2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

GATE 軍事的考察スレ 7 [転載禁止]©2ch.net

1 :名無し三等兵:2015/10/08(木) 11:46:14.57 ID:oZztLXSa
映像化放映作品(原作小説、漫画版アリ)

●放送情報/配信情報
・ニコニコチャンネル:7月8日(水)25:00〜
・バンダイチャンネル 他

○放送終了
・TOKYO MX:7月3日(金)24:30〜
・MBS:7月7日(火)26:30〜
・テレビ愛知:7月7日(火)25:35〜
・BS11:7月10日(金)24:30〜
・AT-X:7月11日(土)24:30〜
※【リピート放送】毎週(日) 26:30〜/毎週(火) 16:30〜/毎週(金) 08:30〜


軍事板では軒先を借りているだけなので他のスレにまで出張って荒らさないように!


.

2 :名無し三等兵:2015/10/08(木) 11:46:57.34 ID:oZztLXSa
●関連公式サイト
公式サイト:http://www.gate-anime.com/
ラジオ「GATE アルヌス放送局」:http://hibiki-radio.jp/
公式ツイッター:https://twitter.com/gate_anime


●前スレ
GATE 軍事的考察スレ 6 [転載禁止]©2ch.net
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1443061367/l50

○関連スレ
軍事板アニメ総合スレッド84 [転載禁止]©2ch.net
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1444033952/l50


スレ進行速度が速いため建てました

3 :名無し三等兵:2015/10/08(木) 12:45:14.45 ID:sMvqnSmj
イタリカでも古代ローマ帝国みたいに
お祝いや結婚式に豚の丸焼きを出した
りして

4 :名無し三等兵:2015/10/08(木) 13:00:38.34 ID:6IrAkenC
>>1
テンプレは小説基本で修正して欲しかった。

5 :名無し三等兵:2015/10/08(木) 22:44:44.37 ID:HvyIcDG5
>>3
こんな感じ?
https://mehtakyakehta.files.wordpress.com/2009/11/asterix-feast.jpg


>>1
乙。

6 :名無し三等兵:2015/10/08(木) 22:46:03.23 ID:5Xz1NYIZ
>>3貴族のお祝いみたいのでよくアニメで出てくるような骨付き肉が出てたじゃん。

7 :名無し三等兵:2015/10/09(金) 03:40:55.22 ID:eld3P+bb
マヌガ肉ってギャートルズのマンモス肉だよね?

8 :名無し三等兵:2015/10/09(金) 09:21:18.45 ID:AydeInig
>>5
パーティやBBQみたいな感じです。

9 :名無し三等兵:2015/10/09(金) 10:48:18.82 ID:AydeInig
豚の丸焼きの中にハムやソーセージを入れて焼いて食べるのが中世ヨーロッパの
貴族のパーティやローマ帝国でのパーティ料理です。
中世ヨーロッパの食の歴史の本でよく掲載されてます。

10 :名無し三等兵:2015/10/09(金) 11:04:14.79 ID:BFkoSvgb
うん、マンガ肉

11 :名無し三等兵:2015/10/09(金) 14:29:48.94 ID:1b8Qk9G+
>>8
3 Pig Roast Barbecue by the BBQ Pit Boys
https://www.youtube.com/watch?v=6w3AVSNzxT4

12 :名無し三等兵:2015/10/09(金) 16:09:43.34 ID:AydeInig
中世の24時間営業の食堂のメニュー
串焼き肉、揚げ肉、ミートパイ、揚げ物、ワッフル、パテ、魚、小魚、鶏肉、
粥、ビールです。
自衛隊がアルヌスやイタリカの食の革命を起こす事になります。

13 :名無し三等兵:2015/10/09(金) 16:26:31.95 ID:jgQ5+aGy
ラーメンを持ち込まれなければ耐えられる

14 :名無し三等兵:2015/10/09(金) 16:55:38.72 ID:PiPg4fFw
薔薇騎士団の語学研修生らはアルヌスの酒場兼カフェで高級ケーキと紅茶に舌鼓を打っていたけど、
帝国にも紅茶文化はあるんでしょうかね?

帝都でも紛い物でない本物の紅茶が飲まれているのなら、メイドや執事同様に19世紀の英国人が
特地に渡った際に持ち込み定着させた物だったりして。

15 :名無し三等兵:2015/10/09(金) 17:01:34.85 ID:BFkoSvgb
ゲートにおける戦争広告代理店の仕事って、どんなだろう。

16 :名無し三等兵:2015/10/09(金) 17:30:06.71 ID:m3Weujr0
戦争法案可決とTPP交渉合意と売国 記念上げ

17 :名無し三等兵:2015/10/09(金) 17:39:49.46 ID:3Z/0aJ+9
紅茶か
川の水が煮沸しないと飲めないから水の代わりに殺菌効果のあるアルコール(ビールとかワインとか)
を飲んでたんだが飲み過ぎると酩酊するって副作用があった
殺菌効果がありながら酩酊しないお茶が入ってきて爆発的に普及したらしい
元々は切実な実用品だったらしい

18 :名無し三等兵:2015/10/09(金) 17:47:42.75 ID:AydeInig
1606年に紅茶がポルトガルで飲まれました。以降はスペイン、イタリア、スペインに普及したから、その辺からゲートがスペイン、イタリア、スペインに開いたのでは?

19 :名無し三等兵:2015/10/09(金) 18:32:09.81 ID:PiPg4fFw
あるいはお茶の木そのものは特地に持ち込めなかったものの、
英国人とその末裔らが必死でお茶の代替となりうる植物を探し、
長い年月をかけてこちらの紅茶同様の物に発展させていたりして。

20 :名無し三等兵:2015/10/09(金) 19:23:06.69 ID:vapjk1nH
セントジョーンズワート茶なんていう危ないのもあったけど
あれは特地産なんだろうか。過去に地球から持ち込まれたのかな。

21 :名無し三等兵:2015/10/09(金) 19:37:42.30 ID:BFkoSvgb
>>20
あれは自衛隊が持ち込んだものじゃない?

22 :名無し三等兵:2015/10/09(金) 19:56:21.18 ID:1bBNjVRU
英国王室御用達の紅茶とか〜俺はリプトンで良い
中華じゃあ皇室何たらで売れるとか ホンマかいな

ゲート観てたら何かエアーガンが欲しくなったのぉ〜
特戦群が持ってそうな獲物が。。。

23 :名無し三等兵:2015/10/09(金) 21:57:54.80 ID:cX1js9Fq
ビルティスとか言う漫画があったけどあんな感じなんかね。あれローマ時代に飛ばされた
日本人がローマ帝国の格闘の世界で生きる話だし

24 :名無し三等兵:2015/10/09(金) 22:15:36.10 ID:pFejgoHX
異様にタンポポコーヒーが普及してたりしてw

25 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 01:10:56.79 ID:dlK1WAe7
代用食・・・

26 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 01:37:43.74 ID:PhusUIFG
戦時中という困窮状態での代用品だったからマズかったわけで、
余裕のある状態での代用品しかも年月かけて進化したら、
○○と思わなければ、これはこれで美味しい、になったりして。

27 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 01:48:49.89 ID:kN1uul1T
ドイツ人は麦茶を嫌がるとは時々聞くな。代用コーヒーイメージが強いんだとか。麦茶として美味いのにねえ。

28 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 03:56:45.48 ID:PCg/0rGH
ちょっと待て
紅茶って大航海時代の産物でしょ
元々お茶の葉を運んでる最中に半発酵しちゃったのが紅茶
これが美味しかったので意図的に半発酵させて作られるようになったのが西欧の紅茶
因みに発酵させて無いのが日本の緑茶
全発酵させて作るのが中国の烏龍茶

29 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 04:47:15.94 ID:fgIpishi
帝国ではカフェインやニコチンのような生温いものではなくコカイン、ヘロイン、マリファナが使われている気がする。

30 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 06:41:57.89 ID:Txbc6TrD
>>28
それマチガイだから
まず
>半発酵しちゃったのが紅茶
>全発酵させて作るのが中国の烏龍茶
これは逆で半発酵がウーロン茶、全発酵が紅茶

あと
ナマモノでかさばる お茶の「葉」を中国からヨーロッパまで帆船で何ヶ月もかけて運ぶワケないでしょ
ちゃんと完成品のお茶を持ち込んだの(完成品だから当然何ヶ月放置しても発酵しない)
最後に当時の中国にはすでに緑茶も紅茶もあったからな(今もある)

31 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 06:51:47.74 ID:ulEw51Fi
>>17
紅茶でも水を沸かさないと飲めないじゃんw

32 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 07:27:41.52 ID:OvRoqnnn
飲めないのは硬水だからだろ

33 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 07:55:24.89 ID:2g3BXGAJ
>>27
薄くてまずいコーヒーが麦茶っぽい味するよ。
そのイメージになっちゃうんだと思う。

34 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 10:57:41.56 ID:1TlCf34Y
多分特地の方では代用コーヒーで大豆が使われそうだな。

35 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 10:58:30.68 ID:e0FQ7N99
しかしニホン←→特地の門は一時閉門は有るけど
完全閉門は無理 後戻り出来ない状態だな 閉ざす事の方が影響が大きくないかな? 

36 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 11:07:19.73 ID:1TlCf34Y
将来ボタンひとつで開け閉めが・・・・・・・と言ってみた。

37 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 11:12:55.70 ID:1TlCf34Y
ゲートの食玩出ないかなこれぐらいとは言わないから…一応小ネタ
http://www.bandai.co.jp/candy/gundam/converge/ex07/

38 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 12:07:36.02 ID:kN1uul1T
食玩だったらエフトイズにイタリカ救援作戦セット出して貰いたい。OH-1,AH-1はあるから、UH-1Jと高機動車&軽装甲機動車&新73式を新金型で。
あと、ボークスあたりから1/35の三人娘(+ピニャ?)とでこぼこWACのフィギュアセットが出ると思ったんだが…
車と男キャラ(の首から下)は揃ってるし。WACコンビに、タミヤのイラク派遣セット挿げ替え用の伊丹・富田・倉田のクビと64式5丁つけてくれりゃ問題ないんだけどな。

39 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 12:27:52.76 ID:1TlCf34Y
>>38
ロゥリィ「しかたがないわねじゃあ、首ちょん切ってくるから」

40 :【B:81 W:50 H:82 (C cup)】 :2015/10/10(土) 13:02:22.10 ID:gQZhY6/i
前スレ999
 風呂を沸かす薪は、ホムセンで売ってるキャンプ用の薪1つで1回沸すくらいだから
毎日じゃ無ければそれほど無謀って訳では無い。
・・・昭和の家庭用の風呂なら18Lペール缶に詰込んだ薪で2〜3日分の量になる。
五右衛門風呂みたいなのは焚いた事無いからシラネ。

41 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 13:05:12.49 ID:5+8M9FRu
この世界って石炭使ってんのかな?
石油の有無は直ぐに確認できてるけど

42 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 14:41:24.66 ID:krQt3TjG
石炭は使いづらいから薪だろ

43 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 14:43:48.14 ID:ggw5DewZ
>>41
蒸気機関が発明前の世界ですから 煮炊き程度なら薪や木炭で十分 
エルベ藩王国に石油が産出されるので石炭はスルーされるんじゃない?

44 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 15:03:56.69 ID:Qz18c5a6
石炭をコークスにする技術ってあるのかな
産業革命後のロンドンって家庭でそのままの石炭を使うと処罰されるくらい黒煙がすごく発生するんだよね

45 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 15:32:58.02 ID:5+8M9FRu
四の下巻が見つからないから分からないんだけど、拉致被害者が働かされてた
鉱山て何採掘してたんだろ。
何万人かがアルヌスの土になってから貨幣不足になるような経済だから、
金属はそんなに熱心に採掘されてないような

46 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 15:51:10.59 ID:ggw5DewZ
>>45
金銀銅鉄神鉄とかじゃないの?

47 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 16:20:40.80 ID:Z+k++aFA
他所で時々ゲートが手に入ったのだから鎖国すべしみたいな意見みかけるが
実行に移した場合技術や経済が停滞して住みづらい国にならないかね?
柳田も世界を敵にまわせるのは半分って意見だったし

48 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 16:52:13.63 ID:OxgU3AfW
>>35
GATEは魔法で開かれたのだから物理的に閉じる
事は不可能だろう。

49 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 17:32:45.00 ID:lIrXMrHt
>>43
ちなみに、中国では割と早い時期から製鉄に石炭を使っている。
何せ、唐代には製鉄と農地開発のし過ぎで、国中禿山だらけ。
墓を掘り起こして棺おけを再利用するぐらい木材不足が深刻だったからな!!

>>47
ぶっちゃけ、鎖国することのメリットって何よ?という話だよな
せっかく資源という手札が手に入るなら、上手に活用すれば言いだけの話なのに。

50 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 17:56:46.11 ID:2g3BXGAJ
>>47
ゲートの狭さと、わりと頻繁に閉めなきゃいけないのと、時間の進みが違うのを考えると、
あんまり特地からの実入りって多くない。

51 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 18:11:03.16 ID:59cRFFX7
>>50
でも今後100年間の間に資源の枯渇や全面核戦争や全地球規模の環境破壊が起きる可能性が高いことを考えれば、
短期的な実入りは少なくとも、日本人を手付かずの新天地兼巨大シェルターに移住させられる意義は非常に大きいし。

52 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 18:55:58.30 ID:BiNLlmsi
>>51
完全移住前提だな 
既存の国家に対してインフラ投資前提にやればそこそこやっていけると思うな
外交的には地球より組みやすいと思われるが、神様や亜神やらはやっかいだけどね
先端技術の発展は地球に在籍した方が発展するけど
魔法とハイテクの複合科学や特地固有の動植物や亜人のパワーは生物学的には面白い発展するかも
地球とは長崎出島みたいに特定の国とだけは通商 文化交流しとく
レレイさんあっちはきな臭くなったので門の閉鎖をお願いします。
あとは生暖かく観察しとけば良い

53 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 20:10:05.23 ID:z284TiRg
石油石炭を最初から使えるなら木材資源を温存しつつ文明発展ができるのは大きい

54 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 20:16:57.32 ID:CqV10iK8
普通に日本の植民地にするよな? > 特地

55 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 20:17:21.09 ID:PhusUIFG
>>43
> 蒸気機関が発明前の世界ですから

本当にそうかな。
もしかしたら化石燃料を使うのをやめて久しい世界かもしれないよ。

>>47
半分なのはアニメで、小説では全部だったような。

このスレのテンプレが悪いんだけどさ、
アニメではなく小説をベースに話しようぜ。

56 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 20:18:19.96 ID:CqV10iK8
>>55
漫画ベースはダメ?

57 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 20:18:21.06 ID:q6iIFv22
魔法で核融合炉作った方が早くないか。

58 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 20:20:56.78 ID:PhusUIFG
>>53
再生可能な木材資源と、
再生不可能な化石燃料、
どちらを温存すべきかと言えば、
とうぜん、化石燃料でしょ。

>>56
マンガ版はアニメより詳しいから大丈夫だと思うが、
結局は小説を紐解くことになると思うんだ。

59 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 20:21:48.61 ID:PhusUIFG
>>57
魔法によって水を酸素と水素に分解できるって、すごいことだよね。

60 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 20:30:58.49 ID:59cRFFX7
>>58
仮に特地に世界人口の大半が引っ越してくるのなら、特地の手付かずの化石燃料や
埋蔵資源も瞬く間に食い潰してしまうでしょうが、最大でも1億人程度の日本人が
特地に移住してもあちらの化石燃料を掘り尽してしまうのはかなり先かと。

もちろん、過去の日本の公害や環境破壊の教訓を生かし、可能な限り汚染や有毒
廃棄物の飛散の少ない開発を進めねばなりませんが。

いくら特地の人口密度が我々の世界より稀薄であっても、高度成長時代の様な
乱開発を続ければあっという間に公害まみれになってしまいますし、そんな所業を
特地の神々が許すとも思えません。

61 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 20:34:24.04 ID:z284TiRg
>>54
たぶんピニャでもたてて満州国ルートだとおもう

62 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 20:39:19.58 ID:W6mVw9FL
歴史的に植民地経営は赤字ですよ。
イギリスもインドやシンガポールで赤字だったし、日本は満州国や朝鮮半島で多大な赤字を出していましたから、特地も
インフラとかでかなりの赤字になりそうな気がしますけどね。
ローマ帝国も属領のインフラでかなりの赤字を出していましたし

63 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 21:01:11.73 ID:CqV10iK8
>>58
小説読むのタルイ 

64 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 21:02:20.44 ID:PhusUIFG
>>60
日本人入植者、最初は1億人しかいなくても、
特地で増えて最終的に100億人くらいになったりして。

65 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 21:08:59.38 ID:59cRFFX7
>>64
そこまで増える前にレレイの構築した魔法科学理論を発展させて
宇宙開発や新エネルギー開発を推し進め、宇宙への大規模移民を
大幅前倒しさせるかも・・ と言ってみるテスト。

66 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 21:16:18.48 ID:Txbc6TrD
>>64
お前ガンダムオタレベルだよ
銀座のGATEに1億人を混乱なく通すのに何年かかるかわからん
しかも特地ったって土地の割り当てや受け入れ態勢も万全じゃないのに。

67 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 21:23:46.97 ID:59cRFFX7
>>66
確かに特地に入植した日本人1億人を100億人まで増やすにはかなりの時間がかかりますが、
特地世界全体の総人口となるとまた話は違ってきます。

あの世界は頻発する飢饉や戦争や疫病などで人口の急増が抑止されてきましたが、ニホンの
農業生産技術や医療知識が導入されれば、食糧生産は急増し病死者や乳幼児死亡率も
確実に減るので、短期間で特地世界の総人口は膨張するかも。

我々の世界でも総人口が20億の大台を超えた後は増加ペースに拍車がかかったから、特地の
神々が介入しなければ、ものの1世紀もしない内に50億人の大台を超える可能性すらあります。

68 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 21:41:17.94 ID:Txbc6TrD
>>67
お前ホンマのアホ(想像力がないという意味において)
世界経済崩壊でも核戦争でも日本沈没でも阿蘇山大噴火でもなんでもいい
そんな事態でパニックにならず、のんびり何年もかけてゲートを混乱なく1億人が通れるというw
そしてその1億人が先住民(亜神含む)と齟齬なく共存できると

69 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 21:41:37.87 ID:A8VtWTL+
特地も日本も慢性的な人手不足になるだろうな
とはいえ手っ取り早く質を落として他国から労働力確保なんてやったらあっという間に国が崩壊していくだろうし
十数年は待ちの姿勢で停滞気味になるんじゃね?

70 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 22:30:27.64 ID:Khg7ZQMa
>>57
もしかしたら核融合も魔法で可能かもだけど問題なのは維持できるかじゃない?
現実の核融合炉の問題もそれなんだし
発電所の部品を魔法使いに一生続けさせるのは酷だぞ

71 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 22:43:32.83 ID:Qn7ROaCB
ゲートのゲームでないかな。RPG風味がいいな。アニメ見たいのでなく漫画みたいにグロいやつ。
それかガンダム戦記みたいなの。

72 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 23:03:22.81 ID:qkC98rq7
>>71
メタルマックス風になるような気がする・・・

73 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 23:35:01.84 ID:59cRFFX7
>>68
まぁ「特地への1億人移住」なんてのは物事がすべてうまく進んだ場合の最大値でしかなく、実際にこれを
達成しうるのは著しく困難でしょう。

原作の最後では日本に新たなゲートが開きましたが、この門が数十年単位で存続する物であれば、政府も
いよいよ本腰を入れて特地への大規模な植民事業を行いうるでしょう。

そうなると特地への大規模な産業基盤の構築や物資の備蓄や資源の採掘や帝国との政治的調整を大車輪で
進めねばなりませんが、それでも数十年がかりの国家的大事業となるのは必至でしょう。

その過程で何の妨害もなく事が進めば、特地に自立性の高い産業基盤と大規模な日系植民都市群を
各地に構築し、最終的には数千万人単位の日本国民の収容も可能になるでしょうが、それを快く思わない
国々は世界中にゴマンといるでしょうし、最悪の場合は日本に宣戦布告して日本本土を占領し門ごと手に
入れんとする国すら現れかねません。

それに加え日本が破滅するレベルの大規模災害に見舞われれば、特地に可能な限り多くの日本人の
避難民を収容しようとしても、門そのものが文字通りのボトルネックとなって効率的な避難が行えなく
なるから、そういう破滅的事態が早い時点で起きるほど、特地に収容できる人数は減ってしまいます。

もし特地での大規模な日本人受け入れ態勢か整わない内に全面核戦争や大災厄に見舞われれば、
仰る通り国内は大規模な混乱により限られた人数しか門を超えられないでしょうし、下手をすれば数万や
数十万人を入れた時点で門が破壊されたり閉鎖したりする羽目になるかも知れません。

更に「特地の神々の都合」という余りに大きな不確定要素もあるから、最終的にどれだけの日本人が特地に
渡れるのかは全く予測不可能です。

74 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 23:55:18.78 ID:Khg7ZQMa
特地への移住を進めたいなら先ず人口に見合う食糧自給率を上げないとな
また外伝4みたいに兵糧攻めされたら堪らない
インフラ整備も簡単な問題じゃないし

75 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 00:52:23.24 ID:oTQORQMO
>>66
過去スレで検証済、1億なら最短で1年かからねぇんだよ
それを踏まえてどのくらいのペースで移民を行えるかって段階の話

76 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 02:00:46.00 ID:dnkuuLSa
>>65
ゲートがあるから宇宙開発しなくていいんです。
宇宙を旅せずに他の地球型惑星に行けるんですから。
ただし別世界というか別宇宙にしか行けないけど。

>>66
仮に1年で1億人なら、JR品川駅くらいのキャパシティで十分。
JR新橋駅だと、ちょっと足りないかな。

77 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 02:14:44.76 ID:iBiFUeWg
1億人を1年でって...
どう考えても土地もインフラ整備も食糧もエネルギーも全部が全部足りないだろ
半径100qの円形の荒れ地(イタリカ領などの除外あり)にそんな人数押し込むのか?

78 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 02:46:24.36 ID:FOVUOMh0
日本人1億人をゲートから特地に追い出して
日本列島は漢民族が住む楽園にしたいのかな?

79 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 03:16:04.83 ID:uMb9hMqA
植民地って発想が子供じみててアホくさい

老後に移住とかするなら別に構わんけど
日本がわざわざでしゃばって、特地に領土を求める理由が分からん
そもそも、現在ですら土地自体は余ってんのに
土地を開発するっていうのは、それそのまんま開発費を出さなきゃならんってことを
すっぱり忘れちゃうのな

特地は特地の中の国が開発すればいいんだよ
日本はそれらを手助けしたり、邪魔したりして交易すりゃいいだけの話
乞食根性丸出しででしゃばってもろくな目にはあわん

80 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 05:57:09.93 ID:4eCC8mld
>>64
> 日本人入植者、最初は1億人しかいなくても、

アノ〜植民地って、国中の人間が移住することじゃ無いよ。

イギリスがインドを植民地にしたけどイギリス人全員がインドに移ったわけじゃ無い。

インドに総督府を置いて管理する人と軍隊が居ただけ

81 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 06:21:43.18 ID:byXOs8aG
特地は世界市場の代わりにならんよなあ。購買力が無さすぎる。所詮資源調達地以外の何物でもない。

82 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 07:16:25.10 ID:HPtzZiB4
少子高齢化の日本が特地に入植しようとか、
特地で子沢山になって人口増えるとか、
ちょっと考えにくい。

83 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 07:29:23.87 ID:4eCC8mld
オレは一山当てる、といって行く奴も多そう

84 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 07:46:17.91 ID:OWoAJodl
>>83
後に特地狼人って呼ばれるのか

85 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 07:53:10.90 ID:SxN7O5O9
>>79
植民地って欲しいのは土地じゃなく資源や労働力だぞ?
頭大丈夫か?

86 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 07:55:05.62 ID:wJIEpa2q
後に特地難民に…
まあ、移民は認められないと思うけど、今の日本みたいに。

87 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 08:00:04.73 ID:iBiFUeWg
新しい門は幅22mに拡張されて前よりはマシになってるかもしれないが
それでも資源輸送にはネックがあるからな...
労働力と言っても多少の教育しないと使えないだろうし

88 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 08:23:24.26 ID:wJIEpa2q
門はどのぐらいの間隔で開け閉めしてるんだろう?
少なくてもあの同人誌即売会の期間中は開いてることは間違いないけど。
そして即売会が終わったと首に縄を付けられて三人娘に特地に連れて行かれる
かわいそうな伊丹の姿が。

89 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 08:40:47.18 ID:wVl3Zpbh
原作では特地のPXはコンビニになっています。頻発に開けているのでは?

90 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 09:01:29.80 ID:byXOs8aG
>>83まず嫁を探しに行くわ。レレイみたいのがどこかにいるだろう。

91 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 10:12:54.70 ID:cXWCVerq
>>87
有明辺りに開いた新たな門の全幅が22mもあるのなら、鉄道と道路をそれぞれ
複線で通せるかな?
そうなれば輸送力も銀座ゲートの頃より激増しそうですが。

>>88
エルフマニアやケモナーなら万難を排してでも特地に行きたがるでしょうな。

民間人でダメなら自衛隊に志願入隊してから特地への派遣を希望するとか(w

92 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 10:17:34.39 ID:obILVba6
>>43
製鋼には石炭が未だ必須なわけですが

ちなみに宋代の中国では燃料用に石炭が爆発的に普及
背景には燃料用の濫伐による森林資源の危機的な減少があるけれど
特地だと、森林が生活環境として不可欠な種族とかかなりいるし過激な森林伐採は利害調整が出来ないだろ
人類が強引にやるんでなきゃだったらいっそ石炭に、って選択もあったかもね
煤煙でエルフさん達やっぱり発狂したかもしれんけどw
ついでに、石炭って石炭紀の木材が化石化したものだから、石油もある世界に存在しないってありえん

93 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 10:20:41.64 ID:9IGYEy26
一万年位前に神さんが七日位で作った世界かも知れないよ?

94 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 10:58:17.41 ID:qaDPF8eP
どのみち資源 農産物の確保の為 交通インフラだけは整備しないと駄目ですな

何が起こるか判らんから、フォルマート大陸外の無人で北海道サイズの島が有れば確保しておきたいね
歴史上無人のそこそこ大きな島って有ったかな? 

95 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 11:04:29.66 ID:THJGVbxb
>>94
つ南極大陸

96 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 11:45:09.03 ID:qaDPF8eP
>>95
補足しとこと思ったが遅かった。酷寒酷暑以外

97 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 12:03:11.04 ID:Mj/9kU4O
>>94
現実だと、ロシアのニガヨモギとか何とかいう土地があるな。実は結構人住んでるみたいだけど。
ファンタジーなら、アルゴネッセン大陸とか、フレイム王国西側の草原とかってのがあるな。(伊丹が出張らなかった場合のヤオの故郷の末路的な土地)

98 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 12:13:28.05 ID:dnkuuLSa
>>79
かつて日本列島から海外に多くの人が移民したよ。
それについて学べば、なぜ特地に移民という発想が
出てくるのか分かるかもね。

>>82
いまの日本人のマインドだと、
特地は医療体制が良くないとか、
いろいろ危険だから子育てできる環境ではないとか、
そういう考え方で、さらに少子化が進んでしまうかもね。

特地での人の命の軽さに慣れて開き直れれば、
第一次ベビーブームみたいになるかもしれんよ。

>>94
南極大陸

99 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 12:21:23.47 ID:THJGVbxb
>>96
酷寒酷暑以外だと火山島だったり
大潮で水没するような島(というよりサンゴ礁)みたいなところになるがよろしいか?
人が生活できる程度に環境が良くて大きな島だったら(人類未踏でない限り)誰かしら住むだろ

100 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 13:03:39.97 ID:Mj/9kU4O
>人が生活できる程度に環境が良くて大きな島だったら(人類未踏でない限り)誰かしら住むだろ
結局コレなんだよね。
北極圏にだってイヌイットが住むし、酷暑・乾燥の砂漠だってまた然り。
人が住まない=人が住めない理由があるって事だ。

101 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 13:12:55.46 ID:cXWCVerq
>>100
オーストラリア大陸は他の大陸から地理的に隔絶レていたせいで、他の新旧大陸と比べれば
石器時代レベルの文明しか持たないアボリジンが少数住んでいただけの人口希薄な地域
でしたけどね。

特地に所謂人類が住み着き始めたのはせいぜい数千年前らしく、その間神々の介入により
文明の発展も抑えられていたから、人類の支配領域も特地の全ての大陸や主要諸島には
及ばず、先住の僅かなデミヒューマンしか住まない大陸や大きな島が結構存在したりして。

102 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 13:46:36.88 ID:THJGVbxb
>>101
もともとオーストラリア大陸はほとんどが砂漠の多い農耕には適さない土地柄だった
それでも気候のよい東海岸部を中心にアボリジニは100万近い人口があったから狩猟採取生活としてはそれなりに繁栄してたといえる
それが白人の入植の際、土地を奪われ、しかも人口の9割が虐殺されてしまった(今は少し回復しているとはいえ)

103 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 14:31:11.58 ID:HPWw5MmO
核保有国の核戦略は核攻撃を受けた場合に確実に報復行動を起こせるようにして
相手の攻撃意思を事前に挫く相互確証破壊
なんだけど裏側に実際に世界的な核戦争が起こった後の主導権争いの武器って意味合いもある
ライバルになりそうなとこは核戦争中のドサクサに紛れて確実に潰される
でも核攻撃では潰れないでかい都市があるとこの裏戦略は破綻する
耐核の地下都市があればって話なんだけど特地ははからずもその条件に合致する
核保有国の核戦略の裏側を破綻させているんだよね
あとは核保有をすれば抑止力だけじゃなく外交的にも頭ひとつ抜ける

104 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 15:36:28.36 ID:qaDPF8eP
なかなか無いわな〜
後々 強制移住だ何だかんだと言われかねんから無人の大地が欲しい
>>101
その観点から見たら有るかも、居てもゴブリン オーク トロルなら殲滅後占拠か
ゴブリンなら何をしても良いのか!と環境保護団体に言われるか(笑)
>>103
MAD 久しぶりに聞いたなぁ 安保上極めて重要だな

105 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 15:56:26.18 ID:dnkuuLSa
>>103
特地がCTBTの対象外なら、
特地で核兵器を開発・保有し、
いざというときには、
特地から持ってきて使うなら、
日本の核武装も実現する・・・わきゃないか。

106 :【B:113 W:67 H:116 (World cup)】 :2015/10/11(日) 16:37:39.50 ID:RpGT7FmJ
>>88
あーるー晴れた、ひーるー下がりー、とーくーちへ続く道―
荷ー馬―車ーがゴートゴート、イーターミーを乗せーて行くー♪

107 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 17:42:04.66 ID:wJIEpa2q
>>90
その股間のもので…

108 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 19:12:49.94 ID:ZsONJmsr
そこに行けば〜 どんな夢も〜
叶うと言うよ〜

109 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 19:34:07.09 ID:xkQZDpaN
日本人が大勢入植するとなると、否応なしに特地住民との軋轢が生じる。

そこで住民の虐殺と奴隷化を始めると西欧型植民地。

日本が裏から手を回して、傀儡政権を作れば日本型統治

現地の政権・政治制度を徹底的に破壊し、目覚めた住民が民主的な国作りを始めてくれると期待するのがアメリカ式

110 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 20:04:18.43 ID:dnkuuLSa
> 目覚めた住民が民主的な国作りを始めてくれると期待するのがアメリカ式

えっ?

なかなか言うことを聞かない民主国家よりも、
言うことを聞く独裁国家のほうが、
アメリカの国益にかなうと思うのですが。

111 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 20:16:49.12 ID:byXOs8aG
特地で民主主義か・・・・・選挙のたびに不満があると戦乱が起こりそうだ。
あとテロとかすごそう。買収とかも起りそうだし

112 :【B:81 W:68 H:74 (D cup)】 :2015/10/11(日) 20:21:27.01 ID:RpGT7FmJ
 帝国に共和制の時代があったから、こちらの世界の中東やアジアよりは民主主義が根付き易いんちゃう?

113 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 20:22:59.46 ID:Ty7MEOH+
てか民主主義はもうコリゴリや>元老院の貴族はん達

114 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 20:39:06.27 ID:HPtzZiB4
特地の春、か

115 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 20:46:25.10 ID:FOVUOMh0
アルヌス州の知事選挙では選挙権をどうやって確定させるつもりだろう?

116 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 20:47:36.40 ID:cXWCVerq
>>115
少なくともオークやゴブリンやトロールには選挙権どころか人権すらなさそうですしね。

エルフやドワーフには付与するかも知れませんが。

117 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 20:47:45.91 ID:Ty7MEOH+
人口何人居るんだろうな

…百万?
帝都並じゃないか!
何時の間にそんなに増えたんだよ!

118 :【B:91 W:90 H:74 (G cup)】 :2015/10/11(日) 21:04:55.37 ID:RpGT7FmJ
115
明治時代のように、一定以上の税金を納めた人に選挙権を与えるんじゃね?
 種族で別けるって面倒だから、交渉して税金を納める事に同意した人型種に選挙権を与える。
種族によって成人年齢が違うだろうから年齢で線引きも出来ないだろうし、納税義務については各種族で調整して決めて貰う。

 人なら15歳成人で15歳から租税義務、エルフなら150歳から租税義務etc…

119 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 22:04:41.85 ID:GWXHA2ej
>>94
先史的ないみだとオーストラリアに南北アメリカ大陸とニュージーランドかなあ

特に南北アメリカとNZは1万3千年前とかなり遅いし

120 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 22:09:38.14 ID:GWXHA2ej
時に今流行のシリア難民みたいなことって特地でおこるんかねえ

アルヌスにいけば豊かな生活できるとわらわら難民が集まるとか

121 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 22:26:20.41 ID:FOVUOMh0
メイアちゃんとかはイタリカから派遣されてる形だけど
アルヌスで戸籍を取り直して日本籍になるのか?
そうすると実家の家族とは別国籍になるのか?
二重国籍が容認されるのか?

122 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 22:32:17.53 ID:iBiFUeWg
>>120
5巻がそんな状況じゃなかったっけ?

123 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 22:43:15.70 ID:i9Ws+XlT
>>52
レレイがハーディの技術受け取ってGATEの開閉自由に
なったのだから無問題でしょう。

124 :名無し三等兵:2015/10/12(月) 06:36:23.92 ID:fAPZItLO
伊丹はレレイを本妻テュカを愛人かセフレ、ロウリ―を支配者とするしかないかもな伊丹。
これでしか収まらない。糞うらやましい。俺らに「呪い」を送られそうだ伊丹

125 :名無し三等兵:2015/10/12(月) 06:53:27.67 ID:4QoIcJfI
レレイ個人に依存ってのは、あまりよろしくないかと。
体調悪いと変なところにつながるぞ。

126 :名無し三等兵:2015/10/12(月) 07:27:47.48 ID:/TPK8VwV
協力をお願いして解析に全力を
じゃね?

127 :名無し三等兵:2015/10/12(月) 08:27:50.03 ID:Js4b474X
特地人ではない人間も魔法習得は可能なのかな?
レレイ曰く通常人には見えない物が見えていて周囲がマトリックスみたく見えるようだが

128 :名無し三等兵:2015/10/12(月) 11:51:01.00 ID:442rhMCd
>>121
メイアちゃん一家と言うか一族がメイアちゃんの仕送りに頼ってる
我が国の近隣に居そうな嫌な家族形態だなぁ〜
アルヌスは人手不足でしょ?娘のコネでオヤヂ働けよ(笑)

129 :名無し三等兵:2015/10/12(月) 11:52:02.23 ID:QgRuTCRK
>>124
ヤオの立場は?

130 :名無し三等兵:2015/10/12(月) 12:35:32.12 ID:vwvemAUw
>>129
ヤオは奴隷

131 :名無し三等兵:2015/10/12(月) 13:05:52.69 ID:zP8AtmP2
>>128
メイア=フィリピン人
ミューティ=タイ人
フォルテ=台湾人
スマンソン=朝鮮人
みたいな感じか?w
騙され易そうなメイアや陰謀を持ってるフォルテが
アルヌスで働いてるからという理由だけで選挙権を持って
アルヌス州の行く先を左右するとしたら不安定な国家運営を強いられるな

132 :名無し三等兵:2015/10/12(月) 15:29:37.13 ID:HrNqIhsD
>>127
あれ、レレイの生まれながらの能力なのか、それとも習得した技術なのか。
あるいは、神との契約によるものなのか。

おれてっきり、魔法や精霊というのは、
神と契約 = 神が世界に干渉するデバイスへの限定的な使用許可を得る
呪文の詠唱 = そのデバイスを操作するためのボイスコマンド
だと想像していたので、あのレレイの見ている世界の描写には当惑した。

133 :名無し三等兵:2015/10/12(月) 15:46:57.84 ID:442rhMCd
>>124
腐った次期女帝も忘れてる。
>>131
とは言え亜人の能力 エルフの精霊魔法 ドワーフの工作能力
ペルシアさんやデリラの戦闘力は人材コレクターにとっては
欲しい人材だわ

134 :名無し三等兵:2015/10/12(月) 16:25:14.63 ID:e5GL3Jwq
>>121
自衛隊に逮捕されるべき。
もちろん死刑。
それと食堂のコックも共謀罪で懲役刑。

135 :名無し三等兵:2015/10/12(月) 17:21:37.65 ID:++Qe7vhy
>>134
自衛隊に逮捕権ねーだろ
警務隊でも
軍政下でもないんだし

136 :名無し三等兵:2015/10/12(月) 17:26:17.81 ID:iQ7/IyXI
>>135
|゚)ジッ   捜査権と逮捕権わ似てるが違うものだお

137 :名無し三等兵:2015/10/12(月) 17:29:31.21 ID:zP8AtmP2
デリラは東京地裁で執行猶予付きの判決

138 :名無し三等兵:2015/10/12(月) 17:48:49.56 ID:e5GL3Jwq
>>136
じゃあその場で銃殺で(^。^)
自衛隊なめるな(*^o^*)

139 :名無し三等兵:2015/10/12(月) 19:54:58.36 ID:lQX5FknP
>>137
あれ?どの話に書いてる?

140 :名無し三等兵:2015/10/12(月) 21:29:21.63 ID:HrNqIhsD
特地の人を拘置所に入れるのもあれだってんで、
基本的に書類送検で、
裁判でも検察側の主張丸飲みなら出席しない、
なんだかよくわからないけど日本では犯罪者だから、
ゲートを潜ると逮捕されるので日本には行けない、
みたいなことになるのかしら。

141 :【B:102 W:84 H:74 (A cup)】 :2015/10/12(月) 21:54:20.85 ID:4UkL6YQH
>>139
文庫版だと総撃編下巻の49ページ
 松井氏救出作戦終盤で伊丹とデリラが再会した時だね

142 :名無し三等兵:2015/10/12(月) 22:38:01.78 ID:fAPZItLO
普通なら裁判権とか警察権も付与しないといけないのにそこまで法律が完備してないんだよな。
まあやろうとすると今回の安保法案みたいに馬鹿左翼どもがマスコミや野党とタッグ組んで
大嘘扇動までやって凄いんだろうけど。今の安倍政権みたいに盤石でない元井とかではあの
圧力に耐えれないだろう。

143 :名無し三等兵:2015/10/12(月) 22:53:07.42 ID:qV8BgLNJ
>>140
あれ?、日本の病院で手術受けたんじゃなかったっけ?
腰あたりにチタンプレートを入れたとか言ってなかった?

144 :名無し三等兵:2015/10/12(月) 23:10:03.41 ID:16QwIYo5
>>135
戒厳令のような非常事態法下では、逮捕権が発効するけど、特地は、
非常事態宣言されているんだっけか…(特地法が非常事態下なんだろうけど)

145 :名無し三等兵:2015/10/12(月) 23:17:58.16 ID:HrNqIhsD
馬鹿左翼というが、かなりの学歴のある連中ですぜ。

政府がアメリカに対して、
「すみませんねー、(あんたらが押し付けた)憲法9条あるんで」
「すみませんねー、野党が許してくれないんで、うちも民主国家なので野党を軽視できないんで」
などと、うまく憲法9条を利用してきたんじゃないのかなぁ。

野党もまた政府の手駒なのかもよ。

146 :名無し三等兵:2015/10/12(月) 23:32:41.03 ID:HrNqIhsD
>>143
そういや、やたら撃たれてたもんな。
あれで死なずに済んだのはすごいかも。

そうか尻を触られて安くないってのは、
尻を撃たれる伏線か。

147 :名無し三等兵:2015/10/12(月) 23:34:44.60 ID:UJBw5+LZ
いまさらだがマンガ肉はマヌガにk(やっと分かった!

148 :名無し三等兵:2015/10/13(火) 00:04:06.78 ID:DuPo77eE
漫画を改めて見てるけど一巻の頭の方に
OH--1にハイドラと機関砲ポッドを乗せてるのが描かれてるが
あのヘリって武装って91式だけやね?

陸自のヘリもチヌーク以外はハイドラぐらい乗せれたら良いのにねぇ〜

149 :名無し三等兵:2015/10/13(火) 00:05:31.78 ID:L/vyEwuD
>>145
共産党や民主党言ってる戦争反対、徴兵反対って言うのは
それらの政党の背後に中国や朝鮮が居る事を忘れて鵜呑みにしちゃダメw
連中の手引きで中国軍が日本を占領した暁には
対米軍備増強で徴兵制復活ぐらいの掌返しは当然やってくる
だって中国にとって日本列島は対米最前線になるんだから

150 :名無し三等兵:2015/10/13(火) 00:36:52.89 ID:0FD9075p
>>149ゲートだとあの平和デモとかの裏に中共がいるようなことを少ししゃべってるね。
安保法案時でも一番必死に妨害してたのが福山と蓮舫の帰化人民主議員だったね。

151 :名無し三等兵:2015/10/13(火) 00:39:18.73 ID:wt+kcYgp
>>145
>共産党や民主党言ってる戦争反対、徴兵反対って言うのは
>それらの政党の背後に中国や朝鮮が居る事を忘れて鵜呑みにしちゃダメw

かといってその逆張りは逆張りで日本会議などの70年前の亡霊とか
怪しい人たちの影があったりするからなあ
結局自分で調べて自分で決めるのが一番なんだが難しい

152 :名無し三等兵:2015/10/13(火) 01:20:20.87 ID:L/vyEwuD
馬鹿左翼って言うのはそういう中国や朝鮮の繋がりも無いくせに左翼やってる連中
アニメ界でもジブリの宮崎とかは左翼が平和主義だとマジで信じてるファンタジー
踏み絵としては拉致被害者に対するスタンスで判る
拉致問題に冷淡な左翼はヤバいプロ市民系の権力追随型左翼
拉致問題に共感するけど戦争反対とか言い出す連中は妄想系乗せられ左翼

153 :名無し三等兵:2015/10/13(火) 01:51:37.15 ID:mdtj14yj
拉致問題については国益上、存在しないものとしたほうが、良かった可能性も。
北朝鮮側に有力なカード
「嫌なら拉致問題の調査が進まないし、被害者を帰さないよ」を与えるわけでさ。
つまり、日本は人質を取られてるようなものだから。

ところで、ガルパンって↓これか? こんな安っぽい映像で萌えてるのか?
https://www.youtube.com/watch?v=q1i3FQzHhps
ちょっと昔のゲーム画面みたいな動きの戦車じゃ興醒めですよ。
押井守のavalonのように実写素材を加工して使ってくれ。

154 :名無し三等兵:2015/10/13(火) 02:57:20.29 ID:L/vyEwuD
アホな事を言いなさんな!
拉致が無かった事にした方が国益だとか
まるで旧社会党の土井たか子みたいな見識だな
5人帰って来てる人らも要らんかったって事か?

155 :名無し三等兵:2015/10/13(火) 03:22:12.92 ID:mdtj14yj
一時帰国という約束を反故にして以降の交渉ができなくなった、
それに比べれば帰ってこないまま、交渉を続けてたほうがマシ
だったかもな。

156 :名無し三等兵:2015/10/13(火) 06:00:52.34 ID:7bb2eZFZ
朝の共産主義宣伝番組のモーニングバードで戦史を読み、タミヤやハセガワの戦車や戦艦や戦闘機や戦闘ヘリのプラモデルを作る奴や提督の決断は軍国主義で歴史修正主義だとか宣伝していたし、
そこで極左で有名な青木理がこういう事はアジアの平和を乱す歴史修正主義だとか言っていたからね。
表現の自由やプラモデルやゲームに関して口出しする気満々だからね。

157 :名無し三等兵:2015/10/13(火) 06:03:47.61 ID:7bb2eZFZ
といっても羽鳥慎一のモーニングショーでも思想的に変わりません

158 :名無し三等兵:2015/10/13(火) 06:04:11.80 ID:YAvHl49m
【悲報】アフィブログ大艦巨砲主義、総火演の記事をまとめず【履帯】

159 :名無し三等兵:2015/10/13(火) 06:07:16.66 ID:LvCQe28n
>拉致

拉致被害者を返せという世論が高まるだろうな。 > 特地

160 :名無し三等兵:2015/10/13(火) 06:14:30.25 ID:7bb2eZFZ
左翼は炎龍を殺すのは残酷だからやめろ!と言い出しそうですね。
400kgの熊を射殺した時でさえ左翼が熊を殺すのはやめろとほざいていたし、

161 :名無し三等兵:2015/10/13(火) 06:22:55.72 ID:LvCQe28n
拉致問題に関しては被害者家族会が作られ政府与党に救出を訴えるだろう。

162 :名無し三等兵:2015/10/13(火) 09:25:59.35 ID:DJ3g+Fv7
原作だと半径100qの円形の土地を割譲されたけど国境防衛とかどうするのかね
それだけ長大だとフェンスで完全に往来を制限するのは難しいだろうし

163 :名無し三等兵:2015/10/13(火) 10:21:13.11 ID:vTcoFHG1
実際はGATEだけ死守すれば進入される危険がないんだから警戒なんかしてないだろう

164 :名無し三等兵:2015/10/13(火) 10:30:25.36 ID:hvK5oOPE
>>162
何かの施設を作ったら、その周りだけ警戒すればいい。
なんもない所は、そもそも誰も来ないし、来て拠点を作り始めるようなら
それから排除に取りかかっても問題ない。

165 :名無し三等兵:2015/10/13(火) 10:46:42.73 ID:DJ3g+Fv7
やっぱそんなもんか
哨戒機配備したり各拠点へ急行できるインフラ整備した方が楽みたいな

166 :名無し三等兵:2015/10/13(火) 12:03:31.82 ID:rqgQMfeV
>>162
これが中国なら半径100kmの領土をカバーする大兵力を自前で用意できるでしょうが、
陸自だとどう無理をしても捻り出せませんね。

帝国と本格的な講和が成立し、アルヌスと新たに有明に開いた門が永続するのなら、
領内から兵を募り国境警備隊を組織して各所に配置し、有事の際にはアルヌス駐屯地
(ないし領内の主要都市に新設された数か所の駐屯地)から車両やヘリで駆け付ける
緊急展開部隊による機動防御を行うかも。

167 :名無し三等兵:2015/10/13(火) 12:25:58.05 ID:DJ3g+Fv7
あれ?門の再開通地点はまだ明言されて無いんじゃ?
本編5巻外伝4巻で開いたのはあくまで仮設で場所も秋葉原だし

168 :名無し三等兵:2015/10/13(火) 12:34:56.55 ID:rqgQMfeV
>>167
スマソ第二の門を有明と勘違いしていた。

いずれにしろ、第二の門もいつまた閉じるか判らない代物なら、日本政府も
特地への人員機材の本格的な投入には二の足を踏むでしょうね。

もちろんアルヌス領外周の国境警備どころの話ではなくなりますが。

169 :名無し三等兵:2015/10/13(火) 12:40:27.48 ID:llfBauc1
無人充電ステーションと遠隔操作ドローンを適当な間隔で配置しときゃ済む。

170 :名無し三等兵:2015/10/13(火) 13:58:16.15 ID:L/vyEwuD
>>160
原作スレでは犬に13発の発砲した警官に非難の電話殺到の話題が例にあげられてたw
>>162
>>http://i.imgur.com/bI2CyYZ.jpg
OPLというのが実際に自衛隊が実力行使する範囲だったみたいだけど何の略かな

171 :名無し三等兵:2015/10/13(火) 13:58:37.37 ID:mdtj14yj
日本政府は国益のために、銀座事件の責任追求の手を緩めてる。

首謀者であるモルト皇帝を日本側に連れてきて裁判やって死刑にしないのはなぜか。
6千名の捕虜に対して裁判やって死刑や無期懲役にしないのはなぜか。

国益のためでしょう。

172 :名無し三等兵:2015/10/13(火) 14:05:09.27 ID:mdtj14yj
>>170
犬に拳銃は、危ないばかりで効果的ではないからなー。

173 :名無し三等兵:2015/10/13(火) 14:07:36.33 ID:mdtj14yj
銀座事件のとき、
ダンプカーで帝国軍を蹴散らした民間人とか、
いなかったのだろうか。

歩兵が歩道に逃げたらダンプカーでは踏めないし、
次々に踏んだら脂肪で滑って動けなくなるかもか。

174 :名無し三等兵:2015/10/13(火) 14:08:34.11 ID:DJ3g+Fv7
>>170
OPは前進監視所

175 :名無し三等兵:2015/10/13(火) 14:10:14.16 ID:mdtj14yj
銀座事件の犠牲者には外国籍の人も、それなりに含まれてたと思う。
その割には外国政府が大人しくないか?
捕虜の一部を引き渡せとか要求してくるでしょうに。

176 :名無し三等兵:2015/10/13(火) 17:37:35.57 ID:7AIkhbK1
>>173
歩行者天国に乗り込む運転手がいるかよw
帝国軍が雪崩れ込んだあとは常識的な判断として運転手は普通に停まるだろw
だいたい大型車両は銀座になんか近寄りたがらんわ
一本向こうの昭和通りは結構通るが

>>175
捕虜の引き渡し受けてどうすんだ?w
リンチにでもかけようってか野蛮人w

177 :名無し三等兵:2015/10/13(火) 17:43:42.71 ID:rqgQMfeV
>>175-176

捕虜にしたオークやゴブリンとかなら貴重な人類以外の知的生命体の生体サンプルとして
多くの国は欲しがりそうですけどね。

原作でも米国はそれらのデミヒューマンを何体か日本政府から引き渡されていたはずですが。

178 :名無し三等兵:2015/10/13(火) 18:15:34.99 ID:mdtj14yj
>>176
銀座から皇居・国会議事堂まで帝国軍は進出したから、
普段から大型車両が通る道路にも帝国軍は押し寄せたでしょう。

パニックになって渋滞で自動車が身動きとれなくなれば、
一方的に襲われるだけか。

海外で邦人が殺人事件で殺されれば、
日本で裁いて罰したいから犯人を寄越せと言うことあったような。

179 :名無し三等兵:2015/10/13(火) 18:49:16.36 ID:L/vyEwuD
犯罪者引き渡し条約とかでしょ
それを要求するにしても明確な証拠が必要で
誰が誰を頃したか確定できなきゃ無理
代理処罰をお情けでお願いするしかあるまいて

180 :名無し三等兵:2015/10/13(火) 19:19:21.11 ID:EsZiPJOi
>>173
銀座は歩行者天国だったからねえ
築地の方に攻めて来た帝国軍は冷凍車で轢かれまくったんじゃね?
遠慮しそうにないし
ターレーで体当たりしたり、マグロ用包丁で白兵戦したりしてそうだ

181 :名無し三等兵:2015/10/13(火) 19:25:18.51 ID:L/vyEwuD
アカヒ新聞の本社社員が全滅とかなら帝国軍GJだが

182 :名無し三等兵:2015/10/13(火) 19:52:05.78 ID:mdtj14yj
銀座事件のときに建物に逃げ込んで助かった、
という人は、どれくらいいたのだろうか。

上階で防火扉しめて立て篭れば助かりそうだが。

183 :名無し三等兵:2015/10/13(火) 22:02:46.34 ID:wJ7MIuEL
助かった人は良いが、誘拐・拉致されて奴隷にされている日本人も多いだろう。

伊丹が一人だけ助けたが、他にも大勢居そう

184 :名無し三等兵:2015/10/13(火) 22:12:20.48 ID:L/vyEwuD
>>183
誘拐・拉致されたのは銀座事件前の偵察時に拉致された3名
銀座事件当日以降は奴隷として確保された日本人捕虜は居たが
反撃による混乱した撤退の中で帝国側の将兵は
身一つでゲートを通過する必要に迫られ連れ去る事は出来なかった

185 :名無し三等兵:2015/10/13(火) 22:14:32.73 ID:EsZiPJOi
>>182
防火扉は外へ出る方向に開くので、外からの侵入を防ぐのは難しい
そもそも日本の民間の建物は作りの全てが災害時に逃げやすいように作られてるので立てこもるのに適してない
避難経路が複数必要とかね
だから建物内の人は全滅が多かったかと

186 :名無し三等兵:2015/10/13(火) 22:37:49.58 ID:0FD9075p
巨乳がゾルザルをぼこぼこにするシーンは防衛省の要請でカットしそうだな。
自衛官があまりに凶暴すぎるとかでさ。まあ一発ぶん殴るくらいで終わりそう。

187 :名無し三等兵:2015/10/13(火) 22:43:33.37 ID:DJ3g+Fv7
防火扉って基本的に後続の避難の為にロックできないんじゃ?

しかしトラックで牽き殺すとか言ってるが正常な人間が咄嗟にそんな事出来るのか?
ケンカくらいなら分かるが正当防衛とは言え殺人だぞ
しかもそんな混乱した状況で車道に先行車や徒歩での逃走者が居ないとも思えん

188 :名無し三等兵:2015/10/13(火) 22:53:48.56 ID:0FD9075p
>>187ドイツで難民どもがドイツ人女性が乗ってる車を襲いその難民どもを
ドイツ人が車でひき殺すのは最近やったばかりだよ。

189 :名無し三等兵:2015/10/13(火) 22:55:00.27 ID:L/vyEwuD
>>186
上官に銃口を向けて引鉄に指を掛ける描写のカットは防衛省は要請しなかったんでつねw

190 :名無し三等兵:2015/10/13(火) 23:07:25.21 ID:DJ3g+Fv7
>>188
初耳なニュースだ
ソースどこで見れる?

191 :名無し三等兵:2015/10/13(火) 23:09:22.52 ID:0FD9075p
>>190ニュー速でスレになってた。動画もついてたよ。

192 :名無し三等兵:2015/10/13(火) 23:16:16.11 ID:DJ3g+Fv7
ニュー速がソースって...

193 :名無し三等兵:2015/10/14(水) 00:16:14.26 ID:Gu8LAEhH
仮に事実だったとしても日本の左翼マスゴミは放送せんだろうw
難民は常に弱者で正義の側じゃなきゃダメなんだろうから

194 :名無し三等兵:2015/10/14(水) 00:17:21.15 ID:xxGh0b/X
>>182
アニメ版みたいに銀座ゲート事件がほぼ半日ぐらいでケリが付いたのなら、ビルの上層階に逃げ込み
立て籠もって助かった者も結構いたかも知れませんが、原作の様に銀座とその周辺部を何日も占拠
されるようだと、即席のバリケードなんか次々と突破されて皆殺しか良くて捕虜にされたケースもかなり
あったでしょうね。

195 :名無し三等兵:2015/10/14(水) 01:05:20.55 ID:aFCFIvGw
小説は日本側の死傷者数を書いてないような。
帝国側は6万という数字が出てたが。

196 :名無し三等兵:2015/10/14(水) 01:10:47.56 ID:aFCFIvGw
小説は日本側の死傷者数を書いてないような。
帝国側は6万という数字が出てたが。

197 :名無し三等兵:2015/10/14(水) 09:15:55.34 ID:GrZABYUg
>>196
近代戦で20万人を殺す事ができる世界と
1人あたり2〜3人を殺せる国家の技術格差だから6万人は妥当だと思うけど、
カール セーガンがナポレオン1世時代の大砲は6人を殺傷できたけど、核兵器の発明によって20万人が殺傷できるようになったと皮肉と冷笑気味に書いてあったけど、第一次大戦のヨーロッパ戦線でも
機関銃とマスタードガスや塩素ガスなどで従来の敵地に突撃は多大な死傷者を出したのですから

198 :名無し三等兵:2015/10/14(水) 09:29:23.80 ID:xxGh0b/X
>>197
とはいえ、銀座ゲート事件では初動で対応に当たった警官隊や機動隊の火力では、万単位の軍勢に
到底対処しきれなかっただろうし、相手はただの重装歩兵や騎兵だけでなく、竜騎兵やカタパルト等の
大型兵器やオーガ・トロールなどの怪力を誇る大型デミヒューマン兵も多数参加していたから、遅れて
到着した陸自より遥かに多数の死傷者を警察は出していたでしょう。

特に事件当日に銀座各所に勤務していた一般警官や、状況が把握できずに当初五月雨式に投入
された近隣の機動隊の人的被害は甚大であったでしょう。

199 :名無し三等兵:2015/10/14(水) 11:58:48.94 ID:GrZABYUg
>>198
ご指摘のとおり機動隊や陸自の被害は甚大だったと思います。
通称 カマボコと呼ばれる装甲バスを盾にして、帝国の騎兵隊を足止めにして叩くという方式や騎兵隊を叩くという方式や
放水車や催涙弾で鎮圧したとか考えられます。
陸自の治安維持活動も出たと思います。

200 :名無し三等兵:2015/10/14(水) 13:51:31.84 ID:mgR4QEX3
あちこちに気を使いすぎる作品はマジつまらなくなる

201 :名無し三等兵:2015/10/14(水) 14:33:21.55 ID:aFCFIvGw
>>189
早く言え、車体が揺れて今にも撃ってしまいそうだ、
という脅迫シーンだからね、指がかかってないと逆におかしい。

202 :名無し三等兵:2015/10/14(水) 14:54:10.58 ID:aFCFIvGw
>>198
警察も、民間人と同じように、実質的に無抵抗で殺されたと思うよ。

警官の拳銃は射程が短いうえに5発しかない。
すぐに撃ち尽くして、
あとは槍や剣に対して警棒で立ち向かうことに。

機動隊のバスでバリケード作っても、
簡単に回り込まれてしまうだろう。

203 :名無し三等兵:2015/10/14(水) 19:38:08.15 ID:GrZABYUg
>>202
催涙弾とかあるし、放水車もあるからね。盾を持った機動隊が古代ローマ軍の兵隊のようだったとAP通信の記事で書かれていましたけど(東大紛争関連の記事で)
多分、帝国の捕虜となった機動隊員や陸自隊員もいたと思われますけど

204 :名無し三等兵:2015/10/14(水) 21:18:02.62 ID:2Wn+NAat
特地の技術レベルで海自出すなら
掃海艇に20o機関砲ポン付けしたので充分かね

205 :名無し三等兵:2015/10/14(水) 21:22:42.69 ID:alJOGBIR
実際、かまぼこ装甲車と放水銃って、前近代の軍隊からしたらとんでもない脅威だよね。
騎馬隊だろうが重装歩兵だろうがなぎ倒せるうえ、半端な弓矢や投石は通用しないし。

まあ、飛龍とかが出てくると流石に苦しいと思うが。

206 :名無し三等兵:2015/10/14(水) 21:38:16.54 ID:aFCFIvGw
>>203
それらには戦意喪失させる力があるけど、
あくまでも一ヶ所に集まってきた相手を散らすもので、
敵の数が多すぎたり、広い範囲に散開されちゃうと、
数に押し切られるということになるかと。

207 :名無し三等兵:2015/10/14(水) 21:43:21.49 ID:XN4bhe7r
観光に来てた丸腰の
ジョン・マクレーン
ケイシー・ライバックが遭遇したらどうだったろう
ダース単位で殺ってたかな?

208 :名無し三等兵:2015/10/14(水) 22:16:56.62 ID:GrZABYUg
>>206
東京の機動隊だけでは鎮圧できない場合は埼玉、千葉、神奈川、茨城、山梨の機動隊を動員をさせる事や内閣総理大臣が
東京以外の部隊にも出動要請をかける事ができます。関東大震災レベルの災害や
クーデターの鎮圧に対応するために法制ができてます。

209 :名無し三等兵:2015/10/14(水) 22:31:39.74 ID:GrZABYUg
元々は赤軍派や左翼のクーデターを想定したり、関東大震災レベルの災害を想定した計画と警視庁と警察庁と防衛省の共同計画と協定で作られたモノです。
しかも、この計画や協定に当時反対をしていたのは共産党と社会党と中核派と革マル派というお馴染みの面々でした。

210 :名無し三等兵:2015/10/14(水) 22:39:39.68 ID:D+OACBj4
>>204
はやぶさ型が良いだろう。
特地の海では圧倒的な高速性能を誇ると共に、76mm砲で対空対水上での火力も申し分無い。

211 :名無し三等兵:2015/10/14(水) 22:47:45.32 ID:xgPgaGlX
>>210
はやぶさ型だとドックから作らんと無理じゃないか?

212 :名無し三等兵:2015/10/14(水) 22:49:02.38 ID:TS/2QZms
コンクリ船に81mmを積んでだな

213 :名無し三等兵:2015/10/15(木) 01:13:24.94 ID:UCbp/I4x
>>207
メイトリックスとランボー、ついでだから噛んだコブラが死ぬ男ブッカーももってけ。

214 :名無し三等兵:2015/10/15(木) 01:32:57.68 ID:ut2qth7W
>>208-209
それにしたって6万は想定外でしょ。

数百人を逮捕する能力はあっても、
数万人を殺す能力はないでしょう。

アメリカの警察がすぐに犯人を射殺するのは、
いかに逮捕が高コストなのかということです。

215 :名無し三等兵:2015/10/15(木) 01:35:25.75 ID:bGXNAl3c
>>202
それに弓兵の一斉射撃や大型投石器の投射を食らえば、機動隊のジュラルミンの盾どころか
カマボコバスのバリケードすら長持ちしないでしょうし、身長3〜4mはありそうな大型のオーガや
トロールを前衛に押し立てた突撃を食らったり、アニメ版のローリングアタックを仕掛けてくる
オーク(?)とかも機動隊の手には余ったでしょうね。

せめて他の区や県から駆け付ける応援の機動隊やSATがショットガンやサブマシンガンを
定数一杯携行してこないと、徒に警官隊の死傷者を増やす羽目にしかならなかったでしょう。

216 :名無し三等兵:2015/10/15(木) 01:47:13.25 ID:dWqjL3Dk
特地の海くらい海保の30mカッターで十分だろな
IR監視装置やGAU-19装備で36ノット以上の高速で防弾もある

217 :名無し三等兵:2015/10/15(木) 01:58:34.93 ID:mSRfXWJp
特地の海自なんかヤマハのマリンジェットで充分だろw

218 :名無し三等兵:2015/10/15(木) 02:11:28.52 ID:6vwk6yVP
漁船にM55と64式対戦車誘導弾マウントしとけば余裕そう

219 :名無し三等兵:2015/10/15(木) 02:14:41.17 ID:ut2qth7W
特地の海って、地球と同じ規模なんじゃないの?
いまのところ探索した範囲では、塩湖が見つかった程度なだけで。

220 :名無し三等兵:2015/10/15(木) 03:32:39.63 ID:mSRfXWJp
外伝では帆船で遭難してる

221 :名無し三等兵:2015/10/15(木) 15:33:43.78 ID:Thv1dzTo
>>218
水龍には効果無いだろ
海は鬼門だと思うぞ、水中は空中や地上戦みたいに火力の優越を発揮出来ないからな。

222 :名無し三等兵:2015/10/15(木) 16:16:26.63 ID:BPQjSEgj
クラーケンやグリードみたいな艦底に取り付くタイプだと海自でもキツそう

223 :名無し三等兵:2015/10/15(木) 16:30:08.14 ID:2fCHrhaF
相手を見える距離に置いて戦うことを前提とした近代海軍だとかなり厳しいな>取り付くタイプ

224 :名無し三等兵:2015/10/15(木) 17:03:58.86 ID:bGXNAl3c
逆にヘリから投下する爆雷や対潜爆弾だったり、ヘッジホッグの様な
多連装爆雷なら海龍やクラーケンの類にも有効かも。

そしてヘリにミニガンを搭載し、浮上してきた時に上空から機銃掃射を
加えれば、相手がエルダードラゴンの類でもない限りかなりのダメージを
与えられそう。

225 :名無し三等兵:2015/10/15(木) 18:09:28.12 ID:ut2qth7W
水は空気よりも減衰が少ないから、
水中で爆発させると、
敵だけでなく付近の生物も皆殺しに

226 :名無し三等兵:2015/10/15(木) 18:34:02.74 ID:h8d1qbIB
>>224
日本領への編入後に設定される領海及び、200海里の区域内では爆薬を使用した漁法は違法だろ。

227 :名無し三等兵:2015/10/15(木) 18:52:25.64 ID:bGXNAl3c
>>226
いやそれ漁労じゃなくてマジモンの害獣駆除だし

228 :名無し三等兵:2015/10/15(木) 21:26:28.24 ID:Z2y7SQI4
>>224
7.62mmミニガンより20mm3銃身の方が圧倒的ストッピングパワーだよ。

攻撃ヘリ AH-1Zヴァイパーの近接航空支援(CAS) - AH-1Z Viper Close Air Support
https://www.youtube.com/watch?v=6mFR3k1lsrU

229 :名無し三等兵:2015/10/15(木) 22:04:40.42 ID:a+5TbdIU
>>202
ただ,警察官は防刃チョッキを着ているからな。
槍以外はきかないかも。

230 :名無し三等兵:2015/10/15(木) 22:05:19.27 ID:dWqjL3Dk
GATEの向こうは丘の周辺を強制使用してるだけで他は他所の国だから爆薬で漁してもいいよ!

231 :名無し三等兵:2015/10/15(木) 22:18:12.05 ID:L0nfvbbp
昔読んだ「ディバイデッドフロント」と言うラノベで、海自が爆雷で水棲の魔物を処理していたなぁ

232 :名無し三等兵:2015/10/15(木) 22:45:28.79 ID:6vwk6yVP
今どき航空機搭載用以外の爆雷って海自に有るのか?
捕捉できるなら短魚雷の方が強そうだが

233 :名無し三等兵:2015/10/15(木) 23:46:50.57 ID:bGXNAl3c
>>232
あるいは迫撃砲弾の信管を調整し、水面に落着後二度目の衝撃で着発する仕様にして、
水棲怪獣の上空から迫撃砲弾を手動で投げ落とせば、散布爆雷の代わりになったりして。

ベトナム戦争でもUH−1に多数の迫撃砲弾を搭載し、敵陣や敵兵の潜むジャングルに
手動で迫撃砲弾を透過する「ヒューイ爆撃機」な運用をしていたそうだし。

234 :名無し三等兵:2015/10/15(木) 23:54:11.61 ID:p5EXqJ6N
最初は手動だが割と早めに電動にしてる。サイドドア外したとこに樋つけてホバリングしながら落とすんで照準は結構正確よ。

235 :名無し三等兵:2015/10/16(金) 00:31:08.87 ID:/nNxzOvA
海底に着底した潜水艦なんか短魚雷で攻撃できないんで爆雷も普通に使う

236 :名無し三等兵:2015/10/16(金) 14:26:29.44 ID:A7mzi/LF
平成24年度自衛隊観艦式/P-3C対潜爆弾投下
https://www.youtube.com/watch?v=sGYbwWMwRvU

SH-60JはMk46短魚雷しか携行できなかったが、SH-60Kでは加えて
国産の97式短魚雷、対潜爆弾、AGM-114M ヘルファイアII空対艦ミサイル、
警戒監視用に74式機関銃を携行できる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/SH-60K_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)#.E6.AD.A6.E8.A3.85

237 :名無し三等兵:2015/10/16(金) 16:50:54.65 ID:OQKrG3u5
>>229
帝国軍の連中は、
鎧を着た相手と戦うのに慣れてるだろうから、
防刃チョッキは大した役に立たないと思うよ。

238 :名無し三等兵:2015/10/16(金) 17:40:05.00 ID:EJkhv1V3
>>237
どっちにしろ弾数の少ないリボルバー拳銃や、警棒とジュラルミンの盾とヘルメットしか持たない
警官隊では、甲冑を来て剣技に長けた帝国兵士相手の接近戦は圧倒的に不利でしょうね。

しかも警官や機動隊は相手を殺さずに確保する訓練だけを受けてきたのに対し、帝国の兵士は
最初から殺す技を身に付け、目の前の敵を迷わず殺す気で向かってくるのだから、その意味でも
二重に不利です。

239 :名無し三等兵:2015/10/16(金) 18:02:18.62 ID:5QsU+15c
二重橋だけに

240 :名無し三等兵:2015/10/16(金) 19:05:23.34 ID:/nNxzOvA
魔法の射程と攻撃力が自衛隊の兵器に圧倒される都合のいい設定だしな
オーバーロードみたいなチート魔法使われたら普通に負けるw

241 :名無し三等兵:2015/10/16(金) 19:21:12.58 ID:19bf47U8
はいはい

242 :名無し三等兵:2015/10/16(金) 19:57:45.48 ID:LgP5kcHn
そらまあ負けるような設定なら負けるだろ
勝つような設定で勝つのは都合がよすぎ!
って、小説をなんだと

243 :名無し三等兵:2015/10/16(金) 20:12:02.56 ID:OQKrG3u5
特地の自衛隊が薬莢を回収しないのは、なぜだ。

拾い集めて何かに活用されたら、まずいんでないの?
薬莢をバラ撒き慣れてないから踏んで転倒するなどの事故が増えるんじゃないの?

244 :名無し三等兵:2015/10/16(金) 20:15:50.50 ID:OQKrG3u5
特地の人にとっては、指向性散弾がバラ撒いた鉄球は貴重なものだったりしないの?

245 :名無し三等兵:2015/10/16(金) 20:22:35.16 ID:19bf47U8
まあ、真鍮と鉛だから拾い集めれば小銭稼ぎにはなるだろうね。
リアルでも、戦場跡で地元民が砲弾の破片とか鉄くずとか拾い集めて臨時収入とかあるし。

246 :名無し三等兵:2015/10/16(金) 20:38:17.50 ID:5E1eRJWM
むろんリサイクル用の金属くずとして有用だし
拾ったらそこそこ高値で売れるんだろうけど

日用品・村や町の家等の建造物その他なんかをみると
普通に材料は皮革、木、石・レンガがほとんど
金属が必要なのは貨幣、刀剣その他の刃物、鎧兜類、釘・鎹などでさほど量を必要としない

247 :名無し三等兵:2015/10/16(金) 20:46:25.60 ID:19bf47U8
近代以前だと、製造に大量の燃料を使う金属製品(特に鉄)は、基本的に貴重品。
中国とか、乱世になって生産力が落ちると、墓を暴いて棺おけの鉄釘を回収して再利用したりしたくらい。

248 :名無し三等兵:2015/10/16(金) 21:28:58.62 ID:q4Rs7OCL
>>243
デリラのアクセサリーは空薬莢だ
しかし耳にあんなもの付けてウサ耳が垂れ下がらないかな

249 :名無し三等兵:2015/10/16(金) 21:54:57.39 ID:TX86+q22
>>237,238
伊丹は,普通の服に素手だったけど仕留めたよ?

槍はともかく片手剣くらいなら,ナイフ持ってる犯人相手の訓練でもなんとかなるんじゃね?
全員が全員ではないけど,柔道なり剣道なりやってるだろうし,防刃チョッキは彼らにとって
未知の防具だよ。戦いにくいんじゃないかな。

防刃チョッキって,以前DQNが拳銃奪おうとしてサバイバルナイフで切りかかったのを
防いでたよね。

250 :名無し三等兵:2015/10/16(金) 22:13:01.59 ID:IX89ABVJ
>>249
あれは普通にレアケース中のレアケースなんじゃない?一応伊丹はあれでも特戦群だったわけだし
警察の短剣相手の格闘って最初から刃物を所持してる事がわかってたら装備してるさすまたで取り押さえる程度
普通の学校の教師がやってる不審者確保訓練と変わらないよ

あくまでも拳銃を保持してるって言うアドバンテージで脅して相手を遣り込めるって言うのが普通の警官の対処法
だから秋葉原連続殺傷事件でもその場にいただけの警官は普通にやられてるし、多数対1の有利な状況を作って
警棒で応戦しながら最後は拳銃を突き付けて確保してる
そう言えば取材班の目の前で刃物を振り回してる人物を発見して警官が逃げたと批判された事件もあったね
報道の人間をまずは安全な場所に移動させ応援を呼んで囲むつもりだったと思うけど・・・・

251 :名無し三等兵:2015/10/16(金) 22:13:57.47 ID:1M4zEw9h
日本の機動隊はフランスの憲兵隊と同じく暴徒の鎮圧だけど、フランスの憲兵隊は機関銃を所持をしていて、女性憲兵隊は日本のBL本を読んでいる腐女子が一部にいます。

252 :名無し三等兵:2015/10/16(金) 22:46:05.75 ID:TX86+q22
>>250
普通に考えると,拳銃を撃っただけで,馬も人も混乱してしまうんだけどね。
だからこその威嚇射撃だし,そのための拳銃装備なんだと思うけど。

この漫画のリアリティのない部分としては,
未知の兵器でどんなに人が死んでも何のためらいも無く突進してくるところなんだよな。

元寇のときのように,火薬を知らない人馬は爆発音だけでも効果的だし,実際に人が死ねば,
とりあえず距離をとるはず。

253 :名無し三等兵:2015/10/16(金) 22:58:27.26 ID:jJ5OGKTs
>>252
203高地やガダルカナルを始めとする玉砕戦をやった国が何処かにあったな
あれって撤退できたの?

254 :名無し三等兵:2015/10/16(金) 23:05:59.10 ID:J8uSUk0q
>>252
知らないから無謀ができるということばがある
銃の存在を知らなければ騎馬突撃が最強の戦法なわけだし

255 :名無し三等兵:2015/10/16(金) 23:06:08.04 ID:OQKrG3u5
>>246
金属資源として溶かして再利用するのではなく、
そのままの形状でも活用できるかもしれないよ。

>>249
> 伊丹は,普通の服に素手だったけど仕留めたよ?

そんな描写どこにあった?

> 片手剣くらいなら,ナイフ持ってる犯人相手の訓練でもなんとかなるんじゃね?

リーチが全然ちがうから、まったく別の技術が必要になると思うよ。

>>252
> 未知の兵器でどんなに人が死んでも何のためらいも無く突進してくる

彼らの戦術が突撃を主体としているからだろう。

矢や投石で次々と倒れる仲間を踏み越えて前に突進し続ける、
その勢いこそが勝利の鉄則だったのだろう。

256 :名無し三等兵:2015/10/16(金) 23:06:50.30 ID:19bf47U8
>>252
帝国軍は、自衛隊の砲撃や銃撃は「見たこともないすごい魔法」と認識してるぞ。
で、魔法であると認識しているなら、とにかく距離をつめて乱戦に持ち込むのが最適解だな。

距離をとったり退却したところで、一方的に魔法で撃たれ続けるだけで、状況は何も好転しない。
それなら、部隊が魔法攻撃で消耗しきる前に、損害覚悟で突撃したほうが、まだ勝ち目はある。

257 :名無し三等兵:2015/10/16(金) 23:23:27.47 ID:OQKrG3u5
龍の鱗を使った防具なら、小銃弾は余裕で止められるんだよね?

258 :名無し三等兵:2015/10/16(金) 23:27:14.40 ID:jJ5OGKTs
>>257
仮に止めたとしても衝撃がな...

259 :名無し三等兵:2015/10/16(金) 23:36:37.01 ID:1M4zEw9h
ナチスのポーランド侵攻時にドイツ軍の戦車隊にポーランドのコサック隊が騎馬で戦って全滅したね。
第一次大戦なんて突撃なんて常識でしたし、宮崎駿言うところの蛮族が突撃をする戦術でしたし

260 :名無し三等兵:2015/10/16(金) 23:37:36.13 ID:1M4zEw9h
ナチスのポーランド侵攻時にドイツ軍の戦車隊にポーランドのコサック隊が騎馬で戦って全滅したね。
第一次大戦なんて突撃なんて常識でしたし、宮崎駿言うところの蛮族が突撃をする戦術でしたし

261 :名無し三等兵:2015/10/16(金) 23:40:46.04 ID:/nNxzOvA
騎兵突撃に壊走させられた某国機甲部隊に謝れ

262 :名無し三等兵:2015/10/16(金) 23:46:03.97 ID:19bf47U8
ポーランド騎兵は局地的にはドイツ軍(第8軍)を蹴散らしていたのだが・・・
まあ、航空攻撃で粉砕されたけど。

ポーランド騎兵が戦車に正面突撃したって、どこの平行世界の話だ?

263 :名無し三等兵:2015/10/16(金) 23:47:48.98 ID:jJ5OGKTs
ポーランド騎兵が戦車に突撃って有名なプロパガンダだよな

264 :名無し三等兵:2015/10/16(金) 23:50:12.20 ID:19bf47U8
というか、現代でも陸戦ってのは最終的に突撃で片をつけるものだよ。
突撃を成功させるために、大砲だの機関銃だの戦車だの近接航空支援を持ち出し、
突撃を阻止するために、大砲だの機関銃だの地雷だの鉄条網だのがあるわけで。

265 :名無し三等兵:2015/10/16(金) 23:53:49.97 ID:OQKrG3u5
>>258
そうだね、潰れやすい木材などを使って吸収する構造が必要だな。

ところで作中に73式トラックが出てくるけど、
小型・中型・大型どれよ、って思ってしまう。

266 :名無し三等兵:2015/10/16(金) 23:55:35.23 ID:IX89ABVJ
>>252
それ以前に警官の方が混乱して逃げまどいそうなんだが・・・
日本の警察の発砲基準は厳しいから銃を撃つ事に抵抗感がある
あんな状態じゃ状況を見定めて、対応可能な体制を整えて指揮官が
命令する事でやっと拳銃使用ができると思うよ

それに特地には魔法があるから爆発音自体は聞いたことがある奴もいるんだろう、しかもドラゴンとか拳銃なんて効かないわけだし
(重機関銃でようやく通用するかってレベル)
むしろ散発的に拳銃で撃たれたら積極的に使用者を殺しに来ると思う、武器ではなく魔導士として脅威だと思うだろうから

267 :名無し三等兵:2015/10/16(金) 23:56:53.37 ID:V7p/SYzp
特地側はガチの神がいるから死とかそういうものに対する恐怖とかこちら側の人間よりも
少ないんじゃないかね。

268 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 00:01:23.20 ID:e1kJNFoB
特地の人間の死生観とかは作中で語られていましたかね?

こちらの世界の宗教と同様に輪廻転生が信じられ、なおかつ人と直接交わる
亜神らからもそれが本当だと聞かされていれば、人々の死に対する意識も
我々のそれとかなり違う物になっているかも。

269 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 00:06:34.71 ID:wQ0er7mi
>>267
しょっちゅう戦争やっていれば命が軽いのだと思う。
日本だって戦国時代は、そうだったわけだし。

>>264
そういやさ、
特攻については大きく取り上げられるのに、
陸軍の歩兵のバンザイ突撃はスルーされてるのよね。
費用対効果からすれば特攻も悪くないとか言っちゃだめなのかな。

270 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 00:12:38.21 ID:dT78jp9J
>>265
多分、派遣されることとなった原隊に配備されていたものからだろうから、3タイプともだろうね

特地では踏み固められた未舗装道路こそあっても不整地の路外走行ばかりになるから
大型でも積載量は3トン半まで減る・・・兵站部門にとっては悪夢のような環境だなw

271 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 00:17:07.24 ID:is4cXz90
>>270
とりあえず当面は、銀座から駐屯地の倉庫までだあkらそんな心配は不要では?

272 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 00:20:07.48 ID:6uqjqMTL
>>269
万歳突撃は要するに、もはや組織的抵抗は不可能な状態だから、最後に派手に散ったる!!ということだから。
万歳突撃をする時点で、すでにその部隊は戦力的価値を失っていて、あとは降伏するか、集団自殺するかという話でしかない。

まだまだ使えるパイロットや機体を投入する特攻とは、前提条件が違う。

273 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 00:24:58.47 ID:dT78jp9J
>>269
情緒とか倫理とかの感情面を抜きにするなら
ミサイルの誘導装置に当時もっともコスパに優れた生体部品を使った
ってだけの話だもんな・・・

現在では大量生産可能な工業製品(電子部品)の方がコスパに優れているけど、
そうした考え方からいくとバンザイ突撃はコスパの悪い戦術にならないか?

274 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 00:26:20.58 ID:StChtiAv
それ考えると掌握地域における主要な道路の舗装が急務だな
自衛隊みたいに装軌と装輪混じる場合アスファルトと砂利舗装どっちが良いんだろ

275 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 00:38:39.57 ID:6uqjqMTL
砂利舗装は、補修が容易というメリットがあるから当座はそっちのほうがよいのでは?
ローマ帝国レベルの文明の特地ならば、砂利舗装ぐらいは現地人で保守できるし。

276 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 00:51:47.56 ID:NOEVpV9V
特攻は機体はともかく製造に十数年はかかる人間を消耗するのがコスパ悪いだろ
せめて人間も生まれて1ヶ月くらいで戦えるように改良してからやるべき
向こうはエムロイの亜神みたいに絶対死なないのが居るしな

277 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 01:18:57.18 ID:3w4SV5Rk
亜神って擦りおろしても復活するのかな?
以前時速200km越えでのバイク事故の画像みたら
焼く前のハンバーグを投げ付けたみたいになってたけど
もしそうなったらどんな再生するんだろ

278 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 01:53:42.94 ID:wQ0er7mi
>>276
人間は赤紙一枚の時代の話ですよ。

航空機を使った特攻だけど、よくよく冷静に考えれば、
安全に離着陸するのに長時間の訓練が必要なのであって、
目標に対する誘導だけなら短時間の訓練で済むよね。

母機から吊り下げられて投下されるタイプならば、
けっこう安上がりに済んだかもしれないよ。

ま、その母機の動きがトロいから、迎撃されてしまうのだが。

279 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 05:55:55.12 ID:E2URc+EW
>>275
それだけじゃなく自衛隊も砂利舗装の方が慣れてる
演習場内の道路は砂利舗装ばかりで、毎年ちゃんと補修してるからノウハウがかなりある、作業内容的には普通科でも可能
一方のアスファルト舗装だと施設団の一部部隊ぐらいしか装備がないので師団施設ですらノウハウを持ってない

280 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 06:10:49.12 ID:8r4q0r+J
>>253
203高地は成果の少ない突撃であっても玉砕ではない。
そもそもWWII末期までそんな自滅を美化した言葉はない。

281 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 06:12:31.31 ID:dC0Pc4NN
>>256
 そのすごい魔法を目にして,怖気づくわけでもなく淡々と人を殺し続けられるの?
って疑問だよ。それでも隊伍を組んで少数を多数でやってしまえば,何とかなるかも
しれないが,馬のほうはそうも行かない。
 また,隊伍を組むにしても機関銃で一瞬にしてバタバタやられてしまえば,どうにもならん。
 あっという間に崩壊だよ。

>>266
警察の発砲許可ってどうなんかな。

彼らに対する警察の強みは無線だと思う。
すぐに連絡が入って許可されていると見るべきかな。

特地の魔法って割とレアなんじゃね?
ドラゴンにしたって,兵士が立ち向かってるわけでもないだろうし。

282 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 06:17:01.82 ID:dC0Pc4NN
>>278
飛行機って,とにかくまずまっすぐ飛ぶのすら難しいらしい。
車の運転でも,教習所で教わるときに最初はちょっと難しいでしょ?って,
元パイロットの方が書いておられたけど,確かに思い出して見るとそんな気がする。

車の場合は2本の線の間を踏まずに,ハンドルで微調整しながら走るが,
自転車で出来ていても,車だとちょっと勝手が違った。

飛行機の場合,線もないし,横風は受けるし,舵を当ててもゲームみたいに簡単に
曲がらないし...と色々あるみたい。

283 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 06:45:22.32 ID:aRg93IX2
最初に実戦投入された頃は
その生体誘導装置とやらが優秀だったせいもあって戦果もあったけど
その後は迎撃体制の強化やらなんかで元から乏しい物的、人的資源を浪費する結果に

284 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 06:50:49.88 ID:E2URc+EW
>>281
いや、現場の警官は銃をとりだす暇もなく殺されて無線もすぐには役に立っていないんじゃないか
漫画版だと銀座4丁目交番が「暴徒発生多数の死傷者が」って所で警官死亡・・・これじゃ何か重大事件だと思っても
まさか数万の剣で武装した連中が突如現れたなんてわかりゃしないし・・・皇居前でやっと近隣の署から来た警察の混
成部隊が防衛線を引けてる程度

それと俺の言ってるドラゴンって立ち向うも何も帝国兵が馬代わりにしてるドラゴン、一応中世クラスの軍隊と言っても
実際のそれとは違って空軍がいるんだよあいつらには・・・・拳銃じゃ役に立たん

285 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 07:57:11.71 ID:YI1i+isY
>>278
特攻で飛んだ予科練とかは、赤紙どころか、日本でも有数のスーパーエリートたちなんだよな・・・

>>281
実際、作中では機関砲と砲撃で戦線崩壊したな。
でも、それは自衛隊の火力が彼らの想定する「魔法」をはるかに上回っていたからそうなったというだけの話。ただの結果論でしょ。

帝国軍は戦術的にはそうするしかなかったし、そうするよう訓練を受けていていたから、部隊が壊滅するまで突撃ができた。できてしまった。
無茶を承知で旅順要塞に突撃した日本軍や、西部戦線で塹壕に突撃した連合軍のようにね。

286 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 08:22:21.90 ID:45eBA5m0
>>283
つか、元々が真っ直ぐ飛ぶのが精一杯の技量しか持たない搭乗員で戦果を挙げるにはどうしたらいいか?
という命題から生まれたものだから。

既に普通の航空作戦じゃどんなに物的、人的資源を投下しても損耗は変わらないのに戦果ゼロという、
本当に資源の浪費にしかならないのが分かっていたからな。

287 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 09:04:34.59 ID:dC0Pc4NN
>>285
あの銀座に攻め込んだ連中が,対魔法戦の訓練をしていたと思うの?
そして,その魔法が想定外の威力があったからだめだったと。

そういう記述があれば....だけど,ちょっと飛躍しすぎてね?
つか,対魔法戦の訓練ってどんなのだろ?
防具の開発のほうが有効だと思うし,そういう防具は高価だからいきわたるかどうか。

288 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 09:18:02.22 ID:YI1i+isY
魔法がある世界の軍隊が、魔法への対処を心得ていない道理があるだろうか?
そして、敵の火力が想定以上だから突撃を粉砕されるとか、現実の戦争でも腐るほどあった事例だろ。珍しくもない。
我々のご先祖も、古くは長篠の戦いから、旅順要塞やノモンハンやガダルカナル島の戦いまで、この手の失敗は嫌と
言うほど味わってきたぞ。

>つか,対魔法戦の訓練ってどんなのだろ?
突っこんで乱戦に持ち込む。
火力で負ける以上は、なんとしてでも白兵戦に持ち込んで敵の火力を発揮できないようにするというのは、
現実の大砲とか機関銃とか航空攻撃相手でも有効な手だよ。まあ、白兵戦に持ち込むまでに死体の山ができるのは
すでに書いたとおりだが。

289 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 09:22:46.48 ID:YI1i+isY
というか、劇中でもアルヌス攻防戦では、遠距離から狙い打たれないように夜襲を仕掛け、魔法(銃撃)が来たら即座に亀甲陣形をとり、
それでも駄目なら指揮官の判断でとにかく突撃して距離を詰めさせてるんだよね。

290 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 09:23:27.90 ID:dC0Pc4NN
>>288
>>つか,対魔法戦の訓練ってどんなのだろ?
>突っこんで乱戦に持ち込む。

おもいっきり盾で壁を作って隠れてましたけど???

>火力で負ける以上は、なんとしてでも白兵戦に持ち込んで敵の火力を発揮できないようにするというのは、
>現実の大砲とか機関銃とか航空攻撃相手でも有効な手だよ。まあ、白兵戦に持ち込むまでに死体の山ができるのは
>すでに書いたとおりだが。
航空攻撃相手に白兵戦ですか.......

もはやなにもいうまい。

291 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 09:24:38.02 ID:StChtiAv
対魔法戦なんて数で圧倒するが特地軍としての戦術解だろ
ゲートの魔法は威力がそこそこ有るものの射程が少なくて数も揃えられない
それを踏まえた上で帝国軍も諸王国軍も数では自衛隊より優れるし

292 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 09:29:43.24 ID:dC0Pc4NN
>>289
魔法の射程は短い ってなかったっけ?
ライトの呪文もあるだろうから,夜間は意味ないし。

拮抗陣形なんて狙い撃ちされるから余計にまずいんじゃないか?

アルヌスでの作戦を見る限りでは,強大な敵に対してこちらが劣勢である場合の
夜間奇襲作戦をとってるだけに過ぎないと思う。

293 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 09:29:51.35 ID:YI1i+isY
>>290
>おもいっきり盾で壁を作って隠れてましたけど???
その前後で指揮官(デュラン藩王)が「とにかく走れ!」と指示してるよね。
アニメちゃんと観たの?

>航空攻撃相手に白兵戦ですか.......
乱戦に持ち込めば、敵は味方を巻き込めないから航空攻撃できなくなるだろ?
航空攻撃ってのは要するに、大砲と同じで火力の発揮なのだから、火力をつかえない状況に持ち込めばいい。
現代戦の基本だぞ。

294 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 09:34:50.37 ID:dC0Pc4NN
>>293
それは奇襲のときだろ?
奇襲が敵にばれたから,即座に突撃しろ!って言ってるだけ。
魔法戦というより,夜襲の基本。

俺が言ってるのは皇居周辺での対峙したとき。

「敵の陣形が崩れた!」とか伊丹が言うちょっと前に並べた盾ごと機関銃で撃ち抜かれてたでしょ。

295 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 09:37:52.92 ID:YI1i+isY
>>292
>拮抗陣形なんて狙い撃ちされるから余計にまずいんじゃないか?
帝国の魔法は劇中の描写からして、弓矢とか投石機と大差ないくらいの威力。
なので、亀甲隊形で一撃をしのいで、あとはダッシュで距離詰めればどうにかなるだろう。

でも、自衛隊の魔法(火砲)は射程も威力も桁違いだったから、前提を覆されて大損害出した。

296 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 09:38:38.42 ID:StChtiAv
>>293
漫画版でのリィグゥ公国軍やイタリカ戦での対応の事なんでしょ
特地の魔法は火炎や投石の様なものが一般的みたいたから防御としてはアリだと思う
それが自衛隊の兵器に通用しないだけの話ではあるけど

297 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 09:44:07.27 ID:YI1i+isY
>>294
盾構えてじりじりと距離を詰めて、丁度いい間合いになったら一気に突っ込むとか、現実でも普通に飛び道具対策でやっていた戦術だろう。
ローマ軍とか平安〜鎌倉武士の基本戦術だし。

人間無限に走れるわけではないし。

>>296
まあ、要するに「敵の火力が予想以上だった」と言う話だよね。
日露戦争とか太平洋戦争でも、それでさんざん痛い目を見た。

298 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 09:50:56.73 ID:dC0Pc4NN
>>293
航空攻撃に対処するために敵陣に突撃 って基本は聞いたことが無い。

そもそも空爆って,砲弾が届かないからやるんだろ?
そんな距離まで突撃させられたら,全員死ねるわ。

299 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 09:54:42.02 ID:dC0Pc4NN
>>295
盾もってダッシュって...鬼か。

 魔法使えるやつなんてそんなに数はいない(自衛隊では,全兵士が魔法の筒を
持っていることに驚く描写がある)わけだから,魔法の効果範囲を考えれば,分散
して人海戦術を取るのが有効。

 盾をもってじわじわと間合いをつめていくのはむしろ,睡眠などの範囲攻撃で
やられてしまうので不利だと思う。

300 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 10:00:12.57 ID:StChtiAv
>>298
ちゃんと乱戦に持ち込むって丁寧に書いてあるじゃん
手近な敵と乱戦するのは砲撃や航空攻撃を無効化するのに有効だよ

301 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 10:03:13.49 ID:YI1i+isY
前近代レベルで散兵戦とか、まず部隊の指揮ができないから。
あと、近代歩兵(フル装備だと総重量は数十kg)が全力ダッシュ出来る距離はだいたい50m前後。
たぶん、特地の兵士も装備の重量的にそんなものだろう。

>>298
ああ、すまんな、近接航空支援の場合だ。
古くはスツーカから、最近だと攻撃ヘリやA−10まで、近接航空支援ってのは砲兵の代用品。
自衛隊の想定だと、我が突撃開始線(敵陣地の約50m手前)までにじり寄ってから砲爆撃とか普通にやるからな。

302 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 10:13:17.33 ID:e1kJNFoB
ティカは効果範囲の広い即効性の眠りの魔法を使えるけど、特地のエルフ族って多かれ少なかれ魔法が使えるのか、
それともティカは一族の中でも特に魔法の素質に優れた逸材だったんでしょうかね?

前者であれば、レレイの様な激レアな人間族の高位魔法使いよりよりエルフ族の方が数が多そうだから、帝国も支援
魔法の使い手として軍に徴用・編入していそうなものですが、それをしないのは歴史的・文化的な理由でエルフの軍の
編入を良しとしない慣習価値観があったんですかね(そしてエルフの方も人間らの争いには極力関与しないとか)。

後者であれば、いかなエルフ族といえど、軍事利用できるほど戦力価値の高い魔法の使い手がごく限られていたので
帝国軍も安定した戦力とは見なさなかった・・ という事になるのかも知れませんが。

303 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 10:15:51.04 ID:dC0Pc4NN
>>300
なんか話がかみ合わないな。
例えば,天候が悪く航空機が出動できない状況で彼我の距離が1km程度あった場合,
こちらの航空支援が得られないのなら,天候が回復しないうちに敵陣に侵攻するって
いうのはわかる。しかし,その際にも特科の砲弾は降り注ぐし,敵陣からの攻撃もあるわけ
だから,むやみに突入するのは敵の思う壺だから,対空防御陣地を築くのが航空攻撃
対策じゃないだろうか?

それに混戦にして敵の砲撃を防ぐというのは漫画の中での話で,
たとえば203高地の攻略戦では指揮権を受け継いだ児玉が味方の損害を覚悟してでも
突入時に砲撃を続ける戦法を取っている。(やったのは児玉かどうかは諸説ある)

304 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 10:36:21.37 ID:YI1i+isY
>たとえば203高地の攻略戦では指揮権を受け継いだ児玉が味方の損害を覚悟してでも
何度も書いているが、突撃に先立って砲弾を味方の50m前方とかに着弾させるのが近代砲兵。
なので、混戦というのは、敵と同じ塹壕内で殴り合うとかいうレベルの話し。
まあ、本当に追い詰められたら「味方ごとでいいから吹っ飛ばせ」とかいう事態になるが。

305 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 10:40:01.50 ID:YI1i+isY
というか、浸透戦術とか知らないのだろうか?
火砲と塹壕で固められた陣地を抜くためには、小隊レベルで敵陣地に浸透して火力の発揮を妨げる、というのがWW1で得られた教訓なのだが。

306 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 10:41:29.84 ID:StChtiAv
>>303
味方の損害度外視の航空・砲撃支援はそれはそれで極論だと思う
支援対策に乱戦へ持ち込むのも時と場合を選ぶがね

あと前提が敵陣攻撃なんだから味方陣地に対空防御を施したところでどうにもならん
此方に航空・砲撃支援への対応策が無いなら押しても退いても結果は同じだし
あとは指揮官の気分次第じゃない?

307 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 10:41:39.67 ID:dC0Pc4NN
>>304
味方の50m前方に落としても視界をふさぐだけだぞ?
そこに敵がいれば意味があるだろうけど,常に50m前方に敵がいてくれるとは限らない。
そんな無駄弾使いが近代砲兵なの?

たとえば,彼我1000mの場合

味方←50m→着弾←1000m→敵
前進⇒

こんな感じで1000m詰めていくってこと?

308 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 10:47:26.95 ID:YI1i+isY
>>307
視界を塞ぐためにやってるんですが・・・
というか、突撃の最終段階で、敵の火線に身を晒さざる得ない味方を援護するために、砲撃で敵の頭を押さえ、最終弾着と同時に一気に突っ込む。

>そこに敵がいれば意味があるだろうけど,常に50m前方に敵がいてくれるとは限らない。
>そんな無駄弾使いが近代砲兵なの?
敵がそこからいなくなったということは、陣地を放棄して後退したということだろ。
味方の損害なしで敵陣地を占領できるのだから、大勝利じゃないか。

309 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 10:56:21.21 ID:dC0Pc4NN
>>305
浸透戦術は全面攻撃ではなくて,攻撃箇所を弱点部分限定して突破し,
そこから左右に浸透,展開するって奴だから,敵の火砲を防ぐといよりは,
できるだけ避ける方向なのではないか?

>>306
制空権を取られた時点で厳しい戦いになるから,退却できないのなら防御するしかない。
空爆による陣地の無力化,残存戦力の火砲による漸減,歩兵を含む装甲兵力の投入
ってのが,今の戦いの流れだと思っていたが,
航空攻撃を無効化する為に敵陣に突入とか,どうも劣勢側がとる戦術であるとは思えない。
(もちろん優勢側なら取れるが,そもそも優勢側なら航空攻撃をする側だし,なんらかの
事情で,敵に制空権を取られている状況であるならば,優勢側が突入したとしても劣勢側は
味方の損害を省みない可能性のほうが高い)
可能性のほうが高い)

310 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 11:02:35.15 ID:is4cXz90
>>281
発砲許可とかとらなくても正当防衛が十分成立するだろ。
バカボンのおまわりさんくらい発砲しても、武装集団を応援が来るまで
食い止めたら、特別表彰もらえるぜ。

311 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 11:09:13.92 ID:StChtiAv
>>309
>空爆による陣地の無力化,残存戦力の火砲による漸減,歩兵を含む装甲兵力の投入

これらの戦術がとれるなら(ましてや特地軍に)とるんじゃない?
恒久陣地防御なんて舐めプをできるのはそれらが無いからだし

312 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 12:46:02.23 ID:dT78jp9J
他の作品を読んでいてふと思ったんだが、
漫画版で出てきた銀座事件で使われた機動隊の放水銃って
魔法的には召還した水龍(小?)のブレスに相当しないか?と。

そう仮定すると帝国は自分達が持ち得ないかなり上位の魔法使いが多数侵攻先に居て
事前の雑な情報収集では想定すらできない重度の魔法戦(?)となって敗退した

水竜ってもんが存在する世界なら負けた理由として理解しやすい理由付けかと

313 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 14:02:36.02 ID:E2URc+EW
>>310
そこは結構微妙な所だと思う
確かに剣持った集団に囲まれてりゃ十分に正当防衛が成り立つんだが

警察比例の原則で飛び道具を持たない相手に銃を撃つのは結構ためらわれるし
銃を使用するにしてもまずは突きつけて武器を捨てろと警告するのが警察的常識

そんな事やってるうちに普通に殺されちゃう可能性が高い

人間とっさの判断で普段の常識から外れた行動をとるのは難しいと思うよ

314 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 14:13:11.69 ID:E2URc+EW
>>309
しかし、旧日本軍の決号作戦とかその手の戦術を好んで使ったのが我らのご先祖様
普通に米軍の艦砲射撃と近接航空支援への対処として水際への速やかな逆襲攻撃が計画されてたりする

硫黄島や沖縄の戦訓から言って陣地防御の方が有効なのかもしれないが、どうしても劣勢に立たされると
何とか敵の火力を無効にして有利な状況を作り出すって幻想にとらわれちゃうものなんだよ

315 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 14:53:43.62 ID:is4cXz90
>>313
弓兵は普通に編成されてるけど。

316 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 15:03:44.62 ID:E2URc+EW
>>315
弓兵を全面に出す戦術取ってるならそうだろうけど、アニメでも漫画でも普通に前面に出てたのは
斧やこん棒を持った亜人で、次が騎兵や槍兵だよね・・・相手が弓を持ってる事を確認する前に現場
の警官は殉職してるんじゃない?

317 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 15:16:23.94 ID:is4cXz90
>>316
だったら、拳銃使用の正当性は成立するだろ。
明らかに殺意を持ってる武装集団相手なんだから。

318 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 15:37:20.55 ID:E2URc+EW
>>317
いや、正当防衛が成立するって言うのは同意してるよ
問題は警官にしみついた意識の問題、普段から戦闘に従事してるなら兎も角
普通のお巡りさんは拳銃を訓練以外で撃ったことないってのが大半、急に人間
相手に引き金が引けるかって話

だから凶器振り回す不審者相手に一時的に逃げるみたいな対応をとる事になる
まあ大分規制は緩和されたみたいだけど、それでも人間の意識はそんなに簡単
に変わるわけがない

319 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 15:47:45.73 ID:pBghW21/
書店でトミカのミニカーで軽装甲車売っていた今度買おうかな(66分の1)

320 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 15:50:21.83 ID:is4cXz90
>>318
それは、WW2のアメリカの兵士の発砲率からも予測されるアタリマエのことだけど、
そこまで突っ込みだすと話が進まない。そもそも、戦後初、自衛隊設立以来初めての
治安出動が発令されてるんだから。

321 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 16:17:17.88 ID:1wSy+UWv
犬に拳銃撃って無力化したのに
警察署には抗議の電話が殺到するボケ国民だらけだからなw

322 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 16:38:07.60 ID:wQ0er7mi
>>281
もともと多数の死傷者が出るのは当たり前の白兵戦、
殺さなければ殺されるという状況だから、
自分より前列が警官の拳銃に撃たれて倒れても、
次は自分が前列になる順番だと前に出るわけで、
怯んだり逃げたりすることはないでしょう。

323 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 17:16:15.78 ID:pBghW21/
最初は拳銃や特殊部隊のサブマシンガン等で対処するも弾が尽き放水と催涙弾
で対処しか方法がない警察。
でも放水のちから馬鹿にできならしいな。
最後には消防車で泡まみれにして動きを止めたかも。

324 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 17:25:33.02 ID:3w4SV5Rk
栗林が銃剣戦闘して64式壊してたけど床尾内の撃鉄筒が曲がって撃てなくなったりしたのかな?

325 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 17:30:44.33 ID:8r4q0r+J
放水の反作用は踏ん張らないと立ってられないからな。
走ってる所に膝下に直撃したら確実に転ぶ。

326 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 17:40:16.22 ID:8a2cgoHE
64式の重量は銃剣折れて弾が撃てなくなるほど変形しても凶器として有効(ドヤッ

327 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 17:51:48.18 ID:u3VTex5k
        /                           \
      /                            |
     〈                               |

328 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 17:52:35.18 ID:g3tsXmnx
        /                           \
      /                            |
     〈                               |
        /                           \
      /                            |
     〈                               👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)


329 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 17:59:29.22 ID:wQ0er7mi
>>313
目の前で市民が殺されていれば十分な動機ですし、
自分が襲われつつあれば許可なかろうが使うでしょ。

>>318
> 急に人間相手に引き金が引けるかって話

自分が襲われつつあれば引ける。

軍隊で人を撃てるようにするための訓練は、
先に撃たないと殺されると洗脳するわけでしょうし。

>>321
あの射殺された犬には何の罪も無かっただろう。
悪いのは飼い主であって犬じゃない。
だから批判されたのだろう。

330 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 18:05:32.61 ID:wQ0er7mi
>>323>>325
高圧による物理的な即効性だけでなく、
全身ずぶぬれになって寒さに震えて
戦意喪失するという遅効性の効果がある。

331 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 18:06:38.36 ID:Z1erhjVZ
特地で持ち歩くなら64式小銃より9mm機関拳銃の方が
有効に思える。
連射だけでなく単射でも使えるし。
https://ja.wikipedia.org/wiki/9mm%E6%A9%9F%E9%96%A2%E3%81%91%E3%82%93%E9%8A%83

332 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 18:12:57.90 ID:zHd0QMhG
>>329
さすがに飼い主を射殺しろは言い過ぎ。

333 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 18:13:59.96 ID:K7HBe723
というか、最近も石灯篭の頭で警官に殴りかかった中国人を、とっさに射殺した事件の裁判とかニュースでやってたよな。

>>330
高圧ポンプの放水はマジでシャレにならん。暴徒をまとめてなぎ倒す威力がある。
個人的に、ゾンビが発生したときに一番有効な装備は消防車だと放水車だと思っている。

334 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 18:15:47.99 ID:3w4SV5Rk
>>331
市街地ではそうかもしれんけど獣が出てくるような特地偵察任務だったら64のがいいと思う

335 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 18:31:53.30 ID:pBghW21/
これなら防爆対応だと思うからかなり丈夫だと思うが
http://dl6.getuploader.com/g/dion555/6065/%E7%94%BB%E5%83%8F+266.jpg

336 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 18:58:44.62 ID:wQ0er7mi
>>332
んなこと言ってないよ。

>>333
消防の装備には、放水の中に鉄球を混ぜる機能がある。
ガラス窓を割って中に水を届けるためのものだが、
それを対人で使ったら、けっこう痛いかもしれない。

337 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 19:01:36.99 ID:8r4q0r+J
>>330
銀座事件(帝国呼称:銀座戦役)は日本の真夏なんだぜ

338 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 19:06:02.33 ID:E2URc+EW
>>329
>軍隊で人を撃てるようにするための訓練は、
>先に撃たないと殺されると洗脳するわけでしょうし

うん、だから警察は撃てない・・・なにせ軍隊と違い「撃ち殺すな」と教育してるからね
例え撃ったとしても致命傷になる個所は外すのが警察だよ、で肉弾戦で切り合い上等
の連中が腕や足を38口径程度で撃たれて突進をやめるとは思えない

相手が人間の場合、まず銃を向けて「武器を捨てろ」と威嚇、それでも向かってきたら「撃つぞ」と警告してから上方若しくは足もとに威嚇射撃
それでも武器を捨てない場合危害射撃で腕若しくは足を狙う 
まともな日本の警官ならこの手順を順守するように叩き込まれてるの、当然戦争するつもりで来てる相手は鼻で笑いながら警官殺すだろうね

だから銀座に居合わせた警官じゃ第一報を送っただけで全滅、避難誘導がせいぜい所轄署の責任をとれるであろう管理官クラスが状況を見
定めて射撃許可を出してはじめて最初から危害射撃ができたと思うよ

339 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 19:23:45.62 ID:1wSy+UWv
>>329
ソレ犬に噛まれた被害者に面と向かって言える?

340 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 19:25:17.92 ID:1wSy+UWv
犬を撃った警察官だって批判されるべきでは無い!

341 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 19:37:24.09 ID:9r1V6ql0
やはり漫画に比べ穏便な表現が多いんだよな。まあ蓮舫に関しては相手がやたら政治力があるから
難しいかもしれないがこれは出来ると思うんだよ。政治力ないし
http://pbs.twimg.com/media/CRBDjqXUwAAUhkz.jpg

342 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 19:38:35.30 ID:+PcuYIGe
>>261
Masterキートンの砂漠のカーリマンだと
蒙古の騎兵がソ連機械化部隊とやり合ったと言ってるけど
どんな戦い方をしたんだろうか

343 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 20:11:57.33 ID:x/eEKd8A
>>341
7人デモっすね

344 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 20:12:37.81 ID:E2URc+EW
>>342
想像だけど、正面からやり合ったんじゃ無く側面から馬で突撃して
エンジン部に火炎瓶か収束手りゅう弾を投げたんじゃね?
勿論別働隊が迫撃砲で煙幕展開してさ

ただあの絵だと真正面から向かって行ってるように見えるんだよね
あれじゃ同軸機銃であっという間に蹴散らされると思うけど・・・

345 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 21:03:38.40 ID:wQ0er7mi
>>337
夏だったか。
伊丹の国会証人喚問が冬だったので、秋から冬だと誤解してたわ。

> うん、だから警察は撃てない

自分の命が危険にさらされれば、撃てるでしょ。

軍隊での訓練は、
自分の命が危険にさらされていなくても、
そう思い込むことで撃てるようにするものだから。

>>339
言えるよ。
なんで言えないと思うの?

346 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 21:17:58.82 ID:E2URc+EW
>>345
いや、人間自分の命が危険にさらされたらまず真っ先に浮かぶのは「逃げる」事だから

何度も言うように、簡単に射撃ができないように警官は訓練してるの、公的に銃を保持して
街中を自由にあるける存在ってものが日本の場合警官だけ
それが自分が危ないと思うだけでバカスカ拳銃を撃てるんじゃ武器を保持してない一般市民
は困るでしょ?それこそ犬を射殺するのにバカスカ撃って流れ弾が当たったらたまらないから
ね・・・
だから訓練を重ねて武器を保持しながらも簡単には抜けないようにするのが君の言葉を借りたら日本の警官への「洗脳」だよ

347 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 21:20:56.11 ID:GjEjYJcQ
特地の軍勢合わせて12万の死傷を問題として取り上げ難い位には
ゲート世界の日本人の意識変わってるみたいだがな
銀座事件でどんだけ被害が出たんだっていう

348 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 21:27:02.41 ID:NOEVpV9V
>>345
違う、訓練は間違えて見方を撃たないためにやる

訓練じゃ人を撃てるようにはできない
本当に撃たなければならない場面に遭遇して初めて撃てるようになる
その時に敵を間違えないために訓練する

349 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 21:29:40.40 ID:K7HBe723
先日、警察官に石で殴りかかった中国人を射殺した事件の裁判結果が出ていたような・・・

350 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 22:04:11.17 ID:1wSy+UWv
左翼洗脳がここまで浸透してると日本の警察官も可哀想に思うわ

351 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 00:34:22.53 ID:o80SX9tG
とりあえず、最近の警官は普通に発砲します。
ってことじゃねえのかな?

で、老害どもやサヨクが騒ぐわけだ

まあ、とはいえ
警官だけで散発的に対処してたら、相当死人は出てたんじゃないかな?
銃声だけでも結構怯むし、ショックで動きが硬直するくらいの威力は
9mmでもあるけど
正直、人数いたら多少の死人では群集心理で怯まなくなるだろうしね。
基本、暴徒と一緒で面制圧できないなら基本抗えんよ

そういう意味では、放水は最適解だね

352 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 03:18:53.66 ID:yTEaNya4
>>347そりゃ漫画版のあの日本人の死体を積み上げた山が衆目にさらされたならねえ。
むしろ敵愾心がすごいでしょ。レレイとかが犠牲者に献花するシーンだが普通なら
殿下とかに罵声とか飛びそうだ。

353 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 08:10:07.75 ID:vFXHX4F4
浅間山荘事件では連合赤軍から発砲して殺された警察官に対して左翼は沈黙するどころか、左翼は警察を激しく非難をしていたからね。
朝日新聞と毎日新聞は特にひどかった。

354 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 08:38:33.46 ID:vFXHX4F4
>>352
パットンの息子とロンメルの息子が親友になり、真珠湾攻撃のイベントで日米友好の花火大会が行われたように戦争後に和解ができる事もあります。

355 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 09:04:41.95 ID:qvQ70yC8
>>354
あの時点じゃ戦争は終わってないよ、もし帝国軍による残虐非道な仕打ちが衆目にさらされているなら
帝国軍や帝国関係者は十分罵声を浴びる可能性はあるだろうね


あのシーンはピニャが殿下と呼ばれる身分だとばれて無いだけでしょ
で、レレイとかは「難民」だから罵声なんて浴びせたら浴びせた方が悪者になっちまう

356 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 09:08:59.39 ID:yTEaNya4
>>355あのシーンで伊丹たちも殿下の事は気にしてたねえ。開戦から数か月は敵愾心は旺盛でしょうし。
漫画版だと知らないけどアニメだとロウリ―やレレイ、テュカはアイドル並の扱いだった。まああの
容姿では無理もないが…・

357 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 09:15:22.61 ID:Fb+aFo1w
>>352
3人娘は自衛隊に保護された難民と予めアナウンスされていたからね。
銀座事件には直接関係の無い異世界からのお客さんという扱いだから受け入れられた。
国会でロゥリィが伊丹達を擁護し、その活躍を賞賛した事も好印象を与えたと思うな。
よほど捻じ曲がった性根の持ち主じゃないかぎり、自国の軍隊が褒められて反感を持つ人はいない。

逆にピニャが自分の身分を明らかにして献花するとアナウンスされていたならば、
当日、直接命を狙われるレベルの危険はあっただろうけど。

358 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 11:45:11.91 ID:zbZh6b66
ロゥリィ レレイ テュカは帝国人では無い微妙な人だからなぁ
この3人の内テュカ以外は勝手に付いて来た そうだ難民しよう!な人
結果として厚かましく来てくれて助かったのですが

359 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 11:51:08.12 ID:EG1NDyoe
レレイは炎龍に村を追われた難民じゃん

360 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 12:03:15.37 ID:gc/yklaF
>>324
|゚)ジッ    漫画版に廃棄になった描写があるのでち

361 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 12:33:11.03 ID:zbZh6b66
>>359
有名人のガトー師匠&その門下生なら身を寄せる所も有るだろう 
基本は怪我人 身寄りの無い子供 老人を引き受け
あと何か違う理由で残ったのが数名←亜神 魔法使い

362 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 13:01:26.84 ID:2WoNVnSL
>>361
ソロモンよ、私は帰ってきた!!

363 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 14:28:31.90 ID:zbZh6b66
>>362
カトーでした。
しかし、怨恨のみでスレを支える者に私を倒せぬ!私は義によって立っているからな!

364 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 14:46:20.37 ID:yTEaNya4
ケンモウケではあの献花の時に亜神に歓声を上げてた連中をネトウヨ認定してたな。
「敵国人」なのに歓声をあげて歓迎するなどおかしい野党さえ貶めれるなら日本人
を虐殺した「敵国人」に歓声を上げれる売国奴にすらなり果てるネトウヨだそうだ。

365 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 15:16:57.53 ID:h7hajOue
>>364
中国国民党アメリカ義勇軍で日本軍と戦ったコルセアのパイロットのグレゴリー
ポイントンは日本軍の捕虜になったけど嫌儲の立場では売国奴ですね。
捕虜収容所の食堂のオバちゃんに砂糖を分けてもらい、見知らぬ老人からルーズベルトを死去に哀悼の意を言われ、帰国してホワイトハウスから勲章を授与されたけど、戦後は日本軍をひどい連中ではなかったと講演で弁護していたけどね。
嫌儲にしたら、この人も売国奴ですか

366 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 15:20:28.98 ID:nCBNanMT
警察って89式小銃はどれくらい持ってるの?

367 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 15:24:40.11 ID:nCBNanMT
>>362
アナベルガトー中佐ですか。
あの人軍人というより思想家だよね。

368 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 15:34:26.69 ID:h7hajOue
>>364
昭和天皇と鈴木貫太郎と友達で原爆投下にも反対して、天皇制存続と日本復興の助けをして、ミニッツ提督に皇居を空爆しないで欲しいと要望した駐日米国大使で国務省の高官だった。ジョゼフ グルーもアメリカの売国奴か?

369 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 15:42:32.36 ID:yTEaNya4
>>365あいつら馬鹿だから。自分が利口だと思ってるけど。ほらアルヌスの普通の戦闘ですら虐殺呼ばわりだから。
軍板にも来て持論を展開しフルボッコにあったしアニメ板にも行ってフルボッコにされてた。
まあ日本がリアルに戦争になって正当な手段で戦果あげた時の左翼の行動パターンがわかったのは収穫だと思った。

370 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 16:17:05.15 ID:h7hajOue
ユナ ボマーにも左翼は歴史的に自作自演と内ゲバと裏切りの気質があるから反テクノロジー闘争では左翼とは共闘するのは間違いだと犯行声明文に掲載していたからね。

371 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 17:16:44.34 ID:nCBNanMT
防衛大臣ってレンジャー徽章持ちだってね。戦闘力高いね(^ ^)

372 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 17:39:55.93 ID:InrVkVOV
>>366
警察はSATのH&K MP5までで小銃は狙撃銃の
豊和M1500。
86式小銃は無いはず。

373 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 17:45:03.82 ID:InrVkVOV
>>369
中国軍が尖閣諸島に攻めて来て自衛隊がフルボッコしたら
左翼は「自衛隊が中国軍を大虐殺」と言うのでしょうね。
https://www.youtube.com/watch?v=m22TBAypdiM

374 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 17:49:36.13 ID:InrVkVOV
豊和 M1500ライフル
https://www.youtube.com/watch?v=ojapa8Z1DTw

375 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 17:53:50.88 ID:InrVkVOV
Howa Rifles Promo VIdeo 2011_Northwest Hunter
https://www.youtube.com/watch?v=5irHIgoQ7-w

376 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 18:09:52.66 ID:nCBNanMT
機動隊とか小銃持ってそうなのに全くないとか驚き。

377 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 18:24:10.28 ID:h7hajOue
>>376
日本に住んでいるのに日本の機動隊の
装備も知らないですか?

378 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 18:26:10.17 ID:InrVkVOV
>>376
日本国内ならMP-5で十分と言う事でしょう。

特殊急襲部隊 =Special Assault Team=
https://www.youtube.com/watch?v=UBLZ4LlEz4g

379 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 18:27:52.11 ID:nCBNanMT
>>377
詳しくない(^ ^)
スピード違反くらいでしか関わったことないし。

380 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 18:31:14.30 ID:InrVkVOV
日本の特殊部隊
https://www.youtube.com/watch?v=G_iCw5nyOzg

381 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 18:40:32.02 ID:eBVaTJJQ
MP7A1は特戦群だけか?
あれの方が良くないかな?

382 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 18:42:39.17 ID:CVQJcfYB
>>367
「ジオンに武人はいても軍人はいない」となんかの作品で言われてたなぁ

383 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 19:02:44.08 ID:qvQ70yC8
これだけ軍オタがいて銃器対策班に言及する奴が居ない・・・・
少数精鋭のSATと違って完全に機動隊の武装強化バージョンなのに

384 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 19:13:43.78 ID:o80SX9tG
銃対って、装備自体はSATと変わらんよね

385 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 19:48:00.09 ID:h7hajOue
フランスの警察と軍隊の間に憲兵隊がいるけど、その憲兵隊は小型マシンガンを装備をしているし、場合によっては射殺命令も出されているから
外国人暴徒や侵略軍を叩いて、憲兵隊で鎮圧できない場合はフランス軍が戦うというシステムだけど、日本の機動隊には無理ですね。左翼が反対をするから

386 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 20:07:57.00 ID:h7hajOue
機動隊が銃を撃つ事が限りなく禁止されているし、左翼が学生運動の時に大学の屋上からブロックを落として殺したり
シールズのメンバーが丸山真男全集を推薦していたけど、丸山真男自身、東大の
左翼学生運動が大嫌いで、丸山真男の論文や資料を全部破かれたり、燃やされた
から大嫌いになったのだけど

387 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 20:12:36.11 ID:Ad7RXATL
>>346
背中を見せて逃げてくる市民がどうなるのか、目の当たりにしても逃げるかなぁ。

>>348
> 訓練じゃ人を撃てるようにはできない

アメリカの訓練カリキュラムとか調べたらいいと思う。

>>352
日本人は辛抱強いが、我慢の限度を越えたら、一気に反転する民族だと思う。

>>354
それは日本側が、実利を取るという大人の判断をしてるから。

388 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 20:16:18.45 ID:Ad7RXATL
日本はどうだか知らないが、
軍用より警察用のほうが、
銃の殺傷力は高いとのこと。

警察は、貫通や兆弾を防ぐために、
ホローポイントなどの非人道的な
軍用では禁止されてるものを使うとのこと。

389 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 20:17:52.24 ID:zWeJ4ahK
作中に出てくるのは分かるが軍事すら絡めないで左翼がどうの言うの止めて欲しいわ

390 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 20:19:46.06 ID:qvQ70yC8
>>387
実際逃げるよ、こっちに来いって叫びながら
それこそ市民が攻撃されてる状況じゃ市民に当たるかもしれないのに簡単に撃てるわけないだろ
少し余裕があったらやめろと叫んで拳銃を向けるかもしれないけど多勢に無勢じゃ撃っても1〜2発
狙いも定まってないからあっという間にブタさんローリングアタックの餌食でしょ

391 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 20:29:18.71 ID:h7hajOue
>>389
だって左翼の皆様がこのアニメを極右アニメとかネットウヨアニメとか自衛隊とコラボする軍国主義アニメとか言っているから

392 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 20:34:12.54 ID:RgwDq7iH
>>366
そういや横須賀の海自基地警備隊は89式持って警備してた

393 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 20:39:31.80 ID:zWeJ4ahK
>>391
声をあげるのは結構だがTPOを弁えろよ
いちいち説明されなくても分かってるから

394 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 20:59:49.20 ID:CVQJcfYB
>>385
フランスとかイタリアの憲兵は装甲車とか機関銃とか普通に装備してるからね。

395 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 21:01:46.16 ID:yTEaNya4
この物語もザ・コクピットみたいに狙撃兵をクローズアップした短編とか
やるべきだと思う。

396 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 21:07:48.83 ID:h7hajOue
>>395
戦国スナイパーみたいな話ですか?
ピニャ皇女のボディガードになるという作品かな?

397 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 21:12:30.16 ID:Ad7RXATL
>>390
逃げたら死ぬのは確定の状況だよ?
市民に当たる? 当たらなくたって市民が死ぬのも確定ですし。

398 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 21:16:17.78 ID:yTEaNya4
>>396そういうのもいいカモだがそこはアニメらしく凄腕の日本刀の使い手でもいいし。

399 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 21:38:36.24 ID:h7hajOue
>>398
剣豪で日本食しか食べない男だとか?
そういう話?

400 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 21:43:22.17 ID:qvQ70yC8
>>397
逃げたら死ぬのは確定の状況ってそんな近距離じゃ拳銃抜く暇もないじゃん、普通に拳銃に手をかけたまま切り殺されるよ
それに君は正常性バイアスって言葉を知ってるかな?
撃てば市民に当たるかもしれない、市民がそれで負傷したら始末書じゃすまないだろう、良くて懲戒免職悪けりゃ業務上過失致死
で刑務所行
さて、冷静に撃てるかな?基本的に人を殺すことを禁止されてる警官に・・・
何度も言うが警察官は警察官であって軍人でも自衛官でも無い、殺すための訓練なんて基本的に受けてないんだよ

401 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 21:46:13.30 ID:CVQJcfYB
何回も書いたが、こないだ、石で殴りかかってきた中国人を警察官がとっさに射殺した事件の判決があったよね。

402 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 21:49:34.34 ID:RgwDq7iH
ここ数日でもパトカーにぶつかってきた車に発砲とかしてるし
最初の踊る大捜査線の時からみても、時代は変わったなと思う

403 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 21:54:43.81 ID:zWeJ4ahK
>>395
専門性が問われるから難しく無いかね
この作者は戦略的には上手いなと思えるとこ有るけど戦術的にはパッとしないし

個人的にはゲート世界の狙撃手や日本刀の使い手も見てみたいが

404 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 22:01:29.36 ID:qvQ70yC8
>>401
それって咄嗟に撃って殺しちゃったから裁判沙汰になってるんだけど・・・・
正当防衛が認められたからいいけど、場合によっちゃ過剰防衛、間違いなく始末書は書いてるはずだよそのお巡りさん
間違いなく裁判の後閑職につけられるか下手すりゃ依願退職を勧められるだろうよ・・・

警官が基本的に危害射撃でも急所を外さなきゃいけないって不文律は変わらないよ

405 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 22:16:17.02 ID:BTbJh/VU
>>387
そのカリキュラムとやらを良く見ればいい
正しい判断をして判断に自信を持てる事が一番の目的だから
殺さなければ殺されるなんて洗脳じゃ見方撃ちで自滅する

406 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 22:26:48.06 ID:CVQJcfYB
>>404
でも、「警察官も人によっては咄嗟の判断で撃つ」という実例だよね。

自分の身を守るために、咄嗟に暴漢を撃つ警察官もいるなら、護るべき市民が謎の武装集団に虐殺されてる現場に遭遇して、
依願退職や懲戒免職とか覚悟で、守るべき市民を守るために自己判断で撃つ警察官だって出てきても不思議じゃないよね。

ましてや、昨今はテロの脅威だのが声高に叫ばれているご時世なんだし。

407 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 22:35:47.30 ID:yTEaNya4
>>403引き出しは少ないねこの人。そこら辺は花沢健吾と似てる

408 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 23:03:39.75 ID:lZcnackT
>>406
GATEの銀座じゃ状況的に無理でしょ
彼の警官は不審者を発見して職質、容疑者が石灯籠を持って攻撃してきたのを警告とともに射撃
失敗して射殺してしまったものの通常通り相手が明確に攻撃してくる前段階から警戒して職質してる

一方の銀座事件の状況は、何が起こったかを把握できないまま明確な攻撃意図を持った集団に囲まれて
周りじゃ居合わせた市民と武装集団が入り乱れた状況、撃つ撃たないの判断以前に状況把握ができない
拳銃を引き抜く間もなく殺されるのがほとんどで、何とか銃を構える距離に居たら群衆の陰で容疑者を撃て
ない

やっぱり状況をどうにか把握した所轄の警察署の指揮者が市民の避難を確認したうえで撃つ事を指示しなきゃ
撃とうにも撃てないと思うよ

409 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 23:07:12.96 ID:CVQJcfYB
いや、目の前で大量殺人が起きていて、しかもあからさまに自分も攻撃対象なのだから、まず自分と市民を守るための正当防衛で撃つだろ。

410 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 23:12:06.12 ID:lZcnackT
>>409
だから物理的に無理だと言ってる、市民が殺されてる影に帝国軍の兵士がいるんだぞ?
下手すりゃ逃げ惑う群衆に押されて身動きもできん、どうやって銃を撃つんだそんな状態で?

大体警らの巡査は2名程度だろ、帝国軍は中世の軍隊らしく方陣とか組んで迫ってくるのに
どこに向かって撃つつもりだ?
警官が機関銃陣地でも構築し市民がすべて死んだあとなら撃てるだろうよw

411 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 23:15:19.11 ID:o80SX9tG
いや、撃てることは撃てるだろ
それが有効かどうかは分からんが

少なくとも、刃物振り回して一般人を斬り殺してるわけだし
とっさに売っちゃう人もいると思う

結果、一般人に誤射とかやっちゃうかもしれんけれども

412 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 23:18:58.32 ID:CVQJcfYB
>大体警らの巡査は2名程度だろ、帝国軍は中世の軍隊らしく方陣とか組んで迫ってくるのに
いや、方陣に向かって撃てよ

413 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 23:21:55.13 ID:lZcnackT
>>411
ある程度距離が開けて間に遮蔽物となる市民や自家用車が無ければ撃てるだろうけど
日中銀座でそんな恵まれた状況にはならないだろ・・・

結局市民の避難誘導しながら所轄署に連絡、防御態勢を整えるようにするってのが一
番だと思うぞ

伊丹がそれをやって表彰されたわけだしね

414 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 23:23:21.44 ID:lZcnackT
>>412
方陣のどこに?たった5発の拳銃持った2人で?
あっという間に敵に囲まれて死んじまうだけだ

415 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 23:26:11.08 ID:CVQJcfYB
5発撃つのに何十分時間かける気だよ・・・
とりあえず、暴徒に撃ちまくって、抑えきれないなら後退して本部と合流するとかするだろう。

416 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 23:30:25.71 ID:zWeJ4ahK
ただ連中現役の武人だから鎧着てても一般人より健脚で足速そうなんだよな
実際に遭遇したら逃げ切る自信が無いな

417 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 23:32:09.44 ID:lZcnackT
>>415
たった5発と言ってるのになんで時間をかけるほうに考えるんだ?
あっという間に撃ち尽くして無防備になるって言ってるんだよ・・・

拳銃を撃つって事は立ち止まってる、相手は突進してくる・・・後退を許してもらえると思うのか?

418 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 23:33:38.39 ID:o80SX9tG
>413
合理的に考えれば、それが正解だけれど
間違いだとしても、撃ってしまう人はいるんじゃないって話なんですけどね?

方陣なんつう狙いやすい的に対してなら間違いなくそういう人は増えるだろうし
場合によれば、一般市民を逃すために銃を発砲しながら突っ込んでいく人も出かねない
全然合理的じゃないけど、心情としては理解できる

419 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 23:38:32.15 ID:2WoNVnSL
>>410
銀座だと管轄は築地署で署員が300人を超える大規模警察署。
新橋駅のPBには常に5人以上の警官が常駐してる。
田舎の派出所じゃないんだよ。

420 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 23:39:13.74 ID:lZcnackT
>>418
発砲しながら突っ込むって、警官の発想じゃないよ日本の警官は立ち止まっての射撃しか
やったことないんだから・・・
それに方陣が狙いやすいって、壁に向かって撃ちなさいって言われても途方に暮れるだろ
相手は一人や二人じゃないんだから
それでも心情的に撃ちながら突っ込む人がいたとしてみんな殉職するだけだよ

421 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 23:40:56.89 ID:o80SX9tG
>420
いや、だから有効だとは言ってないけれど?

422 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 23:42:30.99 ID:lZcnackT
>>419
漫画版だと銀座4丁目交番は途中で無線が切れてたね
当然300人の所轄署の警官が防御を固めれば市民の盾になるだろうけど
ここで言う警官の発砲って事件当日に市民の周辺にいた警邏警官の話だと思ってたんだけど?

423 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 23:43:39.46 ID:yTEaNya4
問題は警察は弾の補給がない事だな。警察が軍隊と同じ装備もっても絶対に勝てない理由が補給システムの違いだとか。
と同じで300人いても6万の帝国軍相手だと虐殺状態だったろう。銀座管内の警察とおっとり刀で来た近くの警官は全滅
じゃないかね。機動隊が集団できてようやく抑止力たりた感じ。それが皇居周辺で実現できたのかと。で自衛隊の支援
もそこら編で始まってる

424 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 23:57:56.32 ID:o80SX9tG
まあ、実質警察が有効な戦術を組むのであれば、ポリカーボネイト製の盾でこちらも方陣を組むことなんだよね
あれは防刃能力も高いから
後は催涙弾で陣形崩して制圧

つっても、そこまでとっさに思いついて地形や周辺状況を把握して実行に移せるだけの機転と行動力がある人がいるかどうかはまた別の話
まず、間違いなく混乱して個別に対応し、多くが殉職したんじゃないかと思う
当然、訓練されていないような発砲の仕方だってしただろうし、誤射も多かったんじゃない?

425 :名無し三等兵:2015/10/19(月) 01:14:09.64 ID:jDVGfomS
特型警備車の放水銃座にミニミ付けて突入すればいいだろう。
あの時点で相手は人間かどうかわかってないんで殺しても刑法は適応されない。

426 :名無し三等兵:2015/10/19(月) 01:18:03.65 ID:p85yISwM
人間かどうか断定できて無いならそんな判断下せないだろ

427 :名無し三等兵:2015/10/19(月) 01:21:03.28 ID:4rTiotNA
そもそも、ミニミ用意出来てるなら、すでに自衛隊が来てるってことだしね
そんな改造をする必然性があまりない

428 :名無し三等兵:2015/10/19(月) 05:03:49.31 ID:lmV9ARbO
ゲート再開後に日本領となった地域の治安維持に警察が出る事になったら
そういう改造を施した車両が投入されるんだろうか?

429 :名無し三等兵:2015/10/19(月) 06:49:19.35 ID:CGX40P2y
殺伐としたスレに笑いを。
衝動買いだと…羨ましい…
http://www.cnn.co.jp/fringe/35072082.html

430 :名無し三等兵:2015/10/19(月) 08:18:17.53 ID:y57ceBv6
なんか銀座事件で多数の警察官や自衛官や市民の被害者や死傷者を出さないと気がすまない人がいますね。
もう何回も繰り返された議論ですけど

431 :名無し三等兵:2015/10/19(月) 09:13:01.40 ID:p85yISwM
>>430
武装した自衛官が300人くらい殉職したみたいだし
民間人には甚大な被害が出たんじゃないかね
まともな装備無しで自衛隊が来るまでの時間を稼いだ警察も

432 :名無し三等兵:2015/10/19(月) 10:17:37.15 ID:y57ceBv6
フランスやイタリアのように警察と自衛隊の間にある憲兵隊が必要になるね。
野党が設置に反対するだろうけど、
某フランス狂信的なコラムニストがフランスは日本みたいに軍国主義じゃないとか公安みたいな秘密警察もないと書いてましたけど、フランスは軍国主義ですよ

433 :名無し三等兵:2015/10/19(月) 10:28:38.96 ID:XNlS0cDQ
>>432
「AKIRA」では反政府活動の激化で治安の悪化した首都圏の治安を担うために創設されたのが
自衛隊と警察の中間的な首都圏武装治安組織の通称「アーミー」で、そのトップが大佐だったような。

434 :名無し三等兵:2015/10/19(月) 11:56:47.88 ID:jDVGfomS
MG34で武装した某首都警。

435 :名無し三等兵:2015/10/19(月) 19:22:13.06 ID:zm4soIY7
>>432
警察と自衛隊の中間
それこそが機動隊じゃねーか?

フランス初めとするいろんな国の軍警察が軍隊を母体にしてるけど、日本は憲法9条の制約で警察が母体となった

そもそも軍に相当する自衛隊自体出発点が警察予備隊で治安出動が一番の目的だったけど、冷戦下で本格的軍
組織への改変を必要とした、結果第二の候補として警察内に大規模警備を任務とする軍警察が必要になって作ら
れたのが機動隊

機動隊の編成組織はどう見ても警察のそれじゃないよ

436 :名無し三等兵:2015/10/19(月) 19:22:50.76 ID:k7Bx/Bzp
>>432
別に、機動隊の重武装化とSATの拡充で十分なんじゃね?
ただでさえ、警察内ですらタテ割り行政でたいへんなのに、わざわざ組織を増やす必要はないだろう。

437 :名無し三等兵:2015/10/19(月) 19:35:51.80 ID:cpm3UeYn
>>432 どこのアホか知らんが、アルジェリアで仏軍が何をやらかして、挙句OAS化した連中相手にフランス警察がどう反撃したのかと…

438 :名無し三等兵:2015/10/19(月) 20:04:40.82 ID:iKKS8bIe
イタミがベルばら軍団に馬で引き摺られてたけどよく生きてたなって思う

曳き回しの事について調べてたらイスラム国の人がトラックで人を曳き回して殺す動画を見つけてしまってそう思ったわ

グロ注意
http://video.web.tv.streamprovider.net/lu/t0/lut0yvspxk6_360.mp4

439 :名無し三等兵:2015/10/19(月) 21:04:22.84 ID:iQ/i+8/D
>>404
銀座事件の状況を考えろヨ

>>405
友軍への誤射は歩兵にとっては日常茶飯事で、
遠慮してたら殺されるから、
動くものを見たらとりあえず撃ってから確認だよ。

>>413
しかし、伊丹が救えたのは極一部であり、全体からすればレアケースという。
伊丹が皇居に誘導して救ったのは数千人? てことは数十万人が犠牲になったのかな。
銀座の街頭に数十万人もいるか? と思ったが、鎮圧まで日数かかってるんだよな。

440 :名無し三等兵:2015/10/19(月) 21:11:48.01 ID:iQ/i+8/D
>>435
そういや、
憲法9条を守れ = 自衛隊の矛先を国内に向けろ
ということなんだよね。

441 :名無し三等兵:2015/10/19(月) 21:22:52.82 ID:lmV9ARbO
9条云々言ってるプロ市民らは
自衛隊が中韓に勝つのを妨害するのが目的だからー
自称戦勝国という虚無の言い分を失いたく無い勢力の走狗

442 :名無し三等兵:2015/10/19(月) 21:30:31.47 ID:3+VZrqSv
>>431民間人は初期でさえ5000人殺されたでしょ。

443 :名無し三等兵:2015/10/19(月) 22:41:48.22 ID:iQ/i+8/D
>>441
おいおい。

9条教の裏にいるのは中韓ではなく米だろ、普通に考えて。

日本が、
自分の国は自分たちだけで守れます、日本に米軍いりませんとか、
軍事面でアジアのリーダーになります、アジアに米軍いりませんとか、
そういうことになって損をするのはアメリカなんだからさ。
そうならないよう、9条教を使って日本の軍事力を限定的なものに留めてる。

ただ9条教も、今となっては糸の切れた凧になってるかもしれんが。

444 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 00:09:42.56 ID:uYQ9ALwx
>>439
馬鹿だな訓練しても誤射が出るのが防げないほどなんだぞ
動くものはみんな撃てなんて洗脳してたら敵より頻繁に遭遇する無関係な人間や見方の方が沢山死ぬわw

445 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 01:41:36.93 ID:tVkqvxKz
>>443
どっちもいるから問題ではある

まあ今となっては糸の切れた凧になって言動が迷走してるのは同意だが

446 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 02:00:55.85 ID:P48ppyX0
>>439
街頭だけじゃあなく、ビルに居た人々が全滅ってビル多数だったらしいから
病院とかまでと書かれてたし
それで、無人化してしまったビルが多数ってな状況

447 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 02:21:40.04 ID:QFe7aCqu
休日の銀座だと10万くらい居るんじゃなかったっけ?
お隣の築地にも従業員だけで10万居るし

448 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 02:50:51.25 ID:P48ppyX0
>>447
まあ築地は銀座のビルの中とは違い、全滅させられるほど無防備では無さそうだ

449 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 04:05:49.24 ID:QaEmyimB
朝日新聞本社には過激派の巣でもあるのかな?

450 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 04:29:02.98 ID:C1wpN+Wj
>>444
> 敵より頻繁に遭遇する無関係な人間や見方の方が沢山死ぬわw

そうだよ、実際そうなってるでしょ。

>>445
旗振りしている幹部は苦労してるだろうな。
状況が変っても洗脳済みの末端の踊り子は踊り続けるから。
しかも目的に合わなくなったからといって組織を崩壊させたら、
別な組織が作られて完全にコントロール不能になっても困から、
組織の維持を続けないといけないという。

451 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 06:25:22.02 ID:RkHEPtI8
伊丹に助けられた警官見るとなんもできないで殺される警官多そうだわ。
あれハロウィンの時に来たらどうするつもりだったんだろ。仮装だと思
われただろ。

452 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 07:06:19.84 ID:Swygl3lY
>>451
警察は、強権力をもって威圧できて初めて真価を発揮する組織だからね
相手が同等以上の勢力だととたんに普段より力は低下する、まして想定外の事態になれば・・・

453 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 08:32:40.05 ID:m7vosHjr
>>449
伊丹と3人娘の国会質問でも野党のバカ議員が必死に自衛隊のあら探しをしていたけど、現実でも嫌儲や野党や左翼やプロ市民にとっては自衛隊は犬畜生だから抹殺の対象でしょうね。だって横須賀の海自の艦閲式の電車の広告を軍国主義だと糾弾したのだから
野党も選挙で自衛隊を攻撃をすれば票が取れると思っているから

454 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 08:40:31.11 ID:xZIfYQuA
海自の観閲式は観艦式と呼ばれててな

455 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 08:48:37.40 ID:m7vosHjr
>>454
ご指摘ありがとうごさいます。 観艦式に訂正します。ごめんなさい

456 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 11:03:05.63 ID:lNwY2/dT
ID:C1wpN+Wjは軍は敵より多くの見方を撃ち殺してると主張するのか
その妄想を裏付ける統計を見せて貰いたいな

457 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 13:50:52.30 ID:ThUN9YgZ
戦闘員の死者数と民間人の死者数を比較した資料は多いけど、あれってゲリラを民間人として重複カウントしているんだよなぁ…

458 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 14:42:33.13 ID:QaEmyimB
中国に日本を侵略させる為には統計とかも捏造する左翼

459 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 16:24:52.43 ID:QFe7aCqu
なんで左翼がどうのこうのしか話せない奴が居るのかね
ゲートと軍事に絡めない話はスレチだろ?

460 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 16:54:48.08 ID:RkHEPtI8
古本屋でゲート全巻を買おうとしたが出版社と作者名がわからずに断念したわ。

461 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 17:23:07.31 ID:YWU/fRaq
>>460
柳内たくみ アルファポリスです。
柳内内たくみの戦国スナイパーも講談社から発売です。

462 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 17:29:51.72 ID:RkHEPtI8
>>461面倒なのでアマゾンで買う事にした。

463 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 17:40:47.32 ID:YWU/fRaq
イタリアでパソコンとExcelさえあれば国勢調査や税収管理ができそうな気がしますけど?
後は農作物の売上げや売却益とか住民税とかにも使えるのでは?
その前にピニャ皇女のBLゲームにパソコンが使われそうですけど

464 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 17:48:01.01 ID:C1wpN+Wj
>>451
目の前で市民を殺傷してりゃ、
ただのハロウィンの仮装だと思うわけないだろ。

つい先日、ハロウィンの仮装したまま歩いてる人を、
危険人物として警察が取り囲む事件あったでしょう。

警察をナメんなよ。

>>453
あなたが思っているほど現実は単純じゃない。

465 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 17:59:12.30 ID:C1wpN+Wj
>>456
ttp://strategicstudiesinstitute.army.mil/pubs/parameters/Articles/1992/1992%20shrader.pdf
湾岸戦争での戦死者の23%は友軍からの誤射、
破壊された車両の77%は友軍からの誤射ってことらしいですよ。

466 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 19:11:37.08 ID:Swygl3lY
>>465
湾岸戦争みたいな特殊な事例を出すのはいかがなものかねぇ・・・

ありゃ多国籍すぎて兵士に敵味方が識別しずらい上に本当に仏軍みたいに敵と同じ装備の味方が多いってのと
ハイテク万歳な兵器の実験場で本当に役に立つかもわからないようなスマート兵器を多用した結果兵士に緊張感
が無くて結果誤射や誤爆を増やしちゃった戦争だと思うぞ・・・

467 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 20:06:37.78 ID:vHayDafp
そもそも、湾岸戦争はワンサイドゲームで敵からの損害が極端に少なかったというのが・・・
ちなみに、自衛隊の訓練だと「動くものはみんな撃て」なんて絶対に言わない。
射撃は可能な限り指揮官(分隊長〜小隊長)の統制下で実施する。

考えなしに撃ちまくってたら、弾がいくらあっても足らないし、何より我の位置を不用意に暴露するしね。

468 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 20:06:48.31 ID:bhkayDS9
薔薇騎士団のメンバーで死んだのって誰と誰なのかよくわからないな
教官陣ではノーマさんが死んだのがわかったが

469 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 20:08:03.48 ID:GCEEzqGN
あの有名なP47も横から見るとドイツ軍機と見間違わないけど
下から見ると(縦に平たいから)ドイツ軍機と見間違えて友軍の地上部隊に間違えられて撃たれてたらしい
まあ、実際低空で飛んで来て慌てるのはわかるが。

470 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 20:09:47.59 ID:C1wpN+Wj
>>466
ベトナム戦争での戦死者の14%は友軍からの誤射、っていう数字もある。
これも特殊な事例ですかね。

471 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 20:13:02.52 ID:C1wpN+Wj
>>467
訓練と実戦は違うんですよ。

472 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 20:13:44.85 ID:GCEEzqGN
>>470
ベトナム戦争は密林の中で相手が見えない中銃声を聞いて乱射してたらしいからな
どこに弾が飛ぶかわからないからな。

473 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 20:16:54.19 ID:Swygl3lY
>>467
ちなみに自衛隊は函館ミグ亡命事件で空自から陸自への伝達が遅れ
空自調査団を乗せたC1を陸自の高射大隊が閉鎖状態の空港に接近してくる不審機と判断
L90を試射して待ち構えてた・・・・
因みに指揮官は冷静に機影を観測し日の丸を確認して誤射はしなかった

これが動くものはすべて撃てなんてトンデモ教育されてたら普通に空自気を陸自の高射隊が撃墜って言う大失態を犯してたことになるw

474 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 20:18:07.64 ID:RkHEPtI8
>>470自衛隊は鎧なんか着てないし刀とか槍とか装備してない。以上

475 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 20:29:28.75 ID:Swygl3lY
>>470
66万人の兵力による半年程度の戦争での23%と200万人が15年ほど戦った際の14%じゃ大分違うと思うけど?

破壊された車両の77%とか数字を大きくしたりなんか無理やり有利な数字に持って行こうとしてる気がするねぇ・・・

476 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 20:29:43.41 ID:vHayDafp
>>470
ジャングル戦と言う視界の効かない状況で、14%しか誤射が出ないとか、さすがは米軍だな。

>>471
訓練でできないことは、実戦でできないからね。
だから、実戦でなるべく友軍誤射をしないように、普段から訓練を心掛けている。

もちろん、実戦になれば状況次第で撃ちまくったり、友軍や民間人への誤射もあるだろうけど、それは本来避けるべき事態
「動くものを見たらとりあえず撃ってから確認」なんてのは、要するに指揮官がまともに指揮をとれていない状態だよ。

477 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 20:45:31.32 ID:YWU/fRaq
>>470
友軍の誤射というよりもフラッキングだと思いますけど?
嫌いな上官を誤射に見せかけて手榴弾や
銃で射殺するというアレです。

478 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 20:49:59.74 ID:uYQ9ALwx
>>465
見方に撃たれた例が多いと見境無く撃つ訓練してたと思っちゃうのか
むしろ見方を撃たないための訓練してたからそれだけの誤射で済んでるんだよ

479 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 20:52:00.87 ID:C1wpN+Wj
>>473
で?

飛んでくる弾で味方が倒れてる状況で、
しっかり時間かけて見極めてる余裕あるかよ。

>>474
で?

何の話か分かってる?
人を殺すつもりで狙いをつけて引き金を引くためには、
理性のタガを外す何かが必要なんですよ。

480 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 20:54:20.20 ID:C1wpN+Wj
>>477
ベトナム戦争、明らかなのは600だったかな。
疑わしいのが1400だったかな。
で、それも含めて8000だとかいう数字。

481 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 21:03:52.30 ID:GCEEzqGN
ベトナム戦争は厭戦気分・人種差別・麻薬・精神の病tかめちゃくちゃだからな。馬鹿な侵攻だな。
ベトナム戦争終了のドサクサに紛れて甘く見た中国軍すぐ撤退…馬鹿
アフガン侵攻したソ連も馬鹿・・・今度のソ連のシリア侵攻は…

482 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 21:05:29.87 ID:RkHEPtI8
>>479帝国って銃を装備してるの?ベトナムとか湾岸とかよそで語ったら?

483 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 21:10:20.07 ID:vHayDafp
>>479
理性のタガを外す訓練なんて特にした記憶はないな。
人型の的を狙って撃つ訓練と、命令に従って動く訓練ならしたが。

484 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 21:14:03.62 ID:GCEEzqGN
ベトナム戦争・火事場どろぼうの中国のベトナム侵攻・ソ連のアフガン侵攻
どちらも相手を甘く見たのが敗因。
ゲートの帝国の侵攻も同じ
バカが多いこと…

485 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 21:15:32.49 ID:5gUSpuNU
>>458
下記のスレなら同じような性向で話進んでるし
制限無いからそこで披露してみな

【ゲート自衛隊】柳内たくみ総合 本スレ59【反日NG】 [転載禁止]©2ch.net
http://hello.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1444583977/

486 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 21:20:16.13 ID:Swygl3lY
>>479
あんたが語る誤射の数字って歩兵の誤射の数字なのか?

湾岸戦争で味方を殺してしまう誤射って空爆によるものが大半だろw
その言い方じゃ敵からまったく弾が飛んでこない湾岸戦争での誤爆っていったい何が原因なのかを説明できんぞw
そもそも一方的に装甲ドーザーで陣地梅ちゃうようなワンサイドゲーム持ち出して「狙いをつけて撃つ為には」とは・・・
ご高説痛み入るw

487 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 21:31:52.08 ID:RkHEPtI8
そういえば帝国って日本刀で驚いてたけどあいつらの装備ってローマ時代で止まってるのかもしれないな。

488 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 21:36:56.19 ID:QjEB9F94
日本刀が作られている素材の鉄や加工技術に驚いたんじゃないの?
これだけのものを作れるとは、こいつらは案外侮れぬ存在では?って感じで

489 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 21:37:15.17 ID:Swygl3lY
>>479
ちなみにどこの軍隊でも、どんな命の危険に遭遇しても常に理性的に判断する事を訓練する
あんたが言うのとは真逆だよ、国家の公認武装集団がヒャッハーな集団なんて考えただけで
ぞっとする・・・・・

それに軍隊も人を殺すつもりで撃つって言うのはそれこそ近代で卒業してる、交戦距離を長くとり一方的に撃つ事を追及する一方
敵が戦闘力を発揮できなければいいと言う戦術論が発達して目的が人殺しから敵の目的の破壊に焦点が移ったの

小口径高速弾で敵兵を一人負傷させればそいつを運ぶために2人必要となり3人が戦闘から脱落する、10人の分隊を潰走させるには
3人負傷させればいいわけだ、あんたが言ってるのは殺し屋とかマフィアとかの理屈、軍の理屈じゃねーよまして警察なんて殺したら警
官側も法廷に引っ張り出されるのに何を言ってるのやらw

490 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 21:37:48.21 ID:vHayDafp
日本刀は大航海時代とか江戸時代後期でも「ダマスカス鋼の剣に次ぐ、最高峰の刀剣」として西洋世界に知られていたよ。
中国向けのかなり重要な輸出品でもあった。

491 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 21:42:18.31 ID:GCEEzqGN
>>487
少し意味は違うが、ファンタジー系はローマ時代(その前後)とドラゴン・魔法を組み合わせるのが
一番見栄えが良いかもしれない。

492 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 22:29:09.28 ID:uYQ9ALwx
ID:C1wpN+Wjは最初に軍じゃ人を殺すために訓練で洗脳をしてるなんてホラ吹いて
引っ込みが付かなくなった馬鹿だろ

493 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 22:36:06.59 ID:QjEB9F94
>>449
最上階に隠し階があり砲台が宮城を狙っているんだよな

494 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 22:41:23.13 ID:C1wpN+Wj
>>481
> 麻薬・精神の病

その2つは、
しっかり狙いを付けて引き金を引く率を上げるための施策の副作用だな

>>482
スレを読み直せ。

>>483
どこの軍隊出身者?

自衛隊なら現状やる必要は無いから、やってなくても不思議じゃない。
実戦があるとしても自国の領土や国民を守る戦闘がメインで、
海外派遣でも基本的には守りだろうし。

495 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 22:47:20.96 ID:C1wpN+Wj
>>486
怪しければ撃て、というのは歩兵に限らない。

イギリス軍の車列をアメリカ軍のA-10が攻撃しちゃった件でもね、
車列を発見したら地上で歩兵を使って臨検すれば防げたわけだけど、
そんな悠長なことしてたら味方の犠牲が増えるから、
とりあえず怪しいので叩きつぶしたってことでしょうしね。

>>489
ずいぶん理想論で固めてますな。
現実を見てくださいよ。

アメリカの警察は、とりあえず射殺しますぜ。
むしろ逮捕して裁判やって刑務所に入れるとコストかかるんだろう。

496 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 22:49:40.88 ID:C1wpN+Wj
>>492
そういう洗脳しないと、
ほとんどの兵士は狙いをわざと外して撃つんですよ。

497 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 22:54:39.03 ID:vHayDafp
>>494
いや、海外派兵だろうが国土防衛だろうが、攻撃するときは攻撃しないと勝てないのだが・・・
YSだと、だいたい着上陸して首都圏とか近畿圏近くまで侵攻してきた赤軍を、我が阻止→反撃で撃破というながれだし。

そもそも、防御戦闘でも主導権を握るためには、戦機に応じて適時攻撃する。

なんか、自衛隊はひたすら陣地にこもって守ってばかりいる、みたいなイメージを持っているっぽいが。

498 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 23:02:19.49 ID:RkHEPtI8
前あったPTSD論争と同じだなあ。

499 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 23:05:22.31 ID:vHayDafp
>>496
いや、「人型の的を撃たせる訓練」を洗脳と言うならそうなんだろうけど。
それは、「理性のタガを外す」とか「目につくモノはとにかく撃つ」というのとは違う話だろう。


「人を撃つ(殺す)訓練」はそりゃするけどさ。

500 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 23:07:44.88 ID:QFe7aCqu
"洗脳"ではなく"反射"だろそれ
洗脳ってのは思想や主義を統一または抑圧するものだ
軍隊ってのは個々の思想や主義によらずに銃を撃たせる機構なんだし

501 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 23:57:31.23 ID:VLgJ+FJz
>>492
最初の方「軍」じゃなくて「警察」の話だったような
詰まるところ「銃を撃つ=動くものに見境なくぶっ放す」ことだと決めつけて、兵士だろうが警官だろうが危険を感じたら手当り次第撃ちまくるもんだし、
そういう訓練を受けていると主張してるようで

502 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 00:02:47.42 ID:ldE4aJlY
相手を観察もせずに撃ってたら、当たるものも当たらないだろうに。

503 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 00:09:36.90 ID:rJLNT/3n
手当たり次第に撃ちまくるとかもうそれ恐慌状態に陥ってるだけだよな

504 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 00:35:30.44 ID:Qjy9Rcos
ID:C1wpN+Wjって国会議員のヒステリババアみたいな思考してるなw

505 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 01:19:01.97 ID:U6d8n9Ez
結局、軍板であっても左翼の思想攻撃から逃れられないじゃんw

506 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 01:55:51.19 ID:rJLNT/3n
え?ヒステリババアは総じて左翼思想なの?
いつの間に我が家の女性陣は左翼思想に...

507 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 02:15:02.78 ID:lBjLbp7t
敵を銃で撃つことのハードルの高さを知らないなんて、お前ら本当に軍板の住人か?
各国の軍隊は、いかにして「真面目に」撃たせるか苦労しているというのに。

そりゃ何もしなくたって切羽詰まっていれば真面目に撃ちますよ。
切羽詰まってない状態でも真面目に撃たせるには、細工が必要なんですよ。

こんなこと、軍板の住人に説明するまでもないはずなんですけどね。

508 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 02:21:16.65 ID:lBjLbp7t
ゲートでは、このあたりの話は省略されていて、
自衛隊は平然と帝国軍や諸国軍を攻撃してるが、
容赦なくしっかり照準して引き金を引けるのは、
銀座事件で多数の民間人が残酷に殺されたから、
だと思うんだよね。

509 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 02:40:36.72 ID:lBjLbp7t
左巻きの人がテレビ番組の中身をテキストにしたものがある。
その人の主義主張はともかくとして、テレビ番組の内容は参考になる。
http://www.doi-toshikuni.net/j/column/20080924.html

510 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 06:12:00.76 ID:H96O+rRR
>>508
帝国軍以外に諸国軍を攻撃したの?
自衛隊はイタリカ攻防戦は山賊からイタリカを防衛したのですけど?
山賊が諸国軍に見えたのか?

511 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 06:16:44.93 ID:KXsdaoaq
>>510
アニメだと第2話みろよ。
帝国の要請によりアルヌスの丘奪回のためにせめよせてるだろ。

512 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 06:17:25.50 ID:71lqcNPZ
深夜に出てきて一生懸命自説の補完、えらく必死だねぇ

残念だが軍版住人の同意を得られる内容じゃないよ

軍隊の訓練は人が人を撃つ為の訓練って言えばその通りだが、手当たり次第ではない
新兵に安全装置をかけさせ、勝手に撃つなと言うのは戦争映画のお約束

常に理性的に戦場にあってもよく見極めてから敵と判断したら撃つ事、それが軍隊の訓練
騒乱状態でもできうる限り理性的に判断して、可能な限り犯人を拘束する方向で行動する事、それが警察の訓練

513 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 06:29:12.86 ID:H96O+rRR
>>511
アルヌスを占拠をして防衛したのは自衛隊だろ?諸国軍がアルヌスに攻め入ったから諸国軍が侵略軍です。
自衛隊が諸国を侵略したわけではない。
さらに言えば銀座事件で侵略したのは帝国軍の方なのですけど?

514 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 06:57:00.17 ID:71lqcNPZ
>>509
その話、単純に発砲率を上げるための条件付けの訓練を左巻き特有の理屈で
人を殺すための洗脳って話に持って行ってるだろ・・・

そりゃね人を撃つ事に対する抵抗感をなくすって訓練は必要だけどさ、あんたの主張する「動くものはすべて撃て」
なんて話にはつながらないんだけど・・・射撃訓練でも通常指揮官が目標を示して撃てと命じるそこで初めて撃つ
それがマンターゲットに変わっただけの話
撃てと言われても撃てない兵隊に撃たせるのと、撃てとも言ってないのに個人判断で勝手に撃つ話を混同しちゃダメ
指揮官には常に理性的判断が求められ、誤射を防止するのは初歩の初歩、そのタガから外れてかってに撃つと誤射が起こる
味方撃ちは訓練不足の結果ですよw

515 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 06:58:24.09 ID:H96O+rRR
>>511
防衛と攻撃はコインの裏と表みたいなモノだから自衛隊を侵略軍というのはオカシイです。
あなたは羽鳥慎一モーニングショーを観て反戦左翼思想にどっぷり浸かった方がいいよ。

516 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 07:10:25.35 ID:D9JCSG4H
むしろ撃つべき時も慎重になって撃たないで損害出すのでは?と
心配になるほど自衛隊って慎重でしょ。

517 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 08:33:56.20 ID:rJLNT/3n
ゲートに出る退役装備の基準はなんなんだろうな
60式装甲車は出るけど豆タンやMATなどは出ないし
62式機関銃みたいなダメダメ装備なら分かるんだが

古臭い装備を文句言いながらもそつ無く使うところとか見てみたいんだがな

518 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 08:39:29.07 ID:P+U8UbWY
国会で問題にならない程度の装備ってことでしょ。

だから、別に落ちた所で不思議でもないF4()とか、
しょせんは弾薬のパンツァーファウスト3とか。
両者が大活躍なのはご存じの通り。

519 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 08:50:55.23 ID:0aJIOIPP
支那が侵略してきたのが返り討ちにあって
続いて支那の属国が侵略して来たのも返り討ちにあったって感じだな。

520 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 15:11:50.49 ID:D9JCSG4H
ゲートは少し話を創ってもいいかもしれないな。62式軽機を優先して特地に送り込んで
高装備率にして火力を高める一方でFNMAGの採用をして国内部隊に配備しだすとか
さ。

521 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 18:42:41.28 ID:ldE4aJlY
>>507
>敵を銃で撃つことのハードルの高さを知らないなんて、お前ら本当に軍板の住人か?
>各国の軍隊は、いかにして「真面目に」撃たせるか苦労しているというのに
それと、「目につくモノはとにかく撃つ」とは全然違う話だよねと言ってるのだが。

不意の遭遇戦とかなら隊員が個別判断で撃つだろうけど、我が先に敵影らしきもの発見したら、普通はまず指揮官に報告して判断を仰ぐ。
そこから指揮官がどう動くか決める。斥候を出して敵かどうか確認したり、敵だったりやり過ごすとか、別働隊を出して迂回挟撃するとか。

522 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 18:55:03.59 ID:71lqcNPZ
>>521
あんまりからかうなってw
こいつ口滑らしてとんでもないこと言ったせいで後に引けなくなっただけだろ
あんまつつくと、またIDの変わる深夜帯にかけて無理やりな自説を長々書き連ねるアラシと化すぞw

523 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 20:31:58.23 ID:EuYWhpW7
>>520
62式は部隊から猛烈な反対が出たって書いてあったな
色々元自衛隊の人が書いたものを読んでみたら
62式はまったく故障しない個体もあれば全く言うことを聞かん個体もあって個体差が大きいみたいだけど
とどく=たくさんの周りにあった62式はダメな個体ばっかりだったんだろう

524 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 20:45:13.17 ID:ldE4aJlY
防大出の連中は口をそろえて「62式は駄目だ」と言っていたな。
まあ、防大の62式がたまたま外れだった可能性もあるが。

525 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 20:50:43.25 ID:71lqcNPZ
>>523
いう事機関銃なんて言われるぐらいダメな個体が多い
特に教育部隊で使われていたものは普通科連隊で使えないからと回されたものが多く
多くの自衛官にとってトラウマ装備・・・
連射機能が壊れた教育隊の不調な62式は13キロもあるものを持って突撃した挙句
100発リンクの弾を10発も撃てないから弾薬の重量もほぼ変わらないまま最後まで
走らされる・・・使いたくないと言うのは当然の代物・・・・

それを考えると自衛火器として機関銃の携行を1丁のみ許可されたソマリアPKOの絶望感ときたら・・・・
今考えるとその当時の自衛官の現実の方が過酷

526 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 20:56:00.39 ID:D9JCSG4H
ドラゴンボールで好きな二次キャラが現実化してどこか紅葉とか見に行けたらいいんだが。
どの二次キャラを選ぶか各々で変わるだろうけど

527 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 21:16:51.23 ID:zqC3Hz/R
銃身を軽くする事にこだわった結果機関部が重くて複雑になったんだっけ?
素直に九九式をベルト式にして軽量化すれば良かったような

528 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 21:27:30.06 ID:vV5EjrsM
どれ選んでも一緒に行ってくれないと思うよ。

529 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 21:42:20.48 ID:9Rlm7aEx
>>525
ときどきびっくりするくらい軽くなるけどな

走ってて、妙に軽いなと思って手元を見ると、キャリングハンドルだけになった62式が・・・

530 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 22:11:06.91 ID:Qjy9Rcos
62式をdisってる奴は十一年式軽機関銃でも使えばいいんですよ

531 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 22:21:29.25 ID:71lqcNPZ
>>530
62式をdisるのは実際に使ってた自衛官なのだが・・・
ま、たまたまあたりの個体を手にした普通科の軽機関銃手の中にはもしかしたらいいものだと思う奴もいたかも
7.62ミリの機関銃が無くなるようなMINMIへの更新を現場がもろ手を上げて喜び、文句も出なかったところを
見るとあまりそういう奴はいなかったらしい

532 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 23:06:17.77 ID:WGdbg3ge
漫画家の板垣恵介も第一空挺団時代は機関銃手で
62式をやたら重いくせに故障ばかりとこき下ろしてたっけ

533 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 23:18:28.58 ID:lBjLbp7t
>>512>>514
とりあえず>>509のリンク先を全部読んでよ。

左巻きの人だからイヤラシイ言い回しを使ってはいるが、
そういうのに惑わされずに読んでね。

534 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 23:22:27.49 ID:FlLRHaCD
冬季演習で(空砲)一秒間で一発発射になったもんな…
そんなもんで64式小銃に二脚つけたのは軽機関銃の代わりにするためと噂されたが。

535 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 23:30:18.50 ID:ldE4aJlY
62式をベースにした74式車載機関銃のほうはそんなに悪い評判を聞かないから、
やっぱり>>527のような無理な軽量化が祟ったのかね?

>>533
だからそれは、「理性のタガを外す」とか「敵味方を確かめずに目につくモノは撃つ」とは全然別の話しだよね。

実戦になれば誤射は起きるだろうし、逆に撃てない兵士も出てくるだろう。
だから、そうならないように軍隊では常日頃から訓練して、兵士に体で動きを覚えさせるわけ。

536 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 23:39:50.31 ID:rJLNT/3n
>>533
読んだけど君の主張とは違うな
殺す為の条件付けをした上で交戦既定を守るように教育している
目標を違えて民間人を殺してしまったのも誤認や事故によるものだし

537 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 23:51:19.62 ID:lBjLbp7t
>>535
だから読んでからレスしろよ。

538 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 23:55:51.68 ID:fSFdRohG
>>537
>>533
読んだ上で君の主張とは全く違うと断言できるけど?

何度も言うが軍隊の訓練は撃つ必要があるときに撃てと命じる上官の命令通り撃つ事を訓練するもの
そこで上官の命令であっても撃てないから条件反射的に撃つ事ができるように訓練する、上官は冷静な判断力を必要とする
動くものはすべて撃てって言うのは犯罪者

第一軍の訓練で射撃しか取り上げてないけど、敵味方識別や国際法の教育に交戦規定の教育と言ったものは無視か?
何のために「撃っても良いもの」を教育すると思ってるんだ君は・・・

539 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 00:04:13.39 ID:DY4pjuSC
>>537
読んだうえで言ってるのだが。
人間どうしたって戦争に適応できない人は当然いる、だから訓練をすると言う話しだろ。
で、それがなんで「目につくモノを片端から撃つ」「誤射上等で撃ちまくる」「理性のタガを外す」になるんだ?

百歩譲って「理性のタガを外す」は命令に従って人を殺せるようになることを「人としての理性を失った」と定義するのなら、まあわからななくもない。
でも、「目につくモノを片端から撃つ」なんてことはどこの国の軍隊でもやってはならないことだし、>>509のリンク先でも「戦争犯罪」つまり軍事的な失敗として扱われているぞ。

軍隊が味方や民間人への誤射を許容する組織なら、なぜ交戦規定で民間人や宗教施設への攻撃が禁じられているんだ

540 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 00:05:11.36 ID:kMY9U9Ks
>>537
536だがこの文面のどこをもって「動くもの全てを撃て」と言うの?
逆に引用してくれよ

541 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 00:06:54.51 ID:g/x4ud1B
まず軍の訓練というのを勘違いしてる
一般人として暮らしてた人間に場合によっては自分の命が危険になる命令を実行させないといけない
そのために階級と命令系統があり法的根拠も準備されるが公務として尋常ではない責任感も必要になる

警官や消防士も変わらんが訓練では技術だけでなく精神的に責任感や義務感を高める
それを洗脳だと言い換えれば人を殺すために洗脳してるなんて詭弁になるだけ

訓練しなくても人に引き金引ける奴は引けるし引けない奴は訓練しても引けないのが現実

542 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 00:50:16.46 ID:316m9KMp
おまえら読んでないだろ

ベトナム戦争の時代
> 敵を殺させるには、相手が人間だという感覚を徹底的に奪っておくことが重要
> 標的を確認できなくても、瞬時に発砲する訓練が行われた。
> 「茂みのなかで、銃の閃光や煙、何か動くものが見えれば、
> そのあたり一体をめがけて撃ちまくります。この時、標的を確認しません。
> 訓練で繰り返しこの撃ち方を叩き込めば、人間を撃っているという感覚を失います」
> 茂みの向こうの見えない敵に向けてババッと撃つように訓練が行われました。

イラク戦争の時代
> 誰が敵で、誰が敵でないかを現地で見分けるのは兵士です。
> 上官がその判断を下してやることはできません。
> 最終的には、自分の命が何らかのかたちで、直接の脅威にさらされて
> いると感じるかどうかで決めてよいことになっています。
> 人生は一度しかありません。アメリカに帰還する時に、棺桶の中にいる
> のと、手錠をかけられているのと、どちらかを選べと言われたら、
> 手錠を選ぶ。それが私を含む海兵隊員の本音でした

> 男性であることはわかりました。狙えるのは頭だけだったので、
> 撃ちました。命中しました。私は心の中でこう考えました。
> 『この男はテロリストかもしれない。男は何をしているのかわからないが、
>撃つぞ』

上官の命令なんて、いちいちないし、
成人男性であれば全て撃つのが現実。

しかもこれは兵士が暴走しているのではなく、
訓練と命令のもとで正常系として行われてる。

543 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 01:08:16.81 ID:kMY9U9Ks
>>542
ベトナムでの民間人への配慮の足りなさが今日の交戦既定の厳格化じゃん
そしてイラクでのライト氏の事例は誤認による事故だし

民兵やゲリラの掃討は制服を着ていない事による誤認や事故が付きまとう
だからと言って交戦既定を守らずに「見えるもの全てを撃つ」なんて事にはならない

544 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 01:13:45.06 ID:g/x4ud1B
>>542
ベトナム戦の話を記述を見れば敵を倒すんじゃなくて制圧射撃してるのが分かる
相手を視認せずに撃つんだから初めから人を撃ってる感覚なんて無い
繰り返してるうちに人が撃てるようになるなんて事も無い
それで人に引き金が引けたなんて言う奴は草むらなんか撃たなくても引き金引ける奴

イラク戦の話もそう
訓練してなければ敵の代わりに自分の足か見方を撃ってるだけの話
撃つ時に相手が敵か見方かよく分からない時に引き金引ける奴は訓練して無くても引ける
訓練や上官の命令があっても相手が確認できず引き金引けない奴は結局引けない

訓練で人に引き金を引けるようにはならない
分かったかな?

545 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 02:34:39.90 ID:316m9KMp
>>543
建前であることは指導している人も分かってるはず。
そもそも敵だと思えば撃って良いというROEなんでしょ。

>>544
引用しなかったところも読んで欲しいな。
訓練によって発砲率や参加率が上がったっていう話があるでしょ。

546 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 02:36:39.42 ID:316m9KMp
> 訓練で人に引き金を引けるようにはならない

それが本当なら、
引き金を引ける奴だけ採用するための適性検査が必要だな。

でも、そんな話は聞いたことないんだが。

547 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 02:48:39.18 ID:Xr96HFJc
だからベトナムとか湾岸とかそっちのスレに行けよ。ここは架空の戦記物漫画原作アニメのスレなんだわ。

548 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 04:03:59.52 ID:s0WwEE/j
>>547
いや、一応ここは「軍事的に考察するスレ」。アニメ板では無いからクソ真面目に語るのも自由

549 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 05:07:43.29 ID:316m9KMp
銀座事件の現場では、
一般市民が惨殺されてるのを目にしたり、
自分達にも危害を加えつつあるわけで、
あまり抵抗なく撃てると思う。

アルヌスのゲートに進軍してくる6万に対しては、
銀座事件で頭に血が上った勢いがないとキツイな。
勘弁してくれよ、まだ懲りずに来るのかってウンザリだと思う。

その先の話となると、もうワカラン。

550 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 05:58:54.29 ID:nhEt2nEu
>>545
あのさ、ROEを知ってるなら「目につくモノを片端から撃つ」「誤射上等で撃ちまくる」「理性のタガを外す」なんて
どれも当てはまらないのがわかってるって事だろ?
>建前であることは指導している人も分かってるはず。
建前だろうとそんな事教えて無いと言う事だろ・・・・説明もせず実行はさせられるのかよ、軍の指導官は超能力者かw

>訓練によって発砲率や参加率が上がった
だからそれと動くものはすべて撃ってよしって言うのは繋がらない、イラク戦争の逸話でも一応相手を男であることを確認
している、これを書いた奴が偶々左巻きかそうなったかで自分の体験をいかにも軍の訓練で非人道的にされたという話に
持って行ってる「目につくモノを片端から撃つ」なんて思考ならそもそも相手が男性火葬かなんて確認する前に撃ってるは
ずだろ・・・結果は自分の場所をさらして撃ち返されることになるだけだろうけどw

551 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 07:05:32.55 ID:1F69FABN
特殊部隊と一般部隊でも違うような気はするが

552 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 07:18:36.19 ID:DY4pjuSC
>>542
だから、その事例をやっちまった結果、大問題化しているよね。
軍が訓練で目指す「本来あるべき姿」ではない。
ジャングル戦や、都市ゲリラ掃討という特異な戦場で、結果的にそうなってしまったものだし。

>>545
>そもそも敵だと思えば撃って良いというROEなんでしょ。
そうだよ、ちゃんと「敵であると確認してから撃つ」手順がマニュアル化してある。
見境なく撃っていいなんて、どこにも明文化されていない。

>>546
適格性検査はするぞ?
適格性検査の結果も踏まえて、配属先(普通科とか会計科とか)を決める。

553 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 07:26:55.57 ID:gE81x2tA
まあ繰り返しっぽくなるけど、そもそもは
「銀座事件に巻き込まれた警官が、帝国の軍勢に向かってすかさず、ためらいなく発砲できたか」
て話題で、そこで>>329あたりから
「軍隊では危険を感じたらすかさず撃つ訓練してるから撃てるはず」
って、2重に頓珍漢な回答してる人が出てきてる状態

554 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 07:28:55.35 ID:kMY9U9Ks
「動くもの全て撃て」なんていう交戦規定をどこが採用してるんだ?
そもそも交戦規定ってのは目標を弁別するためのものだろ
「動くもの全て撃て」なんて命令なら交戦規定なんて必要無い

555 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 07:33:23.19 ID:R5dFXzXP
朝鮮戦争で北朝鮮に投降して撃たれて殺された米軍兵or韓国軍兵とか
浅間山荘事件で話し合いで解決させると言って警察の静止を振り切って浅間山荘に向かい連合赤軍にライフルで撃たれて即死した自称平和主義者とか、話し合いで解決をしない事が多いという事を理解できない人々が多いなと思います。

556 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 07:39:51.20 ID:/gUkNOLQ
陸上自衛隊の心理適性検査に関する達
ttp://www.clearing.mod.go.jp/kunrei_data/f_fd/1976/fy19770124_00032_017.pdf

海上自衛隊の心理適性検査に関する達
ttp://www.clearing.mod.go.jp/kunrei_data/e_fd/1978/ey19780725_00030_000.pdf

557 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 07:40:36.83 ID:uDpkHlL+
軍事版ということで、出てた74式戦車とかについていた追加装備どっかで売らなかな
ワンフェスならあると思うが。

558 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 07:44:39.88 ID:R5dFXzXP
日本は交戦規定や戦時国際法すら存在しないようなコメントをしている方々がテレビや新聞に出ているからね。
そういうのに限って左巻きとかプロ市民とか平和主義者と言っているし、GATEでも少し触れられているけど

559 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 07:59:09.75 ID:uDpkHlL+
あの大型ヘリ空母外国では色々言われてるけど災害出動に適した鑑だと思う。
出来てすぐあの大地震に出動したのもあったな。

560 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 08:20:26.14 ID:1F69FABN
自衛隊は軍隊ではないという認識がややこしくさせてる
海外では軍隊扱いなのにね

561 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 08:31:15.55 ID:uDpkHlL+
まあ、自宅警備員みたいなもんだから(ボソ)

562 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 08:32:28.70 ID:TLkkEb2F
今、本気出してる模様でつ

563 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 08:32:38.57 ID:g/x4ud1B
>>545
>訓練によって発砲率や参加率が上がったっていう話があるでしょ。
訓練によって義務感や責任感を高めると言ってるだろ
それは連帯責任をとらせたりする事によって自分のせいで仲間が危険に陥る場合があると教える事
他人を平気で撃てるようにする事じゃないし、そんな事は無理

訓練により発砲率が上がるのは"元々人に引き金を引ける者"の状況判断が正確にできるようになる
また"人に引き金を引けない者"は人にではないが発砲命令に従うようになる
逆に人に引き金を引ける者は訓練によって引き金を引かない判断もできるようになるんだよ

ようするに訓練で人に引き金を引けるようにするなんてのは事実を知らない妄想

564 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 08:35:36.17 ID:uDpkHlL+
>>562
自宅自衛隊に昇格か(他人顔)

565 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 12:44:23.71 ID:dpY8PNRD
特地世界にはエルフ・ドワーフやオーク・ゴブリンといった亜人類やデミヒューマンが多数生息しているけど、
ホビットやノームの様な小型亜人類はいるんでしたっけ?

いるとしら、その小柄さや身軽さを生かして偵察や連絡任務に重宝するかも。

566 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 15:34:20.82 ID:yhoiqQ00
妄想馬鹿<軍は訓練で人を平気で撃てるように洗脳してる(キリッ
そんなのは実際に撃ち殺した奴が壊れて感じなくなっていくだけなんだよ
見方を撃たないようにするのが訓練

567 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 16:54:29.85 ID:n+yBPJiI
>>566
横槍ですまんが
「戦争における人殺しの心理学」で書いてあった事を言ってるんじゃないのか?
あと引き金を引く云々でなく敵を狙って撃てるようになるか。

568 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 17:25:48.55 ID:316m9KMp
>>550
ROEの内容は様々だよ。

正規軍ではなくイラクにおける民間軍事会社だが、そのROEはえげつなかった。
車両での移動中には決して停止するな、接近する車両や人は先に撃って牽制しろ、
といったような内容だったそうで、それはもう酷い結果をもたらしたとか。

> 説明もせず実行はさせられるのかよ、軍の指導官は超能力者かw

建前でしかないことを押し付けて現場の自己責任での逸脱へ導くのは、
超能力でもなんでもなく、ごく普通に組織でありがちなことですよ。

> >訓練によって発砲率や参加率が上がった
> だからそれと動くものはすべて撃ってよしって言うのは繋がらない

あなたが、ろくに読んでないことは把握した。

569 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 17:36:25.35 ID:316m9KMp
>>552
> 軍が訓練で目指す「本来あるべき姿」ではない。

あなたは理想論に過ぎている。

> ジャングル戦や、都市ゲリラ掃討という特異な戦場で、結果的にそうなってしまったものだし。

すでにそのような状況になっていて、
そのような状況に合わせた新兵の訓練の結果ですからね。

> ちゃんと「敵であると確認してから撃つ」手順がマニュアル化してある。

現実にそぐわない内容ならクソッタレな建前でしかないし、
ROEは常に不変のものではなく上司からの指示だと思っていい。
この村は非協力的なので全員ぶっころせと言われれば、それがROEだ。

> 適格性検査

じゃあ陸自の普通科は、
生れながらにして命令されれば平気で人を殺すタイプの人間を、
日本中から適性検査やらで見つけ出してスカウトしてるのかい?
違うでしょ。
命令されれば人を殺せるよう後から細工するんでしょう。

570 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 17:38:25.57 ID:316m9KMp
>>554
時には「動くもの全て撃て」という内容のROEが使われることもあるでしょ。

>>563
> 訓練によって義務感や責任感を高めると言ってるだろ

ならば、あなたはリンク先をろくに読んでいませんね。

ほんとに軍板の住人なのか???

571 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 18:27:53.95 ID:GGfH5aT2
>>563
例えば起き上がり式のマンターゲトを用意し、号令と友にターゲットが起き上がると、それに向けて発砲する訓練。
それが無理なら、最低限だが、号令と共に発砲する訓練を、軍隊では日常的に行っている。

これは兵士に余計な事を考えさせず、良くも悪くも命令に盲従するよう“躾ける”ためで、個々の兵士の気質は関係ないんだよ。
と言うより、気質に関係なく戦える軍隊を編成するのが、正しい軍隊の在り方と言うものだ。

572 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 18:47:34.28 ID:316m9KMp
そういう話はリンク先に書いてあるけど、>>563は読んでないんだよね。

573 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 18:54:59.76 ID:d1Oz5WAr
やたらリンクを踏めと書き込まれるけどなんか地雷っぽくていやー

574 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 19:09:45.50 ID:9yVYoK1l
自衛隊は人殺しの訓練をしているという
左翼やプロ市民の論理をぶちまけている方がいようとは、そういう人が反戦を自称をして自衛隊に嫌がらせをして、サンモニや羽鳥慎一のモーニングショーや報道ステーションを観て、自衛隊を犬畜生扱いをして喜んでいるだね

575 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 19:16:40.34 ID:gE81x2tA
>>573
グロ画像とかそんなことはないみたいだから踏む分には問題ないかと
ただ何というか、「とにかくリンク先を読め、読めば分かる」霞ヶ浦の住人氏そっくりな状態になってるようで
「警官」がそんな訓練受けてるのかって何度言っても無視してるし

576 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 19:17:05.71 ID:g/x4ud1B
>>568
ミスリード目的の文章を羅列してあるのは読まなくても分かるけどな
例えば>>567が言ってる「戦争における人殺しの心理学」に挙げられてるデータ

発砲率の低さ対策に採用した訓練で朝鮮戦争以降兵士の発砲率が上がったとされてるが
その次期から兵士の個人装備つまり小銃に連射機能が増えてる
前から機関銃手の発砲率の高さが挙げられてるが、連射機能により当たる奴は運が悪い
という心理から発砲率が挙がるのが正解

連射機能で引き金を引く事への抵抗感が減る者は撃てば撃つほど抵抗感が無くなる
それは訓練で引き金を引けるようになった者ではない
軍艦や航空機からミサイルの発射ボタンょ押してる者と同じで訓練によって引き金を
引けるようになった者ではない

分かったかな?

577 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 19:40:24.99 ID:9yVYoK1l
AI兵器が増えれば良心の呵責が軽くすみそうな気がしますけど、人間がやったのではないAI兵器がやったのだと言う事ができますからね。
帝国の戦争の論理や考え方とはまったく違う考え方ですけど

578 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 20:11:55.73 ID:316m9KMp
>>574
レッテル貼りすんなよ。
あたなに正しい見分ける能力があるなら、
適切にフィルタしながら読めるはずだ。

>>575
もう警官の話は終わってますが?

>>576
やっぱり読んでないのナ。
話しにならんよ。

579 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 20:20:15.51 ID:g/x4ud1B
ID:316m9KMpは反論に窮すると相手にしたくないようだ

580 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 20:45:41.99 ID:A5ABbHIP
>>570
都合良く自説の内容を置き換えるなよw
お前は当初動くものは何でも撃つのが軍の訓練と言ってただろ?
ROEが全兵器使用自由で、この先敵しか居ないって考えのROEなら動くものを何でも撃つのではなく
この先撃っても良いと指示してはじめて撃てる理性的集団だろうが
それが軍隊の訓練だって言うの・・・

581 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 20:47:43.23 ID:nqxSDa4G
砲丸投げスレなら凄い記録なのにw

582 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 20:47:56.66 ID:rxjSuHiE
>>576
書いてあった内容だと発射ボタンやらは別物じゃなかったけ?
機関銃兵士の敵へ照準した云々は分担作業なんで任務感が強くなるので
精神的負担がかからないとか云々。
(ここらへんは集団リンチので群集心理には似てるね。)

逆に小銃射撃は個々での射撃だから発砲できなくなるとか。
それを改善するのに訓練カリキュラムを変更したら
ベトナムだと劇的に改善されて敵を狙って撃てたとか。

ただ昔から2パーセントくらいで訓練もなしに
何の呵責もなく人に向かって発砲できる人もおるとか書いてあった記憶。

583 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 20:50:32.31 ID:A5ABbHIP
>>572
理性がないと号令がかかる前にとりあえず前に向かって撃つ
だから号令がかかったら撃つように訓練してるんだけど?
上官は建前でそんなこと言うけど、実際は人を殺すことを叩き込むための訓練だってんなら
号令なんて要らないだろ?
少しは考えろよw

584 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 20:54:24.84 ID:g/x4ud1B
>>582
著者の肩書きで鵜呑みにしてるのかも知れないが機関銃手の発砲率が高いのなら
兵士を全部機関銃手にすればいいってのが真実だよ
兵器が人殺しを簡単にする
昔から何も変わってない兵器の進歩

任務に対する義務感や責任感こそ訓練で高める物

585 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 20:54:34.15 ID:6Pn2ihR+
そもそも特地進出に当たって、銀座事件を戦訓とし、情報収集を行い 
敵性勢力の識別や、その使用する武器、戦術などを充分に研究した上で装備を整えてから
ゲートの向こうに行ったのだから、今現在の交戦規程云々は全く無意味だよもん

586 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 21:16:40.12 ID:Xr96HFJc
>>557金型を作るとなるとその製作費を回収できる利益が出ないとねえ。
おれも昔、レッドサンの兵器のプラモ出してほしいと思ったものだわ。
7式戦車とか播磨とか。まあ7式は74式を角ばらせればいいんだけど

587 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 21:28:45.27 ID:rxjSuHiE
>>584
>>兵士を全部機関銃手 

これは釣り・・・なのか?

588 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 21:35:28.68 ID:g/x4ud1B
>>587
連射できる小銃にする事で機関銃射手のように発砲への抵抗感を減らすという事なんだが
ID:rxjSuHiEには理解できない言い回しだったか

589 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 21:40:33.61 ID:uDpkHlL+
>>586
ワンフェスのレジンキットならなにか出てきそだが。
プラモで出てないものなら小さいけど隔月刊のやつで自衛隊のミニチュアでてるな。
ところであれについてる防弾ガラスはライフル弾も防げるものかな、多分対応してると思うけど。

590 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 21:53:21.28 ID:gT2gRvpH
>>589
|゚)ジッ    1/144模型ならProject144のほうが期待できるかも・・・

591 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 21:58:42.69 ID:oRoK0Elx
>587
64式はそういう思想で作ってるんじゃないの?

592 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 22:00:10.66 ID:uDpkHlL+
>>590
|゚)ノよ〜   1/144模型ならF4ファントムも安く買えるもんね。
特派のデカールがほしい

593 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 22:02:31.65 ID:gT2gRvpH
>>592
|゚)ジッ   特派のデカール、ダメ屋さんとか妖精さんに期待してたり・・・

594 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 22:05:14.79 ID:316m9KMp
>>580
> お前は当初動くものは何でも撃つのが軍の訓練と言ってただろ?

どうりで話が噛み合わないわけだ。
あなたの誤解です。よーく読み直してね。

>>583
少しは考えるべきなのは、あなたです。
ありえない論外に向かって誤解するのやめてね。

>>584
そんな糞サヨクのような発想やめてくれよ。

現実に、
いかに敵を人間だと思わずに攻撃するか、
ということで実際に苦労してるって話だろうに。

顔が見えない距離から、死体が原型を留めない、
そういう過剰な火力を使うのも1つの方法だよね。

595 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 22:05:32.40 ID:6Pn2ihR+
正確には全ての兵士が防御陣地から突撃破砕射撃をする
と言う戦術思想に必要な能力の獲得を求められ実現された性能で
これは実に、アルヌスに於ける迎撃戦闘で要求通りの火力性能を発揮しているんだな
89式では射程が不足するので、持ち込まない事には戦術的に合理的な理由もあった

596 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 22:09:01.85 ID:gT2gRvpH
>>592
|゚)ジッ    まあこんなのもあるし・・・

       https://pbs.twimg.com/media/CGocksnUIAADeWs.jpg

597 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 22:12:43.15 ID:JgoaLzmc
>>588
それはあなたの推測に過ぎないでしょ。

連射できる小銃にすることは,目標から銃口をそらさずに連続発射できることにある。
もちろん,掃射も可能であることも利点。

ただし,装弾数からいえば,掃射はおまけ機能。


発砲における抵抗感をなくす為に自動小銃が開発されたなんてのは,
誰も信じないよ。

598 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 22:13:48.69 ID:DY4pjuSC
>>569
>あなたは理想論に過ぎている。
理想論もくそも、あるべき姿を追求するために訓練して、それでも現状では誤射などが起こるというだけのことなのだが。

あるべき姿ってのは、射撃で言うなら「陸自全隊員が射撃検定で特級取得」みたいなもの。
現実的には、予算や訓練時間や隊員個々の能力に制約があるから、目標の完全な達成は不可能。そんなことは誰だってわかっている。
でも、その「あるべき姿」を追求して訓練することで、陸自全体の小銃射撃のレベルを向上させるわけだ。

いい加減、目標と結果の区別をつけようよ。

>この村は非協力的なので全員ぶっころせと言われれば、それがROEだ。
・・・あのさ。その場合、兵隊は勝手に撃ったわけではなく、ちゃんと指揮官が「あの村は敵だ」と命令を下したから攻撃したのだろ。

交戦規定は文字通り「規定=ルール」。つまり判断材料であって、指揮官の命令とは別物なんだが。
交戦規定を踏まえたうえで、それでもその村を攻撃する必要があると指揮官が判断し、攻撃を命令したなら、兵はそれに従う。その命令の責任は指揮官にある。

>日本中から適性検査やらで見つけ出してスカウトしてるのかい?
順序が逆。
日本中から自衛隊に志願し入隊した新隊員に前期教育などで適格性検査を実施し、後期教育からそれぞれ向いた職種に配属される。
前線部隊を希望していても、後方部隊に配属される隊員もいるし、逆もいる。
もちろん、現実的にはそれぞれの職種の新隊員枠とか、隊員の訓練成績とかも絡むから、必ず適格性通りになるとは限らないが。

嘘だと思うなら、知り合いの自衛官か、地方協力本部にでも聞いてみればいいよ。

599 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 22:13:51.10 ID:g/x4ud1B
>>594
糞サヨは軍が訓練で人を殺せるように洗脳してるとか言ってる頭の可笑しい奴だろう

いかに相手を人間だと思わず攻撃するかなんて訓練で腐心するのが無意味だからしないと言ってる
そんな事は兵器を開発する奴が工夫する事

600 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 22:23:31.53 ID:uDpkHlL+
>>596
|゚)ノよ〜   しかし模型雑誌とかゲート模型の話題ないな、ガルパンならあるのにな〜
しかしアニメの方のやつは特派のデカールしか貼るもの無いよね、ファントムもノッペラボウだしな〜

601 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 22:25:36.39 ID:DY4pjuSC
>>588
・・・今時、ボルトアクション小銃使ってる軍隊っているのか?
と言うのは冗談として、自動小銃は連射可能ではあるが、あくまで個人傾向火器。
装填から射撃まで全部一人で完結するので、>>582で言うような「責任の分散」はないよ。
まあ、強いて言うなら、小隊長や分隊長が射撃を統制することで「命令に従っただけ」と責任を分散できるが。

機関銃は、銃本隊を運用する人と弾薬運搬手がチームで行動するし、小隊・分隊火力の要として小隊長・分隊長が
直轄運用するので、射手が個人の判断で撃つ余地はあまりない。

機関銃と自動小銃の違いは銃の性能ではなく、運用の違いなんだよ。
実際、ロシア圏だとAK小銃の銃身を伸ばした分隊支援火器(軽機関銃)なんかもあるし。

602 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 22:35:00.30 ID:g/x4ud1B
>>597
違う、単に目標から目を離さず撃ち続けられる小銃は第二次大戦のM1ガーランドからあった
だがデータから発砲率が上がり始めるのは連射機能が付く朝鮮戦争から

機関銃手の発砲率が昔から高いのが連射する事による標的との正対感の欠如
スコープ射撃による正対感の欠如もそれに近いと言える
近代小銃の連射機能は正に機関銃手と同じく発砲への抵抗感軽減になってる

もちろん小銃に連射機能を付加した開発者の意図がそこにあったなどと言うつもりは無い
ただ現実に訓練ではなく小銃の変化が発砲率の変化に関連してるだけ

603 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 22:40:53.66 ID:gT2gRvpH
>>600
|゚)ジッ    ガルパンわ元になるのがあるからなぁ・・・
        1/144用のパーソナルマーク自作してた人も多いし・・・


       しかい模型じゃないけど、これ欲しいわ
       http://blog-imgs-74.fc2.com/c/o/m/comicbookstore/2015_07_05_05.jpg

604 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 22:41:39.73 ID:g/x4ud1B
>>601
一般的に上官の命令が無いと撃てないのは歩兵も機関銃手も同じ
命令命令は責任を上官が持つために行うので抵抗感軽減となるのも同じ

機銃手は複数が作業分担するので射手に発砲の抵抗感が減るなんてのは無い
個人の身体的負担が減るだけ
チームで動くので責任感が高くなるなんてのも一般兵士でも変わらん話
そんな事で機関銃手の発砲率が異常に高いなら一般兵に3人係りで扱わないと
駄目な小銃を持たせればいいだけ

605 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 22:47:42.69 ID:JgoaLzmc
>>601
運用が違うから,性能もそれに合わせてあると思うよ?

>>602
発砲率のデータが何を分母にして何を分子にしているのか知らないが,
そりゃ,連射にすれば発砲数は増えるよ。
逆に命中率は下がるけどね。

606 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 22:52:42.75 ID:Xr96HFJc
>>603ですがでも極めて好評だがこれどこで手に入れるの?
ガチでほしいのだが。

607 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 22:59:16.89 ID:g/x4ud1B
>>605
連投でレスがこんがらがってきたw
ここで言ってるのは連射になる事で発砲への抵抗感が減って"発砲率"が上がるって話
だから訓練で発砲率が上がったんじゃなくて兵器が変わったから上がったと言ってる

608 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 23:03:52.19 ID:gT2gRvpH
>>606
|゚)ジッ   もう手に入れられないっぽい・・・
       http://comicbookstore.blog39.fc2.com/blog-entry-3166.html


      ただ、BD3巻初回特典にオリジナルデザイン自衛隊ワッペンがあるらしい・・・

609 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 23:07:46.49 ID:rxjSuHiE
>>607
連射になる事で発砲への抵抗感が減って"発砲率"が上がるって話
って何が出典なんだい?

朝鮮戦争で連射装備になったと言ってもWW2と変わらない
M1ガーランドじゃなかったけ?

610 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 23:09:33.68 ID:DY4pjuSC
>>605
運用が違うから、要求される性能も違うという。
まあ、卵が先か鶏が先かと言う話になるけど。

611 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 23:15:59.65 ID:uDpkHlL+
>>608
|゚)ノよ〜  オークションならあるけど高い

http://closedsearch.auctions.yahoo.co.jp/closedsearch/%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%88+%E8%87%AA%E8%A1%9B%E9%9A%8A/0/

関東に住んでいるならそのミリタリー系のイベントに行くとか、コミケで売っていなかった?

612 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 23:21:31.85 ID:gT2gRvpH
>>611
|゚)ジッ   大洗ばっか行ってたからコミケとか行ってないのよ・・・

613 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 23:22:59.67 ID:JgoaLzmc
>>607
『抵抗感が減って』ていうのは,君の印象だろ。
引き金引いて,レバーで装填し,再度照準して発射,5発で再装填とかやってる時代から,
引き金引くだけで3〜10発撃っちゃうような状況に変わったんだとすれば,
心理的なファクターよりも物理的なファクターの方が大きいと思う。

それに,出所不明だけど,昔は一人死傷させるのに3000発つかってたのが,
第二次大戦では数万,現代戦では100万発っていう話がある。

こんな状況だと,発砲数がいくら増えても命中率が極端に低いわけだから,これをもって
「抵抗感が減った」という結論に持っていくのには無理があると思う。

614 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 23:25:06.74 ID:Xr96HFJc
>>608そのうちいろんなところで作るのだろうけどレレイバージョンとかも
出来ればなおありがたい。さすがにオークションで1万とか8000とかは買う
気にはなれないし。

615 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 23:26:21.66 ID:316m9KMp
>>598
現実的な目標を設定しないと、かえって損害が増えるでしょうに。
悲しいことに歩兵は損耗率で打算的に運用されてしまうものだよ。
多少の誤射を許容したほうが良いという判断になってしまうんだよ。

交戦規定は1つではない。
指揮官が状況に合わせて交戦規定を選ぶ。

適性検査についても、あなたは私の発言をろくに読んでない。
同じことを何度も書くのは嫌なので、スレを読みなおしてくれ。

>>599
> いかに相手を人間だと思わず攻撃するかなんて訓練で腐心するのが無意味だからしないと言ってる

無意味ではないことは実績が証明してるだろ。
戦争が終わった後に副作用で困るという点では失敗だが、
しかし敵を殺させるところまでは成功してるんですよ。

616 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 23:26:59.68 ID:gT2gRvpH
>>614
|゚)ジッ   同じく、手を出す気にもなれんとゆうか転売ヤー機雷だし

617 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 23:28:23.86 ID:pg25XYvv
>>613
一連の流れみたけど、理解しきれてないね君は。
社会に出ていない学生だと思うけど、もっと本を読むなりして想像力を養うといいよ^^
あと気持ち悪いからレスしないでね^^

618 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 23:33:13.72 ID:JgoaLzmc
>>617
そんなに,むきになられると困るな。
IDまで変えちゃってさ。

619 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 23:33:18.71 ID:gT2gRvpH
|゚)ジッ   自分の望む回答が得られるまで粘り強くレスしてくる悪寒・・・

620 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 23:37:06.63 ID:oyUqWgtf
>>603
すげぇ!4コマネタのあれ、マジで作ったんだw

621 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 23:38:08.47 ID:WvyoYEHD
あれはタァペストリーです!

622 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 23:39:07.42 ID:gT2gRvpH
>>614
|゚)ジッ   これも欲しい・・・
      http://gate-anime.com/bd-dvd/images/toranoana_pinbadge_sample.jpg

>>620
|゚)ジッ   見つけてよかったのか悪かったのか・・・

623 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 23:44:02.43 ID:oyUqWgtf
>>622
ちゃんと原作版なのが好感♪
そのうち特地女子写真集(悪書袋とじw)とか聖下フィギュア(非売品)とか出てくるのだらうか…
そこまで盛り上がってないかw

624 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 23:45:00.07 ID:g/x4ud1B
>>609
朝鮮戦争で使われたフルオートはM2カービンだな
>>615
どう証明されたと言ってるのかな
引き金を引けた者が増えたのは兵器のせいだというのに

625 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 23:51:34.98 ID:uDpkHlL+
>>622
|゚)ノよ〜  12月開催のやつならあるかも小林源文の同人誌も(本人)あるよ

http://www.sams-militariya.com/

626 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 23:56:18.76 ID:g/x4ud1B
>>613
見落としてた
連射によって発砲への抵抗感が減るのは機関銃手の発砲率が多いのと同じだと言ってるだろう
弾をばら撒くのは単発正対射撃よりずっと心理負担が少ないんだよ
ハズレ弾が増えるのは当然の事

627 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 00:02:32.51 ID:tLXBNNEG
>>624
大きな勘違いをしているようだが、大東亜戦争以前、第一次世界大戦の頃
近代戦に於いて銃口を敵に向けず発砲する問題があったのは確かだった
しかし現代戦では、敵が何者でどんな武器を持ちどんな理由で自分と敵対するのかを知り
その上で訓練、演習を重ねて「引き鉄を引く覚悟」を決め戦いに臨む事で、軍事行動による殺人を正当化している
よって「人殺し心理学」の内容はこの話題には不向きであると言えるだろう

628 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 00:11:13.68 ID:x68yhmXf
>>626
だから,あなたの言う発砲率の分母と分子はなんなの?
まずそこを答えてよ。

発砲数が増えたのは,単に機械的に多量にばら撒かれるようになっただけなので,
心理的負担の増減なんてほとんど相関がないのでは?ということ。
大体,ある程度選抜されてなっている機関銃手を引き合いに出して,発砲率がいいのは
武器が機関銃だからだ!って結論はおかしくね?選抜されてるからでしょ。

629 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 00:11:17.85 ID:nCO5iVfD
>>624
失敬失敬。
でもどっちにしろ、WW2で使われてた銃じゃないのかい?


それと件の連射と発砲率の因果関係の出典も教えてくれるとありがたい。

>>626
連射との因果関係について
小銃の発砲率が通常は2割なのに、
指揮官が見てる前だとほぼ全員が発砲すること。
フォークランド紛争でのアルゼンチン軍の行動。
この二点について「人殺しにおける〜」
で言及されている部分があるんだけど、それについてはどう思う?

630 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 00:17:06.50 ID:Baxf9Kij
>>627
私は、我が国の平和と独立を守る自衛隊の使命を自覚し、
日本国憲法 及び法令を遵守し、一致団結、厳正な規律を保持し、
常に徳操を養い、人格を尊重し、心身を鍛え、技能を磨き、
政治的活動に関与せず、強い責任感をもつて専心職務の遂行に当たり、
事に臨んでは危険を顧みず、身をもつて責務の完遂に務め、
もつて国民の負託にこたえることを誓います

重要なのは責務の完遂で引き金を引かない覚悟を求められるのもまた軍隊
自衛隊だけじゃなくて状況によってはシナやロシアでさえ撃たず体当たりで進入を阻止するわけだが

631 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 00:34:24.87 ID:1sKfpauy
>>624
> 引き金を引けた者が増えたのは兵器のせいだというのに

訓練の賜物です

>>630
自衛隊でも後ろ玉はあるんですよ。

海外派遣の際のインタビューで、
上の命令に反しようが現場の判断で撃たせる、
と公言しちゃった小隊長がいたような。

632 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 01:21:33.22 ID:KHSeMR0U
自分も触っちゃったから人の事言えないけど
そろそろゲートの軍事に関する話しませんかね?

633 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 01:23:49.29 ID:Baxf9Kij
>>631
実戦未経験の自衛隊で後ろ弾があるとはどういう事例を知ってるの?

634 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 05:16:16.21 ID:5ypI6Dat
誤射だの言いだしたらNGにぶち込んだほうがいいな。

635 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 05:38:23.25 ID:1sKfpauy
>>633
実戦になれば上官を後ろ弾すると公言しちゃう自衛官はいます。
それは良い意味で健全なことだと思いますよ。

そして、後ろ弾を恐れてか、部下を思いやってか、
とにかく上からの命令に関係なく、
自分達の防衛を優先するという本音は真実でしょう。

それをけしからんと言うなら、そんな危険なところに
危険ではないという建前で派遣するなってことです。

自衛隊員とくに一定以上の年齢の人達には、
海外派遣なんて寝耳に水だし、
専守防衛の自衛隊の実戦は国土防衛だけだと、
高をくくって志願してますからね。

若い人達だって、ふざけんなって話ですよ。
いつだって好戦的なのは文民なんですからね。

636 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 06:34:13.02 ID:BTu5+Df9
左翼?

637 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 06:44:04.41 ID:tLXBNNEG
後ろ弾のソースは山岳ベース事件などの内部ゲバルト事案ってかw

638 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 07:02:27.80 ID:1zlaR3ci
民間企業だって情勢の変化で色々従業員にさせるってのに。
転勤ないって入った企業が海外進出し始めて米国勤務させられたんだが。
まあ楽しかったからいいけど。

639 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 07:11:44.32 ID:j59NFa1k
国土防衛=本土決戦な

640 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 08:48:03.98 ID:Baxf9Kij
>>635
自衛隊は志願しか居ないんで止めたくなったら入る人は理解してるし今じゃ海外派遣が
始まってからでも任期の過ぎた人しか居ないだろ
なんで今残ってる人が海外派遣に反対してるなんて思ってるのか

しかもそれを後ろ弾のソースだとかw

641 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 08:55:16.72 ID:sAZ6FHDe
歳いった人はミグの北海道襲来をリアルタイムで経験しているから
奇襲からの本土決戦の覚悟してるよ。
あの頃の絶望的な戦力差でまずは侵略された上での反抗戦しか有り得なかったことを思えば今は最初から戦えるレベルにあるだけ遥かに良い。

642 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 09:11:52.25 ID:L1XfvW4q
>>635
何時の時代の話だよ・・・
今じゃカンボジア派遣時に自衛官だった奴は定年間近しかおらん
その後入ってきた奴は自衛官は海外にも派遣されるって前提で職を選んだわけだが・・・
それに後ろ弾を公言してるって、洒落にならんぞ?
言ったとしても元がつく奴じゃね?心の中で思っても公言はできないだろ現職は

643 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 10:34:56.18 ID:Z0SfNAhe
>>642
バブル隊員はあと10年ぐらいあるぞ
そいつらが今実権を握ってる

644 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 10:57:53.97 ID:060+GeYc
バブル隊員ってキチガイなんだっけ

645 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 11:33:14.63 ID:7E8coQ66
>>587
旧日本陸軍が理想は歩兵全員に軽機を持たせたいって

646 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 11:53:31.71 ID:NK1OA5/h
>>642
左翼出版社の反自衛隊本で読んで言っているとか?
言っている事はムチャクチャなので、そう思いました。

647 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 12:55:52.72 ID:jLY+CuBI
有事の際は違法・脱法行為すると言う自衛官は居るけどさ

あれは自衛隊版つれーわーアピールだと思う

648 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 13:11:08.97 ID:NK1OA5/h
>>647
それは単なるバカです。有事で違法や脱法しても自慢にならないから軽蔑されるだけです。

649 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 13:15:43.13 ID:Z0SfNAhe
宣戦布告で犬死にするようなことはないらしい

650 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 13:18:50.80 ID:NK1OA5/h
>>635
安保法反対で極左宣伝番組のモーニングバードであなたと同じような事を極左思想でジャーナリストで小金稼ぎの青木理とテレビ朝日社員で極左思想で反自衛隊の玉川徹と同じ事を言ってましたよ。

651 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 13:52:21.40 ID:ccYmRsc/
|゚)ジッ    バブル、バブルと騒ぐ氷河期世代わ

        なんでもかんでも悪いのわバブルですませちゃうからなぁ・・・

652 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 13:56:58.66 ID:71Mc+XX6
軍隊は訓練で人を殺せるように洗脳してる!
の次は海外派遣が嫌で自衛隊員が仲間に後ろから撃たれる!かw
ブサヨの妄言癖はとどまる所を知らないな

653 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 15:41:32.75 ID:Z0SfNAhe
ゲートの自衛官は理想でしょ

654 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 15:47:52.72 ID:1sKfpauy
>>640
文章がワケワカメですよ

>>652
> 海外派遣が嫌で自衛隊員が仲間に後ろから撃たれる!かw

どっからそんな話が?

> ID:NK1OA5/h

あなたはスルーで

655 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 15:51:51.19 ID:1sKfpauy
作中で、
人を殺めるための心理的なハードルを下げる技術について、
パイパーの件でグレイの妙に長いセリフで説明してるよね。

656 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 15:55:12.08 ID:nritx1bN
良い意味で健全w
健全は普通良いことです。

657 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 16:00:22.58 ID:1sKfpauy
レレイ先生いわく
「殺人を禁忌とする心の錠は簡単には外れない。
戦う者はみな相応の訓練の果てに
その禁忌を外すことが出来るようになる。」
だってさ。

ほら、やっぱり訓練じゃん。

>>656
「健全」は皮肉をこめて使われることが多いからねぇ。

658 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 16:01:08.71 ID:71Mc+XX6
>>654
>>635
>実戦になれば上官を後ろ弾すると公言しちゃう自衛官はいます。
それは良い意味で健全なことだと思いますよ。

>そして、後ろ弾を恐れてか、部下を思いやってか、
とにかく上からの命令に関係なく、
自分達の防衛を優先するという本音は真実でしょう。

お前は自分が数スレ前に書いたことも忘れてるのか

659 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 16:12:33.28 ID:ccYmRsc/
>>655
|゚)ジッ   大日本帝国陸軍が大陸に進駐したとき

       新兵が訓練ですら人を撃つ銃剣で刺すのを嫌がってた・・・
       それを、ある方法で心理的なハードルを克服させたらしい・・・
       おそらく一部の例外的なものを除けば有効な手段かも
       

660 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 16:21:18.50 ID:71Mc+XX6
>>659
それが本当なら第二次大戦中の日本軍と米軍の発砲率は段違いだっただろうな

661 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 16:28:03.65 ID:NK1OA5/h
>>156
健全に見えて歴史的に不健全な国家もあるからね。
ブサヨが大好きな隣国なんてもの凄い健全に見えて不健全な国家だし

662 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 16:35:51.28 ID:ccYmRsc/
|゚)ジッ   >日本軍と米軍の発砲率
      
      戦時下で圧倒的に物量に勝る米軍と日本軍を比較?
     

663 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 16:41:07.45 ID:z20I7Dcm
>>659
多分現代日本でやったらいろいろと炎上間違い無しの例の訓練ですかね
オークやオーガを使えば法的には問題ないかもだけど

>>660
そもそも日本軍はなるべく弾撃たないようにしてたのでは
予想が正しければ上の方法も弾使わないはずだし

664 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 16:45:20.96 ID:71Mc+XX6
>>662
米軍が物量で圧倒しだすのは43年以降の話
ガダルカナル初戦での米海兵隊の危機を知らないんだろうか
日本軍の作戦ミスで大敗したから最初から物量で押しつぶしたと思ったか

日本軍は敵陣に踊り込んでの白兵戦を重視してたんで歩兵は被発見や
同士討ちを避けるのに発砲を禁止される場合が多かった

665 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 16:57:38.51 ID:z20I7Dcm
>>664
いやそれ単に荷揚げが追いつかなかっただけでは
海兵隊の事情はあるにせよ、ガダルカナル戦最序盤以外は補給に困ってないですし
んでそもそもの兵力が日本側を大きく上回ってたわけで

>日本軍は敵陣に踊り込んでの白兵戦を重視してたんで歩兵は被発見や
>同士討ちを避けるのに発砲を禁止される場合が多かった
まあそのために(多分)>>659ってことで、発砲率では比較できないかと

666 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 17:01:04.90 ID:71Mc+XX6
>>665
日本艦隊が接近して米輸送船が退避したのも大きい

わざとミスリードをしようとしてるのか知らないが発砲率は発砲命令を受けて
発砲できる者と発砲できない者の割合な

667 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 17:16:04.94 ID:1sKfpauy
>>658
あなたは認知症ですね。
そうでないというのなら誤解していることを自覚して冷静に読み直してね。

668 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 17:18:12.25 ID:71Mc+XX6
>>667
認知症の症状も知らない馬鹿だったのか
お前みたいなのが認知症なんだよw

669 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 17:28:23.83 ID:1sKfpauy
>>668
少なくとも>>658のような発言してたら、相手してらんないわ。

670 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 17:29:25.35 ID:1sKfpauy
大切な事なので繰り返します

レレイ先生いわく
「殺人を禁忌とする心の錠は簡単には外れない。
戦う者はみな相応の訓練の果てに
その禁忌を外すことが出来るようになる。」
だってさ。

ほら、やっぱり訓練じゃん。

671 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 17:31:34.99 ID:71Mc+XX6
シナ朝鮮人は論破されるとID:1sKfpauyみたいに馬鹿げたコピペ連投するから分かり易いw

672 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 17:36:36.46 ID:ccYmRsc/
>>663
|゚)ジッ   その炎上間違いなしの訓練ですら嫌々するのがあら不思議な・・・
      

>>665
|゚)ジッ   古参兵や従軍経験が長いのがいる小隊なんかじゃ突撃、突入もあとからとぼけて・・・
      そんな小隊わ発砲もしてないから弾薬が消費していないのを見つかると拙いってんで
      その場で遺棄してたりなんてことがあるんで発砲率云々ちゅうのわねえ・・・
 

673 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 17:39:54.65 ID:z20I7Dcm
>>666
>わざとミスリードをしようとしてるのか知らないが発砲率は発砲命令を受けて
>発砲できる者と発砲できない者の割合な
限られた発砲数で撃たない割合が多かったら戦闘に負けてしまうのでは
まあ日本軍の発砲率のデータがない限り、結局のところ憶測と水掛け論に終わってしまうかと

674 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 17:47:41.66 ID:ccYmRsc/
>>673
|゚)ジッ   人へ向けての発砲なのか

       武装をした相手なのか非武装なのかでもかわるし・・・
       非武装だから見逃したらってのもあるし・・・
       現代の平時と戦時じゃまたかわるし

       そういや、この手の論争をあっちこっちで見た記憶があるけど同じ人なのかな?

675 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 17:49:52.60 ID:71Mc+XX6
>>673
敵も撃てる奴は同じくらいしかいないなら変わらない
むしろ日本軍の発砲率が米軍より高かったら火力差を埋められるはずだな

676 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 17:58:10.32 ID:z20I7Dcm
>>675
>むしろ日本軍の発砲率が米軍より高かったら火力差を埋められるはずだな
実際ある程度までは埋めていたんでは
何十分の一だか何百分の一だかの弾数で戦闘を行えていたのだから

677 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 18:03:39.67 ID:71Mc+XX6
>>676
日本も米軍も歩兵が携行できる弾薬の数なんか大して変わらん
米軍のM1ガーランドもフルオートじゃないしな

678 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 18:36:07.75 ID:ccYmRsc/
|゚)ジッ   外伝6冊発送通知キタ

       届いたらマラソンするにゃ

679 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 19:04:32.63 ID:RummehRJ
>>678
10マイル走ガンバッテネ

680 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 19:08:18.70 ID:ccYmRsc/
>>679
|゚)ジッ   うみゅ、忙しくなるからワシにかわって
      艦これとアルペジオを交互に見る苦行を頼むのにゃ

681 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 19:10:22.85 ID:nritx1bN
タクティカル・ロアも混ぜれ

682 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 19:27:27.02 ID:14KXczm8
>>680
|゚)ノよ〜 こんばんは〜、昨日はどうも
一応日本の戦車の話だけどファインモールドが販売のため企画中らしいよ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151023-00000026-asahi-soci

683 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 19:29:39.42 ID:ccYmRsc/
>>682
|゚)ジッ   だめ屋さんも出しそうな感じなのよね

684 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 19:37:34.21 ID:uXGdVsjR
>>677
実は分隊同士の火力だと、ドイツ軍がトップになるんだよな。
MG42は偉大だぜ。

685 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 19:39:30.99 ID:14KXczm8
>>683
|゚)ノよ〜 ゲート関係も出してほしいね、三人娘とか
架橋戦車とか色々欲しいが、お前らもし出るなら名の商品化してもらいたい


686 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 19:51:08.71 ID:8fkcuJz9
ちなみに、日本軍は「火力発揮は機関銃(擲弾筒)の仕事、小銃手は弾撃つ暇があったら突っ込め」という思想なので
米兵に比べて発砲率が低いというのはある意味事実。
単純に、小銃手たちが38式でパンパン撃つより、96式機関銃一丁のほうが火力発揮は上だしね。

戦後は、64式の普及で小銃手全員が機関銃に順ずる火力を発揮できるようになったが。

日本軍と真逆なのは英軍で、猛訓練でボルトアクションライフルで自動小銃並みの連射速度を実現というという斜め上な方法をとっている。
さすがは英国脳

>>635
今の若い人は(特にイラク戦争や311の後の世代)は覚悟が違う、とはよく言われるな。
最近の若い人は、入隊試験の面接でアピールしてくるポイントは、ほとんどが海外派遣や災害派遣への意気込みだとか。

687 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 19:52:52.35 ID:ccYmRsc/
>>685
|゚)ジッ    架橋戦車・・・チャーチルなら(違う

       http://www.dameya.net/shopdetail/005001000003/001/P/page2/recommend/

688 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 19:54:55.16 ID:ccYmRsc/
|゚)ジッ   自衛隊、陸自の小隊単位の火力・・・

689 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 20:04:47.59 ID:14KXczm8
>>688
|゚)ノよ〜
いまスレで歩兵?のこと議論してるけど近代の戦争で死傷者が多いのは
爆弾含む砲撃との攻撃らしいな、でも最後の締めは歩兵じゃないと・・・・

今度の日曜日からNHKスペシャル面白そう、第一次世界大戦とかの映像もあるな。

690 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 20:08:20.86 ID:Baxf9Kij
>>686
いや軍が問題にした発砲率は射撃を命令したのに撃てない兵士が多い事なんで
白兵戦主体で発砲をしない事とは別の話

むしろ白兵戦なんてのは発砲できない兵士が多くて人数ほどの火力が出せないのを
前提で行ってたんじゃないかね

691 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 20:15:22.16 ID:8fkcuJz9
>>690
そこらへんは、日本軍の文献とか読んだことないからよくわかんないな。
まあ、日本軍は日露戦争の戦訓で「歩兵火力なんて当てにならん!これからは機関銃と大砲の時代や!!」で
突っ走った軍隊なので、兵士の発砲率などそもそも問題視していなかったのかもしれないが。

あきらかに、小銃の開発はおざなりで機関銃や歩兵砲に力入れてたし

692 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 20:19:35.53 ID:ccYmRsc/
>>689
|゚)ジッ    これね・・・
       http://www.nhk.or.jp/special/eizo/

       映像資料として見るほうがよさそうな気がするにゃ

693 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 20:51:04.49 ID:ubsDexdl
>>677 弾薬携行しての移動・追走補給における自動車化の比率が桁違いだぞ米軍…

694 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 20:53:27.03 ID:5f5sAFOt
正確には、歩兵火力が大事だとわかったので、自動小銃の配備を想定してみたところ
小銃の八倍から二十倍の弾薬消費量になるお、なにそれコワイとなって
ならば重機関銃の支援のもと軽機関銃と擲弾発射器で歩兵分隊の火力を充実しょうずと考えて出来たのがあれ
戦後はさらに、砲撃で撃ち漏らした敵を全員防御陣地で機関銃による火力防御に注力して滅ぼす
と言う突撃破砕の考えで産まれた戦術思想で戦力を整備してきたのだ

695 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 20:54:50.16 ID:ccYmRsc/
|゚)ジッ   >正確には、歩兵火力が大事だとわかったので

      いつごろの話なんだろ・・・

696 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 20:59:26.21 ID:5f5sAFOt
>>695
日清日露の戦役で、デグチョリョフやオチキスの吐き出す弾雨の中
損耗承知のごり押しで薄氷の勝利を得た頃の事

697 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 20:59:46.94 ID:5XTn/cw+
>>686
英軍がFALからフルオート機能を取っ払ったのもなんか納得。でも現場の兵士らには不安がられたらしいけど

698 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 20:59:53.28 ID:8fkcuJz9
そして、生まれたのが重機関銃をかついで攻勢の最前線にもっていくという意味のわからない軍隊・・・
なんで、50kgを超える92式重機関銃をかついでジャングルを走り回れるんだ?

いや、山砲をばらして(重い部品は数十kg)かついで人力搬送する時点でたいがいだが。

699 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 21:02:26.84 ID:HReezLZc
>>698
ドイツを見習え

…ww1

700 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 21:03:42.05 ID:ccYmRsc/
>>696
|゚)ジッ   なるほど・・・
      それなのに大東亜戦争・・・

701 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 21:05:05.63 ID:ccYmRsc/
|゚)ジッ   工兵隊わもっと・・・仮設橋を人力で支えたりと・・・

702 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 21:08:22.53 ID:5f5sAFOt
一瞬の充実した火力で優勢を得、その短い時間に歩兵を浸透させて仕舞う
と言うソビエト時代から露西亜が得意とする浸透戦術も
当時の日本軍の戦術により得られた戦訓から考えられたものだったりする

703 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 21:15:44.62 ID:5f5sAFOt
占守から露助を叩き出したのも
大英帝国が印度の再占領に失敗したのも
だいたいその戦術の応用であった訳だ

704 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 21:15:54.95 ID:Baxf9Kij
フォークランド紛争じゃ英軍のセミオートFALvsアルゼンチンのフルオート、バイポット付きFALで対決
後継のL85はフルオート復活してるんだよな…

705 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 21:22:12.54 ID:ccYmRsc/
|゚)ジッ   やはり気になる・・・

       初回生産限定版特典

       ・アニメ描き下ろしイラスト使用特殊ケース
        (デジパック仕様+三方背クリアケース)
       ・特製ブックレット(16P)
       ・原作者:柳内たくみ書き下ろし短編小説
       ・特典:オリジナルデザイン自衛隊ワッペン
       http://www.gate-anime.com/bd-dvd/bd-dvd3.html

       とらのあなで1〜3をセット買いしちゃいそうで怖い・・・

706 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 21:40:10.89 ID:ygYPH1yu
現代のゲリラ戦術の基礎は戦時中の日本軍によって開発された
と思し着物って多いからな…

707 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 21:47:29.05 ID:ccYmRsc/
|゚)ジッ   忘れてた・・・

      チャンネルNECO、10月30日18:00〜放送開始と

708 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 22:13:14.30 ID:Baxf9Kij
小野田さんが行ってた陸軍中野学校二俣分校か

709 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 22:30:49.48 ID:KHSeMR0U
|゚)ジッ ←これ流行ってるの?
キモいんだが

710 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 22:35:50.84 ID:ccYmRsc/
|゚)ジッ   そろそろ腹抱えて笑いたいの

711 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 22:59:48.83 ID:14KXczm8
>>701
|゚)ノよ〜 一応ID変わっても誰かわかるようにつけた。
面白いこと・・・・っ○手鏡・・・・・・・
もう寝るまた明日な。

712 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 23:01:54.15 ID:14KXczm8
安価間違えたが同じだから良いか・・・・・(無責任)

713 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 23:39:51.88 ID:4gwZVYlv
>>709
オレはヤツがガルパンスレに居座ってる頃からしか知らないが、以前からアニメ系スレに出没しているらしい
正直オレもキモいと思ってるが、ここ数日の不毛な論戦以下の言い合い詰りあいしてる連中よりははるかに無害なので
生暖かく放置するのがいいと思う

714 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 23:45:37.12 ID:KHSeMR0U
>>713
なるほど
とりあえず |゚)ジッ と |゚)ノよ〜をNGワードにしとくわ

715 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 23:49:45.52 ID:ccYmRsc/
|゚)ジッ   ここ軍板だよねえ

716 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 23:52:12.25 ID:ggNhfjxv
粘務をNGってwwwwwwwwwwwwwwww

717 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 23:58:53.16 ID:KHSeMR0U
自分には不快だからな
というか粘務ってなにさ

718 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 00:05:01.25 ID:j9tTxVrA
軍事板の住人なら知らないなんて無いからwwwwwwwwwwwwwwww

719 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 00:08:56.32 ID:d63BIzrm
>>715
アニメ2のガルパンスレに帰ろう
百も承知だとは思うが今日はみほ誕だったんだ

720 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 00:09:58.35 ID:32foGQpy
|゚)ジッ   ワシ軍板のゴミカスだから・・・

721 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 00:12:50.61 ID:j9tTxVrA
>>720
粘務は空気だろwwwwwwwwwwwwwwww

722 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 00:24:01.65 ID:32foGQpy
|ω・`)・・・ショボーン

723 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 00:36:38.70 ID:E2qPEFp5
大切な事なので繰り返します

レレイ先生いわく
「殺人を禁忌とする心の錠は簡単には外れない。
戦う者はみな相応の訓練の果てに
その禁忌を外すことが出来るようになる。」
だってさ。

ほら、やっぱり訓練じゃん。

>>671
レッテル貼りしか手がないのですかな。

724 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 00:51:05.10 ID:uPUcLXkk
原作者も元自衛官てだけで人を殺した経験なんか無いだろうし
頓珍漢な事書いてても攻めてはいけないと思う

725 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 01:15:36.48 ID:Xyi9Hax6
ゲートが閉じるまでの期間は1年くらいみたいだが
組まれた予算と実際の戦費ってどの程度かかってるんだろう

726 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 02:00:58.83 ID:E2qPEFp5
>>724
少なくとも作者は、
このスレで粘着してる輩よりは、
ずっと正しい知識に近いところに居るだろう。

伊丹は銀座事件で一線を越えたものの、
その後も葛藤を抱えつつ任務を遂行してる、
といったような記述もあったしな。

727 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 02:02:46.48 ID:E2qPEFp5
さて、レレイが学都ロンデルで発表したネタによって、
特地の魔道士たちは、
分厚い装甲板を貫通する技術を得たわけだが、
その後、それが戦闘に生かされてないのは何故だ。

学の独立ってことで、戦争には動員されないのか。

728 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 02:34:16.73 ID:C5k9a2Qz
>>727
小説読めよ。

貫通出来るだけの魔法の同時発動できる術者がいないんだよ。

729 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 02:43:25.84 ID:uPUcLXkk
さすがにこれはw
軍板でラノベがソース!とかマジで言ってる奴がいるとか思わなかった…

730 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 02:49:44.51 ID:E2qPEFp5
>>728
どこらへんで言及されてた?

少なくともレレイは、ピニャ救出のときに、
ジャイアントオーガの鎧の2cmの鉄板を貫通させてた。

レレイは日本から得た知識でチートしているわけで、
魔道師としてのスキルは極端に突出してなかったと思うが。


小説には、こんな記述もあるな
> 隊員達は、武器になる物を持って向かってくる者を見れば、
> 全てを敵と認識するしかなかった。
> 「逃げる奴は敵だ、逃げない奴は訓練を受けた敵だ」
> 戦場では「理性」を保ち続けることが出来る方が以上だ。
> そもそも、どうやって理性的に人間を殺すというのか
> 理性的に人間を殺せる者のほうが恐ろしいはず
> 戦場では、狂気に駆られていることのほうが正常なのである。
> そして、正常と狂気の切り替えに失敗した者から病んで行く

ねえねえ、スレで俺に粘着していた人ってさ、
ゲートの作者の書いてることを否定したたわけだが、
そこらへんどうよ?

731 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 02:50:44.83 ID:E2qPEFp5
>>729
このスレは、そのラノベの内容について、その軍事面に対して考察するスレでしょ。

732 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 02:55:30.25 ID:E2qPEFp5
こんな記述もあるな

> 制服をまとった兵士には完璧であることが求められる。
> 一瞬の勘違いと、判断の誤りと、手違いが当たり前
> のように横行する戦場にあって、味方を守り、
> 自分が生き残る鉄則は「敵らしければ撃つ」しかないのに、
> あたかも殺人マシンのような完璧な敵味方識別能力が求められ、
> 出来なければ「完璧ではない」と非難されてしまうのである。

このスレで理想論を振りかざしていた人達は、
ゲートの作者の声を、どう受け止めますか。

733 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 03:24:03.20 ID:C5k9a2Qz
>>730
総激編の239ページだけど。
爆轟魔法を実用的な威力を発揮するには光輪を最低5個作らないといけないがとかいってるぞ。

734 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 04:25:49.86 ID:E2qPEFp5
>>733
ごめん、まだそこまで読んでなかったわ。

735 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 05:44:45.04 ID:JuCJJioT
レレイの魔法にしても戦車を殺すほど貫通できないんじゃないかな。

736 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 05:51:12.50 ID:EWfCUPrR
戦車は魔法でひっくり返せばいいだろ。

737 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 06:35:27.90 ID:n5JiQloH
おはようございます |NGワードにされた ゚)ノよ〜です
とりあえず戦車のエンジンの上面部を攻撃したら行動不能にできると思う。
浮揚魔法について戦車は無理として高機動車辺なら浮かして↑事故させるぐらいはできると思うけどな。

738 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 06:47:44.52 ID:YOvS26mb
>>723
通りすがりだが、作中人物のセリフがリアルの常識だと思い込むのはイタい

739 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 06:52:54.94 ID:eQfAGe3o
>>730
「逃げるやつは敵だ(以下略」ってのは
キューブリックの「フルメタルジャケット」のオマージュだけど?
もしかして知らなかった?www

740 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 07:09:18.83 ID:FNGvybHh
帝国開闢以来の重鎮貴族が、敵国家の名前も知らないとか、帝国は杜撰すぎ。

741 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 07:20:01.13 ID:YOvS26mb
キケロ卿「『ニホン国』?あれおかしいな?儂は『ニッポン』と聞いてたんだが」

742 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 07:34:05.26 ID:EWfCUPrR
>>737
戦車くらいひっくり返せるだろ。
完全に浮揚させるわけじゃないから,てこの原理で20tくらいの力で済む。

つか,魔法の弱点は射程距離だから,結局のところ難しいか。

射程の問題さえ解決すれば,眠りの魔法が最強だよね。

743 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 07:46:29.19 ID:Xyi9Hax6
ゲートの魔法は対象が近距離で直接目視しないと効果が無いのがな
確かに貴重な戦車ではあるが1台潰せたとしても確実に他に殺られる
育成に時間と金がかかる知識階級の賢者を当てるのは厳しいような

744 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 08:36:21.22 ID:32foGQpy
>>742>>743
|゚)ジッ     エルフの精霊魔法・・・

>>737
|゚)ジッ     浮揚魔法を応用して履帯を破壊するなり転輪と履帯になにかを挟めば行動の自由を奪える
        さらに砲身砲口へ異物を投入して使用不可にもでける

745 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 08:43:01.48 ID:m/qf0vzc
>>732
いや、それって「敵と味方をちゃんと区別して撃てよ」と命令されているということだろ。

746 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 08:48:46.95 ID:/wLSBoSQ
>>732
国民党将軍で後の国民党副総裁になった李宗仁が国民党軍兵士を戦闘の素養と軍事訓練が劣り、近代戦の常識がなく
ひたすらに蛮勇と勇敢さと死を恐れない事を強調し、精神万能で蛮勇さを賞賛をする風潮が強く、日本の爆撃機や戦闘機が爆弾を投下してくるのを見ても、身を隠したり伏せようともしなかった。
立ち止まり飛行機を指を指して罵る者までいたと回想録で書いてました。
アルヌスの丘を攻略した諸国軍の意見やピニャ皇女の意見につながる意見ではあるけれど。

747 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 08:51:15.57 ID:32foGQpy
|゚)ジッ   動くもの怪しい物わすべて撃て・・・
      橋頭堡確保と最前線へ投入されるから海兵隊の前に味方わいないちゅう・・・

748 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 08:58:46.64 ID:32foGQpy
>>746
|゚)ジッ   ジョージ・スミス・パットン・ジュニア・・・

749 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 09:43:14.46 ID:uPUcLXkk
>>731
いや、ラノベがソース!はその趣旨と違うだろ
自分が凄く恥ずかしい事書いてる自覚がないのかw

750 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 10:05:22.95 ID:Av2qgDxz
何回か海外派遣熱望で出したが却下されたぞ(≧∇≦)

751 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 10:09:47.88 ID:eQfAGe3o
なんで自衛業者中の人まで居るんだよw

752 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 10:15:43.73 ID:m/qf0vzc
自衛隊のPX(コンビニ)には、ちょくちょくGATEや戦国自衛隊が置いてある。
何年か前に善通寺駐屯地には、売店の本屋でGATEの1・2巻が平積みしてあったし。

753 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 10:23:09.20 ID:e4rGX5Xj
自営業の固定票狙いか

754 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 10:23:36.05 ID:3Z2mX3QU
>>749
魔法のソースってラノベ以外に無いだろ?

755 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 10:31:02.69 ID:otcEXQxk
>>754
突っ込まれてるのは>>723みたいな恥ずかしい事書いてるからだろ

>>750
残念だったな血判も押してたら選抜された

756 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 10:32:36.42 ID:m/qf0vzc
>>746
そんな連中を、中共軍を凹れるレベルまで鍛えなおしたのが、戦後の日本人軍事顧問団だったか。

757 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 10:41:41.18 ID:6HKqjD4n
>>756 その頃八路軍は関東軍の教育飛行隊(整備その他まとめての中隊規模が陸路で徒歩撤退中に、食料購入資金が尽きた)をまるごと雇い入れて自前の空軍を建設しつつあったがな。
歩兵で負ける気はしないが飛行機と大砲だけは駄目だ、日本軍のプロの指導が要るてんで。

758 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 13:52:13.73 ID:/wLSBoSQ
>>756
国民党軍の徴兵実態をグラハム ペックといアメリカ人が「アメリカ人が見た旧中国」という本に国民党軍の徴兵は簡単で無情である。整理番号も身体検査もない、法律に基づいた徴兵免除もない
徴兵人数が足らないと国民党軍が人身売買業者から人数を買い入れたり、通行人に拉致をしたり、各地の村から成人男性を集めて誘拐をして国民党軍兵士にした。中には文字も読めない文盲がいたので旗で突撃と退却を命令していた。
と掲載されてました。

759 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 14:39:33.89 ID:Xyi9Hax6
帝国軍は日本との軍事的空白をどの様に埋めるんだろうな
仮に火薬やマスケット銃の技術が入ったとしても全然埋まらないし

760 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 16:05:16.13 ID:n8JKESAZ
埋まったら自衛隊が孤立するやんw
そんなに自衛隊に負けて欲しいの?

761 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 16:28:33.84 ID:vnTUyI1Z
地球の世界だって発展途上国が作れる武器のレベルは
AK-47で止まっているのだが。
其れも先進国の工作機械が無いと作れない。

762 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 17:33:50.14 ID:9tnq8IrB
>>761
AK-47のコピーは共産圏が勝手に制作をしてAK-47が売れなくなったと言う話を聴きましたけど?

763 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 17:44:45.73 ID:9tnq8IrB
オウム真理教でさえAK-47のコピーを作ろうとしたのですから、他の共産圏がコピーを作る事もできたのでは?

764 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 17:50:30.17 ID:E/6CFNG9
>>762
本家の方が潰れたんだっけ?

765 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 17:53:36.91 ID:b9aNoNTX
>>763
でもオウムは金属加工工場を持つ人を取り込んでAK作ろうとしたけど、結局失敗したんだよね

766 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 18:01:22.24 ID:n5JiQloH
>>765
|゚)ノよ〜 前に中東のある村でAKとか銃弾を、村ぐるみで製造してるところがあるのをTVで見たけど
町工場みたいなところだったな、

767 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 18:03:12.55 ID:9tnq8IrB
>>764
カラシニコフは倒産しました。中国とチェコがコピーをしてアフリカや中東に売ってます。

768 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 18:09:56.78 ID:62rsvKx0
パキスタンやフィリピンの職人は、初歩的な旋盤やら何やらで、AKぐらいなら作れるし、市販の工作機械さえあれば、帝国でも出来そうだけど、手作りでは量産のしようがない。
家内製手工業から、問屋制家内工業へシステムを変えるだけなら、お触れや法制度の変更だけで対応出来るから、この制度を採用すれば、多少は数が稼げるようになるだろうね。

戦国時代から江戸時代にかけ、日本の国友村では問屋制家内工業で種子島銃を量産していたし、国友村を出た職人たちが、日本各地で独立して鉄砲を作りもした……だだし工作機械なし。
工作機械なしの場合、日本では鉄砲鍛冶がパッカーション・リボルバーを手作りして、それが桜田門外の変で使われたって事例が参考になるが、これはたったの5丁だった。

ただ、いずれにしても『火縄銃』とか『パッカーション・リボルバー』は、国内へ入ってきた現物を参考にしていたし、雷管も国外の文献を翻訳して、硝酸銀を国産化している。
(その過程で死亡事故が発生するほど困難なものだった)

ということはだ、こちらの世界から知識のブレークスルーがない限り、異世界側が一から火器を作るとしたら、マッチロックやホイールロック、プリントロックが精一杯だろう。

769 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 18:22:58.52 ID:e4rGX5Xj
持ち込まれたカラシニコフが手工業にて生産される…
なろう系世界とは暗黒大陸だった?

770 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 18:34:29.02 ID:vnTUyI1Z
>>764
イジェフスク機械製作工場
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%AF%E6%A9%9F%E6%A2%B0%E8%A3%BD%E4%BD%9C%E5%B7%A5%E5%A0%B4#.E7.B5.8C.E5.96.B6.E7.A0.B4.E7.B6.BB

2009年9月同社は経営破綻に直面していると産経新聞で報じられ、
[5] 2012年4月に経営状況が好転せず、破産した。

2012年11月11日、ロシアのドミトリー・ロゴージン副首相はIzhmashと
Izhmekh(似た名前の別企業)を経営統合し、カラシニコフの名を冠した
ブランドを展開すると発表した。[6]

2013年9月18日、IzhmashとIzhmekhなどが経営統合し、国営持ち株会社 
コンツェルン カラシニコフとして登記されたと発表した。

771 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 19:07:26.43 ID:FNGvybHh
>>741
なるほど!

772 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 19:34:45.16 ID:DnhU93c3
銃本体を作るより弾薬作る方が難しいと思う

773 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 19:37:46.87 ID:m/qf0vzc
真鍮をプレスできる機材が必要になるからね。
一応、初期の金属薬莢は手作業で真鍮を筒状に加工していたが、品質のばらつきが大きすぎて問題だったとか。

774 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 19:43:35.75 ID:gqjBXl4k
>>771
「ニッポン」
「ニホン」
「ヤーパン」
「ヤポン」
「ハポネス」
「ジパング」

全部同じ国だ

775 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 20:00:59.65 ID:n5JiQloH
俺がTVで見た特はリロードしてたな薬莢を集めて再生してたな。

776 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 20:19:25.51 ID:E2qPEFp5
>>738
作者が作中人物に喋らせてるわけで、
賢者であるレレイのセリフによって、
作者の考えが表現されてると思うよ。

一般社会の常識とは違うかもしれないが、
自衛官の常識には沿ってはいるんじゃないか?

>>739
知ってますよ。

しかし貴方はラノベを読んでないのか、内容を忘れてますね。
引用した部分の前後で、
それが映画のセリフであると分かるように書かれてるんですよ。

777 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 20:24:13.78 ID:E2qPEFp5
>>742
特地の技術で戦車と戦う方法・・・

十分に切り立った深い落とし穴は作って、そこに誘い込むのは大変か。
長い射程を封じるために煙幕を張るのも、広い面に榴弾を撒き散らせば無効か。
虫を使った何かの術で、ラジエーターを目詰まりさせるとかは、地味に効くかも。

778 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 20:26:03.15 ID:E2qPEFp5
>>745
便衣兵のゲリラを掃討する話だからね。

見た目では敵かどうか区別が付かないから、
とりあえず殺すしかないんだけど、
文民はそれを理解してくれないっていう嘆き。

779 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 20:27:09.56 ID:m/qf0vzc
>>776
自衛官なら、「まず相手を確認しろ。」と教育されるが。

明らかに敵であるとか、攻撃を受ける兆候があるならそりゃ撃つが、そうでないなら身を隠して観察しつつ、指揮官に報告するわな。
指揮官が状況を掌握できなくなるのが、一番まずいし。

780 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 20:30:43.26 ID:E2qPEFp5
>>759
少なくとも作者の考えでは、
使う武器の性能よりも作戦や指揮のほうが勝敗を決める、
ということらしい。

帝国軍と自衛隊で、
損害に対する許容ラインが違うのも相まって、
互角になりうる。

自衛隊の最大の強みはスピードにあると。

781 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 20:37:27.04 ID:1a/TCNmq
>>759、明治維新や近代中国のごとく、日本から技術を導入・留学生を派遣して
富国強兵政策をとる。もちろんその過程で政変や内戦は避けられず、数十年で
埋まるものでない、とも思う。

782 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 20:37:46.76 ID:E2qPEFp5
>>772
火縄銃あるいは大きな砲のように、
弾頭と発射薬を別々に用意する方式なら、
薬莢を作る必要はないよね。

薬莢を作る技術がないなら、
おそらく自動装填も作れないから、
自動装填や連射ができない方式でも、
まぁいいんじゃないかと。

783 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 20:45:33.84 ID:m/qf0vzc
>>780
まあ、リアルでも槍と盾と少数の銃で武装した南アフリカのズールー王国軍が、ライフル銃と大砲を装備したイギリス軍を散々に苦しめたりしてるからね。

784 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 20:47:26.47 ID:gqjBXl4k
>>776
そんな些末な話をしてるんじゃあないんだよ
戦場での兵士の心理的葛藤を克服する方法論の話であって
その一文が引用であると明記されているのであれば尚の事だ
つまり君は戦闘職種育成の「大前提」を無いものとして議論しているのだからね

785 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 21:01:43.81 ID:tlfyITQu
>>778
文民だろうと武人だろうと現代では守らないといけないことだろ
疑わしいから殺すなんてのは理性ある軍隊のすることじゃない

786 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 21:02:19.33 ID:E2qPEFp5
>>779>>784
ここゲートのスレだよね。
作品を読まずに話をしてる人は、まずは読んでから発言してくれ。
話はそれからだ。

787 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 21:05:34.32 ID:E2qPEFp5
>>785
あなたも、作品を読んで欲しい。
本編の動乱編か総撃編だったと思うよ。

788 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 21:08:46.01 ID:P/2SvyG+
>>785
理想はそうであっても、現実問題として兵士は危険を感じたら撃つ事が認められているからね。
だから戦場では民間人は紛らわしい行動やポーズはするなと警告されているわけで。

789 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 21:11:44.98 ID:E2qPEFp5
ちなみに>>785に聞いておきたい。

あなたの言う「理性ある軍隊」が、
民間人と便衣兵の区別が付かない状況に直面したとき、
どーするんですか? どうやって相手を確認するんですか?

790 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 21:13:32.90 ID:E2qPEFp5
ごめん、>>787は言葉がぜんぜん足りなかった。

引用した文の前後を読んで欲しいのですよ。
さすがにページ単位で引用するのは著作権侵害になるから無理。

791 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 21:21:29.56 ID:gqjBXl4k
>>786
寝言を言っちゃいけないな
自衛官の戦場での心理状態の話題はまだ続いているんだろ?
君の言う原作の描写は言わば常識論だよ
逆に言えば君こそ作中表現理解出来ていないんじゃあないか

792 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 21:26:36.18 ID:DnhU93c3
>>782
そういうの考えたら特地で作るとしたらフリントロック式までだろうね
金属薬莢だけでなく雷管も難しそうだし

793 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 21:28:49.76 ID:m/qf0vzc
>>786
レスを遡って、昨日から「軍隊は目につくモノはとりあえず撃つ」と主張する人だと判断して上でいうけど。
あなたは「軍隊は」という一般論の話しをしていたから、私は「軍隊ではそういう訓練は受けない」と返しているのだが。

そもそも、他の人は知らないが私は「殺人を禁忌とする心の錠は(以下略」を否定する気はないし、否定してもいない。
だって、それは「相手を確かめずに無差別に攻撃する」とはまったく関係ないことだし。

あと、>>785ではないが、便意兵云々については相手が明確に攻撃してきたら敵だから撃つ。それ以上は指揮官の責任で判断する。
その判断に問題があったと上が認識すれば、あとで追及されるかもしれない。

794 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 21:57:30.31 ID:uPUcLXkk
ラノベは世界が面白く見えるように脚色して書いてある物だからな
さすがに作者が元自衛官なら登場人物の台詞まで真実だなんて厨二すぎだろ…

795 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 22:40:17.79 ID:Xyi9Hax6
個人的に「文民は理解してくれない云々」は共感できなかったがな
自衛隊は建前上文民の統制を受けないといけないのにそれを尊守しないのはな

疑わしいだけの者を無差別に撃つのが許されるなら
この前のスペクターガンシップの事件だって問題視されない筈だしな

796 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 22:44:24.24 ID:E2qPEFp5
>>794
だからさ、読んでから発言してよ。読んだら分かるからさ。

>>793
> 昨日から「軍隊は目につくモノはとりあえず撃つ」と主張する人だと判断

その判断は間違ってる。
前提が抜け落ちてる。
もう一度読み直して。

> 便意兵云々については相手が明確に攻撃してきたら敵だから撃つ

あなたもゲートを読んでないか、内容を忘れているのでしょう。
けっこう分量がありますし、それは仕方ないかもしれないね。

相手が明確に攻撃してこないうちに判断して撃たなきゃならないって話でしたよ。

>>791
あなたも、ゲート読み直そうね。

どうもアニメだけ見て妄想してる人が多いようですね。

797 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 22:56:11.00 ID:uPUcLXkk
>>794
読んでるし好きだよ
ああこんな世界だったらどんなに楽しいだろうってウットリするw
同じ元自衛官だからかも知れんけど

798 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 22:56:47.07 ID:a4WfsKdE
小説版、漫画版、アニメ版のどれからも遠く離れた個人の妄想がになんかついていけないよ

799 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 22:56:56.32 ID:m/qf0vzc
>相手が明確に攻撃してこないうちに判断して撃たなきゃならないって話でしたよ。
今手元にはないが、4巻後半の帝国軍が変身する魔獣とか使ってきたときの話しだろう?

で、その「判断」をするために交戦規定があり、指揮官がいるのだが。
例えば、民間人に見える相手はまず警告をする、必要に応じて身体検査もする、警告を無視して走ってくるなら自爆攻撃の可能性があるから撃つ。
任務ごとに、そう言った判断基準をマニュアル化したのがROE。

800 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 22:56:58.46 ID:uPUcLXkk
>>796
ごめんアンカミスした

801 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 23:06:07.09 ID:Yi6QRgOq
まぁ自衛隊の良いところは、それが足を引っ張ることになっても、交戦規定を遵守して、腐ることなく士気を維持する点だからな。

802 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 23:42:27.52 ID:TeyJkxRM
て言うか、何度も言ってることだけど、元々の話題は
「銀座事件の際、現場にいた『警官』たちは帝国の兵士に対してまともに発砲できたのか」
だったのが、何故か脱線したまま延々と続いてたり

803 :【B:87 W:91 H:85 (D cup)】 :2015/10/25(日) 00:08:59.25 ID:xRgxbyhD
 軍っていろんな場面を想定するだろうけど
動いてる物全部撃てだと、敵軍に追撃されてる味方も全部攻撃されちまうよ・・・

 相手を見て、状況を確認して心のスイッチを切り替えて攻撃だろ
逃げて来る味方は避けて、追って来る敵を選別して攻撃しなきゃならないんだからさ

見極める訓練しても、恐怖から暴走するのは一定数は居るでしょうけどね。
・・・まぁ、動くものみんな撃つって言うと某隣国の軍隊が頭に浮かぶけどさ。軍らしからぬ行動をする軍だしぃ

804 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 00:59:03.04 ID:X80Nmaq4
警官は市民が目の前で殺されてたら発砲に躊躇しない人がほとんどだろう
実際に発砲できるかは周囲の状況しだいで誤射が一番怖いからな

自衛官なら分隊士は分隊長が撃つまで絶対撃たない
分隊長は隊員に射撃の可否と目標を示す判断と重責が課せられる

805 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 01:15:10.94 ID:RkwNr9yG
昨日?からの奴は読んでみてとか言いつつ内容を恣意的に解釈してるからな
主張の押し付けはしてくるくせに間違いを指摘されても訂正すらしない
意固地になって一方的に喋ってるだけだから指摘したところで無駄でしかないよ

806 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 01:27:29.97 ID:d+Fz4NUF
>>799
とにかくさ、読んでから書いてよ。
総撃編の13〜14ページだからさ。

>>803
> 逃げて来る味方は避けて、追って来る敵を選別して攻撃

言うまでもなく、それをする余裕がない場合の話でしょう。
味方もろとも砲爆撃するのは現実的にあることでしょう。

807 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 01:28:47.11 ID:d+Fz4NUF
>>805
> 主張の押し付けはしてくるくせに間違いを指摘されても訂正すらしない

その指摘が的外れだからねぇ。

808 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 01:41:10.94 ID:RkwNr9yG
最も大事な内容を恣意的に解釈してるってところは否定しないのかよw

809 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 02:48:25.05 ID:d+Fz4NUF
>>808
恣意的に解釈してると指摘する人には何を言ってもダメだからねぇ。
あんたボケてるんだよって言っても仕方ないのと一緒でねぇ。

810 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 03:09:33.96 ID:nGjmgpzZ
|゚)ジッ   あっちゃこっちゃでロンパールームされてるのに懲りないのう・・・

811 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 05:45:14.49 ID:d+Fz4NUF
ところで帝国軍は自衛隊の武器を鹵獲して活用しないのか。

812 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 07:02:07.00 ID:+Y0Ia17d
>>811
帝国軍が自衛隊の武器を鹵獲をしてもダメでしょう。
朝鮮戦争の時にアメリカ軍がドイツ軍から鹵獲したジェット戦闘機を投入したけど、現地で使い方がわからなかったし、
日本陸軍が戦前にアメリカ軍の暗号解読のためにIBMのコンピュータを買ったけど、しばらくは使い方がわからなくて、
IBMの日本人技術者を軍属にして、数学者や英語学者を軍属にしてアメリカ軍の暗号解読班を発足したという事です。

813 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 07:08:47.32 ID:+Y0Ia17d
>>808
オッカムの剃刀や反証可能性という概念や言葉もしらないだろうね。
都合のいい箇所や資料や証拠を摘み食いするだけではなく反対の意見や証拠や資料を検証して事実や真実を炙り出すと言う概念や言葉なのですけど。

814 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 07:39:29.56 ID:M9hqRCQF
この作者はやはりダンバインの触発されたのかねえ。ゼロ魔とかもそれっぽいけど
それとも戦国自衛隊か。魔法よりも近代兵器の方が強いだろうという反発があるの
かもしれない。昔は魔法に近代兵器が手もなくやられることが多かったし。
秒速1000越えの砲弾を止めたりさ。

815 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 07:57:07.43 ID:x2ROnWk+
>>811
ナイフなどはまだしも銃器は無理だろうね機械式の道具であることもわからないだろうし
わかったとしても練度が低すぎるし練習するにしても弾の数なんか全然足りない

816 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 08:38:31.47 ID:+Y0Ia17d
逆パターンもありますけどね。古代ギリシャの天文計算機は近年までどういう機械かサッパリわからなかったけど、研究が進み、使い方がわかったよ

817 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 08:47:12.52 ID:+Y0Ia17d
>>814
アーサー王とヤンキーというトム ソーヤの作者が書いたSF小説があるのだけれど?アメリカ人がアーサー王の時代にタイムスリップをするというSF小説があるからね。珍しくないよ。

818 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 09:13:54.71 ID:d+Fz4NUF
>>812
あんまり特地の人達を馬鹿にしちゃいけない。
個人レベルの知能や知識は自衛隊側と大差ないだろう。

自衛隊の隊員だって、
自分には作ることのできない、
自分には中身の仕組みが分からない、
そういう道具を使っているんですよ。

>>815
現に、
特地の元老院の人に小銃もたせて試射させてたり、
ダークエルフにLAMを持たせて撃たせたりしてるし、
車の運転もさせてたわけで、
簡単なレクチャーで、ある程度のことはできるだろう。

練度や数は、相手の油断に付け込んで、
ここぞというところで使えば、補えると思いますよ。

>>813
読まなくても分かると想像で語ってる人たちは、そういうレベルじゃないですから。

819 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 09:25:13.05 ID:KTCL/b/u
俄か軍事マニアが浅知恵での上から目線で決め付けるてるねえw

820 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 09:26:50.19 ID:d7PJe6y8
>>818
あんたも原作読んでねえだろwwwwwww

821 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 09:30:56.77 ID:VvIDcNX/
>>818
漫画と小説がごっちゃになってるぞ?

822 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 09:45:36.49 ID:X80Nmaq4
>>818
自衛隊員は小銃作れないが分解組み立てできるし部品の役目くらい知ってる
艦艇乗員は建造中から艤装員として乗り込んで装備品の仕上げ作業をするんで
故障や損傷時に自分たちで応急修理できる

むしろ自分の受け持ちやカバー部門の勉強が大変で専門外の事はサッパリなくらい

823 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 09:45:53.95 ID:RkwNr9yG
ホントに自分の中での決めつけでしか話してないなw

824 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 10:19:12.08 ID:Zh+cMpZ1
>>802
発泡しても弾5発だけだし、予備弾も持ってないので
直ぐに弾切れになるよ。

825 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 10:38:22.63 ID:jlX3QHHM
五発しか無いのは逆に言えば平和な証拠。
中菊のあの警官は防弾装備とかサブマシンガン自動小銃?)でフル装備だもんな

警官「我々にもサブマシンガンを常備しましょう」
長官「では、自衛隊に頼んで…」
警官「すみませんせめてドイツ製でお願いします」

826 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 10:43:40.25 ID:ESyMesN3
89式になるんじゃねーの?
人間の胸甲なら撃ちぬけるし

827 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 11:25:03.99 ID:+Y0Ia17d
日本とアメリカの警官の銃のホルスターは違いますからね。日本のは銃を抜くのに時間がかかるし、アメリカはすぐに撃てるように銃が抜きやすいから、アメリカのは西部劇のガンマン仕様だし、アメリカは場合によってはショットガンを装備をするからね。

828 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 11:26:52.39 ID:ESyMesN3
至急装備するとしたらスラッグ弾装備のショットガンって所か

829 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 12:57:54.57 ID:UZ6y5Raj
>>818
ダックエルフは炎龍戦でパニクって仲間にバックファイア浴びせてましたが・・・

830 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 13:18:20.52 ID:36JARUga
>>829
アヒル口のエルフ?

831 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 13:40:10.15 ID:+Y0Ia17d
>>818
特地の人をバカにしたつもりはないのですけど?これって藁人形攻撃とか言う奴ですか?

832 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 13:54:40.48 ID:nGjmgpzZ
|゚)ジッ   外伝読み終わったの

833 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 14:33:02.53 ID:pVpFx+og
ヤオがアヒル口で迫って来る悪夢を見た、、、

834 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 14:35:36.85 ID:nGjmgpzZ
|゚)ジッ   下品なのわ不要・・・

835 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 14:42:06.26 ID:Zh+cMpZ1
>>828
スラッグ弾はドアの鍵を壊す為で対人用は9mm経弾の
バックショット弾だよ。
http://www.yjl.co.jp/yjl/clay/rule-sl-buckshot.html

836 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 14:47:15.85 ID:ESyMesN3
オーグみたいな対ぶつ用だったら必要じゃね?(シャベツにだ

837 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 14:53:52.48 ID:d+Fz4NUF
>>820
読んでるって

>>821
どこ混同してる?

>>822
ブラックボックスのままでも、ある程度は使えるって話なんですが。

伊丹たちが箱根で鹵獲した武器の数々にしても、
自衛隊ではまったく使い方を教えていないし、
鹵獲した弾を使い切ったらオシマイなんだよ。
だけど、彼らはそれを使っているでしょう?

838 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 14:55:01.10 ID:d+Fz4NUF
ところで伊丹の携帯電話が盗聴されてないのは何故だ。

839 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 15:06:25.01 ID:36JARUga
>>837
鹵獲した武器は、ほとんど9パラだろ。
9mm機関拳銃よりは、現場で喜ばれると思うが。

あと特地側の人間が89式を鹵獲してもセレクターの意味すらわからないと思うが。

840 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 15:12:25.31 ID:x2ROnWk+
箱根で鹵獲した武器って特地人は使っていないな
自衛隊員なら教わらなくてもわかるだろ普段使っている物と操作法は大差ないんだし

841 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 15:12:49.78 ID:5Z6aPpOg
>>873
ロゥリィ聖下のお怒りでアメリカ特殊部隊とCIAが全員殺されました。
武器を鹵獲する必要もないのでは?
あの場所から離れないと全員アメリカに誘拐されてお終いです。

842 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 15:21:53.68 ID:RkwNr9yG
使うだけなら小学生にだって車の運転や銃を撃つ位できる
それらができるってだけで自衛隊員と同レベルってのは軽く侮辱じゃね?

843 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 15:32:54.92 ID:X80Nmaq4
>>837
自分の書いた文章をよく見た方がいい
装備を作るのはともかく、中身や仕組みを知らずに使ってる自衛官なんて居ないと言ってる

844 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 15:34:07.34 ID:nGjmgpzZ
|゚)ジッ   過去ログとあわせると笑えるかも

845 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 15:35:04.26 ID:UZ6y5Raj
キーを回せば自動車は走るが、だから自動車整備士なんて運転免許持ってる人なら全員余裕とか言い出すのはキチだと思う

846 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 15:36:46.31 ID:M9hqRCQF
なんか身体能力も帝国兵よりも自衛官の方が高い感じなんだよな。

847 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 15:49:45.95 ID:X80Nmaq4
拾った武器が使えたのは仕組みが分からなくても使えるからじゃない
似たような装備なら仕組みが分かるから使えたんだよ
勘違いも甚だしい…

848 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 15:54:08.11 ID:nGjmgpzZ
|゚)ジッ   絶望的な状況の中どうやって炎龍から逃げた

849 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 15:54:54.99 ID:ONtaM7Uw
メスナンデクドイタ

850 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 15:56:34.86 ID:nGjmgpzZ
|゚)ジッ   ナルホド・・・

851 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 17:20:47.60 ID:UZ6y5Raj
>>846
食ってるもんが違うんじゃないかな・・日帝陸軍とUSアーミーみたく

852 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 17:38:40.93 ID:W3SdFiYH
>>851
帝国は脂っこいモノや肉類が多そうですし、自衛隊の場合は栄養学に基づいた食事だったし、日露戦争の時にモヤシと麦と白米の混合飯で脚気などの病気を防止していた。

853 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 19:00:00.26 ID:jlX3QHHM
>>850
|゚)ノよ〜 教本屋で自衛隊の車両全部のプラモ者迂回してた本があった
2300縁だったと思ったが金持ってきて泣かたので買わなかった
結構詳しいしゲート向けの本だと思うがアマゾンとかで見つからなかったから
ごく最近出た本じゃないかと思うけど、

854 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 20:05:16.27 ID:M9hqRCQF
>>851まあ訓練の仕方も違うだろうしねえ。自衛隊というか近代軍隊はガチで
身体能力向上に地道あげるし。中世だと戦技に力入れるけど体力とか筋肉を
鍛えてない感じ戦技訓練で付随して筋力が付く感じ。

855 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 20:51:31.77 ID:X80Nmaq4
昔みたいに殺傷能力を発揮するのに高度なテクニックの要る兵器は技術向上に時間が要る
現在の知識が重要な近代兵器は学習と体力強化
現代でも格闘にはテクニックが重要なんで兵科によって差はあるけど体力トレーニングは
任務達成に重要な精神力を鍛える目的も大きいな

856 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 22:31:28.18 ID:jlX3QHHM
>>855
|゚)ノよ〜 その兵士の理想はこれかな
http://download1.getuploader.com/g/dion555/6187/DSCF9465.JPG

と言った冗談はさておいてNHKの映像記録見終わったけど今に至る
紛争の歴史はイギリスの二枚舌外交のせいだな。
いかに外交と後の影響を考えなければならないな、ゲートの外交も同じでこれから難しくなるだろうな。

857 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 23:32:11.90 ID:OQhdGA52
>>856
日本はイギリスのような三枚舌外交をやってませんよ
講和条約締結を目的とした外交工作です。それに銀座事件で帝国が日本を侵略して来たので、日本はアルヌスの丘にイタリア方式の要塞を建築をし、諸国軍の侵略の防衛をしました。パレスチナとは違います。

858 :【B:73 W:52 H:111 (A cup)】 :2015/10/25(日) 23:38:43.29 ID:xRgxbyhD
846
 体格的には、今の日本人は大戦の頃の欧米人よりガタイが良いくらいだからねぇ
筋力やスピード的には現代人の方が強いでしょ、スタミナやヴァイタリティは負けるだろうけど

859 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 23:45:53.28 ID:jlX3QHHM
>>857
まあ、外伝1で紛争に帝国を巻き込ませようとした国もあるから油断できないね。

860 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 03:10:52.71 ID:PTgwVaSm
ローマ人てチビっぽいよな。

861 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 08:17:50.50 ID:6FJAbUh3
>>860
ゲルマン民族は肉を食べる事が強くなると信じていたからローマ人よりも体格が良かったですよ。

862 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 09:30:37.88 ID:eVfB/q8Q
>>839
> あと特地側の人間が89式を鹵獲してもセレクターの意味すらわからないと思うが。

自衛隊の銃器は、特地側からは高い関心を持たれ、ものすごく欲しがられてる。
何とかして現物を盗もう、何とかして使い方を知ろうと、努力するでしょう。
自衛官が銃を使う様子を見られていれば、そこから使い方を把握されちゃうよ。

>>840
そう、分解整備の訓練を受けずとも、使うことはできるんです。
弾を使い切ったらオシマイであっても、使うことはできるんです。

>>841
ちゃんとラノベを読み直してね。
箱根で鹵獲した武器は、その後けっこう出番があるんですよ。

>>842
自衛隊員と同レベルとか、そういう話はしてない。

>>843
自衛官で無線機を使う人は皆、
その中に入っている電子部品の中身や仕組みを知ってるんですか?

伊丹は無線機を特地の人にも使わせてるけど、
使い方だけでなく中身や仕組みまで教えたんですか?

>>845
そんな話、誰がしてるの。

>>847
FN P90とかも混ざってなかった?
あれは、かなり毛色が違うけどなぁ。

863 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 09:41:08.59 ID:bCOdMcRO
炎龍偏の遠征部隊、戦車とか自走砲とかキャタピラ式だと消耗とか故障で大変そうだな
多分修理のための部品多めに持ってきてるだろな。

864 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 09:45:04.56 ID:qcXXV3DA
朝っぱらから全レスワロタwww

865 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 09:48:17.30 ID:eVfB/q8Q
原油を精製すれば航空機が飛ばせる、みたいな話があるけれど、
航空機を飛ばすには燃料以外にも、いろいろ必要だよね。

まず定期的に交換が必要な部品、これのストックが切れたら無理。
つぎに潤滑油などの油脂類、自前で原油から作るのは不可能だろう。

866 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 09:51:35.29 ID:bCOdMcRO
>>864
笑えるスレなら良いけどアニメ版入りづらい、ここが一番まともだなと思えてきた

機械の仕組みなんか仕組みなんか細かい事良いから使えりゃ良いんだと
携帯の分厚い説明書を全部理解出来ない俺が通ります。

867 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 09:54:24.58 ID:SOXIVmBK
まず前提となる自衛隊の銃器を鹵獲できる状況が分からないわ
相手を殲滅してとか隊員が銃器を投棄して逃走とかなら鹵獲できるが無理な話だし

868 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 09:59:03.86 ID:bCOdMcRO
>>865
イラン革命のあと米軍の戦闘機かなりの数が残ってたらしいけど
消耗品のタイヤが手に入らないので飛ばせないらしい。

869 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 10:02:33.02 ID:IzYQDLQ4
>>862
ラノベの登場人物のセリフを妄信するくらい幼稚なだけの事はあるな
自衛官なら受け持ち装備は点検整備できる知識を教育される

個人レベルで整備保守の不可能な部分はそれが判断できる知識が当然ある
必要十分な使い方を覚えるには仕組みを理解するのが手っ取り早いんだよ
そうじゃないと手順を忘れたり簡単なトラブルで使えなくなる

870 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 10:04:55.75 ID:QP4hBd/Q
漫画版だと脱落がそれなりに起こってますね。

871 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 10:34:07.38 ID:qcXXV3DA
自衛隊員が脱落してんの?>漫画版

872 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 10:44:11.90 ID:xxZmQ+N1
>>862
>自衛官で無線機を使う人は皆、
その中に入っている電子部品の中身や仕組みを知ってるんですか?

知ってる
自衛隊の無線機がデカイのは携帯電話みたいに膨大なインフラが無い場所でも使用できる必要と
機能ごとにユニットが分かれてて故障原因が特定しやすいように作られてるから

現在は機能の大部分をソフトウエアで置き換えたコンパクトな新型無線機が導入されてるが特地に
持ち込んだのは従来型だろ
レスを見てるとマジ低レベルな学生ぽいな

873 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 10:47:31.95 ID:bCOdMcRO
>>371
車両、人自体はない。
パンクとか、の描写はあったな、多分すぐ復帰したと思うけど
あとぬかるみに入ったりtかはあるかもしれん。
燃料の補給とか大変だろうけど。

874 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 10:57:37.07 ID:bCOdMcRO
安価間違った
>>371
>>871
架橋戦車ほしい。

875 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 11:02:43.27 ID:qcXXV3DA
>>872
時間的にも内容的にも
小学生か、小学生レベルの人間だろう

876 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 11:16:30.44 ID:eVfB/q8Q
>>867
無理じゃないでしょう。

たとえば樹上に隠れて待ち伏せして一斉に取り囲んで襲えば、
それなりに犠牲を出しつつも普通科の隊員を全滅させられるでしょう。

>>869
何の話をしているのか理解してから噛みついてね。

>>872
> 知ってる

まじかよ。自衛隊員って必要以上に博識なんだな。

> 現在は機能の大部分をソフトウエアで置き換えたコンパクトな新型無線機が導入されてるが特地に
> 持ち込んだのは従来型だろ

なんの話なのか理解してないような感じだな。

で、その新型無線機を使ってる人達は、
マイクロプロセッサやソフトウェアの中身や仕組みを知ってるんですか?
無線機を開発したメーカーの担当者ですら、知らないことが山ほどあるのにね。

877 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 11:41:11.32 ID:xxZmQ+N1
>>876
反論が予想した通りに幼稚でワロタ
無線装備を任される隊員が一々整備班を呼ばなくても簡単な修理や点検ができるのは
必要不可欠な能力で必要以上なんかじゃない

無線を開発したメーカー担当者ですら知らない事を知る事が必要以上な知識だろ
自分が支離滅裂な事を言ってるのも分からないほど馬鹿なのか…

878 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 11:41:45.43 ID:SOXIVmBK
銃器を自衛隊に対抗できる位に鹵獲するとしたら最低小隊単位で殲滅しないと
自衛隊一個小隊が全滅するくらい木の上に隠れて待ち伏せ?アホかよ
よしんば鹵獲・使用できたとして射撃精度で自衛隊に勝てるとでも?

879 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 12:03:14.74 ID:6FJAbUh3
>>876
この人のコメは藁人形攻撃と論点ズラしばかりですね。この人の論理でいけばアッツで米軍が零戦を鹵獲したけど、米軍が使い方がわからなかったと言っているような論理ですね。

880 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 12:13:06.84 ID:6FJAbUh3
兵器や技術は誰でも簡単に扱えるように改良されて、しかも大量に人を殺せるように改良されるとカール セーガンが嘲笑と冷笑気味に本に書いてありましたね。
車や戦車は運転できる者は必ずしも車や戦車の技術やテクノロジーを学ぶ必要はないと書いてありました。

881 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 12:47:39.61 ID:g5gKmmLL
>>878
|゚)ジッ   手に入れてもの描写が作中にあるのに理解してないような気が・・・

>>879
|゚)ジッ   >米軍が零戦を鹵獲したけど、米軍が使い方がわからなかった

       つかいかたわからず間違えて怪我人続出のニーモーターが・・・

882 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 12:49:56.92 ID:g5gKmmLL
|゚)ジッ   つ〜か、彼の話を総合すると話が成り立たなくなって
       違う話の彼の考えたGATEになってしまうわなぁ・・・

883 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 13:11:01.10 ID:eVfB/q8Q
>>877
あなたが支離滅裂だと思うのは文脈や文意を理解してないからでしょう。

無線の例だと分からないか。

じゃあ個人用暗視装置なら分かるかな?
あれを使う個々の隊員は、その使い方さえ知っていればよく、
光電子倍増管の動作原理とか、
半導体イメージセンサの動作原理とか、
知らなくたっていいよね。

>>878
あんまり特地の人達をナメちゃいけないよ。痛い目にあうよ。

もし飛行中のCHのコックピットに向かって突進しながら小銃を撃ってきたら、
さすがに困るだろう。

884 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 13:16:34.12 ID:g5gKmmLL
|゚)ジッ   >半導体イメージセンサの動作原理とか、
      >知らなくたっていいよね。

      知らないとこまるから平時わそれの説明やら座学があるんだけど

885 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 13:17:33.95 ID:XC7JP3a9
トルコクルドの大げんかって新宿事件に似てるね^o^

886 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 13:20:28.30 ID:g5gKmmLL
|゚)ジッ   >もし飛行中のCHのコックピットに向かって突進しながら小銃を撃ってきたら、
      >さすがに困るだろう。

      いやあの、それいぜんに小銃を鹵獲しなくとも
      槍や特地にあるもので飛行中のUH-1が墜されてますが・・・
      

887 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 13:29:24.05 ID:ixkRP7iA
>>880
自動車と同じだろ。

888 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 13:30:18.06 ID:SOXIVmBK
爆笑ものだなこいつの主張w
チヌークのコクピットに向かって小銃を撃つ?小銃弾で墜ちる訳が無い
安全確認もしない所をコクピット狙撃されるとかどんだけ幸運が必要なんだよ

889 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 13:35:48.42 ID:eVfB/q8Q
>>884
知らないと、どんなことで困るんでしょう。
適切に使うために知る必要があるのは性質であって原理じゃないよね。

>>886
そうだけどキルレシオが違ってくるじゃないですか。

890 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 13:37:02.67 ID:g5gKmmLL
|゚)ジッ   ここってネタスレでも軍板なのよね

891 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 13:38:42.96 ID:eVfB/q8Q
小さな無線機は班長レベルでも持ってるわけだけど、
使い方だけでなく筐体あけて中身を触るような訓練を受けてるの?
あれさ中身が壊れたら修理しようがないと思うんだけど。

892 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 13:42:32.40 ID:g5gKmmLL
>>889
|゚)ジッ   運用するのに必要な基礎知識と原理を学ぶ座学や講習があるのを・・・
       勝手に必要なしと決めないでちょうだいね

       つか、君もしかして中学生かな?
       ちゃんと勉強しないとあかんよ
      
     

893 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 13:45:33.38 ID:eVfB/q8Q
>>889
竜騎兵が正面から突っ込んで至近距離から撃てば当たるでしょう。
あれ、ガラスも防弾なんだっけ?

894 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 13:54:31.42 ID:eVfB/q8Q
>>892
ちゃんと話の発端からスレを読んで欲しいな。

使うのに必要な知識と、作るのに必要な知識は水準が違うので、
自衛隊から鹵獲した武器を帝国軍が使うこともできるだろう、
っていう話よ。

もちろん、自衛隊と同じ水準で運用することなんて求めてない。

895 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 14:19:17.36 ID:ZEzWmd7l
>>894
いや、使うのに必要な知識がそもそも帝国軍に無いだろうって話じゃ?

例えば、銃を鹵獲して引き金を引けば弾を飛ばすと言う事を見て知ることができたとしよう
セレクターの意味を知らなければ連発になていればあっという間に銃弾を撃ち尽くすだろう、
弾倉交換が知識に無ければ急に弾が出なくなって故障したと判断し捨てると思う
弾倉交換まで見てて交換できたとする、レバーを引かず引き金だけ引いてこれまた故障と
判断する

そもそも相手に向けるだけで照準を合わせないと撃っても当たらない、下手すれば逆に持って自分を撃つ

単発になってて1発撃ちほったらかしてたら暴発して自分が死ぬ、文化的に勝手に使ったせいで呪いで爆
発したと思うかもしれない

現代に生まれ銃なんて映画でしか見たことが無い奴でも、帝国人よりは銃の原理を理解できてる
自分の感覚であの程度と思ってる事が全く知らない者には非常に高度な知識だったりするもんだ

896 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 14:20:12.46 ID:SOXIVmBK
待ち伏せだとしても巡航速度が250q/h近いチヌークに良い位置が取れる訳がない
小銃の所持を考慮せずともまともなパイロットなら前方から翼龍なんぞ来たら回避する

897 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 14:59:36.77 ID:OXzzxnf+
>>876
自衛隊の無線機を扱ってたことがあるが、概ね>877の言う通りだよ。
少なくとも無線機を開けて同一無線機の別ユニットに差し替え、順番に交換していくことで、どのユニットが故障したか、突き止めるくらいは新人でも学ぶ。
次に、ユニットのどこが壊れたか追求していくんだけどね。

898 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 15:02:53.21 ID:qwJu9VDZ
同じ技術レベルがないと察して使うのも困難。

車の運転できる奴なら試行錯誤して戦車動かせても
イグニッションすら知らない明治期の人間には無理。

銃器は銃口を覗きこまないとか、未使用時は安全位置に
とか知らないとブービートラップにしかならない。

899 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 15:28:02.00 ID:eVfB/q8Q
>>895
特地の人達は、
何としてでも銃を手に入れよう、使い方を知ろうと、
努力すると思うんだ。

自衛隊員が銃を扱う姿は、たくさん見られているし、
一部の人達には持たせて撃たせたりもしているわけで、
知っている人間を捕まえて情報を得ることは可能な範囲だと思う。

そして最初は事故や失敗があっても、すぐに学び取ると思う。
特地でも頭の回転の早い人達が携わるだろうしね。

>>896
何らかによって速度が落ちた状態ならUH同様に、
パイロットを狙える位置が取れるでしょう。

>>897
で、半導体部品の中身や仕組みに関する知識まで必要なの?

900 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 15:31:00.31 ID:eVfB/q8Q
そういや炎龍編では、
LAMの使い方を教わったダークエルフは、
ヤオを除いて全員が死んでしまったので、
都合よく秘密が漏れてないんだよね。

901 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 15:32:11.61 ID:M9KGzPXF
既に鉄の筒に詰めた薬剤を何らかの形で化学反応させて、
その圧力で金属の弾丸を打ち出す
ってところまでは理解してる可能性はあると見てる

902 :897:2015/10/26(月) 16:11:04.13 ID:OXzzxnf+
>>899
大前提として、陸自・空自を問わず、航空機の無線機を扱うパイロットや通信士は、航空無線通信士の資格が必要になる。
この時点で無線の原理や基礎的な構造については教わることになる。

車両の無線については良く知らないが、タクシーの業務用無線であっても、ハブとなる本部には陸上特殊無線技士の資格が必要となる。
では車両間の無線に限定すれば必要ないかと言えばそんなことはなく、少なくとも一定規模につき1人は、責任者として資格を要求される。

これは最低限の資格であって、無線の使い方も知らなくては、扱うことは出来ないよ……例えば周波数のプリセットは知ってる? 緊急用の無線は?

そして「半導体部品の中身や仕組み」だが、答えは「Yes!」増幅回路も知らずに無線機は語れないし、資格取得の際に学んでいる。


そして通信士やパイロットについて。
本来なら故障品はメーカーに送り返すのが筋だが、少なくとも前線で部品取りして、完成品を作れないようじゃ、実戦の時に困るだろう。

また検査員はそれ以上を要求される。
まだ回路が大雑把だった昔は、隊とメーカーと調整の上で、秋葉原で買ってきた部品を半田付けして、急ぎの無線機を修理したなんて話しもある。

903 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 16:12:22.04 ID:eVfB/q8Q
そういえばレレイはネット使ってるんだよね。

クナップヌイで万有引力の説明を受けてたけど、
すでに知ってないのは何故なんだぜ。

(読者への説明のため?)

904 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 16:16:47.59 ID:xxZmQ+N1
>>899
お前は自衛隊の隊員が仕組みも知らずに扱ってる装備があるから仕組みを知らない人間でも
見よう見まねで扱えるって主張してたんだろ
だから自衛隊の隊員は仕組みも知らずに装備を扱ったりしないと突っ込まれてるんだよ馬鹿が

905 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 16:23:45.01 ID:eVfB/q8Q
>>902
> そして「半導体部品の中身や仕組み」だが、答えは「Yes!」増幅回路も知らずに無線機は語れないし、資格取得の際に学んでいる。

なんだ資格試験で出題されるレベルか。

> 少なくとも前線で部品取りして、完成品を作れないようじゃ、実戦の時に困るだろう。

前線でリワークできること、という条件がつくと大変だな。
いまどきの民生品レベルで作れないってことだから。

906 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 16:32:59.80 ID:eVfB/q8Q
>>904
> 自衛隊の隊員は仕組みも知らずに装備を扱ったりしない

言い切っちゃっていいの?

たとえばトラックのエンジンは点火タイミングをマイコン制御してると思うが、
トラックを運転する隊員はマイコンのアーキテクチャも理解しているというの?

907 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 16:36:14.27 ID:eVfB/q8Q
たとえばアルカリ乾電池を使う時に、
温度特性などの使用上の注意点のみならず、
その内部でどのような化学反応が生じているのか、
理解しないと使えないの?

908 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 16:40:15.57 ID:xxZmQ+N1
>>906
言ってるような各部品の作動原理なんてのは取り扱うのに必要の無い情報
弓を射る奴は引き絞った弓がどうして元に戻ろうとするかなんて知らなくてもいいからな

逆に各部品の働きの理解は取り扱いに必要な情報
弓が元に戻ろうとする力で矢を飛ばすのを理解してるから別の弓でも矢を射れる

装備を使う上で必要な仕組みや内部の知識は後者の話
こんな詭弁で説得力があると思うID:eVfB/q8Qは当たり前の常識も無い馬鹿

909 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 16:47:17.13 ID:DCTRzlXR
>>903
レレイの興味の対象は自身の魔法の威力向上とイタミ篭絡の手段
膨大なネット世界に接続しても検索する動機が無ければ引力に行き当たらない

910 :897:2015/10/26(月) 16:50:29.60 ID:OXzzxnf+
いや、クロスボウの射手は、応急修理の仕方ぐらい学んでいるもんだぜ?
だから「クロスボウならジェノバの傭兵だ」なんて具合に、専門家としてブランドまであったぐらいで。

また戦国時代の砲術家は、天候や材料の質まで考えながら、一定品質の火薬を調合せにゃいかん。
鉛や硝石を購入する宛、人脈を持ってることまで含めて、砲術なんだ。


鉄砲足軽なら鉄砲は扱える、ただし在庫が尽きるまでだ。
それ以上は、砲術家の支援が必要になる……少なくとも、独自の補給手段を用意するまでは。

911 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 16:52:21.97 ID:eVfB/q8Q
>>908
特地の人が自衛隊の武器を鹵獲したら使えるか? という話の上で、なんだがなぁ。

912 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 16:58:46.08 ID:qcXXV3DA
今日はずいぶん伸びてるなぁ

913 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 17:00:54.14 ID:xxZmQ+N1
>>911
だからお前が自衛隊の隊員も中身や仕組みが分からなくても使ってる装備があるから
中身や仕組みが分からなくても使えると主張したんだろう

その前提の仕組みや中身を知らずに使ってる隊員なんて居ないと言ってる
お前が詭弁で、いや仕組みを知らない隊員も居ると言い張ってるのが馬鹿にしか見えんだけ

914 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 17:04:01.96 ID:eVfB/q8Q
特地の人々は小銃を使えない、という主張をする人に聞きたい。

現実の地球上では10歳くらいの子供に、
小銃や対戦車ロケットもたせて戦わせてたりするよね。
その子供達には、どれくらいの訓練が施されてるのかな。

最低限の訓練で使い捨てされる少年兵にできて、
特地の人達に出来ないというのは、なぜだろう。

915 :897:2015/10/26(月) 17:09:36.23 ID:OXzzxnf+
戦国時代でさえ、足軽小頭は鉄砲修理の知識と道具を備えてたんだが?

アフリカ人を舐めすぎてないかい。
チャイルド・ソルジャーの背後には、使い方を教えて、応急処置に対処する大人が居るんだぜ。

916 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 17:13:06.48 ID:eVfB/q8Q
>>913
たとえばアメリカからブラックボックスで提供されたものも、
それを扱う隊員は、その中身や仕組みを知ってるんですか?

917 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 17:15:13.85 ID:eVfB/q8Q
>>915
> アフリカ人を舐めすぎてないかい。

あなたは特地人を舐めてるようですね。

918 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 17:16:11.68 ID:b2S653zM
レレイ分の欠乏が深刻なレベルに
コミック新刊はよ

919 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 17:20:07.89 ID:xxZmQ+N1
>>916
だからブラックボックスの作動原理が扱う上で必要の無い情報
ブラックボックスの働きの理解が扱うのに必要な情報

つまり扱う隊員は装備の内部も部品の働きも理解してるから何の問題も無い
どうしてID:eVfB/q8Qはそんなに頭が悪いのか…

920 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 17:22:42.56 ID:ZEzWmd7l
>>899
>自衛隊員が銃を扱う姿は、たくさん見られているし、
>一部の人達には持たせて撃たせたりもしているわけで、
>知っている人間を捕まえて情報を得ることは可能な範囲だと思う。

まずその撃ってる所を見た、聞いた人たちで一番頭が回るであろうレレイが、銃の仕組みを語る際に
「炸裂の魔法を積め云々」と語ってるからものすごくレベルの高い人間ですら実は根本的には理解してないって話
我々が火薬に火をくべると勢いよく燃焼する、銃が火薬の威力で鉛玉を飛ばすって言う一般常識を知らない状態

そもそも鹵獲が難しいし鹵獲したところで弾が尽きたらおしまい・・・そんな状態で未知の物を研究するってどれだけ
の年月がかかるんだ?
>特地でも頭の回転の早い人達が携わるだろうしね。
こんなことを書く以上まさか戦地でひろった銃を見様見真似で撃つって話じゃないんだろ?
そんなもん銃弾尽きたらポイって話だし、事故や失敗で死ぬ人間が増えれば、上で書いたように「使用者以外が使う
と呪いで爆発する」って話になって拾って使用すること自体禁じられる可能性の方が高い
再び戻るがレレイのように「魔法」として理解してるなら実際ヤオ持参のダイヤのように所有者以外に呪いがかかる物があるわけで
そのような理解の方があの世界じゃ一般的

921 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 17:29:24.52 ID:ZEzWmd7l
>>914
銃の簡単な理解と「正しい使い方」をマスターしている人間が教えてるのだから使える
最低限の訓練とはそう言う事だろ?

何も知らない分からない人間が時に死ぬ可能性もある状態で使えるように努力するのとは根本的に違う話だろw

むしろそれを同列に考えてる方がおかしいよ

922 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 17:29:58.89 ID:qcXXV3DA
>>920
正規の手続きで銃を2丁購入して1丁を徹底的に分解、機構を調べて模造品を作成、火薬の成分も研究して試行錯誤でハンドメイドできれば、あるいは。
って言うところかと思うけど、遠い道のりだよな。しかもそもそも売ってくれないし。

923 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 17:32:21.23 ID:xxZmQ+N1
日本に鉄砲が伝来した時にネジの切り方が分からなくて全然違う方法で作ってた話を思い出すなw

924 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 17:41:07.83 ID:vs21RACF
なんというかここが完全にF自スレ代替になってる感じがする最近
まあ今後の作者のネタ拾い位に機能すればいいんじゃと課思ってしまうこのごろ

925 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 17:49:07.54 ID:eVfB/q8Q
>>919
使い方は分かるけれど内部が分からないのがブラックボックス。
で、特地の人が鹵獲した小銃を使う上で最低限必要な情報は何でしょうね。

>>920
> 銃の仕組みを語る際に「炸裂の魔法を積め云々」と語ってる

それ、誰のどういう意図の質問に対しての説明だったっけ?

賢者ではない相手からの、
自衛隊員はみな希有な技能の持ち主なのか?
という質問だったような気がするんだが。

それに対してレレイは、
大量生産された誰でも使える道具だと説明してたような。

その質問者の意図からすれば、
薬莢の中に詰まっているのが火薬でも魔法でも、
どっちでもいいのでしょう。

だから説明の便宜上、炸裂の魔法と言ったのだろう。


後半は特地の人達の知能をナメるなって話だな。

926 :897:2015/10/26(月) 17:50:40.01 ID:OXzzxnf+
>>917
文脈を無視して、単語・短文説の言葉尻を捉えたって反論にはならないよ。

どうもAKシリーズを誤解してるようだが、錆びやすいAK、それも中国や第三国で質の悪い鋼材でもって粗製乱造された物が、“本当に”メンテナンス・フリーだと信じてるのかい?
火薬などという、錆を促進させる酸化剤を使いながら?

927 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 17:57:45.83 ID:eVfB/q8Q
>>921
その少年兵が教わる情報量というのは多くはないよね。

なにも戦場で敵として戦いながら何とかしなくてもいい。
園遊会で試射した人から話を聞く、
自衛隊と一緒に行動する機会のあった人から話を聞く、
さらには人を潜入させて近くから観察する機会を得るとかね。

>>922
自衛隊側が常に無傷ってわけじゃないから、
小銃は何丁も手に入ってると思うよ。

928 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 18:01:26.33 ID:OXzzxnf+
>>927
だから、その少年兵を使ってた、そして指揮して訓練してたのは、正規の軍人だったり、その訓練を受けた大人のゲリラなんだよ。
それは認めるんだろ?

929 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 18:02:30.30 ID:qcXXV3DA
>>927
>>922
>自衛隊側が常に無傷ってわけじゃないから、
>小銃は何丁も手に入ってると思うよ。


そんなこと、どこにも書いてないが。。。。
漫画にもアニメにも原作にも、隊員が特地人に銃器を奪取された事案はない

930 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 18:05:40.04 ID:qwJu9VDZ
火縄銃はともかく近世以降の銃を中世のテクノロジーでコピーするのは不可能。
圧倒的に工作精度が足りない。
弾薬すら作れない。雷管の発火薬とか敏感過ぎて再現できない。

931 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 18:05:49.06 ID:eVfB/q8Q
>>926
少年兵の命は短いから問題にならないのでは?

特地の人が自衛隊と同じレベルで運用できなければ、
それは鹵獲しても使えないというのは油断だと思うな。
同じレベルで運用できなくてもいいじゃない。

932 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 18:07:29.16 ID:xxZmQ+N1
>>925
装備品のブラックボックスは部品に過ぎない
それだけ手に入っても何もできないのは理解できるよな?
特地の人が銃を扱うための情報と関連があるようなミスリードしても意味が無い

933 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 18:09:57.74 ID:qwJu9VDZ
よしんば鹵獲した銃を使えたところで装備した兵士が脅威になるだけで
運用技術も戦術もざっくり抜けている。

934 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 18:11:53.91 ID:eVfB/q8Q
>>928
もちろん、だがそこは論点じゃないから。
少年兵が受ける訓練は自衛官のそれとは違って最小限だってこと。

そして、その少年兵が与えられる知識と同程度を、
特地の人は入手できるかという話なんだな。
俺は出来ると思ってる。

>>929
鹵獲されたという描写はなかったと思うが、
しかし、
攻撃を受けて隊員が死傷して逃げるときにも、
銃器を完璧に回収してるという描写あったっけ?

935 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 18:16:05.75 ID:eVfB/q8Q
>>932
中身や仕組みが分からなくても使い方さえ分かっていれば、という話なんですが。

936 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 18:23:28.40 ID:ZEzWmd7l
>>925
>その質問者の意図からすれば、
>薬莢の中に詰まっているのが火薬でも魔法でも、
>どっちでもいいのでしょう。
残念だが、良くは無い、稀有な技能ではなく「自衛官はすべて魔導士なのかって」質問だよね
それに対して誰でも使える道具と答えながら仕組みの説明に魔法を使っちゃうってどうなのよ

説明の便宜上と言うなら「原理は魔法のように炸裂する粉を使って鉛製の弾を飛ばす」って言えばいい
それができないのは根本的に火薬って概念が無いからでしょ?

>後半は特地の人達の知能をナメるなって話だな
舐めてるのではなく文化風習が邪魔して科学的理解ができないって当然の話、例えばマヤ人は白人の姿を神と思い圧倒的多数ながら
簡単に屈伏してしまったなんて話もあるし、魔法や神が存在する特地って文化背景を考えたらこの手の話は骨董無形じゃないんだけど

937 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 18:24:32.54 ID:eVfB/q8Q
>>933
戦術は自衛隊が散々手本を見せているじゃないか。
やられたほうは否応でも学習する。全滅したら無理だが。

938 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 18:31:58.55 ID:/jwpLG7q
>で、特地の人が鹵獲した小銃を使う上で最低限必要な情報は何でしょうね。
とりあえず、弾の装填の仕方?
後、セーフティの外し方とか分解掃除の仕方とかかな

939 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 18:32:50.75 ID:vs21RACF
ただ、帝国他がベトナム戦争などでのゲリラ戦術を知ることができるかどうかというのは
わりと今後を左右する事案だと思う

940 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 18:32:55.68 ID:QP4hBd/Q
鉄パイプを作る初歩的な方法の芯金に鉄板を巻きつけての鍛造という方法の供与を決定したのが、石油プラントが壊された後という時期と状況なんだから、少数の89式を入手できても銃身すら作れないぞ。

941 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 18:34:08.76 ID:eVfB/q8Q
>>936
所定の操作をすると発動するように
あらかじめ魔導士が魔法を封じておけば、
魔導士でなくても使える魔法の道具になると思うが。

特地の賢者が科学的理解ができないって? 本気で言ってる?

942 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 18:37:16.19 ID:eVfB/q8Q
>>938
分解清掃は見られないようにするだろうから、門前の小僧ってわけにはいかないか。
それ以外は、門前の小僧でも何とかなりそうな。

>>939
すでにゲリラ戦をやられて自衛隊は困ってるじゃないか。

943 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 18:38:09.58 ID:ZEzWmd7l
>>927
>その少年兵が教わる情報量というのは多くはないよね。
多くは無いが的確ではあるだろう、見様見真似ではないのだから

>なにも戦場で敵として戦いながら何とかしなくてもいい。
>園遊会で試射した人から話を聞く、
>自衛隊と一緒に行動する機会のあった人から話を聞く、
>さらには人を潜入させて近くから観察する機会を得るとかね。

それらは銃を使う為の情報をすべて内包してると思う?園遊会で試射したなら弾込めは自衛官がやっただろうし
自衛官と行動を共にして居るからと言って銃を撃つ機会を度々見るわけでもない
人を潜入させたところで戦闘をまじかで見れるとは思えないし・・・

そりゃ膨大な情報を精査して役立つ情報を絞っていけば使い方がわかるかもしれないが、膨大な年月が必要だから
その動きは必ず日本側に察知されてしまうと思うけど?

944 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 18:38:09.73 ID:qwJu9VDZ
>>937
アホか。
ざっくりパクってもなぜそうなるか理解してないから
天候気候時間帯戦況等の条件が変われば全く役に立たない。

945 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 18:40:52.63 ID:1442unZ9
>>837
箱根で滷獲された火器類は全部使えるからゲットしたんだよ

946 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 18:44:41.07 ID:ZEzWmd7l
>>941
>所定の操作をすると発動するように
>あらかじめ魔導士が魔法を封じておけば、
>魔導士でなくても使える魔法の道具になると思うが。
だからその時点ですごいミスリードだろ?魔導士に魔法を封じさせるって技術で
特地独自の銃のような物を作る原動力になりえるだろうが(とは言えマジックアイテムの類が一般的でない以上コスト的に無理なんだろうけど)

そんなんじゃ鹵獲銃を使用することはできないだろうよw
弾を作れないんだからさ・・・・

947 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 18:51:28.03 ID:eVfB/q8Q
>>943
> 膨大な年月が必要

特地人をナメてませんか?

>>944
特地の貴族のスキルを低く見積もりすぎかと。

>>946
あのシーンで重要なのは、剣などと同じ道具である、ということだから。
そして、それはレレイが話した相手には、ちゃんと伝わってるでしょ。

948 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 19:02:50.30 ID:IzYQDLQ4
>>935
メンテナンスや補給が必要なブラックボックスが成立するか考えれば分かるだろ

949 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 19:06:34.52 ID:1442unZ9
原作読め太郎は原作小説しか読んでない

まで読んだ

950 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 19:08:13.62 ID:QP4hBd/Q
そもそも魔法使いは、そんなに存在しない上に、専門分野が多岐にわたるので該当の魔法を使える魔法使い自体が少ないだろうし弾1発分の魔力を込める手間考えたら、供給がどう考えてもおいつかないだろう。

951 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 19:24:39.21 ID:ZEzWmd7l
>>947
>特地人をナメてませんか?
舐めるもなんも当たり前だろう、分かり易く例えてあげようか?

今まで未開の地に住んでて車を見たことも無い人がいて、偶々街に降りてきて車をもらう事になりました
所がどうして良いかわかりません、助手席には乗ったことがあるAに聞きました、まず走り始める方法は?

A「その円上の物の下を触ってたら動いたよ」

次に少しだけ動かしてみたことのあるBに聞きました

B「よく分からないけど足元の右の板踏んだら動いて、左踏んだら止まったよ」

よく分からないので車を運転している人の所にCをやり聞いてもらう事にしました

C「まずエンジンをかけろって、エンジンをかけるには鍵を回すといいらしい」

さて彼は車を動かす為にあと何人から話を聞けばいいのでしょうかw

952 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 19:32:06.33 ID:b2S653zM
最大の問題は多分燃料よね。

953 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 21:58:15.32 ID:DCTRzlXR
親にパソコンでメールの出し方を教えて挫折した経験から言えば
馴染んで無い技術をマスターするハードルは意外に高いw

954 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 22:13:13.47 ID:IzYQDLQ4
小銃の取り扱い程度は現物バラして仕組みから教えれば2週間の訓練の合間でも教えられるのに
何で仕組みを教えずに使えるようにするなんて手間のかかる事せにゃならんのだ

仕組みが分かってたら弾が出なくても一目でどうすれば直せるか分かるのに
ジャムったら一々こうなってたらこうするんだと手順を全通り教えるのか…

955 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 22:28:14.21 ID:SOXIVmBK
ID:eVfB/q8Qこそ知識の蓄積や体系化をナメすぎだわな
少年兵にしたって指導者が短いながらも必要な知識を的確に授けてるから成り立つ
銃がいくら簡単な構造とはいえ運用するにはそれに対する知識が必要なんだし

最も困った事はこいつが人の話に耳を傾ける余地が全く無いということ
自分の中に絶対的な解答があるからそれがいくら間違ってても疑う余地が無い

956 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 22:30:40.81 ID:qcXXV3DA
そこまでわかってんなら相手すんのやめよーぜ

957 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 23:21:48.26 ID:PTgwVaSm
15歳あるいは中3あるいは高1の女子って無敵だとレレイ見てつくづく思うわ。
何やっても許されるだろう

958 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 23:37:43.06 ID:IzYQDLQ4
計算上ロゥリィさんはその64倍無敵だな!

959 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 00:13:51.79 ID:DR2Q23Og
>>930
「ドリフターズ」でも西部劇時代のガンマンがドワーフらに当時のリボルバー拳銃(小銃だったかな?)を
弾丸込みで提供しましたが、火縄銃と違ってこちらのコピー生産はあんまり期待していない雰囲気でしたしね。

960 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 00:24:53.41 ID:/kkcQ4K7
「あとは雷管だな」

雷汞自体は特地でどっかの魔法使いが作っててもおかしくないが、自動拳銃のコピーは無理無理かたつむり。
初期のリヴォルヴァーには輪胴に火薬と弾を込めといて雷管はかぶせるのがあったけど、特地にリヴォルヴァーは持ち込まれてないからな…
銀座で警官から鹵獲でもしてれば別だが、技術セクションに回されるとも思えんし、先祖返り発想はもっと無理だろう。

961 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 00:39:24.79 ID:GtpjeUv0
すぐに扱えるように見えるのは本当に技術と工作精度が必要なところを
ブラックボックスにして集中させてるからで

962 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 00:39:56.96 ID:65t9AHP8
スイス製のねじまき時計を入手して根気よく分解組み立てすれば、その仕組みは理解できるかもしれないけど
日本製のクオーツ時計を入手しても、時計の仕組みはまず発想の時点で意味が分からないだろうよ

963 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 00:48:40.82 ID:H/VtPV+Q
時計に関しては天文学者と数学者に依頼して特地時間を算出
時計メーカーに製作を依頼
特地向けには和時計を贈答してそこから学んでもらうとか

964 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 01:07:31.62 ID:Jy+UHUVW
銃の知識皆無の奴が64式小銃を拾っても弾の装填の仕方も分からないだろうな
糞重たい銃が持ち上がるくらい引くのが重いコッキングレバーが動くように
なってるとか普通思わない
むしろあれだけ重かったらボルトが戻る力で弾が飛んでると勘違いするレベル

965 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 03:24:20.08 ID:9jcH7dhM
|゚)ジッ    初期の状況から推測すると小銃の類わ魔杖と特地側わ認識してるからなぁ・・・
        鹵獲して使うちゅう選択肢わないっぽい・・・

       つうかちゃんと読んでれば特地側(帝国、周辺諸国)に渡らないように
        使わせないようにするような複線があるし
        んでもって銃器が渡ってしまうと中国の乱入とかがかわってしまうわけで・・

966 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 03:33:18.96 ID:jLBNGkm2
>>962
天然水晶よりも高純度な、天然水晶の極一部を成長させて作った人工水晶とかな

967 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 03:47:56.28 ID:6hrhCkXY
話しが手詰まりになってるように見えるので横レス。
まず特地の住民が自主的に自衛隊の兵器をコピー生産する事は不可能。これは確実。それで日本は特地の住民をどうするか?

1. 何の情報も与えず、教育もせず、無知蒙昧のまま放置。資源採掘や労働力搾取のみとする。旧西欧型植民地
2.きちんと教育し、法と秩序を与え、文明化させる。

日本は取る行動はおそらく2.だろう。 特地の住民の知能は人類と同等という設定だから
いずれは日本と同等の武器をコピー生産して反抗してくるはず。

968 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 03:51:16.33 ID:9jcH7dhM
|゚)ジッ   きちんと教育ってアルヌスで学校作ってやってるし・・・

969 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 03:52:13.54 ID:QYAHHL64
強いて言うなら1の方が近いよ
一部の奴に日本語教育はしているけどね

970 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 04:04:52.92 ID:lP0OjvEU
>>967
>>969
作品を無視した僕の考えたストーリーは要りません。

971 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 04:06:03.50 ID:6hrhCkXY
>>970
将来の見通しね。

972 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 04:06:38.66 ID:QYAHHL64
日本語の読めない未読の馬鹿が自爆したw

973 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 04:15:30.31 ID:lP0OjvEU
>>972
お前こそ読んで無いだろ
狭間将軍の方針は、きちんと教育し、法と秩序を与え、文明化させるだぞ

974 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 04:18:54.93 ID:lP0OjvEU
>>971
完結してるのに将来の見通しじゃ僕の考えたストーリーだろ

975 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 04:38:16.44 ID:ybB0/C30
長長期の隠蔽コストや、露見した場合の国内国外におけるリスクからすれば
考慮に値しないな。口に出すことすらはばかられるわ、正気を疑われかねない

976 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 04:56:23.82 ID:6hrhCkXY
>>974
ゴメン、コミックしか読んでない

977 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 06:15:06.12 ID:+TIK8oGK
>>976
>>http://hope.2ch.net/test/read.cgi/comic/1445649367/l50
コミックのスレはこちらねw

現実的にはアルヌス在住で日本籍を取得したスマンソンみたいなガキが
日本の大学に留学しつつ革マル派みたいな連中と接触して東京でテロ起こす方が可能性高そう
日本と同等の武器を生産する為の工作機械のゲートを通した輸出がそもそも厳戒態勢だろう

978 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 06:39:59.12 ID:gTRI+Ie0
日本語覚えた程度で銃器のコピーができるかよ。
その辺のDQN持ち出すまでもなく自分自身が百人居てできるかってことだよ。

979 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 07:16:23.95 ID:QYAHHL64
教育だけで近代兵器のコピーができるとか喚いていただけかw
原作がどうの以前の問題だったなw

980 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 07:16:33.39 ID:+TIK8oGK
トルコ大使館前で起きたクルド系との衝突みたいな事が
帝国貴族の留学生とエルベ藩王国からの留学生で起きて
機動隊員が魔法に巻き込まれて怪我するとか、、、

981 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 09:13:18.80 ID:65t9AHP8
>>973
劣等人種に文明与えた結果がすぐ隣の半島に存在するのに日本人は学習能力ないのねぇ

982 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 09:25:27.39 ID:gXRYZy1E
>>981
ぐう・・・判りやす過ぎるぞ、その例え・・・・・

983 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 09:55:44.60 ID:9jcH7dhM
>>982
|゚)ジッ   隣の半島のわ劣等人種じゃないから

       人種にも入らない人ですらない「人もどき」だから・・・

984 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 10:05:31.71 ID:ohhTM7JQ
農国連合
俺達が漢字や仏教とか文化教えたのに・・・・

985 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 10:07:27.13 ID:9jcH7dhM
>>984
|゚)ジッ    台湾・・・

986 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 10:17:49.76 ID:ohhTM7JQ
>>985

|゚)ノよ〜 おはよう
仕事が暇なので工業地帯の中にある川崎西公園に釣りに行ったんだけど(本音野良猫をモフリに)
あそこは夜景も綺麗だけどあちらの人たちが見たらどう思うんだろうか?

987 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 10:17:58.87 ID:H/VtPV+Q
文明や知識を与えるのが悪い訳では無い
いわゆる親日派と呼ばれる知識層にはまともな人間が多かったしな
原因は戦争で感情論でしか物事が見れない反日勢力が政権をとった事だ
ピニャのように実利で物事を見られる政権の維持を日本政府が腐心しないと

988 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 10:25:20.92 ID:DR2Q23Og
いずれにしろ、帝国主義時代の欧米列強諸国よろしく、途上国や征服予定地の有力者に
見境なく武器を売りさばく所業は、日本にとっては絶対に引き合わない愚行そのものですね。

帝国やその有力者らは、術者の魔力に依存しなくとも長射程・大威力のマジックミサイルを
連射できる魔法の杖はいくら金を積んでも惜しくない品ですが、いずれそれが自衛隊員らに
向けられるリスクを考えれば、可能な限り売却も供与も手控えたい代物ですし。

989 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 10:58:05.21 ID:riIE3Nq/
>>948
鹵獲した武器を使う話だからね。

伊丹たちが鹵獲した武器に関しても、
交換部品もなければ弾丸の補充もないだろうけど、
それでも用途を限っては活用できているわけだし。

>>950
そういうこともあって、ピニャは格差に呆然としたわけで。

>>951
うん、あなたは特地の人達をばかにしてるね。

>>953
親御さんではなく学び盛りの子供に教えるなら挫折しなかったろう。
つまり、下地が必要なのではなく、下地が邪魔なんだろうな。
あとは、新しいことを学ぼうとする意欲や姿勢の問題かと。
その点、特地の人達は覚えるが早いと思うよ。

>>962
だかしかし時計を使うことは出来るんだよね。

>>964
使っているところを見ていれば分かるでしょう。

990 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 11:03:47.64 ID:riIE3Nq/
>>965
小銃が魔法ではなく道具であることは既に知られてるでしょう。

>>981
特地の人達は概ね賢いし勤勉だから。

>>987
> 反日勢力が政権をとった

反日は国内統治のための手段、
あるいは、
大東亜共栄圏的なものへの妨害、
とみたほうが。

ーーーーーー

でさ、小銃を作るのに必要な技術を得るのに、何年かかるかな。
現実の世界では、イギリスの産業革命から第二次大戦まで200年くらいだっけ。
江戸末期から太平洋戦争まで100年くらいだっけ。

991 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 11:08:27.36 ID:mdtqYiNJ
韓国と台湾の差以上のものが特地にもあるのかな?
教育と近代社会に必要なインフラを整備しても韓国と台湾じゃあれだけ違った結果が出た訳だ
まあDNA的に韓国に限れば例外で亜人間として扱うべきでもあるけど
エルフや猫耳といった亜人間種族に日本や西欧社会の常識が通用すると考える方がおかしいしね

992 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 11:10:16.31 ID:riIE3Nq/
次スレ
GATE 軍事的考察スレ 8
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1445911762/l50

アニメの放送終わって久しいのでテンプレ変えました。

993 :大義私 ◆aWfrM7UWWY :2015/10/27(火) 11:13:29.30 ID:NOUuIBPy
>>977
スマンソンは失恋ショックで二次元にはまるオチだと思う

994 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 11:14:09.24 ID:riIE3Nq/
>>991
日本の一部でなくなった後にgdgdの戦争になったかどうかで明暗が別れたね。

995 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 11:17:25.06 ID:dE+dwK/Z
>>989
仕組みが分からなくても使えるの次は見ただけで使えるかw
小銃を撃つの見てて何となく使い方が分かるのはボウガンの仕組みを知ってる者くらいだろ
それもセフティーレバーなんかは分からんし弾装着脱も分からん
何も知らない者なら撃つ時にトリガーを引いてるのにも気がつかん

996 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 11:51:07.42 ID:448L00qf
>>989
恐らくあなたは人類の歴史ってものを丸ごと馬鹿にしてるだけ

しかも自分で言ってて矛盾に気づかないか?

>つまり、下地が必要なのではなく、下地が邪魔

特地には魔法って下地がある、これがますます科学的理解を遠のける
恐らく私の出した車の例えよりひどい状態だと思うぞw

997 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 12:09:11.60 ID:65t9AHP8
>>962
電池があるうちはな。

998 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 12:09:53.27 ID:65t9AHP8
間違えた
>>966

999 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 12:37:21.82 ID:4M5AYql9
リボルバーなら問題なく使えるだろうけど、オートだと反動をしっかり受け止めないと、簡単に作動不良を起こすよ。
どうも特地どころか、ここに書き込んでる奴さえ満足に扱えそうにないんだけど、その根拠のない自信はどこから来るの?

1000 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 12:41:00.51 ID:woa/gbaH
このマス掻き野郎!

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

311 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)