることができても「ナチスドイツの義勇軍に志願した」ことが記録に
残ってる限り逮捕される可能性が高く、祖国に帰っても元のように暮らせない。

なので外国人SS義勇兵は「死ぬか死ぬまで戦うか」しか選択肢がなかった。

もちろん、逃げ延びた人もいはするけど。

484 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 21:43:42.02 ID:1+nZoz87
10式戦車のダメっぷりを書いたスレたてたら消されたんだが、
ここってニホンマンセーする板なん?

485 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 21:45:37.43 ID:2K1i260x
>>480
第11SS義勇装甲擲弾兵師団「ノルトラント」のベルリンにおける戦闘
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC11SS%E7%BE%A9%E5%8B%87%E8%A3%85%E7%94%B2%E6%93%B2%E5%BC%BE%E5%85%B5%E5%B8%AB%E5%9B%A3#.E3.83.99.E3.83.AB.E3.83.AA.E3.83.B3.E9.98.B2.E8.A1.9B.E6.88.A6
第33SS所属武装擲弾兵師団 「シャルルマーニュ」のベルリン戦
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC33SS%E6%AD%A6%E8%A3%85%E6%93%B2%E5%BC%BE%E5%85%B5%E5%B8%AB%E5%9B%A3#1945.E5.B9.B44.E6.9C.88_.E3.83.99.E3.83.AB.E3.83.AA.E3.83.B3.E9.98.B2.E8.A1.9B.E6.88.A6

両師団(実際には戦力を消耗して師団規模ではなかったが)のベルリンにおける戦闘については上記記事を参照。
どちらも誰が書いたか知らないが英語やドイツ語版記事よりも詳細だったりする。

486 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 21:49:26.46 ID:2K1i260x
>>479
ttp://www.coastalwiki.org/wiki/Chemical_and_conventional_ammunition_in_the_Baltic_Sea
爆発よりも投棄された弾薬や化学兵器の腐蝕による化学物質漏出の方が問題になってる。

487 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 21:56:34.36 ID:xSzrrf/5
>>482
>>477はそういう意味じゃなく、入隊前に既にパイロット経験者がいたって程度の話じゃないかと。
別に操縦経験あるからって入隊できなくはないよね?

488 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 23:09:03.74 ID:MROB8xPe
よくパイロットの体力が持つ限り空中給油でどこまでも、とありますが
実際問題、いま現役の単座の機体で
(複座よりすることが多く消耗が激しそうなので単座選びました)
どのくらい行ったケースがありますか?
距離と時間をお願いします

489 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 23:39:57.80 ID:2K1i260x
>>488
ttp://www.masdf.com/eagle/usaf.html
その最初の戦闘部隊こそが第1戦術戦闘航空団第71戦術戦闘飛行隊(1TFW 71TFS)所属の24機のF-15Cイーグルである。
前日の8月7日午後5時25分(米国東海岸時)から米国バージニア州ラングレー基地を順次発進していた。
イラク軍機との接触に備えAIM-7及びAIM-9の完全武装が施されたF-15Cは大西洋〜地中海を横断し12,800kmを無着陸で飛行した。
地球の裏側への戦術戦闘機としては異例の長距離即時展開であり、飛行時間は実に15時間、空中給油を12回要したという。
12,800kmという数値はB747-400ジャンボジェットの航続距離と同等である。

490 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 23:41:30.89 ID:W9AnWNCC
>>484
それは消されたのではなく、釣られた人間の書き込みが少なくて落ちたんだろ

491 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 23:46:27.79 ID:XQQ3c2YZ
気象が荒れている場合は対潜ヘリや哨戒機が飛ばせないと思いますが、
その場合の対潜戦はどうするのでしょうか?

492 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 23:51:17.35 ID:0ewLbIBK
>>491
海が荒れてたら潜水艦の方も襲撃できないから特に問題ない。

493 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 23:51:34.58 ID:0+aPc1cB
>>489
うんちや、おしっこはどうするの?

494 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 23:55:56.97 ID:uAhfiRsT
事前に出し切ったり便が出にくい調整されたfoodを食ったりする
最後はオムツ(機種によっては小便の機外投機が可能な奴もあった気が)

495 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 23:56:51.46 ID:cBfGFTci
使われないで耐用年数を過ぎたミサイルはどうしているのでしょうか?
砲弾などは演習で使うのでしょうがミサイルは高価ですし

496 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 00:03:40.05 ID:pGr2mmGh
>>492
まあ大戦時に荒天時に攻撃して撃沈したが
自分もツリム取れず浮上
目の前に敵の駆逐艦絶体絶命!!!ってことはあったがな

敵も荒天でそれどころじゃなくてそのままヨタヨタ行ってしまったそうだが

つか今の潜水艦でもそれなりの深度で攻撃ってできないのかね50mとか100mとかで魚雷ぶっ放すとか
それはそれで荒天時にどうやって水上艦を発見するのかのほうが問題な気がするが

497 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 00:03:51.56 ID:zgzKA15+
>>495
解体して廃棄。

498 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 00:03:56.85 ID:77JJ+aTt
>>492
どういう事ですか?

499 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 00:06:38.92 ID:qOLSFBNW
>>495
ミサイルも炸薬やロケットモーターの期限切れ前には実射訓練として消費されます
演習地や訓練空域が広いアメリカ軍ならね

500 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 00:16:45.01 ID:pV75EjaC
>>495
物によっては内部パーツが流用できる場合もある

501 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 00:25:58.12 ID:6sjSkJHb
大戦中の日本軍機の無線機は低性能で搭載しない機種もあった、
独英米機は基本的に無線完備で無線機も高性能だったとよく聞きますが
ソ連やイタリアの航空無線の性能・普及時期はそれらの国と比べどうだったのでしょうか?

502 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 00:32:14.00 ID:9Iua6y7f
>>498
海中に潜ってるものが気象に左右されないのなら空を飛ぶものも気象に左右されないことになるぞ

503 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 00:34:16.23 ID:pGr2mmGh
ソ連機は質実剛健で燃料計もなかったぐらいだからなぁ(どうやって飛行時間計ってたのか…)
それでもLaGG-3では無線機が最初から装備されてたそうだ
といっても受信機だけで送信機は隊長機だけという感じだったそうだが
ついでに性能も低い
米の戦闘機に乗った人は無線機は手放しでほめたそうだ

504 :ペーネロペー:2015/10/31(土) 00:34:57.39 ID:ur5CvumH
よくそんなんでドイツ空軍と戦えたなソ連軍....

505 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 00:36:38.14 ID:LX92IxP6
>>501
ちょっと後半についちゃ回答持ってなくて答えられないが、日本軍機については無線機自体の問題というより、
絶縁とかアースの問題であって、よく言われる零戦の無線電話もアースの位置変えただけでちゃんと通じた
例もあるそうな。
だからって技術力が高い証明にはならず、むしろその程度の事に・・って話になるが。

506 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 00:37:25.39 ID:h3wC1Ft2
>>502
深々度では気象による海面の荒れは関係ないんだが

507 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 00:41:04.14 ID:LX92IxP6
>>491-492
潜水艦による攻撃は魚雷だけと限らないので、航空対潜戦ができなくても水上艦による可能な限りの
対潜戦闘は行われる。
捜索手段の問題はあるが、兵器の射程で言ったら対艦ミサイルで嵐の外側から攻撃される可能性は
無くも無いわけで、そのへんは陸上基地からの哨戒機が頼り。

508 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 00:43:53.30 ID:pGr2mmGh
>>505
彗星のある部隊の話だが実際エンジンをアースして良好に使用することができた
ただし問題があってエンジンプラグ交換ができなくなった、正しくはプラグ交換するとアースをやりなおさないといけない

ここらの悲しい争いは大空の墓標に乗ってる
正直読んでてここらが軍全体で共有できないから戦争に負けたんではと思わなくもない

509 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 00:46:11.17 ID:dp7qIsgW
いやそこは戦訓を横展開しようよ…>アース

510 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 00:50:38.11 ID:pGr2mmGh
>>509
それがねえ…
彗星部隊も零戦部隊が実用できてるのに我々ができないはずがないって意地で(?)?独自に研究してやったのよ
それも偵察員が

511 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 00:53:33.14 ID:LX92IxP6
>>509
そのへんの事がわかったのはもう戦争も末期も末期の話で手遅れになってからの話よ。
そこに至ってようやく弱電とか精密機器が普及してきて、現場レベルでも理論的に対策を考えるようになったと。

343空の紫電や紫電改は空中電話使った効果的な空中指揮をできるようになった、とか言われても今更手遅れな
わけでね。

512 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 00:57:24.43 ID:pV75EjaC
調達「ノウハウとか無いし船に積むモーターボートは昔買った時付いてきたエゲレスのやつのモロパクでええかな」
→内火艇爆誕
→運用's「あそこがダメ」「そこはもっと良くできる」「こうすればいいお( `^ω^)」
→調達「いちいち全部要望聞いてたらいつまでたっても終わらん」
→調達「どこか一つ要望聞くとよそもウダウダ言いそうだから改善案は全部却下な」
→採用以来とくに改良なし!

旧軍はなんか妙に組織が硬直してたからなぁ

513 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 01:06:18.31 ID:pGr2mmGh
>>501
独ソ戦前には無線機つけろやって指令が出てたそうなのでソ連が無線機に関心があったのは間違いない
現実は上記だったけど(LaGG-3も全機装備ではなかった、無線機の生産が間に合わなかったのではという話)

514 :名無し上級大将 ◆80fYLf0UTM :2015/10/31(土) 01:06:48.97 ID:q3yxhzyI
>>504
さしてレベルの変わらない空軍が殴り合う仕合だったと言うだけの話だ
粛清の煽りもあった時期の絶妙な奇襲を除けば、ドイツ空軍がさほど優越していたわけでもない
終盤ともなれば空軍増強計画が予定通り戦力に反映され、練習機も満足に調達できないドイツ空軍はすり潰された

515 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 01:09:50.74 ID:kxsLD5Px
>>512
軽減税率を「めんどくさい」「いらんやつはいらん」とか言い放つ自由民主党みたいなもんだな、地獄だ

516 :ペーネロペー:2015/10/31(土) 01:10:03.08 ID:ur5CvumH
実は無線機って空戦に言う程必要なかった的なパターン?

517 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 01:14:43.91 ID:jtGhOczk
伊軍の戦闘機はCR.42無線無し→mc.200の頃は無線あり、後期主力のmc.202は無線性能良からず
だったと思う。ひょっとしたら独軍で使われてたりした機体は独の無線載っけてたかもとおもうけど詳しく知らない

518 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 01:15:59.72 ID:h3wC1Ft2
二機一組の編隊空戦やるなら必要、しかし日本海軍で本格的にそれやったのは343空くらい

519 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 01:24:26.47 ID:9Iua6y7f
そらWWIのころはみんな無線機なしで空戦やってたからな
戦記には敵襲を知らせるため隊長機に7.7mm弾を撃ち込むなんていう無茶をするシーンがある
無線機が無いと相当深刻な状況に陥ることもあったのも確か

520 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 01:29:06.68 ID:pGr2mmGh
戦場以外でも帰る時に無線で空中集合できれば行方不明機も減ったろうに…

521 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 01:34:47.75 ID:kxsLD5Px
無線機がない = 「やあやあわれこそは」しかできない

こら負けるわ

522 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 09:02:52.02 ID:WGbeGYmM
でもなんだ、レーダーや無線機を持たないソ連戦闘機部隊が手旗信号だけで基地に集結するところを見て
英軍将校が感心した、ってな話があったような

ちなみに、アースって言えばよくわからんところがあってね

無線機じゃないけど、車いじりする人にアーシングってどう思います?って聞いてみ
車メーカーは効果を認めてないけど、確かに効果があるって人も居るし
俺の場合、ちょっと特殊な車なんだけど、コンピュータの誤作動が改善したよ

オーディオやる人に1点アース、って聞いてみ
理屈じゃ導通があればいいはずなんだけど、確かに違う、らしい

523 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 09:03:59.71 ID:2Rz5pCWU
手旗信号?

524 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 09:14:27.18 ID:xY1IETKc
接地してない航空機でもアースって言うのね
今知ったわ
空中放電だろうからエアとは言わないのね

525 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 09:30:47.97 ID:ahLbHzhK
>>506
アホだね。
深い所が静かでも海面が荒れてたら
推進器音がマスクされて探知できなくなるだろうが

526 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 09:35:43.82 ID:WGbeGYmM
>>524
そら車だって接地してないよ
タイヤで絶縁してるんだから

527 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 09:36:50.12 ID:2Rz5pCWU
>>525
海には水温層というのがあって、これは深度とほぼ比例するんだが、しばしば逆転す

いや、なんでもない。たぶんきみには難しすぎる

528 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 09:39:41.06 ID:2Rz5pCWU
で、いま気付いたが、今朝からスレ数が急速に減ってきてる(現段階で約100スレが落ちたような)
これは移転の前兆なのか?

529 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 09:47:05.15 ID:ahLbHzhK
>>527
変温層(LD)の事を水温層とか言ってる知ったかぶりは初めて見たわwww
しかも海面の荒れによる音のマスキングとごっちゃにしてるとかもうつける薬が無いwww

530 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 09:52:22.47 ID:2Rz5pCWU
>>529
だからきみには難しすぎるって言っただろ

531 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 09:56:23.19 ID:ahLbHzhK
>>530
確信を持っていうが、お前は俺より絶対に知らない

532 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 10:04:02.95 ID:R654SEMw
>>528
どうでもいいだろ過疎スレばっかりなんだからあと200くらい落ちてもいい

533 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 11:04:38.29 ID:1khedXsF
シリア情勢スレはなぜあんな状況になってしまったのでしょうか

534 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 14:04:34.60 ID:Hnctvs+N
>>485
武装SSは師団ごとに研究者がいるんだろうねえ。
ヴィーキングがちょっと前までえらい適当だったけど

535 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 15:34:24.82 ID:rck38c1J
ロシアが開発中のT-50は何故エンジンの後半部分がむき出しのデザインなのですか?

536 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 15:44:15.66 ID:ZsU2gc0u
日本は日露戦争の際ピクリン酸を使用したことが日本海海戦での勝因の一つに挙げられていますが
ピクリン酸は非常に鋭敏な爆薬ですがどのように運用されていたんでしょうか?
爆薬の感度を下げる方法としては冷却や加湿、鈍感剤の天下などが考えられますが
しかし敵がいつ現れるとも分からない状況下でピクリン酸を使用可能にする為の余裕があるとは思えません

どうだったんでしょうか?

537 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 15:48:00.05 ID:ahLbHzhK
>>536
「下瀬火薬」でググって分からないところをもう一度質問してください

538 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 15:48:30.69 ID:WmNmHo76
>>536
金属と接触させなきゃ基本的に問題ないから漆とワックスで金属面から遮断してた

539 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 16:47:09.82 ID:2Rz5pCWU
>>535
戦闘機では珍しくない手法だよ
軽量化が主な目的だろう

540 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 17:19:14.67 ID:zgzKA15+
>>535
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/PAK_FA_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)#.E5.90.84.E8.A9.A6.E4.BD.9C.E6.A9.9F
T-50-6-2 2014年12月28日にラメンスコエ空港に運び込まれる姿が目撃されている[78]。それまではむき出しであったエンジンカウル部分が機体と同様の素材で覆われているのが確認されている[79]。2015年12月11日に初飛行する予定である[76]。
その機体の写真
ttp://russianplanes.net/id175145

ということで試作段階ではエンジンを覆うことで冷却等で問題が出ないようにしたと思われるがより量産型に近い試作機では覆われている。

541 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 17:25:27.40 ID:iNdSU6ro
>>457
ソースが銃砲史じゃないので期待に沿えるか判りませんが・・・

清教徒革命
The English Civil War, 1642-1651: An Illustrated Military History
Philip J. Haythornthwaite 著
1983年 Blandford Press(その後、各社より再版有り)
戦史(会戦地図は連隊を特定した配置図)
戦術(連隊や旅団の隊形図が有りますが、解説を会わせても1ページ半程度)
兵科別(歩騎砲)の装備(購入費用や維持費も)、戦術(武器の操作や構え方、隊列等も)
軍装(カラーイラスト多数)
等々の解説が1冊に纏められています
パイク&ショット時代の「一例」として読むのには良いかと

ナポレオン戦争
Imperial Bayonets: Tactics of the Napoleonic Battery, Battalion and Brigade As Found in Contemporary Regulations
George Nafziger 著
1996年 Greenhill Press
当時の操典、軍のテスト、個人の回想に残されている記録等の一次史料を出典とした戦術解説
会戦レベルでの戦術では無く、連隊や大隊レベルの編制や戦術(機動、隊形変換、射撃)がメインです
三兵戦術ってなんの事?って感じで、兵科別の編制や戦術に拘った書籍です
一次史料を出典とした数字が多数含まれているのが特徴です
(歩幅や歩調と言った物が用途別、国別に示されていたりします)
歩騎兵なら隊形(これまた国別で変換手順が延々と・・・)、砲兵なら装備定数が詳しいです
軍のテストや個人の回想に残されていた銃砲の命中率(殺傷数)も興味深かったです

542 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 17:44:56.36 ID:LX92IxP6
>>522
車のアーシングもやっぱり、どこにアース落とすかで全然違うのよ。
車によって最適位置は違うので、いろいろ試す必要がある。
で、試してるうちに何がどうなったんだが、マフラーからものすごい黒煙吹いた事もあるw

んでまー、そういう問題が発生しないとこに落ち着いたんだが、しばらくしてアーシング外してみたら
何も変わらなかった。
つまり、何かのトレードオフ以外で効果を発揮するには、よほどの最適解を見つけないと無理な話で、
それを知らずにただアーシングしたとこで、ビタ一文払うほどの効果も無いという事w

コンピュータの誤作動が改善したってのはラッキーだと思うが、それアーシングじゃなくてメーカーに
クレーム出さないとダメだと思うよw

543 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 17:57:47.83 ID:rck38c1J
>>539>>540
回答ありがとうございます、軽量化が目的というよりも試作機段階だから覆われていなかったのですね。

544 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 18:21:36.90 ID:6u9GaVsD
>>508 飛び石連休でスレ人口が減ってる、
週末はいつもの長文荒らしが消えてから顔を出す、
そんなところさ
行楽、地域活動、神社例大祭(今年は三山の七年祭りだ)、
畑の収穫と後始末、行楽客相手の仕事
明治天皇誕生日にかこつけて休日を作ったのには、理由があるのだ

545 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 19:38:22.99 ID:rck38c1J
アメリカが世界の警察官だったのは冷戦終結の宣言をした1989年12月からオバマ大統領が「米国は世界の警察官ではない」と語った2015年までなのですか?

546 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 20:13:45.43 ID:5h3hAhN3
>>545
あくまで、自称「世界の警察官」な。

547 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 20:59:50.88 ID:FsCPtLYY
ロシアの旅客機がシナイ半島上空で爆破されましたが、
ロシアはISILに無慈悲な報復に出ますか?

548 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 21:07:25.14 ID:R654SEMw
少し待てばわかる

549 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 21:14:03.98 ID:QpxMkVkS
ニュースだとエンジントラブルかも?って言ってるが・・・

550 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 21:22:11.16 ID:5h3hAhN3
>>547
直前に機長が緊急着陸を要請したとあるが、撃墜されたとするソースをまず出せ。

551 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 21:24:44.72 ID:S/DsbqkF
ロシアの航空会社もエアバス使ってるんだか
ロシアって旅客機もう作ってないんだっけ

552 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 21:27:53.32 ID:pGr2mmGh
雑談スレでやってくれや

553 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 21:31:22.90 ID:6sjSkJHb
航空自衛隊が支援戦闘機を導入する以前について質問です
F-1導入前に有事になった場合はF-104JやF-86Fで爆撃を行うつもりだったのでしょうか?
また、無誘導爆弾や最低限の照準器はあったと思いますが戦闘機パイロットは地上攻撃の訓練をやっていたのでしょうか?
F-104は西ドイツでは対艦攻撃機としても配備されましたが、F-104Jには空対艦戦闘能力を無かったのでしょうか?

554 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 21:35:34.58 ID:cjg/LM5J
>>553
航空自衛隊において「支援戦闘機」(戦闘爆撃機もしくは戦闘攻撃機、日本の場合はまずもって
「対船団攻撃機」)なるものは、そもそもF-104の導入によって余るF-86Fの転用先として部隊が発足している。

なので
「用語はともかくF-1以前から存在してた」
が答え。

勿論対艦ミサイルは運用してない(存在してないし)けどね。

555 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 21:44:11.78 ID:Z+i4QZdp
40年くらい前に「ファントム無頼」って漫画がありましたが、航空自衛隊では未だにファントムを使っていると聞いて驚愕しました。
いい加減ラプターとかに更新しないと、特亜に負けるんじゃないですか?

556 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 22:00:14.16 ID:zgzKA15+
>>555
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/F-4_(%E6%88%A6%E9%97%98%E6%A9%9F)#.E6.97.A5.E6.9C.AC
後継機
F-4EJ改の後継となる次期主力戦闘機(F-X) の選定が防衛省にて行われ、2008年(平成20年)度に機種決定の予定だった。
しかし、防衛省が最有力候補としていたF-22が技術流出を懸念したアメリカ議会から禁輸措置を受けたため、平成23年(2011年)度からの中期防衛力整備計画での決定に延期された。
候補はユーロファイター タイフーン、F/A-18E/F、F-35の三機種に絞られ、2011年12月20日にF-35が次期主力戦闘機として正式に選定された。
しかし、F-35の配備は開発の遅延等から2017年以降とされているため、F-4EJ改の運用スケジュールを耐用年数見直しの上で変更する可能性もあるとされる。
支援戦闘機型はF-2の配備を受けて2008年度末に退役した。偵察機RF-4は偵察部隊の縮小を受けて、F-X配備後に余剰となったF-15の改修機によりRF-4EJのみ代替する。

557 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 22:00:43.38 ID:qOLSFBNW
>>555
第4次F-X選定でF-35がF-4EJの後継として決まっているけど
そこに至るまでもっと早期にF-22を調達しようという動きはあった

558 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 22:07:00.53 ID:LX92IxP6
>>553
>>554に補足すると、対艦攻撃も支援戦闘機部隊のF86Fの任務。
海自の護衛艦と間違えてソ連のリガ級を相手に爆撃訓練をやってしまい、外務省が平謝りした
なんつー小話までついてくる。

559 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 22:24:08.82 ID:QpxMkVkS
>>558
よく撃墜されなかったな・・・
いや、よく撃墜しなかったな、か・・・

560 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 22:42:23.15 ID:nLE0rhgM
日本はなぜベレンコ機の強行着陸を
許してしまったのですか ?
在日米軍でも、どうしようもなかったのですか ?

561 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 22:46:06.55 ID:F1xpldy0
当時のF-4は低空侵入するミグをレーダーで捉えられなかったから

562 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 22:50:54.23 ID:F1xpldy0
>>
559
逆に護衛艦に対し攻撃っぽい動きを見せたTu-16が操縦を誤ったのか勝手に落ちた事件もあった

563 :名無し上級大将 ◆80fYLf0UTM :2015/10/31(土) 22:53:12.66 ID:q3yxhzyI
確かに米空軍の純正F-4Eであればルックダウン能力もだいぶ優れているので、仮にそこに居れば捕捉できたかもしれない
居なかったのだからどうしようもないが

>>559
あの手の挑発行動(と思われる行動)に一々実力で答えていたら、戦争がいくつあっても足りない

564 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 22:54:59.06 ID:nLE0rhgM
>>561
>>563
ありがとうございます

565 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 23:01:16.06 ID:FsCPtLYY
なんの防弾もないトヨタのピックアップが、何故戦場で重宝されているんですか?
小銃持った敵と遭遇したら蜂の巣でしょ?

566 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 23:01:52.46 ID:ahLbHzhK
>>565
砂漠で長時間走っても壊れないから

567 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 23:07:10.84 ID:GLnD3edO
積んでるものによるけど、例えば重機関銃だったら小銃や軽機関銃よりも圧倒的に射程が長いし

568 :名無し上級大将 ◆80fYLf0UTM :2015/10/31(土) 23:10:59.42 ID:q3yxhzyI
片や徒歩やロバの部隊
片や中古の日本車で人も火器も補給も運べる部隊

どちらが有利かは考えるまでも無い

569 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 23:14:02.78 ID:GLnD3edO
ピックアップのご先祖様というべきタチャンカもロシア内戦で大活躍してるしね。
手軽に移動できる火点というのはいつの時代にも需要がある

570 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 23:16:19.82 ID:EOyKzmZ1
>>563
> 確かに米空軍の純正F-4Eであればルックダウン能力もだいぶ優れているので、仮にそこに居れば捕捉できたかもしれない

クソみたいなデタラメだなww

571 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 23:26:22.59 ID:IiPr5mzy
支援戦闘機の話が出ていますが、
上から見て、F1は陸地に、F2は海面に溶け込む模様となっています。
F1とF2では、迷彩模様が違う理由は何でしょうか?

F2はまあ分かりますが、F1の方は?F1はF2よりも陸地の上を飛ぶ状況が多いと考えられていたから
という事になりますが、F1もまた対艦攻撃に重きを置いて洋上飛行をするのではと疑問に思いました。

572 :名無し上級大将 ◆80fYLf0UTM :2015/10/31(土) 23:27:07.01 ID:q3yxhzyI
おっと失礼
F-4Jだな

573 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 23:37:01.63 ID:6sjSkJHb
>>571
ttp://livedoor.blogimg.jp/oy1982/imgs/c/9/c9b91084.jpg

574 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 00:17:41.74 ID:VGvMgIkN
現代の機関銃や自動小銃のたぐいは大多数が空冷式だと思うんですが,銃身が熱くなりすぎたので
応急処置的に水をかけて冷やすことはあるのでしょうか?
あるいは,熱い銃身に水をかけたら寿命が急激に縮むとかの不具合とかはありますか。

575 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 00:23:44.37 ID:DZcECGUU
銃身冷えないから水かけること自体はあるよ
ただ多少は歪みできそうな気もする

576 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 00:27:51.77 ID:nc9YDqCL
ナム戦初期が舞台の『ワンス・アンド・フォーエバー』では加熱して暴発しそうな迫撃砲身冷やすために小水ひっかけてた

577 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 00:32:37.94 ID:HkMXBSs8
>>574
替えの銃身を用意して熱くなったら交換する。
MG-34辺りを嚆矢として近現代の空冷機関樹は銃身交換が容易になってる。

578 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 01:07:52.18 ID:vE78fUwf
空冷ということは水冷機関銃もあるんですよね。

代表的なものを教えて下さい。
また、そのメリット・デメリットをご教示下さい。

579 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 01:12:27.02 ID:HkMXBSs8
>>578
そういう時は「水冷機関銃」でぐぐってみましょう。

580 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 01:16:17.57 ID:0uyP8vwN
>>577
重機関銃については、未だ旧式なやつが第一線にあるのもあって変えられない奴が多いけどね

581 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 01:35:12.22 ID:ZviyIysL
M2なんかは銃身の交換が容易になるコンバージョンキットが他社から出ているが、軍で全面的に交換してる例はあまり無い

582 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 02:30:07.97 ID:1LGF9iKy
ボルトアクションのライフルについての質問なんですが
この形式の銃って藥室をからの状態で撃針は伸びた状態って可能なんですか?

この状態が不可能だと『今は撃たないけどもいつ襲撃されるかわからないから直ぐに撃てるようにする』って状況の場合
常に引き金引けば撃てる状態になるから危ないことになってしまうので、一体どうしてるのか気になって夜も眠れません

583 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 02:30:09.02 ID:vE78fUwf
>>579
ありがとうございます。ググったら、こんなの出てきて、
http://www6.atwiki.jp/army2ch/pages/90.html#id_ec52be2d

水冷機関銃はなぜ廃れたのか? というのが、あり、理解できました。

584 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 02:32:25.14 ID:vE78fUwf
>>581
ブローニングは関知してないということですか?
軍で全面的に交換してる例が余りないというのは、どういうことでしょうか?

585 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 03:17:58.37 ID:ZviyIysL
FN社が近年開発したもので、ヨーロッパの一部の国ではこの改良型に更新されつつあるようだが、自衛隊とか全く予定は無いようで

586 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 03:30:35.71 ID:kRrZ3YVw
>>582
安全装置をかけとくでしょう。ボルトロックするセーフティついてまっせ

587 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 04:45:32.89 ID:HkMXBSs8
さて夜が明けたら名前も書きたくないいつのもアレがまた連投やらかすと思うのでスレを開いて二桁レスしてるIDがあったら迷わずNG。

588 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 05:02:03.83 ID:MpkMgYxt
こうやって話題に出して構うばかがいるからと何度突っ込めばいいんだろ

589 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 05:13:10.49 ID:XEJfpkSJ
明らかに間違ってても触るな放置しろとかスレ主旨に反するんだが
それともアレは特別な例外か?そうならそうとテンプレに入れれば?
放置すると「反論が来ない=自分の意見は正しいと認められてる」とかテメエに都合よく解釈して更に増長するタイプだぞアレは

590 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 05:16:41.04 ID:Mmu8j490
荒らしに触る奴も荒らし
2chの常識

591 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 05:35:00.40 ID:b4ImhPpI
なら議論の初心者、人間の初心者に加えて2ちゃんの初心者もお断りってテンプレに追記ですな

592 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 06:09:00.98 ID:HkMXBSs8
あれは一方的にレスを垂れ流すだけのbotみたいなものでレスするだけ無駄というのは大多数の人は理解してる。
そもそもとっくに回答が付いているので質問者があのデタラメを読む可能性も低いから訂正する必要もない。
無視してNGを徹底してそれを周知するのが最善でテンプレにもそれを入れて欲しいくらい。

593 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 06:35:43.34 ID:Bd44jvUS
>>572
F-4Jの元後席乗員だった米海軍中将が回想の中で自機より下はほとんど見えなかったと書いているよ
気象条件によって、たまに奇跡が起きることがあったそうだが
で、何をしたかというと、編隊のうち1機が超低空に降りて、上を見上げる形で低空域をカバーしたんだ

ベレンコ事件のときは管制官に余裕がなくて、低空に降りる許可を出せなかったのも見失った原因の
ひとつのようだ

594 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 07:02:36.88 ID:Bd44jvUS
運営で聞いても返答がないのでスレ違いを承知でここで質問
dat落ちのスレの復帰がだれでもできるようになったそうですが、やり方をご存知の方
ご教授ください

595 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 08:28:48.25 ID:VyMQzM8H
なぜ小銃弾など小口径の砲では薬莢(薬嚢)が燃えるタイプの実包がないのでしょうか
それとも僕が知らないだけであるのですか?
ないのだとすれば薬莢が燃えるタイプの実包で最小のものを教えてください

596 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 08:35:03.45 ID:YQV0QGpo
>>595
昔盛んに試作されてたんだけど実用化したものはないなあ

597 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 08:37:50.61 ID:VyMQzM8H
>>596
安全性とか充分な速度が得られないとかの問題ですか?

598 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 08:40:55.04 ID:Mmu8j490
>>595
実際に作ったのだとG11とかあったけど失敗作扱いだな
通常の薬莢式なら熱を薬莢と一緒に排出できるのに対してケースレス式だと燃焼熱が機関部にそのまま残るから連射するとすぐに暴発温度まで上がっちゃう
排熱機構を組み込めばいけるのかもしれんけど、そんな複雑化させてまでケースレスにこだわる利点もないっていうな

599 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 08:55:02.79 ID:7BcYi9B9
C-5やC-17のような高性能大型輸送機が民間で貨物機として使われないのは何故でしょうか?
An-124を見る限り超大型貨物を空輸する需要はあると思うのですが。

600 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 09:01:12.31 ID:TH0vrItK
>>595
「ケースレス弾薬」でググると大雑把な事情はわかると思う

601 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 09:05:02.54 ID:VyMQzM8H
>>596>>598>>600
ありがとうございました

602 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 09:17:36.39 ID:Bd44jvUS
>>599
C-5もC-17も民間型が提案されているけど、採用会社はなかった
An-124だけで需要が十分にみたされているということなんだよ。

603 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 09:59:24.43 ID:5Tct2WCF
古今東西の軍隊や組織で開発・採用されていた「急造兵器」みたいなものを纏めている書籍やサイトってありますでしょうか?
イギリスのホームガードの装備や、ステン短機関銃・IRAやシリア自由軍のフォトでたまにみるパチンコとかフレイル見たいな簡素な武器・小火器から
ドイツのIII号突撃砲や日本の五式戦闘機みたいなところまでを対象にしています

604 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 10:03:12.15 ID:Q9wSK2aj
>>553 127mm(5インチ)ロケット弾をRL-4ロケットランチャーに詰めて、F-104Jに吊って対艦攻撃用にしていた。
「世界の傑作機」のF-104J(No.104)に演習中の写真が載ってるよ。装備してるだけの写真ならぐぐれば出る。現在双方退役済。

605 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 10:05:45.43 ID:icNraiak
>>585
自衛隊も導入してるよ
>クイックチェンジバレル型M2

606 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 10:28:44.17 ID:VBgyt+x0
>>553
F-86Fはトドの駆除で実践経験してる

607 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 10:35:02.70 ID:pmbll3Sr
>>603
3号突撃砲まで急増兵器に含めるとほとんどすべての兵器が急増兵器になるぞ。

608 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 10:48:03.21 ID:ozQMteke
マンハッタン計画ってよく考えたらすごくね?
CGも無くて原子力発電も一般化してない時代
核爆発そのものでしか明確な結果を出せないような計画に
天文学的なヒト・モノ・カネを注ぎ込むって
「理論上この小さい爆弾で大都市吹っ飛ばせます」なんて計画書出されても
普通GOサイン出さないよね、爆発しなかったらそれこそ大統領の首が飛ぶ

609 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 10:49:42.11 ID:7I/Me+ut
事実ヒトラーの方は懐疑的でしたし。

610 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 10:50:19.22 ID:87ks+b0F
ステン短機関銃や五式戦闘機って急造あつかいなのか…
初めて知ったわ

611 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 10:50:36.71 ID:bYEIoPWE
もう戦中に開発された兵器は全部急造って言い張れそう

>>593
それF-4自体の視界の話じゃん
パルス・ドップラー・レーダーのあるF-4JとF-4EJの比較ならともかく

612 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 10:53:05.37 ID:xcrQmKXw
五式戦闘機が急造兵器なら、ドイツ軍のエレファントも急造兵器だよな

613 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 11:15:59.08 ID:YQV0QGpo
>>612
米軍のM3とかM4系列の戦車も急造兵器だろ

614 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 11:21:47.72 ID:Q9wSK2aj
>>603 古典的な本で、http://www.amazon.co.jp/dp/4807402110 自製武器に詳しい(シリアのパチンコあたりは「この本が」元ネタかも)が,何しろ相当古いのが難か。

英ホームガード http://www.home-guard.org.uk/hg/index.html

藤田兵器研究所 http://www.horae.dti.ne.jp/~fuwe1a/  
歩兵兵器研究部/手榴弾・擲弾・爆雷等を特に。本も出てるよ http://www.amazon.co.jp/dp/4769815891 http://www.amazon.co.jp/dp/4769812906/

急造重兵器といやこれ、ヴェトナム戦争・ガントラックー「軍隊がマッドマックスとなる時」 
http://www.guns.com/2015/07/31/when-the-army-went-mad-max-vietnam-gun-trucks-16-photos/
本 http://www.amazon.com/Vietnam-Gun-Trucks-New-Vanguard/dp/184908355X
間に合わせでの出発から凶暴な急襲部隊への成長、強いられた終焉までをまとめてる名著だ。英語初学者最適―米市民権を求める外国籍志願米兵を想定読者としてるんでね、おそらくは。

3突だの五式だのとか言われると、それならP-51はどうなのよって話になるぞ?とりあえず普通ぽいとこで。
あと忘れてた、http://www.h3.dion.ne.jp/~okumoto/page055.html

615 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 11:36:01.60 ID:a2Hjcqen
攻撃機や爆撃機の搭載爆弾って、基本的に投下後に信管が活性化されると思うのですが、これって投下しても信管が作動しないように飛行中でもスイッチングできるのでしょうか?
何らかのトラブルで爆弾抱いた状態で緊急着陸しないとならなくなった時、
空母艦載機なら下が海ですから投弾してもまぁ大丈夫でしょうが、
例えば内陸部の陸上基地から離陸したB-52みたいな大型爆撃機の場合、
離陸直後にトラブルで引き返して緊急着陸となれば、
当然機体の下は空港周辺のエリアで味方地域を爆撃するわけにもいかないでしょうし、
かといって信管が活性化していないとは言え大量の爆弾を積んだまま、
ランディングギア不良で胴体着陸が予想されたり
エンジンから出火みたいな状況でも着陸するとはちょっと思えませんし。

616 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 11:46:27.40 ID:Bd44jvUS
>>611
F-4Jですらルックダウンは事実上できなかったんだから、Eはできっこないってことさ

617 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 11:48:07.71 ID:wVJAP2rN
>>611
パイロットが言ってるんならともかく、WSOが言ってるんだったら
当然、肉眼の視界の話じゃなくてレーダーの話だと思うべきだろうに・・・

618 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 11:50:32.19 ID:Bd44jvUS
>>615
できるのもあればできないのもある
昔のは爆弾の頭にちっちゃなペラをつけて、投下後一定数ペラが回転したら解除する
方式が一般的だったが、戦後は投下時に安全ピンのワイアを抜けばいいんじゃね?って
考え方が普通になった
電子式信管の普及で起動方式はさらに多様になったが機械式安全ピンを併設してるのも
多い

619 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 12:56:17.72 ID:tFGAeKWf
バトラーシステムが生まれる以前の歩兵の実戦的な、機動と射撃を伴う訓練ってどのような感じだったんですか?

620 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 13:03:34.66 ID:Bd44jvUS
陸自の場合、空の小銃または木銃を手に持って、相手を見つけたら口で「バンッ!」と先に叫んだものが勝ちだった

621 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 13:16:13.36 ID:ZAjqBGRY
>926 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 11:42:20.79 ID:ftKnMhuX
> 質問としては、ドイツは戦時中を通して(自国の動員兵力に対する)食料、戦略資源、>戦車・戦闘機などの兵器などの物資の不足に苦しんでいたのか知りたいです。
>それとも戦線を維持するには充分な戦力を持っていたうえで、ソ連側の兵力や戦略によ>る攻勢を防げず敗北したのでしょうか?
>※一般書籍の解説などでは連合軍フランス上陸以後の西部戦線による対応のせいで兵力>が引き抜かれたことにより
>  東部戦線が崩れてそのままドタバタ占領されたという記述が多いですが……

「1944年には空襲下にも関わらず最大の兵器生産を達成した」
しかし、液体燃料の不足から、兵器を動かすことが出来ずに、敗戦しました。

ドイツは、1939年の開戦で、戦時経済に移行したのでは有りません。
消費財の生産を続けました。
ナチスは、消費生活を向上することで、国民の支持を得ていました。
戦争になっても、消費財の生産を減少させて、軍需生産に振り向けることが出来なかったのです。
ヒトラーに親しかった、建築家のシュペアーが軍需相になりました。
生産を調整して、軍需生産を上げることに成功しました。
1944年には、飛行機や戦車が沢山出来ました。
飛行機を壊されたパイロットは、修理するより、新品を貰った方が簡単でした。
しかし、液体燃料生産が減少しました。
ドイツは、開戦前から経済封鎖を受けることを覚悟していて、石炭から人造石油を造る工場を準備していました。
それが、爆撃によって破壊されたのです。
新品の飛行機や戦車は、燃料が無くて動かせませんでした。

622 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 13:16:58.98 ID:ZAjqBGRY
「ナチスの「超兵器」
inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha650.html
建築家出身で、建築好きのヒトラーに気に入られ、1942年2月に軍需大臣に任命された。 ...
敗戦の前年の

1944年には空襲下にも関わらず最大の兵器生産を達成した。

... ところで、第一次世界大戦でのドイツの「パリ砲」は有名だが、第二次世界大戦でも、ドイツ軍はパリ砲を超える列車砲を開発した。 ....
をすら性能的に凌いでいて、大戦中、このミサイルの存在は、ナチスのミサイル・シリーズの中で最高機密にされていたという。」


「[PDF]石油から見た第二次世界大戦 - NPO法人 国際環境経済研究所 ...
ieei.or.jp/wp-content/uploads/2014/08/special201212077.pdf
2014/08/13 - 料転換が生じ、石油が日本の軍事上、国家安全保障上の大きなアキレス腱になったのだが、第二次世界大戦 ...
により人造石油を含む石油精製工場が破壊される1944年半ばまでドイツの石油製品生産全体の半分近くを. 占めていた。」

623 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 13:20:14.79 ID:pmbll3Sr
>>621
いつものバカ警報

624 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 13:24:26.50 ID:ZAjqBGRY
>957 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 18:07:32.75 ID:/BCKXtJ2
>955
>ロシアとかどうでもいいからアフリカ軍団に全力支援して
>北アフリカの油田シャブシャブすれば勝てたな
>何でやらなかったんだろうもったいない
> これならイタリア海軍もまともに動けただろうから
>地中海の制海権なんてもう一生枢軸側だろうに

第二次世界大戦当時は、北アフリカのリビアに石油が有ることは分かっていませんでした。

ロンメルのドイツアフリカ軍団は、石油の上で、石油不足に泣いていたのでした。
第二次世界大戦後のリビアで、石油が発見される前の重要輸出品は、スクラップでした。
北アフリカ戦の遺物を輸出していたのです。

「リビアの国情およびエネルギー事情 (14-09-02-01) - ATOMICA -
www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_Key=14-09-02-01
1.2 政治と歴史的背景 1912年10月トルコとの条約でリビアはイタリアの支配下となり、第二次世界大戦中列強の争う戦場となった。
1943年には ...
リビアは

1955年から石油の探査を始めて

おり、1959年6月エッソがキレナイカに大油田を発見、1961年から石油の海外輸出が始まった。 ....
前後であったが、外資導入による新規油田の開発のみならず、既存油田の活性化により、今後10年間で石油産業に300億ドルの投資を行い、2015 ...」

625 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 13:48:37.97 ID:ZAjqBGRY
>961 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 18:20:09.64 ID:/BCKXtJ2
>アメリカ軍って日本の風船爆弾は察知できてたのかな?
>レーダーで引っかかるんだったら撃墜は難しいにしても
>落下予測値点に消防車配備するとか避難勧告出すとか出来そうじゃね
>対V1のイギリスみたいに対風船爆弾用の監視所や網とか設置したり出来ただろうに

>963 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 18:25:35.91 ID:L/cObX7/
>961
> P38なんかが機関砲で普通に撃墜してる。
>ただ、警戒網をすり抜けた風船爆弾もあるにはあって、ピクニック中の家族がいるとこ>に落ちた。
> 人的被害はそれが唯一だったはず。

「警戒網をすり抜けた風船爆弾」が殆どでした。

爆撃機が編隊を組んで、爆撃するのでは無いのです。
1個ずつ、ぽつり、ぽつりと落ちてきます。
オレゴン州で、教会の牧師に引率されてピクニックに行った、日曜学校の子供のグループが、風船爆弾を手繰り寄せて爆発し、6人が死亡しました。
これが、唯一の人的被害です。
住民に注意を喚起しました。
ただ、ラジオや新聞を使うと、風船爆弾がアメリカに到達したことが、日本側に知られてしまいます。
そのため、学校の組織などを通じて、住民に知らせました。
この秘密を守る政策は効果が有りました。
風船爆弾の放流開始は、1944年11月でした。
日本側に、風船爆弾がアメリカに届いたとの情報は、モンタナ州に落ちた、1件だけが入りました。
そのため、効果が無いと判断して、1945年4月に、大本営からの命令で、風船作戦を止めたのです。
爆弾は効果有りませんでした。
しかし、焼夷弾は、効果が出る可能性は、有りました。
風船爆弾がアメリカ大陸に届いたのは、山に雪が有り、森林火災の発生しにくい季節でした。
森林火災の季節である、7月から9月にかけて、飛来していたら、大きな被害で出ていたであろうと、想像されます。

626 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 13:49:22.21 ID:ZAjqBGRY
参考図書

『日本の風船爆弾』退役アメリカ陸軍代将、W・H・ウィルバー著。

著者は、第二次世界大戦中、アメリカ西部防衛司令部の参謀長として、風船爆弾に対するあらゆる防衛に関与しました。
第二次世界大戦後、日本を訪れ、日本の風船爆弾担当だった、草場将軍などに、直接インタビューして、風船爆弾について、調べました。


「生産個数はおよそ1万発。
このうち9300発が放球された。
アメリカ合衆国で確認されたのは361発であるが、未確認のものもあるため実数は不明である。
1000発程度が到達したとする推計もある。
アメリカ軍はレーダーを駆使して発見につとめたが、すべてを確認することはできなかった。
風船爆弾を発見すると、安全地帯上空で迎撃を試みた。
風船爆弾を撃墜するアメリカ軍戦闘機のガンカメラ映像がある(画像参照)。」

下記、ウィキペディアの風船爆弾を参照ください。

ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A2%A8%E8%88%B9%E7%88%86%E5%BC%BE

「東京新聞:(4)女学生が作った秘密兵器 市原「風船爆弾工場 ...
www.tokyo-np.co.jp &#8250; 千葉 &#8250; 千葉から語り継ぐ戦争 &#8250; 記事一覧
2014/08/16 - 風船爆弾は大きな戦果こそ挙げなかったが、米国オレゴン州のブライという小さな町では、牧師夫妻と

日曜学校の子どもたちが爆発に遭遇。おなかに子どもを宿していた妻と、五人の子どもの計六人が死亡した。

第二次世界大戦で、米国本土 ...」

627 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 13:51:00.76 ID:9HQSDvh9
東部戦線は、何故民間人を巻き込んだ果てしない殺し合いになったんですか?
敵を調略して味方に付けたほうが、どう考えても有利ですよね?

628 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 13:59:07.73 ID:09IlTLCf
>>627
お互い調略やってるからゲリラとか出てきて結果殺し合いになる

629 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 14:02:52.11 ID:UAtkOKWa
>>627
ナチスはソ連をユダヤ人の傀儡、スラブ人を劣等民族と見做していて
対ソ戦勝利後は住民を追放ないし虐殺で東方生存圏から排除する予定だった
だからロシアでは西方ほど現地民を穏当に扱う必要もそもそも無い
ただ「反共」や「対ロシア人」の結束からベラルーシやウクライナの現地自警団と組んだりはした
そしてソ連兵の占領から解放された地域の住民やドイツ人への扱いはそれに対する報復

630 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 14:05:42.09 ID:1LGF9iKy
>>586
安全装置ってそんなに信用できるものなんでしょうか?

631 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 14:15:19.55 ID:80I5nk8e
>>431
「国連軍」と「国連の平和維持軍」って違うんですね
国連が派兵するってことは、国連がその地域を制圧するようなイメージがありました

632 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 14:18:32.00 ID:xcrQmKXw
>>631
厳密な意味での「国連軍」が組織されたことは今まで一度もない。
国連軍、平和維持軍、多国籍軍、有志連合軍、どれも少しづつ異なっている。

633 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 14:29:08.74 ID:WUEG4EyU
>>632
朝鮮戦争は違うのですか?

634 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 14:30:41.74 ID:xcrQmKXw
>>633
厳密には国連軍ではない。

635 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 14:33:15.80 ID:09IlTLCf
これでも読めばいいんじゃないか
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%80%A3%E8%BB%8D

636 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 14:33:49.92 ID:DZcECGUU
朝鮮戦争ってあれ実質米軍で+西側って構成だっけ

637 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 14:40:51.74 ID:ZAjqBGRY
>42 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 13:51:32.93 ID:RCE03pnr
>34 >35
> U-977読んでもいないのに参考に挙げるなよカス、死ねよ
>何考えてるのか知らんがベルリン、ロンドンの直線距離になんの意味があるんだよ
> お前の潜水艦はベルリンから出発して地面潜ってロンドンに行くのか、何が言いたい>んだ
> ついでに何の根拠があって24時間そう割り振ってるんだよ
>U-977に何日でどこまでたどり着いたとか飯の関係で作戦日数は何日とか参考になるの>全部書いてあるだろうが
>36
ttps://kotobank.jp/word/%E8%88%AA%E8%B7%A1-496100
>つか前スレ埋めろやボケ

1 「U-977読んで」ます!
2 「ベルリン、ロンドンの直線距離に」距離感「の意味があるんだよ」!

食料はデンマークで補給したそうです
不足することは有りませんでした。
燃料は、満タンに入れられませんでした。
連合軍の人造石油工場爆撃が効いて、第二次世界大戦末期は、ドイツは燃料不足に苦しんでいました。

ヨーロッパから離れていて、私たちは距離感が分かりません。
その参考に入れました。
ラバウルから、ガタカナル島まで、約1000kmを、単座戦闘機の零戦が往復したと読んでも、その距離感は分かりません。
東京から下関までの距離と同じと記すと、距離感が分かります

「sanjyoumaki.blog136.fc2.com/blog-entry-888.html
2015/05/10 -

ラバウル〜ガダルカナル間は、東京から下関とほぼ同じ距離

であり、戦闘時間も入れてなんと8時間以上飛ばなければならない ...
著者は第69期高等科電信術練習生航空無線班卒。204空に配属され、内地から空襲中のラバウル、ブインへ。」

638 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 14:45:18.13 ID:YQV0QGpo
>>623
カスミン・・・

実はこの板の皆はカスミンが大好きなんだよ
震災の後しばらくカスミンが姿を見せなかったとき、皆は一様にカスミンを気遣う書き込みをしてたよね

じゃ、なぜカスミンを叩くか
それは、カスミンの書き込みが、一昔前のステレオタイプと思い込みで構成されているからなんだけど
それって、修羅の道に踏み込む前の自分の姿なんだよ
だから、カスミンを叩くのは、自分の影を叩いているのと同じなんだよ
無知蒙昧で傲岸不遜な過去の自分を消し去りたい衝動に突き動かされているんだよ

カスミンの爆撃への対処法はない
今まで幾多の方法が語られたが、いずれも不首尾に終わっている
それは当然だろう、実はカスミンなんて居ないのだ
居るのは過去の自分なのだ

639 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 14:49:04.56 ID:ZAjqBGRY
112 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 17:25:52.34 ID:n+trkBgk>612
>で、そいつらの水中速力は最大8ノットで?
>カスミン的にはUボートは水中速力8ノットなんでしたっけ、それ以上出せるならそいつ>らはカスミン的Uボート範疇から外れるのでは?

4ノットです。

「Uボートは水中速力8ノットなん」て知りません。
それは、戦闘時に短時間出すスピードと想像します。

XXI型Uボートは、水中速力、17ノットで80分です。
もっと低い速度ですと、100時間です。

参考図書

『アメリカ潜水艦隊』ノーマン・ポルマー著、手島尚訳。

640 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 14:49:46.94 ID:ZAjqBGRY
>113 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 17:26:01.07 ID:zTE/Yc7q
>45
> U-977は昼も夜も潜りっぱなしのシュノーケル航行で、非公式の連続潜行記録ができた>程(おかげで艦内の湿気が凄まじく、カビだらけに)だったんだが
> やっぱ「U-ボート977」は読んでもいないのだな

「やっぱ『U-ボート977』は読んでもい」ます!

「我々の艦の内部は惨憺たる有様だった。鉄は錆びるし、壁は緑色だ」。

641 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 14:58:22.31 ID:ZAjqBGRY
>121 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 17:43:53.14 ID:ZFiPZ+Zrなんだこれ、今度はAKはAK、56>式は56式って言い出したぞ
> それだったら「現在世界中に出回っているAK」は、そりゃソ連製が大多数になるわな
>AK47とAKMだけ拾い出して、これはどこ製なのかってドヤ顔言ってるようなもん
> でもそうすると、世界中の紛争地域にあるAK、なんて表現はおかしいってことに
>数の上で56式>AKですし、「世界中の紛争地域にある「56式」」と言い換えねば
>なにしろ「「中華製56式って」「AK47」では有りません。」と厳密な区別をご所望の様子ですので


>AK47のコピーの名前を全部書き込まなくてはいけないのですか?

> 数限りない有ります。



>617 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 18:07:26.71 ID:Wvue24/n
>609 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 17:55:16.60 ID:2WoNVnSL
>605
>現在世界中に出回っているのは、性能の良い、旧口径のAK47とAKMです。

> 現在出回ってるのはライセンス無視で生産されてる中国製の56自動歩槍が生産数もオリジナルのA>Kを上回って
> ブラックマーケットに流れ込んでますが。

>AK47のコピーの名前を全部書き込まなくてはいけないのですか?

>数限りない有ります。

642 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 15:07:45.54 ID:ZAjqBGRY
>299 :名無し三等兵:2015/10/02(金) 19:10:05.56 ID:T/1hrXvI
>マリアナ沖海戦敗北時さえ日本の戦費の6〜7割は対中戦に消耗されてたってマジ?

嘘です。

マリアナ沖海戦の前年、1943年での陸軍兵力の地域配分で、対中戦は、23%です。
陸軍の戦費は、これに比例していただろうと、想像します。
海軍の戦費は、中国戦線では殆ど使われていません。

参考図書

『歴史群像』2014年10月号、「日中戦争」瀬戸利春。

643 :名無し三等兵 転載ダメ©2ch.net:2015/11/01(日) 15:08:47.85 ID:ISrGLpkF

oshimai NG1!0 pts. HP: 0 pts. Consumed 10 MP (army/1445679341).
お亡くなり。(-人-) R.I.P This thread.

243 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)