2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

軍艦の食事について語るスレ・56食目 [転載禁止]©2ch.net

1 :名無し三等兵:2015/10/19(月) 09:05:37.04 ID:HlIZgs6K
前スレ
軍艦の食事について語るスレ・55食目
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1442132439/

2 :名無し三等兵:2015/10/19(月) 09:29:56.79 ID:CO+AgcR6
乙です

3 :名無し三等兵:2015/10/19(月) 11:09:09.30 ID:BmqDlbd+
>>1
スレたて乙

4 :名無し三等兵:2015/10/19(月) 18:42:02.81 ID:QtMhwsnj
>>1 乙です。

5 :名無し三等兵:2015/10/19(月) 23:23:52.03 ID:ebWJR5PU
甲種合格!

6 :名無し三等兵:2015/10/19(月) 23:39:04.88 ID:mT9iFuGA
麦デッコして脚気にならんのかいな

7 :名無し三等兵:2015/10/19(月) 23:44:30.66 ID:XNlS0cDQ
前スレ完走乙

状況開始!

8 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 00:03:19.87 ID:Q1IbBQMR
 
._∧_∧__ ポン
(_( ・ω・)_()  =>>1乙です 
 / つノ
 し―J

9 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 00:05:49.77 ID:40g0fZID
食事方よぉ〜い!
たぁべぇ〜かたはじめぇー!

10 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 00:28:02.57 ID:Q1IbBQMR
申し訳ありません!
自分は本日、胃の内視鏡検査受検のため今の時間は食事を摂れないのであります!


…あ〜 マジで胃カメラ憂鬱だ。

11 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 01:24:30.92 ID:awmVaIoL
ではワシが代わりに夜食の釜玉うどんを食うてやろう

12 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 01:44:09.68 ID:0z6ANKSD
水はどうしてたんだろう。今はイオン交換幕みたいだけど、その前は海水を蒸留、その前は陸で給水してたんだろう。
ペリーが来た理由の一つに給水もあったし。でも長い間水をタンクに入れておくとカビがはえるし、そのへんどうだったんだろう。

13 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 01:57:03.31 ID:83neWrdC
>>12
そうね、あの咸臨丸の太平洋横断航海でも、
ヘルプの欧米人水夫が、水を割当以上に取りすぎてイザコザになっていたようだし。
でも、ジョン・ブルック大尉は漢だね

14 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 05:45:19.51 ID:8xE/Mz1D
日本の水は赤道を超えても腐らなかった、米軍は驚愕したよ
戦前の米軍は節約もクソもなかった
むしろ腐る前に使いきれ
山の在る所に名水有り、名水は山で創られる
日本は名水だらけだ

15 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 05:56:40.56 ID:8xE/Mz1D
歩兵主力の第二次大戦のイメージなんだろうな
軍がハイテクになるほど小銃は持って歩けなくなる

16 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 07:31:51.33 ID:w9/bQTcj
>>10
俺こないだやったよ。
スンゲー辛いぞあれ!
マジで死ぬんじゃないかレベル。お陰で十二指腸潰瘍が見つかり、ピロリ菌も見つかり、治療薬飲んだら快調ですわw

17 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 07:44:26.34 ID:ayZdSEkJ
辛そうで辛くないちょっと辛い胃カメラ

18 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 08:05:03.53 ID:YIL+4rcW
>>14
そういえば日本の船がらみで水が腐った、って話は聞いた事がないなあ

19 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 08:08:50.18 ID:0z6ANKSD
歴史群像で、イギリス征伐を目指すスペイン艦隊の水が腐り始めたと書いてあった

20 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 08:37:40.09 ID:CjW51/MT
しかし神戸ウォーターは船で腐らんといっても、神戸に住んでいて、阪神大水道からの給水ではない
水道水から六甲のおいしい水が出るようなところでも、腐りにくいとは言ってなかったなw

21 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 09:31:04.52 ID:awmVaIoL
常時水の樽が揺れてりゃ多少は腐りにくくなるんでね?

22 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 10:17:49.88 ID:CjW51/MT
>>18
前にも書いたことだけど、日本の海運会社のクルーズ船に乗ったら
生鮮品が減ると共に、だんだん水が悪くなっていったよ
今は最新の滅菌設備や優秀な保冷庫があるのかもしれんけど

23 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 12:06:33.93 ID:83neWrdC
船の飲料水タンクって、維持管理が大変だろうな
潜水艦なんか、魚雷発射管の中に(飲料用じゃない)真水を貯めるそうだけど。

航海で揺れて旨くなるのは、ワインだったか?

24 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 12:15:25.19 ID:9S0yeoRk
>>23
かつてタンカー乗りだった俺の親父いわく、船の飲料水タンクの中を覗いたあとだと、あの水を飲もうという気がなくなると言っていた。
もっとも、親父が船乗りだったのは昭和の時代の話。今ではもっと衛生的なんだろうと信じたい。

25 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 12:17:20.56 ID:YLC2FgE8
その手の話はコンビニおでんでも店員は食いたくないっていうしな
そう言うものなのだろう

26 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 12:22:00.02 ID:83neWrdC
>>24
なるほど、見ない方が幸せと言う事が、世の中には沢山有るのかな
今は、錆や水垢とかの対策に、何か電気的な方策でもあるんだろうね。
船によく、亜鉛を付けると聞いたけど、ほかにも対策はあるのかな・・・

27 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 12:30:22.31 ID:0z6ANKSD
長距離フェリーや食堂車の水タンク、高層ビルの給水塔も

28 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 13:15:15.10 ID:CjW51/MT
まだ上水道や飲料水の殺菌が普及してない明治時代ならば、そりゃあ多雨で山塊を背後に置く
日本の港で受けられる給水は、水事情の悪い大陸の平地の港よりは質が良いだろうさ

「神戸や横浜の水は美味いですね、腐りにくいですね」ってホメられたことはあるにしても
「日本の水は赤道を越えても腐らないのだ」的なニッポンNo.1な"逸話"って、
誤解や曲解が産み出した都市伝説みたいなもんじゃないのかなあと

29 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 14:35:02.23 ID:TlSG5OCi
>>21が言ってる事が正解

水は揺らせて撹拌してれば腐らない

30 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 14:36:31.29 ID:Q09PNkhH
>>16
オレは今週末に胃カメラではなく
大腸の内視鏡検査をやることになっている
口からカメラを入れられるのも嫌だが
お尻の穴からカメラを入れられるのはもっと嫌だ
死ぬまで綺麗な尻穴でいたかったのに( ´△`)

31 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 14:47:03.87 ID:YLC2FgE8
現場から離れて椅子にふんぞり返ってる役人から腐臭がするのは
動きが足りない水の樽だったからか!

32 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 14:49:11.99 ID:/wO4eZoT
>>30
カメラなんて楽なもんやで
むしろその前の下剤がきつい
数回目ぐらいからウォシュレットの水ですら痛くなるんだわ・・・

33 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 15:27:26.75 ID:CRQTz2Ot
>>30
大腸がん、大腸ポリープの精検?

34 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 16:02:18.43 ID:wOTDP/X/
ジジイの病気自慢スレと聞いて

35 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 16:13:31.29 ID:f7fHhoQ7
ビロウな方向は、嫌いじゃないし、むしろ率先して参加したい方なんだが、
美味しいご飯を頂きながら、スレを眺める住人の権利を(小声で)申し上げるのは、
図々しいと嫌われるのだろうか・・・しばし黙考

36 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 16:26:53.24 ID:PKe7fdzK
最新の浄水器とか海水淡水化について聞きたい
これからは水が大事だと思うの
チェイサーに美味しい水飲むと水ばっかすすんでしまうw

37 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 17:35:34.69 ID:ZHPJOvVK
陸自さんが使ってる、あの浄水装置が最高ではないだろうか・・・

すいません、ウィキペディアからです・・・
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%84%E6%B0%B4%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88

38 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 18:17:52.97 ID:awmVaIoL
>>36
チェイサーにはボトルに入った琥珀色の芳しいお水がいいよ!
いいよ!

39 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 18:44:29.06 ID:gNlbtrEs
麦茶おいしいよね

40 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 20:25:15.41 ID:84w74qXy
>>5
「八つ墓村」のモデルになった事件の犯人は丙種合格だっけ。
事実上の徴兵検査不合格で、「お前は一人前の日本男児じゃない」と
国家から言い渡された形になる。

その結果、村八分にされ凶行に及んだそうな。犯人のお姉さんが10年くらい前
まで現地で定食屋を経営されてたそうだが、事件の話をすると一切返事しなかったとか。

41 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 22:44:13.62 ID:aDUpePUI
>>38
君の分は私の御小水にしておいた

42 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 02:11:16.48 ID:EEdeVjLy
>>40
親族の方々は、辛かったでしょう・・

徴兵検査って、基準は厳しかったのかな?
よく「醤油一升飲んだ」とか「痔持ちは不合格」とか、そんな咄は聞くんだけど
逆に、士官学校の競争倍率って、もの凄く高かったとも聞くし
もちろん、明治・大正・昭和で事情は異なるんだろうけど

43 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 02:39:42.38 ID:/uL8W6GG
>>42
余裕ある時は健康な若者でいろんな問題もないうちから、さらに籤というか抽選で徴兵されてたからね
だから甲種合格以下のランク付けが、お国のために兵役につける名誉ってことに限らず、健康で壮健な若者かどうかっていう国のお墨付きって意味合いが大いにあったんだと思う
ましてや」抗生剤のない時代でもあるから、結核だから丙種なんてのは一族もしくは集落全体に災いをもたらす厄介者って扱いを受けるのは、とくに地方では珍しくもなかったんじゃないかな

44 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 02:40:53.52 ID:GIjmmA2a
丙種までは合格だから、よっぽどの障害持ちとか病人じゃなきゃ、合格はする。
合格の中で、甲種になるか乙になるか、丙種になるかの違いくらい。
痔持ちでも不合格にはならない、せいぜい丙種合格。
甲種合格は時期で違うけど、全体の20〜30%くらい。
丙種合格も、単に身長体重や視力で丙種になったりもするから、必ずしも使い物に
ならないわけじゃないし、輸卒やなんかで戦場に行ってる例も多かったりする。

八つ墓村のモデルの人は肺結核で丙種合格だから、丙種合格がどうのよりも
肺結核で村八分だった。
感染する上に、当時は日本人の死因一位の病気だったからね。

士官学校や海軍の兵学校はタダで勉強できるから、家が貧しい人にとっては
ほぼ唯一の高等進学先なので、倍率が高い。

45 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 02:44:34.22 ID:GIjmmA2a
ちなみに当時は、徴兵検査のない女の人でも肺結核となれば
嫁の貰い手はないし、田舎だと村八分になるのも普通。

46 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 02:51:47.04 ID:JDmgVcTE
まぁ、やっぱりどっかおかしい人だったんだろうね
大量殺人者の例に漏れず

47 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 02:55:04.06 ID:/uL8W6GG
>>44
士官学校に入ればロハどころか手当も出るってのはたしかなんだけど、その予科ともいえる中学校に入るってのが、なかなかほんとの貧乏人には難しいし、働き手をとられるってのも厳しんだよな
そして出世街道の本筋の、幼年学校は結構な学費をとっちゃうっていう・・・

48 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 03:05:29.22 ID:EEdeVjLy
>>43
>>44
なるほど、当時の衛生環境がしからしめる状況か・・・
あの頃の文学に「肺病」って、やたらに出て来るし、死活問題だったんだね
当然、コミュニティぐるみでの取り組みの(不幸な)結果なのか

自分の祖父も大戦中、町内の出兵する人の壮行会に出て、
家に帰ったら、自分宛の赤紙が届いていたって事があったと聞いたよ

49 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 04:21:37.78 ID:6sAUsUlu
いい加減ドラマやらで学生にいきなり赤紙が届くとか訳のわからん描写やめてくれんかな

50 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 04:48:01.77 ID:aDRBEU+l
>>49
うん、なんかいきなり「悲壮・悲劇」を協調するって、安易だよね。
欧米の映画では「ここまできたら、戦いも辞せず!」って、盛り上げて、
その過程・結果で悲劇が有るという描き方は出来るけど、
日本で「戦いも辞せず!」なんて描いたら・・・そら叩かれるわな

その戦う勢いを描いた描写で、個人的に好きなのは、
映画「メンフィス・ベル」の兵舎での朝食シーン。
「ベーコンとコーヒー」ってだけで、腹が減る・・・もう寝よう

51 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 05:07:15.52 ID:u2lma+c1
そうじゃなくて兵役に就いた事もない奴の所にいきなり招集掛かる筈がなかろう

52 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 05:25:19.85 ID:0LiM1gcN
>>51
戦争というのは非常だよね
兵役に就いた事もない奴にも、出兵を強いるんだから(当時は検査があった)。

それに納得出来るか、出来ないか、
いき高揚としていても、実際に戦場に派遣されて、そこでの経験でどう思い知ったかとか、
腐臭の中で「乾麺棒」を数本分け合って、ポリポリやりながら耐え忍ぶとか

53 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 05:47:08.98 ID:GtqHwISU
いやあ、新聞記者のとばっちりで四十手前の中年がいきなり招集かけられた実例もあることですし

54 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 05:51:32.78 ID:8CVmuto0
どうだろう。実際に赤紙喰らった世代にもある種の誤解がある。
鬼軍曹の決まり文句「兵隊は一銭五厘でなんぼでも来るんだ!」
当時のハガキの切手代が一銭五厘だが、実際には赤紙(臨時召集令状)
は役場の兵事課の職員が届けに回ったので、郵便局員ではない。

55 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 06:00:27.09 ID:aDRBEU+l
>>53
そうですね「竹槍事件」ありましたね。
この毎日新聞の主張は、今と違って至当な主張に思えるけど
当時の男子は、徴兵検査は受けていただろうけど
年齢別に優先順位とかあったのかな?

56 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 06:25:31.93 ID:8CVmuto0
予備役、後備役、国民兵役だっけ。
年齢が上がるほど優先順位が下がる。

57 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 06:33:28.86 ID:aDRBEU+l
>>56
じゃあ、若い者から・・・というのはあったのか
先の騒ぎでやり玉に上げられてた理屈って、一応は不安にさそう文句としては合っていたのか
今は一般人を集めても足手まといだろうけど

58 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 07:03:10.66 ID:WZiTo6Dx
なんか「赤紙は兵役を終えて予備役編入された在郷軍人に対して現役復帰の招集をかけるもの」
て事が分かってない奴がいるだろ?
ロクに初年兵教育も受けてない奴がいきなり最前線に送られるなんて事無いんだぞ
せいぜい防衛招集で本土の防空任務に割り当てられるのがいいとこだ
既に戦場になってた沖縄で駆り出された鉄血勤皇隊じゃないんだからよ

59 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 07:10:28.30 ID:aDRBEU+l
>>58
なるほど、経験者が招集されたのですか

60 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 07:14:56.13 ID:Tt4it7P7
20過ぎの国民は全員徴兵されて軍役に付いてたハズなので赤紙が突然来るのに何の疑問が有るんだ?

61 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 07:18:31.73 ID:aDRBEU+l
>>60
確かに、大陸での事変以降から真珠湾までと
ミッドウェイ以降で、招集の事情も変化して行ったのでは?

62 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 08:10:27.88 ID:toKkL8+E
田舎では兵事課の人が直接配達。
都会では『召集令状来てるから役所まで取りにきてね』って葉書が届く。
この葉書代が一銭五厘。
明治32年〜昭和12年三月まで。
昭和12年四月からは二銭。
19年四月からは三銭。
20年四月からは四銭。

63 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 08:10:56.92 ID:8CVmuto0
真珠湾以降は「現役未経験のオッサン二等兵」とかウヨウヨいたしな。
ああいう人はどういう形式で引っ張られたんだろうな。

64 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 08:16:06.87 ID:Foi5h51a
宮沢賢治は第2乙種で滅茶苦茶落ち込んだそうだな。
志願兵で近衛師団に行った親友への手紙に「あなたと比べると自分は役立たずで人間のクズだ」みたいに書いてる。

65 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 08:52:52.63 ID:XxnZ89x3
>いい加減ドラマやらで学生にいきなり赤紙が届くとか訳のわからん描写やめてくれんかな

>「赤紙は兵役を終えて予備役編入された在郷軍人に対して現役復帰の招集をかけるもの」
>て事が分かってない奴がいるだろ?

うちの前の社長は東大に行けたのに、どうせ赤紙が来るってので
旧制高校をやめて予科士官学校に進んでいたな。
20歳を過ぎていれば徴兵検査を受けた学生に来るんじゃねえの?

>>62
一銭五厘はそれだよね

66 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 09:16:42.92 ID:G+rYNr4z
>>58
赤紙は現役経験者以外にも来るよ。
甲種合格でくじ逃れになった人とか、現役行かなかった第一乙種の人の中で一定数は、
短期間の教育召集がある。ちなみにこれは白い紙で来るので、通称白紙。
で、実際に兵力が必要になった時には、本物の赤紙が来る。
戦争後半には第二乙やなんかで軍隊経験ない人にも赤紙が来て、現地教育後
実戦配置のケースがある。
現地教育ってのは、満州とか蘭印とか、戦闘のない平和な所の部隊に入隊させて、
半年くらい勤務の傍ら訓練をする。


>>60
支那事変前の平時は、20歳になって徴兵検査受けた中で実際に徴兵されて
軍務についたのは、五人に一人くらい。
定員以上の兵力はいらないから。
兵隊行った事ない人の方が圧倒的に多い。


>>65
大学生は、昭和18年の学徒出陣以前は、そもそも徴兵延期。
卒業まで徴兵検査自体が延期される。
まぁ、卒業後に受けるんだけどね。
学徒出陣も、「文系学生に対する徴兵猶予停止」だから、理系学生はそれまで通り
普通に徴兵猶予。
なので、一時期理系の志願率がものすごく上がったそうな。

67 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 09:38:28.83 ID:XxnZ89x3
>>66
65の「前の社長」は高校生です。

戦後は新制大学になった高等専門学校や各種専門学校も徴兵猶予が
あったんでしょうか?

68 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 09:51:26.14 ID:r490LBGk
戦後も徴兵制度が維持された世界からの書き込みか・・・。

ネットはマジで広大だわw

69 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 10:10:34.22 ID:XxnZ89x3
スレの流れで読解できない人が来てるってことか?

70 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 10:26:14.93 ID:AXF+UOfr
>>44
あと、師範学校、高等師範学校も只。
さらに優秀なのは文理科大学に進めた。

71 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 10:49:22.59 ID:vBrsYE20
>>67
敗戦により日本軍は解体されました
警察予備隊も保安隊も自衛隊も徴兵をした事は1度もないです

社長の件は当時の人間にとってはいつ徴兵猶予が無くなるかなんて分からなかったからだろう

72 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 11:34:35.73 ID:lRRM4z9q
>>69
口調がコロコロ変わるところが分裂みたいでキモイ

73 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 11:50:50.20 ID:XxnZ89x3
「戦後は新制大学になった」ってあれば戦前の高等専門学校や各種専門学校だと
スレの流れからも読み取れると思うんだがなあ

74 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 16:09:39.33 ID:G+rYNr4z
>>67
徴兵猶予の対象は、大学生・旧制高等学校生・旧制専門学校生。

75 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 17:35:20.65 ID:hBixuwh4
海軍兵士らが駆逐艦上で魚釣り 毛治国首相「規律の遵守を」/台湾
【政治】 2015/10/21 14:49

(台北 21日 中央社)海軍が保有するキッド級ミサイル駆逐艦「左営」で今年5月、乗組員らがカジキを釣り上げ、
記念写真を撮影していたことが分かった。
毛治国行政院長(首相)は20日、「規律を守らなければならない。立場をわきまえるべきだ」と苦言を呈した。

乱れた風紀に一部から批判が噴出。 立法院(国会)内でも関心が集まった。
高広圻国防部長(国防相)は「任務の遂行が優先」との認識を表明。
海軍艦隊指揮部はその後、任務に影響はなかったと釈明したものの、規律に違反したとして改善の必要性を訴えた。
今後は指導を強化する方針。

http://japan.cna.com.tw/news/apol/201510210007.aspx

76 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 18:14:04.30 ID:Vj7SgzDt
>>75
かの国では、冷蔵庫が大きくないんですね・・・

77 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 20:30:13.39 ID:dUfSjael
海自では未だにF作業は有るのかのう?

78 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 20:57:55.75 ID:IYJrtUFb
木村 昌福「釣り大会があると聞いて撤退作戦休んで飛んできました」

79 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 20:59:18.51 ID:BH636WAF
>>75
日本でも昔、海上自衛隊の哨戒ヘリで吊るすディッピングソナーに、
マグロ(カツオだったか?)が偶然にかかって、乗員の方々の食卓に供された事があったらしいね。
やっぱ、規律違反で楽しんでいたなら問題だろうけど

80 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 21:43:51.79 ID:/+r/Yi3R
>>74
旧制中等学校も22歳まで徴兵猶予だよ。そして猶予が終了しても、扱いにくい年上のインテリが入ってくるのを軍が嫌がり、実際は徴兵されなくてもよかったらしい。

81 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 21:51:32.62 ID:Hf5KNonI
>>26
自分の乗ってる船は船齢20年越えてるけど、綺麗なもんですよ?
年一回ドックでタンクの開放点検やって、汚れは点錆と多少の水垢・ゴミぐらい。
錆打ちタッチアップやって終わりです。
船主とかデッキの方たちの方針次第なんでしょうけど、大体どこの船もこんな感じじゃないかと思います。

82 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 21:52:58.43 ID:/+r/Yi3R
>>70
高等商船学校も授業料は無料。生徒は好むと好まざるとを関わらず軍籍に入り、卒業後は予備士官になる。


吉川弘文館「昭和戦前期の日本」より

83 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 22:03:41.62 ID:BH636WAF
>>81
やはり、こまめに整備されていると、長持ちされるのですね。
放置する事が、一番ダメな事だと・・・
門外漢から見て「塩水」というのは、ことさら機械には天敵で、
維持管理は大変だろうなと感じています。

84 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 22:14:45.11 ID:TofZA5F1
フィリピン海軍のラジャ・フマボンとかどうやってんだろか

85 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 23:50:51.78 ID:FSr4KzxK
どこぞの貯水槽に死体が沈んでいたイオンよりはマシだ。

86 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 00:45:13.48 ID:mpMnPkKK
>>85
イオンだけにマイナス

87 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 01:24:04.97 ID:rDNTQH2O
>>44
村八分というのは本当かな。丙種で落ち込んではいたらしいけど、
それで村八分になったというより勝手に引きこもっただけじゃなかった?
村の行事の類は自分で拒否しただけで、ぶらぶらしつつその辺の女に
手当たり次第に声をかけて回り、何人かとは関係を持っていたという行
動は、丙種合格の前後でも変わっていなかったようだけど。

88 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 07:05:58.29 ID:T2pKlB2/
オレのおじさんは、生まれつき体が弱く徴兵不可だった
おじさんは、その事を無くなるまで憂いていたそうだ
それを見て育ったおじさんの末弟は
昭和20年の春に海軍に志願したそうだ
海軍に入隊しても、する事は穴掘りだけだったらしいが
長兄の無念を晴らせたから満足だったらしい
その長兄も終戦間際に病気で亡くなってしまったとの事だ

89 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 07:53:49.11 ID:l3qCTQ9F
昔の軍隊の存在感は、今では想像しにくいよな。
現役で兵隊に取られると、上等兵を目指して皆頑張ったと。
貧乏で上の学校に進めなかった者にとって『上等兵進級』は
履歴書に大威張りで書ける唯一の経歴だったと。

90 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 08:38:27.17 ID:I33bxQnF
まぁ徴兵期間中に上等兵まで昇進できるということは見込まれたという事で望めば最下級とは言え官吏である下士官への
道も出来るので貧乏人や学暦のない人にとっては夢ですし

軍曹を満期まで勤め上げれば年金もらえるし給料は当事としてはエリートの証の月給になるし、手柄やらあれば将校への
道も極稀とはいえ出来るし

91 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 08:43:14.61 ID:88hr70Tl
時代と階層で異なる上に地域差もある話だと思う

合法的に徴兵のがれが出来た時期があって、職種や教育を選べる金持ちやインテリ階層に有利だったし
兵役につかざるを得ないにしても抜け道を探すのが恥ではなかった(身内には帝大卒
なのに二等兵になった者もいるが変わり者だった)

20年代半ばから国粋化、国家神道強化による軍国教育が進んでいき、戦争が
本格化すると戦死者の急増が不満を煽る危険から、戦死者の遺族が人前で
泣くことさえはばかれるようになっていったが、日露戦争のころは
遺族が幹部軍人の家に押しかけ文句を言うこともあった

92 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 08:57:00.68 ID:V9cva/Rr
陸軍は部隊イコール出生地だから激戦地に行った部隊は地域全員戦死とかな

93 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 10:55:38.93 ID:l3qCTQ9F
清国の改革派、梁啓超は西太后派に睨まれて日本に亡命したが、
日清戦争が始まり、日本軍の出陣式があると聞いて見物に行った。
沿道には見送りの人が立てた幟が多数あったが、その中に『祈戦死』
という幟を見つけて梁啓超は衝撃を受け、この国には決して勝てない
と思ったという。

94 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 11:03:26.52 ID:Gt7mxzAd
>>92
それも悲惨だけど
捕虜になっても部隊単位だったりするとそのまま階級が・・・

95 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 11:43:31.29 ID:dpY8PNRD
>>93
>沿道には見送りの人が立てた幟が多数あったが、その中に『祈戦死』という幟を見つけて
>梁啓超は衝撃を受け、この国には決して勝てないと思ったという。

その逆パターンだと、日中戦争時にとある日本軍の一部隊が旗や鉢巻きに戦意を鼓舞する
様々なスローガンや四字熟語を書き連ねて戦地を巡ったものの、ある語句を記した旗や鉢巻き
には中国人はビビるどころかプークスクス状態に。

一体これはどういう事だ?! と通訳の中国人らを問い質したら、問題の語句の「見敵必殺」は
日本語の語順やニュアンスでは「敵は見つけ次第殺す」「戦場で出くわした敵は皆殺し」という
戦意に満ち溢れた標語ですが、中国語の語順での「見敵必殺」は「敵に見つかったら必ず死ぬ」
という縁起でもない自殺志願者のそれになる為、中国人らも失笑を抑えられなかった・・

てのも割と知られている話ですね。

96 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 12:26:09.18 ID:88hr70Tl
>>92
全員が最前線に送られる歩兵じゃないし(輜重兵が侮蔑されたのには過酷さの
大きな違いへの嫉妬や憤慨がある)、動員時期が違うんだから出生地の全員が戦死は
理屈上、まずありえないでしょう

97 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 13:57:36.85 ID:cbihD9/F
>>95
中国人の失笑を買ってしまった出来事は、近年でもありましたね。
2003年に全日空が「ANA」に呼称変更したのは、
当時、急速に輸送量が増えた、中国に向けた配慮があったそうです。
「全日空(終日空いてます!)」と機体にあったら、少し景気が悪いですもんね。

98 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 14:07:32.46 ID:88hr70Tl
ま、漢字を共有していながら文化が違うといろいろ起きるわな。
ローマ字圏でもあること。

今年のノーベル賞を受賞した中国人の「屠ユウユウ」さんの姓が屠なので驚いたし

99 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 14:09:24.20 ID:F6M7GV4D
御手洗さん・・・

100 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 14:13:56.19 ID:l3qCTQ9F
『屠』は、あまり見ないが超レアというほどでもない姓だとか。

101 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 14:23:36.93 ID:RI+nhp/9
さらに字形と文字コードの話まではじめると、そりゃあもう恐ろしい泥沼に……

102 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 14:33:08.15 ID:cbihD9/F
日本人女性が中国で、日本語の「大丈夫」を筆談で書くと、少し面白い事に・・・
「ワタシは偉丈夫よ」になってしまったり・・・
そろそろ、ごはんの咄を・・・
もう、海軍飯はネタ切れですかね

103 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 14:40:20.17 ID:RI+nhp/9
軍艦の中で飯を食べるというと、まあ一応お茶もついてきて、
といっても一般の兵なら番茶をヤカンで貰ってくる程度なんでしょうけど、
これが大きな船の艦長や士官だと別に上等なやつ飲んでたんでしょうかね。
あるいは常日頃から紅茶やコーヒーが飲まれたりする?

104 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 14:47:26.35 ID:cbihD9/F
>>103
旧軍の潜水艦の手記でも「コーヒー」は出てきますね。
個人の嗜好品とされていた物に関しては、けっこう幅があったのかな?

個人的に気になるのは、食器の事で、
米・英海軍なんかでは、艦長・士官専用の銀食器が今でもあるとか?

すんません、私はまた後に参戦いたし候・・・

105 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 14:51:42.08 ID:Dq4+P7R6
大戦中期から末期の空母「瑞鶴」では士官室でコーヒーを飲んでたようだ。
ドイツ帰りの参謀がお土産に持ってきた上等なコーヒーの缶がとても喜ばれたとか。
あと開戦前になるけど第15駆逐隊の司令が紅茶好きで、従兵長を仰せつかった下士官が紅茶を切らさないよう苦心したと語ってる。
当時、水の貴重な艦船においてはコーヒー紅茶の類は贅沢品そのものだったろうな。

106 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 14:53:08.77 ID:+5Wg9Qpn
北京で開かれたアジア大会の棒高跳びに参加した、我孫子智美選手が
別の意味で注目を集めたのは知ってるよね

107 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 17:12:23.80 ID:ETLLFGpi
>>95
そういえばこんな話が・・・

とある中国の地域に日本軍が軍政を行ったんだ。
で、そこは伝染病がひどいんで、軍医がそれらを防ごうと
予防接種をやろうとしたんだが、かの国で”予防接種”は、
「子作りをあらかじめ防ぐ」
って意味になるため、大騒ぎになったとか・・・

108 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 18:47:45.96 ID:Gujl4xqx
>>105
水上艦艇は飲み水には不自由しないだろう。

109 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 19:22:17.48 ID:XV6hoMsR
>>108
美味しい水ではないかもね。

110 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 22:41:57.55 ID:RZb8Wlcz
米海軍の原潜でも、コーヒーは重要な補給物資だとか?

111 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 23:07:19.62 ID:Dq4+P7R6
オハイオ級戦略原潜には乗員が自由に使えるドリンク・バーがあったりする。

112 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 23:24:18.73 ID:RZb8Wlcz
>>111
やっぱり、甘みが欲しくなるのかな?
ソフトクリームのディスペンサーもあるって言うし
海自も「おおしお:SS561」で有ったらしいけど、それっきりになったらしいね。

113 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 23:33:54.10 ID:Dq4+P7R6
元「おおしお」乗員のある人はそれを使ったことがないと言ってたな。
とにかく暑かった、と。海自潜水艦の居住性も草創期と現代ではかなりの差があるという。
元アメリカ艦のSS501くろしおよりも、国産のSS511おやしおのほうが居住性は辛かったという人もいた。

114 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 23:37:38.63 ID:r4JMz7br
シオシオのパー状態ですか

115 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 23:44:56.86 ID:RZb8Wlcz
>>113
後の海自SSには、電子機器への配慮で冷房が付いたけど、
乗員は寒くてジャケットを着込んでいたらしいね。
「SS501・くろしお」を引き取りに行った旧軍の乗員は、
艦の中に、洗濯機と立派なベットがあって驚愕したと言うし・・・

116 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 06:30:16.14 ID:vIDwvqgZ
訓練は生活
実戦はサバイバル

117 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 19:58:42.13 ID:n9JEt5Gh
海上自衛隊の潜水艦に配属される補給員さんというのは、特に優秀な人材が配属されるのですか?
カレー大会で優勝するのは実力があってこそだと思いますが

118 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 20:13:15.31 ID:hGB70j1l
他人と揉め事を起さない温厚な人基準だと聞いた

119 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 22:03:53.11 ID:n9JEt5Gh
>>118
一見、平凡な事の様ですが、中々難しい条件ですね

120 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 08:32:12.00 ID:HglPvtxF
物理的に逃げ場が無いんだから揉めたら最悪だよ
でもね
日本人が潜水艦向きなのは体臭の少なさと馴れ合い体質にある

121 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 09:21:20.37 ID:kLYgIvwM
潜水艦の数を増やしている現在、乗員の増強でも苦労があるんだろうね
腕のいい調理師さんの確保とか
やっぱり、潜水艦に乗り込むには訓練もこなしているんだろうな

122 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 10:23:53.67 ID:RDT5exq9
料理センス如何にかかっておるのだな?

123 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 11:36:02.66 ID:LcH9rH6o
>日本人が潜水艦向きなのは体臭の少なさと馴れ合い体質にある

なんだこれ? 日本人だって慣れているだけで意識の上に登りにくいだけで体臭あるし
1日汗をかけばとんでもなく臭い。

なんか「アメリカ人は軟弱だから過酷な潜水艦勤務は無理だ」「民主主義なので兵隊は弱い」と
言ってホルホルしてた戦前の日本みたいな人だなあ

124 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 11:46:21.80 ID:kLYgIvwM
臭いと言うのは、慣れてしまう恐ろしさがあるから、
場所が変わると相対的に劇的な変化をしてしまうんでしょうね。
米海軍では潜水艦の人員について、希望者が途切れる事は無いそうだけど
海上自衛隊では少し苦労しているという話はあるみたいですね

125 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 13:46:36.52 ID:KUtFMrP3
潜水艦では食器洗ったあとの水はどうしていますか?

126 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 00:13:25.26 ID:AAfyvhgS
潜水艦でなくても食器を水で洗ったりしないだろw
食い終わったら茶で軽くゆすいで茶は飲んでおしまい

127 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 00:22:00.14 ID:3HOPoWF2
あんた箱膳で飯食ってそうだな

128 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 00:31:57.73 ID:XdAoYEMw
和食ならお茶でしめるけど
個人的に、中華モノやカレーやシチューとかでやりたくないな・・・

129 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 01:08:04.56 ID:dcAPETn+
つサランラップ

130 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 01:09:54.81 ID:N6oG8l7b
沖縄県民か。

131 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 07:33:02.99 ID:l6IAbqwy
>>124
米軍の潜水艦は海軍戦略の根幹だし新人にとっても好印象の配置なのかな

原子力だと生活環境は良いんだろうけど航行日数は通常動力より長いよな
長期の航海が離婚の原因になるのは未婚の新兵にはイメージしにくいのかな

132 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 08:17:51.13 ID:XdAoYEMw
>>131
歴代の海軍トップに、潜水艦の経験者が多いってことは、
やっぱりそれに向かって登る、優秀な人が多いってことなのかな。

今まで、米潜水艦の中が臭いって記述に、出会った事が無いのが不思議なんですよ。
サニタリーブローって、なにも海自SSに限った事では、無いはずなんですけど

あと、英海軍の潜水艦には、ビールが積まれているらしいですね。
消費するのは、港に停泊中だそうですけど・・・

133 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 08:21:24.53 ID:qsX4KgjS
フランスの潜水艦にワイン。
ロシアのにウォツカがあるかは?

134 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 08:30:21.12 ID:XdAoYEMw
>>133
・・・やっぱり有るでしょうね(予想)
しかも、勤務中で消費しているのかも(九分九厘、間違いない)

135 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 08:32:18.60 ID:qMJskfKb
>>132
揉め事を起こさず指導力が無ければ閉環境の潜水艦長は務まらない=海軍内でも揉めなく
出世しやすい

136 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 08:40:02.79 ID:XdAoYEMw
>>135
やはり軍人を目指す青年期に、すでに自身を抑制出来る人材というのは、
各国とも、その存在は金銭では獲得出来ない戦力なんですね

>>133
あと、イタリアの潜水艦には、120%ワインが常備されているでしょうね(願望)

137 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 09:38:12.00 ID:tG1b6HjR
>>133
少なくともロシアの潜水艦には、普通に
ワインとウォッカが積み込まれてる様子。
以前、ナショジオのDVDで見た記憶がある。

138 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 10:12:32.61 ID:9G+brHtI
>>135
そうなの? 旧軍もふくめていろいろ読んでいると海軍って
所帯の小さい艦は掌握しやすい、大きな艦になると、それこそ路地裏まがいの
監視が行き届かないところがあるから指導監督が大変だというのが一般のところって
印象だが。

閉環境の潜水艦だからもめ事はむしろ起きにくいだろ。
思いつきで言ってね??

139 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 14:16:54.05 ID:Di1ewmzH
日本海軍の潜水艦は概ね艦内和気藹々だったそうだが、唯一の例外として
回天を出撃させた艦では艦内の空気が重苦しく、ギスギスして、一時は
パニック寸前までいった艦もあったそうな。
狭い所で数週間一緒に過ごした若者を特攻艇に乗せて
出撃させる訳だから、精神的な負担大きかったんだろうね。
その時艦内の混乱収束に務めたのは、直接指揮系統に属さない
士官である軍医だったそうな。

140 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 17:03:02.87 ID:sPhcZ/o8
潜水艦の乗員は生きるも死ぬも一蓮托生って状況だから一体感がったんだろうなあ
そこへ回天みたいに出撃=戦死って乗員がいるとなると…察して余りある
あえて回天を出撃させなかった艦長もいるけどそれはそれで回天乗員は生殺し状態だったわけでどっちにしろヒドイ

141 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 17:31:18.53 ID:5spM8luf
回天搭載艦が出撃して数日後、艦内で艦長主催の回天搭乗員壮行会みたいなのが開かれて、
若い搭乗員が明るい調子で『国の護りの太平洋に やがて沈めんこの命〜♪』とか回転節を
歌っているのを聞いて、ソナー員だったその人は必死に涙をこらえていたら、隣の同僚が
顔伏せてマジ泣きしているのを見て、結局自分も泣いてしまったと言う話を読んだ記憶がある。
光人社だったと思うけど、なんだったかは思い出せない。

142 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 17:36:47.56 ID:qMJskfKb
>>138
毎日気に食わない顔を狭い所で見てて揉めないとでも?

143 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 17:38:20.17 ID:9G+brHtI
潜水艦はイジメや私的制裁も無かった、少なかったんだっけ

個室は艦長だけで、食事の内容も士官とあまり変わりなし。
士官も下士官兵も同じように油まみれ、汗まみれだから
海自の潜水艦でも、いわば規律違反の魚雷を抱いて寝るなんて出来るのは
乗り組員に家族意識があるからじゃないかなあ

144 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 18:05:37.85 ID:MyeustfE
駆逐艦も少なかったと聞く
人数増えると派閥作るから嫌ね

145 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 18:05:57.49 ID:T9ZLnqNZ
>>139
「鉄の棺」だと思いますが、何回も読み直したくなる名著ですね。
医師の視点という事で印象的だったのが、食と薬に関する描写でしたね。
ドイツから日本に派遣された潜水艦の乗員が、
上陸後に元気にテニスを始めて、日本の士官達を驚かせて、
「これは食事が要因ではないか?」という事で、
その後、日本の潜水艦乗員に「バターライス」を供したとか、
始めは「旨い!」と喜んだ乗員も、その後ゲリに悩まされて、
すぐに取りやめになったそうで・・・
やはり、日本人には合わなかったようですね。

回天の乗員に、出撃前に渡す薬についての描写は、鬼気迫るものがありますね。

146 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 18:07:22.96 ID:3XWKCHpP
>>138
「殺人事件を起こしたいなら、狭い空間に男2人を閉じ込めて、
 長期間放置すれば良い」
とか、ソ連の宇宙飛行士が行ってたような・・・

>>143
潜水艦は一蓮托生だからね、大型艦みたいに
こそこそイジメしてたんでは、みんなの命が危ない・・・

147 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 18:39:13.80 ID:+5G/f+Ay
潜水艦の和気藹々も戦果次第だったとか。「てーっ!」と艦長の
魚雷発射の号令が掛かると、乗組員一同息を呑んで待つ。やがて
ズシーンと下っ腹に響く衝撃が走ると皆大喜びで士気も高まるが、
いつまで待っても音沙汰無しの空振りだと艦長の面目丸つぶれ。
それが続くようだと「次の寄港で艦長には交代して貰わんと」等と
聞こえよがしに言い出す古参兵曹も出てくると。

148 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 19:17:36.80 ID:iNCQPeOZ
伊6潜
>敵の警戒がなく、昼間も水上航行できる状況では、真水はいくらでもできる
だとさ
それが無理な状況なら缶詰で我慢する、食器は要らない

149 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 22:00:37.77 ID:Y2nTEgaN
>敵の警戒がなく、昼間も水上航行できる状況では、真水はいくらでもできる
一言で言うと「不可能」って事だな

150 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 22:10:04.79 ID:MyeustfE
倍の乗員積んで長距離航行した伊8とか酷かったろうな

151 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 01:00:52.35 ID:pbqPzNYU
伊56では「この艦長のためなら」と、結束していたそうですね。
乗員に関しても「アイツはよく見て下さい、かけちゃ困る」と軍医に進言されるほどだから、
艦の能力というのは、乗員同士の連携によって決まるんだなと感じます

あと、水上航行で見張りに立つ乗員に、目を洗う為スズメの涙ほどの真水が渡されるというくらい、
真水は貴重なんですね(任務が終わっても、存分に顔を洗う事も出来ず)

>>147
軍の関係者だけかも知れませんが「てー!」というのが常套句だったそうですね。
テクノクラートの深田正雄氏が、著書で記されていますが、
「今ちょうどいい」その瞬間を「てーてーだ」と言われるとか

152 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 01:18:03.05 ID:05mtoli7
以前地質調査関係の業者さんと仕事をしたら、タイミングの指示で「て」「て」と言っていたな。
ストップウォッチでスピードを測るときも、車が手前の線を通過したら「て」、後ろの線を通過
したらもう一度「て」。測定しながらマーカーを入れるタイミングも「て」といった具合で。
業界用語のようだけど、元は「てー」だったんだろうね。

153 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 01:32:01.47 ID:pbqPzNYU
>>152
伝統は息づいているんですね。
自分の身の回りでは耳にしませんが「はい!」とかが一般的だと思うけど、
普段意識をしないから、改めて考えると「てー!」は響いて認識しやすいのかな

深田氏の記述で面白い逸話が多く、
豊後水道での今で言う「SOSUS」(規模は違いますが)の敷設作業中の、
筏での釣りで、おかずの調達をされていた様子など、
けっこう融通の利いたもんだったのかなとか感じますね

154 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 01:51:36.15 ID:75rXHPBW
20年ぐらい前のいわゆるギョーカイ人、
編集タイミングの指ぱっちんのこだわりを諸先輩がたが話されてたな

155 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 02:00:48.54 ID:pbqPzNYU
指ぱっちんって、手の湿り気が無い時は鳴りにくいですよね
それぞれの業界で使われるサインとか、術語・符丁・隠語なんかは元をたどれば、
けっこう、旧軍にまつわるものが多いのかも?

156 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 02:13:03.34 ID:FAbCH5aY
>>155
ホントの意味で、日本語の蓄積無視して、明治以後の軍隊生活が独自に生み出した語彙ってどんだけあるのかねぇ
良う候とか

157 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 02:17:14.89 ID:pbqPzNYU
「とつげきー!」とか「敵機発見!」なんかは、ノリで出て来るかも・・・
これなんか、今の世代には無いのかな

158 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 02:23:40.53 ID:FAbCH5aY
>>157
ごめんなさい
良い大人なら狭いコミュニティーでの悪ふざけ以外で、そんな言葉が口に出来るシチュエーションが想像できんと思うよ

159 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 02:31:12.45 ID:pbqPzNYU
>>158
深い意味は無いですが、
ソッチ方面でなくても、流れが乗った時の軽口で何気なく出るかと・・・
でも、最近は「○コレ」(自分は全くやってはいませんが)などの影響で、
一般には馴染みの無い術語がキャッチとして使われていて勉強になりますよ
「抜錨よ!」とかは、なるほど・・・と感じましたね

160 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 03:00:32.06 ID:FAbCH5aY
>>159
たぶん貴方の周りではそういう発言はあるんだろうけど、「敵機発見」とかって言って通じる環境は特殊だとは理解してて欲しい
後段の「抜錨」云々については、まさに狭いコミュニティでのジャーゴンとして使ってるって例でしかないと思うよ

161 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 03:11:49.68 ID:pbqPzNYU
>>160
なるほど、その環境によってさまざまですね
幼年期に、回りに軍事を語る人がいた場合、
そんな世界も違和感無く吸収してしまうのかもしれません

162 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 07:12:15.16 ID:JXIMlR55
>>156
> >>155
> ホントの意味で、日本語の蓄積無視して、明治以後

> 良う候とか

こいつは江戸時代からでは

163 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 07:20:47.19 ID:H8FgnM5x
>>142
根拠はなく、「狭いところにいたら揉めるしかない」という自分基準の想像だけじゃあ。
海軍関連の資料を読んでみたらどうでしょう?
実際、小さい企業や部署は和気藹々や意思疎通が図れていますが、大きな企業では
統率が取れなくなるので派閥ができたり、ベンチャーの成長の通過ポイントが100人や1千人ですからねw

164 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 07:51:06.96 ID:H8FgnM5x
>>144
回想録を読んでいると、戦艦に配置転換になったら制裁がひどいこともあって
全艦が一家だった駆逐艦に戻りたくなったって記述を見たことあるよ。
水雷屋が独特のプライドを持ってるのも判る気がする

165 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 08:57:17.74 ID:9XLyGJkW
伊16潜に乗ってた人たちの座談会でそういう発言が出てるね。
「僕ら、そういうの(甲板整列、制裁)が嫌で潜水艦を志望したんだからね」と。
とはいえそのうちのお一人は後に伊14潜に乗ったとき自ら何人かの兵曹を制裁したらしい。
「叩き上げの潜水艦乗りがいなくなって、しかも新型の艦。それなのにそいつら
艦のことを勉強しようともせず、艦内で威張り散らしてたもんだから」と。

余談ながら伊16潜は潜水艦でありながら食事への不満が乗員たちの手記に多々出て来る艦。
メシの美味い艦は強い、メシの不味い艦は力を発揮できない、という話は本当かもしれない。
伊16潜はインド洋で敵船を雷撃するも外れてばかり。

166 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 09:10:49.57 ID:9XLyGJkW
あと大戦中に戦艦から、かの2水戦の駆逐艦に転勤になった中尉が張り切って艦に乗ってみると
艦内の雰囲気も乗員も、怒鳴りつけたく゚なるほどヘラヘラのんびりと緩い感じで
こんなんで戦ができるのかとイライラしていたら、演習、実戦ではそいつらの表情が一変して
キビキビ動くのに驚嘆したなんて話もある。「日頃はのんびり実戦でキビキビ、殴って鍛えたもんは使いもんにならねえよ。
これがオレら駆逐艦乗りの誇りでさあ。」。駆逐艦「朝潮」の先任下士官がその中尉に言ったという言葉。

167 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 09:24:16.23 ID:buGXIjtN
>>163
どこに和気藹々とした中小企業があるんだ?
飲み会に出れば悪口と不満だけじゃんw

168 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 09:29:02.22 ID:H8FgnM5x
中小企業がブラックで、大企業の社員が楽ってえらいステレオタイプな社会観の持ち主だすなあ

169 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 12:15:30.52 ID:l7kWrqN4
キスカのショーフクも水雷屋だったな

170 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 14:21:28.79 ID:kspI6q9a
だが、南雲さんも水雷屋。

171 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 14:41:09.35 ID:l7kWrqN4
南雲もか・・・言葉に詰まるな

172 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 15:51:32.27 ID:DkLXRw5k
てか殆どが水雷屋じゃねえのか?

173 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 16:49:09.48 ID:x0hhN5tt
鈴木貫太郎も

174 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 23:34:16.71 ID:hz1ft6za
>>168
大企業が楽なんて何処を読めば出てくるんだ?
お前バカ?

175 :反ス厨 ◆EWVy18tcGo :2015/10/29(木) 08:28:37.78 ID:+VNbfv5j
>>174
下流に比べてプレッシャーやしがらみが少ないのは間違いない

176 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 08:57:43.10 ID:kXJdOMcy
>>174のどこをどう読めば「大企業が楽だ」と言ってるように読めるんだ(笑)?

最近、反語表現や強調、例示・対比の表現が読みとれない人、ほんと増えたねえ・・・
前に「〜ではないのか}を「〜でない」という意味にとる奴がいたよw

177 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 09:15:13.57 ID:L3a64ZXV
ヨシコさん、飯はまだかいのう

178 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 09:23:11.81 ID:f/GyLkkO
    |┃三     , -.―――--.、
    |┃三    ,イ,,i、リ,,リ,,ノノ,,;;;;;;;;ヽ
    |┃    .i;}'       "ミ;;;;:}
    |┃    |} ,,..、_、  , _,,,..、  |;;;:|
    |┃ ≡  |} ,_tュ,〈  ヒ''tュ_  i;;;;|
    |┃    |  ー' | ` -     ト'{
    |┃   .「|   イ_i _ >、     }〉}     _________
    |┃三  `{| _;;iill|||;|||llii;;,>、 .!-'   /
    |┃     |    ='"     |    <   いやですよ、おじいさん
    |┃      i゙ 、_  ゙,,,  ,, ' {     \  食えると思ってたんですか?
    |┃    丿\  ̄ ̄  _,,-"ヽ     \
    |┃ ≡'"~ヽ  \、_;;,..-" _ ,i`ー-     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |┃     ヽ、oヽ/ \  /o/  |    ガラッ

179 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 09:24:58.73 ID:L3a64ZXV
ヨシフさんは呼んでないです

180 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 09:57:42.85 ID:5nOXs1Ne
>>178
(´・ω・`)・ω・`) キャー シュクセー
/  つ⊂  \  コワイ

181 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 12:13:42.08 ID:nSo4C5DA
毛沢東は辛い料理が好きだったんだよな。
スターリンはどんな料理が好きだったんだろ。
ヒットラーやポル・ポトにもお気に入りの料理があったのかな。

182 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 12:34:46.42 ID:ffxLFRfP
http://yoshihiko-ogawa.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_beb2.html
http://jp.rbth.com/arts/2014/06/17/48745
全ロシアとグルジアの奢った料理全部揃えって感じですな、スターリンの食事。

183 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 12:44:05.56 ID:hjijoUBV
>>178-189

ヨシフさんにはシベリア名物白樺パンをドゾー
------------------------------------------------------------------------------------
ロシアで昔食べられていた食材や最近注目を浴び始めた食材を紹介します! (おそロシ庵 8/18)
http://osoroshian.com/archives/45136559.html

2. 白樺のルブ

ルブとは、木の皮と木自体の間にある層のこと。
昔、これを粉にして、小麦粉と混ぜてパンを作っていた。

今はほとんど忘れられているが、いろいろ実験している人もいる。
ルブの入ったパンは少し苦味があってスープに非常に合う。
http://livedoor.blogimg.jp/gontachiba/imgs/e/f/efe0eddb.jpg

184 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 14:47:13.31 ID:qd7O9UXS
シベリア名物となったら味が目的なんじゃなくパンの増量剤かな
スターリングラード戦末期のドイツ軍みたいに…

185 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 16:45:13.49 ID:Gp1gSfkM
ヒトラーは菜食主義者なんだっけ?

186 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 17:31:30.59 ID:DxB/xosT
ある日の夕食会、列席者にはソーセージとジャガ芋の煮込みが
供されたが、ヒトラーだけはホウレン草料理だったと。

187 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 18:20:48.08 ID:9S3AfaGp
>>185
レバー料理とか好きだったみたいだよ、アドルフおじさんは。

生クリームたっぷりのチョコレートケーキなんか
大好きだったみたいだし・・・

188 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 19:21:38.99 ID:bqsc37fP
>>186
総統が芋煮会に呼ばれるですって?

189 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 19:23:00.66 ID:131oiDQ5
>>183
こういう記事が出たら食糧難に備えた心の準備をしとけ!とかロシア人による
コメントにあるみたいで

190 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 19:33:49.70 ID:9S3AfaGp
>>188
芋煮に使われる醤油や味噌、アドルフおじさんが好むかな?

それに芋煮には、豚肉や牛肉は欠かせないぞ?

191 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 00:44:27.34 ID:XKhde9Zb
芋はジャガイモにしたれ。
そして始まる芋煮論争……コピペ略

192 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 05:11:43.02 ID:DBDxZZmw
日本でも昔は、一家近隣が総出で味噌を仕込んでいたけど、
(自分もかろうじて、40年以上前に何回か体験出来た)
ドイツでも秋には総出で、ブタをソーセージに加工するんだそうだが、
それを見て育つ環境(全国民じゃないだろうけど)というのは、
やっぱり日本とは少し違うんだろうなと、ふと思った
何をどう(合理的に)処理するかを学ぶ環境が違うと、工業や戦い方にも違いは出てくんだろうね

193 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 05:34:20.67 ID:eYQRsQNB
生死観の違いはよく言われる
ハンターが鹿や猪やうさぎを撃ち殺して食う
向こうでは魚を釣って食うのと同じ事だが日本人は魚はいいけども
うさぎは残酷と不思議な事を言う
一方外人は日本の活造りをグロテスクで残酷と言う
あんな残酷な食い方はないと言う
もし日本が獣肉文化だったらうさぎの活造りもあったのだろうか?
それはともかく向こうでは伊勢海老の活造りもうさぎの活造りも同じなのさ
文化の違いは面白い
違いを認識する事で自分が何者なのかがはっきり見えてくる

194 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 05:47:18.45 ID:eYQRsQNB
ハンバーガー食いながら動物愛護の議論する
希少動物だから、ではなく可哀想だかから殺すべきではないとアホ言う
オマエが食ってるの牛だぞ
犬は食ってはいけないども牛は食い物、それが人だ
一見とてもアホに見えるがしきい値は文化により違う
猿を殺してもたいした罪にはならないが人間を殺したら重罪
もっと昔は奴隷は犬以下だから殺してもいいけど人を殺したら重罪

195 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 06:02:36.48 ID:DBDxZZmw
道徳観などは、地域・環境によって違うのは当然で、
それを「お前も俺と同じになれ!」と押し付けたら、そりゃ行き着く所は戦争だよな

個人的に興味が沸く所は「合理性の解釈」って所で、
些細なこと(モノの収納とか)でも、はっきりと違いが出る所が面白いと感じる

196 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 12:47:30.49 ID:o/vzla/d
>>195
それ、いつもの人だからw
おもいつきや妄想レベルのことを書き続けている人だよ、内容からしてたぶん子供が
背伸びして書いてるっぽい。
「魚は良いがうさぎは残酷と不思議な事を言う」日本人なんて出会ったことも
見聞したこともない。
文化間の食のタブーのことと、猿と人間への法の適用の差を混同してるし

197 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 12:55:54.04 ID:DBDxZZmw
>>196
捉え方、感じ方は人それぞれですからね
あくまで、雑談の中での一言でいいと思いますよ。

タブーと言えば「船の上で食べちゃいかん」のようなモノってあるんですかね?
いや、ふと思っただけですが

198 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 13:06:47.39 ID:o/vzla/d
>>197
土左衛門を連想させるタブーがあったはず、詳細失念ですみません。
ちなみに似たようなタブーでは、トンネルなどの工事現場ではゲン担ぎで茶漬け飯を作らないとか
作るときは茶をかけなく茶に浸けるというのがありますね

199 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 13:14:50.17 ID:DBDxZZmw
>>198
あの「黒部の太陽」で描かれているらしいですね
いつか観てみたいと思って、成せずにいますよ

そうか、縁起をかつぐモノのたぐいは、以外に多いかもしれませんね。
軍艦だけじゃなくて、漁師さんには多いかもしれませんね

200 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 13:16:25.85 ID:FEf4grJN
2chねらーは中華丼を食べないらしいよ
何でも、アンがアツアツでカキコメナイからだそうだ

お後がよろしいようで

201 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 13:20:01.84 ID:YV5J8hM/
炭鉱関係者たちのあいだでは、汁かけ御飯はタブーだ。ボタが崩れる、と。
だが汁のなかに御飯を入れるやりかたならOK。なぜかはわからぬが。
自分はひとりの鉱山技術者の孫だが、叔父も伯母もそもそも汁かけ御飯にしないと言っていた。
小さい頃にそれを禁じられた名残か、伯父のひとりは今でもメシをほおばったまま汁を口に含んでいっしょに味わうのを好む。

202 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 13:32:03.65 ID:DBDxZZmw
>>201
「汁かけ御飯」が昔から出来ないのが我ながら不思議な事で、
前世でなんかあったかなと思うくらい、受け付けないから奇妙ですよ
外国人からしたら「卵掛けご飯」なぞ、もってのほかでしょうが、これは大好物なのも不思議ですよ

危険と隣り合わせで仕事をしている人たちは、特別のこだわりはあって当然でしょうね

203 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 17:19:55.48 ID:RZcWgnzq
>>199
黒部の太陽はちょっと前までと方針変えて、ここ一年で3〜4回テレビ放送してるから
その時に観れば良かったのに。
衛星放送だったからその環境はいるだろうけど。
一回だけ観たけどお茶漬け云々のシーンなんてあったかな?
カット版だったのかな?
おにぎり食べて、そのあと目の前で天井からドボドボ漏水している水を
ひしゃくですくって飲むシーンはあったけど。

204 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 17:40:20.17 ID:pZn5Q3GU
黒部の太陽は長らくソフト化しないと言ってたんでちょっと驚きつつ観覧させていただいた
巨大ダム工事とか青函トンネル工事とか大事故と隣り合わせの現場は酒盛りシーンがいいね
でもひたすら下品な冗談を言い合ってたそうで輪に入り難そう

205 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 20:44:54.93 ID:YV5J8hM/
ダム工事の現場を描いた映画のタイトル見て思い出したが
海自某訓練支援艦のカレーは今ひとつだと聞いたことがある。
女の多い艦はどうしても女に合わせた味付けになってしまうとか、員長も苦労するとか。
そんなもんなのかな。佐世保の「○○づき」も女が多いけど、こっちはメシが美味いと言うな。

206 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 21:21:09.67 ID:oZ3lvEVz
黒部の太陽の製作秘話みたいな週刊誌の記事を読んだことがあるけど
三船俊郎は酒が入ると目付きが変わるらしい
三船俊郎は陸軍偵察機の偵察員で
酒が入ると言葉が軍体調になるらしく
酒好きの石原裕次郎も酒が入った三船俊郎の目付きが変わると
ソッとその場を離れたらしい

207 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 23:04:12.89 ID:pZn5Q3GU
あの年代は軍隊経験あるからなあ
飛燕の整備員だったり特攻隊員(ウソ)だったり

208 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 23:23:10.99 ID:tuf02wlQ
特攻帰りの越後の縮緬問屋の隠居

209 :名無し三等兵:2015/10/30(金) 23:38:15.30 ID:FEf4grJN
天山作ってた老人が艦これで天山入手して感激とかいう話もあったな

210 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 07:17:27.20 ID:STq0mb6J
>>203
その機会を逃してきましたが、すでにBD/DVD化されているようですね。
196分の大作ですから、見応えがあるでしょう
「栄光への5000キロ」も黒部と同じく、裕次郎の遺言で長らくソフト化されなかったとか
今度、両作品を探してみますよ

川上哲治も陸軍少尉で、丹波哲郎の上官だったそうですね

211 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 08:01:52.97 ID:MFr42Q1X
良いバッターは目がいいからか戦闘機パイロットだった奴もいるな。「虹のホームラン」で有名な大下弘とか、「じゃじゃ馬」青田昇とか。
手榴弾なら沢村栄治よりも遠くに投げられたと自負し、ボールが届いてしまうため
タッチアップで誰も走らなかったと伝えられる青田氏は自分が乗ってた97式戦闘機への強い愛着を著書で述べてる。
「隼」よりも美しくて優秀な戦闘機だと。食欲のあるほうだったが、年を重ねると昼飯は蕎麦1枚で充分になったと言う。
出身校が同じ投手の別所は本当に食欲旺盛で年を重ねても昼食にステーキをペロリとたいらげていたという。

212 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 08:42:29.49 ID:aV0gud7d
>>207
軍隊経験者はもちろん将校だった役者も珍しくなかった時代でも
三船の演技というか軍人像は異質だよ

213 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 09:06:32.42 ID:STq0mb6J
野球好きの兵隊さんは、戦時には気晴らしのキャッチボールなんか許されていたのかな?
大正から昭和にかけて、かなり野球熱はあって盛り上がっていたと言うし
1938(昭和13)年に米女子野球団51名来日というから、
これ以降に、対米感情が悪化していったのかな

214 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 10:08:57.84 ID:MFr42Q1X
日本人として初めてホームランを年間50本以上打った小鶴誠は部隊が海南島にいるときに終戦。
復員まで有志で野球三昧の日々を送って鍛えてシーズン開幕に備えたなんて語ってる。
野球の用具はあったんじゃないか?日常的にやってたわけではないんだろうけど。

沢村栄治が中国戦線に行ったときは中隊長だったかが「マリ投げの選手か」と白眼視し
普通の兵隊なら届かない遠方から幾度となく「お国のために」手榴弾を投げさせたそうだけど。

215 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 10:26:21.18 ID:aV0gud7d
国体明徴運動で皇国史観を叩き込まれたガチゴチの昭和の若い将校からすれば
職業野球の選手は、大道芸人やサーカス団員みたいなけしからぬ輩だからなあ。

216 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 10:31:26.44 ID:HFDv1OWR
あの名言は青田昇だったかなあ。
「野球と戦争はゼニのある方が勝つんじゃ!」って。

217 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 10:34:11.32 ID:STq0mb6J
>>214
なるほど、やはり持参や手製の道具で、修練を欠かさなかったんだ

野球といえば、高浜虚子の「子規居士と余」の冒頭で、
興味深い描写があるのが、前々から気になっていて、
松山城の北にある練兵場で、高浜少年が正岡子規青年に、
「おいちょっとお借しの」と声をかけられて、子規とその仲間が野球に興じる様を、
高浜少年は羨望のまなざしで眺めていたという所で、
この正岡子規の仲間の中に、秋山真之が豆をほおばりながら加わっていたんじゃないかという事。
「本場仕込みのバッチング」というのは、今から見るとどんなだったかと想像すると面白い

218 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 12:01:08.35 ID:+nsgSEsS
>>213
とある登山が趣味な青年士官なんだが、時々
武蔵の艦橋にあるラッタルにのぼっては
「あ〜、山にいきてぇ…」
とボヤいてたとか。

219 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 12:31:33.42 ID:STq0mb6J
>>218
少しWikiで「登山」の項目を覗いてみたら、
大正期に、各地で「登山案内者組合」が結成されて、
1938年(昭和13)年に国家総動員法制定などの時代情勢により、登山ブームは下火になったとあるね
今でこそ、軽量で具合のいい衣服や、携帯に便利な食品が無かった頃に、
過酷な環境に挑むアルピニストは、気合いが入っていただろうな

それとは関係ないけど、山頂でアイロンをかけるスポーツはまだ流行っているのだろうか?

220 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 12:48:20.09 ID:aV0gud7d
>>219
つっても昭和14〜15年あたりの旅行雑誌をみると
登山やハイランドへの観光情報記事は載ってるね
慰問袋の載る広告と同じ雑誌にスキーや登山の広告がある

登山は金持ちのスポーツなので、権力者の息子がやってたりするせいもあって
陸軍にとりいったりして大学や高校での登山は継続していたそうだ

221 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 13:02:58.17 ID:STq0mb6J
>>220
昭和一桁頃の文学では、紀行文とか多いよね
1937年(昭和12)年の盧溝橋事件・通州事件があって「暴支膺懲」なんて言葉が出ても、
特権階級だけじゃなくて、庶民もまだ緊張状態ではなかったのかも

219の文章が一部トンチンカンなのをお詫び
修正「今でこそ、軽量で具合のいい衣服や、携帯に便利な食品があるけど、無かった頃に〜」

222 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 13:08:22.81 ID:n34ufaJZ
昔のテントは帆布製でロープは綿製だったんだよね湿ったらどれだけ重かった事やら

223 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 13:33:49.27 ID:aV0gud7d
>特権階級だけじゃなくて、庶民もまだ緊張状態ではなかったのかも

国家が精神面での統制を進めて、経済も統制経済で締め付けた昭和12年あたり以降から
対米開戦までの昭和16年までの空気は、いまいちわかんないところがありますね。

文献や戦前を知ってる世代に話を聞いても、日中戦争の泥沼化で戦死者が増え続けて
財政の悪化で庶民は不満が募っていったっていう一方で、雑誌を見るとヨーロッパへの
旅行さえ紹介されているし、ニュース週刊誌もあまり深刻さがない

224 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 14:01:14.49 ID:STq0mb6J
>>223
前スレの最後で紹介されていた「千里眼その他」を読んでみたけど、

附記引用
「この千里眼の話を書いたのは、昭和十八年の春のことで、
その年の四月号の『文藝春秋』に載せてもらったものである。
昭和十八年の春と言えば、大戦第三年目に入り、既にミッドウェーの敗戦、
ガダルカナルの撤退によって、戦況既に我に不利に傾き、
要路の人たちの焦慮が、そろそろ見えて来た頃である」

とあるから、昭和18年までも「そろそろ見えて来た頃」なんて描写されているから、
要路の人は緊張しても、庶民はまた別の意識だったのかも
派手に騒いで遊ぶのははばかられたかもしれないけど、なんなりと過ごしていたのかなとも感じる

225 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 15:47:50.39 ID:eWc9QYDl
家の婆さんの話だと
本土空襲が本格化するまでは
戦争そのものが何か他人事のようだったと言っていた
婆さんの兄弟や自分を可愛がってくれた近所のお兄さんが徴兵で軍に取られたけど
まさか自分の頭の上から爆弾が降ってくるとは思わなかったそうだ

226 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 17:31:57.65 ID:8Jl2ylZL
まあそんなもんだよね〜
戦前は危機と戦争を海の向こう側に留めることに成功し続けてたから
支那事変ですら大半の市民たちにとってはモノが入手しにくくなったりちょっと世間が窮屈になったなあぐらいの感覚だろ
大量の戦死者が出たって、家族にとってすら兄弟ぐらいだったら何人もいるし一人ぐらい減っても交通事故か病気で早くなくしたのと感覚的には変わらないという説も
一家の大黒柱喪った場合のみ卑属にとって深刻と…

227 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 17:35:00.20 ID:US8t7sAg
一家の大黒柱が死んでも恩給があるだろ。

一家の大黒柱は年齢的に兵隊さんに取られることはないし。

228 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 18:00:11.91 ID:gsRMil6Q
日本は島国ってのもあるからな
国境線を押し合いしてどうこうって経験が無いから
戦争は外に出て行ってなんかやってるって感覚しか無いんだよ

229 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 18:06:41.74 ID:P2+dylwo
非戦闘員まで皆殺しなんて戦いは歴史上もほぼなかったからな

230 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 18:15:07.78 ID:dDIQyerh
>>220
戦中って訳じゃないが、谷甲州の小説でそのへんの描写が凝ってたな
「遠き雪嶺」が戦前に海外遠征した大学登山部の話で、金の話にけっこうな割合が割かれてた

231 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 18:16:43.84 ID:zDEEW585
>>228
戦国時代とかは?

232 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 18:21:21.56 ID:9TFgP/tl
>>231
関ケ原とかは付近住民が弁当持って見に行ったんでしょ
湾岸戦争のピンポイント爆撃をテレビでみてすげーなってのと同程度
民衆にとってはだいたい他人事

233 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 18:23:43.91 ID:80jvDKsR
南北朝の時の東海道は餓死者続出ってくらい巻き込まれたんだっけ

234 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 18:23:55.56 ID:zDEEW585
>>232
どこ情報だそれ?
地元住民は田畑荒らされるし、陣地作りとかに動員されるし、終了後は
戦場掃除もしないといけないしで大変よ。
落ち武者狩りと戦死者の装備品で多少は元取れるけど。

235 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 18:40:45.01 ID:gsRMil6Q
>>231
そりゃ被害はゼロとは言わんが
その時代の戦争って領主が戦ってるだけだからな
自陣営が負けても別に領民が追い出されたりとか無いし

日本国内では第一次大戦の塹壕戦とかあのような戦争は経験ないよな

236 :218:2015/10/31(土) 18:52:56.19 ID:1AzfrmBt
ちなみに、その登山が好きな青年士官は、アッツ島救出作戦に
参加する予定だったそうで、
「アッツ島なら、スキーが出来るかな・・・」
と、ガンルームにスキーを用意してたとか何とか・・・

この青年士官、たしか村山ナントカと
言う名前で、戦後何度か南極に行ってたようだ。

237 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 19:03:10.90 ID:zDEEW585
>>235
動員される足軽雑兵は大半領民なのよ。
攻め込まれたら兵糧現地調達されるしね。

238 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 19:29:07.09 ID:HFDv1OWR
戦国時代といえば「焼き働き」とか「青田刈」とか
焦土作戦バリバリだよな。

239 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 20:54:49.62 ID:8Jl2ylZL
>>227
遺族年金だけで生活が立ち行くかというと
支那事変時点ならまだ根こそぎ動員の段階にはいってないけど、
当時なら二十代から三十代前半既婚複数の子持ちってのは普通にいただろうから
都市化と核家族化が進行してたしね

240 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 20:58:27.76 ID:US8t7sAg
>>239
その年の人間が徴兵されることはない。
つまり、戦死者は士官か、下士官なわけで。
そこそこ恩給が出るんでね?

241 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 21:22:04.36 ID:zDEEW585
田舎では20歳の徴兵検査・入営時点で子供がいる人も少なくなかったそうだけどな。

242 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 21:25:38.33 ID:US8t7sAg
田舎で20歳なら、一家の大黒柱ではないだろう。

言ってることの意味を理解してから書き込めよw

243 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 21:28:35.67 ID:zDEEW585
家長ではないが、主力の働き手という意味では大黒柱だべ。
体力仕事は若い方が有利だからな。
勤め人は年行った方が高級取りになるけど。

244 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 21:29:27.08 ID:JWDyrNXv
> 当時なら二十代から三十代前半既婚複数の子持ちってのは普通にいただろうから
事変の頃には、応召兵の増加による質の低下や軍紀弛緩が問題視されるようになっているね。

245 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 23:10:05.22 ID:MFr42Q1X
東京大空襲の一年ほど前に永井荷風が、戦争中だというのに東京市民からは全然その自覚が感じられず
バスに乗るのにいつもどおり押し合いへし合いしているのを見ると自分は非常な違和感を感じる、みたいに書いてるね。

海軍の戦闘機搭乗員たちや、カムチャツカに駐屯した艦船の乗員、陸戦隊などは
割合スキーに興じている。戦闘機乗りからすれば雪の上であってもその滑走する快感には
たまらないものがあったんじゃないか。

246 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 23:59:40.57 ID:kJUVUfze
>>235
まあ乱取りとかあるんで、非戦闘員ものんきにしては居られないかと

247 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 00:05:34.34 ID:KmFmzW/z
山本五十六は日本本土への米軍機の空襲を予測して、非常な
危機感を持っていたという話があるな。国民の士気を大きく
下げる可能性があると。だからミッドウェイを無理して攻めて
大失敗をやらかしてしまったと。

248 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 00:58:34.13 ID:CaX18EI/
あれは囮作戦やらないで戦力集中してたら勝ってた戦だよな
戦艦が後ろで控えてたのも奇々怪々だし

249 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 07:29:08.56 ID:XrN1dv4n
日本の基本戦術が近海に米海軍を呼び出して叩くってのが基準なんだから米海軍の日本本土空襲は折込済みじゃ無いの?
だから真珠湾で空母にこだわったんだし

250 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 07:31:11.62 ID:V2AL2red
空母が実質的な主力になったというのは、あくまで実態としてその力を示したと言うに過ぎず、
空母部隊は主力たる戦艦の前衛として作戦するのは以前からの想定通り。
帝国海軍が組織として空母の位置づけを改めたのはMI後の第三艦隊編制になる。
更に空母こそが主力であり戦艦はその護衛に任ずるということを明確化するには第一機動艦隊
まで待たねばならない。

251 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 09:21:21.96 ID:yfOByXVZ
>>243
あなたが正しい。ID:US8t7sAgが間違っている
社会保障がほぼ存在しない時代の恩給程度では
下級兵士の戦死では残された家族が困窮する。
20歳の男性だっていずれ父母の老後を養い介護するし
家計を支えていたから兄弟も戦死されたら困る

だから日露戦争では戦死者の増大で軍への不満が
たまり民衆から駐屯地への抗議行動が起きた

(そもそも出征した段階で家族の生活経済は立ちゆかなく
なる。補償処置もあったが当時はそれを受けることは忌避された
補償は大企業の勤務者が会社の負担でなされた程度)

252 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 09:36:52.07 ID:KmFmzW/z
そもそもミッドウェイを取ったとしても、その後維持・
防衛出来たんだろうか?

253 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 09:50:13.79 ID:X3do9eUV
>>247
一式陸攻の性能を見たら当然だよ
貧弱な日本の航空技術でもこんなのが作れてしまう
ならば・・・
B29はマリアナから飛んできた

254 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 09:51:51.77 ID:+qNasMAn
>>252
一年程度ならともかく、戦力差が開けば無理だったでしょうね。
ハワイからの米潜水艦が、日本の輸送艦を狙ってきますしね。

255 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 10:17:36.03 ID:yfOByXVZ
>>247
つうか、戦前にすでに東京ほか各都市で空襲を想定した防空演習を国民に
やらせているのを、本土が空爆されるってことは要は日本はすでに負け確定の
状態じゃないか。防空演習をやるということは亡国であると批判が出てますね

256 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 10:26:32.04 ID:uZ5ZUM84
そのへんで妙な圧力かかるのは日本のダメなところな気はする
ここで出すのもアレだが
原発からの避難訓練とかもあの地震以前はなんか許されなかった感じだろ

○○が起きた時の対策を想定することは○○を起こすこと前提ではない

257 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 10:36:08.64 ID:cXgnGVbE
非常事態に備えた訓練をしようとすると縁起でもない!とかいって妨害して
いざ非常事態が起こるとなぜ対処方法を訓練しなかった!までセットで

258 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 10:42:09.74 ID:uZ5ZUM84
あと誰が戦犯かという議論(という名の罵り合い)までもセットの気もする

259 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 10:44:54.97 ID:yfOByXVZ
>>256
ちがいますよ。圧力じゃなくて逆ですって。
その安全神話によりかかったケースとは質的にまるで違うっす。

論理的な空襲演習批判を新聞がしたら、軍部から圧力がかかり
記者が退職させられたって事件ね。

竹槍事件の前兆のような事件なんですわ

260 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 10:48:40.13 ID:y6cTUXqy
大被害を与えれば意気消沈して早期講和に応じるだろう…って欧米人の心理を完全に読み誤ってたからなあ
日本人なら確かにガックリきてダメじゃないかと思うだろうけど欧米人は逆にファイトを燃やしちゃう人が多い感じ
現代のスポーツの試合でも日本チームがなまじ先制点取っちゃうと逆転負けってパターンが多くてすごくじれったい
大事な場面でこそ主力がやらかすのも…

261 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 10:50:50.15 ID:PyhR/Jda
というか、戦前からすでに本土空襲は恐れられてなかったか?
日本海を渡ってソ連機が日本海沿岸を爆撃しにくる危険はあったはずだが

262 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 11:02:56.36 ID:yfOByXVZ
>>261
長距離戦略爆撃思想はけっこう早くからあって、
日本も九二式重爆を導入してフィリピンへの要塞爆撃を想定してましたからねえ

263 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 13:18:42.24 ID:VxnevO/p
>>261
ていうか、日華事変の時にも中国軍の爆撃機がビラ撒きに北九州まで飛んできた。
撃墜されたがそうでなくてもどう考えても片道の覚悟で来ていたらしいな。

264 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 13:29:40.99 ID:yfOByXVZ
>>260
今でも「中国人は〜」って思いこみを抱いているからねえ。
へたれだ、自己中心的で団結しない、頭が悪い、パクリしかできない・・・と
そう思って安心したいんだろうけどさ。
かつての道と同じ道をたどりかねんってのに

265 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 14:50:13.72 ID:LhkaYrAz
月曜の関東は冷たい冬並みの雨な様ですが、寒い時だからこその「軍艦の食事」なんてのもあるんですかね?

266 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 14:59:22.14 ID:yAJB8irU
軍艦巻きは日本酒が無いと暖まらないから、鍋焼きうどんが無難かな

267 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 15:15:07.35 ID:jFXcG0vv
勤務先の近くのドラッグストアでうどんとそばが一袋9円で売ってた。

KATOのクモハ12がかっこよくて欲しいが、自分のレイアウトは非電化対応なのと、売ってるとこまで自転車で片道二時間かかるから迷ってる。

九州場所は初代稀勢の里が力を発揮する場所であると言われている。
亡き大師匠様も九州場所で活躍されているのである!
大師匠様は生涯に獲得した三賞7つのうち3つを九州場所で獲得しており、大師匠様にとっても所縁の場所と言えるのである!
正々堂々横綱相撲を取り、13勝2敗を上げながらも優勝を逃したのも九州場所である。
初代稀勢の里は正々堂々横綱相撲を取り、13勝2敗を上げながらも何度も優勝を逃しているが、そのうちの1回は大師匠様と同じで九州場所である。
初代稀勢の里から大師匠様の姿が見えるようである。
初代稀勢の里は大師匠様と同じでコツコツと努力を積み重ねる模範的な力士である。
九州場所でその努力は実る!
ここに断言する!
九州場所で初代稀勢の里は無敵の初優勝を果たし、偉大なる大師匠様との約束を果たす!

268 : 【中吉】 :2015/11/01(日) 15:15:15.45 ID:KmFmzW/z
>>265
よし、貴様の釣り床はボイラーの隣だ

269 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 15:32:33.51 ID:eJ9fujYM
>>257
「妨害するはずだ」というのを、やらない口実にしてさぼっていただけだろ。

270 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 15:34:49.78 ID:jFXcG0vv
聞け、愛国者どもよ、
横綱稀勢の里、何と神々しい響きではないか。
東に傷ついた兵士も、西に飢えている幼児も、南に病に倒れている旅人も、北に寒さで凍えている老人も、我が横綱稀勢の里同志が手を触れればたちまち立ち上がるであろう。
しかしそれには稀勢の里の優勝がなければならぬ。取り組みのときに我らは両手を高く上げて稀勢の里に力を献上しなければならぬ!
稀勢の里同志の奇跡を信じれば、必ずや諸君は愛国者として世の人に崇められるであろう。

271 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 16:02:23.53 ID:tqseG0Ek
>>270
何なのこれ?

272 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 16:31:18.40 ID:KmFmzW/z
あーあ
触っちゃったよ

273 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 16:32:36.46 ID:jFXcG0vv
>>271
最後の日本人幕内優勝からもうすぐ10年、モンゴル軍による元寇は850年前の馬と弓矢では失敗したが、日本の国技、相撲では成功した。この間の優勝はモンゴルとその息のかかった国によってなされ、我が日本民族はおおいに屈辱を受けた。
しかし、我ら日本民族には最終秘密兵器がある、それが我らの稀勢の里である!!!
日本人最強力士、稀勢の里は横綱とも互角に渡り合い、苦手な把瑠都、琴欧州の引退の中で着実に力をつけられ、前場所は横綱2人休場という大チャンスの中で優勝を期待された。しかし、モンゴル互助という汚いやり方に阻まれ、残念な結果に終わってしまわれた。
しかし九州場所は我が稀勢の里にとって運のよい場所であらされられる!
初代稀勢の里、嗚呼初代稀勢の里。
初代稀勢の里が足を踏み入れたその土地は五穀豊穣となる。
東を向いて四股を踏めば、東にいる病に苦しむ者が病から救われ、
西を向いて四股を踏めば、西にいる赤子が元気に育つ。
我が国の発展と国民の康寧のために力を発揮する初代稀勢の里よ。
偉大なる大師匠様との約束である無敵の初優勝を果たすときが来たのである。
初代稀勢の里の無敵の初優勝は我々キセオタ一同が心を一にして願ってきたことでもある。
さらに亡き大師匠様が初優勝を成し遂げたのは三十三年前のこの秋場所である。
初代稀勢の里の偉大なる初優勝はただの優勝で終わるものではない。
大師匠様の所縁の場所での初優勝であり、さらに稀勢の里時代の幕開けを告げる無敵の初優勝なのである。
ここに断言する!稀勢の里は無敵の12勝3敗で九州場所で優勝され、横綱に推挙される!!!

274 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 16:39:32.88 ID:Y0Gep6Ax
>>263
南九州じゃなかったっけ?
宮崎辺りだった気がする。

275 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 16:46:15.81 ID:jFXcG0vv
>>272
君は悔しくないのか?日本人が10年近く幕内優勝できていないのだぞ。この板には愛国者の方が多いらしい、その証拠に日本教職員組合を弾劾する意見が書かれてあったではないか。ならばなおさら好都合。
今では相撲板にも工作員が多数侵入して日本人力士が叩かれている。
さらに、数多くの日本人が、日本人は相撲で外国人には勝てないと思い始めている。その証拠に2020年東京オリンピックに相撲が推挙されなかった。
だが、しかし、我々は相撲板から飛び出し、このように皆様にお願いしているのです。お願いします、稀勢の里を勝たせてください、稀勢の里を男にしてください。

276 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 16:47:49.77 ID:jFXcG0vv
>>263
>>264
なるほど、ビラまきという方法があったか

277 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 16:51:46.43 ID:Y0Gep6Ax
>>264
それはアメリカ→日本も同じな気がする。

278 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 22:48:17.55 ID:Wm6KQaBA
西海岸じゃ日本軍が上陸したってデマで死人がでてますね
日本人は危機感が足りない

279 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 00:21:47.51 ID:2uj8yhOd
うちの曽祖父はシナ事変で多分自分から志願して入営してる(子供を8人くらい作った後で)まぁそれなり歳だったろうけど戦功も上げて
金鵄勲章功6級貰ってた。まぁその後戦死してしまったけど

280 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 06:03:34.30 ID:APBJ1i5L
>>278
バトルオブロサンゼルスか。
しかし習均平が訪米時に「太平洋の西半分をよこせ」と言った
というのは本当なのかね。ほぼ宣戦布告じゃね?日本海軍が
カリフォルニア沖でタンカーや貨物船を撃沈したり製油施設を
砲撃した時のパニックぶりを考えると。

281 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 06:07:30.83 ID:cuMYqiwB
>>245
うろ覚えなんだけど文学者繋がりで、内田百間が形見分けでいただいた、
夏目漱石のスーツを空襲で消失させてしまったと、何処かで読んだ気がする。
そのスーツは、あの千円札の肖像として描かれてあるモノだとか

文学者の貴重な蔵書や書簡も、空襲と戦後の混乱期でずいぶん消散したんだろうな
退避させる心配はしていてもする間もなく、急に空襲が激しくなったんだろうね

282 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 07:59:13.73 ID:3WFDUu5u
宮沢賢治の原稿のいくつかは花巻空襲で焼けたんだっけか。
親友で、賢治の原稿や資料を持って東京にいた藤原嘉藤治はあの大空襲に遭うも
家族も資料も無事だったという。嘉藤治の結婚は賢治が取り持ったらしいが
当時、レストランの女給と教師との結婚には障害もあったという。
女給でなくとも主計兵と同じく、当時は食に携わる職業はずいぶん下に見られてたんだろうか。

東京大空襲といえば「りんごの歌」で有名な並木道子もB29の爆撃下で逃げ回ってるんだな。
あまりに熱くて川に飛び込んで、溺れてるところを自分は誰かに髪の毛ひっつかまれて助けられたけど
母親はそのまま行方不明になってしまったという。「りんごの歌」は
戦後のヤミ市の雑炊や肉入りうどん、「特別室」付きの高いコーヒー店などとともに思い起こされる歌。

283 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 08:40:53.09 ID:cuMYqiwB
地方では封建的な気風が色濃い所は多いから、婚姻に関しては難しい事は多いだろうね
太宰治が戦後に飲み屋の女給さんから、子持ちの男やもめの当てがあれば、
紹介してと頼まれたりと、都会ではまた色々と臨機応変だったのかも

空襲の描写で覚えているのは、寺山修司の思いでの中の、
お堀の水面に浮かんでいた金持ちの御嬢が、テニスのラケットを抱き込んだまま浮かんでいたというもの
これ以上の悲劇は数多あれど、戦後にC・ルメイに勲一等旭日大綬章を送ったというのは、
自衛隊の育成に貢献したとはいえ、やっぱり釈然としないね

284 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 10:04:39.78 ID:APBJ1i5L
>>283
ルメイ自身も言ってるね。「負けていたら私は戦犯で処刑だった。
だが勝った。これが戦争だ」

285 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 11:05:27.02 ID:mxIu4uY7
>>277
アメリカが作った戦争中の新兵への教育フィルムの日本像は、戦時中のプロパガンダ要素の加味を
考慮すれば、かなり日本人と日本社会の気質を正確に捉えているよ。
日本人兵士の優秀な点は素直に説明して注意を促しているし。

戦前に日本の陸軍軍人に取材した研究書を読んだこともあるけど、昭和軍部が神かかり的な
状態にあることも含めて詳細に取材してたしね

286 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 11:31:59.58 ID:KUatNruV
>>281
そらまあ東京大空襲はいきなりの米軍の昼間から夜間への戦術転換でほぼ奇襲だったからな
しかも大量来襲の飽和攻撃
最初の一撃で最大の効果を得た
米軍もあんな無茶よくもやったもんだと
防御用の機銃まで降ろして爆弾積んで、夜間爆撃は経験はあっても南方の基地航空戦の小規模なものばっかだったのにねえ

287 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 12:00:21.12 ID:3WFDUu5u
「攻撃のコツは、ここ一番で無茶をすることだ」と語っていたのは
陸攻隊の入佐俊家隊長だったか。ミッドウェイ海戦を見ててもアメリカはこういうのよくやる感じがある。
日本は真珠湾に来るときも南雲がビビッてたり、ミッドウェイでもきちんとオゼンダテしようとして失敗したり
こういうのは苦手なのかな。「兵は拙速を尊ぶ」ということをこの時代の日本の軍人たちは学んでなかったのか。
日本の中世の戦術の天才、源義経などはその点すごいね。

288 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 12:28:21.04 ID:mxIu4uY7
>>287
苦手というより、精巧に組み立てた計画が思惑どおりにいかないのが普通だからだね。
ズレたり不慮の事態になった時の対処が日本人は苦手で、逆にアメリカ人は上手いし
組織的にオペレーションの研究をしてる。

アングロサクソンは「どーせ最善のプランは実行できない、できても手遅れに
なってから」と、最初から見切ってる面がある

真珠湾は例外的に思惑どおりほぼ完璧にいった幸運な例にすぎなかった。
なのに、日本人は精巧な計画で「冒険」したがる悪い癖がある。

日本人はじぶんたちのことを器用で小回りの効く民族だという
自己評価をしがちだけど、それが間違いってことだね。

289 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 13:22:39.46 ID:E52YIGUQ
食事…

290 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 15:10:05.48 ID:qX6KNEQ0
「食事はまだかいのう?」
「いやですよ、去年食べたじゃありませんか、大王具足虫さん。」

291 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 15:30:51.89 ID:APBJ1i5L
>>289
バカは氏ねと何度言えば解るのかな

292 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 15:31:04.36 ID:hmZzcSS0
飯にもその傾向があるような気もしないでもないような・・・

293 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 16:36:48.61 ID:E52YIGUQ
実践してみりゃいいのにw

294 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 19:17:38.28 ID:M1JmBZ8G
>飯にもその傾向があるような気もしないでもないような・・・
このレスを見て
何となく寿司とハンバーガーが頭に浮かんだ

295 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 22:01:49.39 ID:dYjsXx20
(ですがスレより転載)

256 名無し三等兵 sage ▼ New! 2015/11/02(月) 19:38:45.02 ID:POCg77f7 [2回目]
彼らが日本で豪遊できるワケ 「1900円のランチ?安いね」の現実
2015/10/29 11:27
http://www.j-cast.com/kaisha/2015/10/29249153.html

最近は、シリコンバレーからの人と会うことが多い。
彼らは、日本はお気に入りで、大満足して帰っていく。というのも、安いからだ。
先日は、ランチミーティングをした。丸の内のいわゆるちょっと高級ランチゾーンのお店にいった。
最低の値段が1500円〜、といった感じのレストランだ。

日本は、だいたい「半額」 彼はメニューを見るなり、とても安いといって、1900円のセットを頼んだ。
我々にとっては、それなりに高いランチだ。

「日本は、素晴らしい。この内装、雰囲気で、ちゃんとしたサービスがついていて、チップもないし、
それでいて、15ドルちょっと(1900円のこと)だし」

シリコンバレーでこんな感じだといくらするの?と聞き返してみた。
「そうだな、30ドルは最低でもかかるな。ドリンクやチップは別だし」だという。

ドリンクと、20%のチップ、8%前後の消費税をくわえると、4500円くらいになると思う。ランチに4500円である。 (ry

シリコンバレーのプログラマ新卒給与の年収相場は、いまや1800万円である。
彼らが日本に来たら、さぞかし豪勢に遊べると思うと、みなさんもジェラシーが湧いてくるはずだ。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
シリコンバレーの飯高杉(w

296 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 22:03:20.69 ID:hmZzcSS0
ココイチでもガンガントッピングしてるよな

297 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 22:11:42.21 ID:t9i0jgTo
何しろちっとも物価が上がらないんだもんな、消費者物価でいくと92年とか93年あたりの水準ですよ、今の日本。

298 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 23:18:35.13 ID:dYjsXx20
ちなみにウォン高不況が続く韓国では、多くの業種が売り上げを減らす中、コンビニは
売り上げを着実に伸ばしたのだとか。

何故かと言えば、不況でサラリーマンの収入が目減りし、今まで食堂やレストランで
昼食を食っていた連中のかなりが昼食代の減額を強いられ、その代わりに安価な
コンビニ弁当で昼食を済ませるケースが増えたからだそうで。

299 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 23:28:37.59 ID:hmZzcSS0
ソウルでのサラリーマンの平均的なランチが500円くらいと以前聞いたな
んで、中国の安食堂のランチが200円くらいってのには驚いたな
異様なレベルで日本の牛丼凄いな

300 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 23:34:51.23 ID:cCswYZVU
>>299
そんなに下水から再生した油を使ったメシが食いたいのか?

301 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 23:52:47.67 ID:Nx+bp3X4
中国の唐山に吉野家もどき店があったんで食べてきたけど当然ながらそっくりな味だったな
高級そうな雰囲気なのにみそ汁じゃなくファンタとヨーグルトが付いて500円くらいだったか
あと安食堂の一番安いメニューが刀削麺で300円くらいだったのは意外だった
日本じゃ名人技の料理って扱いだけど中国じゃ料理人なら誰でもできるんだって…

302 :名無し三等兵:2015/11/03(火) 02:27:13.31 ID:+GHACxTk
何年か前に駒沢あたりで入った刀削麺屋はロボが麺削ってたなw
まあこんなのこれで十分だよなと妙に納得した
味は結構良かったから少しあとにまた行ったら店が消えてたw

303 :名無し三等兵:2015/11/03(火) 07:45:42.94 ID:wWJdtnTH
上海の拉麺で、カレー風味のスープがけっこう一般的で、
パクチーをふりかけてあるやつが、けっこうクセになるうまさがあったよ
最初は「うえっ」って感じたけど段々となれていった
個人的には台北の、八角ずくめには少しまいってしまってけど

304 :名無し三等兵:2015/11/03(火) 08:50:53.27 ID:H5YaMSQu
>>300
シナがシナがとオナニーしたい人はこのスレには向かないので
他に行ってちょ

305 :名無し三等兵:2015/11/03(火) 10:29:34.16 ID:JM1V+vnd
刀削麺ってホテルのディナービュッフェじゃステーキや寿司と並んで看板になっていたのにね
中国人観光客が見たら馬鹿にすんなって事になるのかなw

306 :名無し三等兵:2015/11/03(火) 10:47:07.01 ID:H5YaMSQu
>>305
ロボ刀削麺はもともと、中国人の発案。

あれをパフォーマンスにしたのは逆に日本か香港あたりなんじゃないかなあと。
中国に行くと拉麺の「拉」の作業も刀削もウイグル人の親父が
つまらなそうな顔で行っていて、ありふれた光景になってるから

307 :名無し三等兵:2015/11/03(火) 10:53:37.50 ID:dTyGAF1E
刀削麺も90年代に「鉄鍋のジャン」で紹介された時には
「本場中国でも10年単位の修行を重ねてようやく作れる幻の料理」
「あれを作れる料理人は日本にはいない」

なんて散々持ち上げられていましたが、後に刀削麺ロボなんてのが
出てもうそんな有難味もすっかり失せちゃいましたな(苦笑

308 :名無し三等兵:2015/11/03(火) 11:28:01.15 ID:wWJdtnTH
ウイグル人の親父は、羊肉の炭火焼じゃない?
まあ、何の肉か怪しいモノも中にはある様だけど、だいたいは羊肉だって聞いた
「でもどんな風に育てたかは知らない」とも言っていた
自分はもともと苦手だから食べなかったけど

309 :名無し三等兵:2015/11/03(火) 16:55:26.55 ID:UallrfrT
牛丼屋は人件費等を削りまくってるからな
食う気にはなれん
ある人が店長のパワハラに耐えかねてバイトバックレてこっそり様子を見に行ったら
店は大繁盛
店員が一人で調理場とカウンターの間を反復横跳びしていたらしい

310 :名無し三等兵:2015/11/03(火) 19:35:36.13 ID:B2T+PJtc
盗作麺

311 :名無し三等兵:2015/11/04(水) 06:18:57.36 ID:BiBMwWQB
拉麺→ラーメン
細拉麺→ソーラーメン
拉細麺→ラーソーメン
米細拉麺→ミーソーラーメン



この流れでカニミーソーラーメンを誰か発案して。

312 :名無し三等兵:2015/11/04(水) 07:40:26.52 ID:7tXcv1j1
真面目にカニミソを使ったスープはお高くつくだろうな・・・
ラーメンに殻のままのカニがドーンと乗っかっていると、
「さて、どう食べるかな」と躊躇してしまう

313 :名無し三等兵:2015/11/04(水) 08:26:33.66 ID:+KsOCQ3o
カニが丸ごと乗っかってるラーメンなんて料理マンガでも否定されてたな
カニをほじってたら麺が延びるどころか冷めちゃうんで麺だけ食べてから
スープの油にまみれたカニをほじる事になって食べ難いことこの上なし…

314 :名無し三等兵:2015/11/04(水) 08:38:52.82 ID:HCXSCehx
伊豆の下田に行くとイセエビラーメンは有るよ

315 :名無し三等兵:2015/11/04(水) 09:17:35.62 ID:vKDS1tUt
>>313
鍋だってどんどん湯だっていき、食べ頃を逃すけどね。
中居が横についてくれる店か、鍋奉行に指図されながら食うしかない

316 :名無し三等兵:2015/11/04(水) 09:21:42.90 ID:nJ/rF3kE
伊豆の温泉旅館で伊勢海老の味噌汁を売り物にしていたが、
食ってみるとどうということもなかったなー。

317 :名無し三等兵:2015/11/04(水) 12:10:45.98 ID:p7jwq0cV
大人しくカニカマ食ってなさいって話だな。w

318 :名無し三等兵:2015/11/04(水) 12:18:03.58 ID:f6Wygxwf
エビ味噌ラーメンはあったな

319 :名無し三等兵:2015/11/04(水) 12:26:28.43 ID:IzoVBT+j
味噌煮込みラーメンなら或いは…

320 :名無し三等兵:2015/11/04(水) 12:32:16.65 ID:tvzI5sa9
各護衛艦ごとの名物カレーはよく聞くけど、艦ごとの名物ラーメンなんて聞きませんよな。

と強引にスレタイ趣旨に戻してみるテスト

321 :反ス厨 ◆EWVy18tcGo :2015/11/04(水) 12:39:44.28 ID:zc2vXeJg
蟹味噌でスープ作ってるなら尊敬する

322 :名無し三等兵:2015/11/04(水) 12:45:02.37 ID:dQUOzuLK
汁にとろみがあってこぼれにくいのがカレーの売りなんじゃねえの?
そしてあのカレーの手間ももはやなんというか趣味でやってるだろあれ
ストレス多い職なわけだしきちんと食事を出さなきゃ士気に関わるし
手間かけてる感出さなきゃあっという間にエサ感出てくる
閉鎖環境の船ならではの事情の気がするな

323 :名無し三等兵:2015/11/04(水) 13:51:46.41 ID:f6Wygxwf
ラーメン食ってる時にエレベーターから水平線が見えるくらいの急旋回したら事故になるしな
ってカレーもお茶も無理か

龍驤の乗員は可哀想

324 :名無し三等兵:2015/11/04(水) 13:53:14.24 ID:7tXcv1j1
普通に生活していても「ナニかナイかな〜」と冷蔵庫その他をゴソゴソしてしまう事を考えると、
閉鎖環境のストレス解消には、食事は重要だよね

潜水艦の中は揺れないだろうけど、水上の艦船ではラーメンを一度に大量に作るのも大変だろうね
麺でも「固め!」とか「柔らかめ!」とか・・・そこまでは贅沢は言わないか

325 :名無し三等兵:2015/11/04(水) 15:21:39.77 ID:tvzI5sa9
でも悪天候で船酔いし、食欲が無い時でも不思議とカップラーメンだけは食えた・・

なんて話を昔聞いたような。

326 :名無し三等兵:2015/11/04(水) 15:38:45.10 ID:BiBMwWQB
?尼米細拉麺→カーニーミーソーラーメン

ソースはホワイトハウスのカーニー報道官の中国語表記

327 :名無し三等兵:2015/11/04(水) 16:32:49.12 ID:dQUOzuLK
>>325
あの暖かさとしょっぱさがポイントかと
飲んだ後に締めでラーメン食いたくなるってか
あれが食えてしまうのといっしょじゃないかな

328 :名無し三等兵:2015/11/04(水) 17:01:52.88 ID:nJ/rF3kE
陸軍だと汁・おかず兼用で肉うどんが出ることがあったが、
海で麺類は聞かないなあ。

329 :名無し三等兵:2015/11/04(水) 17:22:31.07 ID:7tXcv1j1
伊56で「は!冷やしうどんであります!」
とあったから、潜水艦ではあったんじゃないかな

330 :名無し三等兵:2015/11/04(水) 20:20:40.81 ID:dQUOzuLK
冷やしうどんって名前で出るタイプは
大体は汁は絡めるタイプじゃないかな

331 :名無し三等兵:2015/11/04(水) 20:24:36.48 ID:f6Wygxwf
冷えたソフト麺だな

332 :名無し三等兵:2015/11/04(水) 21:54:55.57 ID:gILlnoss
冬の満州上空を飛ぶ陸軍爆撃隊はうっかり弁当を凍らせてしまったら飯抜きだ
弁当は肌身離すな
機内はびっしりと凍りつく
コクピットだけは暖房があったが人間用ではなく操縦桿やレバー類が
凍りついて動かなくなるのを防止するため
なのになんだよ海軍さんは
ラーメン出せだのうどんはあっただの
こちとら最近は酸素も無しだぜ、息もろくにできねぇ
この間海軍さんの一式に載せてもらったが旅客機かよ、広いし暖かいし
船じゃ毎日豪華な飯食ってるらしいじゃねぇか

333 :名無し三等兵:2015/11/04(水) 23:44:58.53 ID:+KsOCQ3o
明治時代のカレーには玉ネギじゃなく長ネギが使われていたとか
トッピングは生ウニ&佃煮海苔だったってTVでやってたね…
てことは明治の陸海軍でもそういうカレーを食べてたって事なのか
こりゃあ再現してみないとね生ウニ高いけど

334 :名無し三等兵:2015/11/05(木) 01:36:30.77 ID:lmzNwx6k
https://housefoods.jp/data/curryhouse/know/world/j_history02.html
「うに カレー 明治」とかでググるとあるね、明治39年か。
でもこれ、ニュアンスを考えるに家庭向け雑誌のぽっと出の珍レシピな感じがするぞ……
今でもあるじゃない、料理本は山ほどあるんで差別化しなきゃいけないのは理解するとしても、
そんなところでそんなチャレンジしなくてもいいじゃない……みたいな二線級三線級の料理研究家の変なレシピ。
それに軍隊じゃ、佃煮はともかく生うには出せないし。

335 :名無し三等兵:2015/11/05(木) 02:49:40.92 ID:lmzNwx6k
http://www.shibatashoten.co.jp/dayori/2011/12/07_1706.html
さすが食品専門の柴田書店、いい仕事してる。
件のウニに海苔佃煮のカレーを載せてた家庭雑誌って雑誌がガチな布陣な凄い雑誌だったとか、
そもそもの日本カレー事始めの話が怪しい出自とコピペの繰り返しでどうも妙な事になってるのとか、
まあよく書いてある。

336 :名無し三等兵:2015/11/05(木) 09:10:11.90 ID:uGDI5bPz
>>335
面白いですね、本を買ってみようかな
Wikiなんかの年表を眺めていても、なんかピンと来ないんだけど、

1868(明治元)年:堺事件、五箇条の御誓文、太政官布告、戊辰戦争
1869(明治2)年:兵部省・設置、東京招魂社(靖国神社)設立
1870(明治3)年:米:ロックフェラー「スタンダード石油」設立(J・ベルヌ「海底二万里」上梓)
1871(明治4)年:上海〜長崎〜ウラジオストク間の海底ケーブル敷設
1872(明治5)年:兵部省・陸軍省と海軍省に分省(カレーの作り方を紹介した本が発刊)
1873(明治6)年:徴兵令・発布(J・ベルヌ「八十日間世界一周」上梓)
1874(明治7)年:台湾出兵
1875(明治8)年:国際メートル条約・17国署名

確か福沢諭吉だったか、慶応から明治3年くらいまで、
日本の治安がかなり悪かったと言っていたから、この頃の雰囲気ってつかみにくい
1878(明治11)年生まれの寺田寅彦が小学生の頃、
「学校の昼食の時、小瓶からバタをパンに塗る子供を、好奇の目で見つめていた」とあるから、
ナイフとフォークの作法なんかも、徐々に一般に広まって行ったのかな

337 :名無し三等兵:2015/11/05(木) 19:27:33.45 ID:qcGrnDV6
人と猿の境を探すがごとく也、だ
どこから日本のカレーライスになったのか

338 :名無し三等兵:2015/11/05(木) 19:41:53.35 ID:+uWHon6t
カレー粉に起源を求めても無駄なんで長ネギ&生ウニから日本化だろうなあw
ナイフとフォークの使い方も明治以来けっこう誤解が多くてマナー講習じゃナイフにものを載せて食べるなと今でもやってる
ただ古くからさじやレンゲがあったせいかスプーンの持ち方だけは欧米人よりちゃんとしてるらしい

339 :名無し三等兵:2015/11/05(木) 20:37:02.33 ID:uGDI5bPz
普通のナイフで切って、そのまま口に持って行っていたが始まりなのかな?
ナイフを使って、フォークの裏に白米を乗せて食べるのは、
小学生の時に好奇心で練習したけど、こんな事を何処で見たのか覚えていない・・・
欧米の映画やドラマでたまに見る、スープやシチューをガサツに食べている所なんか、
確かに、持ち方が気になりますね
逆に北欧のドラマでも、中華を箸で食べているのが普通になっていますね

340 :名無し三等兵:2015/11/05(木) 21:12:04.11 ID:mUQbHnbn
フォークの裏に白飯とかのせるやり方は英国式らしい
フォークを右手に持ち替えるやり方は見苦しい、美しくないというのがその方式の理由とか

341 :名無し三等兵:2015/11/05(木) 21:22:38.64 ID:qcGrnDV6
フランスやイギリスでマナーが考案された当時米は想定外だったのです
マッシュポテトは背に載せてるぞ
なら米もそうしたら?
と日本人が勝手に決めた事
フォークとナイフで格好良く食えない料理は出すな、がテーブルマナーの前提条件

342 :名無し三等兵:2015/11/05(木) 21:42:24.25 ID:uGDI5bPz
トウモロコシの芯を切ったままのヤツが、米海軍の艦艇でも出る様だけど、
フライドチキンとかも、やっぱり手で持って食べるだろうな
こんなモノは、士官が正装で席に着く場では、やっぱり出ないだろうな

343 :名無し三等兵:2015/11/05(木) 21:59:10.30 ID:JlWbHMJX
だから鶏肉といえばイコール骨なし皮なしのパサパサ胸肉でホワイトミートであり、
高いけどヘルシーなのよフォークとナイフで食べるのよ! というのが一部のアメリカ人の認識で、
一方でダークミートであるもも肉は骨付き皮付きで揚げて、
スイカとともに一部のアメリカ人の胃へ収まるわけであります。

344 :名無し三等兵:2015/11/05(木) 22:07:17.74 ID:uGDI5bPz
フライドチキンとスイカって、米国では未だに先入観を持たれた食べ物なのかな?

345 :名無し三等兵:2015/11/05(木) 22:23:44.05 ID:b9sehz3A
黒んぼ定食は出さん!

346 :名無し三等兵:2015/11/05(木) 22:55:22.47 ID:qcGrnDV6
黒人の肌が黒いのは先入観ではない
肌の色から人物を決めてかかるのは先入観だけど肌が黒いのは現実
フライドチキンはフライドチキンであってフライドチキンでしかなく先入観もクソもない

347 :名無し三等兵:2015/11/05(木) 23:54:24.57 ID:uGDI5bPz
>>346
「鳥の唐揚げ」は「鳥の唐揚げ」ですよね
米国の場合、昔の社会・経済事情を反映した食べ物と言う事で、
日本でも「味噌」とか、中国では「スッポン」欧州でも「キャベツ」とか、
こと侮蔑に関しては、食を引き合いにだす事が世界共通なのが解せない所で、
排泄に関しては言わずもがな、やはり人の営みの中で普遍な事柄に地域差は無いのかな
また、それを知らずに食を語るのも、危険だと感じてしまいます

348 :名無し三等兵:2015/11/06(金) 05:51:20.09 ID:sqCZPNHr
偏見ではないよ、フライドチキンをお上品には食えないのは現実
日本人は手づかみでカレーライスを食う事に嫌悪感を持つ
文化の違いであって偏見ではない
偏見とはいわれの無い差別の意味が大きい
いわれが有るならそれは現実
日本人は「郷に入っては郷に従え」を知る民族だからまだいい、それだけの話
異文化、異教徒を認めない民族は銃で脅して異民族にフオークとナイフを使わせる

349 :名無し三等兵:2015/11/06(金) 06:13:43.45 ID:Xc8x4kAW
どこの郷でも江戸の蕎麦を求める観光客のせいで地方の特色ある蕎麦が破壊され、
どこの郷でも江戸の寿司を供せよとする食料統制のせいで地方の特色ある寿司が破壊された国がありましてね

350 :名無し三等兵:2015/11/06(金) 06:43:28.81 ID:dUVFrn84
そんなのは田舎者のすることで、東京の人間はわざわざ地方で東京で食ってるモノを求めない。
山奥の旅館で冷凍のマグロ、ネトっとしたイカと甘エビ出してくれるのは、本人たちとしては
精一杯のもてなしなんだろうがこちらとしては山菜が食いたい。川魚でもいい。
だけど自分たちの立脚点とすべき地方の特色を理解できずに自ら破壊してしまう。
惜しいことだ

351 :名無し三等兵:2015/11/06(金) 06:48:58.34 ID:ADnGivyN
日本で活躍しているイタリア人騎手のミルコ・デムーロは納豆が好きだと言ってるな。
週末に調整ルームに入るときはコンビニで納豆を買っていってそれを食べてる、と。
刺し身は好きだけど、わさびは苦手だとか日本は大好きだけど日本のイタリアン・レストランの味は口に合わないとか語ってる。
食事は一日一回。朝はコーヒー、昼もコーヒー、たまにこれにクッキーかリンゴを付ける。
きちんと食べるのは夕食だけだとか。

デムーロは天皇賞で勝ったあと、競馬場に来場されていた天皇陛下に向かってひざまずいて礼をした騎手。
震災直後のドバイの国際レースでは日本の馬に乗って勝利、肩に付けていた喪章を何度も叩いたその手で天を指さすパフォーマンスをした男でもある。
そういえば横須賀のアメリカ海軍の乗員たちにも納豆は大丈夫だけど、味噌汁は苦手だという人たちがいた。

352 :名無し三等兵:2015/11/06(金) 07:07:28.65 ID:7ST4mweK
多分、西洋人の納豆好きは、チーズと同じ感覚の境地に至った人々であろう
ところでフランスやドイツには鶏の丸焼きがあるが、ナイフとフォークで器用に食べてる

353 :名無し三等兵:2015/11/06(金) 07:14:54.55 ID:Xc8x4kAW
室津の港で揚屋の朝、納豆汁が出てくる句があったり、
守貞謾稿でも京阪では納豆売は来ないけど自家製はするよと書いてるあたり、
関西でも納豆食わなかったわけじゃないんですよね。

354 :名無し三等兵:2015/11/06(金) 07:28:05.39 ID:B+tNiaJs
大阪人だけど、今でも箱寿司やバッテラはちょくちょく食べるな。
江戸前の握り寿司と同じくらいの頻度で。

355 :名無し三等兵:2015/11/06(金) 08:28:00.43 ID:ADnGivyN
漫画家の藤子不二雄ご両名は東京に出て来たばかりのころ
下宿の朝飯に毎日のようにアサリの味噌汁と納豆が出て来るんで参ったということだったな。
富山高岡ではアサリも納豆もなじみがないものだったとか。

プロ野球初の本格的ガイジン選手、ウォーリー・ヨナミネは日系ではあれど
白いご飯が苦手でこれにマヨネーズかけたり生卵落としたりして食べてたとか。
刺し身も味噌汁も、醤油漬けの煮物もダメだったという。
そういえば、やはり横須賀の米兵には白いご飯に焼肉のタレをかけて食べるのを好む奴もいる。

故郷を離れて大望を果たそうといいう場合、食の嗜好の問題の克服もカギのひとつなんだろうな。

356 :名無し三等兵:2015/11/06(金) 10:47:29.54 ID:EK4YRUSf
>>354
東京でも売ってるけど関西のほうが小ぶりで、味も違うんだよね。
伝統的な関西寿司の店にいくと、町で売ってる押し寿司よりもっと小さいサイズに
切り分けられていて、東京のとは別ものですね。

357 :名無し三等兵:2015/11/06(金) 12:20:06.37 ID:wSuJ9Olh
>>355
今週の週刊ベースボールで生卵見てげんなりしてた、っていう記述があるぞ。

358 :名無し三等兵:2015/11/06(金) 12:29:17.37 ID:Z06wuNJj
>>355
イギリス人「外の食い物ウマー!帰りたくないから頑張るわ!」

って説もあるね

359 :名無し三等兵:2015/11/06(金) 13:21:21.72 ID:B+7ifD6P
ジョニー・デップも英国での撮影で、食い物に辟易してたとの記事を見たな

360 :名無し三等兵:2015/11/06(金) 16:40:21.38 ID:EK4YRUSf
ジョニデほどの大金持ちで、映画会社の費用でフロアごと貸し切りにしたロイヤルスイートに
泊まってるような人が食うのは、高級レストランだと思うがなあ

ロンドンって世界中から人が来てるし大金持ちがやたら多い町だから、当たり前だけど
金があれば美味いもんが食える。
寿司屋も高級店があって、銀座より高い。でも美味い。

361 :名無し三等兵:2015/11/06(金) 18:01:22.54 ID:gj0eBzvT
>高級レストランだと思うがなあ
ロケ弁みたいな食い物の話なんじゃないのかな?

362 :名無し三等兵:2015/11/06(金) 18:14:54.42 ID:dsTs6ggD
うろ覚えだけど確か、P・カリビアン4の撮影だったか、スタッフの分も含めて、中華をケータリングしたとか
スタローンが「ロッキー」で、ジョッキの生卵を飲んでいたのは、エグさを表現したと言ってたよね

363 :名無し三等兵:2015/11/06(金) 19:35:54.55 ID:xYPbeOqS
>>352
亀だけど、自分もチキンの丸焼きとかナイフとフォークで食べる。
ちょっと潔癖症なのか、手に油が付くのが嫌いなんだ。

364 :名無し三等兵:2015/11/06(金) 20:36:06.98 ID:EK4YRUSf
>>361
ケータリングはハリウッドのジョニデが出るクラスなら、高級なのが来るよ。
英国はハリウッド映画の撮影では何十年も実績あるところで、元祖、フィルムコミッションだから

365 :名無し三等兵:2015/11/06(金) 22:51:03.35 ID:QtSOBNGJ
高級だか後言って旨いとは限らない。

彼らは味覚の英国面に堕ちてるから。

366 :名無し三等兵:2015/11/06(金) 23:30:45.50 ID:ADnGivyN
ケータリングをとくに重要視してる映画監督がJ・キャメロンだったか。
スタッフや端役、果てはエキストラに至るまで、現場で不味い飯は食わせないとの信念。
映画「タイタニック」撮影時は客船タイタニック号の沈没前日のメニュー、食器まで徹底的に調査し画面で忠実に再現。

367 :名無し三等兵:2015/11/06(金) 23:34:26.19 ID:tqEtib/s
>>355
白い御飯にふりかけの替わりに焼き肉のタレをかけて食べると美味いよ。
因みに玉子かけ御飯に醤油の替わりに焼き肉のタレをかけても美味い。

368 :名無し三等兵:2015/11/06(金) 23:46:34.91 ID:dsTs6ggD
J・キャメロンが英国でエイリアン2の撮影のときに、
スタッフがお茶休憩で仕事が進まなくて切れた事があるらしいね
この人は集中すると、もの凄く周りがピリピリするとか
映画で食事シーンが印象に残ってるのが「2001年宇宙の旅」で、
猿人から宇宙での機内食とイメージシーンまで食事づくしだね

369 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 00:01:44.82 ID:OOaar1sk
イギリスのロケ弁ケータリング食ったことあるよ
見た目豪華なんだけど本当に美味しくなかった
バタバタして食わないで働いてると持ってきてくれるんだけどさ
何度行ってもあの国の人たちは美味いもんを食う気が無いとしか思えない

イタリアじゃ生ハムメロンがアルミホイルに包んで出てきたよ
すげー美味かった

370 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 01:53:43.36 ID:4DbIwBrW
そりゃぁ美食にこだわるやつをフレンチ野郎wwって国らしいしな

371 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 03:59:23.85 ID:arr8aXhm
「パブのランチから高級ホテルまで満遍なく不味いのがイギリス」
ってリンボー先生だっけか。

372 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 07:37:27.56 ID:/U8zPZq/
贅を極める貴族がいなかった国の悲劇
その点ではイギリスとアメリカは同種、成金の国

373 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 09:32:56.40 ID:rg+o87tF
イギリスが成金の国ってw
>>372頭膿んでるのか?w

374 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 09:45:56.19 ID:RUWJ5sRS
>>371
林望は英国の誤解を日本人に植え付けた右代表だから。批判も多かった。

>>373
372じゃねえがロンドンには成金だらけだけど。税金が急に上がったから
逃げ出す金持ちも多かったが、それでもロンドンのシティやゾーン2あたりの
住宅地に行けば判る

375 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 09:59:06.59 ID:DSm75wX5
BBCトップギアの名司会者ジェレミーはロケ中のケータリングのメシがマズいだか
気に入らないでスタッフに暴力、番組降ろされ-のの人気番組だったトップギアまで終わらせたな。

ジェームズとリチャード、とんだとばっちりw

376 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 10:18:23.57 ID:arr8aXhm
>>374
> 林望は英国の誤解を日本人に植え付けた右代表だから。批判も多かった。

そりゃ仕方ない。イギリスのメシは不味いとは知られても、
具体的に何がどう不味いのかを事細かに説明したのは
リンボー先生が初めてだからな。

377 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 10:55:17.33 ID:/U8zPZq/
英国王室さまも成金だもの
資産家で大手金融屋、そして政治にも手出す
それがイギリスの現実を象徴してる
格式が高い?華やかな貴族社会が在った?
どこがだよ
その象徴がマズい飯
イタリアやフランスは貴族がさんざん贅沢してくれたおかげで
飯が美味しくなった

378 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 11:09:39.94 ID:yTqqw2hG
イギリスの朝食は?

379 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 11:38:55.87 ID:NHotQCdX
>>378
イギリス料理としては例外的に普通に食えると言うだけで、世界のいろんなうまいものと比較してうまいかと言われると……。

380 :反ス厨 ◆EWVy18tcGo :2015/11/07(土) 11:56:09.56 ID:BSkVTv+V
おやつにしては上出来だ

381 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 12:03:51.24 ID:4+w1jGah
>>380
英国の朝食はディナーだろw

382 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 12:07:33.24 ID:0Ga0lPXz
高級レストランとかでも、メインは美味しくてもちょっとした物がまずい時がある。
イギリスで食った食事、料理は旨かったが、デザートに出てきたアイスに添えられていた
ウエハースが死ぬほど不味かった。
やたら固くて、ダンボールみたいなの。

383 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 12:25:52.16 ID:PRlJj707
英国貴族って結局攻めてきたノルマン人の成れの果てと海賊の末裔
王室はハノーファー家
大したことない

384 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 12:37:16.01 ID:yTqqw2hG
>>379
やっぱり相対的に感じる味覚ですか
漱石の「倫敦消息」だったか、朝食の細かい描写はあるけど、
ディナーで出る料理に触れていないのは、よほど困惑したのかも

385 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 13:07:34.83 ID:4DbIwBrW
東郷平八郎は留学して英国の訓練艦に乗った時に菜の少ないのを嘆いていた気がする

386 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 14:29:48.49 ID:6zmrDnV9
きっと鞍馬から牛若丸が出て来たのだろう

387 :空気売り ◆FndFlk2WVA :2015/11/07(土) 14:42:03.60 ID:l6OZ+mv4
落語ネタというと、園家なんかは勤労奉仕を噺の枕に使ってたな

388 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 14:55:05.46 ID:/U8zPZq/
ただのオヤジギャグ、くだらないダジャレも古典となれば
格式がぐんと上がりましてもはや教養の域でございます

389 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 15:12:41.21 ID:FmLTI4DV
中国の空母の食事はやっぱりチャーハンに酢豚に玉子スープなんかな?
士官には北京ダックとかも出そう

390 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 15:15:29.29 ID:OOaar1sk
>>382
パンが不味いんだよなあの国
日本のパンは甘いとか言われるけど、それ以前の問題で不味い
店で焼いてるデリカフェみたいなとこのパンはまあ食えるんだけど、
日本のチェーン店レベル

金だしゃうまいって言われるけど、
他の国で同レベルの金出した時と比べたら二段か三段は落ちる・・・

391 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 16:06:19.50 ID:cqq6OHXC
本場の英国料理?と謂うものを食ったことはないが
「本場の英国料理は旨い!」とテレビで豪語する英国人を見たこともない

392 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 16:15:33.26 ID:HEMwx1YD
イギリスの紅茶は美味い(生産地はインドや中国)

393 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 16:16:14.92 ID:4DbIwBrW
イギリス人に聞いたことはあるけど、
そんなことないよママの料理は美味しいよって言ってた

394 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 16:27:30.75 ID:HEMwx1YD
それは教育の賜物ですな

上に出ていたリンボー氏の息子(生粋の日本人)は、英国の学校給食で
ソーセージと呼ばれる何かを食べさせられ続けた結果、アレも結構うまいよと
発言するようになったとか

395 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 17:14:42.70 ID:yTqqw2hG
「欧州のお茶は水が違うから、日本とは違う」という話を聞いた事はありますね
台湾と上海で味わった茶は、同じ茶葉を日本で飲んでもなんか違う感じがしてしまうのが不思議

もの凄く高級な烏龍茶を頂いた事があるけど、確かに美味しかった
美味しかったんですが、後々よく思い起こしてみると、
「紅茶をストレートで味わうのと似てたのかな」とも思えて面白いです

396 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 18:11:36.17 ID:n7iFd9Ax
下町の大衆食堂が一番おいしいってきいた

397 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 19:00:06.40 ID:NaNuMO3f
>>337
成金の意味も解らんバカ?

398 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 19:16:56.88 ID:FcXzQXN4
つまりカレーの原型が敵陣に侵入してカレーライスへ昇格したわけか

399 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 19:18:03.38 ID:/U8zPZq/
イギリスは今威厳と格式を持って中国に媚を売ってるよ
日英同盟のころと同じだ
あまり夢を見ない方がいい
批判する気は無い
どこの国も国民を食わせていくのは大変なんだ
ASEAN拡大国防相会議で中国を前にうつむく国ばかりな現実

400 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 19:42:53.97 ID:OOaar1sk
>>396
代表料理がウナギゼリーやんけ

401 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 19:47:26.39 ID:arr8aXhm
支那様はボーイング300機、エアバス150機お買い上げらしいが、
「代金を完済するまでが取引です」と申し上げたい。
いや実際の話、言うだけ言っといてその後音沙汰無し
という事例が少なくない中共さん。

402 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 19:49:43.35 ID:Nub4NeAP
何年か後にはC919になるのかな?

403 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 19:50:44.41 ID:4DbIwBrW
ブラジルだったかで経済支援をぶち上げたけど
前のがまだ実行されてないのに何言っての?って反応だったとか聞いたな

俺には真似できないわ

404 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 20:16:42.67 ID:LCQ9dKz4
>>400
フィッシュアンドチップスを忘れないであげて!

405 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 20:48:36.99 ID:/U8zPZq/
イギリスが全力で習近平国家主席を接待して
あまりの媚っぷりに周りが呆れた事実は事実
多少味に問題あったって習近平はニコニコさ
一流国家イギリスがついに中国に屈服だ
チベットのチすら言わせなかった完全勝利だ
空手形ならいくらでも切ってやる
・・・
日本は航行の自由作戦不参加を公式表明させられた
あえて言おう、させられた、と
たぶん交換条件は尖閣あたりだろうな

406 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 20:58:23.89 ID:/U8zPZq/
日本が参加するわけないんだ
それは分かってた
だが中国は公の場ではっきりと名言する事を要求してきた
官房長官は屈辱の会見だ
日本不参加となればもう他の国はうつむいて黙るばかり
日本も軍事演習だの援助だので巻き返しに必死だが苦戦は否めない
落ち目と見るやロシアの態度も・・・
お花畑から目覚めてみればとんでもない現実が猛烈なスピードで進行中

407 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 21:27:17.88 ID:FcXzQXN4
>>405
なんか英国から全力で出されたワインが廉価品だったって?

408 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 21:30:40.08 ID:w8ZflFCZ
>>407
英国は、ワインには
北過ぎるような…

409 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 21:47:41.84 ID:yTqqw2hG
少なくとも、日本国は憲法を遵守する国では?
英国でも中華料理は好んで食べている国民も多いと思いますが、
「箸」の使い方もうまいでしょう

410 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 21:50:48.28 ID:n7iFd9Ax
あそこ、日本に直接的には関係ないからな…参加する大義名分がない

411 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 22:00:16.15 ID:/U8zPZq/
>>407
そうだとしてもさもありなんだよ
全力で接待して裏では舌出して笑ってるのさ
田舎者や成金を格式と威厳で有頂天にさせるのはお得意だ
テーブルワインだって宮廷で注がれたら田舎者は感激する
そこは置いといてイギリスが全力で接待して見せた事に意味がある
見せる為にやってるんだ、あたりまえだど忘れがち
全ては演出、劇なんだ
その効果、影響力は?

412 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 23:05:51.15 ID:9sdU6AGg
>>408
今イギリス南部が、50年ほど前のシャンパーニュくらいの気候になってるとかで、ワインの品質も生産量も上がってるそうな

413 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 23:10:05.53 ID:FcXzQXN4
>>411
ダイコォン....ワッサービ....エダマーメ....オールマストダーイ

414 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 23:46:20.32 ID:LCQ9dKz4
>>412
まあ外交で使うワインは味だけでどうこうってものでもないからなぁ・・・
特に欧州はワイン法あるやろ

415 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 01:19:23.25 ID:EK0PsNLJ
>>407
細かい所で腹背してるんだよな
さすがブラックユーモアの国・・・
というか露骨だけど

416 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 02:37:03.55 ID:3WYhd4Ja
>>343
二度とクロンボ定食なんて言わせない。
絶対だ。絶対にだ。

417 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 05:24:04.04 ID:Nr+UBO+G
コーンブレッドにフライドチキンに、ナマズのフライにスイカかな?
こうして見ると、単に南部風定食って気も。

418 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 05:26:55.94 ID:Nr+UBO+G
>>415
集金ぺーの空港での会見が、トイレの前だったとか

419 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 08:25:43.29 ID:aYrAtFfV
せめて3ヶ月くらいはイギリスに暮らした経験があって、銀座や赤坂あたりの
名店もそれなりに食ったことがある奴が、イギリスは〜ってウンチクを書いてくれよw
子供の語る性愛のウンチクみたいにしかみえんよ

420 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 08:47:02.37 ID:Nqx1f2pX
ペドのスカトロ紳士と聞いて

421 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 09:06:31.57 ID:pjgML09F
>>419
そんなの要らないよ
なんにでも例外、レアケースはある
レアケースよりも世界の常識、共通認識を語る方が有益だ
イギリスの飯はマズい、ドイツは普段はどケチ、そういうのを上げた方が有益だ
ドイツの合理性は普段の朝食にも出てる
必要なカロリーと栄養を最も安価に摂れる食事が高性能、合理的
ドイツ人はきっと日本の牛丼屋に共感してくれるだろう
高効率なカロリー摂取だ

422 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 09:21:33.73 ID:vvH8KJIR
ドイツで食った朝飯、味の濃いクリームスープに山盛りの茹でジャガイモという組み合わせだったな。
なんでこんなにしつこい味なんだと思っていたら、隣のテーブルのおっちゃんが
茹でジャガイモをスープにぶちこんで、スプーンで砕いて食べていた。
そう言う事かと納得したが、なら最初からピュレっぽくしとけよと思った。

423 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 09:30:21.10 ID:j1oK9IdJ
>>420
ペスカトーレ?
漁師風の豪快な料理は、中世の海賊船や軍艦では出なかったのかな。

424 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 09:41:36.85 ID:62s2GeXz
>>423
中世の海賊船や軍艦などが、いわゆる”F作業”をやったのかどうか疑問ですね。

魚を大なべで煮込む、的な料理も
ブイヤベースぐらいしか思いつかないし・・・

425 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 10:32:25.96 ID:j1oK9IdJ
2015年11月8日10時02分
 「プリズンカレー」はいかが? 大阪刑務所(大阪府堺市)が、受刑者の給食と同じレシピで作ったカレーを関西矯正展で販売している。8日まで。

 牛肉やニンジン、ジャガイモなどの具や、麦が3割混じったご飯もプリズン(刑務所)と同じ。「塀の中」での人気メニューが400円で味わえる。

 社会復帰を目指す受刑者たちへの理解を深めてもらうための催し。担当者は「受刑者も、カレーを喜んでほおばる普通の人間なんだと知ってほしい」。

引用元:http://www.asahi.com/articles/ASHC74RP0HC7PTIL00D.html

426 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 10:40:51.46 ID:vvH8KJIR
>>424
バイキングは船でタラ釣って、船上で干しダラにしたというけど
あれは中世より前かな?

427 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 10:50:30.62 ID:EQnTsRMd
>>425
刑務所の食事情の話題になると、ちょっとややこしいことになるけど、
内心こういうのはちょっと食べてみたいな。勿論塀の外で。
あと関係ないけど、刑務所で作った家具とかかなり作りがいいから、こういうイベントにもいきたい

428 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 11:09:47.28 ID:KStXo2lv
>>425
死刑でいいよ

429 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 11:23:14.56 ID:EK0PsNLJ
刑務所は神輿を安く作ってもらえるのでおススメ
もし機会があればだけどね

430 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 12:29:11.08 ID:j1oK9IdJ
余りもののメシでオコシを作って船客に提供していたのは戦前の大連航路、上海航路などの客船。

431 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 12:29:25.81 ID:pjgML09F
刑務所の麦飯が年々白くなってるんだってさ
伝統を守るためちょびっと麦混ぜてるくらい?
経費削減なのか社会の批判に対応してるのか
今や麦飯は贅沢品、健康食

432 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 13:52:50.13 ID:4BqGFyHN
>>430
あまりモノのご飯を干して、少しの油で煎って醤油で味付けした「煎りコメ」が大好物。
なんだけど、これって自前で作るしか無いんですよ(手間がかかるから滅多に出来ない)

433 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 14:03:04.84 ID:7taQ5ZND
TPP対応&農業保護で政府備蓄米も増加するしな
米もだぶつくから積極的に使わざるを得ないだろう
本当に麦は贅沢品

434 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 14:08:50.29 ID:aYrAtFfV
>>421
経験より口先でまかなえる知識というのには同意出来ませんねえ。

海外でも日本でも戦場に行ってリアルで距離や地形を見聞すると
地図や書籍で見るのとはまるでちがいますからね

435 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 14:44:10.53 ID:BtACI6ZK
レアケースを持ってきて反論してもたいてい無意味なんだよ
ロンドンに日本人経営の日本人の職人が握っている寿司屋がありました
とても美味しかったです
だから何?

436 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 14:58:34.18 ID:aYrAtFfV
>>435
もうしわけないけど、なにを言ってるのかわかりません。レアケースとは?
おそらくパーソナル体験のような意味合いを言いたいのだろうけど、個人の経験をもとに
していたって、第三者が納得できる合理的な説明ができれば良いんですけど。

まさか「客観的な数値化されたデータ」しか論理性を持たないとおっしゃるつもりですかね?
それは基本からお間違えになってます
なぜなら、あなたの理屈だと(例えば)体験者からオーラルで得られた資料を基に論文を作れないことになります。

437 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 15:09:12.19 ID:aYrAtFfV
>>422
塩っ気が薄くなかった?
なんかドイツ料理は塩が効いてない感がするという人にたまに合う。
味の濃いとあるからそうでもないのを召し上がったのかな

438 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 15:26:14.92 ID:vvH8KJIR
>>437
どうだろう?
クリームやバター系のしつこい味の濃さで塩辛さは感じなかったけど、
塩分薄いとも感じなかった記憶。

439 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 15:48:01.27 ID:M1FqIDf0
> なぜなら、あなたの理屈だと(例えば)体験者からオーラルで得られた資料を基に論文を作れないことになります。
多数の体験談をもとにした論文というのはありうるけど、少数の体験談では普通は論文にならないよ。
せいぜいが、「そういう証言があった」というレベル以上にはなり得ないから。

440 :反ス厨 ◆EWVy18tcGo :2015/11/08(日) 16:13:47.20 ID:LnDprw7L
>>424
魚はハードビスケットの蛆虫取りにしか使わんだろ

441 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 17:08:06.75 ID:CKHN1LF1
>>437
そうなんか
ドイツ料理はビールに合う味の物ばかりかと

442 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 17:31:03.34 ID:xHC2gr1e
ドイツのビールは常温だから

443 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 17:45:54.99 ID:vvH8KJIR
ドイツは真夏でも平均最高気温25度越えないし、一年の半分近くは
最高気温10度以下だから、常温と言っても日本基準だとやや冷えくらい。
キンキンに冷たくはないけど、生ぬるいと言うほどでもない。
そして普通に冷たいビールもある。

444 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 18:02:39.35 ID:4BqGFyHN
中華圏は身体への影響から、冷たいものを避ける人は多いね
冷えたビールはあるけど、ジュースなんか常温のモノをわざわざ頼む人もいるよ

ドイツはいいな、個人的にそんな環境が理想だけど、
今度の東京五輪は、かなり厳しい暑さの中でやるんだろうね
屋外競技については、せめて屋根が無いとキツイんじゃないかな

445 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 18:25:11.13 ID:xHC2gr1e
熱中症で何人倒れるかが楽しみだな

446 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 18:32:04.42 ID:I2MG8b3i
1960年の東京オリンピックは10月10日の秋空の下で行われたけど
今度は真夏だもんな
食中毒とか起きなければイイけどな(`・ω・´)

447 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 18:53:17.83 ID:vvH8KJIR
暑さで言えば、カタールのワールドカップ大丈夫なんかね?

448 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 19:11:12.75 ID:Nr+UBO+G
>>446
一応突っ込んどくとTOKYO1964な

449 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 19:17:45.25 ID:Nr+UBO+G
>>444
一方ブラックアフリカではビールを温めて飲むのが一般的だと。
まだ電気が来てない地域も多くて冷蔵庫が普及しておらず、
高い気温下で生ぬるいのを飲むぐらいなら、いっそお燗をつけた
方がまだしも飲みやすい、とアフリカ在住日本人の話にあった。

450 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 19:24:10.55 ID:4BqGFyHN
>>449
ビールをお燗とは、開き直りにもほどがありすぎる気がしますが・・・
環境によって感じ方も変わるから、けっこう酔えるのかも?

台北の暑い時期に、冷たいものより熱いウーロン茶は、最高の味わいでしたが

451 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 19:32:38.30 ID:uesb8e5H
>>449
ケニアだと夏でも夜は肌寒い時があるんで冷えたビールなんて飲めんかったな

452 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 19:35:33.98 ID:j1oK9IdJ
アフリカ大陸南部のアンゴラではバナナで作ったビールが飲料水がわりになるということだったな。
清潔な水が手に入りにくい農村部ではこれを大きな甕に入れて子供もそれを飲む。
臭くて味も凄いらしい。帆船時代の飲料水も凄い臭いだったんだろうな。

453 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 19:38:45.27 ID:Nr+UBO+G
>>451
ケニアだと首都ナイロビでも、ビールを頼む時は「cold beer」と
わざわざ断らないと、熱いやつが出て来るというのは本当かね?

454 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 19:39:15.13 ID:vvH8KJIR
ピラミッド建設の労働者が飲んだというビールもそんな感じだったのかね?

455 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 19:44:49.64 ID:Nr+UBO+G
『ビールを水で薄めて販売した酒屋の女将は水に投げ込まれるべし』
     ――ハムラビ法典

456 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 19:48:32.93 ID:4BqGFyHN
日本酒や紹興酒なんか温めるけど、
世界中、長い歴史の中で、だいたいは常温で飲むのが普通なんじゃないかな
西洋で火にかけて温める酒って、パッと思いつかないけどなにがあるんだろうか?

457 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 19:50:59.26 ID:EK0PsNLJ
ワインも温めて飲むでしょ
あと、あのイギリスにもホットビールがあった気がする

458 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 19:51:01.46 ID:Uz4VPklZ
>>456
ホットワイン

459 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 19:54:57.03 ID:p7Jndzqr
ワインは温めて飲んだりはするよ
アルコールはエスプレッソマシンみたいなので短時間で温めて飛ばさないようにしたり
ラムとか足して補ったり・・・
各種スパイスや砂糖とかも入れる一種のカクテルだなぁ

専用のスパイスミックスとかも売ってたりする
お安く楽しめるので寒くなるこれからの季節はけっこういける

460 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 19:56:43.79 ID:uesb8e5H
>>453
ジャパニーズだと言っておけば多分大丈夫じゃないかな、日本人には冷たいのを出すと良いと言われてるらしいし
あと熱いのじゃなくて温いのな、冷蔵庫から出して日陰に一時間くらい置いといたようなのが出てくる

461 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 20:06:16.09 ID:4BqGFyHN
まるほどホットワインか・・・風邪をひいたときとかに飲むのかな
紹興酒にもザラメとショウガを入れて温めるから、やっぱり身体を温める意味合いかな
日本酒では、卵酒くらいかな

462 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 20:37:47.93 ID:BtACI6ZK
ググってみたけどただ暖かいワインではないようだ
こんなイメージ
http://1.bp.blogspot.com/-OgscyNN7X5k/TvghQSpmGeI/AAAAAAAAESw/1zyGPOHuuKA/s1600/mulled-wine.jpg
ホットビールはヒットしない

463 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 20:39:31.95 ID:xHC2gr1e
冷たいビールを飲むのは日本位だろ

464 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 20:42:24.71 ID:PVCZYsOn
>>463
タイ人は氷を浮かべて飲む。

465 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 20:47:51.83 ID:vvH8KJIR
>>463
アメリカ人も飲むし、イギリスやドイツにだって冷たいビールはあるよ。
主流ではないってだけで。

466 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 21:15:26.10 ID:EK0PsNLJ
>>462
サングリア?

商店街のイベントなんかでワイン出す店がやってるね
昼間にのんびり飲むには調度いいよ

467 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 21:22:42.02 ID:5uYjcJZI
英独だって日本の夏に来て飲むなら冷やしたのがいいに決まってるだろ。
南方で冷やしといたビールを飲もうとしたら部下のいたずらで飲めなかった黛大佐の鬱屈

468 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 23:10:00.56 ID:qjNQ6NP0
サングリアは基本的に冷やして飲むもんだ
温めるのはグリューワインやらヴァン・ショーてやつだろ

469 :名無し三等兵:2015/11/09(月) 00:11:27.27 ID:wGzU6TVc
462はサングリアだな。柑橘系の果物つけてやたら甘いのが。
炭酸で割らないと女子供の飲み物感強し。
それが嫌で甘くないサングリアを作ってみたという珍しい店があったな

470 :名無し三等兵:2015/11/09(月) 00:29:08.04 ID:3mXZchaI
>>422
昔、レーションに関する記事を読んだことがあって、第二次大戦中のドイツ軍の食事中の写真に解説が振ってあって、「茹でたジャガイモにシチューの様なものをかけて食べている」とあり、当時このシチューの様なものがどんな味なのか食べてみたくて仕方なかった。
ドイツ軍への憧れからか、勝手に絶対美味いはずだ!とか思い込んでた。
このシチューの様なもののレシピってどんなモノだったのか未だに気になる。食ってみたいなぁ。

471 :名無し三等兵:2015/11/09(月) 00:47:42.18 ID:gs2uvDvF
>>469
そういう飲み物として作ってんのに、わざわざマッチョ思考の大人の男様が飲んでみようと思うのが間違いだろうし、挙げ句甘いのが不服とかなに言ってんのって感じだな

472 :名無し三等兵:2015/11/09(月) 03:34:14.81 ID:GSCNIHXh
暖かい酒と言えばホットラムとかなかったっけか。

473 :名無し三等兵:2015/11/09(月) 05:47:45.12 ID:EfW/yEw9
グロッグやろ

474 :名無し三等兵:2015/11/09(月) 06:34:55.96 ID:zIx+cbxW
ここまで細かく酒の温度を区分している民族は日本だけと断言できるだろう
外国でホットを注文したら酒を煮立てかねんぜ
いやいや、熱燗で頼む
●冷やの表現
みぞれ酒 0度
雪冷え(ゆきひえ) 5度
花冷え(はなひえ) 10度
涼冷え(すずひえ) 15度

●燗の表現
日向燗(ひなたかん) 30度
人肌燗(ひとはだかん) 35度
ぬる燗 40度
上燗(じょうかん) 45度
熱燗(あつかん) 50度
飛び切り燗(飛び切りかん)55度以上

475 :名無し三等兵:2015/11/09(月) 06:51:31.83 ID:sUSsNPyt
大分県別府市の立命館アジア太平洋大(APU)構内にある学生食堂が、
イスラム教の戒律に従った「ハラール」対応の認証を受けた。
食堂はイスラム教圏からの留学生をはじめ1日約3千人が利用。
認証機関のNPO法人「日本アジアハラール協会」によると、ハラール認証の飲食施設として国内最大規模という。

イスラム教では、口にすることが禁じられている豚肉やアルコールを食材に使わなくても、
それらに触れた調理器具で料理を作ると戒律違反になる。

APUには、イスラム教圏からの留学生約500人が在籍。
食堂では以前から豚肉やアルコールの不使用を明示したメニューを出していたが、
協会が定める基準に従って調理器具の使い方も厳格にし、留学生がより安心して食事を楽しめるようにした。

提供するメニューは和洋中、エスニックなど36品。

インド出身の3年生、チャウダリー・アリさん(20)は
「認定があれば心配せずに食べられる。
 ハラールの店が全国に増えれば、イスラム教圏の学生がもっと日本に来やすくなる」と語った。

写真:立命館アジア太平洋大構内にある、ハラール認証の飲食施設として国内最大規模の学生食堂
http://www.sankei.com/photo/images/news/151108/dly1511080022-p1.jpg

以下ソース:産経フォト 2015.11.8
http://www.sankei.com/photo/daily/news/151108/dly1511080022-n1.html

476 :名無し三等兵:2015/11/09(月) 06:54:38.40 ID:sUSsNPyt
真珠湾攻撃作戦に参加した駆逐艦「磯風」では荒れる北太平洋で甲板作業が必要になり
それに従事した下士官兵たちには艦長命令で何か熱くした酒がふるまわれたらしいな。
海軍の規則か何かにそういうのがあったらしい。寒冷下での作業後にはそういうのを供せよ、みたいな。
この酒が何だったか思い出せない。ジンだったかラムだったか、ほかのものだったかもしれない。

477 :名無し三等兵:2015/11/09(月) 07:13:43.99 ID:1AQDJg9o
衛生酒

478 :名無し三等兵:2015/11/09(月) 08:16:12.56 ID:zIx+cbxW
>>475
その記事は間違ってるよ
ハラールの飲食施設として国内最大規模なのは刑務所だ

479 :名無し三等兵:2015/11/09(月) 08:39:34.79 ID:GSCNIHXh
>>478
刑務所は確かに飲食を供するが飲食施設ではないだろう。

480 :名無し三等兵:2015/11/09(月) 09:31:30.03 ID:G/TGA+P+
>>479
確かにな
飯を食いたいが為に豚箱に入る酔狂な奴はそうそう居ないだろう・・・と思ふ

481 :名無し三等兵:2015/11/09(月) 09:38:13.39 ID:UzWXqnsP
>>480
寒くなると刑務所で越冬しようという奴が結構居る。
前科餅が無銭飲食、無線宿泊をやって、捕まえてもらうために逃げない。

482 :名無し三等兵:2015/11/09(月) 10:34:29.22 ID:zIx+cbxW
希望者は入所できる制度にすればいいんだよ
衣食住、仕事まで用意してくれる
一人当たり20〜30万の経費はかかるけど生活保護よりは建設的だ
生活保護もらいながら毎日酒飲んでタバコ吸ってパチンコ行って
プラプラしてるよりずっといい

483 :名無し三等兵:2015/11/09(月) 10:35:23.98 ID:G/TGA+P+
>>481
なるほど
考えように依っては高齢者になって長期刑を受ければ
身体が不自由になったら
介護はして貰えるし孤独死に成らずに済むから良いかもしれん( ·_· )

484 :名無し三等兵:2015/11/09(月) 10:41:08.82 ID:yAI6/uTN
実際高齢受刑者が増加の一途で刑務所が介護施設化し始めてるそうだからね…
刑務官の負担は大変なもので他の受刑者に下の世話させれば良さそうなもんだけどなあ

485 :名無し三等兵:2015/11/09(月) 11:18:54.96 ID:iTLxOXk/
>>474
ワインなんかも、厳しい温度管理がありそうだけど、
日本人というのは、深くこだわって楽しむ事が好きなんだと感じましたよ

486 :名無し三等兵:2015/11/09(月) 11:44:14.38 ID:/paR7RfA
>>472-743

帆船時代の英国海軍だと、紅茶が普及するまでは水で薄めたラム酒に砂糖を入れ、
それに熱した鉄板を入れて温めて出す「フリップ」なる飲み物が、航海中の船上で
水兵らが口にできる主な温かい飲み物だったとか。

487 :名無し三等兵:2015/11/09(月) 12:06:01.74 ID:sUSsNPyt
現代の原潜乗りたちは自分たちの飲み物をバグジュースと呼ぶ。組成は不明。

488 :名無し三等兵:2015/11/09(月) 12:56:16.32 ID:/paR7RfA
>>479

「塀の中」の人気メニューいかが? 大阪刑務所が販売
朝日 2015年11月8日10時02分

「プリズンカレー」はいかが? 大阪刑務所(大阪府堺市)が、受刑者の給食と同じレシピで
作ったカレーを関西矯正展で販売している。8日まで。

牛肉やニンジン、ジャガイモなどの具や、麦が3割混じったご飯もプリズン(刑務所)と同じ。
「塀の中」での人気メニューが400円で味わえる。

社会復帰を目指す受刑者たちへの理解を深めてもらうための催し。
担当者は「受刑者も、カレーを喜んでほおばる普通の人間なんだと知ってほしい」。
http://www.asahi.com/articles/ASHC74RP0HC7PTIL00D.html?iref=comtop_photo

489 :名無し三等兵:2015/11/09(月) 13:15:20.72 ID:IT3CuwfE
>>484
懲役の一環でそう言うのはあるそうだぞ。
認知症の受刑者とかもいるし。

490 :反ス厨 ◆EWVy18tcGo :2015/11/09(月) 13:19:05.36 ID:98v01dRH
そして若いナースに介護や治療して貰えないのは拷問だ!と言い始めるわけですね

491 :名無し三等兵:2015/11/09(月) 13:44:02.13 ID:xQ4mXnjJ
>>485
つうかさあ、ドイツではビールに温度計を指して、冷えすぎなら暖めて飲んでるってのは
比較的知られた蘊蓄だと思うんだがなあ。
イギリスのパブだって、ビールの温度は銘柄毎で違うんだし、スコッチは
日本人のように冷やして飲まない(まあ、ブリは味音痴だ、日本人の舌は世界一だって
言いたいアレ系の人は噛みついてくるだろうけど)。

>>474
>民族は日本だけと断言できるだろう
これってただのアホウヨのホルホルなんじゃねえかと。外国なんか関心さえ
ない連中のくせに

492 :名無し三等兵:2015/11/09(月) 14:07:22.09 ID:iTLxOXk/
>>491
自画自賛はみっともないかもしれけど、温故知新という言葉もあるじゃないですか

スコッチは手で温めながら、とは聞いた事がありますが、
ビールの温度管理については、恥ずかしながら知りませんでした

493 :名無し三等兵:2015/11/09(月) 14:11:39.45 ID:quNoQYI6
日本の温度湿度気候が特殊過ぎるってだけの話だよな

494 :名無し三等兵:2015/11/09(月) 14:15:51.42 ID:oUZOHW7I
ジョッキを冷凍庫で冷やしておくのは・・・冷たすぎだよね

495 :名無し三等兵:2015/11/09(月) 14:28:41.70 ID:d+nnumDz
まあビールってのもいろいろあってな
日本のビールは冷やして飲むほうが美味いタイプが普及している
そういうタイプのビールには冷凍庫で冷やしたジョッキもいいんじゃね?

496 :名無し三等兵:2015/11/09(月) 14:29:20.49 ID:1AQDJg9o
>>491
> >>485
> つうかさあ、ドイツではビールに温度計を指して、冷えすぎなら暖めて飲んでるってのは
> 比較的知られた蘊蓄だと思うんだがなあ。


すまんがリアルにドイツに12年間駐在してたが、一回も見たことない
冷やしすぎると風味が損なわれたり酵母がおかしくなるので冷やしすぎないだけで、冷えたの出てきたら温めれば、という問題ではない

497 :名無し三等兵:2015/11/09(月) 14:38:46.94 ID:xQ4mXnjJ
>>496
これは失礼しました。なんどか雑誌やテレビで見たもので。暖める器具とかいろいろ
紹介されていました。こんな感じ↓
http://blogs.yahoo.co.jp/fassnori/63737227.html

ドイツは食文化にビームも含まれていて地域差があるのか、ありがちな「
誤解やウソが広まった」情報かもしれませんね。
なおロンドンのビールの件は何度か滞在していましたので実体験です

498 :名無し三等兵:2015/11/09(月) 14:49:56.08 ID:xQ4mXnjJ
自己レス
Bierwärmerを使うのは昔の習慣っぽいかも。暖める器具がどれも古い。
このサイトの下の方でも出てくるけど、デザインが今のものではないですね
http://www.beeradvocate.com/community/threads/recent-münchen-bamberg-visit-debrief.116189/

あと僕もドイツに行った際、話のネタにビール暖め機で飲める店を探したけど
フランクフルトやその他の街ではまったく見つかりませんでしたねw
色々失礼いたしました。人のことをあれこれ言える資格ないですわ

499 :名無し三等兵:2015/11/09(月) 15:04:02.10 ID:Fk7oxknN
英国人が温いビールばかりを飲んでいるのはLUCAS製の冷蔵庫を使っているため。


そう言えば、美味しいギムレットは冷やし過ぎてはいけない云々の話しがライアルの『深夜+1』に出てくるな。
で、何でも兎に角よく冷やすのがアメリカを上手く治めるこつだとか何とか。

500 :名無し三等兵:2015/11/09(月) 16:10:05.32 ID:z67qSY6D
>>491
イギリスは飯はまずいが酒はめっぽう旨いな

501 :名無し三等兵:2015/11/09(月) 17:08:37.28 ID:sUSsNPyt
取材でスコットランド人のブレンダ―から直接聞いたことがあるが
ウイスキーの正しい飲み方、というのは無いということだったな。
加水してもよし、ミルクを入れてもよし、氷を入れてもよし、何ならワインを入れたっていいじゃないか、と。
その人でその人でもっとも美味いと思う飲み方をされてこそ醸造した甲斐もあるのだ、と。
強いて言えば、ガブ飲みせずその味と香りを堪能してもらいたいとは個人的に思っているということだった。

502 :名無し三等兵:2015/11/09(月) 17:14:30.71 ID:vB+9aNcA
グロッグで思い出したんだが
同じような水兵向けの飲み物で、濃く作ったココアにブランデーとバター入れた不凍液みたいな飲み物の話をどっかで聞いた覚えがあるんだけれど
これの名前や詳しいレシピ知ってる人いない?

503 :名無し三等兵:2015/11/09(月) 17:33:05.31 ID:iTLxOXk/
>>501
いいですね、今夜は手元のニッカを少し飲もうかな
個人的に、ウイスキーのアテにサラミとチーズが好みだけど、
本当に好きな人は肴はいらないのかな

504 :名無し三等兵:2015/11/09(月) 17:41:09.14 ID:yAI6/uTN
ウィスキーは古ければいいってもんじゃないし高けりゃ良いってもんでもないね
世界一の評価を受けたものでさえ数年ものでメーカー販売価格は2〜3万円程度で飲める人には楽しみやすい酒
でも近年投資目的で買い漁る連中が現れたから良いとなったらすぐ高騰して姿を消しちゃう…

505 :名無し三等兵:2015/11/09(月) 17:57:38.54 ID:oUZOHW7I
週休二日はイギリス人炭鉱夫が二日酔いで効率が上がらなかったおかげだっけ

506 :名無し三等兵:2015/11/09(月) 17:59:15.71 ID:EfW/yEw9
スプーンの立つホットチョコレートとな?

507 :名無し三等兵:2015/11/09(月) 18:03:27.27 ID:Y5VR/CZn
温度計というのがもうねぇw
日本は人肌と注文すれば人肌が出てくる、職人は温度計なんて使わない
(相変わらず文化の違いに怒り出す変な人いるね)

508 :名無し三等兵:2015/11/09(月) 18:17:25.09 ID:L/WqShrv
よし、今夜はアイリッシュコーヒーだ

509 :名無し三等兵:2015/11/09(月) 18:23:30.04 ID:DgvZ23C8
>>508
いいね、アイリッシュコーヒー

しかし、アイリッシューウイスキーたっぷりで
アイリッシュコーヒー淹れてくれる店が
無くなってしまったのが痛い・・・
注文すると、
「お酒入ってるんですけど、大丈夫ですか?」
って聞いてくれたな・・・

510 :名無し三等兵:2015/11/09(月) 19:15:34.13 ID:sUSsNPyt
>>504
醸造所が閉鎖して、あとは消えてゆくだけのポート・エレンとかかな。

英国海軍の新型空母「クイーン・エリザベス」の進水式ではエリザベス女王お気に入りのアイラ・モルト、ボウモアが使われた。
2番艦の「プリンス・オブ・ウェールズ」ではチャールズ皇太子お気に入りの同じアイラ・モルト、ラフロイグが使われるのだと思う。

511 :496:2015/11/09(月) 19:28:13.29 ID:1AQDJg9o
>>498
>
> あと僕もドイツに行った際、話のネタにビール暖め機で飲める店を探したけど
>

実は一回だけ見てて、それはミュンヘンのシュヴァービング区の今は無き飲み屋兼定食屋
へレスという種類のビールを四百ml入りのへレス専用グラスで飲んでたおじさんが、ワインクーラーの桶にお湯を入れたのを用意してもらってて、飲まないときは桶にグラスを突っ込んでました
多分人肌だったかと

512 :名無し三等兵:2015/11/09(月) 19:30:55.31 ID:1AQDJg9o
>>511
>
> 実は一回だけ見てて、それはミュンヘンのシュヴァービング区の今は無き飲み屋兼定食屋
>

すまん言葉足らず
温度を測ってるのを見たのではなく、温めたビールを唯一見たときの話

513 :名無し三等兵:2015/11/09(月) 21:58:53.42 ID:quNoQYI6
>>502
何だろう、ひょっとして英国海軍のラム酒入りココアかなぁ…あれレシピなんて適当だったと思うけど
カクテルであえていうならアレキサンダーか?でもあれは生クリームだしなぁ…

514 :名無し三等兵:2015/11/09(月) 22:14:04.10 ID:m7AXkBmn
女王陛下のユリシーズ号に出てた塩入りココアなら

515 :名無し三等兵:2015/11/09(月) 23:16:54.69 ID:iTLxOXk/
T:クランシーの「レッドオクトーバー」にも、
グリーア提督の塩入コーヒーとか、あった気がする
これは、スイカに塩と同じ効果なのかな?

516 :名無し三等兵:2015/11/10(火) 00:13:05.09 ID:u2RABtq0
ほい
http://www.nanahime.net/nanahime_images/IMGP317833.jpg
コーヒーには塩の文化圏もある
異文化を否定せず認めて受け入れる寛容さが大事
あっち目線じゃ日本はコーヒーに砂糖を入れてる不思議な国かもしれない

517 :名無し三等兵:2015/11/10(火) 00:31:26.60 ID:jzspbRQM
塩ライチは飲んだけど、これはしらなかった・・・
東南アジア(かなりうろ覚え)の何処かで、
「ライスにコーヒーをかける」というのを見たか聞いたかしたけど、
中々香ばしそうだなと思った記憶が

518 :名無し三等兵:2015/11/10(火) 00:35:55.81 ID:B4c7ZFjl
グロッグはPusser's Rumで作るのだ

519 :名無し三等兵:2015/11/10(火) 00:42:30.00 ID:mFy5sTQY
塩入りコーヒーというと、ゾイドを思い出すなw

520 :名無し三等兵:2015/11/10(火) 01:26:33.01 ID:6aS8PzpF
U-333だったと思うが爆雷攻撃で真水タンクに海水が流入して
その日以降は塩辛いコーヒーを飲む羽目になった、って。
クレーマー艦長の手記。

521 :名無し三等兵:2015/11/10(火) 03:40:25.63 ID:tpgYYN8L
うん
U-333の話

日本の潜水艦は艦名に 3 がついてると不吉で、伊33なんてどうしょうもなかったけど、ドイツのU-333は幸運艦だったね

522 :名無し三等兵:2015/11/10(火) 07:40:10.75 ID:PI1JjztI
>507
それは、人肌で温めれば人肌になろう(錯乱)

523 :名無し三等兵:2015/11/10(火) 07:40:50.47 ID:CN2kbjb8
>>507
ドイツ人を下に見て、日本人は職人肌だ、おまえらは不器用だって上から目線で言う
あなたみたいな人はめずらしいねえ

524 :名無し三等兵:2015/11/10(火) 08:21:29.95 ID:CN2kbjb8
>>522
そいつは小料理屋や割烹などでろくに飲んだこと無い奴でしょう
だって店によってぬる燗や人肌でも温度が違うのは、酒飲みの常識だもんw 
それに日本酒にこだわる店では冷や常温でも温度計で管理してるし
赤銅の立派なお燗器(おそらく特注品)にも温度計をつけてる店あるしね。

525 :名無し三等兵:2015/11/10(火) 08:51:28.55 ID:A2YPuMnX
飲み屋だけにこれが人肌かよ!なんて因縁付ける酔っ払いがいるし
店員がバイトの時代だから必然的に温度計で管理になるね
温度で色が変わるシールを貼ってある徳利を使ってた店もある

526 :名無し三等兵:2015/11/10(火) 09:08:23.70 ID:kk3v9cLe
俺が昔バイトしてた居酒屋は、電子レンジで燗してたな。
電子レンジ(マイクロ波)で燗すると、お酒が微振動して
まろやかな口当たりになるという話は本当なのだろうか?

527 :名無し三等兵:2015/11/10(火) 09:13:35.39 ID:JuPiKIlv
安ウィスキーに超音波をかけると味が良くなる。
って話なら…

528 :名無し三等兵:2015/11/10(火) 09:22:52.49 ID:mFy5sTQY
甲府のとある居酒屋でぬる燗頼んだらいつまで経っても出てこず、再三催促してやっと出てきたと思ったら、
ぬる燗どころか煮切ったような酒が出てきやがった。
酒蔵直営じゃなかったのかよ!

529 :名無し三等兵:2015/11/10(火) 17:56:45.99 ID:49jirjQv
>>528
それ東京でもあったわ。
他にも今時、水で薄めた日本酒を中華料理店で。

530 :名無し三等兵:2015/11/10(火) 18:48:29.43 ID:XTmzSocB
>>527
ボトルを振ってからウィスキーをグラスに注ぐと味が円やかになるとか
比べた事がないので事の真贋は分からん(´・ω・`)

531 :名無し三等兵:2015/11/10(火) 19:37:46.28 ID:A2YPuMnX
酒の扱いがいい加減な飲食店って料理もまともじゃないだろうね
でも学生バイトにいちいち教育なんかしてられないようで信じられんほど低レベルな店も珍しくなくなった
鼻をすすりながら配膳したりクシャミしながら料理運んだりと軍隊なら殴られてるだろうに

532 :名無し三等兵:2015/11/10(火) 21:26:52.01 ID:4EkWReXv
ふと思ったけど、ドンブリに親指ツッコミとかは個人的に愛嬌と捉えるけど、
ことの外この方面にやかましい欧米では、ラーメンに限らずウエイターもビニール手袋を装着とかしているのかね
器に口を付ける事は無いから、そこまではしないか

533 :名無し三等兵:2015/11/10(火) 21:52:06.87 ID:YmN1LYmY
ホリエモンの発言関連のスレだったかで
アメリカの何処では寿司職人にビニール手袋が義務付けられてるって書き込みを見たな

534 :名無し三等兵:2015/11/10(火) 22:16:20.34 ID:A2YPuMnX
築地でもマグロの切り分けにビニール手袋装着だし
切り身はドリップ吸い取りシートで包んでラップにくるむとかけっこう様子が変わってきたね
持ってきたまな板に載せて新聞紙をペタッと貼るだけとか以前がアバウトすぎたんだろうけど

535 :名無し三等兵:2015/11/10(火) 23:21:16.68 ID:PI1JjztI
>524
まあ行きつけの燗酒専門店じゃ温度計使ってるしなぁ

そんなゴタクより美人の人肌で温めた(以下略

536 :名無し三等兵:2015/11/10(火) 23:30:20.16 ID:H5ojcFa3
わかめ酒でも頼め

537 :名無し三等兵:2015/11/10(火) 23:32:29.82 ID:4fhbdEHA
ぷしゅぅ〜

538 :名無し三等兵:2015/11/11(水) 00:17:35.87 ID:0IHKIppM
アメリカのホットドックの屋台なんかも、ビニール手袋でやっているのかな
時々その手のニュースでやる、海外の女○盛りなんか、
ラップなんかを敷くとしたら、興ざめと感じてしまうかな

539 :名無し三等兵:2015/11/11(水) 05:43:50.20 ID:CuCNPagC
手やまな板が汚れるのが嫌だから
なのに客は逆に勘違いしてくれるから都合いい

540 :名無し三等兵:2015/11/11(水) 07:03:40.90 ID:BC8sL2h5
>>535
>>507はこのスレに常駐してる妄想ベースで知ったかぶりの人か
まちがってスレに迷い込んできたネトウヨででしょう

541 :名無し三等兵:2015/11/11(水) 14:15:52.90 ID:Nm2TdHAj
最近はおにぎりをビニール手袋で握るよね。

542 :名無し三等兵:2015/11/11(水) 14:25:56.76 ID:AbvH8qJ9
ビニール手袋は汚いもの触る時にはめるイメージなので、食べ物触るのすごい違和感がある。

543 :名無し三等兵:2015/11/11(水) 14:42:01.19 ID:HYCCXbtI
解る

どんなにきれい洗ったポリバケツだとしてもアレで水や食い物配られたくない

544 :名無し三等兵:2015/11/11(水) 14:42:36.65 ID:dF8HAtLQ
ビニール手袋は表面のエンボス加工で米粒が手に付きにくいんで米飯扱いやすいんだよ

545 :名無し三等兵:2015/11/11(水) 14:57:48.27 ID:2yYjTSi7
ただ衛生面ではビニール手袋アリの方が優れてるからな

手には常駐菌がいるのでどんなに丁寧に洗浄しても菌が手に残り
直におにぎりをにぎるとそれがご飯に付着して、増殖菌の親株になってしまう

546 :反ス厨 ◆EWVy18tcGo :2015/11/11(水) 16:16:15.70 ID:Em/L6pQR
でもビニール袋に直入れした食べ物見ると食欲失せるよね

547 :名無し三等兵:2015/11/11(水) 17:06:15.53 ID:hGUZHANU
>>543
じゃ、ブリキのバケツで・・・

548 :名無し三等兵:2015/11/11(水) 17:15:13.32 ID:0W0Tkkwc
>>543
昔ラーメン屋で機械の故障かなんかしらんけど
ポリバケツから柄杓でコップにお冷を入れて出されたことがあった
客に見えないようにしてくれよと

549 :名無し三等兵:2015/11/11(水) 17:53:27.63 ID:M6nHwHFv
まあ気持ちはわからんでもない
トイレの水道とかも普通の建物だと全く一緒の水が出るはずだけど
気分的に・・・ってのはあるからなぁ

550 :名無し三等兵:2015/11/11(水) 18:09:50.96 ID:zpuHABBi
■バケツ飯 レシピ
・米 一升
・バケツ(出来れば未使用が望ましい)
・沢庵 一本(昔ながらの塩辛い沢庵が望ましい)

1.米一升を炊き上げ、バケツに詰める。
2.真ん中に沢庵一本を丸のまま挿す。
運動部の合宿、飯場の炊き出し等に好適。

551 :名無し三等兵:2015/11/11(水) 18:28:26.94 ID:F2wecbtQ
はだしのゲンだったかトラックの荷台に積んだにぎりめしをスコップでバケツに…ってシーンがあったね
非常時とはいえこりゃあないわと思った

552 :名無し三等兵:2015/11/11(水) 18:40:41.71 ID:v3TeJv2V
>>550
それは、一本の沢庵を倒さない様に食う競技ですかい?

>>551
「はだしのゲン」だか別の漫画か忘れたけど、
子供がカエルを焼いて食う所を、大人が見て卒倒するというような描写を見て、
「え、嘘だろ」と、S50年代(当時小学生だったけど)に思ったよ
個人的には好んで食べようとは思わないけど、そんなにゲテモノでもないだろうと感じたけど

553 :名無し三等兵:2015/11/11(水) 19:06:34.41 ID:ItCXr3kx
動物愛護団体がカエルを食うのを禁止しようと頑張ってる
それくらい世界ではカエルが食われている
生態系への影響と足しか食わず他は捨ててるのがけしからんという事らしい
フカヒレと同じ論法

554 :名無し三等兵:2015/11/11(水) 19:12:54.46 ID:v3TeJv2V
全部丸ごと行けばokという事ですかね
生態系に大きな影響を及ぼすほど取り尽してしまえば問題だけど、
その問題定義には、なんか違和感を感じますよ

555 :名無し三等兵:2015/11/11(水) 19:30:53.54 ID:GZ4xfyHQ
>生態系への影響と足しか食わず他は捨ててるのがけしからんという事らしい
クジラなんて丸々食っても文句言うくせにね

556 :名無し三等兵:2015/11/11(水) 20:06:54.65 ID:ItCXr3kx
>>555
俺もそれは思ったけどもそもそもは鯨なんて油だけ取って捨ててしまうのが普通
食う民族の方が少数派
そこが始まりだと思う
とばっちりで余す所無く鯨を利用し尽してる日本も捕鯨禁止
ま、裏には日本人に牛肉を食わせたい連中がいたのは周知の事実
鯨油の代用品の開発も終わりもう鯨は要らないとなればそりゃもう袋叩きだ

557 :名無し三等兵:2015/11/11(水) 20:42:53.65 ID:O+j8/fn5
>>553
カエルの腹や肋骨などを揚げた料理もあるよ
骨が面倒くさいけど

558 :名無し三等兵:2015/11/11(水) 23:50:05.33 ID:p/MYa+dB
鯨油を採る鯨と鯨肉を食べる鯨は異なっていたんですが。歴史的に。

559 :名無し三等兵:2015/11/12(木) 01:00:21.76 ID:b7+Q21/9
抑留者が作った極東の街 「ダモイ」夢見て寒さと飢えに耐え カエルの卵食べたらみな死んだ…
(産経 8/10)

>与えられた食事は黒パン1切れだけ。空腹を満たすため、ソ連兵の目を盗んでは野草をゆでて食べた。

>ある日、「カエルの卵」を持ち帰った者がいた。飯盒に入れた卵をストーブで炊き、味付けは岩塩。
>仲間は大喜びで食べたが、前田はなぜか口に入れる気がしなかった。 翌朝、卵を食べた者は全員死んでいた。
http://www.sankei.com/premium/news/150810/prm1508100011-n6.html


中国 ヒキガエルの卵で胃病が治ると信じた男性、4さじ分飲み、中毒に (新華ニュース 11/9)

徐さんは53歳で、紹興出身。以前から胃病を患い、時々発作が起こる。ヒキガエルの卵で胃病が治るという話を聞き、
何とか胃病を完治すると決意した。

11月4日夜、徐さんは勇気を出して、ヒキガエルの卵を1さじ分飲んだ後、続けて3さじ分飲んだ。
翌日、徐さんは強烈な嘔吐や下痢に見舞われ、立つことすら出来なくなった。
地元の病院に運ばれ、治療を受けたが、好転しなかったため、杭州市中医院に転院した。
徐さんはなんとか意識を取り戻したが、まだ危険な状態を脱せず、観察が必要だと医師は告げた。

ヒキガエルは有毒動物で、サソリ、毒蛇、ムカデ、クモと合わせて「5毒」と呼ばれる。

ヒキガエルは敵にあうと白い毒液を出す。人類は毒素を0.06ミリグラム摂取すると、中毒死する。
毒素が目に入ると、目が赤くはれ上がり、ひいては失明する。
http://www.xinhuaxia.jp/social/84538

どんなに飢えてもヒキガエルの卵だけは食ってはいけない、これ良い子とのお約束。

560 :名無し三等兵:2015/11/12(木) 01:39:08.28 ID:LvK+i0+6
大陸からの引き上げで、悲惨な体験をした一般人も多いけど
シベリア抑留については、もっと世の中に広めて行かなないと埋もれてしまうよな
戦後の壮絶で悲惨な戦いだからね

なるほど、ヒキガエルはこわいな

561 :名無し三等兵:2015/11/12(木) 09:05:21.14 ID:WZqgsti2
>>556
日本が伝統捕鯨以外の近代捕鯨で余るところ無く利用していたのは、貧しかったからだけどね
現在でも熱量の半分を糖質、次ぎを脂質に依存してる日本で、高価な鯨肉がいるのか?というような
ロジカルな問いが海外から投げかけられていることを知らないで論じるのは片落ち感がありますね
(あなたのことじゃないですよ)

562 :名無し三等兵:2015/11/12(木) 09:22:19.88 ID:f7eQYA/8
>>561
現在、鯨肉は嗜好品に近い存在になっている気がするよ。
南の島出身なんで、昔食べていたのは沿岸で漁師の網を
荒らす歯クジラだけど。

563 :名無し三等兵:2015/11/12(木) 10:25:06.89 ID:WZqgsti2
>>562
それに日本人の摂取熱量じたいが下降し続けているしね。
飽食を超えてもはや食事のコントロールを自律的にできる段階に入った
日本人には獣肉は、嗜好品になっちゃいますね
私もオバケやハリハリ鍋は大好きだけど、美味しいってのとは別の観点の話題ですよね

564 :名無し三等兵:2015/11/12(木) 14:18:47.76 ID:ZrN9Vd9Y
クジラは食べる地域に片寄りがあるんだろ?
市場流通分は7割が大阪で消費されていると聞いている。
大阪ではスーパーの広告に載るくらい一般的な食材。
ふぐも6割が大阪だそうな。

565 :名無し三等兵:2015/11/12(木) 16:11:27.81 ID:WZqgsti2
>>564
イルカを入れれば変わるんじゃない?
それに雑肉としてイルカクジラ類は加工品に使われているし

566 :名無し三等兵:2015/11/12(木) 18:17:35.88 ID:b7+Q21/9
第237回放送予定
お菓子が戦地にやってきた
〜海軍のアイドル・給糧艦「間宮」〜
平成27年12月2日(水)22:00〜22:43 NHK総合

第238回放送予定
転職忍者ハットリ君(仮)
〜家康を支えた男 服部半蔵〜
平成27年12月9日(水)22:00〜22:43 NHK総合
http://www.nhk.or.jp/historia/

おおこれは12/2のは忘れずに予約しとこう

567 :名無し三等兵:2015/11/12(木) 18:30:58.45 ID:NV2qRi2j
地上波テレビとか、もう三年見てないなあ

568 :名無し三等兵:2015/11/12(木) 18:46:29.54 ID:dgv4wPUt
あかぎれって風呂入らない奴の間接の垢が固まって切れる物かと思ってた
でも風呂入らない奴って垢がたまるが表皮の油で保湿されて切れる事はないそうな
まあ 人間も動物だから本来風呂に入る必要がないように出来てるわな 汚いけろ

569 :名無し三等兵:2015/11/12(木) 20:38:30.74 ID:ltXBThLj
>>561
>現在でも熱量の半分を糖質、次ぎを脂質に依存してる日本
>高価な鯨肉がいるのか?

タンパク源として必要ですが

外国人ってマジでタンパク質ばっかりの食事とか食って
アミノ酸を体内の構成物質として使うだけでなくて
エネルギー発生源としてメインで食っちゃうんだなあw

勿体ないなあwww

で、その次の議論として低糖質食ダイエットとかになるのか

570 :名無し三等兵:2015/11/12(木) 20:44:19.13 ID:ltXBThLj
>>563
>日本人の摂取熱量じたいが下降し続けているしね。

だって今の日本人の生活ってエネルギー全然使わないんだもん
昭和後期なら営業で何社も駆け回ったかも知れん(自動車での営業でもまだ運転するだけでエネルギーを使った)が
今はネットやらが増えてずーっと楽になった人が多いし

あと、女の人がダイエットに物凄く気を使うようになった
今の日本の女性のカロリー摂取量は最貧国と同じレベルなんていう人すらいる
男性もウエスト85cmの縛りを気にしてドカ食いしないから肉なんて少ししか食わないし

ただ、昔は冬に10℃の部屋で厚着してまた飯を大量に食って熱を作ってた人も多いが
今は20℃の部屋にいて飯はあまり食わない、そんな人も増えたかな

571 :名無し三等兵:2015/11/12(木) 20:51:18.43 ID:ltXBThLj
>>568
冬の乾燥肌の原因の1つはむしろ洗い過ぎ

水仕事で皮膚から脂が抜けたりしている人が荒れる

ただし、皮膚が割れたところから自然治癒しようとして結果的に傷口周りの皮膚が分厚くなって
垢がいっぱい付いているように見えたりする

アトピー性皮膚炎の原因も単純に皮膚のアレルギーと考えるだけでなく
その過程で荒れ易くなった皮膚に黄色ブドウ球菌が繁殖してその毒素が
ますます痒みを生んでいる、という部分も無視できないとの事
皮膚が酸性になると黄色ブドウ球菌が繁殖しにくくなるのだが、綺麗好きの昨今は
体を洗い過ぎてしまい黄色ブドウ球菌を体表に繁殖させてしまう、という人もいる

なお、冬に手荒れを起こす人は乾燥肌だが、アトピーの場合はむしろ夏に症状が激しくなる

572 :名無し三等兵:2015/11/12(木) 21:49:53.70 ID:y0LJNe7T
先日、献血に行った時の問診で「イソジンのアレルギーは無いですか」と聞かれて、
「いえ・・・?」と聞き返したら、ウガイ用の物は、かなり薄めているものなんだって教えてもらって、
恥ずかしながら、手術でも使うイソジンは、最強の消毒薬だって初めて知りました
ついでに、傷口の消毒について聞いたら、
「浅い傷なら水道水で洗ってオ○ナインを付ければいいですね」と言われましたよ

573 :名無し三等兵:2015/11/12(木) 23:19:29.34 ID:W8rJ8K8m
> 現在でも熱量の半分を糖質、次ぎを脂質に依存してる日本で、高価な鯨肉がいるのか?というような
> ロジカルな問いが海外から投げかけられていることを知らないで論じるのは片落ち感がありますね
その手のくだらない「似非ロジカル」な論法は、そのまま肉を食っている全員に跳ね返ってくるんだけどね。
草でも食っとけという類の詭弁が「ロジカル」に見えちゃうのは残念だね。

574 :名無し三等兵:2015/11/13(金) 01:07:12.94 ID:kNvvhMqw
この手の話題でどうして食べたらいけないのかという問いにろくな答えが返ってきた試しがない

575 :名無し三等兵:2015/11/13(金) 05:10:05.37 ID:cU84yg8v
貧乏だから草しか食えないのか、草しか食えないから貧乏なのか
因果関係を逆に勘違いしている可能性がある
肉食の優位性
例えれば草は薪、肉は石油だ
石油の方がパワー出る
海洋国家日本は鶏肉よりも安い肉を調達できた
さぁ肉を食え、そしてもっと働け
奇跡の経済成長

576 :名無し三等兵:2015/11/13(金) 06:11:56.63 ID:ah/rru7U
>>555
あー俺、鯨の頭やモツは食べたことないわ

577 :名無し三等兵:2015/11/13(金) 06:19:30.78 ID:cU84yg8v
軍艦の食事はある意味本質を突いてる
食事は燃料だ
艦には石炭よりも石油、兵には菜っ葉よりもカレーライスだ
その方がパワーが出る
日本は肉を食って飛躍的に成長したのかもしれない
そうなら鯨に足向けては寝られない
鯨なんて見るのもうんざりなくらい食いまくった
見るのもうんざり、日本版スパムか

578 :名無し三等兵:2015/11/13(金) 08:57:16.01 ID:BCiOvmfh
今日はカレーライスの日

579 :名無し三等兵:2015/11/13(金) 09:30:39.29 ID:/9lsE9KU
海産物を食べてはいけない理由といえばこの3つだろう
クジラは2なのか3なのか

1 毒が有るから
2 減るから(減ってるから)
3 宗教で規定されている

580 :名無し三等兵:2015/11/13(金) 10:04:29.52 ID:G5LoiNR0
こ、これはクジラではない、海イノシシじゃ!

581 :名無し三等兵:2015/11/13(金) 10:13:20.60 ID:Y0ZpLDen
自然保護教という新手の宗教の戒律違反なんだろ

582 :名無し三等兵:2015/11/13(金) 10:22:09.61 ID:cfWDwlk9
ニシンもハタハタもマグロもウナギもサバもあればあるだけ獲っちまうんだから、日本漁業は罪深いわなあ。

583 :名無し三等兵:2015/11/13(金) 10:47:58.50 ID:KOsV/C0U
>自然保護教という新手の宗教の戒律違反なんだろ

つっても「科学調査」って名目でクジラを捕ってるのに実際には商業捕鯨同然で
しかも鯨肉は消費されず余りまくっている・・・こんなことをオージーや中国がやっていたら
ネトウヨは目を吊り上げてヘイトしてるでしょうに

捕鯨で生態系維持なんて提案も本末転倒の苦しいものだし。

つまり、合理性に欠けているという点でどっちも宗教だよw
だからやたら自然保護をお花畑よばわりするのも思考停止と同じだね

584 :名無し三等兵:2015/11/13(金) 11:18:56.69 ID:Y0ZpLDen
軍板の飯スレになぜぱよぱよちーんが常駐してるのか
以前から不思議だったんだが

585 :名無し三等兵:2015/11/13(金) 12:08:34.09 ID:4O4drB8B
仏教の折衝戒からすると、肉、魚はだめなんだがな。

586 :名無し三等兵:2015/11/13(金) 14:41:46.61 ID:n1i2QePu
折衝戒というと
「話せばわかる」
「問答無用!Pam!Pam!」
…的な?

587 :名無し三等兵:2015/11/13(金) 14:45:02.50 ID:QahdTToQ
ベジタリアンの坊さんなんかまずいないって点でなあ…
あとクジラ神社に反捕鯨活動家を連れていくと日本人とクジラの付き合いってものにけっこう感銘を受けるそうだよ
少なくともあれを見ても日本人を野蛮呼ばわりする活動家はいないらしいけどねテロリストの海犬は別だろうけど

588 :名無し三等兵:2015/11/13(金) 16:24:45.11 ID:lpfZ9nQz
> ベジタリアンの坊さんなんかまずいないって点

身近な坊さんの知り合いに、菜食主義が居ないからってそう考えるのは早計じゃね?

藤子不二雄A氏は子どもの頃お寺系の家で育った所為で、一種の偏食となり
子どもの頃は動物性のものが殆ど食べられず、おとなになって動物性のものを食べられる
ようになっても、菜食中心の食生活らしい

589 :名無し三等兵:2015/11/13(金) 16:41:05.17 ID:IvTbOE44
振興の宗教でなくても平気で特定の結論に持っていこうとする
研究結果とかも平気で出せたりするからね
我々の教えは正しい!
と言う結論に持っていくために統計の数字で
考慮しないといけないことをわざと見ないとかよくある

590 :名無し三等兵:2015/11/13(金) 17:13:49.07 ID:4TiodRYA
>>588
>藤子不二雄A氏は子どもの頃お寺系の家で育った所為で

そういえば、手塚先生の所で鰻丼出されて、初めてそれを食ったA先生が
鼻血時出してぶっ倒れたとか、TVでそんなこと
いってたな・・・

591 :名無し三等兵:2015/11/13(金) 17:22:51.53 ID:fOu8g7vm
藤子不二雄って富山だけど浄土真宗じゃないのか

592 :名無し三等兵:2015/11/13(金) 17:40:33.84 ID:kNvvhMqw
犬とかカンガルー食ってる奴らに大声で文句を言うなんか日本にいないわけで

593 :名無し三等兵:2015/11/13(金) 17:47:22.92 ID:7qWhS4JY
小学校の低学年の時までは給食に鯨肉出てたし晩御飯にも出てた記憶がある 真っ黒でしわい肉の印象
美味かったかどうかは覚えてないけろ 肉の頻度が少なかった当時は多分 美味いと感じてたんじゃないかな

594 :名無し三等兵:2015/11/13(金) 19:23:16.31 ID:Y0ZpLDen
固いし、筋張ってていくら噛んでもなくならない肉だったよな。
子供ながらに嫌いだったわ。

595 :名無し三等兵:2015/11/13(金) 20:09:14.13 ID:kcBd/El/
鯨料理なんて見たことなかったね
なんでも「鯨の何々」ようするに代用品
竜田揚げって本物は鶏肉なんでしょ?
カツって本物は豚肉なんでしょ?
ステーキって本物は牛肉なんでしょ?
本物食わせろ
それが子供の認識だった
当時の大人が鯨をどう思って食っていたのかは知らない

596 :名無し三等兵:2015/11/13(金) 20:11:18.37 ID:fkHiM35M
ステーキの本物は鹿肉だ。
牛肉のステーキはわざわざビーフステーキと言う。
ついでに、ネギマの本物はマグロだ。

597 :名無し三等兵:2015/11/13(金) 21:20:23.25 ID:VpfcmXFX
>>582
1980年代以降は、十分に考慮して捕っている
ハタハタなんかは完全に回復した

598 :名無し三等兵:2015/11/13(金) 21:33:28.10 ID:kcBd/El/
当時の牛肉への憧れわからんだろうな
ステーキ=分厚い牛肉=とてつもない食い物
すき焼きがかなりの贅沢、なにせ牛肉だ
その上をいくステーキ、なんたって分厚いんだぜ
世にカレーはいろいろあれどビーフカレーは特別な時代があった
ポークもチキンも名乗るに値せず、ビーフカレーだけはビーフと名乗る
吉野屋が出た当時はあの値段で牛肉を食わせるというので騒然となった
あの頃でまだ牛肉はそういう存在

599 :名無し三等兵:2015/11/13(金) 22:01:41.04 ID:ah/rru7U
>>587
伝統的な近海捕鯨ならともかく、南氷洋捕鯨を擁護するのは苦しいよなあ

600 :名無し三等兵:2015/11/13(金) 22:38:59.39 ID:kNvvhMqw
学術調査に比較は不可欠だぞ…?

601 :名無し三等兵:2015/11/14(土) 00:27:17.22 ID:wNW28CxV
子供の時てか今でも家のカレーは牛のバラ肉カレーで CMに出るようなサイコロ肉に憧れて 一度親にねだってカレー用の肉にしてもらった。
でも食べにくくて 今までのでいいと思った だから今でも家のカレーはバラ肉カレー

602 :名無し三等兵:2015/11/14(土) 03:21:07.43 ID:+PMxMHKs
カレーはバラ肉の方が俺も好きだな
サイコロ肉だと臭みが出てくる気がする

603 :名無し三等兵:2015/11/14(土) 03:44:44.86 ID:4spklK8n
http://www.pref.akita.lg.jp/www/contents/1226650318985/files/hatasuii.pdf
回復かなあ……

604 :名無し三等兵:2015/11/14(土) 08:15:38.65 ID:vPS9KM/6
>>602
バラ肉でカレー作って、カツカレーってのが一番好き。
また、ステーキ焼いて切って乗せても美味しい。問題は、カロリーだが…

605 :名無し三等兵:2015/11/14(土) 08:26:12.78 ID:KyBHyl1v
三十数年前に軟式テニス部所属の中学生だったオッサンだが、今の若いモンに
「ガットは鯨に限る!」と言っても「ハァ?」と言われるのがオチなんだろう
なぁ。

606 :名無し三等兵:2015/11/14(土) 09:01:47.07 ID:1Lglc4ow
>>605
この脳筋野郎め!

607 :名無し三等兵:2015/11/14(土) 10:43:19.28 ID:WJTzL+By
幕府海軍の榎本武揚はオランダで出会ったビールという西洋の酒を非常に好んだそうだけど
ビールもカレー同様に海軍がその普及に一役かってるんだろうか。

明治時代、夏目漱石の小説には宿屋で仲居に「ビール」を頼んでもそんなものは無いと言われ
「ビール」は無いが「ヱビス」ならあると言われるシーンがある。九州阿蘇ではまだビールという言葉も馴染みがなかったのか。
同じ仲居に「卵を半熟で」と頼むと1個は生、1個はゆでたまごで出て来る。卵料理もまだこれからの時代だった感じだ。
ちなみに夏目漱石がビヤホールでいきなり暴れ出し、いっしょに留置場に入れられた若者の一人が「坊っちゃん」のモデルであるという説がある。
この若者は後に貿易商として上海で一時的に成功、破産して東京でタクシーの運転手、後に工廠にいたとき1945年の東京大空襲で命を落とすことになる。

608 :名無し三等兵:2015/11/14(土) 10:53:36.87 ID:aUd9mYoI
>>585
仏教徒や僧侶が殺生を避けるというのは元々、土俗的な信仰から来てるんだが
肉食は本来、OKなんだよ。だから托鉢僧に肉の料理を出したり、法事で寿司を出すのが
OKなのは、不殺生戒を犯してはいないが肉食は構わないということ。

だからベジタリアンの坊さんがいないと批判するのは理解してないってことになるんよw
中国や日本に入ってきてから原理主義化して禅宗なんかでは戒律が厳しくなって
観念的な精進料理ができたりしてるってことと混同したらいかんってことですね

609 :名無し三等兵:2015/11/14(土) 11:08:08.96 ID:4spklK8n
日本でのビールの普及については、戦中の配給制度が大きい役割を果たしたという話も。
酒の割当てだということで飲んだことのない家庭にもビールが配られ、
それで味を覚えた人々が戦後大いに飲み始めたと。

610 :名無し三等兵:2015/11/14(土) 11:08:09.67 ID:o5ymONAG
よっしゃ、偉いお坊様がいらしたらキノコ食べてもらうだで

611 :名無し三等兵:2015/11/14(土) 11:09:27.81 ID:YRA1+B5U
ttp://www.meti.go.jp/policy/recycle/main/data/research/h21fy/21fy2203-1_cjc/21fy2203-1cjc_jfe.pdf
軍艦のスレだから昔の軍艦の船体に高強度鋼が使われてたのとも関係するし

また軍艦の食事だから、食品を作るための肥料源、ってことで製鉄スラグからのリン酸肥料精製にも関係する報告書

リン酸濃度を30%くらいまで高められたんだと
まあ、マンガンが現状では多過ぎるのでこれを除去しないとなあ
あとは価格との競争か

ナウルでの資源枯渇、数年前の中国での値上げなどリンについては枯渇の話題も含めてよく問題になる
だが、もし文中にあるような30%にリン酸濃度を高めたスラグが安価に供給できるなら
農業生産に飛躍的に貢献する事になる

もちろん、汚泥や畜産廃棄物からの抽出も別個に研究が進んでいる

全てを合わせたら、リン鉱石輸入量を従来の3割くらいまで減らせるかもなあ?
製鉄について、国内のくず鉄が増えつつあるから将来は鉄資源をくず鉄で殆ど賄えないか?と冗談で考えたが
そうでもないみたいで、今でも毎年同程度の鉄鉱石を輸入している

なお、石炭からの脱リンの研究もある
ttp://www.j-tokkyo.com/1999/C10L/JP11043682.shtml

ちなみに原油にはリンは極僅かしか含まれていないw

612 :名無し三等兵:2015/11/14(土) 11:12:49.49 ID:5SduWS03
原油にリンがごくわずかしか含まれていないということは、石油は生物由来ではないということか。
なるほど。

613 :名無し三等兵:2015/11/14(土) 12:04:13.75 ID:YRA1+B5U
>>612
昔は生物由来ですって言い切ってたなあ

だが、地中に閉じ込められた炭素化合物がとにかく岩石というか
金属の酸化物と高温高圧で水などと共に加熱される環境だと
還元環境下で、一定の比率で有機炭素化合物になってしまうんだとさ

他に、地中の物凄く深くまで古細菌がいてこの仲間が二酸化炭素と水から
メタンを作り出してしまう
そのメタンが高温高圧下でまた一定比率で、常温常圧で液体の炭化水素になってしまう

614 :名無し三等兵:2015/11/14(土) 14:35:05.20 ID:21KD8pKF
炭化水素は木星や土星等のガス星には豊富にあるから
地球ができたときにも大量に含まれていたって話もある。

615 :名無し三等兵:2015/11/14(土) 15:19:50.45 ID:aUd9mYoI
化学はわからんけど、松根油に水素を加えるとガソリン同様になりますって話みたいだ

616 :名無し三等兵:2015/11/14(土) 15:58:07.14 ID:0N6nQiP/
有機リンリン燃えてる限り
こわいものなしOh oh oh
ミラクルスピン

617 :名無し三等兵:2015/11/14(土) 17:45:45.23 ID:HIfP0x8a
>>350
山の物で食材を揃えてたら今の倍額貰っても引き合いませんや

618 :名無し三等兵:2015/11/14(土) 17:51:40.22 ID:HIfP0x8a
>>449
燗ビールw

619 :名無し三等兵:2015/11/14(土) 18:09:17.27 ID:HIfP0x8a
>>545
ビニール手袋も使用前には洗わずにそのまま使用するからなあ。
弁当容器、使い捨てコップだって梱包から出してそのまま使うから
気にしたら何も喰えない。

620 :名無し三等兵:2015/11/14(土) 18:33:52.61 ID:S2NJQOgu
>気にしたら何も喰えない
ペットボトルや缶コーヒー等も
自動販売機からゴトンと出てきたものを
そのまま飲むしな

621 :名無し三等兵:2015/11/14(土) 19:19:53.24 ID:wNW28CxV
ぽんぽん痛くなったら正露丸呑めばよかっちゃん

622 :名無し三等兵:2015/11/14(土) 19:34:08.24 ID:s2JMKESm
生命力の衰えが目に余る、潔癖、無菌、大丈夫か日本人よ
昔は3秒ルールがまかり通っていた
そんなのツバつけとけば治るというのを本気で信じてそれで治してた
腐って食えなくなる事も滅多になかった
加熱殺菌を信じて疑わない信念があればたいてい大丈夫だ
カレー味にすりゃたいてい食える

623 :名無し三等兵:2015/11/15(日) 06:33:32.68 ID:LDBBmKLl
>>611
今の鋼板は高機能何だが、各種の微量元素を
多数添加してあるので
屑鉄としては使いにくいとか聞いた。

624 :名無し三等兵:2015/11/15(日) 11:55:41.44 ID:eEOGp1eN
>>616
古いわっw

625 :名無し三等兵:2015/11/15(日) 12:42:51.94 ID:TdmHQfWp
なんでや、ナウでヤングなローラーヒーローちゃうんか?

626 :名無し三等兵:2015/11/15(日) 16:23:41.11 ID:GP9mrDrx
ムテキング…40代だな

627 :名無し三等兵:2015/11/15(日) 16:53:26.70 ID:884Fsbx0
あームテキングか

628 :名無し三等兵:2015/11/15(日) 20:54:32.42 ID:OuUt9RNS
ある年代より古い鉄橋を解体する際は全国から屑鉄買い付け業者が殺到するなんてニュースが昔あったね
不純物が多い鉄なんだけど鍛えて刃物にするのにはちょうどいい材質なんだそうで橋一つで数十年分のストックができたとか
でも刃物鍛冶とか言いつつ車のスプリングで包丁作っていたりするからそういう職人はもういないんだろうなあ

629 :名無し三等兵:2015/11/15(日) 21:34:48.13 ID:Rbf4mm1G
ハワイ作戦参加のため択捉島にいた重巡「利根」では
航空科が、機関科の連中に特殊なカニ採り籠を作らせて大漁、両科で美味しくいただきました、みたいな話があったな。
機関科はありあわせのもんで色々つくって生活を豊かにしてたんだろうな。

630 :名無し三等兵:2015/11/16(月) 08:35:43.28 ID:npUd0f1E
タイに輸出した95式戦車の鋼鈑が割れたり日本の製鉄技術はろくなもんじゃ無かった

631 :名無し三等兵:2015/11/16(月) 09:05:07.77 ID:cV9+DvXh
原料の多くをインドの銑鉄やアメリカのスクラップに依存していたというからねえ

632 :名無し三等兵:2015/11/16(月) 10:11:47.13 ID:/2ox34lv
兵卒の装備は官給だが、将校は装備品は全て自腹購入となる。
ほとんどの将校は、任官時に共済会(偕行社・水交社)の
共同購入で揃えたが、共同購入の軍刀は俗にスプリング刀
と呼ばれた。「アメリカから輸入したスクラップ車の板バネ
を叩いて作った」という伝説があったからだ。

633 :名無し三等兵:2015/11/16(月) 11:02:04.50 ID:jKJz+4Wx
>>628
船のスクリューから作ったというナイフを見た事があるが、
焼なました柔らかい釘くらいなら切れる代物だったな。

634 :名無し三等兵:2015/11/16(月) 12:29:17.54 ID:6L4HVghO
たまたま昨日、ある農村で農具をずっと作ってきているという鍛冶屋の仕事を見学してきたが
あの匂いがいいな。火の匂い、叩く音、現代の日常からはほぼ消えてしまったもののひとつだ。

635 :名無し三等兵:2015/11/16(月) 13:55:32.03 ID:yKQkLbwj
船のスクリューって銅合金が多かった気がするんだけど

636 :名無し三等兵:2015/11/16(月) 13:58:47.50 ID:3gT59LL6
>>620
自販機への補充やコンビニ等での陳列も配達や店員のアンちゃんが
トイレでチンコを握った手で商品を補充している訳でw
特にペットボトルの飲みくちのクビレ部分とパック飲料の上部つまり注ぎ口
付近をロクに洗っていない手で掴んで運んでいる現実w

637 :名無し三等兵:2015/11/16(月) 17:22:48.77 ID:MQQ6hjsp
>>636
少し気になることがあるんだ・・・
何故お前がそれを知ってる?

638 :名無し三等兵:2015/11/16(月) 21:26:06.34 ID:DPy88/HQ
>>636
怒らないから
やらかしているんだったら正直に言いなさい( ・`ω・´)

639 :名無し三等兵:2015/11/17(火) 01:09:38.15 ID:oRkLuxyI
>>636
テロリストだろお前

640 :名無し三等兵:2015/11/17(火) 06:46:04.35 ID:SclsN6u0
自販機に関しては、車で補充に来たお兄さんが、ついでに
隣のゴミ箱も片付けていくよね。
次の現場までの間に逐一手を洗っている様子は見かけないが、
ちょっと衛生的に心配になる事はある。

641 :名無し三等兵:2015/11/17(火) 10:28:01.87 ID:0CCgDnul
安来のタタラ製鉄してる所は玉鋼生産してるけど最上級のものはともかくそれ以外の部分が捌けなくて困ってるそうだぞ

あれは砂鉄と木炭でやってるから余計なものは添加してないと思うけど

642 :名無し三等兵:2015/11/17(火) 12:40:48.61 ID:phmC5+Mb
日本の神話には多数の釣り針を潰して、そこから一本の剣を造ったなんて話もあったな。

643 :名無し三等兵:2015/11/17(火) 13:23:02.60 ID:DX4FS0+R
まあグレード低いやつで刀剣造ってもなぁ・・・
作れる数にも限りはあるわけだし
同じ手間かけても高く売れないのならアホらしいでしょ

644 :名無し三等兵:2015/11/17(火) 14:23:33.62 ID:NIjRgKFn
たたらって木炭と砂鉄をそれぞれ十数トンも使って得られる鉄は一トン弱
当然とんでもない単価になるから質が悪くちゃなあ…
カンナの刃やノコギリも日本刀と同じ材料のやつは中古でもかなり高価だし

645 :名無し三等兵:2015/11/17(火) 14:42:13.75 ID:lLwgpNA5
>>644
日本みたいに
切っても切っても木が生えてくるような環境の土地でないと
アッという間に禿山だらけになっちゃうだろうな

646 :名無し三等兵:2015/11/17(火) 14:58:20.28 ID:IdYO+/3N
日本でも植林してるから木が生えてんだよ
実際たたら製鉄で中国山地て結構禿山化してんだぞ

647 :名無し三等兵:2015/11/17(火) 16:53:53.69 ID:jNCGMTe/
>>640
自販機の飲料に関しては、補充時に
口が当たるような所に手が当たらないから大丈夫。
って事にしてある。

648 :名無し三等兵:2015/11/17(火) 17:23:29.00 ID:x3ZRaf69
毛沢東時代に農民らを煽り鍋釜を鋳潰し、土法高炉で作らせた銑鉄も、
純度が低すぎて殆ど役に立たなかった(むしろ鍋釜や農機具を無駄に
鋳潰された事で農民の困窮は極まり飢餓をもたらした)・・

なんてのも有名な話ですね。

649 :名無し三等兵:2015/11/17(火) 19:04:19.62 ID:lLwgpNA5
>>648
なにやってんだか(´・ω・`)

650 :名無し三等兵:2015/11/17(火) 19:19:05.15 ID:DYkdP7Ra
食料増産せよ!で水増し報告して数字上の余剰分を輸出に回したら
農民が食う分が足りないってのもあったからな

GDP水増ししたら国連負担金も増えて困った・・・ってのと一緒だね

651 :名無し三等兵:2015/11/17(火) 19:20:23.23 ID:tRQc2Z8C
大躍進すんだよ
いいからとっととスズメ駆除しやがれ

652 :名無し三等兵:2015/11/17(火) 19:21:32.92 ID:/ybaC5sH
毛沢東ってのは、ただのゲリラの親玉だ。
国1つ背負わせられるような玉じゃなかったんだよ・・・

653 :名無し三等兵:2015/11/17(火) 19:21:39.54 ID:SclsN6u0
>>650
ソ連とカンボジアも似たような事やってたな。
共産主義国って似るのかね?

654 :名無し三等兵:2015/11/17(火) 19:25:43.17 ID:DYkdP7Ra
>>653
ソ連は解っていてやったと思うけどね

内部での評価や対外向けの宣伝でそうなるのかな
あと社会主義ね

655 :名無し三等兵:2015/11/17(火) 19:28:03.21 ID:NIjRgKFn
「6億人の中国」って昔の宣伝本でズズメ駆除の写真を見たけど
獲ったズズメを山積みにした荷車が連なって大行進とかものすごいの一言だったな
でもそのあと害虫大発生でアレだよね…

656 :名無し三等兵:2015/11/17(火) 19:35:36.34 ID:SclsN6u0
>>654
共産主義国と社会主義国ってどう違うのん?
共産党が一党独裁してたら共産主義国じゃないん?

657 :名無し三等兵:2015/11/17(火) 20:04:10.19 ID:DYkdP7Ra
社会主義はなんか定義があやふやなんだけど
ソビエトや中国は共産主義に向かうための途中段階って
位置づけで社会主義を名乗ってたらしいよ

658 :名無し三等兵:2015/11/17(火) 20:15:09.00 ID:DX4FS0+R
>>656
自由主義や資本主義の正反対が社会主義で
平等や公平を目指そうというもの

それを実現するための方法論がいろいろ提唱されて
国を作るほどにまで広まったその方法の一つが共産主義

共産主義を国の方針に据えているのなら共産主義国なんで
独裁が条件なわけではない
まあ、財産の共有って方法に国のルールを変えるというなら
資産、財産を持つ人間から没収しなきゃならないからほぼ独裁から始まるけどな

659 :名無し三等兵:2015/11/17(火) 21:27:29.12 ID:F520mGQi
>>637
>>638
>>639
学生時代バイトしてたんすよw大丈夫!軍手はしていたから!

ただ別スレでトイレで手を洗わない男が多数いるということと実際
手を洗わなくても平気な奴らが多いのを見てるし他のバイトの連中の
中には素手で作業しているのもザラに居たのであのような書き込みを
したw

>>648
土法高炉好!

660 :名無し三等兵:2015/11/18(水) 01:32:26.94 ID:nyr44nVQ
深耕密植、だっけ

661 :名無し三等兵:2015/11/18(水) 01:59:09.42 ID:BXvZD3iT
ルイセンコ理論か
北朝鮮はまだやってるのかな

662 :名無し三等兵:2015/11/18(水) 02:47:08.79 ID:P7HUFF4Z
平等=社会主義、共産主義
公平=自由主義、市場原理主義
平等と公平が反対語な事を分かっていない人が多い
金持ちもホームレスも同じものを食う=平等
金持ちは高級なものを食いホームレスは残飯を食う=公平

663 :名無し三等兵:2015/11/18(水) 03:08:56.76 ID:gKOj28NF
>>662
金持ちが自分の努力で地位を手に入れた初代だけだったら、公平って概念もスッキリするんだけどね

664 :名無し三等兵:2015/11/18(水) 03:16:11.42 ID:Bg2BnTjq
>>662
機会均等や最低限の相互扶助についてはどの様な見解をお持ちですか?

665 :名無し三等兵:2015/11/18(水) 05:46:08.79 ID:sOZBvWBI
>>646
>日本でも植林

それ杉の植林だぞ全部。おかげで花粉症が増えるわ土砂崩れが増えるわ
植物の種類が減って生態系に異常をきたすわ終いにゃ河川から海に流れ込む
養分も減って漁業に打撃を与えるわろくなもんじゃない。

杉で大規模な利権でもあるのかね。複数の広葉樹を植えりゃ良いのに。

666 :名無し三等兵:2015/11/18(水) 05:57:17.13 ID:BXvZD3iT
日本にはまともなリベラルがいないのが問題だな。
マルクス主義者崩れで、金日成やポル・ポトを
持ち上げてた連中ばかり。

667 :名無し三等兵:2015/11/18(水) 06:19:54.95 ID:9PjK2nnj
まるでまともなコンサバティブが居るような話をしますな

668 :名無し三等兵:2015/11/18(水) 08:49:05.40 ID:hsRHhfOj
つか「マルクス主義者崩れで、金日成やポル・ポトを 持ち上げてた連中」しかいないって
社会観がまずアレだから

669 :名無し三等兵:2015/11/18(水) 09:43:21.63 ID:8OAvj92L
と言われてもまともな左翼っているの?

670 :名無し三等兵:2015/11/18(水) 10:09:06.75 ID:hsRHhfOj
右翼、左翼、保守リベラルをまるで職業か特定グループのようにとらえて「まともな○○はいない」
「マルクス主義者だ」「日の丸を掲げて天皇を崇拝してる連中のこと」とか
言い出す風潮っていつからん? それともネットでのことって程度?(なら判るが)

政治や信条だけでなく、思考の方法論、ソース分配の仕方、平等か公平か・・・で多様だし
だから保守リベラルもいれば、新右派もいるわけで。
さらにすぐれて相対的なもんなのに。

671 :名無し三等兵:2015/11/18(水) 11:44:20.21 ID:xR4IoFr9
そもそも、保守とかリベラルって安易な分類に意味があるのか?
リバタリアンでベーシックインカム推進は保守かリベラルかに入るの?
リバタリアンパターナリズム(人間、あらかじめ決まってる事はわざわざ変えないって性質があるから、
社会保障上最適の制度に全員を包括しといて離脱の自由を認める)の思想の持ち主は?

672 :名無し三等兵:2015/11/18(水) 11:58:05.49 ID:XTwCRGnZ
カレーは嫌な臭いを消してくれる面もあるのかな。
乗員は何ともないだろうけど、潜水艦のなかもカレーが出る前と出た後とでは
若干その悪臭もやわらいでたりして。

673 :名無し三等兵:2015/11/18(水) 13:09:38.82 ID:xTZP7sb6
>>672
それはただより目立つ臭いでごまかされてるだけやで・・・

674 :名無し三等兵:2015/11/18(水) 13:12:22.11 ID:VXyVc9co
マスキングという立派な消臭手段だ。
香水はそうやって発達した。

675 :名無し三等兵:2015/11/18(水) 13:13:09.89 ID:VXyVc9co
しかしあれだな、フランス国歌はいつ聴いても気合が入っておるな。

676 :名無し三等兵:2015/11/18(水) 14:00:03.53 ID:O8fNUFbs
リベラルは逆の意味で使われてるからややこしいんだよな

677 :名無し三等兵:2015/11/18(水) 14:01:25.22 ID:OMQjt33a
敵がブッ殺しに来るぞ、殺られる前に殺っちまえなんて歌詞そのまま国歌にするんだよなぁ

678 :名無し三等兵:2015/11/18(水) 14:04:14.15 ID:xTZP7sb6
そしてこの歌を歌いながらホントに殺ってしまった模様

679 :名無し三等兵:2015/11/18(水) 14:35:56.28 ID:gE1tjNW9
君が代はなんて平和な歌詞なんだろうなと思ふ

680 :名無し三等兵:2015/11/18(水) 14:36:03.61 ID:QzIuPhQ7
日本には愛国左翼とか愛国リベラルがほとんど存在しないからなあ。

681 :名無し三等兵:2015/11/18(水) 14:38:18.53 ID:VXyVc9co
昔の民社党はそっち寄りだった気がしなくもない。

682 :名無し三等兵:2015/11/18(水) 14:44:35.65 ID:LLUdecg/
中野正剛の東方会とかそんな感じ?

683 :名無し三等兵:2015/11/18(水) 15:13:08.15 ID:BXvZD3iT
日本の左翼は、自力で革命できず、外国勢力の引き入ればかり
狙ってるエセ革命家だらけだからな。

684 :名無し三等兵:2015/11/18(水) 16:18:07.54 ID:FxqiCe+e
カレーの臭いの方が臭いからな

685 :名無し三等兵:2015/11/18(水) 16:44:24.47 ID:aMl+/MG0
>>675
しかし、フランス国歌の歌詞和訳してみろよ・・・

686 :名無し三等兵:2015/11/18(水) 18:08:59.30 ID:VXyVc9co
>>685
いや、和訳した結果気合が入っておられるなと。
しかも鋭意実践して銃撃戦などしておられるようで、怖い事です。

687 :名無し三等兵:2015/11/18(水) 18:16:37.78 ID:ok5OywYW
旧軍だと軍歌を歌いながら行進していたけど
御仏蘭西は軍歌など歌わなくても国歌を歌えば気分が高揚するんだろうな

688 :名無し三等兵:2015/11/18(水) 19:04:39.14 ID:BXvZD3iT
旧陸軍には軍歌演習があって、兵士には軍歌の歌詞集の
小冊子が配布されたとか。

689 :名無し三等兵:2015/11/18(水) 19:12:39.55 ID:O8fNUFbs
ラ・マルセイエーズがもともと軍歌でしょ

690 :名無し三等兵:2015/11/18(水) 19:33:29.69 ID:xTZP7sb6
だな
フランス革命のときの革命軍側が歌って広まったもの
まあ歌詞がアレなんで当たり前だが賛否両論あるけどな

691 :名無し三等兵:2015/11/18(水) 20:55:04.03 ID:O1YiMFNv
君が代はもっと誇っていい

>>644
最低限の平等は必要=基本的人権(お花畑は無制限に拡大解釈する)
機会均等=天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず
法治国家=法の下の平等
社会保障、保険(相互扶助)というのは経済効果がとても大きい
偽善ではない

692 :名無し三等兵:2015/11/18(水) 21:36:10.79 ID:iYgIoH+J
>>683
国内での支持がない、あるいはあっても少数なのに
革命を目的としている時点で
外患以外の何物でもないんだけどな

693 :名無し三等兵:2015/11/18(水) 23:28:05.58 ID:Bd62hKpc
NHKのヒストリアで給糧艦間宮をやるね
こいつぁ楽しみ

694 :名無し三等兵:2015/11/19(木) 00:07:07.90 ID:CM0V3oPw
>>681
春日委員長の演説が好きでした

695 :名無し三等兵:2015/11/19(木) 05:58:58.31 ID:rCrQVZPW
尊皇攘夷、公武合体
幸いにも天皇を軸とすべしでは一致していた
それが無かったら日本も植民地になっていたろう
愛国、言うは易し
何が愛国なのか、どうすれば愛国なのか、手段やり方は正反対になる
天皇という飾り物は近代において二度日本を救っている
権力に基づかないただ超然として在る絶対的権威という発明品には驚嘆する
宗教よりもずっと便利

696 :名無し三等兵:2015/11/19(木) 06:21:40.96 ID:GxFWj5kX
天皇の権力離れ・権威化が進んだのは平安時代かな。天皇が
現役のうちは権力がなく、譲位してから権力を握る院政という
システムすら出現した。武士階級が勃興して実権を握っても、
結局権威としての天皇を担ぐ体制を選択した。頼朝には、
京の朝廷を廃して新たな王家を建てる選択肢もあったが、
平将門のごとく新皇を名乗る道を採らなかった。

697 :名無し三等兵:2015/11/19(木) 06:40:13.69 ID:nLs8y2Sr
>>693 給糧艦間宮やるね こいつぁ楽しみ
じゃあねえよ 日時言わなきゃ他の奴が見逃すだろぅが 使えねえな

ヒストリア お菓子が戦地にやってきた・海軍のアイドル給糧艦「間宮」
NHK総合 平成27年12月2日 22時〜22時43分

698 :名無し三等兵:2015/11/19(木) 06:42:03.69 ID:KDXBJovp
言い方は良くないが
担ぐ神輿が有った日本は色々と助かった
御仏蘭西は調子こいて王朝を滅ぼしちゃったけど
内心は後悔しているんじゃないかな?

699 :名無し三等兵:2015/11/19(木) 08:00:46.17 ID:8JXhEW24
気になるのは
間宮は
給菓子艦ではなく
給糧艦なんだよな

銃後は食べるものがなかったのに海軍は、って文脈だとねえ

あと、伊良湖も思い出してやってね

700 :名無し三等兵:2015/11/19(木) 09:27:23.97 ID:GxFWj5kX
豆腐や蒟蒻も艦内で製造してたんだよね間宮。
しかし水兵さんの記憶には羊羹や饅頭ばかりが焼き付いて…

701 :名無し三等兵:2015/11/19(木) 09:31:59.92 ID:GxFWj5kX
>>698
どうだろう、あそこは大革命以後も王政復古、第一・第二帝政、
パリ・コンミューンと大荒れだったからねえ。
おっと、大荒れといえばヴィシー政権もあったな。

702 :名無し三等兵:2015/11/19(木) 10:56:16.79 ID:gJaM63a3
>>698
フランスが後悔してるわけないじゃん。自由と民権の祖国になれたんだからアメリカでさえ
フランスには敬意を示すしかないのに。だから今でも大統領が市民デモの先頭に立つ習慣があるんだし
王様がいてほしいなんて思わないって。

それに日本は天皇を神輿の上に乗せたおかげで軍部の暴走を招いて、国体消滅と道連れの
民族滅亡の淵にまで行ったんだが、よかったか?

703 :名無し三等兵:2015/11/19(木) 11:37:40.99 ID:Hul8asqn
フランスは、担ぐ御輿がありすぎて、共和制が続いてるという説もある。
帝政派vs王政派(ブルボンvsオルレアン)でまとまらない。

704 :名無し三等兵:2015/11/19(木) 12:50:08.89 ID:kl7srd0f
>>697
https://pbs.twimg.com/media/CUGSO0mXIAQ_0u5.png

705 :反ス厨 ◆EWVy18tcGo :2015/11/19(木) 12:57:57.35 ID:PiIE+cXY
>>697
この時代でも甘味付けの砂糖をちゃんと供給できたのかね

706 :名無し三等兵:2015/11/19(木) 14:04:50.35 ID:T30Fr3ct
砂糖自体は台湾で大量に作ってるから、台湾航路が健在だった間は大量に入ってきてた。
戦中でも、半ばまでは庶民の口にも甘い物が入ってたよ。
末期に急速に欠乏するのは、もう一つの産地だった南洋諸島が占領された事と、
砂糖自体が燃料用アルコールの生産に振り向けられたせい。

707 :名無し三等兵:2015/11/19(木) 14:13:32.45 ID:gJaM63a3
小豆と餅米がある地方では、大福餅も戦争後半でさえ普通に売ってたっていうしね

砂糖が無いってより菓子にする材料が不足していたってことかと。
TOMORROW 明日って映画でお手玉をほぐして中の小豆で汁粉を作る
シーンもそんなかんじ

708 :名無し三等兵:2015/11/19(木) 16:04:33.58 ID:Qi/btT+d
>民族滅亡の淵にまで行ったんだが、よかったか?
でも滅亡まで突き進まなかったのは御輿のお陰だったんじゃない?

709 :名無し三等兵:2015/11/19(木) 16:10:17.77 ID:T30Fr3ct
民族滅亡の淵まで行ったかな?
国体はともかく、民族は本土決戦やって2000万人死んでも別に滅亡したりしなかったと思う。

710 :名無し三等兵:2015/11/19(木) 16:51:20.92 ID:gJaM63a3
「民族」ってのは数が生き残ったから維持されるもんじゃないですよ。民族は自然科学の
概念じゃないので

>>708
神輿の上の人が「朕とともに総玉砕である」と言い出すか「大丈夫、連合国は
国体を破壊はせぬ、確信がある」と言うかどうかは、そのときの
上に乗ってる人の資質やとりまく状況しだいじゃ怖いでしょ

711 :名無し三等兵:2015/11/19(木) 17:54:04.39 ID:T30Fr3ct
いや、別に数だけどの話でもないけどさ。
中国に占領されて人口の1/4殺されたチベット民族だって、2000年国土失った
ユダヤ民族だってちゃんと残ってるじゃない。
もちろん滅びた民族もあるし、滅びかけてる民族もあるけど、そう簡単に
滅亡するようなもんでもないと思うよ。

712 :名無し三等兵:2015/11/19(木) 17:56:48.94 ID:DmavMpR8
ユダヤをそこに出すのはなんか違う気がする
あの宗教のシステムは国が無くても宗教がそのままの形で存続できる完璧なシステムがある

713 :名無し三等兵:2015/11/19(木) 18:09:37.92 ID:nVqZIZt9
>上に乗ってる人の資質やとりまく状況しだいじゃ怖いでしょ
その当時に神輿に乗っていたのが昭和帝だった事に感謝したい

714 :名無し三等兵:2015/11/19(木) 18:14:34.94 ID:T30Fr3ct
じゃあアルメニア人でもいいや。

715 :名無し三等兵:2015/11/19(木) 18:24:26.41 ID:gJaM63a3
>>711
その状態こそが「民族滅亡の危機」なんじゃないかと。ユダヤ人はイスラエル建国できたけどね。
民族の存立って自己決定権の問題と固有の歴史を正史にできる状態だと思うんですよねえ。
今もチェチェン人はいますと言われても、あの状態で民族を維持しているとはいえないし
クリミアでもめているのもスコットランドの独立問題も、やはり民族の帰属と自己決定権だから

そしてチベット人はいちおう言葉や習慣・宗教は認められても、学ばされる歴史は
漢民族主体の歴史。郷土のことは正史として尊重されない。これで民族が健在だとは。

それに中国のチベット族の場合次ぎのダライラマは出せないか、中国官製のダライラマになるから
民族融和のお題目のために「チベット族」が残っているだけとなるよ
(チベット民族じたいはネパール、ブータン、インドにもいるけどね)

716 :名無し三等兵:2015/11/19(木) 18:31:02.63 ID:T30Fr3ct
>>715
今のチベット民族が滅亡への道を歩んでる事には同意するけど、
太平洋戦争時の日本ってそんなに酷かったか?

717 :名無し三等兵:2015/11/19(木) 18:44:48.23 ID:Hul8asqn
陸軍主導で本土決戦に突入したらやばかったろう。

718 :名無し三等兵:2015/11/19(木) 18:51:11.09 ID:T30Fr3ct
上でも書いたけど、仮に本土決戦して2000万人死んでもチベットと同程度かマシなくらいでしょ?
実際はそこまで行かなかったのに、民族滅亡の淵は言いすぎだと思う。
見出しで売る週刊誌じゃあるまいに。大げさに言えば良いってもんじゃなかろう。

719 :名無し三等兵:2015/11/19(木) 18:58:10.41 ID:DmavMpR8
民族を構成する人間は絶滅はしないだろうけど、文化がどうなってるか…
下手したら現代以上の西洋化とか、ネイティブアメリカンみたいに文化ごと滅ぶとかあったかもね、欧米人の支配地域を見るに

720 :名無し三等兵:2015/11/19(木) 19:03:28.76 ID:gJaM63a3
>>716
最悪のシナリオだけど、1945年の冬には国民が飢餓に陥ることが予想されていたので
そんな中で沖縄のような集団自決(強制があったとは言ってないのでアレな人、反応しないでねw)や
女性子供までが自発的に攻撃に参加する事態になれば大量の死者が民間人からもでるし
米軍・ソ連軍はゲリラ対策で住民の掃討戦を始めるからね。

こうなると政府機能は失われ、連合国の占領地に軍政が敷かれ、直接統治が始まる。
通貨も国会も法律も警察も司法もメディアも維持できた間接統治だった史実の占領とは
まるでちがう様子になる。

GHQに文句をいう吉田茂も、日本統治のためにGHQが必要と判断した天皇もいないまま
ソ連と中華民国、英米による分割統治となれば、日本人は「民族の危機」に直面した
といえなくないっすか?

それに陸軍は徹底抗戦の後の日本の破滅を想定して、満州をソ連に引き渡して
そこに自ら傀儡国家として存続し、日本民族を維持するというプランを本気で
実行しようとしてたしね(冷戦終結後にソ連で密約書が見つかった)

721 :名無し三等兵:2015/11/19(木) 19:12:16.11 ID:Pv279O8F
>>718
先進国ってそういう前科には事欠かないし

722 :名無し三等兵:2015/11/19(木) 19:14:21.67 ID:T30Fr3ct
>>719
混血とかが進まない限り、人間が残ってるのに文化だけ滅ぶとかあるのかね?
外圧とか関係なく自然に廃れていくような文化は別にして。

>>720
その最悪でチベットと同程度でしょ?
それでも60年かけて民族滅亡の途上。
遥か手前で止まった太平洋戦争を民族滅亡の淵は、やっぱり誇大表現じゃないの?

723 :名無し三等兵:2015/11/19(木) 19:17:47.42 ID:GV/xsLyJ
天皇以外の誰が降伏を命令しても反乱が起きていたよ
内戦->分断だ
アメリカが降伏を許可してから一週間で降伏する早業で北方四島だけで済んだ

724 :名無し三等兵:2015/11/19(木) 19:38:38.75 ID:nVqZIZt9
>一週間で降伏する早業で北方四島だけで済んだ
第5軍91師団の皆様方の活躍も有ったのではないかと

725 :名無し三等兵:2015/11/19(木) 19:43:01.12 ID:+69gVQLw
よく日本海軍の夜食でお汁粉とか食べているけど
他の国だとホットチョコレートとかココアとかが該当するのだろうか?
西洋で甘くて腹にたまる飲み物とかスープってあまり思いつかない。

726 :名無し三等兵:2015/11/19(木) 19:47:27.35 ID:gJaM63a3
>>722
ID:T30Fr3ctさんの意見を否定してるわけじゃないんですけどね。こんなのは歴史のIFですんで。
ただ上に書いたように人数が多いからといって「民族」が維持されるわけでもないですし
血は民族の概念とは関係ないです(漢民族だって日本人だって多様なDNA型で構成されていますし)

僕は現在の(中国の)チベット族はダライラマの退場でエスニッククレンジングが完了し
地下活動するしかなくなると思っています。

あと太平洋戦争終結後、すぐに民族の危機に陥るとも言ってませんよ。本土決戦をやった結果として
滅亡のカウントダウンが始まったかもしれないと言ってるだけです。
だから「民族滅亡の淵にまで行った」と。「淵にまで行った」ですからね。

皆様、スレチがすぎた上に長文ばかりで失礼しました。

727 :名無し三等兵:2015/11/19(木) 19:53:03.94 ID:GxFWj5kX
昭和帝の凄いところは、あの傲慢で尊大なマッカーサーを
たらし込んだところだ。天皇とマ元帥の会談は初回のみ
有名だが、朝鮮戦争でマ元帥がトルーマンにクビにされる
までに、十数回会談を重ねていたとか。

728 :名無し三等兵:2015/11/19(木) 20:28:05.05 ID:VR5p6/Jc
傲慢で尊大だったから逆に簡単だったんじゃないの。マッカーサーの扱い。
アメリカだって、小さい頃から召使いに囲まれて育った、スーパーエリートのルーズベルトはあしらいがうまかったけど、
田舎から自力で這い上がってきたザ・庶民のトルーマンには全く制御不能だった。
19世紀的な名士気取りの男で、貴人層にはあしらい易かったんだと思う。
ふつーの人(トルーマンとか)にはムカつくだけだけど。

729 :名無し三等兵:2015/11/19(木) 20:33:29.68 ID:RVuGopKI
マッカーサーは傲慢に見えて結構ビビってた。
記念写真見れば分かるが、腰に手を当てて精一杯威張ってるが左手が伸びきって無い。

730 :名無し三等兵:2015/11/19(木) 21:07:20.89 ID:nVqZIZt9
>マッカーサーは傲慢に見えて結構ビビってた
瑞鶴を囮にしたレイテ攻撃の時も結構ビビっていたとか
最後は栗田さん助けられたけど・・・。

731 :名無し三等兵:2015/11/19(木) 22:09:03.72 ID:DmavMpR8
>>722
外的要因が全くて文化を維持できる環境なら残ると思うけど、占領されたりして突然すぐそばに別の文明が入ってきたら少なくとも変質するだろうし相手が強すぎたら飲み込まれる

うろ覚えだけど、侵略に武器はいらぬ、原住民に石けんを与えよってのがある

732 :名無し三等兵:2015/11/20(金) 03:05:02.30 ID:m/m1p3GM
中国はチベットで文化のホロコーストやってるでしょうに
イスラム国は遺跡に激しい嫉妬を見せる
わが文化こそが最高、他の文化は虐殺せよ
世界の常識は日本には理解できない

733 :名無し三等兵:2015/11/20(金) 09:42:44.77 ID:wtH6ftQK
>>732
偶像崇拝を禁止してるから宗教モニュメントを潰してるだけなのにバカなの?

734 :名無し三等兵:2015/11/20(金) 11:20:35.37 ID:ol4fNimQ
>>732
>世界の常識は日本には理解できない

日本も同じだけど。
日本は委託統治領や占領地で良いことをやりましたってホルホルしてる人がいるけど
「良いこと」って日本語教育と神社参拝、皇居遙拝、エリートの日本留学といった
皇民化教育で、まさに”善意”で民族の文化を破壊しております。
沖縄だって「遅れているから」と善意で本土化を強制したしね

735 :名無し三等兵:2015/11/20(金) 11:23:44.31 ID:My1p4CNQ
アイヌは存在しないとか言ってる与党の地方議員も居ますな

736 :名無し三等兵:2015/11/20(金) 11:35:45.17 ID:epv8ym1o
だよなー。朝鮮人なんか糞まみれ土人のままほっとけば
よかったのに余計なことをしたもんだ。

737 :名無し三等兵:2015/11/20(金) 12:28:19.12 ID:ol4fNimQ
>>736
君に社会へ誇れることが少しでもあれば、ネットでチョウセン人を貶すような
惨めな人にはならなかったものねえ。
市井の日本人は社会で頑張ってるから、在日もチョウセンも君のように目を吊り上げて叩くような
負のモチベーションはないからね

738 :名無し三等兵:2015/11/20(金) 13:18:59.43 ID:iE2ckdhr
でも、帝国の慰安婦の著者。なんか罪でっち上げられて起訴されたんでしょ?
韓国に不利な事書くと韓国人でもこれだ。言論統制は怖いねぇ。

739 :名無し三等兵:2015/11/20(金) 14:05:47.76 ID:ChVGeO9A
放置してればよかったってのは賛成するけどね

740 :名無し三等兵:2015/11/20(金) 14:20:46.66 ID:BfNwk9k4
>放置してればよかったってのは賛成するけどね
かつての失敗に学んで
これからは関わり会わないようにしよう(*´▽`*)

741 :名無し三等兵:2015/11/20(金) 17:47:12.74 ID:udtxD2AB
スレを総合すると、
・女の要求と博打のレートは上がる事があっても下がる事はない
・ごみの分別の内訳は自治体ごとによって違う
・バスの乗り方と料金の支払い方はバス会社毎に違う

つまり、自分の周りが全てグローバルスタンダードだと思うのは大きな勘違いって事だ

742 :名無し三等兵:2015/11/20(金) 17:59:18.22 ID:Z1u4zrur
ニダーさん達を放置するとロスケが乗り込んでくるから。

面倒な場所に面倒な連中が住みついてしまった・・・。

743 :名無し三等兵:2015/11/20(金) 18:25:08.81 ID:NC3Iq5xb
朝鮮韓国が無ければ淋しくて死んじゃう病の人が何かいってる

744 :名無し三等兵:2015/11/20(金) 18:56:57.72 ID:epv8ym1o
韓国を見てつくづく思うのは、あの人達はルネサンス以前の
人間だ、ということ。合理主義も近代理性主義も芽生えて
おらず、事実と想像、感情と理性、名義と実体を区別する
ことが出来ない中世人なのだと。

745 :名無し三等兵:2015/11/20(金) 19:24:37.80 ID:qKYXc8BR
>朝鮮韓国が無ければ淋しくて死んじゃう病の人が何かいってる
昔は結構気なっていたんだけど
最近は気にならなくなった
昨日の野球もただ「負けちゃった」と思っただけ
韓国朝鮮の存在は単なる外国と謂った感じかな?

746 :名無し三等兵:2015/11/20(金) 19:46:03.65 ID:FyW7f6A9
戸籍を作ろうとしたけど同姓同名が多すぎて不可能だったので
名前にミドルネーム的なのを追加させたのが創氏改名
が、せっかく日本が整備した戸籍を朝鮮は破棄
結果つい最近まで同姓の結婚は不可だったというマヌケさだ
近親相姦の危険があった
DNA鑑定が普及してやっとまともな戸籍管理ができるようになった
ろくに漢字使えないのに名前に漢字を使うからこうなる
愚かな民族というのは誹謗中傷にはあたらないのが困る、現実に在る事実

747 :名無し三等兵:2015/11/20(金) 19:57:29.85 ID:FyW7f6A9
属国になる事しか思いつかない独裁体制の罪深さよ

中国がヤバくなるとロシアに属国にしてくれと懇願しやがる
さすがに日本がぶちきれて日本が統治する
当時朝鮮には細々と民主化運動があり、それを助けて民主化するというのも目的だった
(当時の日本は世界最先端、過激な民主主義だった)
朝鮮行ってみたらビックリ仰天
朝鮮人は李氏朝鮮の分盲政策でほとんど読み書きができなかった
国民に読み書きを禁じるというとんでもない政策だった、ハングルは禁止されてたんだ
(特権階級、官僚は中国語の読み書き必須)
ハングルを発明したのは朝鮮人だけどハングルを朝鮮人に教えたのは日本だったんだぜ

748 :名無し三等兵:2015/11/20(金) 20:04:27.59 ID:FyW7f6A9
日本初の鉄道は海の上を走った
建設予定地で猛烈な反対運動が起きて国家権力もタジタジ
脅しても土下座してもダメだった
仕方ないから人の居ない所を走らせよう
プロ市民さまは明治にはいたわけだ
日本は根っからの民主主義
土着の民主主義なので西洋の民主主義とは趣きが違うけどね

749 :名無し三等兵:2015/11/20(金) 23:47:58.77 ID:Fcst/eVX
専門のスレだとスルーされたり言い負かされるからここに来るんだよなw

雑談にかこつけて惨めな自分を慰めたいだけの奴ばっかり

750 :名無し三等兵:2015/11/20(金) 23:53:50.17 ID:epv8ym1o
なんというブーメラン

751 :名無し三等兵:2015/11/21(土) 07:30:56.83 ID:gws9eWu4
>>744
> 韓国を見てつくづく思うのは、あの人達はルネサンス以前の
> 人間だ、ということ。合理主義も近代理性主義も芽生えて
> おらず、事実と想像、感情と理性、名義と実体を区別する
> ことが出来ない中世人なのだと。


基本的に同意するが、中世人に対して失礼な物言いかと思います

752 :名無し三等兵:2015/11/21(土) 09:01:33.32 ID:AmQYjkXu
>>749
めずらしくこのスレに半島人と性格と知能が揃いのアホウヨが集まってきてて驚いたよ

つか、そもそも軍板ってアホウヨにとって最も居心地が悪いところなのに

753 :名無し三等兵:2015/11/21(土) 10:03:42.63 ID:293GL2o0
>>751
併合初期、総督府の依頼で現地調査した学者は『朝鮮の
発展段階は、我が国の平安中期程度』と評価したそうだ。
それから百年だから、今の韓国は鎌倉時代程度じゃないかと。

754 :名無し三等兵:2015/11/21(土) 10:13:10.63 ID:cdt7INJI
韓国人は尿や糞も川にタレ流していて衛生観念というものが皆無、という報告もあったね。
半島が衛生という概念を手に入れるには日本による手助けが必要だった。

日本はそこらにあるいわゆるコンビニのトイレでも常に綺麗にしてあるところが多い。
現代でも韓国中国あたりから日本に来る連中はそれに驚く。
そういえば海自の艦艇のトイレの掃除は誰(どこの分隊)がやってるんだろう?

755 :名無し三等兵:2015/11/21(土) 10:15:39.85 ID:cdt7INJI
山口高(山口市)は20日、ラグビー部員らが食中毒になったため、
全国高校ラグビーフットボール大会出場をかけて21、22日に広島市で
開かれる推薦校選考試合への出場を辞退したことを明らかにした。

県や同校によると、15日夕、山口市大手町の「台湾料理ふじ苑」(旧店舗)で
食事をした41人のうち部員20人と一般客9人が腹痛などを訴え、
8人からノロウイルスが検出された。山口環境保健所は19日から
22日まで同店の営業停止を命じた。

*+*+ YOMIURI ONLINE +*+*
http://www.yomiuri.co.jp/national/20151120-OYT1T50129.html


日本ではあまり起きないこういう事件も
衛生面の意識の低い国では日常茶飯事。

756 :霧番:2015/11/21(土) 11:40:22.28 ID:A394Zfso
>>754
>怪事のトイレ掃除は何処の文体がする?
科員居住区のは基本最寄りの(つまり一番使う)分隊が
士官用便所や艦長室&(艦によってはある)司令室の便所は士官室係がします

757 :名無し三等兵:2015/11/21(土) 12:19:30.75 ID:SE04CwEo
お、霧番だ
もう幼女にいたづらした分の刑期終わったの?

758 :名無し三等兵:2015/11/21(土) 14:22:00.30 ID:gc+CQ7CT
本質は衛生面の意識ではないんだよ
公共の意識が無い
日本は恥の文化
トイレでは手を洗いなさい、洗わないと恥ずかしいですよ
大事なので二度言います「恥ずかしいですよ」
家ではろくに手を洗わん奴も外ではハンカチ持ってる

759 :名無し三等兵:2015/11/21(土) 15:18:01.52 ID:AmQYjkXu
百田尚樹はどこの国の人で、どこの文化圏の価値観の中で生きているのだろうねえ?

百田尚樹 ‏@hyakutanaoki
僕はトイレに行っても手を洗わない。一緒にツレションした友人に、たまに「百田さん、手を洗わへんのかいな?」と
訊かれる。その時はいつもこう言う。「僕のチンチンは君のと違うて綺麗やから、触っても洗う必要がない」。
ウンコの時は肛門を触らないので当然、手は洗わない。

760 :名無し三等兵:2015/11/21(土) 15:36:34.12 ID:DuJAyUpj
炎上させたいが為に晒上げる香具師はどこの国の人で、
どこの文化圏の価値観の中で生きているのだろうねえ?

761 :名無し三等兵:2015/11/21(土) 15:44:24.70 ID:neKfuKQv
トイレで手を洗わない程度のことで今更落ちるような評価なんか、百田に残っちゃおらんだろ。

762 :名無し三等兵:2015/11/21(土) 15:49:07.74 ID:qUBltxDA
トイレで手を洗わないので星1コです

763 :名無し三等兵:2015/11/21(土) 15:53:21.57 ID:9GWKBC70
ハンカチで鼻かまないのは日本だけかな?

764 :名無し三等兵:2015/11/21(土) 16:01:31.47 ID:gc+CQ7CT
日本人ならば日本の価値観に決まってるだろうに
区別と差別を混同しているキチガイの方が問題だよ
どこの国もみんなそれぞれに違う
何か問題でも?
朝鮮や中国はあまりにも事実の歪曲がひどいのでショッキングな話になるのは仕方ない
李氏朝鮮が文盲政策やって国民に読み書きを禁じていた事
日本がハングルの教育を命令した事
日本が朝鮮を民主化した事
事実は事実だ
自分で調べろよ
朝鮮は日常生活に支障があるレベルで同姓同名が多いのは今も同じ
今からでも創氏改名やった方がいいね

765 :名無し三等兵:2015/11/21(土) 16:46:14.19 ID:2yJ9Ql2L
>>759
オレはトイレの前に除菌ティッシュで手を拭くんだがな
後には手を洗うし。

766 :名無し三等兵:2015/11/21(土) 19:51:28.59 ID:ySi5BqHK
除菌ブームを引きずってる人がけっこういるね
自分の手をきれいにするのは良いけどそこらにティッシュを捨てたり
会食の席で除菌スプレー使ったり除菌さえできれば後はいいのかって感じ

767 :名無し三等兵:2015/11/21(土) 19:53:07.45 ID:qiIcAWAE
トイレの前に手を拭くのってなんか意味あるのか?
食事の前ならわかるけど。

768 :霧番:2015/11/21(土) 20:04:57.96 ID:huiGR8Tr
>>767
男性の小の場合
手についた雑菌でチ○ポが汚れないため

769 :名無し三等兵:2015/11/21(土) 21:48:11.56 ID:/VKkF86K
膀胱炎は尿道から菌が入るケースが結構あるから
それの予防には意味はあるかもしれんね
まあ男は女と比べて圧倒的に長いから比較的少ないけど

770 :名無し三等兵:2015/11/22(日) 08:58:33.55 ID:iilmc2ZN
ただのエチケットを除菌だなんだと言い出すから悪い
手を洗っていない所を目撃されたら翌日から不潔な奴に堕ちる
社会人とては致命傷だ
だからハンカチ持って出かけるんだろうに

771 :名無し三等兵:2015/11/22(日) 09:29:45.10 ID:/B+xb+PG
>>770
エチケット以前に、トイレのあとに男でも手を丁寧にあらって清潔なハンカチで
拭かなければ雑菌だらけ。ノロのような感染症の源になりかねん。
大便でペーパーで拭いたら「肛門にふれてない」と思っていても紙を通して
糞便が大量に手に浸潤してついている

772 :名無し三等兵:2015/11/22(日) 09:30:21.06 ID:6maX4Efq
入れっぱなしのハンカチより手をプルプルしたほうが衛生的?

773 :名無し三等兵:2015/11/22(日) 09:50:00.60 ID:IAH6Yery
>>772
”エア・タオル”と言ったかな?
空気流で手を乾かす機械がある。

いつ洗ったかわからないようなハンカチよりは、自然乾燥のほうが
清潔かもね。

774 :名無し三等兵:2015/11/22(日) 09:58:54.76 ID:wfyrvlg2
”エア・タオル”は”エア・タオル”で、フィルターの手入れが悪いとバイ菌の吹きつけ装置になる
自然乾燥が済むまで何にも触らずトイレに籠もるか、そこら辺みんな手を洗わない奴が触った所だが。

775 :名無し三等兵:2015/11/22(日) 10:33:24.93 ID:/B+xb+PG
>>772
程度によるし比較問題だけど、雑巾状態でなければ、入れっぱのハンカチで拭くほうが清潔。
ハンカチで繁殖してる雑菌と、粘膜があって湿潤な陰部やトイレットペーパーを通して
浸みてくる糞便と比べれば、手を丁寧に洗ったあとでつくハンカチの雑菌(その辺にいて
いずれ手や身体につく雑菌と同じ)のほうが遙かにマシだから。

だから手を洗わずに手づかみでオニギリやパンを食べるのは別になんとも思わんが
トイレで手を洗わん奴は信じられない。小学校から手を洗いましょうと習ってるはずなのに。

776 :名無し三等兵:2015/11/22(日) 11:09:37.50 ID:KFUrVe0B
エアタオルも流しと離れたところに設置すると床を濡らすし水滴を周囲に飛散させちゃう欠陥商品もあるからなあ
その点ダイソンのエアタオル付き自動水栓が理想的だけどすんごい高い…
清潔は金がかかる

777 :名無し三等兵:2015/11/22(日) 12:24:24.09 ID:y+hLCSN9
食事とは正反対の方向へ

778 :名無し三等兵:2015/11/22(日) 12:25:15.64 ID:y+hLCSN9
ある国の話ですが
トイレで手を洗ったら備え付けのペーパータオルで手を拭く
公衆トイレで小用が無料のところは手を洗う水栓がなかったりする
鼻はポケットに入れたハンカチでかみ、ポケットに戻す
挨拶はお辞儀でなく握手

779 :名無し三等兵:2015/11/22(日) 17:27:18.26 ID:8nUfCOMQ
むかしウォシュレットのコマーシャルコピーに
「お尻だって洗って欲しい」と謂うのが有ったけど
もし手でウンコを触ったら速攻で手を洗うけど
ウンコをしたお尻は紙で拭くだけと謂うのはチョットばっちい(/ω\*)

780 :名無し三等兵:2015/11/22(日) 17:51:40.97 ID:y+hLCSN9
ロシア兵は野糞してもケツ拭かない、と聞いたことがある
糞が硬くてコロコロしてたので、拭かなくとも糞の破片がケツの穴周辺に残ってることはなかったんだと

781 :名無し三等兵:2015/11/22(日) 17:57:39.86 ID:IBCf8DTg
>>780
そういえば、”よもやま話”であったな。
シベリア抑留になった人の話だが、カンボーイに
「尻を拭く紙を支給してくれ」
と頼んだら
「ニェット! そんな物必要ない」
って言われたと・・・

782 :名無し三等兵:2015/11/22(日) 20:52:42.92 ID:mlgsd9B5
ローマじゃ棒の先に海綿を付けた物でケツを拭いて洗って再使用してたらしい

783 :反ス厨 ◆EWVy18tcGo :2015/11/22(日) 21:43:21.34 ID:7VoZCbf6
羊皮紙で拭くわけにもいかんからな

784 :名無し三等兵:2015/11/22(日) 21:57:55.95 ID:HjWY9J4B
フープスカート
http://downtrend.com/wp-content/uploads/2015/03/hoop-skirts.jpg
ベルサイユ宮殿にトイレが無かったのは有名な話です
当時はそういう事情だったので女性はこうなりました
なんと文化的なんでしょう、さすがはおフランスです
これならこっそり立ちションもいけそうです
でもどうやって拭いたんでしょうねぇ

785 :名無し三等兵:2015/11/22(日) 22:12:10.37 ID:KFUrVe0B
東南アジア一帯みたいに右手で桶を持って尻に水をかけ左手で洗う…ってやれば高価な紙は不要で清潔
インドネシア滞在中にやってみたけど案外気持ち良くてなんで日本じゃこういう習慣ができなかったんだろうかと思ったな
ホテルだとウォシュレットどころか小さなシャワーヘッドが備え付けられているし小便器にも先っぽを洗うための水が出るようになってる
これで上水道が日本並みの直接飲んでも安全なほどの水質になったら先進国になれるのに

786 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 00:12:04.55 ID:gMEx+3+D
元SASアンディ・マグナブの手記には、食い物や日常生活における対処法なんかが書かれていたけど、
ジャングルでの実地訓練で、痕跡を残さぬために大小便を持ち帰ると言っていて、
そんなものなのかな?とも思ったけど、「大便の後に紙は使わない」とあって、欧米人というのは、たくましいんだなと感じたよ。
フォークランド紛争でも、有る部隊の徒歩での行軍で、ゲリでどうしようもなく垂れ流しながら歩き続けたとも聞いたから、
どんな状況でも、動揺しないで適応出来るって凄いなと思ったな。

787 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 00:28:18.77 ID:3B1T13sM
下手に拭こうとして葉っぱとか使うと悶絶死することもあるし

788 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 00:30:19.16 ID:3j2+uUik
どこの部隊だっけ?下痢が酷くてズボンの尻の部分が切り取られてるの穿いてたやつ

789 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 00:31:22.22 ID:lIMmgaBT
中国では大をしたあとは縄で拭くとか聞いたことがあります

790 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 00:37:55.78 ID:+6TQwV92
>>784
>でもどうやって拭いたんでしょうねぇ

まあナポレオンの逸話を見るに

791 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 00:44:09.46 ID:rx3PihG0
紙は高級品だからな

792 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 00:51:59.18 ID:gMEx+3+D
知らずに、漆の幹と葉で拭いたらそりゃもう・・・

793 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 01:06:55.76 ID:BEYOB5y6
南方にはギンピーギンピーちう植物があってな…

794 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 01:23:18.50 ID:gMEx+3+D
>ギンピーギンピー
ググってみたけど、もの凄いね。

大戦時、南洋に展開していた日本軍には、現地での疫病や食糧調達に付いて、
事前に事前に調査把握するとか、していたのかな?
結果から見たら、学術的な検証は十分でなかった様だけど・・・

795 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 05:18:07.93 ID:2S5aePyY
何かあったら気合、それでも難しかったら根性、最終手段が征露丸

796 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 05:35:18.40 ID:YQrFpHqf
日本海軍のパイロットたちなどは
南方の基地に展開したその日に蚊に喰われてマラリアだ何だと病気を発症させて
作戦に飛び立つ前に地上で戦闘力を奪われたんだったか。

アメリカは何種類もの混合ワクチンを海兵隊やパイロットたちだけでなく、上陸する艦船乗りにも施していたという。
気合いで何とかしろという軍隊は、展開予定地域の風土病感染症などを調べ上げて
それなりにきちんと準備、対策をして乗り込んでくる軍隊に対して勝負にならないというのが
ソロモン戦、ガダルカナル戦が遺してくれた教訓のひとつか。

797 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 06:27:10.31 ID:BiNBZ1MP
南の島なんだから食べられるものがたくさんあるだろとか
東南アジアの高地で冷え込むから防寒着を送ってくれっていったら南方で寒いわけないだろと却下されたとか

798 :780:2015/11/23(月) 06:35:03.74 ID:qF16M1ZL
>>780
> ロシア兵は野糞してもケツ拭かない、と聞いたことがある
>


自己レス
思い出した
ソースは米原万里さんの本で、ドイツに攻め込んできたロシア兵の話だった

799 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 06:52:33.05 ID:NpUF/U1C
>>794
日本陸軍は、ロシア方面を主戦場に設定してたから、
大陸方面に関しては比較的多くの資料を持ってたし、被服や
糧秣に関しては比較的まともな物をそろえてた、って話。

しかし、南方はあまり考えてなかったみたい。

800 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 07:42:42.48 ID:jepLPVks
海軍は小笠原沖の決戦を前提に構築されていたので南方は想定外
一番の友好国で実質同盟国だったアメリカがたったの10年で敵に
なってしまっては対応できるわもない
敵だったドイツと同盟結んで米英と戦うとは夢にも思ってなかったろう
今から10年後の日米関係がどうなっているかは誰にも分からない
世界情勢が猛烈なスピードで動いているけどまだ序章

801 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 07:44:43.89 ID:3laELMuT
まともな地図すら無いから推して知るべし

802 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 08:56:03.40 ID:jepLPVks
無理だからやらないとは言えない
無理を承知、負けを承知で戦うしかない
戦争とはそういうもん
我が軍が米軍に負けるわけがないと演説したイラクの将軍の姿が忘れられない
秒殺されるのは誰よりも分かっていた、なにせ専門家だ
死に場所を失って燻っていた志士たちを引き連れて死ににいった西郷隆盛ともかぶる
一緒に死んでやるからついてこい
武人はつらいねぇ

803 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 09:25:44.24 ID:3laELMuT
無理なら無理と論理立てて主張してくれないと政治が困るのだがなあ

804 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 11:39:39.08 ID:18EXb9WS
>>799
つっても防寒装備がお粗末で、さらに車両も酷寒に耐えないので
ソ連相手に冬期には戦えなかったってのが、北進論が採用されない
原因の一つになったんだけどね

食料にしても脂肪を食べてるソ連兵とは比べもんにならんしね

805 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 11:43:47.43 ID:ERXJPCOy
脂身の塩漬け乗っけたパンでウォッカ飲む人たちだものなあ……

806 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 11:50:39.47 ID:YQrFpHqf
北満戦線では野外で酒粕汁を炊いて、それに携帯してきた凍った握り飯を放り込んで食ったということだったな。

シベリア出兵のときは何か新型の缶詰が登場したらしい。
軍艦「金剛」もウラジオストクまでその缶詰を運んだらしいが、乗員のなかには
興味津々だったが前線の将兵のためのもんだと思って銀バイを思いとどまったと書いてる人がいた。
何の缶詰だったか思い出せない。

807 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 13:29:07.14 ID:WNGvScfz
>>796
マラリアのワクチンなんて、今年ようやく開発されたとかされてないとかのレベルだろ。

808 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 14:46:52.52 ID:tVibBH3j
ノモハンで散々な目にあったからな

809 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 14:50:04.41 ID:AHBQaWM0
>>807
・・・それはギャグで言っているのか?

810 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 14:58:03.12 ID:WNGvScfz
>>809
いやマジで。
ついにマラリアにワクチン実用化かってニュースになったじゃない。

811 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 15:27:46.98 ID:OaN+n943
>>797
南洋庁とか有ったんだから
少しくらいジャングルの事とかお勉強しなかったんだろうか?

812 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 15:29:52.87 ID:BiNBZ1MP
海産物と石油しか興味無かったんじゃね?

813 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 15:43:27.59 ID:WNGvScfz
>>811
一応気候とか風土とか食える物とか毒とか研究して冊子にまとめて兵隊に配っている。
その名も「これだけ読めば戦は勝てる」。
40万部作ったそうな。

814 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 16:01:45.77 ID:18EXb9WS
そもそも僅かな人間しか暮らせないほど食料の生産性が低いジャングルに行って
食えるものを教えてもらってもあまり意味ないけどね

ジャングルの住人が「首狩り族」と呼ばれていたのも
狩猟採集の場の奪い合いで近隣の集落と戦争をするからだし

815 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 17:17:51.96 ID:O7hLbXV+
>>813
>「これだけ読めば戦は勝てる」
横井さんの話だと、何の役にもたたなかったって・・・

816 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 17:35:29.90 ID:3B1T13sM
つまり、食料の補給は難しいって解ってたんだろうな

817 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 17:50:13.62 ID:lvub2vcY
栽培作物の歴史を考えると、自然界に人間の食用にできる
植物はきわめて少ない。古代人は希少な特異種、変異種を
目ざとく見つけ出しては大切に栽培、品種改良して後世に
残し、その遺産で今の人間は暮らしている。

818 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 17:56:13.45 ID:AHBQaWM0
>>815
小野田さんならともかく、横井さんが生き残ってるんだから十分役になってるじゃないのか?

819 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 17:56:33.20 ID:18EXb9WS
人間が少なければ十分に暮らしていける恵みを自然は与えてくれるけどね。
狩猟採集時代は人類史におけるもっとも平和で豊かだった時代だといわれるほどで。

大の男が大量にやってくれば飢えるのは当たり前つうことですわな

820 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 19:36:59.53 ID:D4GWVAYf
>>810
確かにマラリアのワクチンはつい最近実用化されたけど
キナの樹皮からマラリア特効薬のキニーネが採れるってのは家族ロビンソン漂流記とかに出てくるね
オーストラリア入植の話なんで戦前から知られていたはずだし

821 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 19:41:02.18 ID:WNGvScfz
>>820
キニーネは治療薬だろ。
そして特効薬と言うほど効かない。
日本軍もいっぱい持ってたけど、バタバタマラリアで倒れている。

822 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 20:15:39.79 ID:D4GWVAYf
当時の資料を見れば特効薬と書いてあるよ今の基準であんまり効かないとかいっても意味無い
日本軍の場合材料が欠乏してすぐ補給が途絶えたから感染が広がったんだよ
予防のために毎日錠剤を飲む必要があったけど始めから行き渡る量の生産なんかできなかったし

823 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 20:26:12.08 ID:WNGvScfz
>>822
日本軍はわりとキニーネ大量配備してるよ。
蘭印がキニーネの一大生産地だったから。
補給途絶した場所は、食料すらないのにキニーネどころの話じゃないわな。

キニーネは、当時ほぼ唯一のマラリアに効く薬だったから特効薬とか言われたけど、
実際は特効薬と言えるほどの効果はない。唯一の薬だから過大評価されてるだけ。
現に、米軍でもキニーネ頼りだった初期はバタバタマラリアで倒れてるだろ。
最終的に米軍が取って効を奏したマラリア対策は、駐屯地の半径500メートルに
大量のDDTをぶち撒く事だった。
マラリアじゃなくて、蚊自体を駆除しようという方法。

824 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 20:26:29.21 ID:18EXb9WS
>>821
多くの日本の将兵がマラリアで死んだのは栄養不足も原因だしね。
赤痢もマラリアも栄養をしっかりとって、安静にしていれば治る病気なんで
南方での病死は広義の餓死と呼ばれる所以

あとアメリカは大量の殺虫剤を撒き、池に薬剤をいれてボウフラを殺し
徹底的に蚊の発生を抑えたり(ひでえ自然破壊だがな)、虫除け剤を兵士に支給したけど
日本は満足に蚊帳を吊ることさえできんありさま

825 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 21:47:42.40 ID:+6TQwV92
>>793
イラクサ科だけど症状が酷いなあ

南米には類似の症状を起こすウレラという植物もある

なおナマケモノ(動物)が好物にしているセクロピアという植物は
イラクサ科にかなり近縁で、これも刺毛を持ち、ナマケモノは平気で食べているが
他の動物はなかなか手を出せないのだという
セクロピアはまた中空の茎を持ち、その中にアリを共生させていてこれもまた噛み付いてくる

826 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 21:53:25.67 ID:+6TQwV92
日本も南方地域の研究はした
しかしモデル地域が台湾とミクロネシア

結論「土地は肥え、バナナ、タロイモがあちこちで収穫でき」

そんなのは熱帯、亜熱帯でも火山(それも玄武岩質の)の多い島嶼で年間雨量も豊富なごく一部の地域なんですがw

827 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 22:04:37.37 ID:n4URLTee
>>826
「フィリピンは農業国だから食料は現地調達」
農業国の産品が食料とは限らないのに参本と来たら。

828 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 22:05:21.14 ID:+6TQwV92
2chで嫌われまくりの本多勝一だがエスキモーとニューギニア高地とアラブ遊牧民の三部作は
読んでいて面白いとされる

そこでニューギニア高地について標高2000m付近では最高30度なんてまずならず
明け方には10℃程度になり、彼らが耕作している地域に限ればイモ類は豊富だがタンパク質が絶望的に不足している
一方、ジャングルの中は意外に歩き易く、北海道のクマザザ地帯の方がよっぽど歩き難かったとある

更に3000m近い山々を歩くと、高湿度で火をおこすことも難しく食べられそうなものは殆どなく気温は明け方に3℃まで下がり
植物に恵まれているのに砂漠のように不毛だ、とまで書いている

本多氏の記述から50年以上も経つが、未だにあの文章は参考になる部分が多いw、と書いている人すらいる
ニューギニア高地ではそれほど進歩は遅い
とはいっても、低地の都市部はどんどん進み、更に治安は悪化しまくっているのだが

829 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 22:11:53.03 ID:+6TQwV92
結局は腰をすえて住み着いて、卸し金でサゴヤシの幹を摩り下ろして
水に晒してデンプンを取るとか
同じようにシュウ酸だらけのサトイモ科植物の根茎を水に晒してどうにかデンプンを
無害なくらいにして食うとかしか出来ない
これだってニューギニアの低標高地限定だ
高地だと、イヌビワ類の果実でも根性で食うしか無いか?これもアクだらけだな

兵士が数千人も入って移動して行軍して敵と戦いながら食えるものは限られているなあ

ただし、現在はバイオエタノールとやらでセルロースからグルコースを作るのが
比較的容易な時代になりつつあるので
その装置を上手く持ち込めばジャングル戦もカロリーだけは取れる、時代になっているかもなあ?
まだちょっと難しいかな?

830 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 22:15:41.14 ID:AHBQaWM0
>>827
攻略は不可能ですという結論が出たらハルノートを受諾するしかない。
ハルノーとを受諾したら陸軍は面子丸つぶれでしばらく冷や飯食いだから。
むりやり攻略可能にするのはしかたがない。

831 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 22:20:52.20 ID:WNGvScfz
>>827
農業国で必ずしも食料が自給できてないのは、植民地経営の負の側面だよなぁ。
仏印でもそれのせいで、流通が止まった戦争末期に飢饉が起きた。

832 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 22:57:13.75 ID:+6TQwV92
フランスとか植民地国で工芸作物だけ作らせて
自国産の小麦のパンを高く売りつけるのが得意だし

833 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 23:34:39.67 ID:3B1T13sM
牛に食料積んで随伴させれば牛も食えるしよくね?

834 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 23:38:03.31 ID:WNGvScfz
間違って水牛を挑発すると大変な事になるぞ。

835 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 23:46:01.51 ID:cpZLJ0Q3
南方の草木はそもそもそのまま食料になるから本来平気なはず
豊富な食料があるのに飢饉とか仏印の住民は甘え過ぎではないかね(牟並感)

836 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 23:46:26.95 ID:Auvv8ajJ
水牛のモッツァレッラチーズ使ったピザ食ったことあるけど別次元の旨さだな

837 :名無し三等兵:2015/11/24(火) 05:16:21.63 ID:lOyrQ7bC
>>335
妄想にしてもひどすぎる
アマゾンのジャングルも人にとっては不毛の地だ

838 :名無し三等兵:2015/11/24(火) 06:09:13.83 ID:jEccwVPR
タイやインドネシアでモジャモジャ生えてる雑草って日本とほとんど同じで意外だった
むしろあっちから種が運ばれてきたんだろうけどもちろん食べられるようなもんじゃない
確かにバナナやパパイヤが自生していたり街路樹がマンゴーだったりするけど数十万人に行き渡りっこないし

839 :名無し三等兵:2015/11/24(火) 06:17:30.74 ID:7H558lV2
皇軍の食料は現地調達が基本だからね

840 :名無し三等兵:2015/11/24(火) 11:56:05.28 ID:/i7l3W05
用を国にとり、糧を敵によると、孫氏の兵法だからな。

841 :名無し三等兵:2015/11/24(火) 14:49:25.59 ID:58nXAwbD
そこらの道端にワサワサ生えてるスベリヒユとかでもサラダでいける位のお手軽食材だぞ

842 :名無し三等兵:2015/11/24(火) 14:50:47.92 ID:/i7l3W05
スベリヒユなんぞサラダでいったら、腎臓結石かなんかになりそう。

843 :名無し三等兵:2015/11/24(火) 14:52:21.23 ID:9wpAPEP9
サラダだけで38式歩兵銃担いで行軍できるか!

844 :名無し三等兵:2015/11/24(火) 15:02:20.00 ID:5/TE6hPn
アフリカの乾燥地帯と熱帯ジャングルでは条件が違うが
食物が少ないと言った点は共通するのかな?
ドイツ軍はアフリカ戦線での補給はどのようにしていたんだろ?
どなたか詳しいし人
教えろくださいヽ(`・ω・´)ノ

845 :反ス厨 ◆EWVy18tcGo :2015/11/24(火) 15:06:46.92 ID:ibbXKvt6
ジャングルなら動物がいるだろ

846 :名無し三等兵:2015/11/24(火) 19:55:53.26 ID:HY1ZN+lL
>>835
日本国内ですら牧草が柔らかく食べ易いのは北海道だ
暖地だと細胞壁が固くなり易く食べにくくなる

成長の早い密度の小さな木材も、逆に物凄く密度の高い木材も
どちらも熱帯にある
温帯にあるのはそんなに差がなく、冷帯だと針葉樹だがこれらは比較的密度が小さい

847 :名無し三等兵:2015/11/24(火) 20:02:23.45 ID:/i7l3W05
でも、戦記読むとインパールの帰りはホウレン草っぽいもの、ルソンの奥地では
春菊っぽい物が豊富に採れて、兵士の命を繋いでるよね。
野菜だけで必要カロリーを満たすのは困難だから、飢える事には変わりないけどさ。

848 :名無し三等兵:2015/11/24(火) 20:03:35.19 ID:HY1ZN+lL
>>845
アマゾンはあまり動物がいないのだ
バクとか、イノシシにやや近い偶蹄類のペッカリーとか、カピバラなどはいるが

あとサルならそこそこ個体数がいる
だが樹上にいるから打ち落とさないとな

>>838
水辺ならホテイアオイがあるから一応食べられるなw
他にも空芯菜とかミズオジギソウなども食べられるって言えば食べられる

だがやっぱり絶対量が少ないなあ
カロリーが足りない

近年ではアメリカネムノキ(日立のCMの樹種)が熱帯各地で植栽されていて
この鞘の内側はハチミツのように甘く食べられる
とはいっても、腹持ちが良くない

マメ科は有害なものが多い
ギンネムなどは皮膚炎を起こす毒をもち、主食レベルの摂取量だと肌を痛め
毛が抜けてしまう
但し100℃で数分間加熱すると毒の大半が分解され、飼料としては優れたものになる

腰をすえて魚釣りをする余裕があればタンパク質も手に入るが、
悠長に魚なんか取ってたら敵に撃たれてしまう

849 :名無し三等兵:2015/11/24(火) 20:07:44.92 ID:HY1ZN+lL
>インパールの帰りはホウレン草っぽいもの

アカザ科だから確かにホウレンソウ近縁だな
ミャンマーの北寄りの乾燥地帯だからアカザ科のような乾燥に強い植物が育つ

どっかの高学歴の主婦(研究者でもある)が東南アジアの野菜類について分類学と
料理法をてんこもりにした本を書いていたな

850 :名無し三等兵:2015/11/24(火) 20:09:42.84 ID:HY1ZN+lL
ttp://www.amazon.co.jp/dp/433555091X
東南アジア市場図鑑 植物篇
こんなのがお薦めかねw

851 :名無し三等兵:2015/11/24(火) 20:16:30.17 ID:WgT1Fofw
http://lannathai.nomaki.jp/yasai01/yasa01.htm
タイ北部で手に入る野菜だとこんな感じですね。
野菜と言ってもそこらに勝手に生えてるのを採ってくるだけのも相当あって、
日本の八百屋に似たものが並んでるのから、全く何に例えていいのかわからんものまで
……ていうかアオミドロも食うんか。 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:50874ef5d23bf3c314d13d7122b6b00e)


852 :名無し三等兵:2015/11/24(火) 20:47:18.98 ID:HY1ZN+lL
>……ていうかアオミドロも食うんか。

カワノリ代わりだなw

雲南、ミャンマー、ベトナム北部、ラオス、タイ北部あたりは珍食の宝庫って感じだな

853 :名無し三等兵:2015/11/24(火) 20:49:27.76 ID:R/qA18D9
纏まった人数の食料ってなるとそこらの草や魚じゃあ足りなくなるわな

854 :名無し三等兵:2015/11/24(火) 20:56:45.81 ID:jEccwVPR
ベトナムやカンボジアじゃ日本へ持ってくれば一匹数十万で売れるアジアアロワナを単に食材にしてたんだよね…
ワシントン条約で輸入はできなかったけど現地を訪れたマニアが市場でたくさん見つけてひっくり返りそうになったとか
今じゃ人工繁殖できるようになったのに中国人が縁起物として買うんでまたすごい高騰してるけど現地じゃやっぱり食べてる

855 :名無し三等兵:2015/11/24(火) 21:04:21.54 ID:fEzQ4CT2
シーラカンスも地元じゃ食うとったやろ

856 :名無し三等兵:2015/11/24(火) 21:15:01.51 ID:5mAjr+47
>>854
確かに美味しそうだ。白身だろうし。

857 :名無し三等兵:2015/11/25(水) 01:06:02.84 ID:iadj9YUd
旧帝国海軍潜水艦で出ていたという料理「コンビーフ其の侭」は
自分もたまに作って食べているおススメレシピ

コンビーフと醤油は結構合う、塩分多いが。

858 :名無し三等兵:2015/11/25(水) 05:49:08.10 ID:+2FT3CYh
そのままならマヨだな
いり卵にコンビーフ投下するなら醤油
炊きたてチンチンのご飯に薄切り載せて溶かすなら醤油
そこまで熱くないなら厚切り載せてマヨ

859 :名無し三等兵:2015/11/25(水) 07:18:33.60 ID:u4kTBl+B
オレはコンビーフに何も足さずに食べる「コンビーフ素の尽」を愛食しておる
ポイントはコンビーフを崩さずに缶から出すことです

860 :名無し三等兵:2015/11/25(水) 08:50:15.58 ID:xlZDeMKJ
下を開けて缶の両側を適当に押せば落ちてくるな

ところでノザキだとコンビーフが牛100%でコンミートが馬80%牛20%らしいが馬肉って安いのか?
https://www.cornedbeef.jp/iroha.html

861 :名無し三等兵:2015/11/25(水) 09:39:28.96 ID:r0lXjsl9
俺はコンビーフの缶を眺めながら白飯を食う

862 :名無し三等兵:2015/11/25(水) 11:42:08.78 ID:/Qgwq+hQ
>>860
廃用の競走馬とか乗馬なら激安。馬刺し用の食用馬だと高い。

863 :名無し三等兵:2015/11/25(水) 14:43:44.30 ID:xFeJJ15L
>>861
じゃあ中身は俺が( *´艸`)

864 :名無し三等兵:2015/11/25(水) 17:13:25.10 ID:GENdfvHb
>>851-852
なぜか手元に、米軍のサバイバルテキストがあるんだが、
それによると
「淡水の藻は食べない方が良い」
と書かれてるんだ・・・

865 :名無し三等兵:2015/11/25(水) 17:34:03.86 ID:VRGxrZwb
食べられないとは書いてないから、寄生虫の問題かなにかで
避けるに超したことはないってことかな

866 :名無し三等兵:2015/11/25(水) 18:54:32.78 ID:Ui0hyLIt
馬肉入りの方が安い
だがしかし
馬肉入りの方がおいしいから困ってしまう
安い肉ならなんでもよかったというわけではないのです
あえて馬肉、馬肉でなければならなかった

867 :名無し三等兵:2015/11/25(水) 19:11:06.67 ID:V9H6hJ5F
>>862
食用馬なんて何処で飼育してるんだよ
日本に出回ってる馬刺し肉の8割はカナダ産だぞ

868 :名無し三等兵:2015/11/25(水) 19:11:37.12 ID:qvVEV1mw
火を通せば食べられる!


とは限らないから怖い

869 :名無し三等兵:2015/11/25(水) 19:16:27.70 ID:nHDrwuKM
>>867
阿蘇のカルデラの中で飼ってる。

870 :名無し三等兵:2015/11/25(水) 21:09:55.51 ID:hTcQ85Xo
>>865
一方で田んぼの泥の上澄み掬うと栄養一杯とかあるしなあ

871 :名無し三等兵:2015/11/25(水) 22:54:12.76 ID:xlZDeMKJ
オーストラリア産なら乗馬とか競馬用というのも分かるが中南米産ってのは何だろう

アメリカで不要になった馬がメキシコ経由で輸入されてるだけなのかな
アメリカ人馬肉食わないしな

872 :名無し三等兵:2015/11/25(水) 23:24:21.54 ID:vkWctoiL
>>871
メキシコからも来るし
あとは普通にブラジルやアルゼンチンから入ってきてる
特にブラジルは食料の輸出量は半端ないよ

873 :名無し三等兵:2015/11/25(水) 23:36:22.80 ID:aXjPGcTk
アメリカ海軍の空母パイロットもサバイバル訓練受けるのかな?
海軍パイロット向けのサバイバルの教科書には「およそ地上を這う生き物は何でも食用可」みたいに書かれてるそうだけど。

874 :名無し三等兵:2015/11/26(木) 02:58:17.04 ID:vaitFpDg
>>871
米国って結構な馬肉輸出国だったんだが、
感情的な問題で輸出規制するような話もあったけどそういうことなんか?

http://www.nh-hft.co.jp/profile/farming/img/farming_46_04_01.jpg
ウサギ肉といい過去には加工原料としていろんな肉が入ってきてたんだなあ

大和煮の馬肉、クジラ肉は筋が程よく柔らかくて安くて好きだったな
一生分買っとけばよかった

875 :名無し三等兵:2015/11/26(木) 03:36:11.46 ID:b7zoGaRR
競争馬は飼料や肥料になりほとんど食用には回らず
カナダは日本市場の開拓に成功しただけの話
日本産馬肉を売りたい日本の業者に子馬を輸出する事から始めた
そのうち面倒くさくなって肉を輸入するようになる
馬は牛とは違う、狭い所に閉じ込めて餌食わせるだけってわけにはいかない
日本で海外と競争力を競えるとしたら北海道しかない
なのに馬肉の名産地は熊本でないと困る日本人はカナダから馬肉を輸入する

876 :名無し三等兵:2015/11/26(木) 03:42:30.22 ID:b7zoGaRR
馬を食べるのは可哀想とホザきながらしっかり食用の品種も開発してる
人の業は深い
人の偽善は尽きない、それを失ったらアウトだど

877 :名無し三等兵:2015/11/26(木) 08:19:39.56 ID:j68ET4G8
>馬を食べるのは可哀想とホザきながらしっかり食用の品種も開発してる
鯨塚みたいに
食べ終わったらチャンと弔えば良いんじゃない?

878 :名無し三等兵:2015/11/26(木) 08:59:23.56 ID:oCkkqyyL
>>875
馬肉の本場は信州だろ???

879 :名無し三等兵:2015/11/26(木) 10:23:10.89 ID:4yByjDZo
日本もちょっと昔は農業で馬や牛を使ってたから日本人の農家あたりも馬を食べるのは複雑な心境だったりするんだろうか

880 :名無し三等兵:2015/11/26(木) 11:15:48.18 ID:cZOkV8Sl
農耕で使われていたのに普通に食われる牛さん・・・
てかなんで馬はタブー視されるんだろうな

廃用は全部食うってのはすごく合理的
情が移ってしまって全部食わないってのもこれはこれで心情的に理解はできる
食っていいものとダメなもののラインはどういう基準で引かれたんだろうか

この辺は犬も同様
食用として育てるには明らかに向かない動物なのはまあ事実なんだが
廃用を食うのすら殆どの国でタブーとされるのは何故なんだろうな

881 :名無し三等兵:2015/11/26(木) 11:27:54.58 ID:4yByjDZo
大年寄りに聞いた話しだけど、年老いた役畜は業者に売ったらしい、別れのさいには涙を流したそうだ
馬と家族と小作人?が映った古い写真を見ながら話してくれたよ
さすがに肉食わないんスか?とは聞けなんだ

882 :名無し三等兵:2015/11/26(木) 11:45:15.71 ID:haXYp+F1
自然動物の鯨については日本ももはや遠洋捕鯨にこだわる合理性は無いし
遠洋捕鯨は伝統でもなんでもないから西欧の言い分も斟酌するところがあるんだが、
馬肉については完全に感情問題だね。

イスラムのような戒律でもないし

883 :名無し三等兵:2015/11/26(木) 11:47:13.75 ID:Vei1j49a
馬肉ってヘルシーで理想的な食肉なんだろうけどあんまり美味しくないと思う

884 :名無し三等兵:2015/11/26(木) 11:56:38.09 ID:Xrwc4KHm
馬刺しは美味いけどね

885 :反ス厨 ◆EWVy18tcGo :2015/11/26(木) 12:46:32.83 ID:iz1AmKs6
向こうじゃ馬肉って普通だろ

886 :名無し三等兵:2015/11/26(木) 13:11:30.54 ID:haXYp+F1
コテハンの人はいつも適当なこと(ジャングルに動物が多いとか)をポソッと書いて消えるな

887 :名無し三等兵:2015/11/26(木) 13:41:27.79 ID:BrZ4Jn8X
IKEAのミートボールが馬肉入りで、欧米では提供中止だの
何だのと大騒ぎ。一方無風状態の日本。

888 :名無し三等兵:2015/11/26(木) 13:50:12.52 ID:17yOxV3p
美味いやないか、チェットブラー

889 :名無し三等兵:2015/11/26(木) 14:10:01.53 ID:nhK3m5cU
江戸時代は仏教に加え死んだ牛馬を処分するのは被差別部落の人達だったってのが長らく引っかかっていたけど
牛肉は明治の文明開化の美名で食べられるようになったものの馬肉は相変わらず
食べられるものは食べなきゃ死んでしまう戦中戦後を経て意識が変わったんじゃなかろうか

890 :名無し三等兵:2015/11/26(木) 14:18:27.35 ID:ZV5PhggQ
そこで彦根藩名物牛肉の味噌漬です

891 :名無し三等兵:2015/11/26(木) 14:38:51.32 ID:ZEaWqhvq
>>890
ソレなら日持ちするだろうし、軍艦にも積めそうだね。
高級だから、水兵さんには出せないだろうけど。

892 :名無し三等兵:2015/11/26(木) 14:40:27.68 ID:haXYp+F1
>>889
軍馬や交通・輸送用の馬が明治になって必要になったので、馬を食用にしなかったんじゃ?
もっとも廃用馬は業者が引き取って肉にするけどね。桜鍋は昔からあるし

893 :名無し三等兵:2015/11/26(木) 15:07:59.32 ID:nhK3m5cU
東北じゃ冬越しのために猪、鹿、熊なんて獣肉は食べるけど馬だけは絶対食べないって年寄りが少なくないね
雪に閉ざされる地方では馬も家に入れて家族の一員同然だったわけで死んだら戒名付けて畑の一角に弔った人もいたみたい
競馬関係者が馬肉を口にしないように南部駒に代表されるような馬の名産地じゃなおさらだろうし

894 :名無し三等兵:2015/11/26(木) 15:10:37.70 ID:GQR/aWDr
山形行った時に、馬肉が名産だと言われて御馳走になった記憶。

895 :名無し三等兵:2015/11/26(木) 18:25:11.44 ID:+eBu79B7
そもそもは天皇が農耕に使う牛馬を食う事を禁止したのが始まりだよ
いざ鎌倉となり武士は何が無くても馬だけはキープ
徒歩で駆けつけたら末代までの恥
もっとも戦死した馬は美味しく頂いたという話もある
すき焼きも元は馬肉説
貴重な労働力である牛は食えないけども戦死してしまった馬は捨てるのもったいない

896 :名無し三等兵:2015/11/26(木) 18:38:37.63 ID:Xrwc4KHm
貴重な労働力である牛も死んでしまったら捨てるのはもったいないだろうに

897 :名無し三等兵:2015/11/26(木) 18:51:15.07 ID:cZOkV8Sl
死んじゃったなら食ったほうが合理的だろ
あとこっそり食って「病気で死んじゃったからもう埋めちゃったよ」ってごまかしを無くすため
両方とも食っちゃダメってお触れならまあ筋は通る

けどその理屈ガバガバ過ぎじゃないですかね

898 :名無し三等兵:2015/11/26(木) 19:05:10.64 ID:Gp/NS5Rl
>>893
ドラマ「北の国から」で農耕馬は春先に買い入れて
作物の収穫が終わったら、冬の間の飼葉が買えないので売ってしまうと言ったセリフが有った
春先から秋口までとは言え、馬に対して情が移ると辛いから名前は付けないと言っていた

899 :名無し三等兵:2015/11/26(木) 19:49:05.68 ID:+eBu79B7
>>896
それは無いと思うよ
なんで死んだかわからないのを食うかい?
健康で戦場走ってた馬が矢や鉄砲で殺されてしまったのならもったいない

900 :名無し三等兵:2015/11/26(木) 19:53:35.74 ID:haXYp+F1
>>897
ちゃうのよ。死んだら喰って良いという合理性を廃することで
タブー化して、生きている馬や牛を殺さない強力な禁忌になるんよ。
人間は形骸化させることで無意識の規範を作ることをするわけ。

インドの牛がその代表的な例で、元はインド人も牛を喰っていたけど
牛と人間が摂取エネルギーで競合するので対策として始まった

901 :名無し三等兵:2015/11/26(木) 20:08:46.03 ID:awSM4pIF
戦国時代は雑兵が盗んだ牛をさばいて焼いて食ってたらしい。

ソースは「ピートのふしぎなガレージ」

902 :名無し三等兵:2015/11/26(木) 21:18:18.25 ID:p+GHuFb9
>>628
亀だが放射性同異体が少なくて実験設備なんかに良いとかどうとか聞いたな

903 :名無し三等兵:2015/11/26(木) 21:25:08.03 ID:HZdXMFSF
戦場でBBQパーティーやっちゃう利休七哲の某三人

904 :名無し三等兵:2015/11/26(木) 21:37:44.55 ID:+eBu79B7
死んだら喰って良い
ではなくて
自分で殺さないなら食ってよい
だよ
屠殺業はエタ・ヒニンの仕事、その末裔が部落
自分で狩り自分で解体して自分で食う猟師は誇り高き人
屠殺は卑しい事
蔑みながらも肉は食う、あるいは誰が牛を殺してくれるのか知らないのかな
人とはつくづく理不尽な矛盾に満ちている

905 :反ス厨 ◆EWVy18tcGo :2015/11/26(木) 22:01:54.15 ID:iz1AmKs6
部落の連中が肉を食ってなかったとはとても思えないが

906 :名無し三等兵:2015/11/26(木) 23:38:20.74 ID:WrObNnQo
江戸吉原の周辺に桜鍋を食わせる店が多かったのは
農家のバカ息子が家の馬を持ち込んで遊んでたからだとか何かの本にあった。
今は店も1、2軒に減って九州産の馬肉を使ってるらしいけど。

907 :名無し三等兵:2015/11/27(金) 01:06:38.25 ID:EprMca0J
一発遊ぶ前に肉食って精を……というのも多分にあったでしょうなあ。
そして翌日の朝は上野池之端で揚出し豆腐を。

908 :名無し三等兵:2015/11/27(金) 02:10:34.48 ID:bUHn4UUY
ヤギ食え、ヤギ
もうスゲェぞアレ

909 :名無し三等兵:2015/11/27(金) 02:56:24.65 ID:lxcyz2Yo
山羊じゃなく風船羊羹なら食ったぞ
微妙にゴムの香りが残ってるんだね

910 :名無し三等兵:2015/11/27(金) 09:21:36.43 ID:KgVayWSF
>>904
そういうインチキ知識を誇らしげに撒くんじゃないのw

911 :名無し三等兵:2015/11/27(金) 12:08:17.61 ID:6Q3AUBMj
おっぱいアイス

912 :名無し三等兵:2015/11/27(金) 12:43:24.72 ID:lWKlK8AG
金曜日といえばカレー。
海軍メシに造形の深い諸兄イチ推しの市販カレー・ルウは何ぞ?

913 :霧番:2015/11/27(金) 13:02:06.92 ID:BPwFgOB6
>>912
レトルトなら日本ハムのレストラン仕様の中辛(千奈美に同じ物かどうかは不明だが陸自のレーションのカレーは同じメーカー)
普通のルーなら入手もしやすく値段も手ごろなバーモント

914 :名無し三等兵:2015/11/27(金) 16:52:05.19 ID:C1cE3xM3
>>902
”陸奥鉄”が有名だな。

今の鉄は、生産時に使う転炉に放射性物質が使われていたり、厚さを計るのに
γ線使ってたり、原料に放射性物質が混じってたりして
精密な放射線計測の邪魔になるんだとか言う話だ。

915 :名無し三等兵:2015/11/27(金) 17:52:20.71 ID:21ZZQxXm
>>914
放射線測定がブームというのでどこかの大学にある分厚い陸奥鉄で作った箱ってのがTVの取材受けていたね
実は第二次大戦で沈んだ軍艦の鉄板なんです、なんて説明だったけど…
でも米軍の攻撃で着底したり浅いところに沈んだ他の軍艦はほとんどサルベージして解体してるのに
なんでだか陸奥はまだ一部が残っているんだよね

916 :名無し三等兵:2015/11/27(金) 17:59:09.13 ID:KgVayWSF
陸奥鉄の話でいつも思うのは、陸奥鉄を溶かす炉はいつ作られたもんなんだ?
その炉を作った炉は・・・・ということ

917 :名無し三等兵:2015/11/27(金) 18:05:33.72 ID:6Q3AUBMj
>>915
海流が早くて危険が危ないとか見たけど
今どきの設備でも無理なのかね

918 :名無し三等兵:2015/11/27(金) 18:13:22.65 ID:z1KwzDGM
海軍のアイドルは間宮さんだよ〜 NHK「歴史秘話ヒストリア」で給糧艦・間宮特集
放送は12月2日22時から。那珂ちゃん、おさえておさえて。

 12月2日放送予定のNHK総合「歴史秘話ヒストリア」で、給糧艦・間宮が特集されます。間宮といえば艦これ提督に
とって甘味処としておなじみの存在。どんな内容になるか楽しみです。
 今回のサブタイトルは「お菓子が戦地にやってきた」。第二次世界大戦当時、日本海軍の将兵に最も人気があった
艦、それは戦艦大和でも空母赤城でもなければ艦隊のアイドル那珂ちゃんでもなく、貴重な甘いお菓子を供給して
くれる給糧艦、間宮でした。

 間宮は、戦地での食料補給を目的に建造された艦で、食料用倉庫や冷蔵庫、さらに加工食品の製造設備まで完備し、
全線の兵士たちの下へ肉や魚や野菜など一般食料の供給にフル稼働。ようかんなどの和菓子から日本本土でも
めったに食べられないケーキなども補給できたため、間宮が入港するや、その軍港は沸き立ったといわれています。
 ブラウザゲームの「艦隊これくしょん」でも、間宮さん(CV:堀江由衣さん)は艦娘たちの戦意を高揚させる、いわゆる
キラキラを付けてくれる甘味処として再現されています。

 しかしそんな海軍のアイドルもやがてし烈さを増す戦火の中に巻き込まれていきます。果たして史実で間宮はどの
ような運命をたどったのか、しっかり見守りたいものです。
 「歴史秘話ヒストリア」ではこれまでにも、巨大潜水艦伊400型にまつわる知られざるエピソードなど、旧日本海軍の
艦船をめぐる胸熱な逸話を紹介してきており(関連記事)、今回も大いに期待できそうです。

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1511/27/news077.html

919 :名無し三等兵:2015/11/27(金) 19:38:30.53 ID:QfbYjFLb
江戸時代でももみじださくらだぼたんだって肉食をしてましたけど?

920 :名無し三等兵:2015/11/27(金) 19:45:54.94 ID:s/YYaDPD
>>905
カムイ伝でそれっぽいシーンがあったな。内臓だけど。
>>919
それは薬食い。当時獣肉はサプリメントのような扱いだった。
もちろん美味いから食べられてたんだけどw

921 :名無し三等兵:2015/11/27(金) 20:15:29.10 ID:KgVayWSF
>>920
カムイ伝は考証がずさんだから、あまり当てにできないけどね
被差別部落はこういうもんだという古い感覚で描かれているし

922 :名無し三等兵:2015/11/27(金) 23:10:16.48 ID:0C4TEO5c
>>921
非人が穢多の仕事をしてるんだよね。

923 :名無し三等兵:2015/11/27(金) 23:27:26.65 ID:lWKlK8AG
ちょうど今の時季が薬喰いの季節だよね。

>>913
たしかに日本ハムのレトルトは美味いね。
喫茶店とかだったら、そのままお客さんに出しても喜ばれるレベルかもしれない。

924 :名無し三等兵:2015/11/29(日) 07:32:14.92 ID:W9fMM2MG
ファミレスとかレトルトにレンジでチンした具材を入れただけで出してるよ

925 :名無し三等兵:2015/11/29(日) 09:01:29.43 ID:eQtTJ4fF
香港の有名高級中華料理店数軒が共同で工場を持っていて、店では
その工場でパックしたフカヒレやら燕の巣を温めるだけという事実。

926 :名無し三等兵:2015/11/29(日) 09:26:06.76 ID:6F7oGMEu
洋食亭ハンバーグはおそく冷凍だから可能な調理法
カレーもさ、一人前だけを美味しく作るのは不可能だ
デカい鍋で大量に作った方が美味しくなる
冷凍、レトルト、チルト、既に手抜きの段階は終わって次の段階に入ってる
電子レンジという調理器でしか不可能な調理
パック飯は湯せんよりもレンジの方がずっと美味しいんだよ、知ってた?
調理技法のハイテク化は進む

927 :名無し三等兵:2015/11/29(日) 13:39:52.10 ID:BAsfj7td
自宅でパーティーするときに
ホテルやレストランから調理師込みで来てもらうが
焼き物とサラダ以外は、前日に調理して真空冷凍したものを解凍調理になる。
このほうが衛生を確保し、混入を予防でき、後片付けも楽。
また真空にすることで味が染み込み、おいしくなる。とのこと。
もちろん料理するときは真空冷凍と解凍加熱を考慮して
普通とは微妙に調理が違う、とのこと。

船もよく似たことをしているのかな?

928 :名無し三等兵:2015/11/29(日) 14:35:54.56 ID:6i9qRNDf
>>926
>カレーもさ、一人前だけを美味しく作るのは不可能だ

高級ホテルに長年いたあるプロのシェフ、ささっと1〜2人前で
「ホテルで出しているのと同じカレー」を作ってくれたことあるので
不可能ではないよ。そのカレー、某ホテルの看板メニューだし。

929 :名無し三等兵:2015/11/29(日) 14:44:58.65 ID:3Z5rhPOe
>パック飯は湯せんよりもレンジの方がずっと美味しいんだよ、知ってた?
小型の発電機は持っているのだが
これからは災害に備えて発電機プラス電子レンジだな

930 :名無し三等兵:2015/11/29(日) 16:55:48.86 ID:P8SmAi8K
業務用カレーは30年前には食堂で普通に使ってるぞ
それに何かトッピングして差別させるのが普通

931 :名無し三等兵:2015/11/29(日) 17:11:34.62 ID:0tU0TgNX
食堂はともかくチェーン店とかなら味の均一さってのも大事
セントラルキッチン方式は悪いことではない
劇的に食中毒の危険も減るしな

932 :名無し三等兵:2015/11/29(日) 18:25:50.79 ID:/xT2Ju5p
>>927
列車の食堂車とかも
セントラルキッチンである程度下ごしらえしてある

933 :名無し三等兵:2015/11/29(日) 19:53:03.86 ID:P8SmAi8K
学生の頃バイトしてた店はSB業務用缶詰めを使ってた

934 :名無し三等兵:2015/11/29(日) 20:33:52.45 ID:J5+L+MP/
新幹線で最初で最後の食堂車での食事体験がレンジで温めたタコ焼きだったなあ
それしか残ってなかった

935 :名無し三等兵:2015/11/29(日) 22:21:48.13 ID:F6qA3MS1
>>927
世界中いろんな国をまわるF1サーカスの各チームのシェフがそうだと聞いた。
食品衛生、安全性の観点、風味の面からも冷凍ものを解凍するのがよいのだとか。
スポンサーの接待やチームメンバー、そしてパイロットに出す食事は味も大事だけど
安全性、消化吸収のよさに気を遣う、と。いつぞやのメキシコGPではウイリアムズ・チームのメンバーが水に当たって
マンセル、パトレーゼの両ドライバーも漏らしながらGPを戦い抜いたとか。

936 :名無し三等兵:2015/11/29(日) 22:59:38.73 ID:YKKQGG4r
自転車のプロチームが食中毒にやられて
来年はそのレースを辞退するとか報じられてたな

937 :名無し三等兵:2015/11/29(日) 23:23:26.11 ID:0tU0TgNX
北京でのレースは大気汚染が問題で批判が出まくって消えたよ
あと食肉汚染が酷くて普通にそこらで飯食ったらドーピングに引っかかるという・・・
すでに禁止はされてるはずだがクレンブテロールが出るんだそうな
こっちのほうは翌週の日本のレースで優勝選手から検出されて
一度剥奪&出場停止処分が出た
食肉汚染の主張が認められはしたけどね

938 :名無し三等兵:2015/11/29(日) 23:23:49.14 ID:N4IGJ/BI
>>935
そこまでやって水に当たるんかw

昔空自のAWACS(?)の特集番組で念の為に機内での食事は基地の弁当と外注の弁当半々にするって言ってたが
軍艦だと調理してすぐに食べるからいいのかな?

939 :名無し三等兵:2015/11/29(日) 23:32:33.74 ID:LLJa2Il1
民間旅客機でもキャプテンとコパイで同じ物食わんでしょ

940 :名無し三等兵:2015/11/29(日) 23:36:53.64 ID:0tU0TgNX
>>938
飛行機は特別なんじゃね?
何かが起きても空中で停止はできないわけで
そして最も危険なのが着陸だからな

941 :名無し三等兵:2015/11/29(日) 23:54:58.73 ID:F6qA3MS1
>>938
いや、そういうアクシデント、出来事から各チームが学んだ結果。
あのアイルトン・セナは専属のシェフと栄養士をGPに同行させてたり、専用の飲料水、生活用水をマクラーレン・チームのピットや
宿泊先のホテルに備えてたりしたらしい。GP期間中はナッツの盛り合わせやトマトソースのパスタを主に食べてたらしいな。

942 :名無し三等兵:2015/11/30(月) 05:31:19.15 ID:uhUVl3h4
F1は客に料理を振る舞うためにシェフが同行してる
上流社会の社交場
一般観客席にいる庶民とは別世界がある
階級社会のヨーロッパならではだ
上流な人は特別扱い
金出せば平等な日本と違って本当に金持ちかどうかが資格となる
金払えば文句ねぇだろ!
いえいえ、過去5年間のアナタ様の年収と資産と社会的地位が問題なのでございます

943 :名無し三等兵:2015/11/30(月) 06:20:56.61 ID:E0JRrkPA
1980年代のF1ティレル・チームに乗っていたある英国人ドライバーが医師免許も持っていて
その進言でパドックでの食事も栄養学的に考えたものが出されていたと言うな。
このチームはマシン設計を初めてCGでやったり、食事やトレーニングにも科学的なアプローチを取り入れたりしてたようだ。
が、もう一人のフランス人ドライバーはパドックで連日出されるビスケット&白身魚の野菜ソース和え、みたいな食事に辟易してたそうだ。
ドライバー二人もレース中に接触して車がバラバラになるほどの大クラッシュをしたり、仲が良くなかったそうで。
後にクラッシュで車椅子生活となったこのフランス人は「人生こういうこともある、だからこそ日頃から美味いものを食べ良い友人を作り楽しまなくては」

フランス海軍と英国海軍でも食事に関する考え方は大きく違うのかな。
両国艦船同士の交歓会の模様を見てみたい感じもする。お互いに相手の出すものをどう見てるんだろ。

944 :名無し三等兵:2015/11/30(月) 09:45:08.38 ID:1V4UpRAu
2015呉海自カレーグランプリの投票結果について
ttp://www.kurenavi.jp/html/topics_info2015_11_24.html

945 :名無し三等兵:2015/11/30(月) 14:04:36.73 ID:zHtF5sGt
>>942
イギリスの空港の貴族専用ゲートとか、まだあるのかな?

946 :名無し三等兵:2015/11/30(月) 19:34:15.21 ID:BHUGbtLf
>>943
オヤツを英艦で夕食会を仏艦で

947 :名無し三等兵:2015/11/30(月) 19:51:32.52 ID:G39g3TZz
日本もファーストクラスは専用ゲートでしょうに
そういう事じゃなくてさ
例えば一介の底辺派遣社員が三年分の給料もって高級クラブに行くとする
日本なら落語になるけどもヨーロッパは階級が違うと門前払いだ
身分制度は無くなった=誰でも才覚と運があれば上流階級に成り上がれる
機会の平等はあっても結果は公平というのがヨーロッパ
結果=階級

948 :名無し三等兵:2015/11/30(月) 20:20:01.05 ID:08gCUYq5
>>947
京都や大阪は紹介者がいないと、入れない名店があるよ。
単に払う金額ではないよ。
下手すると、戦前からの付き合いがある紹介者でないと無理。
紹介者=新参者の連帯保証人みたいなシステムだったりする。

949 :名無し三等兵:2015/11/30(月) 20:25:52.30 ID:zHtF5sGt
一見さんお断りの店なんてどこにでもあるんじゃないの?
ある意味会員制みたいなもんだ。

950 :名無し三等兵:2015/11/30(月) 20:35:19.25 ID:E0JRrkPA
たとえば京都では喫茶店などでも常連でない新顔の客には本当に冷たい感じがする。
ここはあんたみたいなのが居ていい店じゃないんだ、みたいな。
そこもまた京都なのか、と面白いんだけど。

漫画家の水木しげる氏が亡くなったけど、同じ漫画家の藤子不二雄A、安孫子素雄氏の話をちょっと思い出した。
安孫子氏は話が面白く、仲間うちで集まってるときにも司会者みたいにみんなから話を引き出したり
それを巧く茶化したり、笑わせたりする才能があるとか。こういうタイプの人は艦船、とくに小艦艇乗りとしても重宝されただろうな。
話芸の巧みな人物がいるだけで生活に潤いも出る。かなりの読書家だったんだろうな。

ご長寿を保たれているけど、肉をあまり食べないことも関係あるのかな。
趣味でクルーズ船に乗って楽しまれるときもサラダとか卵料理とかだけで、食事のときに新たに友人となった人たちとの
テーブルでの会話が楽しいと語っておられたが。
あまりものにこだわらなさそうなサバサバとしたお人柄も健康を保たせているもののひとつなのかとも思う。

951 :名無し三等兵:2015/11/30(月) 20:41:09.24 ID:+dHaXsee
地元民が多い街は割とどこも新顔に冷たかったりするよ
客層にもよるけどね

京都に関しては先入観もあるんじゃないかと思う

952 :名無し三等兵:2015/11/30(月) 23:29:28.48 ID:ttEQ5RUZ
京都人はいろいろと誤解してるから。
本当に古い街は大阪とか滋賀とかでそ。

953 :名無し三等兵:2015/12/01(火) 01:29:29.99 ID:oLxVMKwF
所詮応仁の乱以降の物しか残ってないし(偏見)

954 :名無し三等兵:2015/12/01(火) 05:22:15.10 ID:xH7SR0JO
>>950
水木「手塚や石乃森は寝ずに仕事したから死んじゃった。
   僕は夜九時には寝てるよ」

955 :名無し三等兵:2015/12/01(火) 05:29:23.15 ID:6lsUeruP
>>952
滋賀は在日に毒されてる。

956 :名無し三等兵:2015/12/01(火) 06:51:53.46 ID:wEvKsD3+
都会とは状態の事なのですよ
古都とは昔都会だった事があった地の事
滋賀が都会だった事はないし大阪は今も現役
浦和あたりから京葉線直通武蔵野線に乗ると都会とは何か?が分かる
車窓だけでなく車内も興味深いよ
成功者やセレブ〜最低の底辺まで人生展示場、残酷なもんだ

957 :名無し三等兵:2015/12/01(火) 07:08:10.76 ID:aFMPShj1
>滋賀は在日に毒されてる。
大半は琵琶湖だしな
その少ない土地が在日毒されているのなら
日本人は殆ど住んで居ないかもしれない・・・。

958 :名無し三等兵:2015/12/01(火) 07:44:55.23 ID:qP6k30wK
外来種の横暴によってニゴロブナもモロコも激減した琵琶湖。
滋賀県そのものも外来種によって汚染された地域。
近江商人たちの栄光今いずこ。

959 :名無し三等兵:2015/12/01(火) 08:11:26.79 ID:7s86Os+D
つまり二本脚のブラックバスの県と

960 :名無し三等兵:2015/12/01(火) 09:35:43.98 ID:4GjnzCLW
>>950
水木氏は普通に肉食ってたな

961 :名無し三等兵:2015/12/01(火) 09:53:47.76 ID:Y9YKMuRg
昨日のTVでもやってたけど菜食主義だとカルシウムやビタミンDがね…
なんでも適度がいいけど米海軍はベジタリアンやモルモン教徒やらに対応しているようで大変なもんだね
そういうの単なる偏食のような気もするけど

962 :名無し三等兵:2015/12/01(火) 10:46:09.05 ID:rO2NvTnd
>滋賀は在日に毒されてる。
ん〜? 滋賀の知事が環境派だったから、在日ガー!って目を吊り上げてるバカが来てるってこと?
シールズに戦争生きたくないだけだろと批判した自民議員も滋賀4区選出だが(笑)

963 :名無し三等兵:2015/12/01(火) 13:37:58.44 ID:AoL4UYbt
日本でベジタリアンやるのは大変だろうなと
肉に当たって食えなかった時期に思った

964 :名無し三等兵:2015/12/01(火) 14:28:17.34 ID:7s86Os+D
ベジタリアンは魚出汁も駄目だし…

965 :名無し三等兵:2015/12/01(火) 15:26:58.83 ID:7lrimlA7
>>
>>661
主体農法ですね、彼の国では今もやっているようで、
dailynk.jp/archives/16386 

966 :名無し三等兵:2015/12/01(火) 15:28:42.17 ID:rO2NvTnd
>>963
海外のベジタリアンは日本をうらやましがってるよ。出汁は植物由来で手軽に作れるのが和食だし。
ビーガンまでになると摂取カロリーと栄養バランスの二面を両立させにくいので日本でも大変だけど

967 :名無し三等兵:2015/12/01(火) 15:34:40.46 ID:AoL4UYbt
>>966
自炊する分にはいいんだけど外食の選択肢がほぼ無いよ
自分は魚は食べれたからそこまでは苦労しなかったけど

968 :名無し三等兵:2015/12/01(火) 15:48:29.25 ID:MLOJPmk+
サラダバーばっかり行けばいいじゃない。

969 :名無し三等兵:2015/12/01(火) 16:44:12.45 ID:akO4dlc7
明日の10時は間宮さんのだよ
忘れちゃだめだよ

970 :名無し三等兵:2015/12/01(火) 16:50:26.16 ID:tauazTn9
>>966
あ、そうか・・・
日本じゃ、昆布やシイタケで出汁取れるんだよな。

欧米の場合、骨とか使うからな・・・

971 :名無し三等兵:2015/12/01(火) 16:58:32.55 ID:IJ9GHxJR
和食には禅寺由来の精進料理があるからな。

972 :名無し三等兵:2015/12/01(火) 17:05:56.79 ID:Boq/A2RR
精進料理て何とかして肉に似せようとしてるの見ると、それ煩悩断ち切れてねぇだろと思うんだが

973 :名無し三等兵:2015/12/01(火) 17:36:28.58 ID:akO4dlc7
大豆は畑のお肉でする

974 :名無し三等兵:2015/12/01(火) 17:45:01.80 ID:Oinsayfe
>>972
あの類は、宮廷はじめ有力者とかスポンサーのお客さん向けの、手を掛けた御馳走で、中の人用はそうでもないんじゃないか

975 :名無し三等兵:2015/12/01(火) 18:09:02.26 ID:wsfNpp5s
法事用の御斎でしょうね

976 :名無し三等兵:2015/12/01(火) 18:11:55.46 ID:CYnXEkhw
中の人は般若湯の類で好き放題でしょ。
チベットでは鶏は動く野菜だとか。
しかたないよね。

977 :名無し三等兵:2015/12/01(火) 18:21:39.22 ID:IJ9GHxJR
仏教では乳製品は、殺生なしで口にできるからオーケーなんだよね。釈迦も飲んだ逸話があるし。

978 :名無し三等兵:2015/12/01(火) 18:24:58.88 ID:AoL4UYbt
多少は生臭の方が人間らしくていいかも
開き直られるとムカつくけど

979 :名無し三等兵:2015/12/01(火) 18:41:22.57 ID:1gT7WvgH
ロシアはトルコ国境を空爆して第三次世界大戦を阻止する。エルドアンがイスラエル・アメリカの犬と覚えておく必要がある
https://twitter.com/tokai amada/status/671434470092853251
エドガー・ケイシーの"ロシアは『世界の希望』となる"という予言は、成就したと言えるのではないでしょうか。
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=100424



       《《  世界の希望ロシア   VS   世界の敵 → 妬ルコ・腐ランス・塵リカ・屑ラエル  》》

                                 ★★★

                マイトレーヤが公に現れるにつれて、UFOが姿を表すでしょう。

                  世界平和の脅威は、イスラエル、イラン、アメリカです。
                イスラエルの役割は跪いて、パレスチナに許しを請うことです。
               アメリカによる他国の虐待に反対の声を上げなければなりません。

    彼らは今世紀(21世紀)をこの帝国が出来上がるアメリカの世紀と呼ぶ。しかし、そうはならないだろう。
  彼らが世界中に‘民主的’制度を確立したいという衝動をコントロールするのは、マイトレーヤの任務である。 



                     《《 紅白も五輪も中止! サヨク大勝利! 》》

                                 ★★★

                      日本から始まる世界的株式市場の大暴落

  終いには政府にも支えることができなくなり、日本がアメリカ国債の25%を引き出すと世界経済が破綻します。
        それが最終的な暴落であることがはっきりするや否や、マイトレーヤは出現するでしょう。
                         彼は「匿名」で働いております。

980 :名無し三等兵:2015/12/01(火) 19:00:42.00 ID:qrPA1fa+
人はつくづく罪深いねぇ
そろそろ好きでベジタリアンやってるわけじゃねぇよ、な人が怒るぞ
偽善団体の宣材写真だけどさ
http://www.foodforthepoor.org/newsroom/assets/2014/feeding-challenge-key.jpg
http://images.forbes.com/media/2010/11/16/1116_food-for-the-poor_397x278.jpg
これが国力の差の現実
弱い国は国民をみすみす餓死させるしかない
それを哀れんで愉しんでるのは上流国家

981 :名無し三等兵:2015/12/01(火) 19:04:27.74 ID:MLOJPmk+
なんだかんだ言って、日本人に産まれたってだけでかなりの勝ち組よね。
世界規模で見れば。

982 :名無し三等兵:2015/12/01(火) 19:46:57.06 ID:JYslj+1O
>>981
事実だし、それで自分が幸せな気分になるなら別に構わん
だがそれを不満を言う相手を黙らせるために使うのはダメだと思う

特に子供相手にとかな
飯を粗末に扱ったからってアフリカの子どもたちは云々って言っても理解できるはずはないし
それで黙ったとしてもそれは面倒だからもしくは怖かったからだけで
全く理由になってないからな

983 :反ス厨 ◆EWVy18tcGo :2015/12/01(火) 20:50:20.61 ID:jfBVhM3v
>>980
人口が多くて食料が足りてないなら最適解は一つだろ

984 :名無し三等兵:2015/12/01(火) 20:56:29.21 ID:MLOJPmk+
>>982
俺子供の頃それ言われて理解できたけどな。
ちょうどエチオピアで100万人餓死する飢饉があった頃で、ガリガリに痩せて
お腹だけポッコリ出た子供の映像がよくテレビで流れてたから。
まぁ、ピールっ腹の父親のお腹叩いて、「エチオピアの子供みたい」とか言ってたから
本当にわかってたのかどうかは怪しいもんだが、子供心に食べ物は大切にしようと思ったものだ。

985 :名無し三等兵:2015/12/01(火) 21:34:56.14 ID:Yp3UzV1s
>>984
万年水不足の香川県民の餓鬼だった俺はナイル川の東西に運河を掘りそれを南北に細分化したり、雨季の雨を蓄えるため池を作ればいいのにと思った。

986 :名無し三等兵:2015/12/01(火) 21:40:21.04 ID:EHZp2p6O
日本だって普通に生活している人が鱈腹飯を食えるようになったのは
戦後になってからじゃないのかな?

987 :名無し三等兵:2015/12/01(火) 22:26:54.91 ID:tQ2a0tlr
>>985
あの辺だと下手に溜め池を作っても蒸発が激しく水中の僅かな塩分がどんどん濃くなってきて
あっという間に灌漑には使い物にならなくなってしまう

988 :名無し三等兵:2015/12/01(火) 22:59:57.64 ID:QaV+IRj9
ある程度水の溜まり場作って水蒸気を滞留させれば雨を呼んで緑化の助けになりそうだが
海岸部だと海風で全部飛ばされるか…?

989 :名無し三等兵:2015/12/01(火) 23:37:09.07 ID:/sRAp9kX
カッタラ窪地に地中海から水引くって案はあったね

990 :名無し三等兵:2015/12/01(火) 23:40:33.19 ID:MLOJPmk+
そんなような事をやってアラル海を干上がらせた、ソビエト社会主義共和国連邦って国があったな。

991 :名無し三等兵:2015/12/02(水) 00:15:21.66 ID:kUVM7Wim
香川とかうどん食わなけりゃ水が足りない事も無いんだろ?

992 :名無し三等兵:2015/12/02(水) 00:29:49.96 ID:JmPSDD5s
それはブリテン人に茶を飲むなと言うが如き暴言ですぞ

993 :名無し三等兵:2015/12/02(水) 02:16:26.36 ID:D7OWSJT3
うどんこねて湯がくのに使う水は、米を洗って炊くよりも少ないと聞いた。

994 :名無し三等兵:2015/12/02(水) 02:47:28.48 ID:vl5jmdCt
米は研ぐんだ、洗ったらアカン

995 :名無し三等兵:2015/12/02(水) 05:11:23.50 ID:dreowxpu
最近の米は精米技術の向上で、最低限研ぐだけで
良いそうだ。

996 :名無し三等兵:2015/12/02(水) 05:44:56.40 ID:7W6iP8+M
"無洗米”とコメの売り手が使ってる件

997 :名無し三等兵:2015/12/02(水) 06:47:41.15 ID:m7/9Ie3y
水が足りなきゃ間引きすれば良い

998 :名無し三等兵:2015/12/02(水) 06:49:07.13 ID:9Ok7fVsA
>>996
そうだよ、無研ぎ米ではないんだよ
でも研がないでいいと勘違いしている人がほとんど
研いだ方がおいしくなる

999 :名無し三等兵:2015/12/02(水) 09:44:05.21 ID:IsBem1Oi
そもそも香川は水が足りないからうどんが普及したのでは

1000 :名無し三等兵:2015/12/02(水) 13:52:16.08 ID:D7OWSJT3
米を研ぐのは、わずかに残っているぬか層を落とす為。
しかし昨今では、ぬか層が丸々残ってる玄米や、三割残した七分搗き米を好んで食べる人もいる。
栄養価が目的だろうけど。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

275 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)